...

学校だより NO86 「み な み っ 子」

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

学校だより NO86 「み な み っ 子」
学校だより
「み な み っ 子」
NO86
学校教育目標
平成 25 年 12 月18日
伊 丹 市 立 南 小 学 校
校長
「強い体に きれいな心」
「土曜学習会」試験開催
!!
石堂
行文
・友だちが心の傷の消しゴムに
塩竈菜々子
・ありがとうその一言は魔法だね
中尾光穂
高学年を対象にした「土曜学習会」をPTA学力向
・大丈夫みんなが来るよ助けるよ
西岡真歩
上委員会が試験開催しました。41人の児童が参
・大丈夫なんとかするよみんなでね 浅成大和
加。南小学校卒業生で教員を志望する大学生等5人
・不満はねみんなに話して解決だ
の先生。PTA学力向上委員会のメンバーで進行さ
・すぐそばにわかり合える子いるからね
12月14日(土)10時~12時の2時間
れました。教育委員会からも学校教育部長・室長が
吉田尊徳
井上理子
見学にきて
・止めろやと言える勇気に勲章を
いただきま
・ケンカしてすぐ謝ればすぐ終わる 石井義典
した。
・いてついた心を溶かすありがとう 木下諒人
楽しいひと
・ありがとう言って言われて嬉しいな 畠山香帆
ときをもつ
・神様は空からエール送ってる
寺岡美春
ことができ
・心には嬉しいことばたまってく
釣 ほのか
奥村淳生
ました。
4 年生 心の匠事業
「和久 一美 先生」と
お 知
俳句の学習
4 年生は 12 月 12 日(木)みだしの学習を行いま
ら せ
12 月 19 日に県道 336 号線の御願塚古墳近くに押
しボタン式信号機と横断歩道が完成します。
した。3年連続で講師にお願いしております和久一
南小学校まちづくり協議会池田会長様をはじめ
美先生は、市内の小中学校で校長先生をされ、中学
多くの地域の方々が、関係各所に働きかけていただ
校国語科の教師としても長年にわたり教壇に立た
き、このような環境が整えられるようになったとお
れた経験豊富な先生です。当日は子ども達が俳句に
聞きしております。これまでは、五号橋線から阪急
興味・関心をもてる楽しい授業をしていただけまし
伊丹線の踏切までの間の横断は、通学路の歩道橋を
た。授業の最後には、個々の児童が子どもならでは
渡る、御願塚古墳の近くの無信号横断歩道を渡るこ
の作品を完成させました。子どもの作品の中から毎
とでした。このような環境になり地域の皆さんの道
年 20 人ほどの児童の作品が「入選」として選ばれ
路の横断が便利になると思います。
ます。昨年までの作品は、校舎内に貼っております。
小学校の登下校には「歩道橋」を使います
今年の入選作品は次の人です。
上記のようなよい環境になったのですが、小学校
・ごめんねは心のクギを抜くんだよ
内田直希
の通学路は、①幼稚園までと違い 1 年生(4月から)
・悩みなど仲間がいるから吹っとぶよ 中嶋春喜
は自力・自主登校になります。②中学年は登下校に
・ごめんねはケンカを止めるあいさつだ 岡田侑真
慣れて不注意になりがちです。③高学年は自己判断
・お早うとみんな楽しく朝ご飯
谷口愛美
を行い危険性が高まります。このように小学校児童
・大丈夫わたしがいるよ頼ってね
澤田あきほ
の発達段階、及び、登下校時間に道路を横断する児
・みんなから悪いことばを消してゆく 熊谷至穏
童数を鑑みますと、登下校の「通学路」は現在指定
・あいさつは心をつなぐすごいカギ
中島菜那
しております「歩道橋」を渡るコースのままで実施
・最高の人になるため修行中
前田敏伸
してまいります。
Fly UP