...

子どもの生活習慣づくりに関する家庭や企業の認識度 及び

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

子どもの生活習慣づくりに関する家庭や企業の認識度 及び
文部科学省委託調査
子どもの生活習慣づくりに関する家庭や企業の認識度
及び課題分析調査
報告書(概要)
平成22年度
株式会社三菱総合研究所
概要
1.調査の構成と仮説
(1)調査の構成
本調査は、保護者アンケート調査、企業アンケート調査、企業インタビュー調査の 3 つの調査
から構成されている。本資料はそのうちの、保護者向けアンケート調査と企業向けアンケート調
査の結果から、主要な部分を取り出して紹介するものである。
図表概 1-1 調査の全体構成
(2)調査仮説
調査を実施するに際して、「子どもの生活習慣」は大まかに、「睡眠習慣」、「食習慣」、「保護者
とのコミュニケーション」の 3 つの要素による影響から形成されると考えた。
図表概 1-2 子どもの生活習慣整理イメージ
子どもの生活習慣
睡眠
習慣
睡眠
早寝早
安心して
睡眠 家族で 起き朝
ごはん
早寝早起き
朝ごはん
コミュニケ
ーション
食習慣
体力・健康度の低下
悪化すると
・・・
集中力の低下
コミュ
ニケー
ション
学力の低下
食事
家族間信頼関係の低下
家族への信頼の欠如
不安感
精神的ストレスの蓄積・・・
概-1
欠食
偏食
孤食・・・
・
・
・
・
家族で
ごはん
睡眠不足
睡眠の不規則化
起床時間の遅延
疲労感の蓄積・・・
さらに、子どもの生活習慣の形成には、家庭環境と社会・経済的環境(企業活動)が直接的に
は作用すると考えた。また、家庭環境は保護者の職場環境(雇用形態、勤務先企業の業種や業務
形態等、企業が実施する施策や雰囲気等)の影響を受けると考えた。
図表概 1-3 生活習慣形成への環境影響仮説
子どもの生活習慣
家庭環境
保護者の行動/行為/生活習慣
睡眠習慣
・在宅時間(帰宅時間/出勤時間)/夜間外出
・食習慣(外食・弁当の利用)
・教育/しつけ
・家庭の雰囲気
家庭環境(保護者の生活習慣×世
帯構成/子育て資源)による子ども
の生活習慣の各局面への影響
×
世帯構成/子育て資源
コミュニケー
ション
食習慣
保護者の生活習慣
による影響を増大も
しくは緩和する要素
職場環境
子どもの生活習慣に影響を
及ぼす企業活動
事業展開/社会的責任の履行
・子ども向け商品開発への配慮の有無
・商業施設での販売時間・方法等への配慮の有無
・TVCM等メディア媒体の活用方法への配慮の有無
企業行動
子どもの生活習慣の形成
にマイナスの家庭環境の
要因となりうる影響
・世帯構成
・地域資源
・行政等支援
保護者の就労状況
/ワークスタイル
・労働時間
・勤務形態
・裁量性
・マネジメント
・職場の雰囲気
子どもの生活習慣の形成に
プラスの家庭環境づくりに
資する影響
職場におけるワーク・ラ
イフ・バランス/ファミ
リーフレンドリー施策
× ・ワーク・ライフ・バランス施策
・ファミリーフレンドリー施策
・ワーク・ライフ・バランスに
向けた雰囲気づくり
企業活動が子どもの生活習慣に及ぼす経路は①「保護者の職場環境を通じて家庭環境経由で影
響を与える場合」と②「企業の行動(社会・経済活動)そのものが直接子どもの生活習慣に影響
を与える場合」の 2 通りが考えられる。この 2 つの経路は、子どもの年齢によって影響度が異な
ると考えられる。
以下では、こうした仮説に基づいて実施した「保護者アンケート調査」および「企業アンケー
ト調査」の主要な結果について報告する。
概-2
Fly UP