...

EMC®VNX™シリーズ VNX™ネットワークの構成と管理

by user

on
Category: Documents
17

views

Report

Comments

Transcript

EMC®VNX™シリーズ VNX™ネットワークの構成と管理
EMC®VNX™シリーズ
リリース 7.1
VNX™ネットワークの構成と管理
P/N 300-013-427 Rev 01
EMCジャパン株式会社
〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-1-1新宿マインズタワー
http://japan.emc.com
お問い合わせは
http://japan.emc.com/contact
Copyright © 1998 -2012 EMC Corporation.不許複製。
July 2012 発行
EMC Corporationは、この資料に記載される情報が、発行日時点で正確であるとみなしていま
す。この情報は予告なく変更されることがあります。
このドキュメントの情報は「現状のまま」提供されます。EMC Corporationは、このドキュメ
ントに記載されている情報についていかなる種類の表現または保証もいたしかねます。また、
特に、特定の目的のための、市販性または適合性の暗黙の保証を否定します。
この資料に記載される、いかなるEMCソフトウェアの使用、複製、頒布も、当該ソフトウェア
ライセンスが必要です。
製品ラインに関する最新版の安全規格情報については、EMC Powerlinkの[テクニカル ドキュ
メントおよびアドバイザリ]セクションを参照してください。
EMC製品名の最新のリストについては、EMC.comサイトの「EMC Corporation Trademarks」を
参照してください。
他のすべての名称ならびに製品についての商標は、それぞれの所有者の商標または登録商標
です。
2
VNXネットワークの構成と管理7.1
目次
序文.....................................................................................................................................................9
第 1 章 : はじめに.......................................................................................................................11
システム要件.....................................................12
制限事項.........................................................12
ユーザー インタフェースの選択....................................12
関連情報.........................................................13
第 2 章 : 概念...............................................................................................................................15
VNX のネットワーク ..............................................17
デバイスとインタフェース.........................................17
ルーティング.....................................................18
Packet Reflect...................................................19
VLAN.............................................................21
VNX 環境でのVLANの使用 .....................................22
VLANタグ機能................................................22
アドレス解決.....................................................22
TCPパフォーマンス................................................23
IPv4とIPv6の相違点...............................................23
IPv6アドレス.....................................................24
自動デフォルト ルータ構成........................................27
近隣探索.........................................................28
ネイバー キャッシュ.........................................28
ルーティング テーブル.......................................28
重複アドレス検出.................................................28
同じデバイスでサポートされるIPv4アドレスとIPv6アドレス...........29
VNXネットワークの構成と管理7.1
3
目次
第 3 章 : 構成...............................................................................................................................31
ネットワーク デバイスの構成......................................32
ネットワーク デバイスの可用性...............................32
ネットワーク デバイス設定の変更.............................33
ネットワーク デバイス設定の確認.............................34
単一または複数のIPインタフェースの構成...........................35
IPv4インタフェースの構成....................................36
複数のネットワーク上での単一デバイスの構成..................38
同一ネットワーク上での単一デバイスの構成....................40
IPv6インタフェースの構成....................................41
デフォルト以外のプレフィックス長を持つIPv6インタフェース
の構成...................................................43
同じデバイス上でのIPv6インタフェースおよびIPv4インタ
フェースの構成...........................................44
接続の確認..................................................45
インタフェース オプションの構成..................................49
VLANタグ機能の有効化........................................49
VLAN間でのインタフェースの移動..............................50
VLAN IDの確認...............................................52
MTU構成.....................................................52
Data Moverの接続の確認...........................................54
IPv6アドレスについてのData Moverの接続の確認.....................56
リンク ローカル アドレスへのpingの実行......................56
マルチキャスト アドレスへのpingの実行.......................57
ルーティングの構成...............................................57
IPv4のルーティング テーブル エントリーの一覧表示............58
デフォルト インタフェース...................................59
デフォルト ルートの追加.....................................61
スタティック ルーティング テーブル エントリーの追加.........63
現在のRIPステータスの表示...................................64
Data MoverでのRIPの無効化...................................65
IPv6のルーティング テーブル エントリーの一覧表示............66
ルーティング テーブルへのIPv6プレフィックス エントリーの
追加.....................................................66
IPv6グローバル ユニキャスト アドレスを使用したデフォルト
ルートの追加.............................................67
IPv6リンク ローカル アドレスを使用したデフォルト ルートの
追加.....................................................67
4
VNXネットワークの構成と管理7.1
目次
第 4 章 : 管理...............................................................................................................................69
ネットワーク デバイスの監視......................................70
デバイス ドライバのイベントの表示...........................70
IPインタフェースの管理...........................................70
IPv4インタフェースの変更....................................71
IPv6インタフェースの変更....................................72
IPv4デバイスのVLANタグ機能の変更............................73
IPv6デバイスのVLANタグ機能の変更............................75
MTUサイズの変更.............................................77
IPインタフェースの無効化....................................78
IPインタフェースの有効化....................................79
Data Mover上のすべてのIPインタフェースの表示................80
Data Mover上のすべてのIPv6インタフェースの表示..............81
すべてのData Mover上のすべてのIPインタフェースの表示........82
すべてのData Mover上のすべてのIPv6インタフェースの表示......83
Data Mover上のすべてのIPv4インタフェースの表示..............84
ルーティングの管理...............................................85
ルーティング テーブルからのIPv4ルート エントリーの削除......85
ルーティング テーブルからのIPv6ルート エントリーの削除......86
ルーティング テーブルのフラッシュ...........................87
すべてのルーティング テーブル エントリーの削除..............88
RIPの無効化.................................................88
RIPの有効化.................................................91
アドレス解決の管理...............................................93
ARPテーブル エントリーの表示................................93
ARPテーブル エントリーの追加................................94
ARPテーブル エントリーの削除................................95
ネイバー キャッシュの管理........................................95
ネイバー キャッシュの表示...................................96
ネイバー キャッシュへのエントリーの追加.....................98
ネイバー キャッシュからのエントリーの削除...................99
すべてのネイバー キャッシュ エントリーのクリア.............101
Packet Reflectの管理............................................101
ネットワーク統計の表示..........................................102
Control Stationネットワークの変更...............................103
Control StationのIPv4アドレスとネットワーク マスクの設定
...........................................................103
VNXネットワークの構成と管理7.1
5
目次
Control StationのIPv6アドレスとネットワーク マスクの設定
...........................................................104
Control StationのIPv4ゲートウェイの設定....................104
Control StationのIPv6ゲートウェイの設定....................105
Control Stationのホスト名の変更............................105
TCPパフォーマンスの向上....................................108
第 5 章 : トラブルシューティング........................................................................................111
EMC E-Lab Interoperability Navigator............................112
一般的なネットワークの問題に対するヒント........................112
ネットワーク インタフェースの問題に対するヒント.................112
エラー メッセージ...............................................113
EMCトレーニングおよびプロフェッショナル サービス................114
付録 A : Control StationにおけるLinuxサービス........................................................115
Linuxサービスの一覧.............................................116
Linuxサービスの開始.............................................116
Linuxサービスの有効化...........................................116
Linuxサービスの有効化後....................................116
Linuxサービスの停止.............................................117
Linuxサービスの無効化...........................................117
サービスの無効化後.........................................117
付録 B : スタンバイData MoverのサポートのためのVLAN....................................119
単一のスイッチを使用したスタンバイData Moverの構成..............120
マルチスイッチ環境でのスタンバイData Moverの構成................123
付録 C : VLANのスイッチ固有のガイドライン..............................................................127
Alteon 180スイッチでのVLANの構成................................128
スイッチでのVLANタグ機能の構成..................................128
VNX IPインタフェースでのVLANタグ機能の構成 .....................129
付録 D : リンク ローカル アドレスの構成.......................................................................131
リンク ローカル アドレスの構成..................................132
リンク ローカル アドレスの確認.............................132
用語集...........................................................................................................................................135
6
VNXネットワークの構成と管理7.1
目次
索引................................................................................................................................................139
VNXネットワークの構成と管理7.1
7
目次
8
VNXネットワークの構成と管理7.1
序文
製品ラインのパフォーマンスと機能を継続的に改善および強化するための努力の一環とし
て、EMCではハードウェアおよびソフトウェアの新規バージョンを定期的にリリースして
います。そのため、このドキュメントで説明されている機能の中には、現在お使いのソフ
トウェアまたはハードウェアのバージョンによっては、サポートされていないものもあり
ます。製品機能の最新情報については、お使いの製品のリリース ノートを参照してくだ
さい。
製品が正常に機能しない、またはこのマニュアルの説明どおりに動作しない場合には、EMC
の担当者にお問い合わせください。
VNXネットワークの構成と管理7.1
9
序文
注意事項の表記法
EMCでは、特別な注意を要する事項に次の表記法を使用します。
注: 非常に重要である、または影響があるが、人体への危害や、事業的な損失、データの消失
にはつながらない内容を強調します。
事業的な損失、またはデータの消失につながる可能性を警告する内容を示します。
回避されなかった場合、軽微な、または中程度の怪我につながる可能性のある危険な
状況を示します。
回避されなかった場合、死亡、または重傷につながる可能性のある危険な状況を示し
ます。
回避されなかった場合、死亡、または重傷につながる危険な状況を示します。
情報の入手方法
EMCのサポート情報、製品情報、ライセンス情報は、次の場所で入手できます。
製品情報:ドキュメント、リリース ノート、ソフトウェアの更新、またはEMC製
品、ライセンス、サービスに関する情報については、http://Support.EMC.comにあ
るEMCオンライン サポート用Webサイトをご覧ください(登録が必要です)。
トラブルシューティング:EMCオンライン サポートのWebサイトにアクセスします。
ログインした後、該当する[Support by Product]ページを検索してください。
テクニカル サポート:テクニカルサポートおよびサービス リクエストについて
は、EMCオンライン サポートのWebサイトにあるEMCカスタマー サービスを参照し
てください。ログインした後、該当する[Support by Product]ページを検索し、
[ライブ チャット]または[サービス リクエストの作成]のいずれかを選択します。EMC
Online Supportを通してサービス要求を開始するには、有効なサポート契約が必要
です。有効なサポート契約の入手方法の詳細や、アカウントに関する質問について
は、EMC販売担当者にお問い合わせください。
注: お客様の個別のシステム問題に担当者がすでに割り当てられている場合を除き、特定のサ
ポート担当者へのお問い合わせはご遠慮ください。
ご意見
マニュアルの精度、構成および品質を向上するため、お客様のご意見をお待ちしてお
ります。
本書についてのご意見を以下のメール アドレスにお送りください。
[email protected]
10
VNXネットワークの構成と管理7.1
第1章
はじめに
このドキュメントでは、EMC VNX で基本的なネットワーク操作を実行で
きるようにするための情報を示します。ここでは、デバイス、インタ
フェース、ネットワーク アドレス解決、ルーティング、VLAN(仮想ロー
カル エリア ネットワーク)などのネットワークの概念について説明し
ます。
このドキュメントは、 VNX のマニュアル セットの一部であり、EMCファ
イル ストレージとネットワーク検索インフラストラクチャの構成および
管理に責任を負うネットワーク管理者を対象としています。
次のようなトピックが含まれています。
トピック :
●
●
●
●
システム要件(12ページ)
制限事項(12ページ)
ユーザー インタフェースの選択(12ページ)
関連情報(13ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
11
はじめに
システム要件
表 1(12ページ) に、EMC® VNX ™ のソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク、
ストレージの構成について説明します。
表 1. システム要件
ソフトウェア
VNXバージョン7.0。
ハードウェア
システムに適用するネットワーク構成タスクは、Data Moverのアダプタ カードおよびネッ
トワークで使用されるスイッチなどの固有のネットワーク ハードウェアに応じて異なりま
す。
ネットワーク
固有のネットワーク要件なし。
ストレージ
固有のストレージ要件なし。
制限事項
VNX では、トークン リングやFDDI(Fiber Distributed Data Interface)などの異なる
LANタイプがサポートされるように設計されたEthernet IEEE 802.3および802.2のヘッダ
がサポートされていません。
現在の実装では、 VNX VLAN機能を使用しても、 VLANによってファイル システムをエク
スポートすることはできません。別のVLAN上のユーザーは、Data Moverでエクスポートさ
れたすべてのファイル システムを見ることができます。NFS環境では、server_exportコ
マンドを使用してユーザー アクセスを保護または制限できます。CIFS環境では、VDM(仮
想Data Mover)を使用してCIFSサーバとそのファイル システムを切り離して管理するこ
とによって、ユーザー アクセスを保護または制限することができます。詳細については、
「VNX Automatic Volume Managementによるボリュームとファイル システムの管理」 、
「VNXのボリュームとファイル システムの手動による管理」 、 「VNX Virtual Data Mover
の構成」 を参照してください。
ユーザー インタフェースの選択
VNX では、サポート環境やインタフェース設定に応じてネットワーク ストレージを柔軟
に管理できます。このドキュメントでは、CLI(コマンド ライン インタフェース)を使
用して VNX ネットワークを構成および管理する方法について説明します。また、こうし
たタスクのほとんどは、次のいずれかの VNX 管理アプリケーションを使用して実行する
こともできます。
●
EMC Unisphere™
VNX の管理の詳細については、次の資料を参照してください。
12
VNXネットワークの構成と管理7.1
はじめに
●
EMCオンライン サポート上のVNXマニュアル
●
Unisphereオンライン ヘルプ
Unisphereソフトウェアの起動手順や、MMCスナップインおよびADUC拡張機能のインストー
ル手順については、 「VNX for File管理アプリケーションのインストール」 を参照して
ください。
関連情報
このドキュメントで解説されている機能に関連する具体的な情報については、次の資料を
参照してください。
●
「VNX用語集」
●
「VNXネットワーク高可用性の構成と管理」
●
「VNXネーム サービスの構成」
●
「VNXタイム サービスの構成」
●
「Configuring Events and Notifications on VNX for File」
●
「VNX仮想Data Moverの構成」
●
「EMC VNX for Fileコマンド ライン インタフェース リファレンス」
●
「VNXパラメータ ガイド」
●
「VNX Automatic Volume Managementによるボリュームとファイル システムの管理」
●
「VNXのボリュームとファイル システムの手動による管理」
●
「VNX for Fileのマニュアル ページ」
●
「Using FTP and TFTP on VNX」
IPv6(インターネット プロトコル バージョン6)の一般的な情報については、次の資料
を参照してください。
●
RFC 2460、「IPv6」
●
RFC 2461、「Neighbor Discovery for IPv6」
●
RFC 2463、「Internet Control Message Protocol (ICMPv6) for the IPv6
Specification」
●
RFC 2464、「Transmission of IPv6 Packets over Ethernet Networks」
●
RFC 4120、「The Kerberos Network Authentication Service (V5)」
●
RFC 4291、「IPv6 Addressing Architecture」
関連情報
13
はじめに
EMCオンライン サポートWebサイト上のEMC VNXドキュメント
EMC VNXシリーズのカスタマー向け資料一式は、EMCオンライン サポートWebサイトか
ら入手できます。テクニカル ドキュメントを検索するには、http://Support.EMC.com
にアクセスします。Webサイトにログインした後、VNXの[Support by Product]ペー
ジをクリックし、必要な特定機能に関する情報を見つけます。
14
VNXネットワークの構成と管理7.1
第2章
概念
VNX は、IPネットワーク上に位置するユーザーと、ユーザーがアクセス
する保存済みデータ間のリンクとしての役割を果たします。この製品で
は高速Ethernet接続がサポートされており、次のような基本的なネット
ワークの概念を理解することが必要となります。
●
デバイスおよびインタフェース:NICの物理ポートおよびこれらのポー
トに関連づけられたIPインタフェースの構成
●
ルーティング:直接接続ルート、静的経路、動的経路の構成
●
Packet Reflect:インバウンド(リクエスト)パケットが入力された
インタフェースと同じインタフェースを経由したアウトバウンド(応
答)パケットの返送
●
VLAN:物理ネットワーク構成から独立した論理ネットワーク機能の構
成
●
ARP:IPアドレスとMACアドレスの関連づけ
VNX は、FSN(フェイルセーフ ネットワーク)デバイス、Ethernetチャ
ネル、リンク統合などのネットワークの高可用性機能を提供し、リンク
障害のリスクの軽減に役立ちます。詳細については、 「VNXネットワー
ク高可用性の構成と管理」 を参照してください。
次のようなトピックが含まれています。
トピック :
●
●
●
●
●
●
●
●
VNX のネットワーク(17ページ)
デバイスとインタフェース(17ページ)
ルーティング(18ページ)
Packet Reflect(19ページ)
VLAN(21ページ)
アドレス解決(22ページ)
TCPパフォーマンス(23ページ)
IPv4とIPv6の相違点(23ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
15
概念
●
●
●
●
●
16
IPv6アドレス(24ページ)
自動デフォルト ルータ構成(27ページ)
近隣探索(28ページ)
重複アドレス検出(28ページ)
同じデバイスでサポートされるIPv4アドレスとIPv6アドレス(29
ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
概念
VNX のネットワーク
VNX でネットワークを構成および管理するには、デバイスとインタフェース、ルーティン
グ、Packet Reflect、VLANについて理解しておく必要があります。
VNX は、IPv4/IPv6プロトコルのデュアル スタックを使用することにより、IPv4とIPv6の
両方を同時にサポートします。IPv4またはIPv6のいずれかをサポートするアプリケーショ
ンを同じネットワーク上で実行できます。
デバイスとインタフェース
VNX Clustered Network Serverおよび統合ゲートウェイNASシステムでは、異なるタイプ
の複数のNICがサポートされています。VNXの各モデルでは、I/Oモジュールの複数NIC組み
合わせがサポートされています。
●
4ポート10/100/1000Base-T(ツイスト ペア)
●
2ポート10 GbE(光ファイバ)
●
2ポート1 Gb(ツイスト ペア)および2ポート1 Gb(光ファイバ)
VNX7500およびVNX5500システムのData Moverでは、次の1~3つのネットワークI/Oモジュー
ルの任意の組み合わせがサポートされています。
●
2ポート10 Gbe(光ファイバ)またはアクティブTwinax1
●
4ポート10/100/1000Base-T(ツイスト ペア)
●
2ポート1 Gb(ツイスト ペア)および2ポート1 Gb(光ファイバ)
NICの各物理ポートでは、Data Moverソフトウェアによってネットワーク デバイスが定義
されます。デバイス名は、NICのタイプを表すデバイス プレフィックスと、NICの各ポー
トに対して0(ゼロ)から順にシーケンシャルに追加される番号で成り立ちます。たとえ
ば、4ポート10/100/1000Base-T I/Oモジュールでは、最初の銅線Ethernetポートがcge0と
命名され、残りのポートがそれぞれcge1、cge2、cge3となります。
表 2(17ページ)に、VNXで使用される各種ネットワーク カードと、それらに対応する各
ケーブル オプションおよびデバイス プレフィックスを示します。
表 2. VNX NIC
1
NIC
ケーブル
デバイス プレフィックス
4ポート10/100/1000Base-T
ツイスト ペア
cge
2ポート10 Gb Ethernetポート
光ファイバ
Fxg
Twinaxは、同軸ケーブルに似たタイプのケーブルですが、内部の導体が1本ではなく2本あります。
2ポート10 GbeおよびFCoE I/Oモジュールは、アクティブ二芯同軸(Twinax)ケーブルも使用でき
ます。
VNX のネットワーク
17
概念
表 2. VNX NIC (続き)
NIC
ケーブル
デバイス プレフィックス
2ポート1 Gb(ツイスト ペア)および2ポート1 Gb(光
ファイバ)
ツイスト ペアおよび光ファイ 2個のcgeおよび2個の
バ
fxg
各ネットワーク デバイスは、1個以上のIPインタフェースに関連づけることができます。
IPインタフェースでは、デバイスがネットワークに対して提示するIPアドレスを定義しま
す。
ルーティング
Data Moverはネットワーク トラフィックを開始すると、独自のルーティング テーブルを
使用して、ネットワーク上の宛先までの到達経路を継続的にトラッキングします。Data
Moverのルーティング テーブルには、次の3タイプのルートが含まれている可能性があり
ます。
●
直接接続:ネットワークは、IPインタフェースによってData Moverに直接接続されま
す。
●
スタティック:ネットワーク管理者によってルートの情報がルーティング テーブルに
手動で入力されます。このルートはダイナミック ルーティング プロトコルよりも優
先されます。
●
ダイナミック:ルーティング テーブルは、Data Mover上でルーティングされたデーモ
ンによって自動的に管理されます。ルーティングされたデーモンはネットワーク上の
RIP V1およびV2メッセージを確認し、メッセージに基づいてルーティング テーブルを
変更します。
デフォルトでは、Data MoverのすべてのIPv4インタフェースでRIPメッセージが処理さ
れます。このリリースでは、IPv6に対するデーモン/プロトコルの自動ルーティングの
サポートは、提供されていません。
注: ルーティングされたデーモンでは最小限のRIP V2がサポートされ、次のホップ フィールド
とマスク フィールドのみを解析します。RIP V2の更新は、ブロードキャストによって送信され
る必要があります。
ルート テーブルではさまざまなタイプのルートがサポートされているだけでなく、IPア
ドレスのクラスに基づくデフォルト マスクとVLSM(可変長サブネット マスク)のいずれ
に対しても、マスク(またはIPv6プレフィックス長)フィールドがサポートされていま
す。VLSMを使用すると、長さが異なるさまざまなサブネット マスクが許容されるため、
柔軟性が向上します。VLSMを使用すると、サブネットごとに適切な数のホスト アドレス
を割り当てることによって各サブネット内の未使用のアドレス数を減らすことができるた
め、使用可能なアドレス空間をより効率よく活用できます。
マスクを指定しない場合は、IPアドレスのクラスに基づいてデフォルトのマスクが割り当
てられます。サポートされているのは連続的なマスクのみであり、また、ネットワーク
ルートでは0.0.0.0または255.255.255.255のマスクも無効です。
18
VNXネットワークの構成と管理7.1
概念
ルーティング テーブルの機能を次に示します。
●
ルート テーブルには、宛先サブネットまたは宛先ホストにつき1個のルートのみが格
納される。
●
直接接続されるルート(インタフェース ルート)は、手動または動的にアップデート
できないパーマネント ルートと見なされる。
●
静的経路は、ユーザーによる手動更新やインタフェース状態の変更によって更新する
ことができるが、ダイナミック ルーティング プロトコルによって変更することはで
きない。
●
IPv4インタフェースでは、RIPが同じ宛先サブネットまたは宛先ホストに対して複数の
ルートを通知した場合、その中で最も低負荷の(ホップ数が最小の)ルートが使用さ
れる。ホップ数が同じである場合は、その宛先に対してルーティング テーブルに最初
に入力されたルートがテーブルに保持される。
●
IPv6では、複数のデフォルト ルートが使用でき、複数のデフォルトから「選択された
デフォルト」が自動的に選択/管理される。また、ルータ検出プロトコルによって、直
接接続されたIPv6対応ルータからこれらのデフォルト ルートについての学習が自動的
に行われる。
●
現在、IPv6ではダイナミック ルーティング プロトコルはサポートされていません。
●
ルートは、ICMP/ICMP6のリダイレクトによって追加される場合がある。
●
ルーティング テーブルでは、最長プレフィックス一致がサポートされている。ルート
検索中に完全一致が取得できない場合、ルーティング テーブルでは完全一致ではなく
最も近い一致候補のアドレスが採用される。
Packet Reflect
Packet Reflectを使用すると、アウトバウンド(応答)パケットが、常に、インバウンド
(リクエスト)パケットを受信したインタフェースと同じインタフェースを経由して送信
されるようになります。Data Mover上のネットワーク トラフィックの大部分(すべての
ファイル システムのI/Oを含む)はクライアントによって開始されるため、Data Moverで
はクライアント リクエストへの応答にPacket Reflectを使用します。Packet Reflectを
使用すると、応答パケットを送信するルートを決定する必要がなくなります。
Packet Reflectの機能を次に示します。
●
Packet Reflectを有効にした場合は、確立済みの接続からアウトバウンド パケットを
送信するとき、Data Moverではルート、ネイバー キャッシュ、ARPテーブルを検証し
ません。Data Moverでは、リクエストと同じインタフェースと次のホップのMACアドレ
スを使用します。
注: IPv6では、ARPテーブルを使用しない代わりに、ネイバー キャッシュを使用します。
●
Packet Reflectを無効にした場合は、確立済みの接続からアウトバウンド パケットを
送信するとき、Data MoverではルートとARPテーブルを検証します。
●
デフォルトでは、Packet Reflectは有効です。
Packet Reflect
19
概念
Packet Reflectモードはすべてのインタフェースに適用され、次のような多くの状況で役
立ちます。
●
VNX でのVLANのサポート
着信するリクエスト パケットと同じVLAN IDのタグが応答パケットに常に付与される
ようになります。あるVLANで受信したパケットは常にそのVLANから送信されます。着
信リクエストをタグなしで受信した場合には、アウトバウンドの応答もタグなしで送
信されます。
●
ネットワーク セキュリティの向上
Packet Reflectを使用すると、より高いレベルのセキュリティをユーザーに提供でき
ます。応答パケットは常にリクエスト パケットと同じインタフェースから送信される
ため、リクエスト パケットを使用して間接的に他のLANにトラフィックを集中させる
ことはできません。ネットワーク デバイスが2個存在し、一方のデバイスはインター
ネットに接続され、もう一方のデバイスはイントラネットに接続されている場合、イ
ンターネット リクエストに対する応答はイントラネットには表示されません。また、
VNX で使用される内部ネットワークは、外部ネットワークのいかなるパケットからも
影響を受けません。
●
複数のサブネットをそれぞれ異なるNICでサポートする場合
この場合、各サブネットでは1個のルータを使用し、各サブネットのルータ ポートで
は、そのサブネットからのパケットのみが転送されるように、着信するパケットをフィ
ルタします。このため、応答は着信したリクエストと同じインタフェースを経由して
送信される必要があります。Packet Reflectはこの要件を満たします。
●
複数のデフォルト ルータの代用
一部の環境では、複数のデフォルト ルータを使用することによって、使用可能なルー
タ間でリクエストと応答のロード バランスを調整します。IPv4インタフェースの場
合、 VNX では複数のデフォルト ルートはサポートされません。
Packet Reflectを使用すると、サーバに追加のデフォルト ルータを設定しなくても、
ほぼ同等の機能を実現できます。Packet Reflectは、リクエストを転送したルータと
同じルータを経由して応答を返すことによって、この機能を実現します。
●
ルータのフェイルオーバーの高速化
単一のLANセグメントに複数のルータが配置されているネットワーク環境では、Packet
Reflectを使用してセカンダリ ルータへのフェイルオーバーを高速化できます。
たとえば、あるData Moverでリクエスト パケットに応答する必要がある場合は、Packet
Reflectを使用すると、そのData Moverがインタフェースと次のホップのMACアドレス
を決定するためにルーティング テーブルを使用しないようにできます。代わりに、リ
クエストと同じインタフェースと次のホップのMACアドレスを使用して応答が送信され
ます。
Packet Reflectを使用すると、バックアップ ルータに対するフェイルオーバーの応答
が速くなります。バックアップ ルータは、ルーティング テーブルのエントリーがRIP
によって更新されるまで待機する必要がなくなります。すべてのアウトバウンド パ
ケットがリクエストへの応答である場合は、RIPが不要になることもあります。ただ
20
VNXネットワークの構成と管理7.1
概念
し、サーバから発信されたアウトバウンド パケット(NISおよびDNSの照会)の場合
は、ルーティング テーブルを更新するために、サーバがRIPメッセージを受信する必
要があります。
●
単一のIPアドレスと複数のMACアドレスを持つクライアントを使用する場合の問題回避
Data MoverクライアントのIPアドレスを複数のMACアドレスにマップすると、問題が発
生します。稀に、1個のポート上でData Moverと同じLANセグメントにクライアントが
あり、同時にそのクライアントが別のポートのプロキシARPサーバの下位にある場合
に、問題が発生する場合があります。Packet Reflectが有効でない場合は、このこと
が原因でサーバに問題が発生します。Data Moverでは、各IPアドレスに関連づけられ
たMACアドレスを1個のみARPテーブルに保持しています。Packet Reflectが有効化され
ると、サーバは応答時にARPデータベースからMACアドレスを検索する必要がなくなる
ため、この問題は解消されます。代わりに、応答を送信するために、サーバはリクエ
ストのMACアドレスを使用します。
●
高可用性デバイスのサポート
通常、Packet Reflectでは応答パケットのインタフェースを決定します。ただし、イ
ンタフェースがEthernetチャネルまたはリンク統合などの高可用性デバイスである場
合は、 VNX のロード バランシング アルゴリズムによって、高可用性デバイス内で送
信パケット用の特定のリンクまたはポートが決定されます。着信パケットと送信パケッ
トが同じリンクを経由する必要はありません。さらに、スイッチに複数のロード バラ
ンシング アルゴリズムの選択肢(IP、MAC、セッション)がある場合があるため、着
信のリンクはスイッチによって決定されます。このため、ロード バランシング アル
ゴリズムは決定性アルゴリズムであり、単一方向に順不同でパケットが配信されるこ
とを防ぎます。高可用性デバイスの詳細については、 「VNXネットワーク高可用性の
構成と管理」 を参照してください。
VLAN
VLANは物理ネットワーク構成から独立して機能する論理ネットワークです。たとえば、
VLANを使用すると、ある部門のすべてのコンピュータを同じ論理サブネット上に配置し、
セキュリティを高めると同時にネットワーク ブロードキャストのトラフィックを軽減で
きます。
VLANは、スタンバイData Moverを構成する場合、特に便利です。通常は、複数の本番Data
Moverに対して1台のスタンバイData Moverが存在します。任意の本番Data Moverを引き継
ぐために、スタンバイData Moverでは本番Data MoverのネットワークIDを想定しておく必
要があります。多くの場合、各Data Moverが別のサブネットにサービスを提供しているた
め、スタンバイData Moverはサービスを引き継ぐ可能性のあるすべてのサブネットに接続
する必要があります。VLANを使用すると、本番Data MoverとスタンバイData Moverを数個
の同じスイッチに物理的に接続し、VLANタグ機能を使用して各Data Moverが対象とする
個々の適切なサブネットに接続できます。
VNX では、ace、cge、fge、fxgなどのデバイス プレフィックスで定義されたネットワー
ク デバイス上でのIEEE 802.1Q VLANタグ機能がサポートされています。プレフィックス
anaで定義されたネットワーク デバイスでのVLANタグ機能はサポートされていません。
VLAN
21
概念
注: Data Mover上にVLANを構築する前に、環境内の基本的な接続を確認してください。Data Mover
のポート構成とスイッチ ポートの構成を確認して、速度値と二重値に一貫性があり、エンド ツー
エンドで等しいことを確認します。Data Moverとスイッチの間の値に何らかの不一致があると、Data
Moverおよび場合によってはネットワーク全体の総合的なパフォーマンスに固有のエラーが発生する
原因となります。
VNX 環境でのVLANの使用
単一のNICが複数の論理インタフェースに割り当てられている場合は、各インタフェース
に異なるVLANを割り当てることができます。インタフェースごとにVLANが異なる場合は、
その宛先IPアドレスとインタフェースのIPアドレスが一致し、パケットのVLANタグがイン
タフェースのVLAN IDと一致する場合にだけパケットが受け入れられます。インタフェー
スのVLAN IDが0に設定されている場合、パケットはタグなしで送信されます。
VLANタグ機能
VLANタグが付与されたフレームは、フレームが属するVLANの明示的なIDを伝送します。つ
まり、フレーム ヘッダ内にヌルでないVLAN IDを格納して伝送します。タグ機能のメカニ
ズムには、フレームの変更という目的があります。IEEE 802.1Q準拠のスイッチの場合、
フレームは使用されるポート タイプに従って変更されます。
VLANはスイッチ ポートの関連づけ、MACアドレス、ネットワーク レイヤー パラメータ
(IPサブネットなど)によって、複数のブロードキャスト ドメインを構築します。この
関連づけにより、Data Moverはネットワーク スイッチから伝送されるメッセージのVLAN
タグを解釈して処理できます。
VLANを使用する場合は、2通りの方法があります。
●
VLAN IDを使用してスイッチ ポートを構成し、そのスイッチ ポートに VNX ポートを
接続します。この方法は、通常、クライアントをVLAN用に構成する場合に使用します。
ファイル サーバはVLANの一部であることを認識しないため、ファイル サーバに特別
な構成は必要ありません。VLAN IDはゼロに設定されます。
●
VLANタグを解釈してパケットを適切に処理する役割をサーバがになうようにします。
これにより、単一の物理接続を経由してサーバを複数のVLANおよびそれに対応するサ
ブネットに接続できます。この方法では、サーバに送信されるパケットにVLANタグを
含めるように、 VNX などのサーバのスイッチ ポートが構成されます。
アドレス解決
すべてのIPv4インタフェースの各Data Mover上にARPテーブルを構成できます。ARPテーブ
ルでは、ネットワーク コンポーネントのIPv4アドレスと物理Ethernetアドレス(MACアド
レス)間の関連づけを定義します。
IPv6インタフェースではARPテーブルはサポートされません。近隣探索は、IPv4アドレス
と物理Ethernetアドレス間の関連づけを定義します。
22
VNXネットワークの構成と管理7.1
概念
TCPパフォーマンス
VNX では、TCPセグメントが失われた場合に関連するTCPパフォーマンスを向上させるため
に、2種類のパラメータを提供しています。これらのパラメータは、NewReno、SACK(選択
的ACK)、FACK(転送ACK)アルゴリズムを有効または無効にします。
●
tcp do_newreno
●
tcp do_sack
do_newrenoおよびdo_sackパラメータでは、複数のセグメントが消失した場合に、TCPス
ループットの問題に対処します。これらのパラメータによって制御する2つのメカニズム
には違いがあります。SACKでは受信側と送信側の間で消失したパケットの明示的な情報を
やり取りして効率的に再送信できるものの、送信側と受信側の両方でSACKプロトコルがサ
ポートされている必要があります。一方、NewRenoは、リカバリの効率はやや劣りますが、
受信側で特別なプロトコルがサポートされている必要がありません。
FACKアルゴリズムはSACKと密接に関連づけられており、TCPの輻輳時にトラフィック フ
ローを管理するために使用されます。FACKはSACKに依存するため、do_sackパラメータに
従って自動的に有効化および無効化されます。
NewRenoアルゴリズムはSACKと同時に動作することによって、またはスタンドアロン アル
ゴリズムとして機能することによって、消失したTCPパケットの再送信を最適化できます。
do_sackパラメータが無効か、またはピアがSACKを許可していないかのいずれかが原因で
SACKが無効化されている接続では、do_newrenoパラメータを使用してNewRenoが有効化さ
れている場合、NewRenoアルゴリズムが使用されます。do_newrenoパラメータは、TCPの送
信側に対して、消失したパケットの高度なリカバリ機能を提供します。これら2種類のパ
ラメータは、デフォルトで有効化されています。
EMCでは、TCPが最も効率的なアルゴリズムを選択できるように、これら2種類のパラメー
タをデフォルトで使用することを推奨します。TCPパフォーマンスを向上させるための手
順については、 TCPパフォーマンスの向上(108ページ) を参照してください。
IPv4とIPv6の相違点
表 3(23ページ) に、IPv4とIPv6の一般的な相違点をいくつか示します。
表 3. IPv4とIPv6の相違点
機能性
IPv4
IPv6
アドレス指定
32ビット アドレス、ドット付き10進
数
128ビット アドレス、16進ベース
アドレス解決
リンク上のすべてのデバイスにブ マルチキャスト グループを使用す
ロードキャストするARP(アドレス解 るND(近隣探索)アドレス解決を使
決プロトコル)を使用する。
用する。
TCPパフォーマンス
23
概念
表 3. IPv4とIPv6の相違点 (続き)
機能性
IPv4
IPv6
サブネット マスク
○
いいえ、取得していません。代わり
にプレフィックス長表記を使用す
る。
ブロードキャスト アドレス
○
いいえ、取得していません。代わり
にマルチキャスト アドレスを使用
する。
最小MTU
576バイト
1280バイト
断片化
送信者/ルータ
送信者
フォワードDNS
Aレコード
AAAAレコード
リバースDNS
in-addr.arpa
ip6.arpa
IPv6アドレス
IPv6は、IPv4のアドレス枯渇問題を解決します。IPv4で使用される32ビット アドレスと
は対照的に、IPv6では128ビット アドレスを使用します。
IPv6アドレスは、次のアド
レスのように、コロンで区切られた16ビットのフィールド8個から成る16進数値として表
されます。
3ffe:0000:3c4d:0015:0000:0000:0300:00aa
IPv6グローバル ユニキャスト アドレスは、次の3個のコンポーネントから構成されるグ
ローバルな階層を使用します。
●
グローバル ルーティング プレフィックス:いちばん左(上位)から48ビット。グロー
バル ルーティング プレフィックスは、アドレスのネットワーク部分を定義し、ルー
ティングに使用されます。
●
サブネットID:次の16ビット。サブネットIDは、サイトのトポロジーを定義します。
●
インタフェースID:いちばん右から64ビット。これはインタフェースIDです。
前述のIPv6アドレスのコンポーネントは次のとおりです。
グローバル ルーティング プレフィッ サブネットID
クス
3ffe:0000:3c4d:
24
VNXネットワークの構成と管理7.1
0015:
インタフェースID
0000:0000:0300:00aa
概念
IPv6アドレスの省略
IPv6アドレス内の先行するゼロは省略できます。たとえば、
3ffe:0000:3c4d:0015:0000:0000:0300:00aaのアドレスは、先行するゼロを省略して、
3ffe:0:3c4d:15:0:0:300:aaと省略できます。さらにアドレスを省略するには、ゼロが
連続する1個以上のフィールドをコロン2個に置き換えて、3ffe:0:3c4d:15::300:aaと
することができます。コロン2個を使用できるのは、アドレスにつき1回だけです。ア
ドレス表現に大文字小文字の区別はありません。
IPv6アドレスを構成する場合、Data Moverはアドレスを128ビット形式にして解析し、
保存します。Data MoverでそのIPv6アドレスを表示する場合は、IPv6プロトコルで定
義された省略形式のいずれかで表示できます。つまり、保存されたアドレスの値は、
表示用に別の表現文字列に変換されます。これらの表現文字列は保存されません。た
とえば、次のコマンドを使用して、IPv6アドレスでIPインタフェースを構成し、結果
を表示する場合、同じアドレスが2種類の形式で表示されます。表示されたIPv6アドレ
スの先行するゼロは省略されています。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0_int1 -protocol IP6
3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:ED20
$ server_ifconfig server_2 cge0_int1
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2c:f6
表示されたアドレスは、3ffe::3c4d:15:435:200:300:ed20のように表示される場合も
あり、この場合は、2個のコロンにより、2番目の16ビット フィールドのゼロが置換さ
れています。
同様に、省略形アドレスを使用する場合は、他の省略形アドレスが表示されることが
あります。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0_int2 -protocol IP6
3ffe::3c4d:15:435:200:300:ed40
$ server_ifconfig server_2 cge0_int2
cge0_int2 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed40 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2c:f6
ドット付き10進数表記を含むIPv6アドレスを使用する場合、Data Moverでは16進の同
等の形式でアドレスを表示します。
c
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0_int3 -protocol IP6 3ffe::128.22.11.10
$ server_ifconfig server_2 cge0_int3
cge0_int3 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe::8016:b0a prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2c:f6
IPv6アドレス
25
概念
IPv6プレフィックス
IPv6はプレフィックスをCIDR(Classless Inter-Domain Routing)などで使用し、サ
ブネット マスクの代わりに使用します。IPv6はネットワーク マスクをサポートしま
せん。ネットワーク アドレスは、3ffe:0:3c4d:15::300:aa/64のように記述できます。
デフォルトのネットワーク プレフィックスは64です。
アドレスのタイプ
IPv6は、さまざまなタイプのアドレスを複数サポートします。次のセクションに、 VNX
の構成および管理する際に関連するアドレスのタイプをまとめています。
●
ユニキャスト アドレス
次のユニキャスト アドレスは、 VNX に最も関連するアドレスです。これは、単一の
インタフェースを特定します。
●
統合可能なグローバル アドレス
統合可能なグローバル アドレスは、インターネット上でグローバルに一意なアドレス
です。
●
リンク ローカル アドレス
リンク ローカル アドレスは、アドレス解決や重複するアドレスの検出など、主に管
理目的に使用されます。たとえば、近隣探索プロセスでは、リンク ローカル アドレ
スを使用して、リンク上のネイバー ノードを探します。リンク ローカル トラフィッ
クは、接続されたリンクの範囲を越えてIPv6ルータによって転送されることはなく、
リンク ローカルの範囲はそのリンクまたはブロードキャスト ドメインに制限されま
す。
グローバル アドレスを構成すると、リンク ローカル アドレスが自動的に構成されま
す。同様に、グローバル アドレスを削除すると、これらも削除されます。最初にリン
ク ローカル アドレスを手動で構成した場合は、グローバル アドレスを作成しても、
リンク ローカル アドレスがもう1個作成されることはありません。リンク ローカル
アドレスの手動による構成については、 付録 D を参照してください。
IPv6リンク上に最初に作成されるインタフェース(自動作成でも手動作成でも)は、
リンク ローカル アドレス(リンク ローカルとして、デバイス名、4桁のVLAN ID、2
文字のLで特定される)となり、デフォルトのリンク ローカル インタフェースとして
指定されます。定義された論理リンク上にその後作成されるIPv6インタフェース(リ
ンク ローカルでもグローバルでも)はいずれも、ネットワーク管理用のデフォルトの
リンク ローカル インタフェースに依存します。この依存性があるため、デフォルト
のリンク ローカル インタフェースは削除できません。
リンク ローカル インタフェースは、コアIPv6プロトコル(重複アドレス検出、近隣
探索、ルータ検出、ICMP6など)用に予約されます。server_ping6は、ネットワーク接
続の診断/テストのために、リンク ローカル インタフェースのping操作をサポートし
ます。ただし、他のアプリケーションでクライアント/サーバ通信にリンク ローカル
アドレスを使用するように構成しないでください。この他、Unisphereは、任意/すべ
てのリンク ローカル アドレスの表示を抑制します。
26
VNXネットワークの構成と管理7.1
概念
リンク ローカル アドレスは常にfe80::/64のプレフィックスで始まる、
fe80::xxxx:yyyy:zzzz:wwwwの形式です。
これらのアドレスは、単一のローカル リンク上でのみ使用できます。これらは、ロー
カル リンクの範囲を越えて認識されないため、ルーティングできません。fe80::/10
で始まるIPv6アドレスはいずれも、常にリンク ローカル アドレスです。リンク ロー
カル アドレスを使用すると、Ethernetブロードキャスト ドメインなどのローカル リ
ンク上のネイバー デバイス間での通信を可能にします。
リンク ローカル アドレスは、同じリンク上で通信しているネイバー間で一意である
必要があります。したがって、1個のノードは、そのすべてのポートに対して同じリン
ク ローカル アドレスを持ちます。リンク ローカルまたはマルチキャストの宛先を使
用するには、「%<intf>」の適用範囲識別子の仕様が必要です。次に例を示します。
fe80::1:2:3:4%fxg-1-0_v6intf
リンク ローカル アドレスの作成時以外、インタフェース名を指定せずにリンク ロー
カル アドレスが使用されるといつでも、エラー メッセージが表示されます。
適用範囲外の宛先アドレスを持つパケットは転送されません。
●
特殊アドレス
省略された表記を使用して、よく使用される特殊アドレスには次のようなものがあり
ます。
●
ループバック アドレス:::1/128
●
リンク ローカル アドレス:fe80::/10
●
マルチキャスト アドレス:ff00::/8
●
未指定アドレス:::/128
マルチキャスト アドレスは、1個のインタフェースから多数のインタフェースへの通
信を提供します。
注: IPv6はブロードキャスト アドレスをサポートしません。ブロードキャストは、ホップ カ
ウント1でマルチキャストするすべてのノードにパケットが送信される、特定タイプのマルチキャ
ストです。
●
エニーキャスト アドレス
エニーキャスト アドレスは、多数のインタフェースのうちの1個のインタフェースへ
の通信を提供し、そのインタフェースは通常、ルーティングの距離によって決定され、
アドレスに関連づけられた最も近いインタフェースです。
自動デフォルト ルータ構成
IPv6では、ルータはその存在とサポートするプレフィックスをアドバタイズします。ルー
タ検出により、Data Moverは、接続されたリンク上でこれらのアドバタイズをリスンし、
自動デフォルト ルータ構成
27
概念
その情報に基づいてデフォルト ルータのリストを更新できるようになります。デフォル
ト ルータに到達不能になると、Data Moverはリストから別のルータを選択します。
近隣探索
IPv6ホストおよびルータは、ND(近隣探索)を使用して、接続されているリンク上のネイ
バー ノードのリンク レイヤー アドレスを判別します。また、ホストはNDを使用して、
パケット転送が可能なネイバー ルータを探します。
ネイバー キャッシュ
ネイバー キャッシュは、ネイバー アドバタイズおよびネイバー要請によって、NDプロセ
スで作成および維持されるアドレス解決データベースです。IPv4のARP(アドレス解決プ
ロトコル)と同様に、NDは、ネイバー ノードのIPv6アドレスをリンク レイヤー アドレ
ス(MACアドレス)に、リンク レイヤー アドレスをIPv6アドレスに解決します。NDは、
ネイバー キャッシュを自動的に更新します。また、ネイバー キャッシュを手動で管理す
ることもできます。
ネイバー キャッシュは、グローバル ユニキャスト アドレス、リンク レイヤー アドレ
ス、ネイバーはルータかホストか、ネイバーが到達可能かどうかなどのネイバー エント
リーの状態別に、ネイバーのリストを維持します。
ルーティング テーブル
ルーティング テーブルは、Data Moverによるパケットの送信中に次のホップを決定しま
す。NDは、ルータのアドバタイズをリスンすることにより、ルーティング テーブル デー
タベースを維持し、テーブルに自動的に書き込みを行います。また、これを手動で管理す
ることもできます。ルーティング テーブルには、次の2種類のルート エントリーを含め
ることができます。
●
プレフィックス エントリー。特定のプレフィックスに到達するために経由するインタ
フェースを指定します。
●
デフォルト エントリー。宛先と一致するプレフィックスがない場合にデフォルトとし
て使用するゲートウェイを指定します。
ルーティング テーブルには、ルートに使用されるインタフェースの名前、およびルート
エントリーの期限に関する情報も維持されます。
重複アドレス検出
デフォルトでは、IPv6システムを起動するたびに、または新しいインタフェースを構成す
るたびに、近隣探索でDADプロセスを使用して、リンク上のアドレスが重複アドレスであ
るかどうかを判別します 。新しいアドレスごとに、ホストは2件のネイバー要請メッセー
ジをリンク上のすべてのノードにマルチキャストし、新しいアドレスが一意であることを
28
VNXネットワークの構成と管理7.1
概念
確認します。最初のネイバー要請から600ミリ秒の間に、このアドレスのネイバー アドバ
タイズをホストが受信すると、そのアドレスは重複としてマークされます。2個のアドレ
スのうちいずれかを変更して、重複をなくす必要があります。600ミリ秒経過してもネイ
バー要請に対する応答をホストが受信しなかった場合は、すべてのノードのマルチキャス
ト アドレスにネイバー アドバタイズが送信され、ホストが新しいアドレスを所有するこ
とが宣言されます。
同じデバイスでサポートされるIPv4アドレスとIPv6アドレス
VNX は、IPv4アドレスとIPv6アドレスの両方のデュアル スタックに対するサポートを同
じデバイス上で提供します。
つまり、同じデバイス上で両方のアドレス タイプを構
成できます。
同じデバイスでサポートされるIPv4アドレスとIPv6アドレス
29
概念
30
VNXネットワークの構成と管理7.1
第3章
構成
ネットワークの構成に関するタスクは、次のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
●
●
ネットワーク デバイスの構成(32ページ)
単一または複数のIPインタフェースの構成(35ページ)
インタフェース オプションの構成(49ページ)
Data Moverの接続の確認(54ページ)
IPv6アドレスについてのData Moverの接続の確認(56ページ)
ルーティングの構成(57ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
31
構成
ネットワーク デバイスの構成
ネットワーク デバイスを構成するには、次の手順に従います。
●
ネットワーク デバイスの可用性(32ページ)
●
ネットワーク デバイス設定の変更(33ページ)
速度設定および二重設定が不一致の場合、エラーが発生してネットワーク パフォーマン
スに影響が及ぶ可能性があります。物理接続の両端で速度設定および二重設定が等しく
一貫性があることを確認します。たとえば、物理接続の一方の終端では半二重設定、他
方の終端では全二重設定である場合、ネットワーク エラーおよびパフォーマンスの問題
を引き起こす可能性があります。同様に、速度設定が一方の終端では100、他方の終端で
は1000である場合にも、問題が発生することがあります。
ネットワーク デバイスの可用性
使用できるネットワーク デバイスを決定するには、server_sysconfigコマンドを使用し
ます。server_sysconfigコマンドでは、すべてのデバイスの情報を表示します。
次の例では、ネットワーク デバイスはserver_2のスロット3およびスロット4にあります。
snmpwalk -v1 -c public server_# | grep ifOperStatusコマンドを実行すると、 VNX に
あるネットワーク ポートの物理ポートのステータスが表示されます。
アクション
Data Moverで使用可能なデバイスおよびオプションを特定するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_sysconfig <movername> -pci
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
例:
server_2に使用できるデバイスおよびオプションを特定するには、次のように入力します。
$ server_sysconfig server_2 -pci
32
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
出力
server_2 : PCI DEVICES:
On Board:
Agilent Fibre Channel Controller
0: fcp-0 IRQ: 22 addr: 50060160306008be
0: fcp-1 IRQ: 21 addr: 50060161306008be
0: fcp-2 IRQ: 18 addr: 50060162306008be
0: fcp-3 IRQ: 20 addr: 50060163306008be
Broadcom Gigabit Ethernet Controller
0: cge0 IRQ: 23
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge1 IRQ: 25
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge2 IRQ: 24
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge3 IRQ: 26
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge4 IRQ: 27
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge5 IRQ: 28
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
注
デバイスcge0~cge5が使用可能であり、各デバイスの 速度、二重、送信および受信フロー制御の設定を
変更できます。
ネットワーク デバイス設定の変更
ネットワーク デバイス設定を変更する場合は、次のことに留意します。
●
コマンド内のオプションは二重引用符で囲みます。
●
IPネットワーク スイッチの設定がデバイスの設定と一致していることを確認します。
●
ファイバ接続(ace、fge、fxg)の場合には、速度設定および二重設定を変更できませ
ん。
●
特定のネットワーク構成要件がない限り、デフォルト設定をそのまま維持します。
「ファイル用EMC VNXコマンド ライン インタフェース リファレンス」 のserver_sysconfig
の項目に、各NICタイプの使用可能なオプションとデフォルト設定の詳細が記載されてい
ます。
ネットワーク デバイスの構成
33
構成
アクション
ネットワーク デバイス設定を変更するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_sysconfig <movername> -pci <device> -option "speed= 10 | 100 | 1000 | auto , duplex=
full | half | auto "
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<device> = Data Moverにインストールされているネットワーク アダプタ カード
-option speed= {10|100|1000|auto} = Ethernet回線から速度が自動的に検出され、自動ネゴシエーションが
オンになる
-option duplex= {full|half|auto} = auto(デフォルト)により自動ネゴシエーションがオンになる
(例:
server_2のデバイスcge0の速度を100に、二重設定を全二重に変更するには、次のように入力します。
$ server_sysconfig server_2 -pci cge0 -option “speed=100,duplex=full"
出力
server_2 : done
ネットワーク デバイス設定の確認
アクション
変更したデバイス設定を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_sysconfig <movername> -pci
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2で変更したデバイス設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_sysconfig server_2 -pci
34
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
出力
server_2 : PCI DEVICES:
On Board:
0: fcp-0 IRQ: 22 addr: 50060160306008be
Agilent Fibre Channel Controller
0: fcp-1 IRQ: 21 addr: 50060161306008be
0: fcp-2 IRQ: 18 addr: 50060162306008be
0: fcp-3 IRQ: 20 addr: 50060163306008be
Broadcom Gigabit Ethernet Controller
0: cge0 IRQ: 23
speed=100 duplex=full txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge1 IRQ: 25
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge2 IRQ: 24
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge3 IRQ: 26
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge4 IRQ: 27
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
0: cge5 IRQ: 28
speed=auto duplex=auto txflowctl=disable rxflowctl=disable
単一または複数のIPインタフェースの構成
1個のデバイスに単一または複数のIPインタフェースを構成するオプションを使用できま
す。Ethernetチャネル、リンク統合、FSNなどの仮想デバイスを構成している場合は、イ
ンタフェースを構成する前に、仮想デバイスを作成する必要があります。仮想デバイスの
構成については、 「VNXネットワーク高可用性の構成と管理」 を参照してください。
IPインタフェースを構成するには、次のいずれかのタスクを実行します。
●
IPv4インタフェースの構成(36ページ)
●
複数のネットワーク上での単一デバイスの構成(38ページ)
●
同一ネットワーク上での単一デバイスの構成(40ページ)
●
IPv6インタフェースの構成(41ページ)
●
デフォルト以外のプレフィックス長を持つIPv6インタフェースの構成(43ページ)
●
同じデバイス上でのIPv6インタフェースおよびIPv4インタフェースの構成(44ページ)
●
接続の確認(45ページ)
単一または複数のIPインタフェースの構成
35
構成
IPv4インタフェースの構成
IPインタフェースを構成する場合は、次のことに留意します。
●
VNX では、異なるタイプのサブネット マスクがサポートされています。
●
VNX では、非連続ネットワーク マスクはサポートされていません。非連続ネットワー
ク マスクとは、1ビットの連続ストリームを持たないマスクのことです。
●
物理デバイスが仮想デバイスによって使用されている状態で、インタフェースに新し
い名前を割り当てると、次のエラーを受信します。server_2 : No such device or
address.
●
デバイスに関する情報を表示するには、server_sysconfigコマンドを使用します。
アクション
ネットワーク デバイスにIPインタフェースを作成するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP <ipv4_addr>
<ipmask> <ipbroadcast>
ここで:
<movername> = デバイスが配置されているData Moverの名前
<device_name> = ネットワーク デバイスの名前
<if_name> = このコマンドで作成するインタフェースの名前
<ipv4_addr> = インタフェースのIPアドレス
<ipmask> = インタフェースのネットワーク マスク
<ipbroadcast> = インタフェースのブロードキャスト アドレス
(例:
server_2でネットワーク デバイスcge0、cge1、cge4のインタフェースを構成するには、次のように入力しま
す。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0 -protocol IP
172.24.108.10 255.255.255.0 172.24.108.255
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge1 -name cge1 -protocol IP
172.24.101.10 255.255.255.0 172.24.101.255
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge4 -name cge4 -protocol IP
172.24.106.10 255.255.255.128 172.24.106.127
出力
server_2 : done
36
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
IPv4インタフェースの確認
すべてのIPv4インタフェースの設定を表示するには、-ip4オプションを使用します。
アクション
IPv4インタフェースの設定を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -all -ip4
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のIPv4インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -all -ip4
出力
server_2 :
cge4 protocol=IP device=cge4
inet=172.24.106.10 netmask=255.255.255.128 broadcast=172.24.106.127
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:98
cge3_1 protocol=IP device=cge3
inet=172.24.104.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.104.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:9a
cge2_2 protocol=IP device=cge2
inet=172.24.103.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.103.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=103, macaddr=8:0:1b:42:86:95
cge2_1 protocol=IP device=cge2
inet=172.24.102.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.102.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=102, macaddr=8:0:1b:42:86:95
cge1 protocol=IP device=cge1
inet=172.24.101.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.101.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:97
すべてのインタフェースの設定の確認
server_ifconfig server_# -allを実行すると、IPv4とIPv6のすべてのインタフェースを
表示します。IPv4だけ、またはIPv6だけを表示するには、-ip4または-ip6のオプションを
使用します。
アクション
Data Moverのすべてのインタフェースの設定を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -all
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のすべてのインタフェース設定を確認するには、次のように入力します。
単一または複数のIPインタフェースの構成
37
構成
アクション
$ server_ifconfig server_2 -all
出力
server_2 :
cge4 protocol=IP device=cge4
inet=172.24.106.10 netmask=255.255.255.128 broadcast=172.24.106.127
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:98
cge3_1 protocol=IP device=cge3
inet=172.24.104.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.104.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:9a
cge2_2 protocol=IP device=cge2
inet=172.24.103.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.103.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=103, macaddr=8:0:1b:42:86:95
cge2_1 protocol=IP device=cge2
inet=172.24.102.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.102.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=102, macaddr=8:0:1b:42:86:95
cge1 protocol=IP device=cge1
inet=172.24.101.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.101.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:97
cge0 protocol=IP device=cge0
inet=172.24.108.12 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.108.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:96
loop protocol=IP device=loop
inet=127.0.0.1 netmask=255.0.0.0 broadcast=127.255.255.255
UP, loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0
netname=localhost
el31 protocol=IP device=fxp0
inet=128.221.253.2 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.253.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:43:91:2
netname=localhost
el30 protocol=IP device=fxp0
inet=128.221.252.2 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.252.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:43:91:2
netname=localhost
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
cge0_0000_ll protocol=IP6 device=cge0
inet=fe80::260:16ff:fe0c:205 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
複数のネットワーク上での単一デバイスの構成
2個以上のインタフェースを作成する場合、複数のインタフェースが同じデバイスにアク
セスできるように、一意な名前を指定します。新しいインタフェースそれぞれに、一意な
IPアドレス、サブネット マスク、ブロードキャスト アドレスを構成します。
アクション
ネットワーク デバイスに複数のインタフェースを構成するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
38
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
アクション
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> s <ipaddr> <ipmask>
<ipbroadcast>
ここで:
<movername> = デバイスが配置されているData Moverの名前
<device_name> = ネットワーク デバイスの名前
<if_name> = このコマンドで作成するインタフェースの名前
<ipaddr> = インタフェースのIPアドレス
<ipmask> = インタフェースのネットワーク マスク
<ipbroadcast> = インタフェースのブロードキャスト アドレス
(例:
server_2のネットワーク デバイスにインタフェースcge2_1およびcge2_2を構成するには、次のように入力し
ます。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge2 -name cge2_1 -protocol IP
172.24.102.10 255.255.255.0 172.24.102.255
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge2 -name cge2_2 -protocol IP
172.24.103.10 255.255.255.0 172.24.103.255
出力
server_2 : done
複数のネットワーク構成の設定の確認
アクション
ネットワーク デバイスの設定を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2のcge2_1インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge2_1
単一または複数のIPインタフェースの構成
39
構成
出力
server_2 :
cge2_1 protocol=IP device=cge2
inet=172.24.102.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.102.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:95
複数のネットワーク上で単一デバイスを構成した後
複数のネットワーク上で単一デバイスを構成した後は、各インタフェースに異なるVLANタ
グを割り当てることができます。詳細については、VLANタグ機能の有効化(49ページ)
を参照してください。
同一ネットワーク上での単一デバイスの構成
単一のデバイスに同じネットワーク内のアドレスを複数割り当てて、同じネットワーク上
に単一デバイスを構成できます。インタフェースのいずれか1個がデフォルトになります。
このインタフェースが停止した場合は、同じネットワーク上の別のインタフェースがデ
フォルトになります。
複数のインタフェースを作成する場合は、各インタフェースが同じデバイスにアクセスで
きるように、一意な名前を指定します。新しいインタフェースそれぞれに、同一ネット
ワーク上で一意なIPアドレス、サブネット マスク、ブロードキャスト アドレスを構成し
ます。
アクション
同じネットワーク上に複数のインタフェースを構成するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP <ipaddr>
<ipmask> <ipbroadcast>
ここで:
<movername> = デバイスが配置されているData Moverの名前
<device_name> = ネットワーク デバイスの名前
<if_name> = このコマンドで作成するインタフェースの名前
<ipaddr> = インタフェースのIPアドレス
<ipmask> = インタフェースのネットワーク マスク
<ipbroadcast> = インタフェースのブロードキャスト アドレス
(例:
server_2で同じネットワーク上にインタフェースcge3_1およびcge3_2を構成するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge3 -name cge3_1 -protocol IP
172.24.104.10 255.255.255.0 172.24.104.255
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge3 -name cge3_2 -protocol IP
40
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
アクション
172.24.104.12 255.255.255.0 172.24.104.255
出力
server_2 : done
同一ネットワーク上の構成設定の確認
アクション
ネットワーク デバイスの設定を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2のcge3_1インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge3_1
出力
server_2 :
cge3_1 protocol=IP device=cge2
inet=172.24.104.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.104.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:9a
IPv6インタフェースの構成
アクション
ネットワーク デバイスにIPv6アドレスを使用するIPインタフェースを作成するには、次のコマンド シンタクス
を使用します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP6
<ipv6_addr> [/PrefixLength]
ここで:
<movername> = デバイスが配置されているData Moverの名前
<device_name> = ネットワーク デバイス名
<if_name> = このコマンドで作成するインタフェースの名前
単一または複数のIPインタフェースの構成
41
構成
アクション
<ipv6_addr> = インタフェースのIPアドレス
[/PrefixLength] = アドレスのネットワーク部分を構成する、アドレスの連続した上位ビットの数を示す1~128
の範囲の10進数値(オプション)
IPv6ではマスクやブロードキャスト アドレスは使用しません。
(例:
server_2でIPv6アドレスを使用するネットワーク デバイスcge0のインタフェースを構成するには、次のように
入力します。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0_int1 -protocol IP6 3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:ED20
出力
server_2 : done
IPv6インタフェースの確認
すべてのIPv6インタフェースの設定を表示するには、-ip6オプションを使用します。
アクション
Data MoverのIPv6インタフェースの設定を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -all -ip6
ここで:
<movername> = インタフェースを確認するData Moverの名前
(例:
server_2のIPv6インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -all -ip6
出力
server_2 :
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
cge0_0000_ll protocol=IP6 device=cge0
inet=fe80::260:16ff:fe0c:205 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
注
cge0のグローバル アドレスの構成時に、リンク ローカルの名前とアドレスが自動的に生成されます。デバ
イス名、0~4094の範囲の4桁のVLAN ID、リンク ローカルを表す2文字のLで名前が構成されます。
3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20のIPv6アドレスおよびfe80::260:16ff:fe0c:205のリンク ローカル アドレスを
持つアドレスで設定したインタフェースは、同じMACアドレスを共有することに留意してください。リンク ロー
カル アドレスはMACアドレスから生成されます。
42
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
デフォルト以外のプレフィックス長を持つIPv6インタフェースの構成
アクション
ネットワーク デバイスにIPv6アドレスおよびデフォルト以外のプレフィックス長を持つIPインタフェースを作
成するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP6
<ipv6_addr>
ここで:
<movername> = デバイスが配置されているData Moverの名前
<device_name> = ネットワーク デバイス名
<if_name> = このコマンドで作成するインタフェースの名前
<ipv6_addr> = インタフェースのIPアドレス
(例:
server_2でデフォルト以外のプレフィックス長を持つIPv6アドレスを使用するネットワーク デバイスcge0のイ
ンタフェースを構成するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0_int1 -protocol IP6
3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:ED20/48
出力
server_2 : done
デフォルト以外のプレフィックス長を持つIPv6インタフェースの確認
アクション
インタフェースの設定が正しいことを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername> = インタフェースを確認するData Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2のcge0_int1のインタフェースの設定が正しいことをを確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0_int1
単一または複数のIPインタフェースの構成
43
構成
出力
server_2 :
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=48
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:5:5
同じデバイス上でのIPv6インタフェースおよびIPv4インタフェースの構成
IPv6アドレスを設定したデバイス上でIPv4アドレスを構成できます。
アクション
ネットワーク デバイスにIPv4インタフェースを作成するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name
<if_name>
-protocol IP <ipv4_addr> <ipmask> <ipbroadcast>
ここで:
<movername> = デバイスが配置されているData Moverの名前
<device_name> = ネットワーク デバイス名
<if_name> = このコマンドで作成するインタフェースの名前
<ipv4_addr> = インタフェースのIPアドレス
<ipmask> = インタフェースのネットワーク マスク
<ipbroadcast> = インタフェースのブロードキャスト アドレス
(例:
server_2でネットワーク デバイスcge0のIPv4インタフェースを構成するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0_int2 -protocol IP 172.24.108.10 255.255.255.0 172.24.108.255
出力
server_2 : done
同じデバイスのIPv4インタフェースとIPv6インタフェースの確認
アクション
デバイスのすべてのインタフェースの設定が正しいことを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用し
ます。
$ server_ifconfig <movername> -all
ここで:
44
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
アクション
<movername> = インタフェースを確認するData Moverの名前
(例:
server_2の設定が正しいことを確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -all
出力
server_2 :
cge0_int2 protocol=IP device=cge0
inet=172.24.108.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.108.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
cge0_0000_ll protocol=IP6 device=cge0
inet=fe80::260:16ff:fe0c:205 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
el30 protocol=IP device=mge0
inet=128.221.252.2 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.252.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:d:30:b1 netname=localhost
el31 protocol=IP device=mge1
inet=128.221.253.2 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.253.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:d:30:b2 netname=localhost
loop6 protocol=IP6 device=loop
inet=::1 prefix=128
UP, loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
loop protocol=IP device=loop
inet=127.0.0.1 netmask=255.0.0.0 broadcast=127.255.255.255
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
接続の確認
IPインタフェースを構成した後、構成された各インタフェースの接続を確認します。
Data Moverの接続を確認するために、クライアントのホスト名またはIPアドレスのいずれ
かを使用してpingを実行できます。ホスト名でpingを起動する場合には、ローカル ホス
ト ファイル、NIS、またはData Mover上で構成および動作できるDNSサーバが必要です。
それ以外の場合は、クライアントのIPアドレスを入力します。
server_ping6をホスト名で起動する場合、最初にData Mover上の/.etc/hostsファイルが
チェックされた後、NISおよびDNSサーバ(設定されていて動作している場合)がチェック
されます。これらの場所に名前が見つからない場合は、エラー メッセージが表示されま
す。nsswitch.confファイルを使用して検索順序を変更できます。
名前解決、ローカル ホスト ファイル、NIS、DNSの詳細については、 「VNXネーム サー
ビスの構成」 を参照してください。
単一または複数のIPインタフェースの構成
45
構成
IPv4インタフェースの接続の確認
IPv4インタフェースの構成後に接続を確認するには、次の手順に従います。
●
Data Moverとクライアントとの間の接続の確認(46ページ)
●
Data Moverとクライアントとの間の接続の継続的な確認(46ページ)
●
IPv4インタフェースを使用したData Moverとクライアントとの間の接続の確認(47ペー
ジ)
Data Moverとクライアントとの間の接続の確認
アクション
Data Moverから外部への接続を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping <movername> <ipv4_addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<ipv4_addr> = pingを実行するクライアントのIPアドレス
(例:
Data MoverからIPアドレスへの接続を確認するには、次のように入力します。
$ server_ping server_2 172.24.102.2
出力
server_2 : 172.24.102.2 is alive, time= 0 ms
Data Moverとクライアントとの間の接続の継続的な確認
アクション
連続したECHO_REQUESTメッセージを送信しながら、Data Moverから外部への接続を確認するには、次の
コマンド シンタクスを入力します。
$ server_ping <movername> -send <ipaddr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<ipaddr> = pingを実行するクライアントのIPアドレス
(例:
連続したECHO_REQUESTメッセージを送信しながら、Data Moverから外部への接続を確認するには、次の
ように入力します。
$ server_ping server_2 -send 172.24.102.2
46
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
出力
server_2 :
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
172.24.102.2
is
is
is
is
is
is
is
is
is
is
is
is
is
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
alive,
time=
time=
time=
time=
time=
time=
time=
time=
time=
time=
time=
time=
time=
0
0
0
0
0
0
0
0
0
3
0
0
0
ms
ms
ms
ms
ms
ms
ms
ms
ms
ms
ms
ms
ms
IPv4インタフェースを使用したData Moverとクライアントとの間の接続の確認
アクション
指定されたインタフェースを使用してData Moverからクライアントへの接続を確認するには、次のコマンド
シンタクスを使用します。
$ server_ping <movername> -interface <if_name> <ipaddr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
<ipaddr> = pingを実行するクライアントのIPアドレス
指定されたインタフェースを使用したData MoverからクライアントIPアドレスへの接続を表示するには、次
のように入力します。
$ server_ping server_2 -interface cge0 172.24.102.2
出力
server_2 : 172.24.102.2 is alive, time= 0 ms
IPv6インタフェースの接続の確認
IPv6インタフェースを構成した後、接続を確認するには、次の手順に従います。
●
IPv6インタフェースを使用したData Moverとクライアントとの間の接続の確認(48ペー
ジ)
●
Data Moverとリンク ローカル宛先との間の接続の確認(48ページ)
IPv4インタフェースを使用したData Moverとクライアントとの間の接続の確認
47
構成
IPv6インタフェースを使用したData Moverとクライアントとの間の接続の確認
アクション
IPv6インタフェースのData Moverの接続を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping6 <movername> -interface <if_name> <ipv6_addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
<ipv6_addr> = pingを実行するクライアントのIPアドレス
(例:
cge0_int1インタフェースのserver_2の接続を確認するには、次のように入力します。
$ server_ping6 server_2 -interface cge0_int1 3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:00aa
出力
server_2 : 3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:00aa is alive, time= 0 ms
Data Moverとリンク ローカル宛先との間の接続の確認
アクション
Data Moverとリンク ローカル宛先との間の接続を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping6 <movername> <ipv6_addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<ipv6_addr> = pingを実行するリンク ローカル宛先のIPアドレス
(例:
server_2からリンク ローカル宛先への接続を確認するには、次のように入力します。
$ server_ping6 server_2 fe80::260:16ff:fe0c:205%cge0_0000_ll
出力
server_2 : fe80::260:16ff:fe0c:205%cge0_0000_ll is alive, time= 0 ms
アクション
Data Moverを介してマルチキャスト アドレスにpingを実行するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping6 <movername> <ip6_addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<ipaddr> = pingを実行するマルチキャスト宛先のIPアドレス
48
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
アクション
(例:
マルチキャスト アドレスff02::1%cge0_0000_llにpingを実行するには、次のように入力します。
$ server_ping6 server_2 ff02::1%cge0_0000_ll
出力
server_2 : ff02::1%cge0_0000_ll is alive, time= 0 ms
インタフェース オプションの構成
IPインタフェースを構成した後、インタフェース オプションを構成する場合は、次の手
順に従います。
●
VLANタグ機能の有効化(49ページ)
●
VLAN間でのインタフェースの移動(50ページ)
●
MTU構成(52ページ)
VLANタグ機能の有効化
インタフェースでVLANタグ機能を有効にするには、そのインタフェースにVLAN IDを設定
する必要があります。VLAN IDの値は、0または1~4094の間で設定できます。VLAN IDが0
の場合、VLANタグ機能を使用するようにインタフェースが構成されていないことを意味し
ます。VLAN IDが1~4094の場合、インタフェースはVLAN IDを処理できます。
多くのスイッチでは、VLAN 1がネイティブVLANに使用されます。このため、VLAN ID 1を
Data Moverに設定しないようにします。各物理スイッチ ポートには、そのポートに割り
当てられているネイティブVLAN IDがあります。デフォルトでは、このIDはVLAN 1となっ
ています。VLANタグ付きのパケットをポートで受信した場合は、適切なVLANにパケットを
誘導するためにタグが使用されます。着信パケットにタグが付いていない場合は、ネイ
ティブVLAN IDがタグとして使用されます。詳細については、 付録 B を参照してくださ
い。
注: IPネットワーク スイッチの設定がデバイスの設定と一致していることを確認します。
アクション
VLANタグ機能を有効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> vlan= <vlanID>
ここで:
<movername> = インタフェースが存在するData Moverの名前
インタフェース オプションの構成
49
構成
アクション
<if_name> = VLAN IDを変更するインタフェースの名前
<vlanID> = VLAN ID 0(デフォルトは、VLANタグ機能なし)~4094
(例:
server_2のネットワーク インタフェースcge2_1およびcge2_2で、VLAN IDを102と103に設定してVLANタグ機
能を有効にするには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge2_1 vlan=102
$ server_ifconfig server_2 cge2_2 vlan=103
出力
server_2 : done
各インタフェースの設定の確認
アクション
各インタフェースの設定を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2のcge2_1インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge2_1
出力
server_2 :
cge2_1 protocol=IP device=cge2
inet=172.24.102.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.102.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=102, macaddr=8:0:1b:42:86:95
VLAN間でのインタフェースの移動
VLAN間でインタフェースを移動するには、VLAN IDを0に設定することによって、最初に
VLANタグ機能を削除してから、新しいVLAN IDを各インタフェースに割り当てます。
50
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
アクション
VLANタグ機能を削除するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> vlan= <vlanID>
ここで:
<movername> = インタフェースが存在するData Moverの名前
<if_name> = VLAN IDを変更するインタフェースの名前
<vlanID> = VLAN ID 0(デフォルトは、VLANタグ機能なし)~4094
例:
server_2のcge4とcge3のインタフェースのVLAN設定を0に変更するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge4 vlan=0
$ server_ifconfig server_2 cge3 vlan=0
出力
server_2: done
VLAN IDを0に設定した後、VLANタグ機能を有効にして、新しいVLAN IDを各インタフェー
スに割り当てます。
アクション
VLANタグ機能を有効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> vlan= <vlanID>
ここで:
<movername> = インタフェースが存在するData Moverの名前
<if_name> = VLAN IDを変更するインタフェースの名前
<vlanID> = VLAN ID 0(デフォルトは、VLANタグ機能なし)~4094
例:
server_2のcge4とcge3のインタフェースのVLAN設定を変更するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge4 vlan=100
$ server_ifconfig server_2 cge3 vlan=200
出力
server_2: done
注: 同じサブネット内に設定された複数のインタフェースがData Moverに存在する場合は、(VLAN
IDを0に設定して)すべてのインタフェースでVLANタグを削除してから、任意のインタフェースに新
しいVLAN IDを設定する必要があります。
インタフェース オプションの構成
51
構成
VLAN IDの確認
注: リンク ローカル アドレスには、その名前の一部としてVLANタグを使用します。
アクション
インタフェースの設定が正しいことを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -all
ここで:
<movername> = インタフェースを確認するData Moverの名前
(例:
server_2の設定が正しいことを確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -all
出力
server_2 :
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=40, macaddr=0:60:16:c:2:5
cge0_0040_ll protocol=IP6 device=cge0
inet=fe80::260:16ff:fe0c:205 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=40, macaddr=0:60:16:c:2:5
loop6 protocol=IP6 device=loop
inet=::1 prefix=128
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
注: グローバルIPv6インタフェースのVLANを変更すると、グローバル インタフェースおよび関連
するリンク ローカル インタフェースの両方のVLANが変更されます。既存のリンク ローカル イン
タフェースのVLANタグは変更できません。既存のリンク ローカル インタフェースを削除してから、
新しいVLANタグを指定して新しいリンク ローカル インタフェースを作成する必要があります。
MTU構成
MTU設定は、断片化を伴うことなく送信できる最大パケット サイズを決定します。
MTUの初期設定はプロトコル単位で定義されており、インストールされているネットワー
ク インタフェース カードのタイプに応じたデフォルト値で構成されます。Ethernetイン
タフェース カードのデフォルトのMTU設定は1500バイトです。この値の範囲は1~9000バ
イトです。
52
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
EthernetまたはギガビットEthernetのどちらを使用しているかに関係なく、初期のデフォ
ルトMTUサイズは1,500バイトです。スイッチでジャンボ フレームがサポートされている
場合は、ギガビットEthernetの容量を活用するために、MTUを9000バイトまで増やすこと
ができます。ジャンボ フレームを使用するには、クライアントのNICを含むインフラスト
ラクチャ全体がジャンボ フレームをサポートしている必要があります。
UDPの場合は、クライアントとサーバが同じMTUサイズを使用する必要があります。TCPは、
接続の初期化時にMTUサイズをネゴシエートします。スイッチのMTUは、ホストのMTU以上
である必要があります。
注: 1つのIPホストから別のホストに大容量のデータを送信する場合、データは一連のIPデータグ
ラムとして送信されます。通常、これらのデータグラムは、ソースから宛先までのパスのどの箇所
でも、断片化の必要がない最大サイズとなります。
MTUの構成
アクション
Data MoverのインタフェースにMTUサイズを構成するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> mtu= <MTUbytes>
ここで:
<movername> = インタフェースが存在するData Moverの名前
<if_name> = MTUサイズを変更するインタフェースの名前
<MTUbytes> = 新しいMTUサイズ(バイト単位)
(例:
server_2のインタフェースcge3_1およびcge3_2のMTUサイズを9000バイトに構成するには、次のように入力
します。
$ server_ifconfig server_2 cge3_1 mtu=9000
$ server_ifconfig server_2 cge3_2 mtu=9000
出力
server_2 : done
構成したMTUサイズの確認
構成したMTUサイズを確認するときは、IPネットワーク スイッチの設定がデバイスの設定
と一致していることを確認します。
アクション
インタフェースの設定を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
インタフェース オプションの構成
53
構成
アクション
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2のcge3_1インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge3_1
出力
server_2 :
cge3_1 protocol=IP device=cge3
inet=172.24.104.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.104.255
UP, ethernet, mtu=9000, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:9a
Data Moverの接続の確認
IPインタフェースを構成した後、構成された各インタフェースのData Moverの接続を確認
します。
Data Moverの接続を確認するために、クライアントのホスト名またはIPアドレスのいずれ
かを使用してpingを実行できます。ホスト名でpingを起動する場合には、ローカル ホス
ト ファイル、LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)、NIS(Network
Information Service)、またはData Mover上で動作できるDNS(Domain Name System)
サーバが必要です。IPアドレスでpingを起動する場合には、クライアントのIPアドレスを
入力します。
名前解決、ローカル ホスト ファイル、OpenLDAP、NIS、DNSの詳細については、 「VNX
ネーム サービスの構成」 を参照してください。
注: server_pingをホスト名で起動する場合、最初にData Mover上の/.etc/hostsファイルがチェッ
クされてから、LDAPベース ディレクトリ、NIS、DNSサーバ(動作している場合)がチェックされま
す。これらの場所に名前が見つからない場合は、エラー メッセージが表示されます。
アクション
Data Moverの接続を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping <movername> -interface <interface> <ipaddr>
または
$ server_ping <movername> -interface <interface> <hostname>
ここで:
<movername> = クライアント システムへのpingを実行するData Moverの名前
<interface> = ポートの指定
54
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
アクション
<ipaddr> = pingを実行するクライアントのIPアドレス
<hostname> = pingを実行するクライアントのホスト名
(例:
Data Moverから同じネットワーク上の別のホストにpingを実行して、インタフェースを確認します。server_2
のcge0から172.24.108.20のクライアントへのData Moverの接続を確認するには、次のように入力します。
$ server_ping server_2 -interface cge0 172.24.108.20
出力
pingが成功した場合は、次のように出力されます。
server_2 : 172.24.108.20 is alive, time= 0 ms
20秒以内に応答メッセージを受信しなかった場合は、次のように出力されます。
no answer from client
Data Moverの接続の確認
55
構成
IPv6アドレスについてのData Moverの接続の確認
アクション
IPv6でのData Moverの接続を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping6 <movername> -interface <interface> <ipv6_addr>
ここで:
<movername> = クライアント システムへのpingを実行するData Moverの名前
<interface> = ポートの指定
<ipv6_addr> = pingを実行するクライアントのIPアドレス
(例:
IPv6インタフェースを介してpingを実行します。server_2のcge0_int1から
3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:00aaのクライアントへのData Moverの接続を確認するには、次のよう
に入力します。
$ server_ping6 server_2 -interface cge0_int1 3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:00aa
出力
pingが成功した場合は、次のように出力されます。
server_2 : 3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:00aa is alive, time= 0 ms
20秒以内に応答メッセージを受信しなかった場合は、次のように出力されます。
no answer from client
リンク ローカル アドレスへのpingの実行
アクション
リンク ローカル アドレスを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping6 <movername> <link-local-addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<link-local-addr> = pingを実行するリンク ローカル アドレス
(例:
インタフェースcge0_0000_llを使用して、リンク ローカル アドレスfe80::260:16ff:fe0c:205にpingを実行するに
は、次のように入力します。
$ server_ping6 server_2 fe80::260:16ff:fe0c:205 via interface cge0_0000_ll
56
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
出力
pingが成功した場合は、次のように出力されます。
server_2 : fe80::260:16ff:fe0c:205 via interface cge0_0000_ll is alive, time= 0 ms
20秒以内に応答メッセージを受信しなかった場合は、次のように出力されます。
no answer from client
マルチキャスト アドレスへのpingの実行
マルチキャスト アドレスにpingを実行するには、プレフィックスff02::1を使用します。
このプレフィックスは、リンク ローカル範囲内のすべてのノードのマルチキャスト アド
レスを指定します。
アクション
マルチキャスト アドレスを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping6 <movername> <multicast-addr >
ここで:
<movername> = クライアント システムへのpingを実行するData Moverの名前
<multicast-addr> = pingを実行するマルチキャスト アドレス
(例:
インタフェースcge0_0000_llを使用して、マルチキャスト アドレスff02::1にpingを実行するには、次のように入
力します。
$ server_ping6 server_2 ff02::1 via interface cge0_0000_ll
出力
pingが成功した場合は、次のように出力されます。
server_2 : ff02::1 via interface cge0_0000_ll is alive, time= 0 ms
20秒以内に応答メッセージを受信しなかった場合は、次のように出力されます。
no answer from client
ルーティングの構成
IPv4インタフェースを構成した後、次のタスクを実行してルーティングを構成します。
●
IPv4のルーティング テーブル エントリーの一覧表示(58ページ)
●
デフォルト インタフェース(59ページ)
●
デフォルト ルートの追加(61ページ)
●
現在のRIPステータスの表示(64ページ)
IPv6アドレスについてのData Moverの接続の確認
57
構成
●
Data MoverでのRIPの無効化(65ページ)
IPv6インタフェースを構成した後、次のタスクを実行してルーティングを構成します。
●
IPv6のルーティング テーブル エントリーの一覧表示(66ページ)
●
ルーティング テーブルへのIPv6プレフィックス エントリーの追加(66ページ)
●
IPv6グローバル ユニキャスト アドレスを使用したデフォルト ルートの追加(67ペー
ジ)
●
IPv6リンク ローカル アドレスを使用したデフォルト ルートの追加(67ページ)
IPv4のルーティング テーブル エントリーの一覧表示
アクション
Data Moverのルーティング テーブル エントリー(宛先、ゲートウェイ、サブネット マスク、インタフェース、
ルート タイプなど)を一覧表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_route <movername> -list
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のルーティング テーブル エントリーを一覧で表示するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -list
出力
ルーティング テーブルには、IPインタフェースの構成時にシステムによって作成されたすべてのインタフェー
ス(直接接続)ルートが格納されています。インタフェース ルートは、RIP経由または管理者によって手動で
更新できないパーマネント ルートです。ただし、静的経路は管理者による手動更新が、動的ルートはRIP
経由での更新が可能です。ルーティング テーブルには、宛先ネットワークごとにルートが1個ずつ格納され
ています。
server_2 :
net 128.221.253.0 128.221.253.2 255.255.255.0 el31
net 128.221.252.0 128.221.252.2 255.255.255.0 el30
net 172.24.106.0 172.24.106.10 255.255.255.128 cge4
net 172.24.104.0 172.24.104.10 255.255.255.0 cge3_1
net 172.24.103.0 172.24.103.10 255.255.255.0 cge2_2
net 172.24.102.0 172.24.102.10 255.255.255.0 cge2_1
net 172.24.101.0 172.24.101.10 255.255.255.0 cge1
net 172.24.108.0 172.24.108.10 255.255.255.0 cge0
host 127.0.0.1 127.0.0.1 255.255.255.255 loop
58
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
デフォルト インタフェース
同じネットワーク上に複数のインタフェースが存在する場合、いずれか1個のインタフェー
スがデフォルトになります。デフォルト インタフェースが停止した場合には、同じネッ
トワーク上の別のインタフェースがデフォルトになります。デフォルト インタフェース
を一覧表示するには、次の手順に従います。
●
デフォルト インタフェースの一覧表示(59ページ)
●
インタフェースの停止のシミュレーション(60ページ)
●
新しいデフォルト インタフェースの一覧表示(60ページ)
この例では、2個のインタフェースcge3_1およびcge3_2が104ネットワーク上に作成されて
います。デフォルトのcge3_1が停止した場合は、代わりにcge3_2がデフォルトになりま
す。
デフォルト インタフェースの一覧表示
アクション
Data Moverのルーティング テーブル エントリーを一覧表示するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_route <movername> -list
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のルーティング テーブル エントリーを一覧で表示するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -list
出力
server_2 :
net 128.221.253.0 128.221.253.2 255.255.255.0 el31
net 128.221.252.0 128.221.252.2 255.255.255.0 el30
net 172.24.106.0 172.24.106.10 255.255.255.128 cge4
net 172.24.104.0 172.24.104.10 255.255.255.0 cge3_1
net 172.24.103.0 172.24.103.10 255.255.255.0 cge2_2
net 172.24.102.0 172.24.102.10 255.255.255.0 cge2_1
net 172.24.101.0 172.24.101.10 255.255.255.0 cge1
net 172.24.108.0 172.24.108.10 255.255.255.0 cge0
host 127.0.0.1 127.0.0.1 255.255.255.255 loop
ルーティングの構成
59
構成
インタフェースの停止のシミュレーション
アクション
インタフェースの停止をシミュレートするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> down
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
cge3_1の停止をシミュレートするには、次のように入力して停止するインタフェースを設定します。
$ server_ifconfig server_2 cge3_1 down
出力
server_2 : done
新しいデフォルト インタフェースの一覧表示
アクション
Data Moverのルーティング テーブル エントリーを一覧表示するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_route <movername> -list
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のルーティング テーブル エントリーを一覧で表示するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -list
出力
server_2 :
net 128.221.253.0 128.221.253.2 255.255.255.0 el31
net 128.221.252.0 128.221.252.2 255.255.255.0 el30
net 172.24.106.0 172.24.106.10 255.255.255.128 cge4
net 172.24.104.0 172.24.104.12 255.255.255.0 cge3_2
net 172.24.103.0 172.24.103.10 255.255.255.0 cge2_2
net 172.24.102.0 172.24.102.10 255.255.255.0 cge2_1
net 172.24.101.0 172.24.101.10 255.255.255.0 cge1
net 172.24.108.0 172.24.108.10 255.255.255.0 cge0
host 127.0.0.1 127.0.0.1 255.255.255.255 loop
60
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
デフォルト ルートの追加
Data Moverが定義済みのルート以外を経由してネットワークにアクセスする必要がある場
合は、デフォルト ルートを追加できます。 ほとんどの通信にはPacket Reflectが使用
されます。詳細については、 Packet Reflectの管理(101ページ) を参照してください。
ただし、Data Moverが通信を開始するときには、ルーティング テーブルが使用されます。
デフォルト ルートを構成すると、Data Moverでは、特定のルート エントリーに適合しな
いすべてのパケットが指定されたゲートウェイを通過します。
デフォルト ルートを追加する場合は、次の手順に従います。
●
デフォルト ルートの構成(61ページ)
●
ゲートウェイへのpingの実行(62ページ)
●
他のネットワークへのData Moverの接続の確認(63ページ)
デフォルト ルートの構成
アクション
ネットワーク内のルータが172.24.101.254の場合、Data Moverのルーティング テーブルにデフォルト ルート
を構成するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_route <movername> -add default <gateway>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<gateway> = ゲートウェイ マシンのIPアドレス
(例:
server_2のルーティング テーブルにデフォルト ルートを構成するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -add default 172.24.101.254
出力
server_2 : done
構成したデフォルト ルートの確認
アクション
Data Moverのルーティング テーブル エントリーを一覧表示するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_route <movername> -list
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
ルーティングの構成
61
構成
アクション
(例:
server_2のルーティング テーブル エントリーを一覧で表示するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -list
出力
server_2 :
default 172.24.101.254 0.0.0.0 cge1
net 128.221.253.0 128.221.253.2 255.255.255.0 el31
net 128.221.252.0 128.221.252.2 255.255.255.0 el30
net 172.24.106.0 172.24.106.10 255.255.255.128 cge4
net 172.24.104.0 172.24.104.10 255.255.255.0 cge3
net 172.24.103.0 172.24.103.10 255.255.255.0 cge2_2
net 172.24.102.0 172.24.102.10 255.255.255.0 cge2_1
net 172.24.101.0 172.24.101.10 255.255.255.0 cge1
net 172.24.108.0 172.24.108.10 255.255.255.0 cge0
host 127.0.0.1 127.0.0.1 255.255.255.255 loop
注
101ネットワーク上のデフォルト ゲートウェイのIPアドレスにアクセスするために、インタフェースcge1が使用
されます。
ゲートウェイへのpingの実行
172.24.101.254のゲートウェイはローカルのData Moverネットワーク(cge1の
172.24.101.10)に接続され、かつルーティング テーブルに明示的に定義されていない他
のネットワークに対してパスを提供しているため、このゲートウェイにpingを実行できま
す。
アクション
server_2で172.24.101.254へのData Moverの接続を確認するには、次のように入力します。
$ server_ping server_2 172.24.101.254
出力
pingが成功した場合は、次のように出力されます。
server_2 : 172.24.101.254 is alive, time= 0 ms
20秒以内に応答メッセージを受信しなかった場合は、次のように出力されます。
no answer from client
62
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
他のネットワークへのData Moverの接続の確認
ルーティング テーブルには、105ネットワークに対するルートが格納されていません。105
ネットワーク上のクライアントにpingを実行して、構成したデフォルト ルートが正しく
動作するかどうかをチェックします。
アクション
他のネットワークへのData Moverの接続を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ping <movername> -interface <interface> <ipv4_addr>
ここで:
<movername> = クライアント システムへのpingを実行するData Moverの名前
<interface> = ポートの指定
<ipv4_addr> = pingを実行するクライアントのIPアドレス
(例:
Data Moverからpingを実行して、ルーティング テーブルが使用されていることを確認します。server_2で
172.24.105.30へのData Moverの接続を確認するには、次のように入力します。
$ server_ping server_2 172.24.105.30
出力
pingが成功した場合は、次のように出力されます。
server_2 : 172.24.105.30 is alive, time= 0 ms
20秒以内に応答メッセージを受信しなかった場合は、次のように出力されます。
no answer from client
スタティック ルーティング テーブル エントリーの追加
VNX では非連続ネットワーク マスク、つまり1ビットの連続ストリームを持たないマスク
がサポートされていません。ネットワーク ルートでは0.0.0.0または255.255.255.255の
ネットマスクは無効です。デフォルトでは、ネットマスク255.255.255.255がホスト ルー
トに割り当てられます。
アクション
Data Moverのルーティング テーブル エントリーに静的経路を追加するには、次のコマンド シンタクスを使
用します。
$ server_route <movername> -add [ host | net ] <dest> <gateway> [ <netmask> ]
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<dest> = 宛先のIPアドレス
ルーティングの構成
63
構成
アクション
<gateway> = ゲートウェイ マシンのIPアドレス
<netmask> = インタフェースのネットワーク マスク
host = 特定のホストに対するルーティング エントリー
net = 特定のネットワークに対するルーティング エントリー
例:
server_2にスタティック ホスト ルートを追加するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -add host 172.24.105.20 172.24.101.254
255.255.255.255
server_2にスタティック ネットワーク ルートを追加するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -add net 172.24.107.0 172.24.101.254
255.255.255.0
出力
server_2 : done
現在のRIPステータスの表示
RIPは VNX でサポートされているダイナミック ルーティング プロトコルです。RIPはソー
スと宛先間の最小ホップ数に基づいてネットワーク ルートを決定します。デフォルトで
は、Data MoverはすべてのインタフェースのRIPルートのアドバタイズを確認します。
アクション
RIPステータス、およびData Moverに対して無効化されているRIPのインタフェースを表示するには、次のコ
マンド シンタクスを使用します。
$ server_rip <movername> status
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のRIPステータスを表示するには、次のように入力します。
$ server_rip server_2 status
出力
server_2 :
routed started, RIP processing is on
64
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
Data MoverでのRIPの無効化
Data Moverに対してRIPを無効にしたり、インタフェース レベルでRIPを無効にしたりで
きます。インタフェースに対するRIPの無効化については、 RIPの無効化(88ページ) を
参照してください。RIPルートをルーティング テーブルに入力しないようにするには、
Data MoverのRIPを無効にします。
アクション
Data Moverに対するRIPを無効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_setup <movername> -Protocol <protocol> -option stop
ここで:
<movername> = インタフェースが存在するData Moverの名前
<protocol> = この例ではrip
(例:
server_2に対してRIPを無効にするには、次のように入力します。
$ server_setup server_2 -Protocol rip -option stop
出力
server_2 : done
RIPステータスの確認
アクション
Data MoverのRIPステータスを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_rip <movername> status
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のRIPステータスを確認するには、次のように入力します。
$ server_rip server_2 status
出力
server_2 :
routed started, RIP processing is off
ルーティングの構成
65
構成
IPv6のルーティング テーブル エントリーの一覧表示
アクション
Data Moverのルーティング テーブル エントリー(宛先、ゲートウェイ、インタフェース、ルート エントリーの
古さなど)を一覧表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -route -list
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のルーティング テーブル エントリーを一覧で表示するには、次のように入力します。
$ server_ip server_2 -route -list
出力
server_2 :
Destination ゲートウェイ
Interface Expires (secs)
2620:0:170:84f::/64
2620:0:170:84f::ac18:fc36 0
2620:0:170:879::/64
2620:0:170:879::2dfc:12a 0
selected default fe80::215:2cff:febd:1c00
fe80::260:16ff:fe26:113b 1789
ルーティング テーブルへのIPv6プレフィックス エントリーの追加
アクション
ルーティング テーブルにプレフィックス エントリーを永久に追加するには、次のコマンド シンタクスを使用
します。
$ server_ip <movername> -route -create -destination <destination> -interface <if_name>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<destination> = グローバル ユニキャスト アドレスであるルート エントリーの、プレフィックス長を含むIPv6プ
レフィックス(必須)
<if_name> = インタフェースの名前。名前は1~63文字で構成され、a~z、A~Z、0~9、またはアンダースコ
ア(_)を含めることができます。先頭または末尾にスペースは設定できません。
デフォルト ゲートウェイを追加する場合、インタフェースはオプションです。
(例:
66
VNXネットワークの構成と管理7.1
構成
アクション
server_2のルーティング テーブルにプレフィックス エントリーを永久に追加するには 、 次のように入力しま
す。
$ server_ip server_2 -route -create -destination 2002:8c8:0:2314::/64 -interface cge4v6
出力
OK
IPv6グローバル ユニキャスト アドレスを使用したデフォルト ルートの追加
デフォルト エントリーは、宛先と一致するプレフィックスがない場合にデフォルトとし
て使用するゲートウェイを指定します。
アクション
ルーティング テーブルにIPv6グローバル ユニキャスト アドレスを使用したデフォルト ゲートウェイを永久に
追加するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -route -create -default -gateway <v6gw>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<v6gw> = グローバル ユニキャスト アドレスであるデフォルト ルートのIPv6ゲートウェイ(必須) グローバル
ユニキャスト アドレスには、ゲートウェイに到達するためのプレフィックス ルート エントリーを含む必要があ
ります。
(例:
server_2のルーティング テーブルにIPv6グローバル ユニキャスト アドレスを使用したデフォルト ゲートウェ
イを永久に追加するには、次のように入力します。
$ server_ip server_2 -route -create -default -gateway 2002:8c8:0:2314::1
出力
OK
IPv6リンク ローカル アドレスを使用したデフォルト ルートの追加
アクション
ルーティング テーブルにIPv6リンク ローカル アドレスを使用したデフォルト ゲートウェイを永久に追加する
には、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -route -create -default -gateway <v6gw> -interface <ifname>
ここで:
ルーティングの構成
67
構成
アクション
<movername> = Data Moverの名前
<v6gw> = リンク ローカル アドレスであるデフォルト ルートのIPv6ゲートウェイ(必須)。
<if_name> = インタフェースの名前(オプション)。名前は1~63文字で構成され、a~z、A~Z、0~9、または
アンダースコア(_)を含めることができます。先頭または末尾にスペースは設定できません。
(例:
server_2のルーティング テーブルにIPv6リンク ローカル アドレスを使用したデフォルト ゲートウェイを永久
に追加するには、次のように入力します。
$ server_ip server_2 -route -create -default -gateway fe80::1 -interface cge1v6
出力
OK
68
VNXネットワークの構成と管理7.1
第4章
管理
ネットワークの管理に関するタスクは、次のとおりです。
トピック :
●
●
●
●
●
●
●
●
ネットワーク デバイスの監視(70ページ)
IPインタフェースの管理(70ページ)
ルーティングの管理(85ページ)
アドレス解決の管理(93ページ)
ネイバー キャッシュの管理(95ページ)
Packet Reflectの管理(101ページ)
ネットワーク統計の表示(102ページ)
Control Stationネットワークの変更(103ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
69
管理
ネットワーク デバイスの監視
VNX の通知機能を使用して、ネットワーク リンクの状態を監視できます。
デバイス ドライバのさまざまなイベントに対応する通知を構成し、メール、SNMP(Simple
Network Management Protocol)トラップ、またはログ ファイルに書き込まれるメッセー
ジを使用して通知できます。 VNX イベントの詳細については、 「VNX for Fileイベン
トと通知の構成」 を参照してください。
デバイス ドライバのイベントの表示
アクション
ファシリティに関連づけられたイベントおよびイベントID番号のリストを表示するには、次のコマンド シンタ
クスを使用します。
$ nas_event -list -c DART -f <facility>
ここで:
<facility> = ファシリティの名前
(例:
DRIVERSファシリティに関連づけられたイベントを一覧表示するには、次のように入力します。
$ nas_event -list -c DART -f DRIVERS
出力
nas_eventコマンドからの出力に、ドライバ イベントのリストが表示されます。
IPインタフェースの管理
IPインタフェース、ファイル システムのエクスポートにCIFSまたはNFSなどのインタフェー
スを使用するアプリケーションを変更または削除した場合は、新しい条件(変更後のIPア
ドレスなど)が使用されるように再構成する必要があります。
既存のIPインタフェースを変更または管理するには、次の手順に従います。
70
●
IPv4インタフェースの変更(71ページ)
●
IPv4デバイスのVLANタグ機能の変更(73ページ)
●
MTUサイズの変更(77ページ)
●
IPインタフェースの無効化(78ページ)
●
IPインタフェースの有効化(79ページ)
●
Data Mover上のすべてのIPインタフェースの表示(80ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
IPv4インタフェースの変更
IPv4インタフェースのIPアドレス、ネットマスク、ブロードキャスト アドレスを変更す
るには、そのインタフェースを削除してから、適切な設定でデバイスのIPインタフェース
を新しく作成する必要があります。
1. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data Mover上のIPインタフェースを削除しま
す。
$ server_ifconfig <movername> -delete <if_name>
ここで:
<movername>
<if_name>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
(例:
server_2上のインタフェースcge0を削除するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -delete cge0
出力:
server_2 : done
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、ネットワーク デバイスに新しいインタフェー
スを作成します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP <ipv4_addr>
<ipmask> <ipbroadcast>
ここで:
<movername>
<device_name>
<if_name>
= ネットワーク デバイスの名前
= このコマンドで作成するインタフェースの名前
<ipv4_addr>
<ipmask>
= デバイスが配置されているData Moverの名前
= インタフェースのIPv4アドレス
= インタフェースのネットワーク マスク
<ipbroadcast>
= インタフェースのブロードキャスト アドレス
(例:
server_2のネットワーク デバイスcge0に新しいインタフェースを作成するには、次の
ように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0
-protocol IP 172.24.108.12 255.255.255.0 172.24.108.255
出力:
server_2 : done
IPインタフェースの管理
71
管理
IPv6インタフェースの変更
IPインタフェースのIPv6アドレスを変更するには、インタフェースを削除してから、適切
な設定でデバイスにIPインタフェースを新しく作成する必要があります。
この手順では、インタフェース3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0300:00aaを削除してか
ら、新しいIPアドレスでインタフェース3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0400:DDE0を新
しく作成します。
1. Data MoverのIPインタフェースを削除するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_ifconfig <movername> -delete <if_name>
ここで:
<movername>
<if_name>
= 削除するインタフェースが存在するData Moverの名前
= 削除するインタフェースの名前
(例:
server_2のインタフェースcge0_int1を削除するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -delete cge0_int1
出力:
server_2 : done
2. ネットワーク デバイスに新しいインタフェースを作成するには、次のコマンド シン
タクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP6
<ipv6_addr>
ここで:
<movername>
<device_name>
<if_name>
= デバイスが配置されているData Moverの名前
= ネットワーク デバイス名
= このコマンドで作成するインタフェースの名前
<ipv6_addr>
= インタフェースのIPv6アドレス
(例:
server_2のネットワーク デバイスcge0に新しいインタフェースを作成するには、次の
ように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device cge0 -name cge0_int1 -protocol IP6
3ffe:0000:3c4d:0015:0435:0200:0400:DDE0
出力:
server_2 : done
72
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
3. Data Moverの新しいインタフェースが正しいことを確認するには、次のコマンド シン
タクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername>
<if_name>
= インタフェースを確認するData Moverの名前
= このコマンドで作成するインタフェースの名前
(例:
server_2のcge0_int1インタフェースを表示するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0_int1
出力:
server_2 :
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:400:dde0 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:5:5
IPv4デバイスのVLANタグ機能の変更
インタフェースのVLANタグを変更するには、VLAN IDの値を変更します。インタフェース
のVLANタグを削除するには、VLAN IDの値を0(ゼロ)に変更します。
IPネットワーク スイッチの設定がデバイスの設定と一致していることを確認します。 VNX
およびネットワーク スイッチでIEEE 802.1Q VLANタグ機能がサポートされている必要が
あります。
1. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data Moverの現在のインタフェース設定を確認
します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername>
<if_name>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
(例:
server_2のcge1インタフェースの現在の設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge1
出力:
server_2 :
cge1 protocol=IP device=cge1
inet=172.24.101.10 netmask=255.255.255.0
broadcast=172.24.101.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:4:35:30
IPインタフェースの管理
73
管理
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data MoverのインタフェースのVLANタグ機能を
有効化します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> vlan= <vlanID>
ここで:
<movername>
<if_name>
<vlanID>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
= VLAN ID 0(デフォルトは、VLANタグ機能なし)~4094
(例:
server_2のネットワーク インタフェースcge1で、VLAN IDを101に設定してVLANタグ機
能を有効にするには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge1 vlan=101
出力:
server_2 : done
3. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data Moverのインタフェースの新しい設定を確
認します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername>
<if_name>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
(例:
server_2のcge1インタフェースの新しい設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge1
出力:
server_2 :
cge1 protocol=IP device=cge1
inet=172.24.101.10 netmask=255.255.255.0
broadcast=172.24.101.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=101, macaddr=0:60:16:4:35:30
4. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data MoverのインタフェースからVLANタグ機能
を削除します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> vlan= 0
ここで:
<movername>
<if_name>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
(例:
74
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
server_2のネットワーク インタフェースcge1からVLANタグ機能を削除するには、次の
ように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge1 vlan=0
出力:
server_2 : done
5. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data Moverのインタフェース設定を確認しま
す。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername>
<if_name>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
(例:
server_2のcge1インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge1
出力:
server_2 :
cge1 protocol=IP device=cge1
inet=172.24.101.10 netmask=255.255.255.0
broadcast=172.24.101.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:4:35:30
IPv6デバイスのVLANタグ機能の変更
インタフェースのVLANタグを変更するには、VLAN IDの値を変更します。インタフェース
のVLANタグを削除するには、VLAN IDの値を0(ゼロ)に変更します。
IPネットワーク スイッチの設定がデバイスの設定と一致していることを確認します。 VNX
およびネットワーク スイッチの両方でIEEE 802.1Q VLANタグ機能がサポートされている
必要があります。
1. server_2のcge0_int1インタフェースの現在の設定が正しいことを確認するには、次の
ように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0_int1
出力:
server_2 :
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=40, macaddr=0:60:16:c:2:5
2. VLANタグ機能を有効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> vlan= <vlanID>
IPインタフェースの管理
75
管理
ここで:
<movername>
<if_name>
<vlanID>
= インタフェースが存在するData Moverの名前
= VLAN IDを設定するインタフェースの名前
= VLAN ID 0(デフォルトは、VLANタグ機能なし)~4094
(例:
server_2のネットワーク インタフェースcge0_int1で、VLAN IDを101に設定してVLAN
タグ機能を有効にするには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0_int1 vlan=101
出力:
server_2 : done
3. server_2のcge0_int1インタフェースの新しい設定が正しいことを確認するには、次の
ように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0_int1
出力:
server_2 :
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=101, macaddr=0:60:16:c:2:5
4. インタフェースからVLANタグ機能を削除するには、次のコマンド シンタクスを使用し
ます。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> <vlanID>
ここで:
<movername>
<if_name>
<vlanID>
= インタフェースが存在するData Moverの名前
= VLAN IDを削除するインタフェースの名前
= VLAN ID 0(デフォルトは、VLANタグ機能なし)~4094
(例:
server_2のネットワーク インタフェースcge0_int1からVLANタグ機能を削除するには、
次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0_int1 vlan=0
出力:
server_2 : done
5. server_2のcge0_int1インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0_int1
出力:
76
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
server_2 :
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
DOWN, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
注: 既存のリンク ローカル インタフェースのVLANタグは変更できません。既存のリンク ローカ
ル インタフェースを削除してから、新しいVLANタグを指定して新しいリンク ローカル インタフェー
スを作成する必要があります。
MTUサイズの変更
1. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data Moverのインタフェース設定を確認しま
す。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername>
<if_name>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
(例:
server_2のcge3_1インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge3_1
出力:
server_2 :
cge3_1 protocol=IP device=cge3
inet=172.24.104.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.104.255
UP, ethernet, mtu=9000, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:9a
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data MoverのインタフェースのMTUサイズを変
更します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> mtu= <MTUbytes>
ここで:
<movername>
<if_name>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
<MTUbytes>
= 新しいMTUサイズ(バイト単位)
注: デバイス上のすべてのインタフェースのMTU設定が同じ値に変更されていることを確認して
ください。
(例:
server_2のインタフェースcge3_1およびcge3_2のMTUサイズを1500バイトに変更するに
は、次のように入力します。
IPインタフェースの管理
77
管理
$ server_ifconfig server_2 cge3_1 mtu=1500
$ server_ifconfig server_2 cge3_2 mtu=1500
出力:
server_2 : done
3. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data Moverのインタフェース設定を確認しま
す。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername>
<if_name>
= Data Moverの名前
= インタフェースの名前
例:
server_2のcge3_1インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge3_1
出力:
server_2 :
cge3_1 protocol=IP device=cge3
inet=172.24.104.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.104.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:9a
server_2のcge3_2インタフェースの設定を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge3_2
出力:
server_2 :
cge3_2 protocol=IP device=cge3
inet=172.24.104.10 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.104.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:9a
IPインタフェースの無効化
アクション
Data Moverのインタフェースを無効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> down
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2でインタフェースcge0を無効にするには、次のように入力します。
78
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
アクション
$ server_ifconfig server_2 cge0 down
出力
server_2 : done
注
内部インタフェースへのアクセスが許可されていない場合に、server_ifconfig <movername> <if_name> down
コマンドを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます。
server_<x>: interface: invalid interface specified, you might be trying to disable one of the internal interfaces.
無効なIPインタフェースの状態の確認
アクション
Data Moverのインタフェースの状態を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2のcge0インタフェースの状態を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0
出力
cge0 protocol=IP device=cge0
inet=172.24.108.12 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.108.255
DOWN, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:96
IPインタフェースの有効化
ネットワーク デバイスに新しいIPインタフェースを作成すると、そのIPインタフェース
は自動的に有効化されます。
アクション
Data Moverのインタフェースを有効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
IPインタフェースの管理
79
管理
アクション
$ server_ifconfig <movername> <if_name> up
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2でインタフェースcge0を有効にするには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0 up
出力
server_2 : done
有効なIPインタフェースの状態の確認
アクション
Data Moverのインタフェースの状態を確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<if_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2のcge0インタフェースの状態を確認するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 cge0
出力
cge0 protocol=IP device=cge0
inet=172.24.108.12 netmask=255.255.255.0 broadcast=172.24.108.255
UP, ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=8:0:1b:42:86:96
Data Mover上のすべてのIPインタフェースの表示
アクション
Data Moverのインタフェースを表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -all
80
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
アクション
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のインタフェースを表示するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -all
出力
server_2 :
ar6667 protocol=IP device=cge1
inet=11.11.11.11 netmask=255.255.255.0 broadcast=11.11.11.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:5:d:49
cge1 protocol=IP device=cge1
inet=45.244.1.182 netmask=255.255.255.0 broadcast=45.244.0.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:5:d:49
cge1_v6 protocol=IP6 device=cge1
inet=2002:8c8:0:2310:0:2:ac18:f412 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:5:d:49
cge1_0000_ll protocol=IP6 device=cge1
inet=fe80::260:16ff:fe05:d49 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:5:d:49
Data Mover上のすべてのIPv6インタフェースの表示
アクション
Data Mover上のIPv6アドレスを使用するすべてのインタフェースを表示するには、次のコマンド シンタクス
を使用します。
$ server_ifconfig <movername> -all -ip6
ここで:
<movername> = インタフェースを表示するData Moverの名前
注: -ip6フラグを使用してIPv6の構成を表示できます。
(例:
server_2のIPv6アドレスを使用するすべてのインタフェースを表示するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_2 -all -ip6
IPインタフェースの管理
81
管理
出力
server_2 :
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:400:dde0 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:5:5
cge0_0000_ll protocol=IP6 device=cge0
inet=fe80::260:16ff:fe0c:205 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:5:5
すべてのData Mover上のすべてのIPインタフェースの表示
アクション
すべてのData Mover上のIPv4アドレスとIPv6アドレスを使用するすべてのインタフェースを表示するには、
次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig ALL -all
(例:
すべてのData Moverのすべてのインタフェースを表示するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig ALL -all
82
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
出力
server_2 :
el30 protocol=IP device=mge0
inet=128.221.252.2 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.252.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:d:30:b1 netname=localhost
el31 protocol=IP device=mge1
inet=128.221.253.2 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.253.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:d:30:b2 netname=localhost
loop6 protocol=IP6 device=loop
inet=::1 prefix=128
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
loop protocol=IP device=loop
inet=127.0.0.1 netmask=255.0.0.0 broadcast=127.255.255.255
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
cge0-new protocol=IP device=cge0
inet=172.24.104.10 netmask=255.255.255.255 broadcast=172.24.24.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
cge0_0000_ll protocol=IP6 device=cge0
inet=fe80::260:16ff:fe0c:205 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
server_3
el30 protocol=IP device=mge0
inet=128.221.252.3 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.252.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:b:b7:18 netname=localhost
el31 protocol=IP device=mge1
inet=128.221.253.3 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.253.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:b:b7:17 netname=localhost
loop6 protocol=IP6 device=loop
inet=::1 prefix=128
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
loop protocol=IP device=loop
inet=127.0.0.1 netmask=255.0.0.0 broadcast=127.255.255.255
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
すべてのData Mover上のすべてのIPv6インタフェースの表示
アクション
すべてのData Mover上のIPv6アドレスを使用するすべてのインタフェースを表示するには、次のコマンド
シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig ALL -all -ip6
注: -ip6フラグを使用してIPv6の構成を表示できます。
(例:
すべてのData MoverのすべてのIPv6インタフェースを表示するには、次のように入力します。
IPインタフェースの管理
83
管理
アクション
$ server_ifconfig ALL -all -ip6
出力
server_2 :
loop6 protocol=IP6 device=loop
inet=::1 prefix=128
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
cge0_int1 protocol=IP6 device=cge0
inet=3ffe:0:3c4d:15:435:200:300:ed20 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
cge0_0000_ll protocol=IP6 device=cge0
inet=fe80::260:16ff:fe0c:205 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:c:2:5
server_3
loop6 protocol=IP6 device=loop
inet=::1 prefix=128
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
Data Mover上のすべてのIPv4インタフェースの表示
アクション
Data Mover上のすべてのIPv4インタフェースを表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -all -ip4
ここで:
<mover_name> = Data Moverの名前
(例:
server_3のすべてのIPv4インタフェースを表示するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_3 -all -ip4
出力
server_3:
el30 protocol=IP device=mge0
inet=128.221.252.3 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.252.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:5:65:4a netname=localhost
el31 protocol=IP device=mge1
inet=128.221.253.3 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.253.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:5:65:4b netname=localhost
loop protocol=IP device=loop
inet=127.0.0.1 netmask=255.0.0.0 broadcast=127.255.255.255
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
84
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
ルーティングの管理
ルーティング テーブルの情報を管理するには、次の手順に従います。
●
スタティック ルーティング テーブル エントリーの追加(63ページ)
●
ルーティング テーブルからのIPv4ルート エントリーの削除(85ページ)
●
ルーティング テーブルのフラッシュ(87ページ)
●
すべてのルーティング テーブル エントリーの削除(88ページ)
●
RIPの無効化(88ページ)
●
RIPの有効化(91ページ)
ルーティング テーブルからのIPv4ルート エントリーの削除
VNX では非連続ネットワーク マスク、つまり1ビットの連続ストリームを持たないマスク
がサポートされていません。ネットワーク ルートでは0.0.0.0または255.255.255.255の
ネットマスクは無効です。デフォルトでは、ネットマスク255.255.255.255がホスト ルー
トに割り当てられます。
アクション
Data Moverのルーティング テーブル エントリーを完全に削除するには、次のコマンド シンタクスを使用し
ます。
$ server_route <movername> -delete [ host | net ] <dest> <gateway> [ <netmask> ]
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<dest> = 宛先のIPアドレス
<gateway> = ゲートウェイ マシンのIPアドレス
<netmask> = インタフェースのネットワーク マスク
host = 特定のホストに対するルーティング エントリー
net = 特定のネットワークに対するルーティング エントリー
(例:
server_2からルーティング テーブル エントリーを削除するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -delete host 172.24.105.20 172.24.101.254
255.255.255.255
出力
server_2 : done
ルーティングの管理
85
管理
ルーティング テーブルからのIPv6ルート エントリーの削除
ルーティング テーブルから1個以上のIPv6ルート エントリーを完全に削除します。ルー
ト エントリーには、指定された宛先(プレフィックス)またはデフォルトを使用できま
す。デフォルト ルートには、グローバル ユニキャストまたはリンク ローカルのいずれ
かのIPv6アドレスを使用できるゲートウェイが必要です。
ルーティング テーブルからのプレフィックス エントリーの削除
アクション
ルーティング テーブルからプレフィックス エントリーを削除するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_ip <movername> -route -delete <v6prefix>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<v6prefix> = グローバル ユニキャスト アドレスであるルート エントリーのIPv6プレフィックス
(例:
server_2のルーティング テーブルからプレフィックス エントリーを削除するには、次のコマンド シンタクスを
使用します。
$ server_ip server_2 -route -delete 2002:8c8:0:2314::/64
出力
OK
IPv6グローバル ユニキャスト アドレスを使用するデフォルト ゲートウェイのルーティング テーブルか
らの削除
アクション
IPv6グローバル ユニキャスト アドレスを使用するデフォルト ゲートウェイをルーティング テーブルから削
除するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -route -delete -default -gateway <v6gw>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<v6gw> = グローバル ユニキャスト アドレスまたはリンク ローカル アドレスであるデフォルト ルートのIPv6
ゲートウェイ(必須)
(例:
server_2のルーティング テーブルからIPv6グローバル ユニキャスト アドレスを使用するデフォルト ゲート
ウェイを削除するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
86
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
アクション
$ server_ip server_2 -route -delete -default -gateway 2002:8c8:0:2314::1
出力
OK
IPv6リンク ローカル アドレスを使用するデフォルト ゲートウェイのルーティング テーブルからの削除
アクション
ルーティング テーブルからIPv6リンク ローカル アドレスを使用したデフォルト ゲートウェイを削除するに
は、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -route -delete -default -gateway <v6gw> -interface <ifname>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前。
<v6gw> = グローバル ユニキャスト アドレスまたはリンク ローカル アドレスであるデフォルト ルートのIPv6
ゲートウェイ。
<if_name> = インタフェースの名前(オプション)。名前は1~63文字で構成され、a~z、A~Z、0~9、または
アンダースコア(_)を含めることができます。先頭または末尾にスペースは設定できません。
(例:
server_2のルーティング テーブルからIPv6リンク ローカル アドレスを使用したデフォルト ゲートウェイを削
除するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip server_2 -route -delete -default -gateway fe80::1 -interface cge1v6
出力
OK
ルーティング テーブルのフラッシュ
ルーティング テーブルから手動で構成されたルーティング エントリーをフラッシュして
も、システムで生成されたエントリーは削除されません。
アクション
Data Moverのルーティング テーブルから手動で構成されたルーティング エントリーを一時的にフラッシュ
するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_route <movername> -flush
ここで:
<movername> = ルーティング テーブルからエントリーをフラッシュする対象のData Mover
ルーティングの管理
87
管理
アクション
(例:
server_2からルーティング テーブルを一時的にフラッシュするには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -flush
出力
server_2 : done
ルーティング テーブルのフラッシュ後
スタティック ルーティングを使用している場合は、Data Moverが次に再起動されるまで
の間だけ、ルーティング テーブルからすべてのエントリーがクリアされます。RIPが有効
な場合、新しいRIPメッセージが処理されて、ルーティングされたデーモンがエントリー
を置き換えます。
すべてのルーティング テーブル エントリーの削除
ルーティング テーブルからすべての静的ルーティング テーブル エントリーを削除する
と、特定のData Moverのルーティング テーブルからすべての静的経路エントリーが完全
にフラッシュされ、再起動しても削除された状態が続きます。
アクション
Data Moverのルーティング テーブルからすべての静的ルーティング テーブル エントリーを完全に削除す
るには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_route <movername> -DeleteAll
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のすべてのスタティック ルーティング テーブル エントリーを削除するには、次のように入力します。
$ server_route server_2 -DeleteAll
出力
server_2 : done
RIPの無効化
デフォルトでは、すべてのインタフェースでRIPが有効化されています。特定のインタ
フェースのRIPを無効化できます。
88
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
RIPが許可されているインタフェースでは、インタフェース ルートおよび構成したデフォ
ルト ルートに従ってData Moverのルーティング テーブルにダイナミックRIPルートが追
加されます。
注: デフォルトではすべてのインタフェースでRIPが有効になっているため、server_rip server_2
statusコマンドでは、RIPが無効化されているインタフェースのみを表示します。
特定のインタフェースまたはすべてのData MoverのインタフェースでRIPを無効にするタ
スクは、次のとおりです。
●
インタフェースのRIPの無効化(89ページ)
●
インタフェースのRIPの無効化(90ページ)
インタフェースのRIPの無効化
アクション
Data MoverのインタフェースのRIPを無効化するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_rip <movername> noripin { <interface_name> [ ,... ]}
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<interface_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2でRIPを無効にするには、次のように入力します。
$ server_rip server_2 noripin cge0
出力
server_2 : done
インタフェースのRIPの無効状態の確認
アクション
Data MoverインタフェースのRIPステータスを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_rip <movername> status
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のRIPステータスを確認するには、次のように入力します。
$ server_rip server_2 status
ルーティングの管理
89
管理
出力
出力には、server_2のインタフェースcge0のRIPが無効であることが表示されます。
server_2 :
routed started, RIP processing is on
cge0 (10.172.128.239), ifp = 0xf6bd2274, disabled
インタフェースのRIPの無効化
アクション
すべてのData MoverでインタフェースのRIPを無効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_rip ALL noripin <interface_name> [ ,... ]
ここで:
<interface_name> = インタフェースの名前
(例:
すべてのData Moverでcge0およびcge1のRIPを無効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_rip ALL noripin cge0, cge1
出力
server_2 : done
server_3: done
すべてのインタフェースのRIPの無効状態の確認
アクション
すべてのData MoverでインタフェースのRIPステータスを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_rip ALL status
(例:
すべてのData MoverのRIPステータスを確認するには、次のように入力します。
$ server_rip ALL status
90
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
出力
出力には、すべてのData Moverのインタフェースcge0およびcge1のRIPが無効であることが表示されます。
server_2 :
routed started, RIP processing is on
cge0 (10.172.128.239), ifp = 0xf6bd2274, disabled
cge1 (10.172.128.240), ifp = 0xf6bd2274, disabled
server_3 :
routed started, RIP processing is on
cge0 (10.172.128.239), ifp = 0xf6bd2274, disabled
RIPの有効化
デフォルトでは、すべてのインタフェースでRIPが有効になっています。次に説明する手
順を使用して、無効化された後のRIPを有効にします。
特定のインタフェースまたはすべてのData MoverのインタフェースでRIPを有効にするタ
スクは、次のとおりです。
●
インタフェースのRIPの有効化(91ページ)
●
インタフェースのRIPの有効化(92ページ)
インタフェースのRIPの有効化
アクション
Data MoverのインタフェースのRIPを有効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_rip <movername> ripin { <interface_name> [ ,... ]}
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<interface_name> = インタフェースの名前
(例:
server_2でcge0のRIPを有効にするには、次のように入力します。
$ server_rip server_2 ripin cge0
出力
server_2 : done
インタフェースのRIPの有効状態の確認
アクション
Data MoverインタフェースのRIPステータスを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
ルーティングの管理
91
管理
アクション
$ server_rip <movername> status
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のRIPステータスを確認するには、次のように入力します。
$ server_rip server_2 status
出力
server_2 :
routed started, RIP processing is on
インタフェースのRIPの有効化
アクション
すべてのData MoverでインタフェースのRIPを有効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_rip ALL ripin { <interface_name> [ ,... ]}
ここで:
<interface_name> = インタフェースの名前
(例:
すべてのData Moverでcge0およびcge1のRIPを有効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_rip ALL ripin cge0, cge1
出力
server_2 : done
server_3: done
インタフェースのRIPの有効状態の確認
アクション
すべてのData MoverでインタフェースのRIPステータスを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_rip ALL status
(例:
すべてのData MoverのRIPステータスを確認するには、次のように入力します。
$ server_rip ALL status
92
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
出力
server_2 :
routed started, RIP processing is on
server_3 :
routed started, RIP processing is on
アドレス解決の管理
物理アドレスはnn:nn:nn:nn:nn:nnという形式のMACアドレスです。ここで、nnは1桁また
は2桁の16進数です。
ダイナミックARPエントリーは、アクティビティがない場合、約10分間ARPテーブル内に保
持されます。アクティビティがある場合、ダイナミックARPエントリーは5分後に更新を要
求します。
IPアドレスとMACアドレスの変換テーブルであるARPテーブルを管理できます。ARPを管理
するには、次のタスクの一部またはすべてを実行します。
●
ARPテーブル エントリーの表示(93ページ)
●
ARPテーブル エントリーの追加(94ページ)
●
ARPテーブル エントリーの削除(95ページ)
ARPテーブル エントリーの表示
server_arpコマンドを使用して、最大64個のARPエントリーを表示できます。
アクション
Data MoverのARPテーブルを表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_arp <movername> -all
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のARPテーブルを表示するには、次のように入力します。
$ server_arp server_2 -all
アドレス解決の管理
93
管理
出力
server_2 :
172.24.102.254 at 0:d0:3:f9:28:fc
172.24.103.120 at 8:0:20:a8:4f:2e
172.24.104.240 at 8:0:20:e9:1f:3f
172.24.101.222 at 0:c:29:4c:f:eb
128.221.252.100 at 0:2:b3:ea:e:11
128.221.253.100 at 0:2:b3:ea:e:11
ARPテーブル エントリーの追加
アクション
Data Moverのデフォルト ゲートウェイのIPアドレスにパーマネントARPテーブル エントリーを追加するには、
次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_arp <movername> -set <ip_addr> <physaddr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<ip_addr> = IPアドレス
<physaddr> = このIPアドレスに関連づける物理MACアドレス
(例:
server_2のデフォルト ゲートウェイのIPアドレスにARPテーブル エントリーを追加するには、次のように入力
します。
$ server_arp server_2 -set 172.24.101.254 0:d0:3:f9:37:fc
出力
server_2 : added: 172.24.101.254 at 0:d0:3:f9:37:fc
追加されたARPテーブル エントリーの確認
アクション
Data Moverに作成したARPテーブル エントリーを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_arp <movername> <ip_addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<ip_addr> = ゲートウェイのIPアドレス
(例:
server_2のARPテーブルを表示するには、次のように入力します。
94
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
アクション
$ server_arp server_2 172.24.101.254
出力
server_2 : 172.24.101.254 at 0:d0:3:f9:37:fc
ARPテーブル エントリーの削除
アクション
Data MoverのARPテーブル エントリーを削除するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_arp <movername> -delete <ip_addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<ip_addr> = 削除するエントリーのIPアドレス
(例:
server_2のARPエントリーを削除するには、次のように入力します。
$ server_arp server_2 -delete 172.24.101.254
出力
server_2 : deleted: 172.24.101.254 at 0:d0:3:f9:37:fc
ネイバー キャッシュの管理
ネイバー キャッシュは、IPv4のARP(アドレス解決プロトコル)と類似しています。これ
を使用して、IPv6アドレスとMACアドレスを解決します。
ネイバー キャッシュを管理するには、次のタスクの一部またはすべてを実行します。
●
ネイバー キャッシュの表示(96ページ)
●
ネイバー キャッシュへのエントリーの追加(98ページ)
●
ネイバー キャッシュからのエントリーの削除(99ページ)
●
すべてのネイバー キャッシュ エントリーのクリア(101ページ)
アドレス解決の管理
95
管理
ネイバー キャッシュの表示
ネイバー キャッシュを表示するには、次を参照してください。
●
ネイバー キャッシュ全体の表示(96ページ)
●
ネイバー キャッシュ内の特定のエントリーの表示(97ページ)
●
ネイバー キャッシュ内の特定のインタフェースの表示(97ページ)
ネイバー キャッシュ全体の表示
アクション
ネイバー キャッシュを表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -neighbor -list
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
例:
server_2のネイバー キャッシュを表示するには、次のように入力します。
$ server_ip server_2 -neighbor -list
出力
server_2:
Address
Link Layer Address Interface
Type State
fe80::204:23ff:fead:4fd4 0:4:23:ad:4f:d4 cge1_0000_ll host STALE
fe80::216:9cff:fe15:c00 0:16:9c:15:c:0
cge1_0000_ll router STALE
fe80::216:9cff:fe15:c00 0:16:9c:15:c:0
cge4_0000_ll router STALE
3ffe::1
0:16:9c:15:c:10 cge3_0000_ll host REACHABLE
ここで:
Address = ネイバーのIPv6アドレス
Link layer address = ネイバーのリンク レイヤー アドレス
Interface = ネイバーに接続しているインタフェースの名前
Type = ネイバーのタイプ。host(ホスト)またはrouter(ルータ)
State = REACHABLE(アクセス可能)、INCOMPLETE(未完了)、STALE(古い)、DELAY(遅延)、PROBE
(プローブ)など、ネイバー エントリーの状態
96
REACHABLE
ネイバーが最近アクセス可能になりました。
INCOMPLETE(未完
了)
アドレス解決が進行中です。
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
STALE
ネイバーがアクセスできなくなっています。
DELAY(遅延)
ネイバーにアクセスできません。アクセスの可能性を確認する上位レイヤー プロ
トコルを一時的に許可するため、プローブが遅延しています。
PROBE(プローブ)
ネイバーがアクセスできなくなっていて、アクセスの可能性を確認するためにユニ
キャストのネイバー要請プローブを送信中です。
ネイバー キャッシュ内の特定のエントリーの表示
アクション
ネイバー キャッシュ内の特定のエントリーを表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -neighbor -list <v6addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<v6addr> = グローバル ユニキャスト アドレス(必須)。
例:
server_2のネイバー キャッシュ内のfe80::216:9cff:fe15:c00を表示するには、次のように入力します。
$ server_ip server_2 -neighbor -list fe80::216:9cff:fe15:c00
出力
server_2:
Address
Link Layer Address Interface
fe80::216:9cff:fe15:c00 0:16:9c:15:c:0
cge1_0000_ll
Type State
router STALE
ネイバー キャッシュ内の特定のインタフェースの表示
アクション
ネイバー キャッシュ内の特定のインタフェースを表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -neighbor -list <v6addr> -interface <ifname>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<v6addr> = グローバル ユニキャスト アドレス(必須)。
<ifname> = インタフェースの名前(オプション)。名前は1~63文字で構成され、a~z、A~Z、0~9、またはア
ンダースコア(_)を含めることができます。先頭または末尾にスペースは設定できません。
例:
server_2のネイバー キャッシュ内のcge1_0000_llを表示するには、次のように入力します。
$ server_ip server_2 -neighbor -list fe80::216:9cff:fe15:c00 -interface cge1_0000_ll
ネイバー キャッシュの管理
97
管理
出力
server_2:
Address
Link Layer Address Interface
fe80::216:9cff:fe15:c00 0:16:9c:15:c:0
cge1_0000_ll
Type State
router STALE
ネイバー キャッシュへのエントリーの追加
ネイバー キャッシュにエントリーを追加するには、次を参照してください。
●
ネイバー キャッシュへのグローバル ユニキャスト アドレスの追加(98ページ)
●
ネイバー キャッシュへのリンク ローカル アドレスの追加(99ページ)
ネイバー キャッシュへのグローバル ユニキャスト アドレスの追加
アクション
ネイバー キャッシュにグローバル ユニキャスト アドレスを永久に追加するには、次のコマンド シンタクス
を使用します。
$ server_ip <movername> -neighbor –create <v6addr> -lladdr <macaddr> [ -interface <ifname> ]
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<v6addr> = グローバル ユニキャスト アドレス(必須)。
<macaddr> = ネイバー エントリーのリンク レイヤー アドレス(11~17文字、0~ffの16進数表記)(必須)。
<ifname> = インタフェースの名前(オプション)。名前は1~63文字で構成され、a~z、A~Z、0~9、またはア
ンダースコア(_)を含めることができます。先頭または末尾にスペースは設定できません。
(例:
server_2のネイバー キャッシュにグローバル ユニキャスト アドレスを永久に追加するには、次のように入
力します。
$ server_ip server_2 -neighbor -create 2002:8c8:0:2310::2 -lladdr 0:16:9c:15:c:15
出力
OK
ネイバー キャッシュを確認するには、 ネイバー キャッシュ全体の表示(96ページ) を
参照してください。
98
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
ネイバー キャッシュへのリンク ローカル アドレスの追加
アクション
ネイバー キャッシュにリンク ローカル アドレスを永久に追加するには、次のコマンド シンタクスを使用しま
す。
$ server_ip <movername> -neighbor –create <v6addr> -lladdr <macaddr> [ -interface <ifname> ]
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<v6addr> = リンク ローカル アドレス(必須)。
<macaddr> = ネイバー エントリーのリンク レイヤー アドレス(11~17文字、0~ffの16進数表記)(必須)。
<ifname> = インタフェースの名前(オプション)。名前は1~63文字で構成され、a~z、A~Z、0~9、またはア
ンダースコア(_)を含めることができます。先頭または末尾にスペースは設定できません。
(例:
server_2のネイバー キャッシュにリンク ローカル アドレスを永久に追加するには 、 次のように入力します。
$ server_ip server_2 -neighbor -create fe80::2 -lladdr 0:16:9c:15:c:12 -interface cge1v6
出力
OK
ネイバー キャッシュを確認するには、 ネイバー キャッシュ全体の表示(96ページ) を
参照してください。
ネイバー キャッシュからのエントリーの削除
ネイバー キャッシュからエントリーを削除するには、次を参照してください。
●
ネイバー キャッシュからのグローバル ユニキャスト アドレスの削除(99ページ)
●
ネイバー キャッシュからのリンク ローカル アドレスの削除(100ページ)
●
ネイバー キャッシュからのすべてのアドレスの削除(100ページ)
ネイバー キャッシュからのグローバル ユニキャスト アドレスの削除
アクション
ネイバー キャッシュからグローバル ユニキャスト アドレスを完全に削除するには、次のコマンド シンタク
スを使用します。
$ server_ip <movername> -neighbor -delete <v6addr>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
ネイバー キャッシュの管理
99
管理
アクション
<v6addr> = グローバル ユニキャスト アドレス(必須)
(例:
server_2のネイバー キャッシュからグローバル ユニキャスト アドレスを完全に削除するには、次のように
入力します。
$ server_ip server_2 -neighbor -delete 2002:8c8:0:2310:0:2:ac18:f401
出力
OK
ネイバー キャッシュを確認するには、 ネイバー キャッシュ全体の表示(96ページ) を
参照してください。
ネイバー キャッシュからのリンク ローカル アドレスの削除
アクション
ネイバー キャッシュからリンク ローカル アドレスを完全に削除するには、次のコマンド シンタクスを使用し
ます。
$ server_ip <movername> -neighbor -delete <v6addr> [ -interface <ifname> ]
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<v6addr> = リンク ローカル アドレス
<ifname> = インタフェースの名前(オプション)。名前は1~63文字で構成され、a~z、A~Z、0~9、またはア
ンダースコア(_)を含めることができます。先頭または末尾にスペースは設定できません。
(例:
server_2のネイバー キャッシュからリンク ローカル アドレスを完全に削除するには、次のように入力しま
す。
$ server_ip server_2 -neighbor -delete fe80::1 -interface cge1v6
出力
OK
ネイバー キャッシュを確認するには、 ネイバー キャッシュ全体の表示(96ページ) を
参照してください。
ネイバー キャッシュからのすべてのアドレスの削除
アクション
ネイバー キャッシュからすべてのアドレスを完全に削除するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
100
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
アクション
$ server_ip <movername> -neighbor -delete -all
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のネイバー キャッシュからすべてのアドレスを完全に削除するには、次のように入力します。
$ server_ip server_2 -neighbor -delete -all
出力
OK
ネイバー キャッシュを確認するには、 ネイバー キャッシュ全体の表示(96ページ) を
参照してください。
すべてのネイバー キャッシュ エントリーのクリア
アクション
ネイバー キャッシュからすべてのエントリーを完全に削除するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ip <movername> -neighbor -delete -all
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のネイバー キャッシュからすべてのエントリーを完全に削除するには、次のように入力します。
$ server_ip server_2 -neighbor -delete -all
出力
OK
ネイバー キャッシュを確認するには、 ネイバー キャッシュ全体の表示(96ページ) を
参照してください。
Packet Reflectの管理
Packet Reflectを使用すると、応答パケットが、常に、リクエスト パケットが通過した
インタフェースと同じインタフェースを経由して送信されるようになります。デフォルト
ではPacket Reflectは有効であり、各Data Moverのシステム パラメータ ファイルを変更
すると無効になります。
ネイバー キャッシュの管理
101
管理
server_paramコマンドの使用時には、パラメータ名とファシリティ名の大文字と小文字が
区別されるため、これらの名前の大文字と小文字が正しいことを確認してください。詳細
については、 Packet Reflect(19ページ) を参照してください。
アクション
Data MoverのPacket Reflectを無効にするには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_param <movername> -facility ip -modify reflect -value 0
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
(例:
server_2のreflectパラメータを無効にするには、次のように入力します。
$ server_param server_2 -facility ip -modify reflect -value 0
出力
server_2 : done
ネットワーク統計の表示
server_netstatコマンドを使用すると、プロトコルごとにネットワーク統計を表示できま
す。server_netstatコマンドでは、Data Moverのすべての情報を表示します。引数を指定
せずにserver_netstatコマンドを実行すると、アクティブなTCP接続が表示されます。
アクション
プロトコルごとにData Moverのネットワーク統計を表示するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_netstat <movername> -p <protocol>
ここで:
<movername> = Data Moverの名前
<protocol> = 指定したプロトコルに制限して表示するためのオプション
このコマンドでは、その他に次のオプションを使用できます。
-a = IP、ICMP、TCP、UDPのエンドポイントを表示する
-i = 物理デバイスの状態の概要を表示する
-r = ルーティング テーブルを表示する
-s = プロトコルごとの統計情報を表示する
(例:
server_2のIPの統計を表示するには、次のように入力します。
$ server_netstat server_2 -s -p ip
102
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
出力
ip:
***
1222024 total packets received
0 bad header checksums
0 with unknown protocol
0 fragments received
0 fragments dropped (dup or out of space)
0 fragments dropped after timeout
0 packets reassembled
2 packets forwarded
0 packets not forwardable
0 no routes
1222030 packets delivered
1157661 total packets sent
0 packets fragmented
0 packets not fragmentable
0 fragments created
Control Stationネットワークの変更
Control Stationのネットワークは、システムの初期化時に構成されます。ネットワーク
環境が変更された場合は、次の一部またはすべてのタスクを実行し、必要に応じてControl
Stationのネットワーク設定を変更します。
●
Unisphereの使用
●
nas_csコマンドの使用
●
Control Station構成ファイルの直接編集
Control StationのIPアドレスを変更する場合でも、同じネットワーク上に残すときは、
一体型モデルのSPのIPアドレスを変更する必要はありません。ただし、別のネットワーク
に変更する場合は、一体型モデルのControl Stationと同じ物理ネットワーク上になるよ
うに、SPのIPアドレスを変更する必要があります。clariion_mgmt -modify -networkコマ
ンドを使用して、SPのIPアドレスを更新します。同時に、変更したIPアドレスでファイル
および VNX データベースも更新されます。
Control Stationネットワークの変更に関するタスクは、次のとおりです。
●
Control StationのIPv4アドレスとネットワーク マスクの設定(103ページ)
●
Control StationのIPv4ゲートウェイの設定(104ページ)
●
Control Stationのホスト名の変更(105ページ)
●
TCPパフォーマンスの向上(108ページ)
Control StationのIPv4アドレスとネットワーク マスクの設定
1. rootとしてControl Stationにログインします。
Control Stationネットワークの変更
103
管理
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、IPv4アドレスおよびネットワーク マスクを変
更します。
# nas_cs -set -ip4address <ipv4_address> -ip4netmask <ipv4_netmask>
ここで:
<ipv4_address>
= 新しいIPv4アドレス
<ipv4_netmask>
= 新しいネットワーク マスク
注: ネットマスク値は「0.0.0.0」以外にする必要があります。
(例:
IPv4アドレスとネットワーク マスクを変更するには、次のように入力します。
# nas_cs -set -ip4address 172.24.101.255 -ip4netmask 255.255.255.0
出力:
OK
Control StationのIPv6アドレスとネットワーク マスクの設定
1. rootとしてControl Stationにログインします。
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、IPv6アドレスおよびネットワーク マスクを変
更します。
# nas_cs -set -ip6address <ipv6_address[/prefix_length]>
ここで:
= 新しいIPv6アドレスとプレフィックス長。 /prefix_length オプ
ションには、Control StationのIPv6アドレスのプレフィックス長として、8~128の整
数値を設定します。
<ipv6_address[prefix_length]>
(例:
IPv6アドレスとネットワーク マスクを変更するには、次のように入力します。
# nas_cs -set -ip6address 2002:ac18:af02:f4:20e:cff:fe6e:d524/64
出力:
OK
Control StationのIPv4ゲートウェイの設定
1. rootとしてControl Stationにログインします。
104
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、新しいIPv4ゲートウェイ アドレスを設定しま
す。
# nas_cs -set -ip4gateway <ipv4_gateway>
ここで:
<ipv4_gateway>
= 新しいIPv4ゲートウェイ アドレス
(例:
IPv4ゲートウェイ アドレスを変更するには、次のように入力します。
# nas_cs -set -ip4gateway 128.221.252.0
出力:
OK
Control StationのIPv6ゲートウェイの設定
1. rootとしてControl Stationにログインします。
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、新しいIPv6ゲートウェイ アドレスを設定しま
す。
# nas_cs -set -ip6gateway <ipv6_gateway>
ここで:
<ipv6_gateway>
= 新しいIPv6ゲートウェイ アドレス
(例:
IPv6ゲートウェイ アドレスを変更するには、次のように入力します。
# nas_cs -set -ip6gateway 2002:ac18:af02:f4:20e:cff:fe6e:d527
出力:
OK
Control Stationのホスト名の変更
Control Stationのホスト名はCLIを使用して変更できますが、他のタスクにUnisphereを
使用することを計画している場合、EMCではUnisphereを使用してホスト名を変更すること
を推奨します。
CLIを使用してControl Stationのホスト名を変更し、 VNX システムの管理にはUnisphere
を使用することを計画している場合は、必ずこの手順に従ってください。このようにし
ない場合は、Unisphereを使用してファイル システムを作成できません。
Control Stationネットワークの変更
105
管理
1. 新しいホスト名をDNSまたは VNX システムのいずれかに追加します。DNSに変更を加え
る場合は、DNSのマニュアルを確認してください。この手順は、 VNX システムでだけ
必要です。
rootとしてControl Stationにログインします。
2. 次のコマンドを実行して、現在の環境を確認します。
# hostname
出力:
Eng_1
3. ホスト名およびIDなどのControl Stationに関する情報を表示するには、次のように入
力します。
# nas_cel -list
出力:
id name owner mount_dev channel net_path CMU
0 Eng_1 0 172.24.101.100 APM04490091900
4. テキスト エディタで、/etc/hostsファイルを開きます。現在のホスト名のエントリー
を確認できます。新しいホスト名のエントリーを追加します。
たとえば、新しいホスト名cs100をファイルに追加します。
172.24.101.100 Eng_1.nasdocs.emc.com Eng_1
172.24.101.100 cs100.nasdocs.emc.com cs100
5. ファイルを保存して終了します。
6. Control Stationの新しいホスト名と古いホスト名にpingを実行するには、次のように
入力します。
# ping cs100
出力:
PING cs100.nasdocs.emc.com (172.24.101.100) from 172.24.101.100
: 56(84) bytes of data.
64 bytes from Eng_1.nasdocs.emc.com (172.24.101.100): icmp_seq=0
ttl=255 time=436 usec
# ping Eng_1
出力:
PING Eng_1.nasdocs.emc.com (172.24.101.100) from 172.24.101.100
: 56(84) bytes of data.
64 bytes from Eng_1.nasdocs.emc.com (172.24.101.100): icmp_seq=0
ttl=255 time=220 usec
7. 次のように入力して、Control Stationでホスト名を変更します。
# nas_cs -set -hostname cs100
8. 新しいホスト名を確認するには、次のように入力します。
106
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
# hostname
出力:
cs100
9. テキスト エディタを使用して、/etc/sysconfig/networkファイルでホスト名を新しい
ホスト名に変更します。再起動すると、ホスト名が永続的になります。
NETWORKING=yes
FORWARD_IPV4=false
GATEWAY=172.24.101.254
GATEWAYDEV=eth3
DOMAINNAME=nasdocs.emc.com
HOSTNAME=cs100
10. ファイルを保存して終了します。
11. DNSから古いホスト名を削除するか、またはテキスト エディタで/etc/hostsファイル
を開いて古いホスト名を削除します。
(例:
古いホスト名を削除すると、Control Stationのホスト名のエントリーであるcs100の
みがファイルに残ります。
172.24.101.100 cs100.nasdocs.emc.com cs100
12. ファイルを保存して終了します。
13. ローカルのホスト名を更新するには、次のように入力します。
# nas_cel -update id=0
出力:
id = 0
name = cs100
owner = 0
device =
channel =
net_path = 172.24.101.100
celerra_id = APM04490091900
14. Control Stationのホスト名を確認するには、次のように入力します。
# nas_cel -list
出力:
id name owner mount_dev channel net_path CMU
0 cs100 0 172.24.101.100 APM04490091900
15. ApacheのSSL証明書を変更するには、次のコマンドを実行します。
# /nas/sbin/nas_config -ssl
出力:
Control Stationネットワークの変更
107
管理
Installing a new SSL certificate requires restarting the Apache web server.
Do you want to proceed? [y/n]: y
New SSL certificate has been generated and installed successfully.
16. 次のように入力して、Javaサーバ プロセスを更新します。
# /nas/sbin/js_fresh_restart
TCPパフォーマンスの向上
Data Moverでは、データ消失時のネットワーク パフォーマンスを向上させるために、
NewReno、SACK、FACKアルゴリズムがデフォルトで有効になっています。tcp do_newreno
パラメータを使用すると、NewRenoアルゴリズムを無効にできます。同様に、tcp do_sack
パラメータを使用して、SACKおよびFACKアルゴリズムを無効にできます。詳細について
は、 TCPパフォーマンス(23ページ) を参照してください。
1. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data Moverのdo_newrenoパラメータを無効にし
ます。
$ server_param <movername> -facility tcp -modify do_newreno -value 0
ここで:
<movername>
= Data Moverの名前
(例:
server_2のdo_newrenoパラメータを無効にするには、次のように入力します。
$ server_param server_2 -facility tcp -modify do_newreno -value 0
注: パラメータとファシリティの名前は大文字と小文字が区別されます。
出力:
server_2 : done
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、Data Moverのdo_sackパラメータを無効にしま
す。
$ server_param <movername> -facility tcp -modify do_sack -value 0
ここで:
<movername>
= Data Moverの名前
(例:
server_2のdo_sackパラメータを無効にするには、次のように入力します。
$ server_param server_2 -facility tcp -modify do_sack -value 0
注: パラメータとファシリティの名前は大文字と小文字が区別されます。
108
VNXネットワークの構成と管理7.1
管理
出力:
server_2 : done
3. 次のコマンド シンタクスを使用して、do_newrenoおよびdo_sackが無効になっている
ことを確認します。
$ server_param <movername> -facility <facility_name> -list
ここで:
<movername>
<facility_name>
= Data Moverの名前
= ファシリティの名前
(例:
次のように入力して、do_newrenoおよびdo_sackが無効になっていることを確認しま
す。
$ server_param server_2 -facility tcp -list
出力:
server_2 :
name facility default current configured
do_newreno tcp 1 0 0
sndcwnd tcp 0 0
fastRTO tcp 0 0
ackpush tcp 0 0
do_sack tcp 1 0 0
backlog tcp 100 100
maxburst tcp 4 4
maxStreams tcp 65535 65535
TCPパフォーマンスの向上後
RFCおよび一連の処理に、次のようなTCP機能拡張が示されます。
●
TCP:RFC 793
●
NewReno:RFC 3782
●
SACK:RFC 2018およびRFC 2883
●
FACK:転送ACK: TCP輻輳制御の改善、SIGCOMM'96、1996年8月より進行
Control Stationネットワークの変更
109
管理
110
VNXネットワークの構成と管理7.1
第5章
トラブルシューティング
製品ラインのパフォーマンスと機能を継続的に改善および強化するため
の努力の一環として、EMCではハードウェアおよびソフトウェアの新規
バージョンを定期的にリリースしています。そのため、このドキュメン
トで説明されている機能の中には、現在お使いのソフトウェアまたはハー
ドウェアのバージョンによっては、サポートされていないものもありま
す。製品機能の最新情報については、お使いの製品のリリース ノートを
参照してください。
製品が正常に機能しない、またはこのドキュメントの説明どおりに動作
しない場合には、EMCカスタマー サポート担当者にお問い合わせくださ
い。
「VNXの問題解決ロードマップ」には、EMCオンライン サポート サイト
の使用および問題の解決の詳細が記載されています。
次のようなトピックが含まれています。
トピック :
●
●
●
●
●
EMC E-Lab Interoperability Navigator(112ページ)
一般的なネットワークの問題に対するヒント(112ページ)
ネットワーク インタフェースの問題に対するヒント(112ページ)
エラー メッセージ(113ページ)
EMCトレーニングおよびプロフェッショナル サービス(114ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
111
トラブルシューティング
EMC E-Lab Interoperability Navigator
EMC E-Lab™ Interoperability Navigator は検索可能なWebベースのアプリケーションで
す。このアプリケーションから、EMC相互運用性サポート マトリックスにアクセスできま
す。これは、EMCオンライン サポート サイト(http://Support.EMC.com)で入手できま
す。ログイン後、該当する[製品ごとのサポート]ページを探し、[ツール]を検索して
[E-Lab Interoperability Navigator]をクリックします。
一般的なネットワークの問題に対するヒント
●
すべてのNICおよびスイッチのリンク ライトをチェックする。
●
Data Mover、スイッチ、クライアントのすべてのインタフェースの速度設定および二
重設定をチェックする。
●
Data Moverとクライアントの次のようなインタフェース構成をチェックする。
•
IPアドレス
•
ネットマスク
•
ブロードキャスト アドレス
●
Data Moverからクライアントへのserver_pingコマンドを実行して接続をチェックす
る。このとき、名前解決の問題を避けるためにIPアドレスを使用する。クライアント
からData Moverへのpingを使用して、接続をチェックします。いずれか一方向のping
だけが成功し、他方向では成功しない場合は、ネットマスクの設定が適切でない可能
性があります。
●
IPアドレスがネットワークで使用中であることを示す、次のようなメッセージがない
か、server_logファイルをチェックする。1097151569: IP: 3: Duplicate IP address
172.24.101.37/0:3:47:30:e4:a9
●
Data Moverおよびクライアントが別のサブネット上に存在する場合には、Data Mover
とルータ間、クライアントとルータ間の接続をチェックする。
●
インタフェースにエラーが発生した場合は、server_netstat <movername> -iコマンド
の出力をチェックする。
●
ネットワーク ケーブルが適切に接続されているかチェックする。
●
EMCカスタマー サービスに問い合わせる。
ネットワーク インタフェースの問題に対するヒント
●
112
内部インタフェースへのアクセスが許可されていない場合に、server_ifconfig
<movername> <if_name> downコマンドを使用すると、次のエラー メッセージが表示さ
れます。
VNXネットワークの構成と管理7.1
トラブルシューティング
server_<x>: interface: invalid interface specified, you might be trying to disable one of the
internal interfaces.
●
物理デバイスが仮想デバイスによって使用されている場合に、インタフェースに新し
い名前を割り当てると、次のエラー メッセージが表示される。
No such device or address. Use the server_sysconfig command to ensure that the device is
present on the Data Mover, and try creating the interface again.
●
Data Moverが特定のSNMP要求への応答に失敗した場合は、次のエラー メッセージを受
信することがある。
LOG_SYSLOG: 3: M198 - Unsupported Version 2 in PDU, PDU ignored. Agent supports Version
1 only.
このエラー メッセージは、SNMP管理プラットフォームがSNMPエージェントよりも新しい
バージョンのSNMPを使用している場合に表示されます。SNMP管理プラットフォームをSNMP
バージョン1に変更します。
エラー メッセージ
すべてのイベント メッセージ、アラート メッセージ、ステータス メッセージには、問
題のトラブルシューティングに役立つ詳細情報と推奨されるアクションが提供されていま
す。
メッセージの詳細を表示するには、次のいずれかの方法を使用します。
●
Unisphereソフトウェア:
•
●
CLI:
•
●
nas_message -info <MessageID>と入力します。<MessageID>は、メッセージのID番
号です。
「Celerra Error Messages Guide」:
•
●
イベント、アラート、ステータス メッセージを右クリックして選択し、[イベント
の詳細]、[アラートの詳細]、[ステータスの詳細]を表示します。
このガイドで、それ以前のリリースのメッセージ形式でのメッセージに関する情報
を見つけます。
EMCオンライン サポート サイト:
•
EMCオンライン サポート サイトで、エラー メッセージの概要説明のテキストまた
はメッセージIDを使用してナレッジベースを検索してください。EMCオンライン サ
ポートログインした後、適切な[製品ごとのサポート]ページにアクセスし、エラー
メッセージを見つけます。
エラー メッセージ
113
トラブルシューティング
EMCトレーニングおよびプロフェッショナル サービス
EMCカスタマー エデュケーション コースは、インフラストラクチャに対する投資全体の
効果を最大限に高めるために、自社の環境内でEMCストレージ製品群を連携させる方法に
ついて学ぶのに役立ちます。EMCカスタマー エデュケーションの利点は、世界各国に設置
された便利な最新のラボで、オンライン トレーニングや実地トレーニングを受けられる
ことです。EMCカスタマー トレーニング コースは、EMCのエキスパートによって開発およ
び提供されています。コースおよび登録の情報については、EMCオンライン サポート サ
イト(http://Support.EMC.com)をご覧ください。
EMCプロフェッショナル サービスは、システムの効率的な導入を支援します。コンサルタ
ントがお客様のビジネス、ITプロセス、およびテクノロジーを評価し、所有する情報を最
大限に活かせる手法をお勧めします。ビジネス プランから導入まで、ITスタッフを酷使
したり新たな人材を採用したりせずに、必要な各種サポートを受けることができます。詳
細についてはEMCカスタマー サービス担当者にお問い合わせください。
114
VNXネットワークの構成と管理7.1
付録 A
Control StationにおけるLinux
サービス
ルート権限を持つ VNX Control Station Linux 7.2ユーザーは、システ
ム上で現在利用可能なサービスのchkconfigユーティリティを使用できま
す。
次のようなトピックが含まれています。
トピック :
●
●
●
●
●
Linuxサービスの一覧(116ページ)
Linuxサービスの開始(116ページ)
Linuxサービスの有効化(116ページ)
Linuxサービスの停止(117ページ)
Linuxサービスの無効化(117ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
115
Control StationにおけるLinuxサービス
Linuxサービスの一覧
アクション
現在の状態で使用できるLinuxサービスを一覧表示するには、次のように入力します。
# chkconfig --list
出力
出力されるサービス リストは、2個のパートに分かれています。
●
/etc/rc.d/init.dスクリプトによって制御されるサービス
●
Xinetdによって制御されるサービス
Linuxサービスの開始
アクション
ネットワーク サービスなどのinit.dサービスを開始するには、次のように入力します。
# chkconfig network on
# service network start
Linuxサービスの有効化
アクション
タイム サービスなどのxinetdサービスを有効にするには、次のように入力します。
# chkconfig time on
Linuxサービスの有効化後
他のサービスを有効にするには、chkconfigユーティリティを使用できます。chkconfigコ
マンドのmanページには、init.dサービスの特定の実行レベルを操作するための、レベル
スイッチの使用の詳細について説明されています。
116
VNXネットワークの構成と管理7.1
Control StationにおけるLinuxサービス
Linuxサービスの停止
アクション
ネットワーク サービスなどのinit.dサービスを停止するには、次のように入力します。
# chkconfig network off
# service network stop
Linuxサービスの無効化
アクション
タイム サービスなどのxinetdサービスを無効にするには、次のように入力します。
# chkconfig time off
サービスの無効化後
他のサービスを無効にするには、chkconfigユーティリティを使用できます。chkconfigコ
マンドのmanページには、init.dサービスの特定の実行レベルを操作するための、レベル
スイッチの使用の詳細について説明されています。
Linuxサービスの停止
117
Control StationにおけるLinuxサービス
118
VNXネットワークの構成と管理7.1
付録 B
スタンバイData Moverのサポー
トのためのVLAN
VLANタグ機能を使用して、1台のData Moverを複数のプライマリData
Moverのスタンバイにできます。各Data Moverは、単一または複数のス
イッチに接続できます。 VNX のVLANのいくつかのアプリケーションにつ
いては、次の項で説明します。
トピック :
●
●
単一のスイッチを使用したスタンバイData Moverの構成(120ペー
ジ)
マルチスイッチ環境でのスタンバイData Moverの構成(123ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
119
スタンバイData MoverのサポートのためのVLAN
単一のスイッチを使用したスタンバイData Moverの構成
図 1(120ページ) に示すように、単一のGigabitスイッチを使用してVLAN対応のスタンバ
イData Moverを構成できます。
図 1. 単一のスイッチを使用したスタンバイData Mover
1個のネットワーク上にだけ存在する物理デバイスの場合、 VNX IPインタフェースまたは
ネットワーク スイッチ(802.1Q)のいずれかで、VLANタグ機能を実現できます。
注: VLAN間の通信には、レイヤー3スイッチまたはルータのいずれかが必要です。
1. 次のコマンド シンタクスを使用して、各プライマリData Moverのインタフェースを構
成します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP <ipaddr>
<ipmask> <ipbroadcast>
ここで:
<movername>
<device_name>
= 割り当てるデバイスの名前
<if_name>
= 構成するインタフェースの名前
<ipaddr>
= デバイスに割り当てるIPアドレス
<ipmask>
= デバイスのサブネット アドレス
<ipbroadcast>
120
= インタフェースを構成するData Moverの名前
= デバイスのブロードキャスト アドレス
VNXネットワークの構成と管理7.1
スタンバイData MoverのサポートのためのVLAN
(例:
各プライマリData Moverに次のコマンドを入力して、server_2、server_3、server_4
のインタフェースを構成します。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device ace0 -name ace0
-protocol IP 192.168.41.230 255.255.255.0 192.168.41.255
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_2 -create -Device ace0 -name ace0
-protocol IP 192.168.42.234 255.255.255.0 192.168.42.255
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_2 -create -Device ace1 -name ace1
-protocol IP 192.168.43.250 255.255.255.0 192.168.43.255
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_3 -create -Device ace0 -name ace0
-protocol IP 192.168.44.251 255.255.255.0 192.168.44.255
出力:
server_3: done
$ server_ifconfig server_3 -create -Device ace1 -name ace1
-protocol IP 192.168.52.244 255.255.255.0 192.168.52.255
出力:
server_3: done
$ server_ifconfig server_4 -create -Device ace0 -name ace0
-protocol IP 192.168.62.249 255.255.255.0 192.168.62.255
出力:
server_4: done
$ server_ifconfig server_4 -create -Device ace1 -name ace1
-protocol IP 192.168.88.112 255.255.255.0 192.168.88.255
出力:
server_4: done
2. VLANトラフィックを処理するには、次のコマンド シンタクスを使用してプライマリ
Data Moverインタフェースを設定します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> vlan= <vlanID>
単一のスイッチを使用したスタンバイData Moverの構成
121
スタンバイData MoverのサポートのためのVLAN
ここで:
<movername>
<if_name>
<vlanID>
= インタフェースが存在するData Moverの名前
= VLAN IDを変更するインタフェースの名前
= VLAN ID 0(デフォルトは、VLANタグ機能なし)~4094
(例:
各プライマリData Moverに次のコマンドを入力して、VLANトラフィックが処理される
ようにserver_2、server_3、server_4を設定します。
$ server_ifconfig server_2 ace0 vlan=41
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_2 ace0 vlan=42
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_2 ace1 vlan=43
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_3 ace0 vlan=44
出力:
server_3: done
$ server_ifconfig server_3 ace1 vlan=52
出力:
server_3: done
$ server_ifconfig server_4 ace0 vlan=62
出力:
server_4: done
$ server_ifconfig server_4 ace1 vlan=88
出力:
server_4: done
3. 次のコマンド シンタクスを使用して、各プライマリData Moverのスタンバイを構成し
ます。
$ server_standby <movername> -create mover= <source_movername> -policy <policy_type>
ここで:
<movername>
= インタフェースが存在するData Moverの名前
<source_movername>
122
= スタンバイとして構成するData Moverの名前
VNXネットワークの構成と管理7.1
スタンバイData MoverのサポートのためのVLAN
<policy_type>
= エラーが検出された場合に適用するポリシーのオプション(auto、retry、
manual)
(例:
次のコマンドを入力して、server_2、server_3、server_4のスタンバイData Moverと
してserver_5を構成します。
$ server_standby server_2 -create mover=server_5 -policy auto
出力:
server_2 : server_5 is rebooting as standby
$ server_standby server_3 -create mover=server_5 -policy auto
出力:
server_3 : server_5 is rebooting as standby
$ server_standby server_4 -create mover=server_5 -policy auto
出力:
server_3 : server_5 is rebooting as standby
マルチスイッチ環境でのスタンバイData Moverの構成
マルチスイッチ環境にある複数のプライマリData Moverの1台に、フェイルオーバー機能
を提供するスタンバイData Moverを構成できます。 図 2(123ページ) に示すように、マ
ルチスイッチ環境にあるスイッチ間リンクで適切なVLAN IDが渡されることを確認します。
図 2. マルチスイッチ環境でのスタンバイData Mover
注: VLAN間の通信には、レイヤー3スイッチまたはルータのいずれかが必要です。
マルチスイッチ環境でのスタンバイData Moverの構成
123
スタンバイData MoverのサポートのためのVLAN
1. 次のコマンド シンタクスを使用して、各プライマリData Moverのインタフェースを構
成します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP <ipaddr>
<ipmask> <ipbroadcast>
ここで:
<movername>
= Data Moverの名前
= 割り当てるデバイスの名前
<device_name>
<if_name>
= 構成するインタフェースの名前
<ipaddr>
= デバイスに割り当てるIPアドレス
<ipmask>
= デバイスのサブネット アドレス
<ipbroadcast>
= デバイスのブロードキャスト アドレス
(例:
次のコマンドを入力して、server_2、server_3、server_4のインタフェースを構成し
ます。
$ server_ifconfig server_2 -create -Device ace0 -name ace0
-protocol IP 192.168.62.14 255.255.255.0 192.168.62.255
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_2 -create -Device ace1 -name ace1
-protocol IP 192.168.62.15 255.255.255.0 192.168.62.255
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_2 -create -Device ace0 -name ace0
-protocol IP 192.168.63.248 255.255.255.0 192.168.63.25
出力:
server_3: done
$ server_ifconfig server_3 -create -Device ace1 -name ace1
-protocol IP 192.168.63.250 255.255.255.0 192.168.63.255
出力:
server_3: done
$ server_ifconfig server_3 -create -Device ace0 -name ace0
-protocol IP 192.168.85.22 255.255.255.0 192.168.85.255
出力:
server_4: done
124
VNXネットワークの構成と管理7.1
スタンバイData MoverのサポートのためのVLAN
$ server_ifconfig server_4 -create -Device ace1 -name ace1
-protocol IP 192.168.85.45 255.255.255.0 192.168.85.255
出力:
server_4: done
2. VLANトラフィックを処理するには、次のコマンド シンタクスを使用してData Moverイ
ンタフェースを設定します。
$ server_ifconfig <movername> <if_name> vlan= <vlanID>
ここで:
<movername>
<if_name>
<vlanID>
= インタフェースが存在するData Moverの名前
= VLAN IDを変更するインタフェースの名前
= VLAN ID 0(デフォルトは、VLANタグ機能なし)~4094
(例:
各Data Moverに次のコマンドを入力して、VLANトラフィックが処理されるように
server_2、server_3、server_4を設定します。
$ server_ifconfig server_2 ace0 vlan=2
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_2 ace1 vlan=2
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_3 ace0 vlan=3
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_3 ace1 vlan=3
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_4 ace0 vlan=5
出力:
server_2: done
$ server_ifconfig server_4 ace1 vlan=5
出力:
server_2: done
3. 次のコマンド シンタクスを使用して、各プライマリData Moverを設定します。
$ server_standby <movername> mover= <source_movername> -policy <policy_type>
マルチスイッチ環境でのスタンバイData Moverの構成
125
スタンバイData MoverのサポートのためのVLAN
ここで:
<movername>
= インタフェースが存在するData Moverの名前
<source_movername>
<policy_type>
= スタンバイとして構成するData Moverの名前
= エラーが検出された場合に適用するポリシーのオプション(auto、retry、
manual)
(例:
各プライマリData Moverに次のコマンドを入力して、server_2、server_3、server_4
のスタンバイData Moverとしてserver_5を構成します。
$ server_standby server_2 mover=server_5 -policy auto
出力:
server_2 : server_5 is rebooting as standby
$ server_standby server_3 mover=server_5 -policy auto
出力:
server_3 : server_5 is rebooting as standby
$ server_standby server_4 mover=server_5 -policy auto
出力:
server_4 : server_5 is rebooting as standby
126
VNXネットワークの構成と管理7.1
付録 C
VLANのスイッチ固有のガイドラ
イン
IEEE 802.1Qカプセル化をサポートする複数のベンダー固有ネットワーク
スイッチの構成について、次の項にガイドラインを示しています。
注: 詳細な構成手順と注意事項については、必ず各スイッチのベンダー固有の
ドキュメントを参照してください。
次のようなトピックが含まれています。
トピック :
●
●
●
Alteon 180スイッチでのVLANの構成(128ページ)
スイッチでのVLANタグ機能の構成(128ページ)
VNX IPインタフェースでのVLANタグ機能の構成(129ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
127
VLANのスイッチ固有のガイドライン
Alteon 180スイッチでのVLANの構成
Alteon 180スイッチでのVLANタグ機能の構成のガイドラインについては、 表 4(128ペー
ジ) を参照してください。
表 4. 802.1Qカプセル化を使用したAlteon 180スイッチでのVLANの設定(Alteon 180コード バージョン: 5.2.13)
構成手順
メニュー コマンド
1. VLANに1つ以上のスイッチ ポートを割り [Configure]メニューでVLANコマンドを使
当てます。
用して、必要なVLANを作成する。ポートを
追加する。
2. ポートのVLANメンバーシップ、二重モー Configure、VLAN、Current、/、Configure、
ド、速度を確認します。
Port。
3. ポートをタグに設定します。
Configure、Port、Tag。
4. タグ機能の構成、ポート速度、二重モー Configure、Port、Current。
ドを確認します。
スイッチでのVLANタグ機能の構成
Cisco 4000、5000、または6000シリーズのスイッチでの802.1Qを使用したVLAN設定(Cisco
Catalyst 6509 NmpSW 7.3(2))に、スイッチでVLANタグ機能(ポートベースのタグ機
能)を構成するためのガイドラインを示します。
1. 次のコマンド シンタクスを使用して、1個以上のスイッチ ポートをVLANに割り当てま
す。
set vlan vlan_num mod_num/port_num
(例:
set vlan 560 4/10
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、ポートのVLANメンバーシップ、二重モード、速
度を確認します。
show vlan [ vlan_num ]
(例:
show vlan 560
または
show port [mod_num[/port_num]]
(例:
show port 4/10
128
VNXネットワークの構成と管理7.1
VLANのスイッチ固有のガイドライン
VNX IPインタフェースでのVLANタグ機能の構成
Cisco 4000、5000、または6000シリーズのスイッチでの802.1Qを使用したVLAN設定(Cisco
Catalyst 6509 NmpSW 7.3(2)のコード バージョンが802.1Qをサポートしている必要が
あります)に、 VNX IPインタフェースでVLANタグ機能を構成するためのガイドラインを
示します。
1. 次のコマンド シンタクスを使用して、8021.Qトランクを構成します。
set trunk mod_num/port_num [ on ] dot1q
注: Ciscoのset trunkコマンドは、802.1Q VLANを有効にします。このコマンドは、Ethernet
チャネルとリンク統合の構成に使用される VNX trk(trunk)オプションとは異なります。
(例:
set trunk 2/9 on dot1q
2. 次のコマンド シンタクスを使用して、トランキング構成を確認します。
show trunk [ mod_num/port_num ]
(例:
show trunk 2/9
VNX IPインタフェースでのVLANタグ機能の構成
129
VLANのスイッチ固有のガイドライン
130
VNXネットワークの構成と管理7.1
付録 D
リンク ローカル アドレスの構成
ネットワーク構成で一意なリンク ローカル アドレスを必要とする場合
は手動で構成することができます。リンク ローカル アドレスは常に、
プレフィックスfe80で始まります。このアドレスは一意でなければなら
ず、そうでない場合はエラー メッセージが表示されます。
トピック :
●
リンク ローカル アドレスの構成(132ページ)
VNXネットワークの構成と管理7.1
131
リンク ローカル アドレスの構成
リンク ローカル アドレスの構成
アクション
ネットワーク デバイスにリンク ローカル アドレスを作成するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -create -Device <device_name> -name <if_name> -protocol IP6 <link_lo
cal_addr>
ここで:
<movername> = デバイスが配置されているData Moverの名前
<device_name> = ネットワーク デバイスの名前
<if_name> = このコマンドで作成するインタフェースの名前
<link_local_addr> = インタフェースのIPアドレス
(例:
server_3でIPv6アドレスを使用するデバイスcge1のリンク ローカル アドレスを構成するには、次のように入
力します。
$ server_ifconfig server_3 -create -Device cge1 -name cge1_link_local -protocol IP6 fe80::260:16ff:fe0b:1234
出力
server_3 : done
リンク ローカル アドレスの確認
アクション
リンク ローカル アドレスが正しいことを確認するには、次のコマンド シンタクスを使用します。
$ server_ifconfig <movername> -all -ip6
ここで:
<movername> = インタフェースを確認するData Moverの名前
(例:
構成したリンク ローカル アドレスが正しいことを確認します。server_3のcge1インタフェースの設定を確認
するには、次のように入力します。
$ server_ifconfig server_3 -all -ip6
132
VNXネットワークの構成と管理7.1
リンク ローカル アドレスの構成
出力
server_3:
el30 protocol=IP device=mge0
inet=128.221.252.3 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.252.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:b:b7:18 netname=localhost
el31 protocol=IP device=mge1
inet=128.221.253.3 netmask=255.255.255.0 broadcast=128.221.253.255
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:b:b7:17 netname=localhost
loop6 protocol=IP6 device=loop
inet=::1 prefix=128
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
loop protocol=IP device=loop
inet=127.0.0.1 netmask=255.0.0.0 broadcast=127.255.255.255
UP, Loopback, mtu=32768, vlan=0, macaddr=0:0:0:0:0:0 netname=localhost
cge1_link_local protocol=IP6 device=cge1
inet=fe80::260:16ff:fe0b:1234 prefix=64
UP, Ethernet, mtu=1500, vlan=0, macaddr=0:60:16:b:ed:89
終了後
リンク ローカル アドレスの構成後、グローバル アドレスを構成した場合、他のリンク
ローカル アドレスは自動的に作成されません。グローバル アドレスの構成方法について
は、 IPv6インタフェースの構成(41ページ) を参照してください。
リンク ローカル アドレスの構成
133
リンク ローカル アドレスの構成
134
VNXネットワークの構成と管理7.1
用語集
A
ARP(Address Resolution Protocol)
IPアドレスからMACアドレスへ変換するプロトコル。
D
device(デバイス)
デバイスには物理(ポート)と仮想の2種類があります。
仮想デバイス も参照してください。
F
Fast Ethernet
100 Mb/秒の速度のEthernet仕様の総称。IEEE 802.3u規格に基づいています。
I
ICMP(Internet Control Message Protocol)
エラーを報告し、IPパケット処理に関連する制御情報を提供するインターネット プロトコ
ル。
IPインタフェース
物理デバイス(ポート)または仮想デバイス(物理デバイスの組み合わせ)を表す名前付き
論理エンティティ。デバイスにIPアドレスを割り当てるために使用されます。単一のデバイ
スに対して複数のIPインタフェースが関連づけられている場合があります。
L
-link
ネットワーク上のシステム間のアクティブなデータ接続。2つ以上のポート間での接続のこと
も指します。
VNXネットワークの構成と管理7.1
135
用語集
M
MTU(最大転送単位)
ネットワーク経由で転送されるフレームの最大サイズ。MTUより長いメッセージは、MTUより
も小さいフレームに分割する必要があります。レイヤー3プロトコル(IP、IPXなど)は、レ
イヤー2プロトコル(Ethernetなど)からMTUを抽出し、メッセージをそのフレーム サイズに
断片化して、さらに下位のレイヤーで転送に使用できるようにします。
O
OpenLDAPOpenLDAP
LDAPベース ディレクトリ サービスのオープン ソースでの実装。
P
port
ネットワークへの物理的な接続ポイント、またはトランスポート レイヤーで、ホスト間の仮
想回路を追跡するために使用する番号。
R
Routing Information Protocol(RIP)
1つの組織内でルートを作成するために最適化されたルーティング プロトコル(内部ゲート
ウェイ プロトコル)。RIPは、距離ベクトル型のプロトコルで、ホップ カウント(最大15)
をメトリックとして使用します。RIP-1では更新でマスクを送信しません。RIP-2では更新で
マスクを送信します。
T
Transmission Control Protocol(TCP)
信頼できるデータ転送を提供する、接続指向のトランスポート プロトコル。
U
UDP(User Datagram Protocol)
TCP/IPスタックにおけるコネクションレス型のトランスポート プロトコル。受信確認や配信
保証なしに、データグラムを交換できます。
い
インターネット プロトコル(IP)
OSI(Open Systems Interconnection)参照モデルの一部であるネットワーク レイヤー プロ
トコル。IPにより、論理アドレス指定とエンド ツー エンドのサービス提供を実現できます。
インターネット プロトコル アドレス(IPアドレス)
任意のTCP/IPネットワーク上のデバイスを一意に識別するアドレス。各アドレスは、ピリオ
ドで区切られた10進数値として表される、4つのオクテット(32ビット)で構成されます。ア
ドレスは、ネットワーク番号、オプションのサブ ネットワーク番号、ホスト番号で構成され
ます。
136
VNXネットワークの構成と管理7.1
用語集
か
仮想デバイス
単一のMACアドレスで定義された、複数の物理デバイスの組み合わせ。
仮想ローカル エリア ネットワーク(VLAN)
物理的には異なるネットワーク セグメントに存在するが、同じネットワーク セグメントに
存在するかのように通信を行うデバイスのグループ。VLANは管理ソフトウェアによって構成
されます。物理接続と比較して管理面での柔軟性を高めることができるように、論理接続を
ベースとします。
可変長サブネット マスク(VLSM)
さまざまなサブネット上にある同じネットワークに対して異なるサブネット マスクを指定す
るための手段。VLSMを使用すると、IPアドレス空間を最大限に使用できます。
き
ギガビットEthernet
1000 Mb/秒の速度のEthernet仕様の総称。IEEE 802.3zではファイバおよびケーブル経由のギ
ガビットEthernetを定義しており、1000Base-X(1000Base-SXショートウェーブ、1000Base-LX
ロングウェーブ)と1000Base-CXシールド付き銅線ケーブルの物理メディア標準規格が含まれ
ています。非シールド ツイストペア(1000Base-T)を使用したギガビットEthernetについて
は、IEEE 802.3abで定義されています。
け
ゲートウェイ
複数の システム に直接(直接接続)またはファイバ チャネル スイッチ(ファブリック接
続)で接続することが可能な VNX for File 。
ゲートウェイ アドレス
ネットワーク トラフィックをルーティングするゲートウェイ マシンのホストまたはIPアド
レス。
さ
サブネット
IPアドレスおよびサブネット マスクで識別され、大規模なIPネットワークの一部に相当する
任意のネットワーク。
サブネット マスク
IP内で使用される32ビットのアドレス マスク。IPアドレスのビットのうち、どのビットがサ
ブネット アドレスに使用されるかを識別します。
し
ジャンボ フレーム
EthernetフレームのMTU(最大転送単位)をIEEEの規格である1500バイトから、9000バイトを
上限として変更します。ジャンボ フレームは、任意の組み合わせのEthernetデバイスから送
受信されるパケットが、レイヤー2での断片化または再構築を行わずに処理できる場合にの
み、使用されます。
VNXネットワークの構成と管理7.1
137
用語集
ね
ネットワーク インタフェース カード(NIC)
コンピュータ システムと相互にやり取りするネットワーク通信機能を提供する回路基板。
ふ
フレーム タグ機能
フレームが属するVLAN(仮想ローカル エリア ネットワーク)を受信デバイスが識別できる
ように、フレームに追加される情報。フレーム タグ機能の標準は、IEEE 802.3qです。
ブロードキャスト
ローカル ネットワーク セグメントのすべてのノードに送信されるデータ フレームまたはパ
ケット。
ま
マルチキャスト
1つの送信側から複数の受信側への通信。マルチキャスト メッセージは定義済みのネットワー
ク アドレスのサブセットに送信されます。
め
メディア アクセス制御(MAC)アドレス
すべての物理デバイス(ポート)または仮想デバイスがネットワーク セグメントに接続する
ために必要とするデータ リンク ハードウェア アドレス。これらのアドレスは論理デバイス
の特定のためネットワーク デバイスによって使用されます。
138
VNXネットワークの構成と管理7.1
索引
chkconfig、Control Station Linuxサービス 116
Control Station
chkconfigコマンド 116
linuxconf 103
IPv4サポート 29
IPv6アドレス指定 24
IPv6サポート 29
IPインタフェース
VLANタグ機能の変更 73
構成 36, 38, 40
削除 71
速度と全二重/半二重 112
デバイスの複数のインタフェース 38, 40
パラメータの変更 71
有効化
RIP処理 91
IPインタフェース、削除 72
D
L
DAD(重複アドレス検出) 28
Data Mover
ARPテーブルの表示 93
RIP処理の無効化 65
VLANを使用したスタンバイの構成 21
接続の確認
server_ping 54
複数のIPインタフェースの作成 38, 40
linuxconf、Control Stationネットワーク設定の
変更 103
A
ARPテーブル
表示 93
物理アドレス
MACアドレス 93
C
M
EMC E-Lab Navigator 112
MACアドレス
ARPテーブル用 93
MTU
制限
ジャンボ フレーム 53
定義 52
デフォルト 52
F
N
FACKアルゴリズム 23
FACK(転送ACK)アルゴリズム 23
NewRenoアルゴリズム 23
E
P
I
IEEE802.1Q 21
Packet Reflect
param ip reflect 102
VNXネットワークの構成と管理7.1
139
索引
Packet Reflect(続く)
VLANでの使用 20
高可用性デバイス 21
複数のデフォルト ルート 20
ルーティング 19
R
RIP
IPインタフェースでの処理の有効化 91
処理ステータス 64
処理の無効化
Data Moverでの 65
ルーティングされたデーモン 18
ルーティング テーブルのフラッシュ 88
S
SACKアルゴリズム 23
SACK(選択的ACK)アルゴリズム 23
server_arp
ARPテーブルの表示 93
server_ifconfig
IPインタフェースの構成 36, 38, 40
IPインタフェースの削除 71
VLANタグ機能の変更 73
server_netstat
IPインタフェース エラー 112
ネットワーク統計の表示 102
server_ping、Data Moverの接続の確認 112
server_rip
RIPステータスの表示 64
処理の有効化 91
server_route
すべての静的経路の削除 88
デフォルト ルート、追加 61
ルーティング テーブル エントリー、追加 63
ルーティング テーブル エントリーの削除 85
server_setup、RIP処理の無効化 65
SNMPトラップ 70
T
TCPパフォーマンス
FACKアルゴリズム 23
NewRenoアルゴリズム 23
SACKアルゴリズム 23
損失の大きいネットワークでの改善 23
V
VLAN(仮想ローカル エリア ネットワーク) 12,
21, 22, 73, 123
140
VNXネットワークの構成と管理7.1
VLAN(仮想ローカル エリア ネットワーク)(続
く)
IPインタフェースのタグの変更 73
スイッチ構成 22
スタンバイData Moverの構成 21
ファイル システムのエクスポート 12
フェイルオーバー、~を使用した 123
フレーム タグ機能 22
プロトコル 21
VLSM(可変長サブネット マスク)
使用 18
あ
アドレス解決
ARPテーブル 93
アドレス指定
IPv6 24
アドレスのタイプ
ユニキャスト 26
リンク ローカル 26
え
エラー メッセージ 113
か
確認
Data Moverの接続 54
仮想デバイス
索引
仮想デバイス(続く)
IPインタフェースの構成 35
き
ファイル システム(続く)
イベント 70
フェイルオーバー、VLANを使用した 123
プレフィックス 26
近隣探索プロセス 26
ほ
す
ポート ステータス 32
スタンバイData Mover、VLAN 21
め
せ
メッセージ、エラー 113
静的ルーティング 18
ゆ
た
ユニキャスト アドレス 26
ダイナミック ルーティング 18
り
ち
リンク ローカル アドレス 26
自動作成 26
手動構成 26
デフォルトのリンク ローカル インタフェー
ス 26
直接接続のルーティング 18
て
デバイス サポート:IPv4とIPv6 44
デバイスのサポート
IPv4とIPv6 29
デフォルトのリンク ローカル インタフェース 26
と
トラブルシューティング 111
ね
ネットワーク デバイス
IPインタフェース 18
監視 70
タイプ 17
名前のプレフィックス
デフォルト名 17
ネットワーク
VLAN(仮想ローカル エリア ネットワーク)
21
統計、表示 102
る
ルータ構成 28
ルーティング
Packet Reflect 19
自動デフォルト ルータ構成 28
静的 18
ダイナミック 18
直接接続 18
ルーティングされたデーモン
定義 18
ルーティング テーブル 18
ルーティング テーブル
RIP 18
RIPおよびテーブルのフラッシュ 88
エントリーの削除 85
エントリーの追加 63
すべての静的経路の削除 88
定義
使用時 18
ルーティングされたデーモン 18
ふ
ファイル システム
VNXネットワークの構成と管理7.1
141
索引
142
VNXネットワークの構成と管理7.1
Fly UP