...

第2号

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Description

Transcript

第2号
平成27年度 月刊
( 生 徒・保 護 者 版 )
サ
イ
校長通信2号
H 2 7 .5 .2 2 (5 月 号 )
家に持ち帰ってください。
●運動班の活躍
多くのクラブで、北信大会が終了しま
した。健闘に敬意を表します。県大会
に駒を進めたのは以下のクラブです。
・ソフトテニス
【団体戦】男子優勝
女子3位
【個人戦】男子
内 川 ・中 嶋 ペ ア 優 勝
女子
小 平 ・茂 原 ペ ア 優 勝
・バスケット
【男子】ベスト8
●文化班の活躍
写真同好会(「週刊上田」より)
文芸部・漫画研究部
長野市で篠ノ井かたりべの会
の公演がありました。本校文芸
部・漫 画 研 究 部 は 民 話 を 取 材 し て
紙 芝 居 を 制 作 、ご 開 帳 で に ぎ わ う
歩 行 者 天 国 で 上 演 し ま し た 。写 真
は上演中の2年生矢澤君と清野
君 。多 く の 歩 行 者 が 足 を 止 め て 聞
き入っていました。
「義務教育を受けましたか?」
教員採用試験のときの面接で忘れられない思い出があります。「あなたは、義務教育を
受けましたか?」と聞かれたのです。日本国民である以上、義務教育を受けないわけがあ
りません。私は非常に戸惑いました。質問の意図がよくわからぬまま、しかし、仕方ない
ので「はい、受けました。」と答えました。すると面接官は、「おかしいな、君は、義務
教 育 は 受 け て い な い は ず な ん だ が ・・・・・・」 と 言 い な が ら 、 書 類 の 綴 り を さ か ん に ひ っ く り
返しています。
・
・
・
・
両 者 ほ ぼ 同 時 に 、こ の ち ぐ は ぐ な 状 況 の 原 因 を 理 解 し ま し た 。面 接 官 の 質 問 は 、
「 義務教育
・
・
・
・
・
の採用試験を受けたか?」ということだったのです。不機嫌そうな面接官の様子もあり、
空気が凍りつくような感じがしました。よっぽどのバカに思われたんじゃないだろうかと
思って、面接官の顔を見た瞬間、「ハハハハハ、こりゃ質問が悪いよな。」と彼は大笑い
し ま し た 。凍 り つ い た 空 気 が 一 瞬 に し て 消 滅 、そ の 後 、面 接 は 極 め て 順 調 に 進 行 し ま し た 。
ベ ル ク ソ ン と い う フ ラ ン ス の 哲 学 者 ( 1859― 1941) に 『 笑 い 』( 岩 波 文 庫 ) と い う
著作があります。この本によれば、生き生きとした人間の活動が何らかの理由で硬直し、
機 能 不 全 に 陥 っ た と き(「 生 け る も の に 貼 り つ け ら れ た 機 械 的 な も の 」に 直 面 し た と き ) に
必 然 的 に 生 じ る 社 会 的 動 作 が「 笑 い 」で あ り 、こ れ に よ り「 機 械 的 な も の 」は 剥 ぎ 取 ら れ 、
「生けるもの」は再び生き生きした生命を取り戻すのだそうです。もっと簡単に言えば、
人間関係がぎこちなくシラケたものになった時、それを一気に解消する力を「笑い」は持
っているということです。私の体験は、その典型的な例かもしれません。
ところで、「授業」という「生けるもの」に時々「機械的なもの」が貼りつくことがあ
ります。生徒の活き活きとした生命力が失せ、集中力の欠けた散漫な雰囲気が教室を覆っ
たとき、先生がとっておきのジョーク。教室はどっと笑いに包まれて「授業」は再び命を
取り戻す。そんな情景を思い出しました。そ
んな雰囲気の授業が私の理想です。近年、教
師が一方的に教えるのでなく、生徒が主体的
に 活 動 す る 授 業 =「 ア ク テ ィ ブ・ラ ー ニ ン グ 」
が重視されていますが、こうした活き活きし
た雰囲気の授業こそが「アクティブ・ラーニ
ング」の基礎になるのではないでしょうか。
誤解を恐れずに言えば、クラブ活動や生徒会
活動が無くなっても学校は学校ですが、授業
が無くなったら、学校は学校でなくなってし
まいます。長野俊英高校は、今後とも授業を
重視する学校として努力して行きたいと考え
ています。
授業公開週間
英語
Fly UP