...

油圧ホースカプラ状態図PDF

by user

on
Category: Documents
18

views

Report

Comments

Transcript

油圧ホースカプラ状態図PDF
ワイヤーソー回転スピード調整器
型式:WSC-21BS ・ WSC-21FF
WSC-21は、ワイヤーソー切断時の回転速度を0~MAXまで、
変更調整することが出来ます。
特に切断開始時や切断フィニッシュ時は、ワイヤーソーのハズレによる飛来は、
たいへん危険な場合があります。WSC-21の使用で、
回転速度を低速にする事が可能となり、それらの危険を回避出来ます。
本体材質は、アルミボディと90度回転子はステンレスを使用により、
軽量・コンパクトな設計に仕上げております。(質量=約5Kg)
油圧ホースの連結方法は、
1、油圧ユニット側から現在使用中のホース20mにWSC-21を連結し、
2、WSC-21から油圧ホース約5m(貴社にて別手配)を連結する必要があります。
3、WSC-21の回転レバー0の位置を確認の上連結して下さい。
4、切断開始時は、回転レバーをゆっくり【ON】方向へ回して、
回転速度を調整して下さい。
5、【0FF】の位置で回転ストップし、油流は、Uターンして油圧ユニット側へ戻ります。
※油圧カプラの脱・着は、油圧ユニットの電源を切ってから行って下さい。
※通常出荷時は、カプラを、片側オンオン、片側メンメン取りつけております。
← ワイヤーソー本体側
(油圧ホース4~5m)
貴社にて別手配。
WSC-21BS型
(通常カブラ)
油圧ユニット側 →
(油圧ホース約20m)
現在使用品を使用。
回転レバー
OFF
0N
WSC-21FF型
(フラットフェイスカプラ)
Fly UP