...

メキシコ債券オープン(毎月分配型) 愛称「アミーゴ」

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

メキシコ債券オープン(毎月分配型) 愛称「アミーゴ」
3ページ目以降の「投資リスク」と「ファンドの費用」の内容について必ずご確認ください
Monthly Report
2017年3月7日作成
追加型投信/海外/債券(課税上は株式投資信託として取り扱われます)/信託期間 ( 2012/6/1 ∼ 2022/5/23 ) 月次開示資料
(1/6)
メキシコ債券オープン(毎月分配型) 愛称「アミーゴ」
2017年2月末現在
運用実績
◆基準価額・純資産総額の推移
22,500
◆基準価額・純資産総額
設定日(2012/6/1)∼ 2017/2/28
(円)
(億円)
2,250
20,000
2,000
17,500
1,750
15,000
1,500
12,500
1,250
10,000
1,000
◆分配金推移
基準価額
6,126円
純資産総額
360億円
◆基準価額騰落率
期間
ファンド
決算
分配金
第46期('16/3)
120円
第47期('16/4)
120円
第48期('16/5)
120円
第49期('16/6)
120円
1ヵ月
4.9%
第50期('16/7)
120円
3ヵ月
5.0%
第51期('16/8)
120円
6ヵ月
-2.5%
第52期('16/9)
120円
7,500
750
1年
-11.0%
第53期('16/10)
60円
5,000
500
3年
-20.0%
第54期('16/11)
60円
2,500
250
5年
-
第55期('16/12)
60円
第56期('17/1)
60円
第57期('17/2)
60円
設定来
0
'12/5
(設定日)
22.4%
0
'13/5
'14/5
'15/5
'16/5
設定来
純資産総額:右目盛
7,580円
※決算は、毎月22日です(休業日の場合は、翌営業日)
※分配対象額が少額な場合には、委託会社の判断で分配を
行わないことがあります
基準価額(信託報酬控除後、税引前分配金再投資換算):左目盛
基準価額(信託報酬控除後):左目盛
※基準価額推移のグラフにおける基準価額(信託報酬控除後、税引前分配金再投資換算)およびファンドの騰落率は、信託報酬控除後の
基準価額に対して、税引前分配金を決算日に再投資した修正基準価額をもとに算出、表示 ※騰落率は実際の投資家利回りとは異なります
※分配金は1万口あたりの金額(税引前) ※過去の実績は、将来の運用結果を約束するものではありません
<ご参考>
メキシコペソ/円為替とメキシコ5年国債利回りの推移(1年間)
8
(%)
(円)
<ご参考>基準価額の月間騰落要因分析
要因項目
8
基準価額騰落額
7
7
6
6
5
4
'16/2
5
'16/5
メキシコペソ/円:左軸
'16/8
分配金
2017年2月
+231 円
-60 円
為替要因
+197 円
債券要因等
+100 円
信託報酬等
-6 円
※基準価額の月間騰落要因分析は、基準価額の騰落額を
一定の条件をもとに試算した概算値であり、その正確性、完
全性を保証するものではありません
4
'17/2
'16/11
メキシコ5年国債利回り:右軸
※メキシコペソ/円為替は投資信託協会発表の為替を使用
※上記グラフは過去の実績であり、将来のファンドの運用成果等を約束するものではありません
■当資料はファンドの運用状況をお知らせするために大和住銀投信投資顧問が作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではあり
ません。■お申込みの際には、販売会社からお渡しします投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断くださ
い。■投資信託説明書(交付目論見書)は販売会社の店頭等でご用意しております。■投資信託は株式・債券のほか値動きのある証券に投資し
ます(外貨建資産には為替変動による影響もあります)ので基準価額は変動します。したがって元本が保証されるものではありません。■投資信
託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用
成果等を示唆または保証するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。■
当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
設定・運用
3ページ目以降の「投資リスク」と「ファンドの費用」の内容について必ずご確認ください
Monthly Report
2017年3月7日作成
追加型投信/海外/債券(課税上は株式投資信託として取り扱われます)/信託期間 ( 2012/6/1 ∼ 2022/5/23 ) 月次開示資料
(2/6)
メキシコ債券オープン(毎月分配型) 愛称「アミーゴ」
2017年2月末現在
資産内容 (メキシコ債券マザーファンド)
※比率の合計は100%にならない場合があります
◆資産特性
◆格付別構成
デュレーション
5.2年
直接利回り
7.1%
最終利回り
7.1%
◆債券種別構成
短期金融
商品等
2.1%
短期金融
商品等
2.1%
※ファンドの最終利回りおよび
直接利回りは実際の投資家利
回りとは異なります
※デュレーションとは「投資元本の
平均的な回収期間」を表す指標で
す。「金利変動に対する債券価格
の変動性」の指標としても利用さ
れ、この値が長いほど金利の変動
に対する債券価格の変動が大きく
なります
国債
97.9%
A
97.9%
※格付け記号の表記に当たっては、S&P社の
表記方法で統一し掲載しています
◆組入上位銘柄
組入銘柄数 銘柄
1
2
3
4
5
国名
種別
格付
MEX BONOS DESARR FIX RT 5 12/11/19 メキシコ
国債
A
MEXICAN FIXED RATE BONDS 10 12/05/24 メキシコ
国債
A
MEX BONOS DESARR FIX RT 6.5 06/10/21 メキシコ
国債
A
MEX BONOS DESARR FIX RT 4.75 06/14/18 メキシコ
国債
A-
MEX BONOS DESARR FIX RT 8 06/11/20 メキシコ
国債
A
16 銘柄
クーポン
残存年数 組入比率
5.00%
2.8年
11.5%
10.00%
7.8年
11.4%
6.50%
10.3%
4.3年
4.75%
1.3年
9.1%
8.00%
3.3年
6.8%
※格付は、原則、S&P社、Moody's社の格付けを採用。複数社の格付けがある場合は、原則として高い方を採用。格付け記号の表記に当たっ
ては、S&P社の表記方法で統一し掲載しています
※比率はすべて純資産総額対比
マーケットコメント
2月は、米国のトランプ新大統領就任後から始まったメキシコペソの買戻し基調が継続しました。メキシコ債券市場では、
中央銀行による0.5%の利上げの影響から相場が一時下落する局面も見られたものの、過去の水準との比較で高水準と
なっているメキシコ金利に対して利回り追求を背景とした需要が見られました。また、メキシコ中央銀行による新たな為替
介入手法の導入が好感されたことや、トランプ新政権への期待を背景とした株高などによるリスク選好の動きからメキシコ
債券市場は堅調な推移をたどりました。月間ではメキシコ国債利回りは、利上げの影響から短期セクターは上昇した一方、
メキシコペソの買戻し基調を背景に超長期セクターは低下し、2年国債利回りが6.84%(1月末6.75%)、5年国債利回りは
7.15%(同7.15%)、10年国債利回りは7.39%(同7.39%)、30年国債利回りは7.88%(同7.99%)となりました。
為替相場では、メキシコペソ円は、メキシコ中央銀行による利上げや新たな為替介入手法の導入を通じて通貨防衛の
姿勢を鮮明に示したこと、トランプ新政権の政策への期待からリスク選好度が高まったことを背景に堅調な推移が継続し
ました。月間では1月末の5.47円から2月末には5.65円(前月末比+3.3%)へと上昇しました。
ポートフォリオについては、社債や政府機関債の債券価格が大きく上昇したことから、保有銘柄を売却し、より流動性の
高いメキシコ国債へ入れ替えを実施するなど、流動性を意識した運用を継続しました。
3月月初の時点では、メキシコペソは米大統領選後に下落した水準から大きく値を戻しています。トランプ新大統領の米
議会上下両院合同本会議での演説ではNAFTA(北米自由貿易協定)の見直しについて言及がなされたものの、従来の
強硬な姿勢からは大きくトーンダウンしており、世界的に株高基調が続く中、過去の水準との比較で割安な水準にあると
見られるメキシコペソやメキシコ債券には引き続き見直し買いが入りやすい地合いが継続すると考えています。こうした環
境下、引き続き、流動性を意識しつつも、トランプ新政権の政策の実現性や世界的な金利動向を注視しながら機動的に
運用を行っていく方針です。
※当コメントは、資料作成時点における市場環境もしくはファンドの運用方針等について、運用担当者(ファンドマネジャー他)の見方あるいは
考え方等を記載したもので当該運用方針は変更される場合があり、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。また、将来の運
用成果等を約束するものでもありません。
■当資料はファンドの運用状況をお知らせするために大和住銀投信投資顧問が作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではあり
ません。■お申込みの際には、販売会社からお渡しします投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断くださ
い。■投資信託説明書(交付目論見書)は販売会社の店頭等でご用意しております。■投資信託は株式・債券のほか値動きのある証券に投資し
ます(外貨建資産には為替変動による影響もあります)ので基準価額は変動します。したがって元本が保証されるものではありません。■投資信
託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用
成果等を示唆または保証するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。■
当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
3ページ目以降の「投資リスク」と「ファンドの費用」の内容について必ずご確認ください
Monthly Report
追加型投信/海外/債券(課税上は株式投資信託として取り扱われます)/信託期間 ( 2012/6/1 ∼ 2022/5/23 ) 月次開示資料
(3/6)
メキシコ債券オープン(毎月分配型) 愛称「アミーゴ」
ファンドの目的
当ファンドは、利息収益の確保と信託財産の中長期的な成長を図ることを目的として運用を行います。
ファンドの特色
1.メキシコペソ建ての債券を主要投資対象とします。
2.メキシコの国債・政府機関債および国際機関債を中心に投資します。
3.毎月の決算日に、原則として収益の分配を目指します。
・決算日は毎月22日(休業日の場合は翌営業日)とします。
・分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当収益および売買益(評価損益を含みます。)等の範囲内とします。
・収益分配金は、基準価額水準、市況動向等を勘案して、委託会社が決定します。ただし、分配対象額が少額な
場合等には分配を行わないことがあります。
・将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものではありません。
※資金動向、市況動向等によっては、上記のような運用ができない場合があります。
投資リスク (詳しくは最新の投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください)
○当ファンドは、マザーファンドを通じて、実質的に債券など値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価
額は変動します。また、外貨建資産は、為替の変動による影響も受けます。したがって、投資家の皆様の投資元
本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
○信託財産に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。
○投資信託は預貯金と異なります。
○基準価額を変動させる要因として主に、■金利変動に伴うリスク ■信用リスク ■流動性リスク ■為替リスク
■カントリーリスク ■新興国への投資のリスク があります。
ただし、上記はすべてのリスクを表したものではありません。
■当資料はファンドの運用状況をお知らせするために大和住銀投信投資顧問が作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではあり
ません。■お申込みの際には、販売会社からお渡しします投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断くださ
い。■投資信託説明書(交付目論見書)は販売会社の店頭等でご用意しております。■投資信託は株式・債券のほか値動きのある証券に投資し
ます(外貨建資産には為替変動による影響もあります)ので基準価額は変動します。したがって元本が保証されるものではありません。■投資信
託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用
成果等を示唆または保証するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。■
当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
3ページ目以降の「投資リスク」と「ファンドの費用」の内容について必ずご確認ください
Monthly Report
追加型投信/海外/債券(課税上は株式投資信託として取り扱われます)/信託期間 ( 2012/6/1 ∼ 2022/5/23 ) 月次開示資料
(4/6)
メキシコ債券オープン(毎月分配型) 愛称「アミーゴ」
■当資料はファンドの運用状況をお知らせするために大和住銀投信投資顧問が作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではあり
ません。■お申込みの際には、販売会社からお渡しします投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断くださ
い。■投資信託説明書(交付目論見書)は販売会社の店頭等でご用意しております。■投資信託は株式・債券のほか値動きのある証券に投資し
ます(外貨建資産には為替変動による影響もあります)ので基準価額は変動します。したがって元本が保証されるものではありません。■投資信
託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用
成果等を示唆または保証するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。■
当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
3ページ目以降の「投資リスク」と「ファンドの費用」の内容について必ずご確認ください
Monthly Report
追加型投信/海外/債券(課税上は株式投資信託として取り扱われます)/信託期間 ( 2012/6/1 ∼ 2022/5/23 ) 月次開示資料
(5/6)
メキシコ債券オープン(毎月分配型) 愛称「アミーゴ」
ファンドの費用 (詳しくは最新の投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください)
投資者が直接的に負担する費用
● 購入時手数料
購入価額に3.24%(税抜3.0%)を上限として販売会社毎に定めた率を乗じて得た額とします。
※詳細については、お申込みの各販売会社までお問い合わせください。
購入時手数料は、販売会社による商品・投資環境の説明および情報提供、ならびに販売の事務等の
対価です。
● 信託財産留保額
ありません。
投資者が信託財産で間接的に負担する費用
● 運用管理費用
毎日、信託財産の純資産総額に年率1.3392%(税抜1.24%)を乗じて得た額とします。運用管理
費用(信託報酬)は、毎計算期末または信託終了のときに、信託財産から支払われます。
(信託報酬)
● その他の費用・
手数料
財務諸表の監査に要する費用、有価証券売買時の売買委託手数料、外国における資産の保管等に
要する費用等は信託財産から支払われます。
※監査報酬の料率等につきましては請求目論見書をご参照ください。監査報酬以外の費用等につき
ましては、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。
※上記の手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
お申込みメモ (詳しくは最新の投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください)
● 信託期間
● 購入単位
● 購入価額
● 換金単位
● 換金価額
● 換金代金
● 購入・換金申込
受付不可日
● 決算日
● 収益分配
平成24年6月1日から平成34年5月23日(約10年)
販売会社がそれぞれ定めた単位とします。
※お申込みの販売会社までお問い合わせください。
購入申込受付日の翌営業日の基準価額
販売会社がそれぞれ定めた単位とします。
※お申込みの販売会社までお問い合わせください。
換金申込受付日の翌営業日の基準価額
換金申込受付日から起算して、原則として5営業日目からお支払いします。
メキシコの銀行またはロンドンの銀行の休業日と同日の場合はお申込みできません。
毎月22日(該当日が休業日の場合は翌営業日)
年12回の決算時に分配を行います。
委託会社およびその他の関係法人
■委託会社(ファンドの運用の指図を行う者)
大和住銀投信投資顧問株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第353号
加入協会/一般社団法人 投資信託協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会
■販売会社
株式会社ゆうちょ銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第611号
加入協会/日本証券業協会
■受託会社(ファンドの財産の保管および管理を行う者)
三井住友信託銀行株式会社
■当資料はファンドの運用状況をお知らせするために大和住銀投信投資顧問が作成した資料であり、金融商品取引法に基づく開示資料ではあり
ません。■お申込みの際には、販売会社からお渡しします投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断くださ
い。■投資信託説明書(交付目論見書)は販売会社の店頭等でご用意しております。■投資信託は株式・債券のほか値動きのある証券に投資し
ます(外貨建資産には為替変動による影響もあります)ので基準価額は変動します。したがって元本が保証されるものではありません。■投資信
託の運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。■当資料内の運用実績等に関するグラフ、数値等は過去のものであり、将来の運用
成果等を示唆または保証するものではありません。■当資料内のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。■
当資料は各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
大和住銀投信投資顧問では、インターネットによりファンドのご案内、運用実績等の情報提供を行っております。 http://www.daiwasbi.co.jp/
(6/6)
【ゆうちょ銀行からのお知らせ】
下記に記載しているリスクにつきましては、一般的な投資信託を想定しております。
手数料等につきましては、ゆうちょ銀行が取り扱うすべての投資信託のうち、ご負担いただくそれぞ
れの費用における最高の料率を記載しております。
投資信託に係るリスクや費用等は、それぞれの投資信託により異なりますので、投資にあたっては、
事前に投資信託説明書(交付目論見書)、目論見書補完書面等をよくご覧ください。
投資信託に関するリスク
○ 投資信託は、国内外の債券や株式等を投資対象にしますので、組み入れた債券・株式の価格変動、
発行会社の倒産や為替の変動等により、損失が生じるおそれがあります。
投資信託に関する手数料等
○ お客さまには、次の費用をご負担いただきます。
購入時手数料(申込手数料) 基準価額に対して、最大3.24%(税込み)
運用管理費用(信託報酬)
信託財産の純資産総額に対して、最大2.089%(税込み)程度
(ただし、運用成果に応じてご負担いただく実績報酬は除きます)
信託財産留保額
基準価額に対して、最大0.5%
その他費用
その他費用については、運用状況等により変動するものであり、
事前に料率・上限額等を示すことはできません。
※手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。
投資信託に関する留意事項
○ 投資信託は預金・貯金ではありません。
○ 日本郵便株式会社は、株式会社ゆうちょ銀行から委託を受けて、投資信託の申し込みの媒介(金融
商品仲介行為)を行います。日本郵便株式会社は金融商品仲介行為に関して、株式会社ゆうちょ銀行
の代理権を有していないとともに、お客さまから金銭もしくは有価証券をお預かりしません。
○ 当資料は金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。投資信託取得の申し込みにあたっては、
投資信託説明書(交付目論見書)をお渡ししますので必ず内容をご確認のうえご自身でご判断くだ
さい。
○ 投資信託説明書(交付目論見書)はゆうちょ銀行各店または投資信託取扱郵便局の投資信託窓口に
て用意しております。ただし、インターネットのみでお取り扱いをするファンドの投資信託説明書
(交付目論見書)は投資信託窓口にはご用意しておりません。ゆうちょ銀行Webサイトからダウン
ロードいただくか、投資信託コールセンターにお電話で、ご請求ください。
商号等 株式会社ゆうちょ銀行 登録金融機関 関東財務局長(登金)第611号 加入協会 日本証券業協会
Fly UP