...

連結財務諸表 - 大和証券グループ本社

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

連結財務諸表 - 大和証券グループ本社
連結財務諸表
Consolidated Financial Statements
102
連結貸借対照表
104
連結損益計算書
105
連結株主持分計算書
106
連結キャッシュ・フロー計算書
108
連結財務諸表注記事項
129
独立監査人の監査報告書
101
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
連結貸借対照表
株式会社大和証券グループ本社
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在
千 US$(注記 1)
百万円
資産
2005
現金・預金:
(注記 9)
現金及び現金同等物 ......................................................................... ¥
預託金 .............................................................................................
その他 .............................................................................................
受取債権:
顧客貸付金 ......................................................................................
その他の貸付金 ...............................................................................
約定見返勘定 ...................................................................................
信用取引資産(注記 3)
.......................................................................
その他 .............................................................................................
貸倒引当金 ......................................................................................
338,697
153,516
59,992
552,205
4,723
71,064
9,420
312,145
191,371
(328)
588,395
2005
2004
¥
480,123
109,941
6,809
596,873
13,533
83,247
580,674
235,535
142,283
(355)
1,054,917
$
3,165,393
1,434,729
560,672
5,160,794
44,140
664,149
88,037
2,917,243
1,788,514
(3,065)
5,499,018
担保付短期ファイナンシング・アグリーメント(注記 4)
...............................
5,348,916
4,391,437
49,989,869
トレーディング資産(注記 5、9)
..............................................................
5,242,320
4,031,945
48,993,645
営業投資有価証券(注記 6)...................................................................
142,547
87,367
1,332,215
繰延税金資産(注記 15)
........................................................................
21,916
57,484
204,822
234,920
(97,300)
137,620
242,057
(98,934)
143,123
2,195,514
(909,346)
1,286,168
23,410
193,202
11,676
125,301
(8,546)
482,663
25,523
229,924
12,389
147,003
(12,320)
545,642
218,785
1,805,626
109,121
1,171,040
(79,869)
4,510,871
¥ 12,378,962
¥ 10,765,665
その他の資産:
有形固定資産 ..................................................................................
減価償却累計額 ................................................................................
長期差入保証金 ................................................................................
投資有価証券(注記 6、9)
...................................................................
長期貸付金(注記 10)
........................................................................
その他 .............................................................................................
貸倒引当金 ......................................................................................
注記参照
102
$ 115,691,234
千 US$(注記 1)
百万円
負債・資本
2005
2004
2005
¥ 1,408,776
273,721
859,492
2,541,989
$ 21,457,280
1,871,215
8,875,869
32,204,364
288,688
3,240
141,972
21,338
455,238
174,537
51,753
93,450
19,823
339,563
2,698,019
30,280
1,326,841
199,421
4,254,561
担保付短期ファイナンシング・アグリーメント(注記 4)
...............................
3,877,731
4,092,022
36,240,477
トレーディング負債(注記 5)
..................................................................
3,658,544
2,914,556
34,192,000
10,596
7,177
22,811
20,273
37,549
98,406
15,406
6,833
19,376
18,867
42,086
102,568
99,028
67,075
213,187
189,467
350,925
919,682
特別法上の準備金(注記 16).................................................................
負債合計 ......................................................................................
5,650
11,541,436
5,133
9,995,831
52,804
107,863,888
少数株主持分 ......................................................................................
189,194
165,664
1,768,168
社債・借入金:
短期借入金(注記 9、10、13)
.............................................................. ¥ 2,295,929
コマーシャル・ペーパー .....................................................................
200,220
長期借入債務(注記 10、13)
...............................................................
949,718
3,445,867
支払債務:
...............................................................
顧客に対する債務(注記 12)
受入預金 .........................................................................................
信用取引負債(注記 3、9)
...................................................................
その他(注記 14)..............................................................................
引当金・その他の負債:
未払法人税等 ...................................................................................
繰延税金負債(注記 15)
.....................................................................
賞与引当金 ......................................................................................
退職給付引当金(注記 14).................................................................
その他 .............................................................................................
偶発債務(注記 17)
:
資本(注記 18、19)
普通株式、無額面;
授権株式数 - 4,000,000 千株
発行済株式 - 1,331,735 千株(2004 年 3 月 31 日現在)......................
発行済株式 - 1,331,736 千株(2005 年 3 月 31 日現在)......................
資本剰余金 ......................................................................................
利益剰余金 ......................................................................................
その他有価証券評価差額金 ...............................................................
為替換算調整勘定 ............................................................................
自己株式 .........................................................................................
資本合計 ......................................................................................
103
—
138,432
117,941
362,949
35,674
(5,877)
(787)
648,332
¥ 12,378,962
—
138,432
1,293,757
—
1,102,252
117,940
3,392,047
330,780
333,402
27,298
(54,925)
(9,590)
(7,355)
(690)
6,059,178
604,170
¥ 10,765,665 $ 115,691,234
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
連結損益計算書
株式会社大和証券グループ本社
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び2003 年 3 月 31 日に終了する各連結会計年度
千 US$(注記 1)
百万円
2005
2004
2003
2005
................................................
受入手数料(注記 21)
¥ 216,387
¥ 194,163
¥ 144,283
$ 2,022,308
トレーディング損益 ...................................................
151,290
122,013
91,307
1,413,925
金融収益(注記 10)...................................................
118,019
103,224
114,707
1,102,981
その他の営業収益.....................................................
33,641
34,414
37,362
314,402
519,337
453,814
387,659
4,853,616
103,677
77,331
90,594
968,944
営業収益:
金融費用(注記 10)
.......................................................
その他の営業費用 ........................................................
25,228
24,048
26,255
235,776
純営業収益(注記 20)...................................................
390,432
352,435
270,810
3,648,896
販売費・一般管理費(注記 20、22).................................
275,544
259,915
246,701
2,575,178
営業利益(注記 20)
.......................................................
114,888
92,520
24,109
1,073,718
その他の収益(費用)
:
...............................
特別法上の準備金‐純額(注記 16)
(518)
(1,241)
(960)
(4,841)
その他‐純額(注記 23)
...............................................
(1,767)
(14,353)
(11,304)
(16,514)
(2,285)
(15,594)
(12,264)
税金等調整前当期純利益 ..............................................
112,603
76,926
11,845
1,052,363
法人税等..................................................................
11,933
15,170
2,671
111,523
法人税等調整額 ........................................................
28,234
5,638
12,686
263,869
40,167
20,808
15,357
375,392
(21,355)
法人税等(注記 15)
:
少数株主利益 ..............................................................
当期純利益(損失).......................................................
(19,771)
¥ 52,665
(13,481)
¥ 42,637
(2,811)
¥
(6,323)
(184,776)
$
492,195
US$(注記 1)
円
1 株当たり情報:
当期純利益(損失)....................................................
¥
39.03
¥
31.66
¥
(4.75)
$
0.36
潜在株式調整後当期純利益........................................
37.36
30.28
—
0.35
配当金 .....................................................................
13.00
10.00
6.00
0.12
注記参照
104
連結株主持分計算書
株式会社大和証券グループ本社
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び2003 年 3 月 31 日に終了する各連結会計年度
百万円
普通株式数
(千株)
資本金
資本剰余金
利益剰余金
その他
有価証券評価
差額金
為替換算
調整勘定
2002 年 3 月 31 日現在 ............... 1,331,735 ¥ 138,432 ¥ 117,786 ¥ 311,719 ¥ 12,696 ¥ (7,511)
当期純損失 .............................
(6,323)
配当金 ...................................
(7,971)
取締役賞与金 .........................
(15)
自己株式処分差損(注記 18)
.....
(6)
(10,872)
その他有価証券評価差額金 ......
(3,810)
為替換算調整勘定の増減 .........
自己株式の増減-純額...............
(11,321)
117,786
138,432
1,824
2003 年 3 月 31 日現在 ............... 1,331,735
297,404
当期純利益 .............................
42,637
配当金 ...................................
(7,970)
154
自己株式処分差益(注記 18)
.....
連結子会社増加による
利益剰余金減少高 ................
その他有価証券評価差額金 ......
為替換算調整勘定の増減 .........
自己株式の増減-純額...............
138,432
2004 年 3 月 31 日現在 ............... 1,331,735
当期純利益 .............................
配当金 ...................................
転換社債の転換による
0
1
新株の発行 .........................
取締役賞与金 .........................
その他有価証券評価差額金 ......
為替換算調整勘定の増減 .........
自己株式の増減-純額...............
2005 年 3 月 31 日現在 ............... 1,331,736 ¥ 138,432
自己株式
¥ (2,283)
(123)
(2,406)
(1,291)
25,474
1,731
117,940
330,780
52,665
(19,960)
1,716
(690)
(9,590)
27,298
1
(536)
8,376
3,713
¥ 117,941 ¥ 362,949
¥ 35,674
¥ (5,877)
¥
(97)
(787)
千 US$(注記 1)
資本金
資本剰余金
利益剰余金
その他
有価証券評価
差額金
2004 年 3 月 31 日現在 .................................. $ 1,293,757 $1,102,243 $3,091,401 $ 255,122
492,195
当期純利益 ...............................................
(186,541)
配当金 ......................................................
転換社債の転換による
0
新株の発行 ............................................
取締役賞与金 ............................................
その他有価証券評価差額金 ........................
為替換算調整勘定の増減 ............................
自己株式の増減-純額 .................................
2005 年 3 月 31 日現在 .................................. $1,293,757
為替換算
調整勘定
自己株式
$ (89,630)
$ (6,446)
9
(5,008)
78,280
34,705
$1,102,252 $3,392,047
$ 333,402
$ (54,925)
注記参照
105
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
(909)
$ (7,355)
連結キャッシュ・フロー計算書
株式会社大和証券グループ本社
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び2003 年 3 月 31 日に終了する各連結会計年度
千 US$(注記 1)
百万円
2005
2004
2005
2003
営業活動によるキャッシュ・フロー:
.................................................... ¥
当期純利益(損失)
52,665
¥
42,637
¥
(6,323)
$
492,195
営業活動によるキャッシュ・フローに係る
当期純利益(損失)の調整
減価償却費 .......................................................
22,129
21,530
21,067
206,813
貸倒引当金-純額 ................................................
2,289
680
4,278
21,393
退職給付引当金-純額 .........................................
1,402
2,979
3,038
13,103
特別法上の準備金-純額 ......................................
518
1,241
960
4,841
投資有価証券に関する損益 .................................
(2,687)
208
12,058
(25,112)
有形固定資産に関する損益 .................................
(351)
13,015
217
(3,280)
不動産事業再編費用引当金戻入益 .......................
—
—
(812)
—
法人税等調整額 .................................................
28,234
5,638
12,686
263,869
少数株主利益 ....................................................
19,771
13,481
2,811
184,776
(262,495)
営業活動に係る資産及び負債の増減
信用取引資産及び信用取引負債 .......................
(28,087)
(88,369)
29,123
その他受取債権及びその他支払債務 ................
77,878
(30,291)
(6,841)
727,832
営業投資有価証券 ..........................................
(44,197)
(6,944)
(9,517)
(413,056)
トレーディング資産及びトレーディング負債 ........
1,224,767
(1,861,067)
1,039,234
担保付短期ファイナンシング・アグリーメント .......
(1,183,394)
111,198
(1,369,799)
2,113,920
(11,059,757)
その他資産 ....................................................
(85,700)
40,013
43,686
(800,935)
その他-純額 ...................................................
9,656
4,994
5,305
90,244
調整額合計 .................................................
(1,071,341)
(166,857)
370,912
(10,012,531)
営業活動によるキャッシュ・フロー ...........................
(1,018,676)
(124,220)
364,589
(9,520,335)
106
千 US$(注記 1)
百万円
2005
2004
2005
2003
投資活動によるキャッシュ・フロー:
定期預金の増加による支出 ........................................
¥ (53,041)
有形固定資産の取得による支出 .................................
(7,786)
有形固定資産の売却による収入 .................................
5,315
投資有価証券の取得による支出 .................................
¥
—
¥
—
$ (495,710)
(8,147)
(6,107)
(72,766)
6,144
21,115
49,673
(35,693)
(36,972)
(63,955)
(333,579)
投資有価証券の売却による収入 .................................
99,469
107,541
137,071
929,617
長期貸付金の減少額 .................................................
149
1,067
1,065
1,393
その他-純額.............................................................
(18,689)
2,154
(17,788)
(174,664)
投資活動によるキャッシュ・フロー............................
(10,276)
71,787
71,401
(96,036)
短期借入金の増加(減少)額 .....................................
759,982
(66,936)
(416,057)
7,102,636
長期借入金の増加(減少)額 .....................................
14,788
(16,295)
(8,697)
138,206
社債の発行による収入 ..............................................
225,875
318,832
167,690
2,110,981
社債の償還による支出 ..............................................
(97,102)
(112,675)
(182,138)
(907,495)
配当金の支払額 .......................................................
(19,960)
(7,970)
(7,971)
(186,541)
少数株主への配当金の支払額 ....................................
(168)
(2,328)
(89)
(1,570)
その他-純額.............................................................
454
1,779
(130)
4,238
財務活動によるキャッシュ・フロー............................
883,869
114,407
(447,392)
8,260,455
現金及び現金同等物に対する為替相場変動の影響額 .......
3,819
(4,915)
(5,895)
35,692
現金及び現金同等物の増加(減少)額 ...........................
(141,264)
57,059
(17,297)
(1,320,224)
現金及び現金同等物の期首残高 ....................................
480,123
422,684
439,981
4,487,131
380
—
¥ 338,697
¥ 480,123
¥ 422,684
$ 3,165,393
支払利息 ..............................................................
¥ 103,440
¥
¥
$
法人税等 ..............................................................
13,690
財務活動によるキャッシュ・フロー:
連結追加に伴う現金及び現金同等物の増加(減少)額 .....
現金及び現金同等物の期末残高 ....................................
(162)
(1,514)
キャッシュ・フローに関する補足情報:
各年度の現金支払(受取)額:
74,077
1,749
92,311
(13,002)
注記参照
107
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
966,729
127,944
連結財務諸表注記事項
株式会社大和証券グループ本社
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び2003 年 3 月 31 日に終了する各連結会計年度
1. 連結財務諸表の基礎
連結財務諸表は、日本において設立された会社である株
ル業務、主要な資本市場におけるネットワークを利用し
式会社大和証券グループ本社(「グループ本社」)及びそ
たリサーチ業務、その他のサービスを提供しております。
の子会社(以下これらをあわせて「大和」)について作成
されています。主要な子会社は以下のとおりであります。
グループ本社及び国内連結子会社は、円貨建で会計帳簿
−大和証券株式会社(「大和証券」)
を作成しております。この連結財務諸表は、日本の証券
−大和証券エスエムビーシー株式会社(「大和証券
取引法等及び日本において一般に公正妥当と認められ
SMBC」)
る会計基準(日本基準)に準拠して作成しております。
−大和証券投資信託委託株式会社(「大和投信」)
なお、日本基準は、適用及び開示の面において、部分的
−株式会社大和総研(「大和総研」)
に国際会計基準と異なっております。在外連結子会社は、
−エヌ・アイ・エフ ベンチャーズ株式会社(「NIF」)
それぞれの会社が国籍を有する国において一般に公正
妥当と認められる会計基準に準拠して会計帳簿を作成し
大和証券は、大和のリテール業務を担っております。同
ております。
社は、123 の支店を通じてサービスを提供すると同時に、
インターネットによるサービス、本格的なコールセンター
この連結財務諸表は、日本基準に準拠して作成し、証券
によりオンラインや電話によるサービスの提供を行って
取引法に従って監督当局に提出した有価証券報告書を英
おります。大和証券 SMBC は、1999 年 4 月に株式会社
訳したものであります(一部、追加記載及び組替えを行っ
三井住友フィナンシャルグループと共同で 60%を出資し
ており、連結株主持分計算書を加えております)が、いく
て設立されており、大和のホールセール業務を担ってお
つかの補助的な情報については記載しておりません。
ります。大和投信は、大和のアセット・マネジメント業務を
担っております。また、大和は複数の海外子会社を有し
連結財務諸表に表示されている米ドル金額は、利用者の
ており、主として証券業務を行っております。
便宜のために、円貨額を米ドルに換算した金額でありま
す。なお、換算レートは、2005 年 3 月 31 日の実勢為替
大和の主たる事業は、証券業を中核とする投資・金融
レート 1US$=107 円を使用しております。この簡便的
サービス業であり、ブローカレッジ、
トレーディング、引受
な換算は、日本円の残高が特定の時点において、この
け、戦略アドバイス、金融商品開発、ストラクチャード・
レートを含む特定のレートで換算されうることを表すも
ファイナンス等のサービスを提供しております。加えて
のではありません。
大和は、アセット・マネジメント業務、ベンチャー・キャピタ
108
2. 重要な会計方針
連結 — 連結財務諸表においては、グループ本社及び主
トレーディングに係るもの以外の有価証券 — 大和は、
要な子会社の財務諸表を連結しております。なお、子会
有価証券を保有目的により( a)満期まで保有する目的
社とは、他の会社により議決権の過半数を実質的に所有
の債券(「満期保有目的債券」)
(b)子会社株式・関連会
されている会社又は他の会社により所有される議決権の
社株式(c)上記のいずれにも分類されないその他の有
割合が 40% 以上 50% 以下であり、かつ、当該他の会社
価証券(「その他有価証券」)に分類しております。
により意思決定機関が支配されている一定の事実が認め
られる会社であります。
満期保有目的債券は、償却原価により評価しております。
子会社株式・関連会社株式は、移動平均による原価法に
また、議決権の 20% 以上を所有している会社に加え、議
より評価しております。時価のあるその他有価証券は決
決権の 15% 以上 20% 未満を所有しており、営業及び財
算期末日の市場価格等に基づく時価法により評価してお
務の方針決定に重要な影響を与えることのできる会社に
り、売却原価は移動平均法に基づき算定しております。
ついて持分法を適用しております。
評価差額については、税効果会計を適用の上、資本の部
に計上しております。
連結上、連結会社間の重要な債権債務残高、内部取引高
及び内部利益については、相殺消去しております。
その他有価証券のうち、時価のない債券は、償却原価か
ら回収不能と見込まれる金額を控除した金額を計上して
連結キャッシュ・フロー計算書 — 連結キャッシュ・フロー
おります。その他有価証券のうち、時価のない株式は、移
計算書においては、容易に換金可能であり、預入期間が
動平均法による原価法で計上しております。
3ヶ月以内の短期投資を現金同等物としております。
その他有価証券のうち、時価のあるものについて、時価
トレーディング資産及び負債 — 証券会社で所有する有
が著しく下落した場合には、時価評価し、時価と簿価の差
価証券及びデリバティブ取引を含むトレーディング資産及
額を当該期間の損失として認識しております。その他有
び負債は、約定基準で認識し時価評価しております。ト
価証券のうち、時価のないものについて、実質価額が著
レーディング目的の有価証券取引の損益は約定基準で認
しく低下し、実質価額の回復可能性が認められない場合
識しております。評価損益は、連結損益計算書上「トレー
には、実質価額まで減損処理し、損失額を連結損益計算
ディング損益」に計上しております。また、
トレーディング
書に計上しております。
目的のデリバティブ取引に関する損益についても、評価
損益を含め、連結損益計算書上「トレーディング損益」に
なお、投資事業有限責任組合及びそれに類する組合等へ
計上しております。トレーディング目的以外で所有する有
の出資(証券取引法第 2 条第 2 項により有価証券として
価証券については、連結貸借対照表上「投資有価証券」
みなされることとなったもの)については、組合等の営
として表示しております。トレーディング目的以外で保有
業により獲得した損益の持分相当額を当連結会計年度
する有価証券である「投資有価証券」については、次の
の損益として計上し、組合等の保有する有価証券の評価
とおりであります。
差額のうち持分相当額を全部資本直入法により処理して
おります。
109
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
2004 年の証券取引法の改正により有価証券としてみな
会計方針の変更 - 固定資産の減損に係る会計基準の早
されることとなった投資事業有限責任組合及びそれに類
期適用 — 2004 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度か
する組合等への出資は、当連結会計年度より有価証券と
ら「固定資産の減損に係る会計基準」
(「固定資産の減損
して表示しております。この変更による損益への影響は
に係る会計基準の設定に関する意見書」
(企業会計審議
ありません。
会 2002 年 8 月 9 日)及び「固定資産の減損に係る会計基
準の適用指針」
(企業会計基準適用指針第 6 号 2003 年
また、営業投資有価証券は、金額的重要性が増したため、
10 月 31 日)を適用しております。これによる 2004 年 3
当連結会計年度より「営業投資有価証券」として区分掲
月 31 日に終了する連結会計年度の税金等調整前当期純
記しております。この変更による損益への影響はありま
利益に与える影響額は、12,797 百万円であります(注記
せん。
23 参照)。
ヘッジ会計 — 大和は、ヘッジ目的以外のデリバティブ取
有形固定資産 — 有形固定資産は、取得原価により計上
引を時価評価し、評価損益を認識しております。ヘッジ手
しております。減損損失累計額は、資産の金額から直接
段に係る評価損益は、主として、ヘッジ対象に係る損益が
控除しております。グループ本社及び国内連結子会社は、
認識されるまで資産又は負債として繰延べる方法によっ
減価償却の方法については、主として定率法によってお
ております。ヘッジ手段である金利スワップ取引につい
り、耐用年数については、主として法人税法に規定する
ては、時価評価せず、金利スワップ取引に係る受取利息
方法と同一の基準によっております。ただし、1998 年 4
又は支払利息を、ヘッジ対象資産又は負債に係る利息に
月 1 日以降に取得した建物については定額法によってお
加減して計上しております。また、ヘッジ手段である先物
ります。在外連結子会社は、主として定額法を採用して
為替予約取引については、時価評価せず、予約差額を為
おります。
替予約の期間にわたって認識しております。
無形固定資産 — 無形固定資産は、主として定額法によ
担保付短期ファイナンシング・アグリーメント — 担保付
り償却しております。なお、グループ本社及び国内連結
短期ファイナンシング・アグリーメントには、売戻条件付有
子会社は、耐用年数については、主として法人税法に規
価証券購入取引(「リセール」)及び買戻条件付有価証券
定する方法と同一の基準によっております。ただし、ソフ
売却取引(「リパーチェス」)、借入有価証券担保金及び有
トウェア(自社利用分)については、社内における利用
価証券貸借取引受入金が含まれております。リパーチェ
可能期間(5 年)に基づく定額法によっております。
ス及びリセールは、契約金額により評価しております。借
入有価証券担保金及び有価証券貸借取引受入金は、差
賞与 — 日本の慣行にしたがい、グループ本社及び国内
入担保金及び受入担保金の金額で計上しております。
連結子会社は、6 月及び 12 月に従業員に対し賞与を支給
しております。負債に計上している賞与引当金は、決算
貸倒引当金 — グループ本社及び国内連結子会社は、一
日現在の支給見込額であります。また、報酬委員会の承
般債権については貸倒実績率法により、貸倒懸念債権及
認を必要とするグループ本社の取締役及び執行役に支
び破産更生債権等については財務内容評価法により計
給される報酬は、決算日現在の支給見込額を負債として
上しております。また、在外連結子会社は、個別の債権に
計上しております。報酬委員会は、取締役及び執行役が
ついて回収可能性を検討し、貸倒見積額を計上しており
受ける個人別の報酬の内容の決定に関する方針と、取締
ます。
役及び執行役が受ける個人別の報酬の内容を決定致し
110
ます。報酬委員会は、取締役会長が委員長を務め、委員
当連結会計年度より、グループ本社及び NIF を連結納
5 名のうち 3 名が社外取締役で構成されております。株
税親会社とする連結納税制度をそれぞれ適用しており
主総会の承認を必要とする国内連結子会社の取締役賞
ます。なお、大和証券 SMBC は、2003 年 3 月 31 日に終
与金は、利益剰余金の分配として処理しております。
了する連結会計年度より当該会社を連結納税親会社と
する連結納税制度を適用しております。
退職給付会計 — 大和は、一時金制度及び閉鎖型年金等
の制度を設けております。
外貨換算 — グループ本社及び国内連結子会社は、外貨
建資産及び負債を決算日の直物為替レートで円貨に換
不動産事業再編費用引当金 — 2002 年にグループ本社
算しております。
は、国内連結子会社で営んでいる賃貸事業から撤退する
ことを決定いたしました。これに伴い不動産の簿価を売
外貨建財務諸表の換算 — 在外連結子会社の財務諸表
却見込み価額まで切り下げました。グループ会社で営む
については、資産及び負債は決算日の直物為替レートに
不動産事業の再編のため、当該事業を営む子会社に対
より、剰余金は発生時の為替レートにより円換算しており
する増資等の支援の検討を開始することを 2001 年 10
ます。また、収益及び費用については、期中平均レートに
月 26 日開催の取締役会で決議いたしました。不動産事
より円貨に換算しております。換算差額については、連結
業再編費用引当金には、2002 年 3 月 31 日現在における
貸借対照表の資本の部における為替換算調整勘定に含
支援見込額を計上しております。2003 年 3 月 31 日に終
めております。
了する連結会計年度において、グループ会社で営む不動
産事業の再編のために要した金額を引当金から控除し、
残額を取崩しております。
1 株当たり当期純利益(損失)— 1 株当たり当期純利益
(損失)は期中平均株式数により計算しております。
法人税等 — 法人税等には、法人税、住民税及び事業税
1 株当たり潜在株式調整後当期純利益は、希薄化効果のあ
が含まれております。未払法人税等はグループ本社及び
る転換社債の転換権が、2005 年 3 月 31 日に終了する連結
各子会社の税引前当期純損益に課税所得計算上必要と
会計年度の期首に全て行使された場合の期中平均株式数
される調整を行って計算しております。
により計算しております。2003 年 3 月 31 日に終了する連
結会計年度の潜在株式調整後当期純利益については、当
繰延税金資産及び繰延税金負債は、会計上の資産又は
期純損失を計上しているため記載しておりません。
負債の金額と現行税法における課税所得計算上の資産
又は負債の金額との間の一時差異により、法人税等が将
表示方法の変更 — 2005 年 3 月 31 日に終了する連結会
来、減算又は加算されると見込まれる金額を計上してお
計年度の連結財務諸表の表示方法に合わせて、2003 年 3
ります。繰延税金資産については、将来の回収見込を検
月 31 日に終了する連結会計年度及び2004 年 3 月 31 日に
討した上で計上しております。
終了する連結会計年度の表示方法を変更しております。
111
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
3. 信用取引資産及び信用取引負債
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在の信用取引勘定の内訳は、以下のとおりであります。
千 US$
百万円
2005
2004
2005
信用取引貸付金 ................................................................................
¥ 126,687
¥ 92,832
$ 1,183,991
信用取引借証券担保金 ......................................................................
185,458
142,703
1,733,252
¥ 312,145
¥ 235,535
$ 2,917,243
¥
¥
$
資産:
負債:
信用取引借入金 ................................................................................
信用取引貸証券受入金 ......................................................................
2,981
3,636
27,860
138,991
89,814
1,298,981
¥ 141,972
¥ 93,450
$ 1,326,841
信用取引貸付金は、顧客の信用取引に係る有価証券の買付代金相当額を計上しており、本担保株券及び信用取引受入
保証金若しくは代用有価証券によって担保されております。信用取引貸証券受入金は、顧客の信用取引に係る有価証
券の売付代金相当額を計上しております。
4. 担保付短期ファイナンシング・アグリーメント
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在の担保付短期ファイナンシング・アグリーメントの内訳は、以下のとお
りであります。
千 US$
百万円
2005
2004
2005
リセール ......................................................................................... ¥ 1,575,907
3,773,009
借入有価証券担保金 .........................................................................
¥ 1,579,194
$ 14,728,103
2,812,243
35,261,766
¥ 5,348,916
¥ 4,391,437
$ 49,989,869
リパーチェス ................................................................................... ¥ 2,006,465
1,871,266
有価証券貸借取引受入金 ...................................................................
¥ 2,410,986
$ 18,752,009
1,681,036
17,488,468
¥ 3,877,731
¥ 4,092,022
$ 36,240,477
資産:
負債:
112
5. トレーディング資産及びトレーディング負債
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在のトレーディング資産及びトレーディング負債の内訳は、以下のとおり
であります。
千 US$
百万円
2005
2005
2004
トレーディング資産:
株券 ................................................................................................ ¥
332,397
257,410
$ 3,106,514
国債、社債、その他の債券 ..................................................................
4,187,216
¥
3,119,109
39,132,860
受益証券 .........................................................................................
130,575
111,193
1,220,327
CD・CP 等 .......................................................................................
オプション取引 .................................................................................
先物取引及び先渡取引 ......................................................................
スワップ取引 ....................................................................................
その他のデリバティブ取引..................................................................
クレジット・リザーブ ...........................................................................
40,360
42,205
377,196
46,303
59,274
432,738
16,162
28,100
151,047
490,546
414,779
4,584,542
659
(1,898)
¥ 5,242,320
1,825
6,159
(1,950)
(17,738)
¥ 4,031,945
$ 48,993,645
¥
$
トレーディング負債:
株券 ................................................................................................ ¥
国債、社債、その他の債券 ..................................................................
98,690
3,094,627
94,128
2,350,637
922,336
28,921,748
受益証券 .........................................................................................
3,316
795
30,991
オプション取引 .................................................................................
69,551
85,106
650,009
先物取引及び先渡取引 ......................................................................
13,463
21,727
125,822
スワップ取引 ....................................................................................
378,513
361,885
3,537,505
その他のデリバティブ取引..................................................................
113
384
278
3,589
¥ 3,658,544
¥ 2,914,556
$ 34,192,000
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
6. トレーディングに係るもの以外の有価証券
トレーディングに係るもの以外の有価証券は、
「営業投資有価証券」及び「投資有価証券」で構成されております。
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在の満期保有目的債券の取得原価又は償却原価及び時価は、以下のと
おりであります。
百万円
取得原価又は
償却原価
時価
差額
2005 年 3 月 31 日現在:
国債・地方債等 .................................................................................
¥ 2,126
¥ 2,118
¥ (8)
2004 年 3 月 31 日現在:
国債・地方債等 .................................................................................
¥
¥
¥
0
0
0
千 US$
2005 年 3 月 31 日現在:
国債・地方債等 .................................................................................
取得原価又は
償却原価
時価
差額
$ 19,869
$ 19,794
$ (75)
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在のその他有価証券の取得原価及び時価は、以下のとおりであります。
百万円
2005 年 3 月 31 日現在:
株券 ................................................................................................
国債、社債、その他の債券 ..................................................................
その他 .............................................................................................
2004 年 3 月 31 日現在:
株券 ................................................................................................
国債、社債、その他の債券 ..................................................................
その他 .............................................................................................
114
取得原価
時価
差額
¥ 74,394
¥ 137,744
¥ 63,350
150
153
3
13,698
14,111
413
¥ 88,242
¥ 152,008
¥ 63,766
¥ 61,882
¥ 109,244
¥ 47,362
18,554
18,301
(253)
6,827
6,909
82
¥ 87,263
¥ 134,454
¥ 47,191
千 US$
2005 年 3 月 31 日現在:
株券 ................................................................................................
国債、社債、その他の債券 ..................................................................
その他 .............................................................................................
取得原価
時価
差額
$ 695,270
$ 1,287,326
$ 592,056
1,402
1,430
28
128,019
131,879
3,860
$ 824,691
$ 1,420,635
$ 595,944
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在の時価のない有価証券は、以下のとおりであります。
千 US$
百万円
2005
2004
2005
株券 ................................................................................................
¥ 53,210
¥ 52,628
国債、社債、その他の債券 ..................................................................
501
12,205
4,682
投資事業有限責任組合及びそれに類する組合等への出資 ......................
84,622
55,642
790,860
その他 .............................................................................................
19,065
42,440
178,178
¥ 157,398
¥ 162,915
$ 1,471,010
$
497,290
上記のほか、投資有価証券には、非連結子会社株式及び関連会社株式が、2005 年 3 月 31 日現在において 24,217 百万
円(226,327 千 US$)、2004 年 3 月 31 日現在において 19,922 百万円含まれております。
7. トレーディング目的以外のデリバティブ取引
2005 年 3 月 31 日現在及び 2004 年 3 月 31 日現在のトレーディング目的以外のデリバティブ取引(ヘッジ会計を適用し
ているものを除く)の評価損益は、以下のとおりであります。
百万円
契約額等
時価
2005 年 3 月 31 日現在:
通貨スワップ取引 ..............................................................................
為替予約取引 ...................................................................................
¥ 11,237
2004 年 3 月 31 日現在:
通貨スワップ取引 ..............................................................................
為替予約取引 ...................................................................................
¥
¥
1
評価益(損)
¥
1
52
(0)
(0)
8,704
¥ (12)
¥ (12)
2
0
0
千 US$
契約額等
2005 年 3 月 31 日現在:
通貨スワップ取引 ..............................................................................
為替予約取引 ...................................................................................
115
$ 105,019
486
時価
$
9
(0)
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
評価益(損)
$
9
(0)
8. トレーディングに関するリスク管理情報
国内証券子会社である大和証券及び大和証券 SMBC
いては、大和証券 SMBC は、商品毎の保有残高・損益を
(以下証券子会社)は、顧客の注文に応じるため及び自
把握することに加え、リスク管理のためにバリュー・アッ
己の資金運用のために、受託者あるいは当事者としてト
ト・リスクを採用しております。信用リスクとは、取引の相
レーディングを行っております。トレーディングには、
( 1)
手方が契約を履行できない結果、損失を被る可能性を指
株券・債券等の現物取引(2)株価指数先物・債券先物・
しております。証券子会社は、社内格付けによって取引
金利先物及びこれらのオプション取引に代表される取引
の相手方の信用力を勘案し、想定元本及び与信相当額に
所取引の金融派生商品( 3)金利及び通貨スワップ取
よってその金額を把握しております。
引・先物外国為替取引・選択権付債券売買・通貨オプショ
ン取引・FRA・有価証券店頭デリバティブ取引等の取引
大和証券 SMBC は、①経営の積極的な関与、②牽制機能
所取引以外の金融派生商品(店頭デリバティブ取引)が
の働く組織体制、③リスク・リミット設定による経営の健
含まれます。
全性確保、④緊急時を想定したリスク管理、⑤リスク管理
プロセスの透明化、の 5 つのリスク管理を基本に据えて
トレーディング取引に内在する主要なリスクは、市場リス
おります。大和証券 SMBC はこれら 5 つの方針を遵守す
クと信用リスクであります。市場リスクとは、市場価格や
ることにより、
トレーディング業務に関連するリスクが、経
金利変動により保有する金融資産の価値が変動した結
営者の想定する範囲内にコントロールできると考えてお
果、損失を被る可能性を指しております。市場リスクにつ
ります。
9. 担保提供資産
2005 年 3 月 31 日現在、短期借入金 1,817,500 百万円( 16,985,981 千 US$)及び信用取引負債 2,981 百万円
(27,860 千 US$)を担保するため、以下の資産を担保に供しております。
千 US$
百万円
現金・預金 ................................................................................................................. ¥
トレーディング資産 ....................................................................................................
投資有価証券 ..............................................................................................................
16,652
1,567,882
$
155,626
14,653,103
77,980
728,785
¥ 1,662,514
$ 15,537,514
なお上記担保提供資産の他、2005 年 3 月 31 日現在、674,258 百万円(6,301,477 千 US$)の借入れた有価証券を
担保として差入れております。
116
2005 年 3 月 31 日現在における、差入れた有価証券等の時価は以下のとおりであります。
百万円
千 US$
消費貸借契約により貸付けた有価証券 .......................................................................... ¥ 6,016,857
704,772
その他 ........................................................................................................................
$ 56,232,309
¥ 6,721,629
$ 62,818,963
6,586,654
2005 年 3 月 31 日現在における、差入れを受けた有価証券等の時価は以下のとおりであります。
百万円
千 US$
消費貸借契約により借入れた有価証券 .......................................................................... ¥ 8,281,409
209,867
その他 ........................................................................................................................
$ 77,396,346
¥ 8,491,276
$ 79,357,720
1,961,374
10. 関連当事者との取引
グループ本社の監査役の一名は、太陽生命保険株式会
び長期借入金 10,000 百万円(93,458 千 US$)でありま
社の代表取締役会長及び株式会社 T&Dホールディング
した。また、当該監査役が退任するまでの期間(2004 年
スの代表取締役会長を兼務しておりましたが、2004 年 6
4 月 1 日∼ 2004 年 6 月 23 日)において、グループ本社は
月 23 日にグループ本社の監査役を退任いたしました。
支払利息 51 百万円( 477 千 US$)を支払い、受取利息
2004 年 6 月 23 日現在の、太陽生命保険株式会社との主
41 百万円(383 千 US$)を受取っております。2004 年 6
な債権債務残高は、長期貸付金 5,000 百万円( 46,729
月 23 日現在の未払利息は 48 百万円( 449 千 US$)、未
千 US$)、短期借入金 2,000 百万円(18,692 千 US$)及
収利息は6 百万円(56 千 US$)でありました。
117
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
11. リース取引
リース物件の所有権が借主(大和)に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引(所有権移転外ファ
イナンス・リース取引)については、資産計上せずオペレーティング・リースと同様の会計処理によっております。2005
年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在のリース取引関連の情報は、以下のとおりであります。
借手側
千 US$
百万円
2005
2004
2005
取得価額相当額 ................................................................................
¥ 9,573
¥ 14,359
$ 89,467
減価償却累計額相当額 ......................................................................
4,869
7,830
45,505
減損損失累計額相当額 ......................................................................
—
2
—
未経過リース料 ................................................................................
4,791
6,643
44,776
(うち 1 年内)
.....................................................................................
1,807
2,605
16,888
未経過リース料 ................................................................................
11,284
11,981
105,458
(うち 1 年内)
.....................................................................................
1,922
1,892
17,963
所有権移転外ファイナンス・リース取引:
オペレーティング・リース取引:
貸手側
千 US$
百万円
2005
2005
2004
オペレーティング・リース取引:
未経過リース料 ................................................................................
(うち 1 年内)
.....................................................................................
¥
871
¥ 1,567
233
325
$
8,140
2,178
12. 顧客に対する債務
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在の顧客に対する債務の内訳は、以下のとおりであります。
千 US$
百万円
2005
2004
顧客預り金 ..........................................................................................
¥ 92,574
¥ 80,527
受入保証金 .........................................................................................
53,303
49,208
その他 ................................................................................................
118
2005
$
865,178
498,159
142,811
44,802
1,334,682
¥ 288,688
¥ 174,537
$ 2,698,019
13. 金融機関からの借入金及び長期借入債務
日本における慣習として、借入金に保証が付されていない場合には、一定の事由を条件として、銀行から要求があれば
担保を提供しなければなりません。また、銀行は預金及び担保資産を返済期限到来済の債権と相殺する権利を有して
おります。さらに、債務不履行等の一定の事実が生じた場合には、銀行は全ての債権について相殺する権利を有してお
ります。現在、銀行からそのような要求はなく、また、権利が行使されたことはありません。
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在の長期借入債務の内訳は、以下のとおりであります。
千 US$
百万円
2005
2004
2005
円建普通社債:利率 1.4%、償還期限 2005 年 ............................................
¥ 100,000
¥ 100,000
円建普通社債:利率 0.95%、償還期限 2008 年 ..........................................
120,000
120,000
1,121,495
79,986
79,986
747,533
—
8,400
—
—
1,011
—
569,429
424,132
5,321,766
$
934,579
円建転換社債(転換価額 1,094 円/株)
:
利率 0.5%、償還期限 2006 年 .............................................................
新株引受権付社債(行使価額 1,345 円/株)
:
利率 1.37%、償還期限 2004 年 ...........................................................
連結子会社が発行した円建社債:
利率 5.0%、劣後社債、償還期限 2005 年 ..............................................
グループ本社及び国内連結子会社が発行した普通社債(ユーロ債)
:
利率は種々、償還期限 2035 年まで......................................................
在外連結子会社が発行した普通社債(ユーロ債)
:
利率は種々、償還期限 2007 年まで......................................................
6,108
13,149
57,084
円建劣後借入金、返済期限 2006 年 ........................................................
20,000
40,000
186,916
金融機関からの借入金 ..........................................................................
54,195
72,809
506,496
その他 ................................................................................................
—
5
—
¥ 949,718
¥ 859,492
$ 8,875,869
上記転換価額及び行使価額は、一定の条件の下に調整されます。
2005 年 3 月 31 日現在、長期借入債務の各年度別の返済予定額は、以下のとおりであります。
3 月 31 日に終了する各年度
2006 年 ......................................................................................................................
2007 年 ......................................................................................................................
2008 年 ......................................................................................................................
2009 年 ......................................................................................................................
2010 年 ......................................................................................................................
2011 年以降................................................................................................................
百万円
千 US$
¥ 129,402
$ 1,209,364
125,086
1,169,028
36,616
342,206
15,200
142,056
8,789
82,140
634,625
5,931,075
¥ 949,718
$ 8,875,869
2005 年 3 月 31 日現在、大和における借入コミットメントに係る未実行残高は131,522 百万円(1,229,178 千 US$)で
あります。
119
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
14. 退職給付
従業員に対する退職給付制度
役員退職慰労金
大和は、従業員について以下の退職給付制度を設けてお
連結貸借対照表の退職給付引当金に含まれる連結子会
ります。
社の役員退職慰労引当金は、2005 年 3 月 31 日現在にお
いて 1,100 百万円( 10,280 千 US$)、2004 年 3 月 31 日
退職一時金制度
現在において 1,565 百万円であります。連結損益計算書
グループ本社及び一部を除く国内連結子会社は、
貢献度、
に計上された役員退職慰労引当金繰入額は、2005 年 3
能力及び実績等に応じて各事業年度ごとに各人別に勤務
月 31 日に終了する連結会計年度において 439 百万円
費用が確定する、社外積立のない退職一時金制度を有し
( 4,103 千 US$)、2004 年 3 月 31 日に終了する連結会計
ております。この退職一時金制度における支給額は、各
年度において 368 百万円及び 2003 年 3 月 31 日に終了す
従業員の貢献度に応じた各事業年度ごとの累積額にみ
る連結会計年度において 509 百万円であります。
なし運用付加金を加算した額となります。各事業年度ご
との累積額及びみなし運用付加金の要支給額は、連結貸
グループ本社は、2004 年 5 月の取締役会において役員
借対照表の退職給付引当金に計上しており、その金額は、
退職慰労金制度の廃止を決定し、重任する役員に対して
2005 年 3 月 31 日現在において 16,121 百万円(150,664
は、2004 年 6 月の株主総会終結時までの在任期間に対
千 US$)、2004 年 3 月 31 日現在において 14,735 百万円
応する退職慰労金を当該重任役員の退任時に支払うこ
であります。連結損益計算書に計上した退職給付費用は、
とが当該株主総会において承認可決されました。これに
2005 年 3 月 31 日に終 了 する連 結 会 計 年 度におい て
伴い、支払予定金額 291 百万円(2,720 千 US$)を連結
2,946 百万円( 27,533 千 US$)、2004 年 3 月 31 日に終
貸借対照表の「退職給付引当金」から「支払債務:その
了する連結会計年度において 3,278 百万円及び 2003 年
他」へ振替えております。
3 月 31 日に終了する連結会計年度において 2,915 百万
円であります。
閉鎖型年金制度
グループ本社及び国内連結子会社は、1999 年 4 月 1 日に
確定給付型年金を閉鎖しているため、当該制度への新規
加入者はなく、また、当該制度による勤務費用は発生し
ておりません。
当該制度の連結財務諸表における影響は、
軽微であります。
120
15. 法人税等
グループ本社及び国内連結子会社における各連結会計
んでした。したがって、2003 年 3 月 31 日現在の見積税率
年度の法定実効税率は、2005 年 3 月 31 日に終了する連
は、変更される可能性がありました。実効税率の変更に
結会計年度において約 40.7%、2004 年 3 月 31 日に終了
より、繰延税金資産の金額が 2,208 百万円減少し、法人
する連結会計年度において約 42.1%、及び 2003 年 3 月
税等調整額が 2,271 百万円、その他有価証券評価差額金
31 日に終了する連結会計年度において約 42.1% であり
が 63 百万円増加しております。
ます。
地方税法の改正の詳細が確定したことにより、2004 年 4
2003 年 3 月 31 日に地方税法が改正され、2004 年 4 月 1
月 1 日以降に開始する年度の実効税率は、約 40.7% に確
日以降に開始する年度より、法人事業税に外形標準課税
定しております。2004 年 3 月 31 日現在の繰延税金資産
制度が導入され付加価値割及び資本割という外形基準
及び繰延税金負債は、税率の確定に伴い、流動項目及び
による課税が行われることになり、同時に法人事業税の
固定項目について約 40.7% の実効税率により計算して
所得割の標準税率が引き下げられております。グループ
おります。その結果、変更前に比べて、繰延税金資産の
本社及び国内連結子会社は、
将来の税率の変更を考慮し、
法人税等調整額が 260 百万円、
金額が 158 百万円増加し、
2003 年 3 月 31 日現在の繰延税金資産及び繰延税金負
その他有価証券評価差額金が 101 百万円減少しており
債を、流動項目について約 42.1%、固定項目について約
ます。
40.5% の実効税率により計算しております。しかし、約
40.5% の実効税率は、改正税法の詳細が未確定であっ
在外連結子会社については、それぞれの国の税率に従っ
たことから見積税率によっており、確定税率ではありませ
ております。
2005 年 3 月 31 日現在及び2004 年 3 月 31 日現在の繰延税金資産及び繰延税金負債の内訳は以下のとおりであります。
千 US$
百万円
2005
2005
2004
繰延税金資産:
繰越欠損金 ......................................................................................
46,059
¥ 116,984
投資有価証券評価減 .........................................................................
13,232
12,922
123,664
連結子会社への投資に係る一時差異 ...................................................
51,979
—
485,785
不動産事業再編費用 .........................................................................
913
7,459
8,533
退職給付引当金 ................................................................................
8,231
7,232
76,925
賞与引当金 ......................................................................................
7,931
6,979
74,121
貸倒引当金 ......................................................................................
4,406
5,285
41,178
その他 .............................................................................................
21,347
26,003
199,504
繰延税金資産小計 ............................................................................
154,098
182,864
1,440,168
評価性引当金 ...................................................................................
(107,348)
(108,584)
(1,003,252)
繰延税金資産合計 .........................................................................
46,750
74,280
436,916
繰延税金負債 ......................................................................................
32,011
23,629
299,169
14,739
¥ 50,651
繰延税金資産の純額 ............................................................................
¥
¥
$
$
430,458
137,747
グループ本社及び一部の連結子会社は、繰延税金資産のうち、回収不能見込額について評価性引当金を計上して
おります。
121
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
2005 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度及び 2004 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度の法定実効税率と税効果
会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳は以下のとおりであります。
2005
2004
法定実効税率 ..............................................................................................................
40.7%
42.1%
評価性引当額 ..............................................................................................................
(7.0)
(12.5)
永久に損金に算入されない項目 .....................................................................................
1.2
1.3
永久に益金に算入されない項目 .....................................................................................
(0.6)
(0.9)
外国子会社との税率差異 ..............................................................................................
(0.8)
(1.7)
未実現利益に係る調整額 ..............................................................................................
3.8
—
その他-純額 ................................................................................................................
(1.6)
(1.2)
税効果会計適用後の法人税等の負担率 ..........................................................................
35.7%
27.1%
2003 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度における、法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差
異については、当期純損失を計上しているため記載しておりません。
16. 特別法上の準備金
日本の証券取引法上、証券会社は、証券取引に関する証券会社の債務不履行によって顧客が損失を被ることを防止す
るため、取引に比例した準備金の積立が必要であります。
17. 偶発債務
2005 年 3 月 31 日現在、大和は従業員の借入金等について、3,514 百万円(32,841 千 US$)の保証をしております。
18. 資本
日本の商法の規定上、原則として株式の発行価額の総額
分の 1 以上を利益準備金として積み立てることを規定し
を資本金とする必要がありますが、取締役会決議により
ております。利益準備金及び資本準備金は、株主総会決
発行価額の 2 分の 1 を超えない額を資本準備金とするこ
議による欠損填補及び取締役会決議による資本組入れ
とが可能であります。資本準備金は資本剰余金に含めて
に使用することが可能であります。また、株主総会決議
表示しております。
により利益準備金及び資本準備金の合計額から資本金
の 4 分の 1 を控除した額を限度として取り崩すことが可
商法は、資本準備金の額とあわせて資本金の 4 分の 1 に
能であります。利益準備金は連結貸借対照表上、利益剰
達するまで、毎決算期に利益処分として支出する額の 10
余金に含めて表示しております。
122
配当可能限度額は、商法の規定に従いグループ本社の単
4,500 千株を上限とする新株予約権を発行することが承
体財務諸表に基づいて計算しております。2005 年 3 月
認されました。この新株予約権の行使期間は 2006 年 7
31 日現在の利益剰余金の配当可能限度額は、243,297
月 1 日から2014 年 6 月 23 日までであり、行使価額は発行
百万円(2,273,804 千 US$)であります。
時に決定されます。また、同日の株主総会において、グ
ループ本社は定款を変更し、取締役会の決議をもって自
商法は、第 293 条ノ5 の規定により、中間配当ができる旨
己株式を買受けることができる旨を定めております。
を定款に定めることを認めています。グループ本社では、
2004 年 6 月 23 日開催の株主総会において、中間配当が
2005 年 6 月 24 日開催の株主総会において、取締役、執
できる旨の定款変更が可決承認され、2004 年 10 月 26 日
行役及び使用人に対し、ストック・オプションとして 2 種類
6,653 百万円(62,178 千 US$)
開催の取締役会において、
の新株予約権を発行することが承認されました。この新
(1 株につき 5 円(0.05US$))の中間配当が決定されて
株予約権のうち一つは、グループ本社及びその子会社の
います。また、委員会等設置会社への移行に伴い、年度の
取締役及び執行役に付与されたものであり、行使時の払
利益配当は取締役会が決定します。2005 年 5 月 19 日開
込金額は 1 株当たり1 円であります。もう一つは、グルー
催 の 取 締 役 会において 、13,307 百 万 円( 124,363 千
プ本社及びその関係会社の使用人、並びに上記の付与対
US$)
( 1 株につき 8 円( 0.07US$))の利益配当が決定
象とならないグループ本社の関係会社の取締役及び執
されています。
行役員に付与されたものであり、行使時の払込金額は、
新株予約権の発行時のグループ本社株式の時価等に基
2004 年 6 月 23 日開催の株主総会において、取締役、執
づいて決定されます。
行役及び主要な使用人に対し、ストック・オプションとして
19. 自己資本規制
日本国内の証券会社は、監督当局が規定した自己資本規
2004 年 3 月 31 日現在における自己資本規制比率は、大
制に従う必要があります。国内証券子会社 2 社は、規定に
和証券が 351.3%(未監査)及び 363.3%(未監査)、大
従った自己資本比率を報告しております。自己資本規制
和証券 SMBC が 355.6%(未監査)及び 336.9%(未監
比率が 140%を下回った場合は、当局が一定の行政措置
査)となっております。
をとることになっております。2005 年 3 月 31 日現在及び
123
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
20. セグメント情報
大和の事業区分は、単一の事業セグメントに属しております。グループ本社及び連結子会社の主要な事業活動は、
( 1)
有価証券及びデリバティブ商品の売買等(2)有価証券及びデリバティブ商品の売買等の受託の媒介(3)有価証券の引
受け及び売出し(4)有価証券の証券取引に関するその他の業務(5)有価証券の私募の取扱いであります。
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び 2003 年 3 月 31 日に終了する3 連結会計年度の所在地別の営業収益の要約及
び2005 年 3 月 31 日現在並びに2004 年 3 月 31 日現在の所在地別の資産の要約は以下のとおりであります。
百万円
日本
米州
欧州
アジア・
オセアニア
消去又は
全社
連結
2005 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
純営業収益 :
外部顧客からの純営業収益 ...............¥
353,827 ¥
3,971
¥ 25,378
¥ 7,256
セグメント間の内部純営業収益 ..........
(2,370)
6,641
5,027
1,278
(10,576)
¥
—
¥
390,432
—
計 ..................................................
351,457
10,612
30,405
8,534
(10,576)
390,432
販売費・一般管理費 ..........................
244,543
10,595
24,203
6,781
(10,578)
275,544
営業利益 .........................................¥
106,914 ¥
6,202
¥ 1,753
¥
¥ 811,192
¥ 62,560
¥ (672,019) ¥ 12,378,962
¥
23,956
¥ 6,540
¥
17
2005 年 3 月 31 日現在:
所在地別資産 .................................¥ 10,078,853 ¥ 2,098,376
¥
2
¥
114,888
2004 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
純営業収益:
外部顧客からの純営業収益 ...............¥
314,190 ¥
7,749
—
¥
352,435
セグメント間の内部純営業収益 ..........
1,389
3,468
3,413
1,132
(9,402)
—
計 ..................................................
315,579
11,217
27,369
7,672
(9,402)
352,435
販売費・一般管理費 ..........................
232,269
10,197
(9,075)
259,915
営業利益(損失)
...............................¥
83,310 ¥
1,020
2004 年 3 月 31 日現在:
所在地別資産 .................................¥ 8,617,452 ¥ 1,948,621
20,413
6,111
6,956
¥ 1,561
¥
¥ 768,712
¥ 63,531
¥ (632,651) ¥ 10,765,665
¥
¥ 5,238
¥
¥
(327) ¥
92,520
2003 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
純営業収益 :
外部顧客からの純営業収益 ...............¥
237,465 ¥
6,977
21,130
—
¥
270,810
セグメント間の内部純営業収益 ..........
2,254
700
2,201
624
(5,779)
—
計 ..................................................
239,719
7,677
23,331
5,862
(5,779)
270,810
販売費・一般管理費 ..........................
215,665
11,081
19,945
営業利益(損失)..............................¥
24,054 ¥
(3,404) ¥
124
3,386
5,795
¥
67
(5,785)
¥
6
246,701
¥
24,109
千 US$
日本
米州
欧州
アジア・
オセアニア
消去又は
全社
連結
2005 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
純営業収益:
外部顧客からの純営業収益 ............... $ 3,306,794 $
(22,149)
セグメント間の内部純営業収益 ..........
37,112
$ 237,178
$ 67,812
62,065
46,981
11,944
$
(98,841)
— $
3,648,896
—
計 ..................................................
3,284,645
99,177
284,159
79,756
(98,841)
3,648,896
販売費・一般管理費 ..........................
2,285,449
99,019
226,196
63,374
(98,860)
2,575,178
57,963
$ 16,382
$
2005 年 3 月 31 日現在:
所在地別資産 .................................. $ 94,194,888 $19,610,991 $7,581,234
$ 584,673
$ (6,280,552) $ 115,691,234
営業利益 ......................................... $
999,196 $
158
$
19 $
1,073,718
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び2003 年 3 月 31 日に終了する3 連結会計年度の海外売上高は以下のとおりで
あります。
百万円
米州
アジア・
オセアニア
欧州
計
2005 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
海外売上高..................................................................
¥ 8,552
¥ 8,890
¥ 21,149
¥
連結純営業収益 ...........................................................
連結純営業収益に占める海外売上高の割合 ....................
38,591
390,432
2.20%
2.30%
5.40%
9.90%
2004 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
海外売上高..................................................................
¥ 10,945
¥
¥ 8,249
20,353
¥
連結純営業収益 ...........................................................
連結純営業収益に占める海外売上高の割合 ....................
39,547
352,435
3.10%
2.30%
5.80%
11.20%
2003 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
海外売上高..................................................................
¥ 8,144
¥
¥ 6,951
21,589
¥
連結純営業収益 ...........................................................
連結純営業収益に占める海外売上高の割合 ....................
36,684
270,810
3.00%
2.50%
8.00%
13.50%
千 US$
米州
欧州
アジア・
オセアニア
計
2005 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
海外売上高 ...................................................................
$ 79,925
$ 197,654
$ 83,084
連結純営業収益 ............................................................
連結純営業収益に占める海外売上高の割合......................
$
360,663
3,648,896
2.20%
125
5.40%
2.30%
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
9.90%
21. 受入手数料
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び 2003 年 3 月 31 日に終了する 3 連結会計年度における事業部門別の受入手
数料の内訳は、以下のとおりであります。
百万円
エクイティ
(株式関連)
2005 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
委託手数料 ............................................ ¥ 81,919
—
引受け・売出し手数料 ............................
—
募集・売出しの取扱手数料 .....................
1,968
その他の受入手数料 ...............................
¥ 83,887
2004 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
委託手数料 ............................................ ¥ 78,194
—
引受け・売出し手数料 ............................
—
募集・売出しの取扱手数料 .....................
1,867
その他の受入手数料 ...............................
¥
80,061
2003 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
委託手数料 ............................................ ¥ 45,403
—
引受け・売出し手数料 ............................
—
募集・売出しの取扱手数料 .....................
1,839
その他の受入手数料 ...............................
¥
47,242
フィックスト
インカム
(債券)
アセット
インベストメント・
マネジメント
バンキング
(資産運用)
(投資銀行)
¥ 1,464
¥
159
¥
—
その他
¥
合計
— ¥
83,542
54,744
—
—
54,744
—
—
19,688
3,598
—
23,286
2,800
25,793
12,828
11,426
54,815
¥ 4,264
¥ 45,640
¥ 71,170
¥ 11,426 ¥
216,387
¥ 1,242
¥
¥
¥
— ¥
79,645
—
209
—
46,094
—
46,094
—
21,904
1,662
—
23,566
3,977
20,933
8,049
10,032
¥ 5,219
¥
43,046
¥
¥ 1,163
¥
276
¥
—
44,858
55,805
¥
10,032 ¥
194,163
—
¥
— ¥
46,842
—
—
27,946
—
27,946
—
14,059
608
—
14,667
3,422
¥ 4,585
26,535
¥
40,870
11,084
¥
39,638
11,948
¥
11,948 ¥
54,828
144,283
千 US$
エクイティ
(株式関連)
2005 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度:
委託手数料 ............................................ $ 765,598
—
引受け・売出し手数料 ............................
—
募集・売出しの取扱手数料 .....................
18,393
その他の受入手数料 ...............................
$ 783,991
フィックスト
インカム
(債券)
インベストメント・
アセット
バンキング
マネジメント
(投資銀行)
(資産運用)
$ 13,682
$
$
—
$
合計
— $
780,766
—
—
511,626
—
511,626
—
184,000
33,626
—
217,626
26,168
241,056
119,888
106,785
512,290
$ 39,850
$ 426,542
$ 665,140
126
1,486
その他
$ 106,785 $ 2,022,308
22. 販売費・一般管理費
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び 2003 年 3 月 31 日に終了する3 連結会計年度の販売費・一般管理費の主な内
訳は以下のとおりであります。
千 US$
百万円
2005
2004
2003
2005
人件費 ........................................................................
¥ 142,751
¥ 136,964
¥ 123,904
$ 1,334,122
支払手数料..................................................................
19,607
14,573
14,867
183,243
通信費・運送費 ...........................................................
18,174
17,444
17,317
169,851
不動産関係費 ..............................................................
32,697
32,519
33,348
305,579
事務費 ........................................................................
16,805
14,899
14,708
157,056
租税公課 .....................................................................
6,756
5,617
4,671
63,140
減価償却費..................................................................
22,129
21,530
21,067
206,813
その他 ........................................................................
16,625
16,369
16,819
155,374
¥ 275,544
¥ 259,915
¥ 246,701
$ 2,575,178
23. その他の収益(費用)
2005 年 3 月 31 日、2004 年 3 月 31 日及び2003 年 3 月 31 日に終了する3 連結会計年度の連結損益計算書における「そ
の他‐純額」の内訳は以下のとおりであります。
千 US$
百万円
2005
投資有価証券売却益.....................................................
2004
¥ 5,559
¥
6,704
2003
¥
8,241
2005
$ 51,953
投資有価証券評価減.....................................................
(3,472)
(2,691)
(20,298)
(32,449)
固定資産評価損 ...........................................................
(114)
(58)
(272)
(1,065)
465
(159)
55
4,346
(557)
—
(70,981)
固定資産売却益、除売却損 ...........................................
貸付債権売却損 ...........................................................
(7,595)
新株引受権戻入益 ........................................................
502
—
—
4,692
子会社厚生年金基金脱退費用........................................
(188)
—
—
(1,757)
貸倒引当金繰入 ...........................................................
(1,639)
(648)
(4,152)
(15,318)
不動産事業再編費用引当金戻入益
(不動産事業再編費用)..............................................
—
—
812
—
持分法による投資損益 .................................................
1,894
90
265
17,701
減損損失 .....................................................................
—
(12,797)
—
関係会社株式清算損.....................................................
(51)
(4,221)
—
店舗等統廃合移転費用 .................................................
—
(2,473)
—
海外銀行子会社再編費用 ..............................................
その他 ........................................................................
(779)
—
(477)
—
(595)
—
3,651
3,052
4,045
34,121
¥ (1,767)
¥ (14,353)
¥ (11,304)
$ (16,514)
127
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
(7,280)
固定資産の減損会計の適用に当たり、グループ本社及び
なお、継続使用資産の回収可能価額については、将来
国内連結子会社は、主として投資の意思決定を行う際の
キャッシュ・フローを 5% から 8% で割り引いて算定して
単位を考慮して資産をグルーピングしており、各資産グ
おります。
ループにつき、収益性を評価しております。その結果、以
下の資産について減損損失を認識し、帳簿価額を減額し
また、処分予定資産は、正味売却価額により測定してお
ております。
り、建物及び土地については不動産鑑定評価基準に基づ
2004 年 3 月 31 日に終了する連結会計年度における減
き評価しております。
損損失の内訳は以下のとおりであります。
百万円
継続使用資産 ..........................................
¥ 9,103
処分予定資産 ..........................................
3,694
¥ 12,797
24. 後発事象
合併契約 — 当社の重要な連結子会社である NIF は、2005 年 5 月 13 日に三井住友フィナンシャルグループのベン
チャーキャピタル業務を担うSMBC キャピタル株式会社との合併契約(合併期日:2005 年 10 月 1 日)を締結いたしま
した。
同社はまた、2005 年 5 月 13 日開催の取締役会において、株式会社三井住友銀行を割当先とする新株の発行(払込
期日:2005 年 7 月 29 日、発行価額の総額:99 億円(92.5 百万 US$))を決議いたしました。
合弁事業契約 — 当社と株式会社三井住友フィナンシャルグループ及び株式会社三井住友銀行は、NIFとSMBC キャ
ピタル株式会社との合併後の新会社の運営に関する基本事項等についての合弁事業契約を締結いたしました。
ストック・オプション — 2005 年 6 月 24 日開催の株主総会において、ストック・オプションとして新株予約権を発行する
ことが承認されました。これは商法第 280 条ノ20 及び第 280 条ノ21 の規定に基づき、グループ本社及びその子会社の
取締役及び執行役に無償で付与されたものであり、行使時の払込金額は1 株当たり1 円であります。
128
独立監査人の監査報告書
株式会社大和証券グループ本社
株主各位及び取締役会 御中
当監査法人は、株式会社大和証券グループ本社及び連結子会社の日本円で表示された、2005 年 3 月 31 日現在及び
2004 年 3 月 31 日現在の連結貸借対照表並びに 2005 年 3 月 31 日までに終了する3 連結会計年度の連結損益計算書、
連結株主持分計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書について監査を行った。この連結財務諸表の作成責任は経営
者にあり、当監査法人の責任は独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明することにある。
当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽の表示がないかどうかの合理的な保証を得ることを求めている。監査は、試
査を基礎として行われ、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も
含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することを含んでいる。当監査法人は、監査の結果として意見表明のた
めの合理的な基礎を得たと判断している。
当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
株式会社大和証券グループ本社及び連結子会社の 2005 年 3 月 31 日現在及び 2004 年 3 月 31 日現在の財政状態並び
に2005 年 3 月 31 日までに終了する3 連結会計年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点にお
いて適正に表示しているものと認める。
追記情報
(1)連結財務諸表注記事項 2 に記載のとおり、株式会社大和証券グループ本社及び国内連結子会社は、2004 年 3 月 31
日に終了する連結会計年度より、固定資産の減損に係る会計基準を早期適用している。
(2)連結財務諸表注記事項 24 に記載のとおり、株式会社大和証券グループ本社の重要な連結子会社であるエヌ・ア
イ・エフ ベンチャーズ株式会社は 2005 年 5 月 13 日 SMBC キャピタル株式会社と合併契約を締結し、同日に新株
の発行を決議した。また、当該合併後の新会社の運営に関する基本事項等について、株式会社大和証券グループ
本社は 2005 年 5 月 13 日に株式会社三井住友フィナンシャルグループ及び株式会社三井住友銀行と合弁事業契約
を締結した。
2005 年 3 月 31 日をもって終了する連結会計年度の連結財務諸表の米ドルは便宜のために表示されている。監査
には日本円から米ドルへの換算も含まれており、換算は連結財務諸表注記事項 1 に記載されている方法により適
切に実施されているものと認める。
あずさ監査法人
日本国 東京
2005年6月27日
129
大和証券グループ アニュアルレポート 2005
Fly UP