...

US Bi。Tek スタンダードー フードーパネル ( 日本 )= ーgG

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

US Bi。Tek スタンダードー フードーパネル ( 日本 )= ーgG
スタンダー ド・フー ド ロパネル
壕
罐警
:US
BIOTek
=A B CIR A T゛ =:eS
( 日本 ): lgG
全 レポ ー ト
13500 Linden Ave North Seattle, Washington 98133 USA
担 当機 関名
被験者名
受入番号
性別
誕生 日 1978-12-30
採血 日 2013-10-30
:
:
lgG聟
:
:
:
乳製 品
● l m m欝
肉
牛
0 J
骰 ‐
1事
鶏 輻
卵白
ラム
豚
V壼
曇曇 麟箇灘 隧盪
│ │‐ │
│ 1酬
│ │■
‐
カゼイ ン
チ ェダーチーズ
疵
カッテージチーズ
│
卵黄
◎ US BioTek Laboratorics
検体受領 日:2013-11-04 検査完 了 日12013-11-1l CLIA#:50D0965661
:
牛乳
笙││
ホエイ
(乳 清
)
魃
魃
│
指定 されない限 り
牛由来
黎
縦 ‖
な
は
儘
縛 VI
‥
│
│1淵
│
│
│
=■
Ⅷ
ヨーグル ト
lll l
っ了一■
■m鰊羹蓼翁珈輻
計 趾翡佛餡訂
,
シーフー ド
フル ー ツ
夢
暑燈 朦蠍磯 鸞
F
畿
朦
0 1 M
Vi
リン ゴ
あわ び
アボ カ ド
ハマ グ リ
バナナ
タラ
網 メロ ン
カニ
チ ェ リー
イカ
ココナ ッツ
カキ
)
バ ラフエ ダイ
グ レー プフルーツ
サケ
キ ウイ
ホ タテガイ
レモ ン
シーバス
赤 ブ ドウ
(ミ ックス
鼈麟鸞
頸
マ ンゴー
エビ
オ レンジ
マグロ
パパ イヤ
モモ
ス パ イス
パ イナ ップル
O i
いち ご
スイカ
漑 鵞鸞饉 隧繹
VV:
カ レーパ ウダー
しょっが
マス ター ド
黒胡椒
チリ
(カ イ エ ン
)
バニ ラ
反 応 ク ラス
41彙
露
非 常 に低 い
11
111
低い
中程 度
揚
性のある食物の場合には 2度 目の曝露 によって死亡 につながる恐れがあ ります。
この検査 はアナフィラクシーを特定するものではあ りません。 igE抗 体反応 が低 い場合 でも、アナフィラクシーを起 こす可台ヒ
この検査 は診断を 目的 とするものではあ りません。また、ほ療 関係者の指導 および治療に代わるものでもあ りません
1,2.3,4)抗
USバ イオテ ック研究所の特許ELl駄分析 は lgG(下 位分類
体および lgE抗 体の半定量的検査です。
「無反応」か ら「高反応」 までの区分 は分光光度分析 によって判定 され、 lgGli体 、または、 lgE抗 体 、または、 lgG/lgE両 方 の抗体の レベルを表 しています。
USバ イオテ ック研究所 は、この検査 の性 能 特性 を開発 し決定 しています。この検査はFDAの 審査 を得たものではあ りません
lgG抗 体 は遅延型の過敏反応 に関連 し得 るものであ り、 lgE杭 体 は即時型 の過 敏反応 に関連 し得 るものです。
.
.
│
ス タンダー ド ロフー ド・パネル
蛉警
辣
:US BiOTek
A10 R Itt S
薫 A鰺
0象
( 日本 ): lgG
全 レポ ー ト
13500 Linden Ave North Seattle. Washington 98133 USA
担 当機 関名
被験者名
受入番号
性別
誕生 日 1978-12-30
採血 日 2013-10-30
:
:
lgG鱚
:
:
:
検 体 受 領 日 :2013-11-04
:
CLIA#:50D0965661
検 査 完 了 日 :2013-11-‖
ナ ッツ ・穀物
[蓬
野菜
麟隆鸞 辣
繹
0 ,
VV彗
キ ドニー豆
もや し
あず き
苦瓜
大豆
ブロッコ リー
さやいんげん
キャベ ツ
そば粉
にん じん
カシ ューナ ッツ
カ リフラ ワー
トウモロコシ
セロリ
小麦 グルテ ン
きゅうり
m
ナス
オー トムギ
_ン ニ ク
ピーナ ッツ
昆布
ビス タチオ
リー キ
玄米
レタス
白米
マ ッシ ュルーム
オ リー ブ
ライムギ
(黒
)
ゴマ
タマネギ
クル ミ
ピーマ ン
全粒小麦
サツマイモ
ジャガイモ
かばちゃ
その他
‡
参
ほ うれん草
輔
褥鋏 磯
跛
V VI
トマ ト
條鶉鞣腑
豪予霰 鱚
緑豆
蜂蜜
V Vi
訃颯亦明荼
筍
コー ヒー
‡量 は鵞鵞 鵞
緻
│││││││││││ │
アーモン ド
カカオ
◎ uS BIoTek Laboratories
誡
│
さ と うきび
緑茶
製 バ ン用 イース ト
醸造用 イ ース ト
遥
││ │
議
肇
量鳳
機議‖
EE
│
一
Ⅳ
反応 クラス
‐
■■│■ ■
│
=■ =養
この検査はアナフィラクシーを特定するものではあ りません。 lgE抗 体反応 が低 い場合でも、アナフィラクシーを起 こす可 能性 のある食物 の場合 には 2度 目の曝露 によって死亡 につながる恐れがあ ります。
この検査 は診断を目的 とするものではあ りません。 また、医療 関係者の指導および治療 に代 わるものでもあ りません。
USバ イオテ ック研究所の特許 ELi舗 分 析 は 1蛉 (下 位分類 1.2,3.4)抗 体 および lgE抗 体 の半定量的検査です。
「無反応」 か ら「高反応 」 までの区分 tよ 分光光度分析 によって判定 され、 lgG抗 体 、またはヽ lgE抗 体 、または、 lgG/1gE両 方 の抗体 の レベルを表 しています。
USバ イオテ ック研力 訴は、 この検査 の性能 特 性を開発 し決定 しています。この検査 はFDAの 審査 を得たものではあ りません。
lgG抗 体 は遅延型 の過敏反応 に関連 し得 るものであ り、 lgE抗 体 は即 時型の過敏反応 に関連 し得 るものです。
■
暴ゆ
│
に低
吊l―
霧い
い
非常
お
●
い
諄い
低
ザ薇臓
USバ イオテック研究所 ローテーション食ガイドライン
発 行 : 2013/11/11
あなたの 回―テーシ爾ン食ガイドライン
あなたの検査結果グラフが示すとおり、IgAβ gGが クラスⅣ 以上の食 品、lgEが クラス I以 上の 食品を抜 かした残 り
のすべ ての検査 項 目となる食品がリストアップされています。
これらの食 品 │よ 、食 品のフアミリー (科 )に 基 づきDay lか らDay 4ま での4日 間 に振 り分 けられ 、ある食 轟が4日 の
間に2剛 以 上 食 べ られないようになつています。これ │ま 強制的なメニューではありません。お好きな食品を選び、栄
養的 にバランスが取れ バ ラエテイに富んだお食事を作 つてください。
Day 2
Day l
カゼイン,チ ェダーチーズ
ヨ……ゲ)レ ト
乳製品
Day 3
1)ホ v4.
カッテージチーズ,牛 手L,ホ
エイ(手 L清 )
,
″ヽ
マゲ撃.イ カ.サ ウ
タラ `
ラフエダイ,ホ タテ
貝,シ ーバス,マ グロ
シーフード
,ノ
フリレー ツ
リンゴ,網 メロン,キ ウイ,パ
パ イヤ ,い ちご,ス イカ
ナッツ 穀物
玄米,ク ルミ,ラ イムギ,ゴ マ
小麦グルテン,全 粒 小麦
,
ココナッツ,赤 ぶどう(ミ ック
ス),オ レンジ
バナナ,チ ェリー,モ モ,パ イ ザレ… サフメ
れ…ツ・
レ雌ン
マンぶ…
レ
ナップリ
もやし,緑 豆,ピ ーナッツ,ピ
スタチオ
アーモンド,そ ぱ粉,ト ウモ
ロコシ,オ ートムギ,白 米
ハープ
漁シ漁… チッツ、
キド‐…‐
スメ
霊 .轟 ずき'.大 識 .さ やをヽ
!ザ ス
メ
緑茶
肉類
鶏 ,ラ ム
その他
製パン用イースト,コ コア
蜂蜜,醸 造用イースト,コ ー
ヒー,さ とうきび
黒胡椒,カ レーパウダー,バ
チリ(カ イエン),し ょうが
ギスタ… ド
ナス,ニ ンニク,タ マネギ:か
ばちゃ,ト マト
フy露 ッI:り … 、
キ ャベツ,II
んはスノ
.レ タム
スパイス
野菜
豚
牛 ,鶏 卵 (卵 白),鶏 卵 (卵
黄)
ーフ
アボカド,筍 ,苦 瓜 ,き ゅうり
ピーマン,昆 布 ,リ ーキ ,オ
リーブ (黒 ),さ つまいも
ジャガイモ
,
カリフラワー,セ ロリ,ほ うれ
ん草
,
切 り取 つてお財 布 に入れてご活用下さい 。
れ支3ミ 星争 Hiroko Tanaka 182365
担 当医 Obayashi Dental
Ciinic/DnHiroko Tanaka
あなたが反応している食品
クラスⅣ以上 (lgA/1gG)
クラス :以 上 (IgD
あわび,マ ッシュルーム,カ キ
(not tested)
クラス皿以上 (lgA/1gG)
昆布,バ ニラ
USバ イオテック研究所 ローテーション食ガイドライン 96」
あなた0鼈
発行 :2013/11/11
「靱量&翻 ―テーシ彗ンのガイドライン」
曇に基竜×
このガイドラインで:ま 、lgA及 び/ま たは13G抗 体に関してレベルIV以 上の数値が見られた全ての食品が除かれて
います。レベル0か ら菫Iま での数ltLが 見られた食轟は含まれており、食品群 (生 物学持、植物学的に関連のある食
品のグループ)男 1に 4日 開サイクルで交代 (ロ ーテーシヨン)さ せます。
しかし、症状 の程度や既往歴 に応じ、ローテーションプランに含まれている食品 (数 lltが レベルHI以 下を示した食
品)を 避 1す るよう担当医から勧められる場合もあります。
また、18E抗 体検査でレベルI以 上の数値が見られた食品は全てガイドラインから除かれています。本検査ではア
ナフィラキシーを特定することはできません。アナフィラキシーの既往歴がある食品に関してレベル0の 数値が見ら
れたとしても、再導入は行わないでください。再暴露 │ま 命 にかかわる恐れがあります。
4日 間康―テーションプランでは、1日 目と3日 日、もしく│ま 2日 目と4日 ロサイクルで食品群を交代させます。ローテ
ーションダイエット│ま 、購じ食品を4日 間に1回 以上 、そして同じ食晶群 に属する食品を2日 間に1回 以上摂取すること
がないよう意図したものです。
限り、ど
同じ食晶群 に属する食品を2日 以上連続で摂取しない限り、また、同じ食品を4日 間に1回 以上摂取しなしヽ
の食品でも1日 日から4日 目の間で移動させることができます。またtロ ーテーションダイエット1ま 食事に多様性をも
たせることを目的としています。
ここで議載しているものはローテーションスケジュールの一つの例にすぎませんので、多少異なる食事ガイドライ
ンに従うことを担当医から勧められた場合に1よ 、担当医が除去及び/ま たは交代させた方が 良いと考えている食
品について話し合 い、それ に応じて食事プランを変更することも可能です。他のスケジュールとして:ま 、7日 間プラン
及び/ま たは特定の食品群を回―テーションサイクルのうち1日 のみに限定するものもあります。
これらの提案は、専 F号 的・医学的な助言を構成あるい1ま それ に取つて代わるものではありません。ローテニション
ダイエットを実施する前には、食事のあらゆる変更について担当の医療関係者と話し合い、体重の減少やその他
健康に関して不安な点が現れた場合にはすぐに担当医に権談してください。
レポーい 攣鸞リー
ヽされています。
以下の食 品は4轟 間 ローテーション食 ガイドラインから除夕
クラスⅣ以上 (IgA/1gG)
あわび,マ ッシュルーム,カ キ
クラス I以 上 (IgE)
(未 検査 )
ます。これ らの食 品を除去する場合 は握
以下 の 食 品は4日 FH5日 ―テーション食ガイドラインに含まれてしヽ
当医に相談 し行 つてください。
クラスⅢ(IgA/1gG)
・このレポートはアナフィラキシーを評価していません。アナフィラキシー反応を起 こす食品rま 避けてください。(担 当医に権談して
ください。)
・lgE抗 体検査 rま 、全血を使用した乾爆血液サンプルでは行うことが出来ません。
・全体的に反応が低くレベル4以 上の食品が無い方の場合 には、レベル2-3の 食品を除去することが役立つケースもあります。
・高反応の項 目が非常に多い場合 には、除去項 目を慎重に検討する必要 があります。
Fly UP