...

くらしの情報

by user

on
Category: Documents
2

views

Report

Comments

Transcript

くらしの情報
を
秘
書
課
人
事
係
市 申 面 た
販 込 接 り
の み 日 3
履
∼
歴 9 9 5
書 月 月 時
︵ 5 10 間
写 日 日 程
真(金)
(水)度
貼 ま
付 で
︶ に
医 真
師 貼
会 付
︵ ︶
T を
(42)保
7 健
8 セ
9 ン
3 タ
︶ ー
内
勤 募 人 応 案 美 業
務 集
募 内 術 務
館 内
人
資
な 容
格
催 員
ど
し
の 芸
の 10
土
催 術
あ 人
日
し 文
る
勤
開 化
日
務
催 ホ
で
1 ︵
時 ー
き
日 年
の ル
る
当 間
・
80
日
∼
160
日
程
度
︶
申 30 3 8
込 分 日 月
み ∼ ︵ 14
17 月 日
市 時 1 ・
販 30 回 15
の 分 程 日
度 、
履
︶ 1
歴
書
月
8 2
︵
時 日
写
・
3
5
1
1
︶
化 4 申 体
会 日 込
館(木)み
内 に
生 所 8
涯 定 月
学 の 15
習 申 日
課 請(金)
︵ 書 ∼
T を 9
(42)文 月
勤 募
務 集
人
日 員
曜
日 若
、 干
祝 名
日
お
よ
び
看休
護日
師診
、療
医所
療
事
務
員
団
体
の
登
録
が
さ
れ
て
い
る
団
対 行 重
象 い な
ま っ
20 す た
年 。 場
合
度
、
社
抽
会
せ
教
ん
育
会
関
を
係
約
を
受
け
付
け
ま
す
。
希
望
が
平
成
21
年
度
の
展
示
室
の
予
是
非
ご
利
用
く
だ
さ
い
。
ン
を
展
示
し
て
み
ま
せ
ん
か
。
書 書 申 図
館 館 込 書
本 に み 館
で
館 備
︵ 付 9 調
T け 月 整
(41)の 2 し
0 申 日 ま
8 請(火)す
9 書 よ 。
4 を り
︶ 図 図
※
希
望
者
が
重
な
っ
た
場
合
は
ま
た
は
グ
ル
ー
プ
対 ︵ と
象 展 き
示
市 期 平
内 間 成
で は 21
活 1 年
動 か 4
す 月 月
る 間 ∼
個 ︶ 9
人
月
問 い ン き
合 。 へ る
の 限
せ
排 り
出 地
環
に 区
境
ご の
課
協 ス
ご
力 テ
み
く ー
減
だ シ
量
さ ョ
係
以
外
で
排
出
で
き
る
人
は
、
で
設
け
ら
れ
て
い
ま
す
。
日
曜
日
出
で
き
な
い
人
な
ど
の
た
め
に
日
に
忙
し
く
、
粗
大
ご
み
が
排
粗
大
ご
み
特
別
搬
入
日
は
平
︻
お
願
い
︼
お
持
ち
く
だ
さ
い
。
臨文
時化
職施
員設
催
事
案
内
(48)を
5 市
0 民
5 病
0 院
︶ 管
理
課
庶
務
係
︵
T
文
化
会
館
展
示
室
の
予
約
趣
味
の
作
品
や
コ
レ
ク
シ
ョ
口
が
違
い
ま
す
の
で
、
分
け
て
社
会
福
祉
士
の
登
録
証
の
写
し
市 申 面 分
販 込 接
の み 日
履
歴 9 9
書 月 月
︵ 12 18
写 日 日
真(金)
(木)
貼 ま
付 で
︶
、 に
除 勤 勤 募
く 務 務 集
︶
開 人
月 始 員
8 ∼ 日
時 金
1
30 曜 11 人
分 日 月
∼ ︵ 25
17 祝 日
時 日(火)
15 を
問 と 11 と を 回
合 こ 時 き 除 収
せ ろ
く を
8 ︶ 行
月
環 大
い
境 浜
24
ま
課 公
す
日
環 民
。
(日)
境 館
︵
保
業
9
全
務
時
用
係
∼
ギ図
ャ書
ラ館
リ本
ー館
の
利
用
家
庭
か
ら
出
る
食
用
廃
油
の
問 と 分 と ま を
合 こ ∼ き す あ
。 げ
せ ろ
て
9
追
月
福 芸
悼
6
祉 術
の
日
課 文
誠
社 化
(土)
を
会 ホ
さ
福 ー
10
さ
祉 ル
時
げ
係
30
※ 衣 と 分 と 付
ご 浦 こ ∼ き け 日
み
ま 曜
ろ 11
の
時 9 す 日
種
ク 30 月 。 に
類
リ 分 7
粗
に
日
ー
大
よ
ン
ご
(日)
り
セ
み
受
ン
を
8
付
タ
受
時
窓
ー
け
30
募
集
ワ
ー
カ
ー
産市
休民
育病
休院
代臨
替時
職
員
医
療
ソ
ー
シ
ャ
ル
食
用
廃
油
回
収
で
あ
る
こ
と
を
深
く
思
い
、
市
業
務
内
容
生
活
礎
の
上
に
も
た
ら
さ
れ
た
も
の
繁
栄
が
戦
没
者
の
尊
い
犠
牲
の
今
日
の
め
ざ
ま
し
い
発
展
と
戦
没
者
追
悼
式
粗
大
ご
み
特
別
搬
入
受
付
2008.8.15 12
環境にもやさしい
公共交通機関 名鉄電車三河線を利用しましょう
碧 月
南 以
消 内
防 に
署 撮
︵ 影
T ︶
(41)を
2 持
6 参
2 し
3 て
︶
×(金)申 ※
横 に 込 当
3 所 み 日
㎝ 定
集
の の 8 め
写 申 月 ま
真 込 25 す
1 書 日 。
枚 、(月)
︵ 縦 ∼
3 4 29
か ㎝ 日
料 定 と 回 9 と
金 員 こ ︶ 時 き
ろ
30
4 180
分 9
千 人 安
∼ 月
円 ︵ 城
16 11
先 市
時 日
着 民
30(木)
順 会
分 ・
︶ 館
︵ 12
全 日
2(金)
0 壁 0 試 日 日 申 ま
3 1 0 験(火)
(水)込 す
︶ ー 1 研 に ② み 。
50 1 究 郵 9
、 セ 送 月 ①
T 名 ン 、 29 9
0 古 タ 持 日 月
5 屋 ー 参(月)8
2 市 ︵ で ∼ 日
(962)東 〒(財)10(月)
1 区 461 消 月 ∼
5 白 ー 防 7 17
消 問
防 合
局 せ
衣
浦
T 東
(63)部
0 広
1 域
3 連
7 合
で
配
布
し
ま
す
。
訴
え
て
も
、
検
察
官
が
起
訴
し
害
に
あ
い
、
警
察
や
検
察
庁
に
て
く
れ
な
い
。
こ
の
よ
う
な
不
し
し
ま
す
。
ま
た
、
②
は
学
校
※ ② 願 種
願 9 書
書 月 配
は 12 布
消 日
防(金)①
各 ∼ 8
署
月
所
25
で
日
お
(月)
渡
∼
類
、
丙
種
②
乙
種
第
4
類
、
丙
交
通
事
故
、
詐
欺
な
ど
の
被
検ご
察存
審じ
査で
会す
か
ご
理
解
と
ご
協
力
を
お
願
い
し
ご
迷
惑
を
お
掛
け
し
ま
す
が
、
県
民
T 税
0 ・
5 事
6 業
4 税
(27)グ
2 ル
7 ー
1 プ
3
実
施
さ
れ
ま
す
。
M
を
含
め
業
務
は
平
常
ど
お
り
の
通
用
口
が
確
保
さ
れ
、
A
T
郵
送
さ
れ
た
書
類
で
確
認
し
て
※
受
付
時
間
な
ど
は
、
事
前
に
とき
9月24日
(水)
10月1日
(水)
2日
(木)
7日
(火)
9日
(木)
14日
(火)
15日
(水)
試 と ② と ︻(41)金 申 を
験 こ 高 き 危 2 を 込 含
険 6 添 み む
種 ろ 校
︶
類
① 物 2 え
名 11 一 取 3 て 8
① 古 月 般 扱 ︶ 碧 月
乙 屋 2 者
南 25
種 市 日 10 試
消 日
第 内(日)月 験
防(月)
1
署 よ
12 ︼
∼
︵ り
日
T 料
6
(日)
各 ※ 料 日 受
とき
ところ
消 申 金(火)付
防 込
期
署 書 4
間 10月3日
(金) 幸田町民会館
、 は 千
8日
(水) 豊田市民文化会館
県 8 700
9
民 月 円
月
21日
(火) ウィルあいち
生 15
2
22日
(水)
〃
活 日
日
プ(金)
(火)
23日
(木)
〃
ラ よ
∼
24日
(金)
〃
ザ り
9
問 分 と ま
合 ∼ き す
せ ︵
。
T
5 9
0 名 分 月
5 古 間 1
2 屋 程 日
(231)銀 度(月)
7 行 ︶
8 協
10
5 会
時
1
30
13
ご
と
の
一
括
受
験
申
請
に
限
り
問 15 対 く
合 年 象 だ
さ
せ 4
月 平 い
学 1 成 。
校 日 14
教 に 年
育 生 4
課 ま 月
れ 2
た 日
子 ∼
甲
種
防
火
管
理
新
規
講
習
会
給油取扱所
午前
午前
午前
ところ
鷲塚小
日進小
大浜小
西端小
新川小
棚尾小
中央小
日
程 入
学
前
に
受
け
て
く
だ
さ
い
。
料 定 ー と と ︻
金 員
こ き 乙
種
ろ
8 150
10 第
千 人
安 月 4
円 ︵
城 3 類
︵ 先
市 日 予
テ 着
文(金)備
講
キ 順
化
習
ス ︶
セ
会
ト
ン
︼
代
タ
講習別時間
特定事業所
午前
午後
一般
午後
午後
午後
午前・午後
午後
午前
問 み ト
合 で ア 現
せ す で 在
。 の 、
西
納 コ
三
付 ン
河
は ビ
県
自 ニ
税
動 エ
事
車 ン
務
税 ス
所
の ス
︻
ご
注
意
︼
手
続
き
し
て
く
だ
さ
い
。
し
て
い
る
金
融
機
関
の
窓
口
で
ま
す
。
希
望
者
は
口
座
を
開
設
全
な
口
座
振
替
の
制
度
も
あ
り
だ き 利 バ 応 e り 月 期
ま さ ま 用 ン し a し 中 限 個
た い す し キ て s ま 旬 は 人
、 。 の て ン い y す に 9 事
で 納 グ る ︵ 。 納 月 業
納
、 付 ま イ ペ な 税 1 税
税
是 す た ン イ お 通 日 第
に
非 る は タ ジ 、 知(月)1
は
ご こ A ー ー P 書 で 期
便
利 と T ネ ︶ a を す 分
利
用 も M ッ に y お 。 の
で
く で を ト 対 ︲ 送 8 納
安
主
要
シ
ャ
ッ
タ
ー
の
一
部
を
閉
知
っ
て
も
ら
う
た
め
、
店
舗
の
稼
動
し
ま
せ
ん
。
そ
れ
を
広
く
一
部
の
店
舗
内
A
T
M
以
外
は
令
時
に
窓
口
業
務
が
停
止
さ
れ
、
は
除
く
︶
で
は
、
警
戒
宣
言
発
て
の
民
間
金
融
機
関
︵
郵
便
局
な
お
、
訓
練
実
施
時
に
は
別
を
実
施
し
ま
す
。
鎖
す
る
な
ど
の
一
斉
防
災
訓
練
信
用
組
合
、
農
漁
協
な
ど
す
べ
市
内
の
銀
行
、
信
用
金
庫
、
一民
斉間
防金
災融
訓機
練関
に
よ
る
新
入
学
児
童
健
康
診
断
危予
険備
物講
取習
扱会
者・
試
験
日
程
危
険
物
取
扱
者
保
安
講
習
会
納個
税人
を事
お業
忘税
れ第
な1
く期
分
の
務 問 ま 用 査 満
局 合 す は 会 を
T
せ 。 無 へ お
0
料 ご 持
5
岡
で 相 ち
6
崎
、 談 の
4
検
秘 く 人
(51) 察
密 だ は
5
審
は さ 、
7
査
厳 い 検
9
会
守 。 察
3
事
し 費 審
習 問
課 合
せ
文
化
T 会
(42)館
3 内
5 生
1 涯
1 学
と で 9 と を
こ ︶ 時 き ご
覧
ろ
∼
21 8 く
文
時 月 だ
化
︵ 16 さ
会
29 日 い
館
日(土)。
は ∼
16 29
時 日
ま(金)
我 問
苑 合
せ
哲
学
T た
(41)い
8 け
5 ん
2 村
2 無
呈 会 三 翆 茶 我 と 15 と
茶
曲 ︶ 会 苑 こ 時 き
料
演
席
ろ ︵
奏
主
立 8
一
哲 礼 月
服
学 茶 24
絲
杉
た 席 日
音
浦
400
い は(日)
の
み
円
け 16
会
ど
ん 時 10
、
り
村 ま 時
竹
︵
無 で ∼
秀
宗
︶
吉
翁
の
﹁
四
国
遍
路
﹂
絵
歌
展
水
彩
画
や
和
歌
で
表
現
し
た
達
そ
の
と
き
の
心
情
を
1
枚
の
旅
に
な
り
ま
し
た
。
情
に
限
り
な
い
愛
惜
を
い
だ
く
わ
い
、
ま
た
四
国
の
自
然
と
人
そ
の
旅
は
、
人
生
の
孤
独
を
味
と
思
い
立
っ
た
四
国
遍
路
の
旅
。
亡
き
父
母
の
供
養
の
た
め
に
へきなん落語
立川志の輔独演会
登場
きなん落語に
へ
が
匠
師
輔
志の
とき 11月1日
(土) 14時∼
ところ 文化会館
料金(全席指定)
S席 一般前売り 3,000円、当日 3,300円
A席 一般前売り 2,500円、当日 2,800円
チケット 8月23日
(土)9時より文化会館、芸術文
化ホール(T48-3731)
※電話による予約は10時から受け付けます。
﹁藤
四井
国達
遍吉
路
﹂の
絵世
歌界
展
催
し
三涛
曲々
定庵
期茶
演会
奏・
救 問 ビ 防
急 合 デ 団
課 せ オ 員
を を
T
総 募 主
0
務 集 人
3
省 し 公
(5253) 消 て と
7
防 い し
5
庁 ま た
2
消 す 漫
2
防 。 画
・
・
習 問
課 合
せ
文
化
T 会
(42)館
3 内
5 生
1 涯
1 学
ン
グ
、
紋
服
、
留
そ
で
け
、
白
む
く
セ
ッ
ト
、
モ
ー
ニ
消
防
庁
で
は
、
消
防
士
・
消
記自
念治
事体
業消
作防
品制
の度
募 60
集周
年
内 と 10 と
容 こ 時 き
ろ ∼
花
15 8
嫁 文 時 月
用 化
23
振 会
日
そ 館
(土)
で
・
、
24
打
日
か
(日)
婚
礼
衣
し
ょ
う
特
別
展
示
会
おもしろクラシック・シリーズ第14回
福田進一のクラシックギター
甘い歌からギターのテクニックまで、ハープと
の魅惑的なデュオも交えてのプログラムにご期待
ください。
とき
10月4日
(土) 15時∼
ところ
芸術文化ホール
出演
・福田進一(クラシック
ギター)
・北爪道夫(企画・お話)
・山崎祐介(ハープ・お
話)
曲目
・シャコンヌ ニ短調
(J.S.バッハ)
・アルハンブラの思い出
(F.タレガ)ほか
料金 一般前売り 2,000円、当日 2,500円、小
中高生前売り 1,000円、当日 1,200円(全席自
由)
チケット 芸術文化ホール(T48-3731)、文化会
館、碧南中央駅市民情報センターで発売中
2008.8.15 14
問 保 対 分
合 護 象 ∼
せ 者
︶
小
・
棚
中
尾
学
T 児
生
(41)童
、
0 セ
乳
8 ン
幼
9 タ
児
2 ー
と
カ
ロ
ー
リ
ン
グ
体
験
︵
11
時
30
涯 加 申 日
学 費 込 集
習 を み め
課 添
ま
︵ え 8 す
T て 月 。
(42)文 23
3 化 日
5 会(土)
1 館 よ
1 内 り
︶ 生 参
参 定 ス
加 員 ア
ー
費
20 ト
500 人 イ
円 ︵ ン
先 ス
着 ト
順 ラ
︶ ク
タ
ー
︶
※
材
料
費
︵
3
千
500
円
︶
は
当
り
︵
9
時
30
分
∼
、
先
着
100
人
︶
、
分
︶
、
オ
リ
ジ
ナ
ル
う
ち
わ
作
ざ
ぐ
る
ま
﹂
︵
10
時
∼
10
時
30
お
は
な
し
ボ
ラ
ン
テ
ィ
ア
﹁
か
内 と 分 と
容 こ ∼ き
ろ 12
わ
時 8
く 棚
月
わ 尾
24
く 児
日
シ 童
(日)
ア セ
タ ン
9
ー タ
時
ー
30
棚
尾
児
童
セ
ン
タ
ー
ま
つ
り
問 ュ に
合 ー よ
せ ス る
な ゲ
棚 ど ー
尾 の ム
T 公 販 、
(41)民 売 だ
0 館
ん
8
ご
9
、
2
ジ
講 と
とき
内容
師 こ
ろ 9月
鏡
角
(土)
谷 文 20日
美 化
(土) フォトフレーム
千 会 27日
代 館
10月
ティッシュボック
氏
(土) ス
4日
︵
グ
ラ
※時間は14時∼16時です。
日
程
︵
全
3
回
︶
な
い
の
で
手
軽
に
で
き
ま
す
。
内 ド ※
容 を 駐
ご 車
南 利 場
中 用 は
生 く 、
ボ だ 棚
ラ さ 尾
ン い 小
テ 。 グ
ラ
ィ
ン
ア
見
え
ま
す
が
、
ガ
ラ
ス
を
切
ら
と 12 と 族
こ 時 き で
お
ろ
8 楽
棚
月 し
尾
24 み
公
日 く
民
(日)だ
さ
館
9 い
時 。
∼
も
同
日
に
開
催
し
ま
す
。
ご
家
棚
尾
児
童
セ
ン
タ
ー
ま
つ
り
おた
もの
しし
ろい
フ ェな
スつ
テの
ィ
バ
ル
ス
テ
ン
ド
グ
ラ
ス
み
た
い
に
グ
ラ
ス
ア
ー
ト
講
座
市文化祭総合美術展作品募集
部門 日本画、洋画(油絵・水彩・ガラス絵・版
画・デザインなど)、彫塑・工芸(はり絵・染織・
七宝・陶芸・彫刻・和紙工芸・金工・木竹芸・ア
ップリケなど)、書(漢字・かな・近代詩文・少
字てん刻など)、写真(カラー・白黒など)
資格 高校生以上
規格
日本画 6号以上100号以下で額装または軸装、そ
のほかこれに準ずるもの
洋画 100号以下で額装または壁展示可能な装具を
施したもの
彫塑・工芸 重量50㎏以下、平面100号以下、高さ
230㎝以内 横150㎝以内 奥行100㎝以内
書 漢字作品は小画仙紙半折2分の1以上全紙以
下、横60㎝×縦240㎝は可、幅160㎝以下(額装ま
たは枠張)。かな作品は全懐紙以上(仮表装以上、
折帖および巻子不可)。てん刻は縦39cm、横30cm、
厚さ3cm以内で額装または枠張のもの。必ず釈文
添付のこと
写真 全紙の単写真でパネル張りまたは額入り
(ガ
ラス額は不可)デジタルカメラ可(ただし、画像
合成不可)
出品 1人1部門につき1点で自作、公募展未発
表のもの
15
審査員 木本文平(藤井達吉現代美術館長)、三
頭谷鷹史(美術評論家・名古屋造形芸術大学短大
部教授)、吉田俊英(奈良県立美術館副館長)、
提髪明男(元月刊「書道界」編集長)、山口典利
(日本写真家協会会員)
賞 全作品のなかより総合美術展大賞、各部門ご
とに特選、準特選、奨励賞
搬入日 10月19日
(日) 9時∼17時
搬入場所 文化会館
搬出日 11月2日(日) 16時∼19時(書は16時30分∼)
表彰式
とき 11月2日
(日) 9時∼
ところ 文化会館
次のことにご注意ください
①天災、そのほか不慮の事故については、一切
責任を負いません。②搬出日に搬出されない場合
は、作品の保管については責任を負いません。ま
た搬出日以後10日経過した作品は主催者で処分し
ます。③審査員会により、出品規定に適合しない
と判定されたときは展示しません。④予備審査に
より作品の展示ができない場合があります。⑤他
人名義での応募はできません。
問合せ 文化会館内生涯学習課 T(42)3511
5
1
1
︶
え り 申 前
て 希 込 回
あ 望 み 教
室
お コ
い ー 9 時
パ ス 月 に
ー と 7 集
ク 参 日 め
︵ 加(日)ま
T 費 9 す
(43)を 時 。
0 添 よ
※
2
回
目
以
降
の
材
料
費
は
、
内 と 16 と を
容 こ 時 き し
よ
ろ
け
9 う
ん 文
月 。
玉 化
14
、 会
日
お 館
(日)
手
玉
14
、
時
独
∼
家
族
み
ん
な
で
昔
の
あ
そ
び
こ
の 申 参
づ 込 加
く み 費
り
セ 8 800
ン 月 円
タ 31 ︵
ー 日 材
︵(日)料
T よ 費
(43)り ︶
5 も
0
3
1
︶
料
費
を
含
む
︶
定 ー と
員
こ
ろ
15
も
人
の
︵
づ
先
く
着
り
順
セ
︶
ン
タ
参 定 講 と
加 員 師 こ
費
ろ
各 屋
4 20 村 あ
千 人 早 お
400 ︵ 苗 い
円 先 氏 パ
ー
︵ 着
ク
初 順
回 ︶
材
親
子
ふ
れ
あ
い
伝
承
あ
そ
び
とき
日曜日コース 火曜日コース
10月5日
7日
11月2日
18日
12月7日
2日
1月25日
27日
2月1日
3日
3月1日
3日
ー り 申 参
ク 参 込 加
︵ 加 み 費
T 費
(43)を 8 3
0 添 月 千
5 え 27 600
1 て 日 円
1 あ(水)
︶ お 9
い 時
パ よ
12 と ク
時 き ラ
ブ
、
13 9 の
時 月 皆
∼ 14 さ
16 日 ん
時(日)で
す
9 。
時
∼
導
員
は
㈱
マ
キ
タ
の
日
曜
大
工
使
い
方
な
ど
を
学
び
ま
す
。
指
定 講 と
員 師 こ
ろ
30 角
人 谷 あ
︵ 和 お
先 子 い
着 氏 パ
ー
順
ク
︶
の
変
更
は
で
き
ま
せ
ん
。
内容
秋のハーモニー
モダンクリスマス
初日の出
キュートスプリング
私への贈り物
春の思い出
とき
お
選
び
く
だ
さ
い
。
申
込
み
後
曜
日
ま
た
は
火
曜
日
コ
ー
ス
を
※
時
間
は
10
時
∼
12
時
で
、
日
内容
プレーンオムレツ、チキンラ
9月10日
(水)
イス、フィンガービスケット
10月8日
(水) ローストポーク、ババロア
11月12日
(水) 魚のワイン蒸し、マドレーヌ
12月10日
(水)
日
程
︵
全
6
回
︶
教プ
室リ
ザ
ー
ブ
ド
フ
ラ
ワ
ー
日
程
︵
全
4
回
︶
フあ
レお
ンい
チパ
とー
デク
ザ料
ー理
ト教
室
鶏肉のオレンジ煮、フルーツ
クレープ
※時間は9時30分∼12時です。
飾1
り日
棚D
作I
りY
教
室
木
工
を
通
し
て
電
動
工
具
の
課 用 6 申 定
︵ 紙 日 込 員
T を(土)み
(42)文 9
50
3 化 時 8 人
5 会 よ 月 ︵
1 館 り 16 先
1 内 所 日 着
︶ 生 定(土)順
涯 の ∼ ︶
学 申 9
習 込 月
学
3
年
生
以
下
の
親
子
対 楽
象 回
し
市 、
内 折
在 り
住 紙
・ な
在 ど
勤
で
小
ま
日程(時間は14時∼15時30分)
とき
内容
講師
9月
脳が若返る30の方 米山公啓氏
(作家・医学博士)
28日
(日) 法
大人のための国語授業 町田健氏
10月
∼知ってるようで知ら (名古屋大学大学
11日
(土)
ない日本語の不思議∼ 院教授)
18日
(土)
木藤潮香氏 (「1リ
ひとつしかない命
ットルの涙」著者
∼1リットルの涙∼
木藤亜也氏の母)
ところ 文化会館
定員 各100人(先着順)
料金 各500円
△米山公啓氏
△町田健氏
△木藤潮香氏
申込み 8月16日
(土)より料金を添えて文化会館内
生涯学習課(T42-3511)
2008.8.15 16
書 申 定
館 込 員
本 み
館
20
︵ 8 人
T 月 ︵
(41)19 先
0 日 着
8(火)順
9 よ ︶
4 り
︶ 図
で
き
る
人
で
音
声
訳
協
力
員
と
し
て
活
動
対 践 内 ス 福 治 講 と 日 月 と を ︵ き
象 か 容 ︶ 祉 氏 師 こ 9 き 学 録 な 通
ん 音 い 常
法 、
ら
ろ 10 日
人 吉 武
講 音 対
時 、 9 で ・ 人 の
名 川 居 図 ∼ 16 月 み 対 の 活
座 声 面
古 芙 俊 書 12 日 11 ま 面 た 字
終 訳 読
屋 貴 之 館 時 、 日 せ 朗 め で
了 の 書
ラ 子 氏 本 ︵ 23 、 ん 読 に は
後 基 の
イ 氏 、 館 全 日 18 か ︶ 、 読
、 礎 理
ト ︵ 松
図 を 論
5 の 日 。 の 音 書
技 声 が
ハ 社 崎
書 学 、
回 木 、
術 訳 で
ウ 会 崇
館 ぶ 実
︶ 曜 10
︵音
初声
級訳
編協
︶力
員
養
成
講
座
涯 加 申 参 す ※ 定 対
とき
ところ
内容
学 費 込 加 。 1 員 象
人
習 を み 費
(土) 臨海体育館 元気いっぱい☆イルカ隊
何 各 小 9月20日
課 添
え
学
8
各
20
回
︵
(土) 臨海体育館 心も体もリフレッシュ☆集まれイルカ隊
で 人 生 11月22日
T て 月 200
も
文
23
円
︵
(42)
12月13日
(土) 中部公民館 クリスマスの飾り作り
参 先
3 化 日
加 着
5 会(土)
2月14日
(土) 文化会館
チョコを使ってバレンタインのお菓子作り
で 順
1 館 よ
き ︶
1 内 り
ま
※時間は9時30分∼11時30分です。
︶ 生 参
定 以 円
員 上 、
の 市
25 人 内
人 ︶ 在
住
・
在
勤
で
18
歳
茶
会
で
す
。
ボ
デ
ィ
ー
ワ
ー
ク
と
小
さ
な
お
は
、
申
込
み
の
際
に
入
会
し
て
地
域
子
育
て
支
援
事
業
ダ
ン
ス
に
よ
る
ヒ
ー
リ
ン
グ
絵 ん ・
画 村 小
無 本
我 章
苑 様
の よ
収 り
蔵 哲
品 学
と た
し い
て け
17
い
た
だ
き
ま
す
。
︵
年
会
費
千
て
い
た
だ
き
ま
す
。
ご
ざ
い
ま
し
た
。
大
切
に
さ
せ
※ ぶ 対 講 1 と 19 11 の と 人
こ 時 月 毎 き と こ
友 人 象 師
ろ ∼ 3 週
好
話 と
は 趙
親
20 日 月 9 を ば
じ 貞
善
市 時 、 曜 月 し を
め 愛
協
役 30 24 日 22 よ 学
て 氏
会
所 分 日 ︵ 日 う び
韓
員
2 ︵ を 10 ∼ 。 、
国
で
世
階 全 除 月 12
語
な
界
談 10 く 13 月
を
い
中
話 回 ︶ 日 15
学
人
の
室 ︶
、 日
問 お 内 ︵
合 茶 容 本
郷
せ 菓
子 地 町
日 ・ 蔵 ︶
限 お 施
T 地 抹 餓
(41)蔵 茶 鬼
0 常 の の
7 行 接 勤
4 院 待 修
7
、
せ
が
き
ご
ん
し
ゅ
う
温
か
い
善
意
を
あ
り
が
と
う
が
同
伴
し
て
く
だ
さ
い
。
は
じ
め
て
の
韓
国
語
常
行
院
日
限
地
蔵
大
祭
寄
付
者
は
託
児
し
ま
す
。
申
込
み
時
土
曜
日
の
午
前
中
に
お
兄
さ
※ 6 話 申 と 分 と 花 ガ
小 1 で 込 こ ∼ き を ー た
学 ︶ 海 み ろ 11
観 デ ん
生
浜
時 9 察 ン ト
以
水 8 た 30 月 し で ピ
下
族 月 ん 分 21 よ 秋 ア
の
館 21 ト
日 う の の
子
︵ 日 ピ
(日)。 チ ヒ
T(木)ア
は
ョ ー
保 (48)よ
ウ リ
9
3 り
護
や ン
時
7 電
者
草 グ
30
と と
こ き
ろ
8
常 月
行 24
院 日
日(日)
限
地 8
蔵 時
堂 ∼
に
お
知
ら
せ
く
だ
さ
い
。
日 う ん
程 。 、
お
姉
さ
ん
と
一
緒
に
遊
ぼ
来
て
く
だ
さ
い
。
ま
た
、
希
望
じ
ょ
う
ぎ
ょ
う
い
ん
ひ
ぎ
り
局 生 申 ※
活 込 初
課 み 日
に
内
友 9 集
好 月 め
親 5 ま
善 日 す
協(金)。
会 ま
事 で
務 に
※(41)話 申 ※
当 7 で 込 当
日 3 子 み 日
は 9 育
集
動 4 て 8 め
き ︶ 支 月 ま
援 26 す
や
セ 日 。
す
ン(火)
い
タ よ
服
ー
装
︵ り
T 電
で
ト
代
を
含
む
︶
プ
レ
イ
メ
イ
ト
と
遊
ぼ
う
お
さ
ん
ぽ
か
ん
さ
つ
会
参 優 で ※
加 先 、 応
費 し は 募
ま じ 多
5 す め 数
千 。 て の
500
受 場
講 合
円
す は
︵
る 抽
テ
人 せ
キ
を ん
ス
参 定 講 と
加 員 師 こ
費
ろ
15 ユ
500 人 リ へ
円 ︵ ア き
先 氏 な
ん
着
保
順
育
︶
園
11 と
時 き
30
分 9
月
29
日
(月)
10
時
∼
健康管理ための脳ドック検診(中期)
●●●
健康管理のために受診しませんか ● ● ●
とき 10月∼12月
ところ ①市民病院②刈谷豊田総合病院③半田市
医師会健康管理センター
内容 頭部MRI、頭部MRA、問診など
定員 ①9人②10人③15人
※応募多数の場合は抽せんし、受診決定者のみ通
知します。
1 氏名(ふりがな)
申込み 8月15日
(金)∼25日
(月)に●
2 生年月日●
3 性別●
4 郵便番号●
5 住所●
6 第1∼第3
●
7 電話番号を持参、はがき、FAX
希望の病院名●
で保健センター(〒447-0855 天王町 1 -70「脳ド
ック検診」係、FAX48-2165、T48-3751)
介護予防サポーター
養成講習会
高齢者の健康づくりや介護予防の取組みについ
ての講習会です。修了された人は介護予防サポー
ターとして市の介護予防事業でボランティアとし
て登録もできます。
日程(全4回)
回
とき
内容
1
介護保険制度からみた介護予
9月5日
(金) 防について∼介護予防の取り
組みと事例紹介∼
2
レクリエーション指導「高齢
19日
(金) 者はどうすれば元気になれる
?∼その理論と実践∼」
3
4
10月3日
(金)
ボランティアの役割∼自分た
ちが地域でできること∼
事業の実施日に
介護予防活動の見学など
あわせて随時
※1∼3回の時間は13時30分∼15時30分です。
ところ 保健センター
対象 介護予防に関心がある人
定員 20人(先着順)
申込み 保健センター(T48-3751)
対象 市内在住の40歳以上(昭和44年3月31日以
前生まれの人)で、会社などで受診する機会のな
い人
※すでに受診した人、脳の病気(脳出血など)で
治療中または既往歴のある人、体内に金属やペー
スメーカーなどの機器が入っている人、妊娠中・
妊娠している可能性のある人、化粧品や入れ墨に
金属粉を含む顔料を使用している人、閉所恐怖症
の人などを除きます。
料金 1万円
※市国保加入者は半額助成があります。ただし、
後期高齢者医療保険の人は該当しません。
こんにちは!赤ちゃん教室
パ パ マ マ
教室
子どもの顔が見られ
る日が来るのは待ち遠
しく、楽しみですね。
子育てについて一緒に
考え、学ぶ教室です。
とき 9月28日
(日)
9時30分∼12時
ところ 保健センター
講師 時安和行氏(中京女子大学准教授)
内容 講演「子育てに大切なコミュニケーション
∼もうすぐ赤ちゃんに出会うあなたへ∼」、グル
ープ学習「赤ちゃんとの暮らし」、実技(おむつ
交換・抱っこの仕方・お風呂の入れ方など)
対象 妊婦と家族
定員 24組(先着順)
持ち物 母子健康手帳、父子手帳、筆記用具
申込み 9月26日
(金)までに電話で保健センター
(T
48-3751)
※お風呂の入れ方は、教室では見学のみです。実
習の希望者は、教室終了後に行いますので、申込
み時にお知らせください。
2008.8.15 18
Fly UP