...

知 ら 版 本 ii

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

知 ら 版 本 ii
れ、ざ
(一一)
な
芯い
いの
ので
で、
、筆
筆者
者が
がお
おぎ
ぎな
なう
う。
。
│l
ス宛
宛書
書簡
箆集
iー
iジジッッドドののルルイイス
ー
集1
一i
八通
道の
の書
書簡
簡を
を紹
紹介
介す
する
るに
にあ
あた
たっ
って
て、
、ま
まず
ずそ
それ
れら
らの
の巳5
付
につ
つい
いて
て一
一
八
付
に
言し
してお乙
九四
四年
年四
四月
月半
半ば
ば﹂
﹂とおぎなう
言
こう
う。
。刊
刊行
行者
者が
が﹁
二一
八八
九
う書
書簡
簡4
4
**
ぃ
は、
、あ
るた
た
い。
。オ
オリ
リジ
ジナ
ナル
ルむ
の所
所在さえ明
瞬らかにされていない現時点では
べ
くも
もな
な
たような刊行者の学術的な厳密さを欠く姿勢からはのぞむべ
く
ならば、校訂にか
かん
んす
する
る雨
説隠
明が
があ
あっ
って
てし
しか
かる
るべ
べき
きだ
だが
が、
、す
すで
でに
に述
述べ
べ
存さ
され
れて
てお
おり
り、
、そ
その
の消
消印
印の
のβ
5付
せに
によ
よる
るも
もの
むと
と思
思わ
われ
れる
る。。
む
存
む
ろろ
んん
本本
来来
初期
期に
にお
おい
いて
ても
も、
、ル
ルイ
イス
スの
の詩
持を
者ジ
ジッ
ッド
ドが
が賛
賛美
英し
し、
、ジ
ジッ
ッド
ドの
の散散
文
を
初
文
を
ルル
話を
をお
おこ
こそ
そう
う。
。そ
それ
れま
まで
での
の良
良好
好な
な友
友情
信関
関係
係の
の延
延長
長と
とし
して
て、
、こ
この
む年
年の
の
話
する
ると
とし
して
て、
、と
とり
りあ
あえ
えず
ずは
は最
最初
初の
の二
二通
通が
が書
書か
かれ
れた
た一
一八
八九
九〇
O年年かからら
及す
日
曜日
日の
の対
対応
応す
する
る前
前日
日﹁
﹁二
二十
十七
七日
日﹂
﹂に
に訂
訂
日﹂
﹂と記していることから、曜
日
の
もも
のの
にに
でで
きき
れれ
、ば
ばよ
よい
いが
がと
と思
思っ
って
て
日も
もっ
って
てい
いる
る散
散文
文を
をい
いつ
っか
かは
は自
自分
分
の
43
4
3
い
いる
る﹂
﹂と
と書
書い
いて
てい
いる
る。
。
の
諮途
総有
有望
望な
なの
のは
は彼
彼だ
だ。
。︹
円⋮
:﹂
山ぼ
ぼく
くは
は彼
彼が
が今
今
の仲
挿間のなかでもっとも前
たとえば、ジッ
ッド
ドに
につ
つい
いて
てル
ルイ
イス
スは
はあ
ある
る友
友人
人に
に宛
宛て
てて
て、
、﹁
﹁わ
われ
れわ
われ
れ
コ八ェ
九九
二二
年年
ニ二
月一
Lと
、、
番書
状状
間冒
関頭
顕にジッドが
月一
二十
十八
八日
臼﹂
とす
する
るが
が
が﹁
﹁土
土曜
曜
だだ
しし
、、
書書
簡簡
33を
えられた日
日付
付を
を信
信ず
ずる
るほ
ほか
かあ
ある
るま
まい
い。
。た
た
を刊
刊行
行者は
は
イスが称える
ると
とい
いう
うふ
ふう
うに
に、
、二
二人
人は
は互
互い
いを
を高
高く
く評
評価
語し
しあ
あっ
って
てい
いたた
。
。
の
なな
いい
のの
でで
、、
先行
し
てし
はて
必は
袈必
に応
一ど
時言
間
の自
繕的
的で
では
は
先時
行期
時に
期か
にん
か
ん
要じ
にそ
応の
じつ
そど
の一
つ
雄
ジ
がが
本本
稿稿
ジッ
ッド
ドと
とル
ルイ
イス
スと
との
の交
交流
流を
を全
全期
期間
間に
にわ
わた
たっ
って
て考
考察
察す
する
るこ
ことと
売
本
あと
とは
はす
すべ
べて
て︹
門U
︺の
のな
なか
かに
にイ
イタ
タリックで年月日が挿入されている。
あ
井
版
表記
記法
法の
の慣
慣例
例か
から
ち判
判断
断す
する
るか
かぎ
ぎり
り、
、こ
これ
れら
ら六
六通議
袈
にに
つつ
いい
てて
はは
封封
筒筒
がが
保保
口
る
ハ
乙
の
構
︵
こ
の
補記
記が
が不
不適
適切
切な
なこ
こと
とは
は後
後述
述﹀
︶と
と、
、ジ
ジッ
ッド
ドが
が書
書状
状に
に器
欝付
付を
を明
明記して
亡と
ら
い
冒
頭
部の
のフ
ファ
ァク
クシ
ジミ
ミ彗
ヲが
が付
付さ
され
いる
る書簡7
7︵︿
こ乙
れれ
のの
みみ
冒
頭
部
れる)
︶を
をの
のぞ
ぞけ
けば
ば、
、
*
市*
知
正する。また、
、最
最初
初の
の二
二通
通の
む発
発信
信地
地に
につ
つい
いて
ては
はジ
ジッ
ッド
ドに
によ
よる
る記
記述
述が
が
「一
ジ
ジッ
ッド
ドの
のル
ルイ
イス
ス宛
宛審
書簡
簡集
集
的に
にな
なる
ると
と嚢
き、
、ぼ
ぼく
く
i的
いてきた。安心するがいい。ぼくがヴァレ
レリ
リ⋮
は逆に
記非ジ
ジッ
ッド
ド化
往し
しな
ない
いの
むだ
だか
から
ら﹂
﹂と
と保
保証
証し
して
て慰
慰撫
撫に
につ
つと
とめ
める
るが
が、
、
はぼくの手
手紙
紙を
を読
読ん
んで
で、
、あ
あま
まり
りに
に︿
八非
非ジ
ジッ
ッド
ド化
北﹀
﹀し
しな
ない
いよ
よう
うに
にと
と書
書
の
作品
品は
はジ
ジ
も、このような相
相互
互信
信用
頼頼
がが
ああ
っっ
たた
かか
らら
だだ
。。
とと
ここ
ろろ
でで
、、
ここ
の
作
うな
な便
痩り
りを
をく
くれ
れた
たこ
こと
とを
をう
うら
らめ
めし
しく
く患
患う
う。
。な
なぜ
ぜな
なら
ら、
、そ
それ
れは
はぼ
ぼく
くの
の
う
十六
六日
呂の
の手
手紙
紙で
では
誌い
いら
らだ
だち
ちを
を隠
隠せ
せな
なく
くな
なる
る⋮
!⋮
i﹁
﹁君
君が
がこ
こんん
な
十
な
けけ
っっ
ここ
ジ
グッ
ッド
ドが
が処
延女
女作
作﹃
﹃ア
アン
ンド
ドレ
レ・
・ヴ
ヴァ
ァル
ルテ
テル
ルの
の手
手記
記﹄
﹄︵
(当
当初
初は
は作中作品と
ッド
ド
いの
愛宣
の
愛、
の愛
告
考と
え考
て
のの
でで
、
か
ッ
がが
﹁﹁
長長
い愛
一宣
一言
一、
一口
の白
告﹂
'と
日﹂
えい
てた
いも
たも
、彼
設の
のなか
ァレ
レ
⋮と
とは
はじ
じめ
めよ
よう
うと
とし
して
てい
いた
たの
のだ
だ。
。そ
そし
して
て、
、ぼ
ぼく
くは
は設
君に
にど
ごく
く簡
ァ
ヲ亨
i
潔な
なハ
ハガ
ガキ
キを
を送
送っ
って
て、
、い
いち
ちど
どき
きに
に二
二人
人の
の友
友人
人を
を研
研究
究す
する
る暇
壊は
はなな
潔
いい
かか
計画
画を
を台
台な
なし
しに
にす
する
るか
から
らだ
だ。
。ぼ
ぼく
くは
は、
、心
心う
うば
ばわ
われ
れる
る大
大量
量のの
文
計
文
通通
をを
ヴず
ら、
、さ
さし
しあ
あた
たり
り君
君を
を放
放っ
って
てお
おく
くと
と伝えようとしていたのだし
い。こζ
ら
れれ
つ
つう
うじ
じて
て練
練ら
られ
れて
てい
いた
たが
が、
、ま
まだ
だ具
具体
体的
的な
なか
かた
たち
ちを
を整
整え
えて
てい
いな
なか
かっ
った
た。
。
だと
とは
は思
思わ
われ
れな
ない
いが
が、
、そ
そ
フォ
ォン
ンに
に赴
赴く
く。
。そ
そこ
ζではさほど仕事が進んだ
フ
!ル
ル
iズズ県県ののピピエエー
と考
考え
えた
たジ
ジッ
ッド
ドは
は二
二月
月に
に、
、初
初志
寝執
執筆
筆の
の目
目的
的で
でオ
オワ
ワー
って
てル
ルイ
イス
スの
の人
入柄
柄に
にか
かん
んす
する
る罵
罵言
言と
と侮
侮辱
辱﹂
﹂を
をつ
つら
らね
ねた
た手
手紙
紙を
を返
返し
して
て
っ
にたいしてジッドは二十三濤
日、
、ミ
ミラ
ラン
ン前
前掲
掲書
書に
によ
よれ
れば
ば﹁
﹁早
数言
頁に
にわ
わた
た
い
の記
記述
述か
か、
、消
清
いる
る(
︵詩
同書
書に
によ
よる
る引
引用
用は
はご
ごく
く部
部分
分的
的。
。ま
また
た、
、日
日付
付が
がジ
ジヅ
ッド
ド自
自身
身の
むマ
マン
ント
ト
がも
もた
たれ
れて
てい
いる
る。
。そ
そし
して
て六
六月
月初
初旬
旬か
から
ら詰
はア
アヌ
ヌシ
シi
⋮近
近郊の
いが
ン日
“サ
サン
ンu
ー−
ベナ
ルi
ナL
ー
じ
まり
り、
、約
約一
一か
か月
月後
後に
には
は
でで
本本
格格
的的
なな
執執
筆筆
がが
ははじ
ま
Nル
ベル
ン
ス
つぎ
ぎの
の書
番簡
簡も
も
スに
に﹁
﹁長
長い
い手
手紙
紙そ
を番
書い
いた
たい
しと
とあ
ある
るので、あるいはそれ
れか
か﹀
︶。
。つ
印に
によ
よる
るも
もの
のな
なの
のか
かは
は明
明示
示き
され
れて
てい
いな
ない
い。
。二
二十
十二
二日
日付
付の
の母
母宛
宛に
には
は、
、同
同日
日ル
ルイ
イ
印
消印
印に
によ
よれ
れば
ばや
やは
誌り
り二
二十
十三
三β
百の
のも
もの
りだ
だが
が、
、後
後追
追いい
で
消
で
執執
筆筆
・・
投投
函函
ささ
れれ
だ
し
はは
じじ
めめ
だが
が、
、そ
その
の少
少し
し前
前か
から
らル
ルイ
イス
スと
との
の関
関係
係に
には
は不
不吉
官な
な影
彰が
が躬射
し
ーの
存在
在が
がそ
そこ
こに
にか
から
らん
んで
でき
きた
たの
むで
であ
ある
る。
。こ
乙の
の間
間
ていた。ヴァレリI
C存
たもり
と思
思わ
われ
れる
る。
。
のと
触
ッッ
ドド
触れ
れて
てお
おこ
乙う
う。
。五
五月
月の
の下
下旬
旬に
にル
ルイ
イス
スは
は、
、マ
マン
ント
トン
ンに
にで
でか
かけ
ける
るジジ
モン
ンベ
ペリ
リエ
エ大
大学
学の
の制
創創
立立
六六
百百
周罵
年年
をを
祝祝
うう
祭祭
典典
にに
出出
席産
しし
たた
にかわってモ
が、
、そ
その
の機
機会
会に
にヴ
ヴァ
ァレ
レリ
ワー
!と
と知
知り
り合
合い
い、
、意
意気
気投
投合
合す
する
る。
。ル
ルイ
イス
スの
の感感
ドも
とを
を悔
悔や
やむ
むだ
だけ
けだ
だっ
った
たが
が、
、じ
じ
ド
もは
はじ
じめ
めは
は祭
祭典
典に
に参
歩加
茄し
しな
なか
かっ
った
たこζと
、そ
それ
れに
にた
たい
いし
して
て﹁
﹁ぼ
ぼく
くが
がそ
それ
れほ
ほど
どま
まで
でに
に謙
謙虚
虚に
に熱
熱狂
狂し
し、
、そ
それ
れ
が、
とを
を、
、ぼ
ぼく
くは
は理
濃解
解し
しは
はじ
じめ
めて
てい
いる
る篇
﹂
のほうが熱
熱狂
狂の
の表
表象
象で
であ
ある
るこC
と
むに
によ
よっ
って
てし
しか
か存
存在
在せ
せず
ず、
、熱
熱狂
狂が
が君
君の
む表
表象
象と
とい
いう
うよ
より
りも
も、
、君
君
るもの
﹁主
主体
体が
が客
客体
捧に
によ
よっ
って
てし
しか
か存
蒋在
在し
しな
ない
いよ
よう
うに
に、
、君
君が
が君
君の
の熱
熱狂狂
す
﹁
す
R
-
き
きに
に不
不安
安を
をも
もら
らし
しは
はじ
じめ
める
る。
。そ
それ
れに
にた
たい
いし
して
てル
ルイ
イス
スは
は六
六月
月四
四β
日、
、﹁
﹁君
君
激
ッ
識は
は大
大き
きく
く、
、こ
この
の秀
秀で
でた
た知
知性
性に
に心
心酔
酔し
した
た手
手紙
紙を
をジ
ジッ
ッド
ドに
に送
送る
る。
。ジジ
ッ
Hペ
月二
二十
十三
三日
日、
日
サン
ン“ベ
︿一
九
★書
︵一
八八
九
〇O
年年
六六
月
、マン
ント
トン
ン韓
鋒
サ
ルル
ナナ
ーl
ルル
︶)
書簡
寵1
1
の事情はよく知られているが
が、
、書
書簡
簡紹
紹介
介の
の前
前提
提と
とも
もな
なる
るの
ので
で簡
簡単
単に
に
第
第一
一部
部の
の初
初詣
稿が
が完
完成
成す
する
るこ
こと
とに
にな
なる
る。
。
でも
も三
三月
月二
二十
十六
六日
自に
には
は作
作品
品に
につ
つい
いて
てル
ルイ
イス
スと
と長
長く
く熱
熱狂
狂的
的なな
れで
話話
しし
合合
二
︿︵
つつ
まま
りり
同同
年年
十十
一月
にに
﹀︶
完完
成成
すす
べべ
き慧
、だ
二十
十歳
歳の
のう
うち
ちに
に
一二
月十
二二
士日
百よ
より
りも
も前
苗
ヌへ
への
の愛
愛と
と同
毘一
一視
視さ
され
れて
てい
いた
た。
。腹
震案
案は
は青
青春
春時
時代
代を
を
では
は従
従姉
姉マ
マド
ドレ
レl
ーヌ
で
同
く﹃
っア
こラ
フン
ン﹄
﹄と
と題
艦さ
され
れて
てい
いた
た︶
﹀の
の計
計画
闘を
をル
ルイ
イス
スに
に打打
ち
明
溝じ
⇔く
ち
明
けけ
てて
いい
たた
のの
44
4
4
ることがない。沼
て、
、ぼ
ぼく
く自
自身
身の
む内
内奥
実を
を探
採っ
っ
ぼくは無尽蔵だ、そして
イ
との
の相
相違
違を
を指
指摘
摘し
した
たう
うえ
えで
で、
、自
自我
我へ
への
の没
没入
入が
が熱
熱っ
っぽ
ぽい
い調
調子
子で
で
イス
スと
ほどまでに献身的に
拡賛
賛嘆
嘆で
で藷
きる
るの
のは
は、
、ぼ
ぼく
く自
自身
身し
しか
かな
ない
いし
﹂と
と、
、ル
ル
でを
を撞
描いたもので、彼の発狂と
で
と死
死で
で終
惑わ
わる
る第
第二
二部
部﹁
﹁黒
黒い
い手
手記
記﹂
﹂と
とは
誌
の失
失意
意を克寂
策する過程をへて、小説﹃アラ
の
ラン
ン﹄
﹄の
の着
着手
手を
を決
決意
意す
する
るま
ま
し
した
たの
のち
ち、
、ブ
ブル
ルタ
タ二
!二
ニ諏
ュで
で過
過去
去の
の思
患い
い出
出を
を生
生き
きな
なお
おし
しな
なが
がら
ら、
、二
二重
重
で語り手のア
ドレ
レが
が
アンド
、、母を亡くし従姉エ
エマ
マ旗
ニ師
ュエ
エル
ルへの愛も断念
ので
であ
ある
る。そういった精神の遍歴を創
の
説作行為にお
おい
いて
て追
追体
体験
験す
する
るこ
こ
対照
照的
的に
に、
、甘
甘美
美な
な回
回想
想を
をま
まじ
じえ
えな
なが
がら
ら希
希望
望に
にむ
むか
かっ
つて
て開
開かか
れ
対
れ
てて
いい
るる
くり
りか
かえ
えし
し語
語ら
られ
れる
る。
。た
たと
とえ
えば
ば、
、﹁
﹁ぼ
ぼく
くは
はち
ちっ
っと
とも
も自
自分
分に
に退退
屈
く
屈
すす
て
若々
々し
しい
い新
新し
しさ
さを
を発
発見
見し
して
てい
いる
る﹂
﹂。
。あ
ある
るい
いは
は、
、﹁
﹁自
自
て、
、日々、多くの
の若
とがジッ
ッド
ドに
に過
過度
度な
なま
まで
での
の高
高揚
揚感
感を
をも
もた
たら
らし
した
たと
とし
して
ても
も、
、な
なん
んら
ら不
不
分の
の内
内的
的な
なカ
力を
を感
感じ
じる
るこ
こと
とで
で、
、ぼ
ぼく
くの
の生
生は
はす
すっ
っか
かり
ち変
変容
容す
する
る。。
そ
分
そ
して事物に投
投影
影さ
され
れた
たぼ
ほく
くの
の夢
夢は
は、
、す
すば
ばら
らし
しい
い光
光で
で事
事物
物を
を照
照ら
らす
す。
。
とで
では
はあ
ある
るま
まい
い。
。
思議
議な
なこζと
思
執筆
筆に
によ
よっ
って
てや
やや
や軽
軽減
減し
し、
、そ
それ
れに
にと
とも
もな
ない
い創
髭作
作に
によ
よる
る熱
熱が
が
が前便の 執
いったいなにに由来するの
むだろう。
。私
私見
見で
では
は、
、ル
ルイ
イス
スへ
への
のい
いら
らだ
だち
ち
自
自我
我へ
への
の没
没入
入と
とそ
その
むさ
さい
いの
む高
高揚
場感
感は
は異
異様
様な
なほ
ほど
どだ
だが
が、
、で
では
はこ
これ
れは
は
には、﹃手記﹄の第一部がほぼ完成したことについて、若干の皮肉を
人が何人
人も
もお
おり
りま
ます
すわ
わ﹂
﹂。
。だ
だが
が、
、遅
遅れ
れば
ばせ
せな
なが
がら
ら四
四目
日後
設
めてくれる愛入
え、わたし
しに
には
は愛
愛人
人が
がお
おり
りま
ます
すわ
わ、
、だ
だん
んな
なさ
さま
ま。
。あ
あな
なた
たの
の不
不在
在を
を慰
窓
け
くの
のア
アラ
ラン
ン、
、君
君は
は酪
恥ずかしい
ける
る気
気な
なの
のか
か?
? ぼぼく
いほ
ほど
ど不
不道
道徳
徳だ
だ。
。え
え
んなに
に不
不安
安を
をも
もち
ち、
、嫉
嫉妬
妬すす
ンカ
カを
をふ
ふっ
っか
か
るる
んん
だだ
いい
??
君
君は
はぼ
ぼくにケン
二十
十六灘
日付のルイ
手手
厳厳
しし
いl
二
イス
スの
の返
返信
信は
はな
なか
かな
なか
かに
に
い一
なな
ぜぜ
、
l﹁﹁
、そ
そ
ぼくは幸福だ1 ぼく
くに
には
は生
生が
がき
きら
らめ
めいて見える1し
い
調子
子は
は依
依然
然と
とし
して
て残
残す
すも
もの
のの
の、
、ジ
ジッ
ッド
ドの
の視
視点
点は
は、
、ヴ
ヴァ
ァレ
レリ
ワ⋮
iににたたい
調
前面
面に
にあ
あら
らわ
われ
れて
てき
きた
たの
むで
では
はな
ない
いか
かと
と思
思わ
われ
れる
る。
。す
すな
なわ
わち
ち、、
皮
肉
前
皮
肉
なな
﹁つ
つい
いに
に1
! ゃや
っっ
ーをふま
表表
現現
もも
見請
いい
だだ
さ弄
れれ
るるi﹁
ユ
まえ
えた
たと
と思
愚わ
われ
れる
る
れを
告謹
手を
紙送
をっ
送っ
。
そこζ
まじえな
ま
なが
がら
らも
も、
、こζれ
喜一
ぶ口
手ぷ
紙
てて
いい
るる
。
そ
にに
はは
先先
のの
書番
簡態
ii
の
変化
ルに
切つ
にれ
つれ
とへ
へと
と移
移行
行し
しは
はじ
じめ
め、
、そ
そし
して
てこζ
ζと
る
のの
感感
情情
の
変
てて
凹主
手ナ
記悶
臨﹄
るこ
とか
から
ら、
、彼
彼と
との
の気質上の
する
るル
ルイ
イス
スの
の熱
熱狂
狂を
を責
葉め
める
るこζと
す
の桔
相過
違去
を"
認認
識識
すす
の
、
君君
・自
自身
身か
から
ら未
未知
知の
の富
富を
を引
引き
きだ
だし
し
のう
うえ
えに
に君
書吉
自身
身を
を注
注ぎ
ぎ乙
こみ
みた
たま
まえ
え
、
たまえ、書き
きた
たま
まえ
え、
、ひ
ひね
ねり
り出
出し
した
たま
まえ
え、
、策
策を
をめ
めぐ
ぐら
らし
した
たま
まえ
え、
、紙
抵
たまえ、高
高揚
揚さ
され
れる
る君
君の
の自
自我
我、
、君
君が
が考
考え
えた
たこ
こと
とも
もな
ない
い君
君の
の自
自我
我の
のま
ま
たんだな、
、君
君?
?[
︹⋮
:U
山君
君は
は幸
幸福
福だだ
みみ
、、
チチ
クク
シジ
ョョ
ウウ
めめ
1!
さ
さあ
あ!
1進
進
ドは
はそ
その
の旨
旨を
を六
六月
月末
末に
に、
、母
母ジ
ジュ
ュワ
リヱ
エッ
ット
トや
や、
、従
従兄
兄で
で画
画家
家の
のア
アル
ルベ
ベー
ール
ル・
・デ
デマ
マ
ド
作品
品の
の第
第一
一部
部初
初石
稿が
がま
まさ
さに
にこ
この
のこ
ころ
ろ完
完成
成間
間近
近で
であ
あっ
った
たか
から
らだ
だ︵
(ジ
ジッ
ッ
作
えに酔い
え
いた
たま
まえ
え!
1﹂
﹂
ある
る。
。こ
乙れ
れは
はけ
けっ
っし
して
て根
援鎚
拠を
を欠
欠く
く推
推測
測で
では
はな
ない
い。
。先
先述
述の
むよ
よう
うに
に、、
同
あ
同
レ、
、さ
さ
ら
に
皆げ
げて
てい
いる
る。
。た
た、
だに
し
後
二
それぞ
ぞれ
れの
の
レ
ら
に
ルル
イイ
スス
本本
人人
にに
告.
し
後
二者
者に
につ
つい
いて
ては
は、
、そ
ジッ
ッド
ドは
は七
七月
月の
の五
五日
日あ
ある
るい
いは
は六
六段
日に
にマ
マン
ント
トン
ンか
から
らパ
パリ
リに
に帰
帰る
る。
。
ジ
執筆
筆に
によ
よっ
って
てえ
えら
られ
れた
た充
充足
足感
惑が
が彼
彼の
の精
精神
神を
を支
支配
配す
する
るに
にい
いた
たっっ
た
の
執
た
の
でで
返信による﹀
の第
第一
一部
部はは
、
主
︶。しかも、﹁
﹁出
白い
い手
手記
記﹂
しと
と題
題さ
され
れた
たこζの
、
主
人人
公公
知ら
知
られ
れざ
ざる
る版
版本
本
455
4
w
日付
もや
やは
はり
り活
活字
字化化
(ッ
グド
ッの
ド手m
付も
ささ
れれ
てて
いい
なな
いい
のの
でで
︵ジ
紙
手
は
紙
存
は在
存が
在未
が確
未認
確︶
認、
可
よう
うな
な感
感想
想を
をいい
分ら
かな
らい
な。
いま。
よび
び十
十六
六
だだ
いい
たた
かか
はは
分か
たま
、た
十、
三日
日付およ
ジッドのルイス
ス宛
宛書
書簡
簡集
集
ジ
ヲ
テジし
リフ)
よ
れ当ば
六
誌下と
七
﹁主観﹂(
︵ルエ
・シ
蕩ブ
エクイ
テイ
︶とに
題さ
れた
時の、
読書
ノー
によ
れば、六羅と七
ァレ
レリ
リ!
ーと
との
の罷
関需
係を
をめ
めぐ
ぐっ
って
てこ
これ
れ以
以上
上二
二人
人吉
の友
友情
情に
に甑
面酷
談を
をき
きた
たさ
さな
な
ァ
いた
ため
めに
に、
、九
九見
月十
十五
五日
日ま
まで
で手
手紙
紙の
の
や
い
や
りり
とと
ちり
をを
山停
停止
止し
して
て、
、お
おた
たが
がい
いに
に
どのよ
よう
うな
なや
やり
りと
とり
りを
を経
経て
てな
なの
のか
かは
は不
不詳
詳だ
だが
が、
、ル
ルイ
イス
スは
は十
十七
七日
日、
、ヴ
ヴ
ベ
ベス
ス﹄
﹄、
、ラ
ラプ
ブレ
レー
ーな
など
どの
の読
読書
書記
に費
費や
やす
すが
が、
、ルイスに返信を送ること
デの
の﹃
﹃サ
サッ
ッフ
フォォ
ヌの
の誘
ーヌ
誘惑﹄
﹄、
、ド
ドl
ーデ
ーi
﹄﹄
、、
・‘
シシ
ェェ
ーー
クク
スス
ピピ
ア
の
ワi
ア
む﹃
﹃マ
マク
ク
も
前
便使
にに
もも
まま
も忘
志れ
れて
ては
はい
いな
ない
い。
。だ
だが
が読
読書
書の
の影
影響
響も
もあ
あっ
って
てか
か、
、高
高揚
揚はは
語
先灘
誌の
の熱
熱狂
狂と
とは
は対
対照
照的
的に
に、
、全
全体
体的
的に
に冷
冷や
やや
やか
かな
な印
印象
象を
をあ
あた
た
は、つい先
作品
品の
の執
執筆
筆に
に専
専念
念し
しよ
よう
うと
と提
提案
案し
して
てい
いる
る。
。三
三β
日後
後ジ
ジッ
ッドド
が
作
が
送送
るる
返返
事事
ス
スか
か、
、パ
バイ
イロ
ロン
ンか
か、
、あ
ある
るい
い誌
はシ
シャ
ャト
トi
ープ
ブリアン、はたまたアルキ
キ
﹁あ
ああ
あ友
友よ
よ、
、ぼ
ぼく
くは
は何になるむ
﹁
のだろう
う?
マ
マル
ルク
クス
ス・アウレ
レリ
ワウ
ウ
9・
★
〇O
年年
七
月
パリ
り﹀
︶
女書
書簡
簡2
2︵闘
こ八
八九九
七
月七
七十
日、
、パ
大ま
まか
かな
な乙
こと
とし
しか
か記
記録
録が
が
以繧
後フ
の﹃
﹃手記﹄執筆の経緯についてはごく大
ドの手紙はほとんど存在が
が確
確認
認さ
され
れて
てい
いな
ない
いの
ので
であ
ある
る。
。し
した
たが
がっ
って
て
中断
断さ
され
れた
たの
りは
捻ル
ルイ
イス
スと
との
の文
文通
通だ
だけ
けで
では
はな
ない
い。
。夏
夏の
のあ
あい
いだ
だの
のジ
ジッ
ッ
中
える
るものだが
・
慈し
して
てい
いる
る。
。
え
が、
、提
提案
案そ
それ
れじ
じた
たい
いに
には
は同
同
意
し
して
ては
はげ
げし
しく
く、
、ジ
ジッ
ッド
ド自
自身
身そ
それ
れを
を調
制御
御で
で壼
きな
ない
い感
感が
があ
ある
る。
。
集や
や﹃
﹃ボ
ボヴ
ヴァ
ァリ
リーl
ル
ニニi
フフ
ロロl
ルジ
ジ
ー﹄
﹄、
、
ーべ
ベ!
ール
ルの書語
簡集
夫夫
人人
﹄
﹃
聖
﹄
﹃
室ア
アン
ント
ト
呂
日ピ
巴エ
エー
ール
ルの
の﹃
﹃ポ
ポー
βの両日を、ベルナルダン・ド・サンn
とヴ
ヴィ
イ
iルルと
46
4
6
﹁そ
そう
うい
いう
うわ
わけ
けで
で、
、君
君が
が話
話を
をし
した
たい
いと
とき
きに
には
は、
、い
いつ
つでも迂
ぼくが相
﹁
か
かっ
って
てお
おら
らず
ず、
、す
すべ
べて
ての
の萌
葱芽
芽な
なの
のだ
だ﹂
﹂。
。さ
さら
らに
に、
、や
やや
や脈
庇絡
絡を
を欠
欠い
いた
た
坊
に
なな
るる
かか
がが
分分
訪の
のよ
よう
うに
にハ
ハイ
イハ
ハイ
イで
マ生
生き
きて
てい
いる
る。
。自
自分
分が
がそ
その
のど
どれれ
に
ろ
可能
能性
牲を
を叩
列列
挙挙
しし
たた
うう
ええ
で甘
、、
﹁﹁
そそ
れれ
まま
でで
は
赤
ろう
うか?
?﹂と将来の可
は
赤ん
ん
るのだ ろ
ろう
うか
か、
、そ
それ
れと
とも
もぼ
拭く
くの
の謙
謙譲
譲は
は浄
浄化
化さ
され
れた
た献
献身
身に
に酔
酔う
うの
のだ
だ
れ
るる
のむ
だだ
ろろ
うう
かか
??
ぼ
ぼくの慢
れと
とも
も不
不信
信心
心者
者に
になな
慢心
心は
は栄
栄光
光に
に陶
陶酔
酔す
す
ビア
アデ
デス
スか
か?
?﹂
﹂で
ではじまれ
り、
に
な
る
の
かか
、、
そそ
ピ
、﹁
﹁ぼ
ぼく
くは
は熱
熱烈
烈な
な信
信仰
仰者者
に
な
る
む
友よ
よ、
、友
友よ
よ1
! 今今
度度
乙こ
そそ
ほほ
んん
とと
ううに
友
にう
うれ
れし
しい
い。
。﹃
﹃ア
アラ
ラン
ン﹄
﹄が
が完
完成
成し
し
ス
、
スに
に原
原稿
稿の
の完
完成
成を
を報
報告
告し
して
てい
いる
る。
。そ
それ
れに
にた
たい
いす
する
る返
返事
事│
一│
﹁﹁
ああ
ああ
、
げに
にか
かか
かる
る。
。そ
そし
して
て九
九月
月半
半ば
ばに
には
は﹁
﹁協
協定
定に
によ
よる
る沈
詑黙
黙﹂
﹂をを
破
げ
破
っっ
てて
ルル
イイ
兄の
の忠
忠告
告を
を入
入れ
れて
て引
引用
用の
の﹁
﹁三
三分
分置
の二
ニ﹂
﹂を
を削
部る
ると
とと
とも
もに
に、
、全
全体
体の
の仕仕
上
兄
上
ヴ
従
ヴァ
ァカ
カン
ンス
スの
の残
残り
与を
を過
過ご
ごす
すた
ため
めに
にふ
ふた
たた
たび
び戻
戻っ
った
たラ
ラ・
・ロ
ロッ
ック
クで
で、、
従
レに
に読
読ん
んで
で寵
聞かせるが、
レ
、聖
盟書
書か
から
らの
の引
引用
用の
のあ
あま
まり
りの
の多
多さ
さを
を驚
驚か
かれ
れる
る。。
ロ
に帰
帰り
りデ
デマ
マ
ロッ
ック
ク(
︵母
母方
方の
の部
携荘
荘が
があ
あっ
った
た﹀
︶で
で一
一応
応の
の完成を見る。パリに
によ
よる
ると
と、
、原
原稿
稿は
は八
八月
月申
中に
にノ
ノル
ルマ
マン
ンデ
ディ
ィー
lのの
小村
村ラ
ラ・
・
ないが、それに
小
J
手
は
ちち
きき
れれ
そそ
手に
にな
なろ
ろう
う﹂
﹂と
とい
いう
う一
一文
文を
をは
詰さ
さん
んで
で、
、﹁
﹁ぼ
ぼく
くは
は熱
熱狂
狂でで
は
て
で自
自分
分が
が書
書い
いた
たも
もの
のの
のよ
よう
うに
に、
、ほ
ほっ
っと
とし
して
てい
いる
る。
。
て、ぼくは、まるで
ζれ
こ
れに
にた
たい
いす
する
るル
ルイ
イス
スの
の十
十一欝付の返信は未刊のため、彼
彼が
がど
どの
の
n
⋮U君がぼくより先に終えと
たと
こそ
と、
をぼ
、く
ぼ拭
くう
はら
うめ
らし
めく
し思
くう
思。
う君
。が
君が
巾
・山
だ
ん
てて
残残
酷酷
なな
んん
だだ
。。
だが
が、
、ぼ
ぼく
くに
にそ
それ
れを
を隠
隠し
して
でお
おく
くな
なん
んて
て、
、き
きみ
みは
はなな
ん
う
うだ
だ。
。未
未来
来を
を見
見つ
つめ
めて
てい
いる
ると
と気
気が
が狂
狂い
いそ
そう
うだ
だ﹂
﹂、
、な
など
どと
とつ
つづ
づく
く。
。
以.
灘付
盤ヨ
︶。ζこ
皮肉
肉と
と留
留保
保を
をふ
ふく
く壮
む予
予認
想からも
のの皮
も、
、作
作晶
品の
の藻
謀調
諭を
告な
なす
す据
ロママ
日
うう
のの
でで
はは
なな
いい
︶可
、そ
そうだろ
十十
九九
だろ
ろう
う︵
︿パ
パス
スし
した
たと
といい
ろう
う、
、鷺
震?
?磁
い︵
ハ九
九灘月
のか
かニ
二人
入ともやがて分かるだろう。だが、おそら
の
らく
くそ
それ
れは
はパ
パス
スす
する
る
のク
クソ
ソク
クラエと思
愚っているのじゃないのかね。
の
。と
とも
もか
かく
く、
、ど
どん
んな
なも
も
をつく
1で
は
で芸
は術
芸は
術ど
はど
はそ
そん
んな
なも
も
くる
る。
。ハ
ハ!
! ハハ!
乙こ
にに
ああ
るる
のの
かか
。。
君君は
拭魂
魂の
心糧
経
も一
一殻
般性
牲の
の
あ
とは
はほ
ほん
んと
とう
う
とても
・
ある
る散
散文
文を
を書
書くこと
だだ
。。
︹n
:⋮
・︺μ君は
きた
た答
苓え
えは予想外の航
嚢
拒組
絶、
だだ
っっ
たた
のの
でで
ああ
るる
︵ハ
むひ
ろろ
んん
マ?
ドド
レレ
ー!
ヌヌ
のの
ほほ
うう
にに
もも
醐
持意
議する
る、
、そ
そう
うジ
ジッ
ッド
ドは
は儒
制じ
じ嚢
きっ
って
てい
いた
た。οと
とこ
ころ
ろが
が彼
彼女
女か
から
ら返
返っ
って
で
縦を
長献
献ず
ずる
るこζと
劉
婚婚
にに
とで
で、
、従
従姉
姉が
が自
自分
分の
の苦
背悩
悩を
告知
知り
り、
、感
感動
動と
とと
とも
もに
に求求
総
とと
しし
たた
中中
国関
紙紙
時、ヒ
ヒロ
ロイ
イン
ンの
の名
名を
をエ
エマ
マニ
ニ瓢
ュエ
エル
ルで
では
はな
なく
くマ
マド
ドレ
レー
iヌヌ
刷非売版が
でで
もも
たた
だだ
一一
た特別
がご
ごく
く少
少部
部数
数つ
つく
くら
られ
れて
てい
いた
たの
のだ
だが
が、
、な
なかか
ペラ
ラン
ン版
版に
につ
つい
いて
ては
は普
普通
通紙
紙刷
刷に
に先
先行
行し
して
て同年一足
月、豪華紙をもちい
ペ
彼
ここ
とと
をを
彼は
辻、
、作
作晶
品を
を二
二十
十歳
歳で
で死
死ん
んだ
だ若
若き
き詩
詩人
人の
の告
告白
白と
とし
して
て公
公表
表す
するる
き、それ を
を相
招手
手に
に埋
埋め
めて
ても
もら
らう
うと
とい
いう
う、
、以
以前
前か
から
らの
の約
約束
束を
を尊
尊重
重し
した
た
十二
二月
月半
半ば
ばに
に﹃
﹁手
手記
記﹄
﹄の
の最
最終
終校校
正
十
正
︵︿
再再
校校
︶)
をを
おお
ええ
たた
ジジ
ッッ
ドド
は辻
、、
モモ
ンン
ペペ
C穿
け前
'年
前の
年暮
むか
暮ら
から
け
親親
交交
のの
はは
じじ
まま
っっ
てて
いい
たた
ヴヴ
ァァ
レレ
夢リ
⋮i
の存
在在
は法
大大
きき
いい
。。
いっ
っぽ
ぽう
うジ
ジッ
ッド
ドを
を喜
喜ば
ばせ
せる
るも
もの
のも
もな
なか
かっ
った
たわ
わけ
けで
では
はな
ない
い。
。と
とり
りわわ
い
た、
がが
、、
従誕
弟弟
のの
意意
園図
を告
察察
しし
、、
ああ
ええ
てて
そそ
れれ
を冶
隠
す
よ
う
に
つ
た
隠
す
よ
う
広
つと
とめ
めた
たの
ので
であ
ある
る︶
)。
。
提
提案
案し
し、
、みずからピエ⋮
iルル・・ククリリシシススのの変変名名でで死死者者略略伝伝のの執執筆筆ををひひ
ロ工
ノに
エむ
にむ
出
婆
けけ
てて
出出
発発
、、
到到
着着
すす
るる
やや
すす
ぐぐ
にに
ヴヴ
ァァ
レレ
亨ザ
⋮ー
にに
会会
っっ
たた
。。
ここ
のの
出
心の
の葛
早藤はあった。独り
りに
にな
なっ
って
心
て﹃
吋手
手記
記嚇
いを
を読
読ん
んだ
だ彼
後女
女は
は涙
読を
を流
読し
して
て感
感動
動し
し
き
きう
うけ
けて
てい
いる
る︵
(た
ただ
だし
しジ
ジッ
ッド
ド自
自身
身の
の草
草稿
稿も
も存
存在
在︶
)。
。こ
こう
うし
して
て﹃
﹃ア
アン
ンド
ドレ
レ・
・
会い
いに
には
は当
当然
然な
なが
がら
らルル
彼の
のほ
ほう
うが
が
会
イイ
スス
がが
介介
在在
しし
てて
いい
たた
がが
、、
’こんどは彼
ン主
主義
義的
薮神
神秘
穂主
主義
義が
がル
ルイ
イスの高踏派的な盟
理想と一致するものだった
ン
ヴァルテ
年年
テル
ルの
む手
手記
記﹄
﹄は
は﹁
﹁遺
遺作
作﹂
﹂と
と副
副題
題さ
され
れ、
、著
若者
者名
名を
を冠
冠さ
さず
ず九
九一一
ッド
ドが
がぼ
ぼく
く
どど
うう
かか
一一
言言
もも
信信
じじ
なな
い
ッ
にに
つつ
いい
てて
-言
一う
面こ
うと
こは
とは
いで
でく
くれ
れた
たま
ま
e⋮
ji
﹁
ジ
た⋮
不安
安を
を隠
穏せ
せな
ない
い手
手紙
紙を
をあ
あら
らか
かじ
じめ
めヴ
ヴァ
ァレ
レリ
リー
iにに送送っってていいた
不
﹁ジ
とは
誌考えにくい
いが
が、
、そ
それ
れで
でも
も互
瓦い
いの
の処
処女
女作
作に
に一
一頁
頁の
の空
空白
白を
を残
残し
して
てお
お
二
末に
に出
民来
科す
する
る。
。し
しかか
イ・
エ.
・ベ
ペラ
ラン
ン書
書店
活にに
二見
月末
しし
なな
がが
らら
、、
デデ
ィィ
デデ
ィエ
よよ
るる
だけが
が残
残存
存。
。な
なお
た約七十部に
お同
同版
版は
は、
、本
本来
来は
は流
流布
布版
版と
とし
して
て想
想定
定さ
され
れて
てい
いに
たも
も
廃棄処分
に蕗
分が
がと
とら
られ
れる
るこ
こと
とに
にな
なる
る︵
(す
すで
でに
にプ
プレ
レス
スサ
サー
ービ
ビス
スに
に使
使わ
われ
れて
てい
い
ぼくは友情を
そそれぞれ別にし
く
くの
の手
手紙
紙も
もい
いっさい見せないようにQQぼ
ぼくの
、、
彼彼
がが
無無
能能
なな
ここ
とは
の
だだ
。。
門︹
:⋮
・︺
︺ぼ
ぽ
のこ
こと
とに
にな
なる
ると
と
と周
は知
周の
知一
の事
事実
実な
な
の
え。
。君はぼくのことを彼よりもずっとよく知っているの
え
のだ
だし
し、
、こζ
とと
しまったい
こむ
の初寂
版に泣
は誤績
植が数多く存在したため、
と
、ジ
ジッ
ッド
ドの
の命
命に
によ
より
むた
ただ
だち
ち
ル・
・ア
アン
ンデ
デパ
パン
ンダ
ダン
ン直
欝紙
賠の
の限
線定
定叛
騒が
がお
おく
くれ
れ
のだ
だが
が、
、死
琵者
者略
略伝
伝や
を付
付会
さな
ない
いラ
ラl
ール
の
って
てい
いる
るし
し、
、ぼ
ぼく
くに
にと
とっ
って
てと
と問
禁じ
じく
く、
、彼
彼が
が怠
君に
にと
とっ
って
ても
も親
親し
しい
いも
もの
の
っ
とは
はと
とて
ても
もう
うれ
れし
しく
く思
怒
ておく
町蕊
議な
なの
のだ
だ。でも
にに
入会
学う
つこζと
くの
のが
が川
好
も君
君が
が彼
彼
を願
願っ
って
てい
いる
る﹂
﹂。
。こ
これ
れに
にた
たい
川し
し、
、ジ
ジッ
ッド
ドと
と会
会っ
った
たヴ
ヴァ
ァレ
レ
になることを
たに
弱ゆ
め、
、結
結楽
果的
的に
に初
初版
叛の
の地
地位
位や
をえ
えた
た﹀
︶。
。
た
と
執執
筆懇
のの
最最
大大
のの
動動
機機
とと
いっ
ママ
ドド
レレ
ー;
とだ
だっ
った
た。
。作
作動品
いて
っも
て過
も⋮
渦蕎
言で
では
はな
ないい
は﹁
﹁ね
ねえ
え慰
君、
、ぼ
ぼく
くは
は慰
君の
の友
友人
人ジ
ジッ
ッド
ドに
に魅
魅せ
せら
ちれ
れ夢夢
ザ⋮
リ
申中
に認
なな
っっ
てて
いい
iは
し
し、
、こζの
の不
不運
避卜
さえ
えも
もジ
ジッ
ッド
ドに
にと
とっ
って
ては
はも
もは
はや
や取
取る
るに
に足
足ら
らぬ
ぬここ
しかし
ヌが、議
期持
待していたよ
ヌ
よう
うな
な反
反応
応を
を示
示さ
さな
なか
かっ
った
たか
から
らだ
だ。
。デ
ディ
ィデ
デイ
ィエ
エ・
・
知
知ら
られ
れざ
ざる
る版
寂本
本
47
4
7
ジラ
ッド
ドの
のル
ルイ
イス
ス宛
宛書
書簡
簡葬
集
ジ
る。なんと絶妙で希有な精神なのだろう1
!美しい詩と純粋な思想
八
八篇
篇が
が蜜
同月
月、
、﹁
﹁法
法螺
螺貝
貝し
い誌
誌の
の最
最終
終号
号に
にア
アン
ンド
ドレ
レ・
・ヴ
ヴァ
ァル
ぞテ
アル
ルの
の名
名で
で掲
掲
月四
刷了
了、
、隈
限定
定一
一九
九〇
O部
部︶
﹀を
者握
間拳
近に
にひ
ひか
かえ
えた
た二
ニ月
月末
末、
、ジ
ジッ
ッド
ドは
はル
ルイイ
ス
四日
欝燗
ス
載
ルル
・・
アア
ンン
デ
のの
単単
行狩
繊出
版版
︵︿
四問
載さ
され
れた
た。
。そ
そし
して
てラ
ラー
ヂパ
パン
ンダ
ダン
ン書
撤店
回か
路ら
かち
i
月に
広か
かけ
けて
て執
執筆
筆さ
され
れて
てい
いた
たが
が、
、翌
翌年
年一
一月
月に
には
は全
金二
二十
十篇
議が
が完完
成
月
成
。。
うう
ちち
じまり、急
急速
速に
に親
親密
密度
度を
を増
増し
して
てい
いく
く文
文通
通か
から
らば
ばか
かり
りか
か、
、ナ
ナル
ルキ
キッ
ッサ
サ
に宛てて、ほんの数行の短信を送っている。
★
九九
二二
年年
二二
月月
二二
十十
七七
日
置
パ
リ
︶
女書
書簡
簡3
3︵開
2八八
日
、
パ
リ
)
を
を同
同封
封す
する
る旨
旨を
を記
記し
し、
、﹁
﹁楽
楽園
園の
のご
ごと
とく
く水
水晶
晶の
のよ
よう
うな
なア
アデ
ディ
ィユ
ユ⋮
﹂と
と
i﹂
誌綱
た
こ
とと
かか
らら
もも
容容
易易
にに
誌
裂刊
官号
号、
、九
九一
一年
年三
三月
月十
十五
五日
日に
に初
初出
出︶
﹀の
の詩
詩人
人に
に捧
捧げげ
た
こ
結
結ぶ
ぶ。
。刊
刊行
行者
者に
によ
よれ
れば
ば、
、贈
贈ら
られ
れた
たの
のは
は第
第二
二十
十一
一篇
篇の
む修
諺正
王済
済み
み校
校正
正
こと
との
のな
ない
い﹀希少きわま
と
まり
りな
ない
い校
校正
正刷
閥、
、た
ただ
だ一
一部
部か
かぎ
ぎり
りの
む校
校正
正欄
副﹂
﹂
あ
、、
文文
学学
あい
いだ
だに
に微
設妙
妙な
な距
距離
離が
が生
生じ
じは
はじ
じめ
めて
てい
いた
たに
にせ
せよ
よ、
、前
前者
者が
が当
当時時
﹁こ
この
の上
上なく貴重
﹁
︿︿
けけ
っっ
しし
てて
霊重
同事
附さ
され
れる
る
﹁
重な
なプ
プレ
レゼ
ゼン
ント
ト﹂
﹂と
とし
して
て
﹁
的な
な交
交友
友関
罷係
係を
を急
急速
速に
に拡
拡大
大し
して
てい
いく
くの
のに
に、
、後
後者
者の
の仲仲
介
的
介
がが
大大
きき
くく
貢貢
献載
イ
スの
のた
ため
めに
に
圃
・・
ルル
イ
ス
別で
で、
、そ
そこ
こに
にジ
ジッ
ッド
ドは
は自
自筆
筆で
で﹁
﹁わ
わが
が友
友ピ
ピエ
エー
iルル
了
れる
る。
。
了解
解さ
され
したこと
とだ
だけ
けは
は否
否定
定で
でき
きな
ない
い。
。ま
また
たド
ドレ
レー
l前
前掲
掲書
書は
は、
、二
二人
人の
む関
毘係
揺類
が
AA
-・G
﹂﹂
とと
戴献
爵辞
を入
にら
刷れ
らた
れ紙
た片
紙。
片。
G
をれ
入る
れ。
る。
一一
部部
だだ
けけ
特特
別別
に刷
た三者間
語で
での
の詩
詩の
の共
共作
作が
が提
提案
案さ
され
れる
るな
など
ど、
、い
いず
ずれ
れも
もが
が﹁
﹁法
法螺
螺貝
良し
﹂誌
誌
は、
、初
初版
版で
では
は死
死後
後刊
刊行
行の
の体
体裁
裁を
を強
強調
調す
する
るた
ため
めに
に、
、雑
雑誌
誌掲
掲載
載時
時の
の
るのは
全部
部で
で二
ニ十
十篇
篇な
なの
のにに
一一
一篇
篇﹂
﹂の
の校
校正
五襯
尉と
とああ
全
、、
贈贈
らら
れれ
たた
のの
がが
﹁﹁
第第
二十
な変
変名
名の
の使
使用
用だ
だけ
けで
では
はな
なく
く、
、か
かつ
つて
てのの
死
者
ような
﹃3
手T
記記
撫い
初初
版絞
序序
文文
︵ハ
死
者
があ
あり
り、
、そ
その
の最
最下
下部
部に
に整
同骨
篇は
は﹁
﹁欠
欠如
如﹂
﹂と
と注
注記
記さ
され
れてて
い
が
い
るる
のの
でで
ああ
るる
。。
か
と
べ‘
嚢き
だだ
ろろ
う
とは
は確
確認
認し
して
ておくべ
う。
。
かろ
ろう
うと
と努
務め
めて
てい
いた
たこζ
第十
十篇
篇に
につ
つい
いて
ても
も﹁
﹁わ
われ
れわ
われ
れに
には
は、
、こ
乙れ
れが
が詩
詩の
のプ
プラ
ラン
ンに
にす
すぎぎ
な
い
第
な
い
のの
と第二十一
に
、、
﹁﹁
二二
十十
﹂﹂
とと
いい
う番
れれ
たた
一一
一頁
良
と
一篇
篇の
のあ
あい
いだ
だ
に
う問
番す
号だ
だけ
けが
が印
印挺
鰯さ
さ
ラフ
フォ
オル
ルダ
グ的
ドド
﹄
ラ
的な
な仔
野情
清に
には
は、
、﹃
﹃ユ
ユリ
リア
アン
ンの
の旅
旅﹄
﹄﹃
﹃恋
恋の
の試
試み
み﹄
﹄﹃
﹃パ
パリ
リュ
ューi
﹄
略
ほど
どこ
九九
篇矯
れた
たた
ため
めだ
だ。
。す
すな
なわ
わち
ち、
、第
第十十
ζされ
略伝
法︶
﹀に呼応する作為がほ
と
が
わむ
と徐
徐々
々に
にあ
品か
から
らさ
さま
まに
にな
なっ
って
てい
いく
くイ
イロ
ロニ
ニー
!の
の要
要素
素が
がす
すで
でに
にう
うかか
が
か、
、あ
ある
るい
いは
はア
アン
ンド
ドレ
レ・
・ヴ
ヴァ
ァル
ルテ
テル
ルが
が十
十分
分な
な完
完成
成品
品と
と見
見な
なし
して
てい
いた
た
か
﹃
士ナ
ノル
ルシ
シス
ス論
論無
﹄に
につ
つづ
づく
く﹃
吋ア
アン
ンド
ドレ
レ・
ヘヴ
ヴァ
ァル
ルテ
テル
ルの
の詩
詩論
いも
もま
また
た象
象徴
徴
れ
月
かか
らち
九九
れる
る点
点を
を忘
忘れ
れて
ては
はな
なる
るま
まい
い。
。詩
詩篇
篇の
の大
大半
半は
はす
すで
でに
に九
九一
一年
年六六
足
主
ソド
ドク
クシ
シー
主義
義的
的オ
オー
iののななかかにに位位置置づづけけらられれるる作作品品ででああるるがが、、そそのむ
iソ
を
維
持持
をを
はほ
を軸
鞍に
に文
文学
学的
的交
交流
流を
を活
活発
発に
にお
おこ
こな
ない
い、
、そ
それ
れに
によ
よっ
って
て友
友情
情の的
維
正否は
え
試さて
てお
おき
き、
、同
同年
年の
の八
八月
月か
から
ら九
九月
月に
にか
かけ
けて
ては
はヴ
ヴァ
ァレ
レ亨
リ⋮
iをを交交え
九
九一
一年
年六
六月
月頃
壌に
には
は﹁
﹁危
危機
機的
的状
状態
態に
にあ
あっ
った
た﹂
﹂と
と断
断言
言し
して
てい
いる
るが
が、
、そ
その
む
ヴ
の
ずァ
ァレ
レリ
ヲ⋮
との
の一
一件
件に
に特
特徴
徴的
的な
なよ
よう
うに
に、
、た
たと
とえ
えジ
ジッ
ッド
ドと
とル
ルイ
イスス
む
iと
十
イ
ス
主
宰
のの
﹁﹁
法詮
螺課
員長
﹂﹂
十二
二月
見鎧
出来
来︶
)を
を、
、ま
まさ
さに
にこ
この
の﹃
﹃ナ
ナル
ルシ
シス
ス語
語る
る﹄
﹄︵
(ルル
イ
ス
主
宰
J
伝
りて
長説
説を借れ
て象
象徴
徴主
主義
義の
の精
精髄
髄を
を示
示そ
そう
うと
とし
した
た﹃
﹃ナ
ナル
ルシ
シス
ス論
論﹄
﹄︵
︿九
九一
一年
年
く
喜、
びび
がが
ここ
れれ
にに
劣劣
らら
なな
かか
っっ
たた
ここ
とと
はは
、、
そそ
のの
後後
たた
だだ
ちち
にに
は法
くっ
つて
ている。慈
たい
いす
する
るジ
ジッ
ッド
ドの
のな
なん
んと
とい
いう
う熱
熱庇
狂!
1い
﹄と
と、
、手
手放
放し
しの
の賛
賛辞
辞を
を番
書き
壼お
お
にた
48
4
8
脚
た
だピ
しし
、、
実実
際際
にに
ルル
イイ
スス
のの
手手
にに
なな
るる
もも
のの
かか
否否
かか
はは
未未
脚注
注が
が添
添え
えら
られ
れて
てい
いる
る︵(
に
も
は判
判別
別し
しが
がた
たい
い。
。P
C﹂
﹂と
と、
、ピ
ピエ
エl
ール
ル・クリ
リシ
シス
ス名
名義
義
のの
C
p・・
ものなのかは
ちがって、青春の目覚めとともにここ数年、肉体の純潔を守ろうと
ない。清教徒的な克己主義が魂の平静をたもっていた幼少年期とは
主要お
られ
ら
れ、
、以
以後
後﹁
﹁第
第二
二十
十一
一篇
篇﹂
﹂︵
(第
第十
十篇
篇と
とと
とも
もに
に﹁
﹁法
法螺
螺貝
員﹂
﹂誌
誌に
には
は未
未発
発表
表だ
立っ
っ
方を退けることは神にさからう行為ではないかと疑い、﹁この不一
らである。そして彼は、自らを二分する争闘にあって、いずれか一
するあまり、かえって逆に精神の混沌をまねく結果になっていたか
〉ュァをあもと
いつを少
で 、フ ぞ る 重 考 = ず て 守 年
はチリ ζ
。大ぇ ω れいろ期
早ユカ与
なる不かたうと
く ニ lζ¥
目」ーーかとは
たも
もの
のの
のび
ひ
一
貫し
しで
て二
二十
十と
とい
いう
う番
番号
号が
があ
あた
貫
た
とと
つつ
﹀︶
にに
はは
現現
行行
流流
布布
版版
まま
でで一
詳
年
︶
にに
おお
いい
てて
捨捨
てて
詳︶
﹀。
。こ
乙う
うい
いつ
った
た死
死後
後刊
刊行
行の
の体
体裁
裁は
は第
第二
二版
版︵
(一
一九
九二
二二二
年
﹀
伝乙ビのもた肺ひえもスむ友
的よ致方らすちな
記とスょうの炎いな予なけ人乙でうなをでるがい
的にクい無だにたい定どてのうあに芸退ああつ
・きラア理。か風。をを出画しりなフ巳けるまで清
年までノレな頻か邪ト変へ発家て、る主る。り、教
譜る冬ジの繁つをゥ更てすポジ一。義乙そ、青徒
的。をエでなてこ l せ十る i ッ生そがとしか春的
に こ 過 リ 、 移 し じ ロ ざ 一 。 jレ ド を し ひ は て え の な
はのどア気動まらンる月し 1 は賭てと神彼つ目克
大たすの候はっせでを十かアーけ、つにはて覚己
きめ一一一一一孟孟二二二二二二二二二 一 し jレ 八 る そ の さ 、 逆 め 主
なスー・・固・・・・・・・・・・・E 日 な べ 九 に の 調 か 自 に と 義
長
:
ζ が
l三値調和らら 精 とが
味ス園圃圃圃圃圃圃・到らノレ年す和にうを神も魂
巻は冨圃圃・・・・・圃・・・・・・E着 、 ・ 十 る の お 行 二 の に の
も六掴園・・・・固腰場圃・・・・しトロ月も探ち為分混乙平
つ 日 置 ・ ・ ・ ・ ・E
童謡凋 ・ ・ ・ ・ た ゥ - I b の 求 つ で す 沌 乙 静
閉・・・・・・E騒議懇温・・・E ス l ラ 2
2だ 乙 き は る を 数 を
そ 1
の ・ ・ 臨機 濁・ ・ 圃 l ロ ン 宅 と そ は な 争 ま 年 た
結・・・・・・・圃瞳溢組際謬思惑司 ・ ス ン ス 三 思 が し い 闘 ね 、 も
も 告 ・ ・ ・ 圃 薗際 鱗 繍 ( 、 と 元 わ 彼 な か に く 肉 つ
ジ滞
・ 盤鱗 欝 チ マ と 害 れ の い と あ 結 体 て
留圃圃・・・薗盟理恩瀦謬綴議整遜if jレ も 見 た も も 疑 つ 果 の い
は掴・E難盤襲撃27Z震宅ZZ7τ
:
ようになる。そして、その調和の探求こそが彼のもっとも重大な目
致な二元主義がひとつの調和におちつきはしないものかと考える﹂
ビスクラで冬を過ごす
のよいアルジェリアの
もう無理なので、気候
たのだ。頻繁な移動は
肺炎にかかってしまっ
ひいた風邪をこじらせ
えない。トゥーロンで
も予定を変更せざるを
スなどをへて十一月十一日に到着したスース︵チュニジア︶では早く
むけて出発する。しかしながら、トゥ舞踊ン、マルセイユ、チュニ
友人の画家ポールーーアルベール・ローランスとともに北アフリカに
こうしてジッドは一八九三年十月、均衡と充実と健康をもとめて、
的であり、一生を賭けるに値するものだと思われたのである。
はす
すべ
べて
て完
完了
了し
して
てい
いた
た
この
の二
二月
月末
末時
時点
点で
で初
初版
版出
出版
版の
のた
ため
めの準備作業は
乙
と
と見
見て
てよ
よい
いだ
だろ
ろう
う。
。
で
ああ
るる
ここ
とと
かか
らら
、、
終部
部分
分の
の校
校正
正刷
刷が
が修
修正
正済
済みみ
で
えられている。
。な
なお
お、
、最
最終
し
知
知ら
られ
れざ
ざる
る版
版本
本
49
4
9
こ と に きま
る
。
このためスースは六日間の短い滞留におわったが、
初 ゎ 盟 国 国 醗 簿 懸議 幾 察
杭
っ置圃・・闘騒懸鍾盤盤整遜議襲撃警
護
モ た 掴 園 田 恩畿畿緩懇謬謬嬢 慈議選
の が 掴 臨器 購 欝 機 縁警察綾織
性、
P
a
u
lL
a
u
r
e
n
s
Paul Laurens
伝記的・年譜的には大きな意味をもつ。そこでジッドが初めての性
・
自
え
、、
ジジ
ッッ
ドド
はは
虚虚
構構
のの
力力
でで
はは
包し
して
てい
いた
たと
とは
はいい
え
自己
己否
否定
定的
的な
な要
要素
素を
を内
内包
E E
も
識
せせ
ざざ
るる
をを
ええ
もは
はや
や統
統御
御し
しき
きれ
れな
ない
い内
内心
心の
の葛
葛藤
藤を
をこ
これ
れま
まで
で以
以上
上に
に意意
識
部
かか
にに
部分
分的
的な
な雑
雑誌
誌掲
掲載
載の
の後
後に
に単
単行
行出
出版
版さ
され
れる
る。
。し
しか
かし
し、
、そ
それ
れら
らが
がいい
こ
ユユ
リリ
アア
ン
﹃
み
ンの
の旅
旅﹄
﹃恋
恋の
の試試
み﹄がが
、先
先に
にも
も挙
挙げ
げた
た﹃﹃
﹄とと
乙の
の翌
翌年
年に
には
は、
1893年8月のルイス(於ベイルート)
1
8
9
3年 8月の/レイス(於ベイルート〉
qやはり女性とむ
間性
性愛者としての自覚はまださほど強
同
強く
くは
はな
ない
いq
の接
接
同時
時に
に、
、彼
彼の
のな
なか
かで
で本
本質
質的的
は彼に強烈な印象を残すことになるが、同
交渉、しかも少年を相手の性交渉を経験したからである。ここ
のの
体捧
験験
。そ
そし
して
て三
三月
足二
二十
十段
号頃
頃に
には
は、
、病
病状
状の
の好
好転
転し
して
てき
きた
た息
皐子
子の
むこ
こ
なかった。
態
は
態を
を知
知っ
った
た母
母は
は嘆
嘆き
き悲
悲し
しみ
みは
はす
する
るが
が、
、お
おも
もて
てだ
だっ
って
て非
非難
難す
する
るこ
ことと
は
︵
コ
(
﹃
一粒
粒の
の麦
表も
もし
し死
死な
なず
ずば
ば﹄
﹄︶
)。
。到
到着
着後
後、
、ふ
ふと
とし
した
た偶
偶然
然か
から
ら共
共宝
同生
生濫
活の
む実
実
っ
たた
﹂﹂
ぼくたち
ちの
の生
生活
活に
には
はな
なん
んの
の変
変化
化も
もあ
あっ
って
ては
はな
なら
らな
ない
いと
と言
設い
いはは
っ
んな
なここ
とあ
はるあ
るら
べざか
らと
ざだる
母議
がし来
た母
とがし
てと
もし、
とは
べか
るこ
と抗
た。
来た
ても、
ジッ
ッド
ドの
のルイス宛書構
簡集
グ
ていたのである。同月下旬
旬に
には
はビ
ピス
スク
クラ
ラに
に到
到着
着、
、や
やが
がて
てこ
この
心地
地で
で療
療
では
は北
北ア
アフ
フリ
リカ
カ滞
滞在
在中
中、
、ル
ルイ
イス
スと
とは
はど
どん
んな
なや
やり
りと
とり
りが
が交
交わ
わさ
され
れて
て
で
ママ
にに
到到
着着
しし
てて
い
ナポリを経
経由
由し
して
て、
、四
目月
立十
十三
二ヨ
日に
には
はロ
ローl
いる
る。
。
ス
彼女
女に
に同
同道
道、
、そ
その
の後
後マ
マル
ルタ
タ島
島、
、シ
シラ
ラク
クサ
サ、
、
スク
クラ
ラを
を離
離れ
れチ
チュニスまで彼
つ恐
をいえば、ルイスの書簡はドゥー
いたのだろう。じっ
セ文
文庫
庫に
に保
保管
管
lセ
ロー
ラン
ンス
スに
に委
委ね
ねて
て帰
薄国
墨の
の途
途に
につ
つく
く。
。ジ
ジッ
ッド
ドた
たち
ちも
も長
長逗
逗留
曹の
のビ
ピ
とをロ
lラ
じめて交
と
爽爽
交渉
渉を
をも
もっ
った
たあ
あと
と、
、ジ
ジッ
ッド
ドは
は﹁
﹁ま
まれ
れに
に見
見る
る安
安静
静な
な気
気も
もちち
と
部落
落の
のあ
ある
る少
少年
年を
を心
心に
に思
患い
い描
語き
きな
なが
がら
らで
であ
あっ
った
たと
とは
はいい
部
ええ
、、
彼彼
女女
とと
はは
さ
病錦
気奇
を人
人づ
づて
てに
に知
知って‘
、
され
れる
る十
十五
広通
潤ほ
ほど
どが
が知
知ら
られ
れて
てい
いる
るが
が︵
ハジ
ジッ
ッド
ドの
の病
のウレッドー
ー一
ラフ
ンン
スス
とと
共共
有有
しし
たた
のの
でで
ああ
るる
。。
嗣毘
じじ
の
日ー
ナナ
イイ
ルル
むの
少少
女女
をを
ロロi
とっ
って
ては
は、
、医
底師のど
市充
民壷
忠除
徐
やかさい
﹂を
を感
感じ
じる
る一﹁ぼくく
にに
と
どん
んな
な︹
︹鶴
蹄
もな
ない
い﹂
も
﹂。
。
後
後に
に言
言及
及す
する
る九
九四
四年
年置
二月
足一
一ヨ
自付
社以
以外
外に
には
は一
一通
通も
も存
存在
在が
が確
確認
認さ
され
れて
てい
い
連
絡を
ぞ乞
乞う
う九
九三
三年
年十
十月
月二
二十
十八
八ヨ
日付
付以
以外
外は
はす
すべ
べて
て未
未刊
刊︶﹀
、
ジ
ッ
ド
連絡
、
ジ
ッ
ド
のの
そそ
れれ
はは
、、
不
・
不均
均衡
衡は
は、
、母
母ジ
ジュ
ュツ
リエ
ヱッ
ット
トと
との
の文
文通
通だ
だけ
けで
では
はな
なく
く、
、ウ
ウ!
!ジ
ジェ
ェー
iヌヌ
・
な
の
あ
ま
りり
にに
顕顕
著著
なな
量量
的的
ない
い︵
(そ
それ
れに
にこ
この
のた
たび
びも
もう
う一
一尉
還が
がく
くわ
わわ
わる
る︶
)。
。ここ
の
あ
ま
ル
ール
ルや
やマ
マル
ルセ
セル
ル・
・ド
ドル
ルi
ーア
アン
ンら
ら数
数人
人の
の友
友人
人と
との文通が中
申話
貧して
ル
アアl
気に
にか
かけ
けて
てい
いな
なか
かっ
った
たが
が、
、ロ
ロー
ーラ
ラン
ンス
スは
はひ
ひど
どく
く心
心配
配し
した
た。
。知
知
さほど気
こ
やっ
って
て
こう
うし
して
て翌
翌九
九四年む
の二見
月上需
旬にはジュリエットがビスクラにや
いな
ない
い乙
こと
とから見て、弱
病気がその原因であったとは
い
は思
思わ
われ
れな
ない
い。
。ま
ま
して
てし
しま
まっ
った
たと
とい
いう
うの
のも
も念
信じ
じが
がた
たい
い。
。ジ
ジッ
ッド
ドが
がす
すで
でに
にフ
フラ
ラン
ンス
スを
を離
離
た、ジッ
ッド
ドが
が実
実際
際に
には
は頻
類繁
繁に
にル
ルイ
イス
スに
に手
手紙
紙を
を書
書い
いた
たが
が、
、多
多く
くは
は紛
紛失
失
明明
けけ
てて
いい
たた
かか
らら
だだ
iしi
れる前からヴ
ヴァ
ァレ
レリ
リi
ーに
には
はつ
つぎ
ぎの
のよ
よう
うに
に打
打ち
ち
i母﹁と母再と会
再す
会る
すこ
ると
こも
と、
も母
、に
母こ
にの
乙の
うなものだったi
一﹁
国閣
をを
見見
せせ
るる
ここ
とも
も、
、ぼ
ぼく
くに
には
はう
うれ
れし
しか
かっ
った
た。qだ
だが
が、
、ぼ
ぼく
くた
たち
ちが
が落
落胆
胆し
した
たこζ
と
とと
もも
まま
﹁ル
ルイ
イス
スに
に手
手紙
紙を
を書
書く
くここ
と
﹁
と
をを
ぼぼ
くく
はは
ぐぐ
っっ
とと
ここ
らら
ええ
てて
いい
るる
。。
こ乙
ちち
らら
黙り
りこ
とん
んで
でか
から
らと
とい
いう
うも
もの
む、
、ル
ルイ
イス
スは
は魅
魅力
力の
のあ
ある
る手
手紙
紙を
をわ
わん
んさ
さと
と
が黙
いたのに、ぼくたちの性本能の
の再
再教
教育
育が
が今
今よ
よう
うや
やく
く緒
緒に
につ
つい
いた
たば
ばか
か
り
qぼくは
は、
、そ
そ
りだ
だと
とい
いう
うの
のに
に、これを申
中具
断しなければならないのか。
実、
だだ
っっ
たた
。。
ぼぼ
くく
たた
ちち
のの
懸共
案同
生生
活活
はは
ここ
んん
なな
にに
具
合
た事課
具
合よ
よく
くは
はじ
じま
まっ
って
て
来る
る。
。近
近日
日到
到着
着の
む電
電報
報を
をう
うけ
けと
とっ
って
てジ
ジッ
ッド
ドが
が抱
抱い
いた
た感
感情
需はは
つ
来
つ
ぎぎ
のの
よよ
ら
え
るる
べべ
きき
だだ
とと
考考
ええ
るる
。。
らせ
せを
をう
うけ
けた
た彼
彼の
の両
両親
親は
は、
、ジ
ジッ
ッド
ドの
の母
母に
につ
つたた
え
少女
女と
との
の関
関係
係が
がは
はじ
じま
まる
る少
少し
し前
前、
、ジ
ジッ
ッドド
少
はは
喀略
血血
しし
てて
いい
たた
。。
当当
外人
はは
iiE
来の
の︺
︺誘
誘導
導剤
剤よ
より
りも
も聖
メ日
ワア
アム
ムの
のほ
ほう
うが
が即
即効
効的
的だ
だっ
った
たこζ
去
とと
はは
疑疑
うう
べべ
くく
養
メメ
リリ
アア
ムム
とと
いい
うう
名名
養を
をか
かね
ねた
た奇
奇妙
妙な
な共
共同
同生
生活
活が
がは
はじ
じま
まる
る。
。ジ
ジッ
ッド
ドはは
触に
によ
よっ
って
て禁
禁欲
欲的
的自
自我
我を
を救
設済
諾す
する
るこ
こと
とが
が主
主要
要な
な課
課題
題と
とし
して
て意
意識
識ささ
れ
触
れ
se
5
0
と誌
はできないような気がする﹂と
と、
、人
入柄
柄と
と作
作品
品と
とを
を区
区別
別し
しよ
よう
うと
とる
b
ツド
ドの
の評
評怖
価は
は両
両義
義的
的で
であ
あっ
っで
て、
、﹁
﹁ル
ルイ
イス
スの
の散文安
を英
美妙なものと思わ
ッ
りしてい
いる
るが
が、
、も
もう
うそ
それ
れで
で心
心を
を動
動か
かさ
され
れる
るこ
とと
とは
はな
ない
い﹂
﹂。
。た
ただ
だし
しジ
ジ
くれる。
。日
日に
によ
よっ
って
て、
、そ
その
の調
調子
子に
によ
よっ
って
て、
、よ
よく
く読
読ん
んだ
だり
り読
読ま
まな
なか
かっ
った
た
ること、体は
辻おそら
らく
く少
少し
しよ
よく
くな
なっ
って
てい
いる
るこ
こと
と、
、ま
まだ
だ帰
帰国
国の
の予
予定
定
イスの不安をとり除くため
めに
に、
、淫
ロ乱
ーラ
ラン
ンス
スと
とは
法依
扶然
然い
いっ
っし
しょ
ょに
にい
い
危な
﹄い
。。
以以
下下
、
ル
なっ
っか
かし
しく
くは
はあ
ある
るが
が、
、う
うま
まく
く友
友情
情を
告御
御し
して
てい
いこう
ζう
、
ル
せせ
てて
ぐく
れれ
るる
。。
するの
のと
と岡
同じ
じよ
よう
うに
に、
、友
友情
情の
のほ
ほう
うで
でも
もぼ
ほく
くを
を楽
楽し
しまま
して
てほ
ほし
しい
い、
、と
とい
いっ
った
た旨
旨に
につ
し
つづ
づい
いて
て、
、﹁
﹁ぼ
ぼく
くが
がぼ
ぼく
くた
たち
ちの
の友
友情
情を
を愛
愛
記記
述l
執筆を話題
題と
とす
する
る一
一連
連の
の
述−
l
はないことなどが箇
笛条
条書
書き
きで
で短
短く
く記
記さ
され
れる
るが
が、
、最
最後
後の
の三
三条
条は
は作
作品
品
ず
立立
てて
てて
いい
るる
ここ
ずに
誌は
はい
いら
られ
れな
ない
い﹂
﹂の
ので
で﹁
﹁彼
彼に
にた
たい
いし
して
てす
すっ
っか
かり
り腹
腹をを
とめ
めて
てい
いる
る(
︵付
と
付言
言す
すれ
れば
ば、
、こ
乙れ
れは
詰ま
まさ
さに
に後
後の
のフ
フラ
ラン
ンシ
シス
ス・
・ジ
ジャ
ャム
ムに
にた
たい
いす
する
る
態室
度で
でも
もあ
ある
る﹀
︶。
。
議
書
うう
﹂元
。ヨ
﹁バ
﹃リ
パリ
いう
う題
題の
の作品
めめ
のの
銘銘
書け
ける
るだ
だろろ
ュュ
ーー
ドド
﹄﹄
ととい
品で
で、
、そ
その
のたた
﹁ほ
ほん
んの
の少
少し
しだ
だけ
け書
書い
いて
てい
いる
る。Q体
体が
がも
もっ
っと
とよ
よく
くな
なれ
れば
ば、
、た
たく
くさ
さん
ん
﹁
ζの銘句は
句
見つ
つけ
け
た
はル
ルイ
イス
スが
が主
主揺
題を
を制
判判
断断
すす
るる
手手
がが
かか
りり
にに
句を
骨見
た
い獄
。。こ
つ
つぎ
ぎの
の書
書簡
簡は
は、
、あ
あら
らた
たに
に存
存在
在が
が確
確認
認さ
され
れた
た北
北ア
アフ
フリ
リカ
カ滞
滞在
在申
中の
のル
ル
第
に
つつ
いい
てて
第一
一級
殺の
の資
資料
料と
と呼
呼び
びう
うる
るも
もの
ので
であ
ある
る。
。た
ただ
だ、
、そ
その
の執
執筆
筆時
時期期
に
にむ
むか
かっ
って
てい
いう
う﹁そして、たしかに畑は石ころだち
らげ
けで
で、
、沼
沼が
が牧
牧場
場を
をイ
イグ
グ
に
なる
るだ
だろ
ろう
うと
と、
、ウ
ウユ
ェル
ルギ
ギリ
リウ
ウス
スの
の一
一節
節︵
︿メ
メサ
ワベ
ベウ
ウス
スが
がテ
ティ
ィテ
ティィ
リ
ュ
ス
な
リ
ュ
ス
イス宛という
う点
点で
でも
も、
、ま
また
たそ
それ
れが
がも
もた
たら
らす
す情
情報
報の
の重
重要
要性
性に
にお
おい
いて
ても
も
は若干の
の説
説明
明が
が必
必要
要だ
だ。
。と
とい
いう
うの
のは
は、
、封
封筒
筒が
が残
残っ
って
てい
いな
ない
いた
ため
めと
と思
思
サで
で縁
縁取
取っ
って
ては
はい
充
た
さ
れれ
てて
いい
るる
﹂﹂
、、
第第
一一
のの
.牧
牧
サ
いる
るが
が、
、お
おま
まえ
えは
はそ
それ
れで
で十
十分
分にに
充
た
さ
わ
れる
るが
が
マで
で投
投
函
う
書状
状冒
冒頭
頭の
の記述
書
述の
む
'
2
マ
函
)︶
//
どビ
スス
クク
ララ
﹂﹂
とと
いい
むれ
、、
﹁﹁
(︵
ロロ1ー
i
上
上に
に、
、刊
刊行
行者
者が
が﹁
﹁一
一八
八九
九四
四年
年四
四月
足半
半ば
ば﹂
﹂と
とし
しか
か補
補っ
って
てい
いな
ない
いか
から
ちで
で
ス
スに
には
は思
思い
いも
もよ
よら
らな
ない
いも
もの
のと
と述
述べ
べ、
、﹁
﹁白
白色
色評
評論
論﹂
﹂誌
誌が
が掲
掲載
載を
を拒
拒ん
んで
で
歌、
七七
i一四四八八)
歌
、四
四
︶を
を引
引用
用。
。だ
だが
が、作品
品は
﹂
でで
、、
ルル
イイ
は﹁
﹁ほ
ほと
とん
んど
どは
は韻
韻文文
﹂
周封ず
いる短い見本を毘
する
る旨
旨。
。
三Z
月二
二十
十日頃まで、いっぽうロー
iママ到到着著はは四四月月十十二二日日でで、、すすででににそそ
れ
あ
るる
。。
しし
れだ
だけ
けで
でも
も執
執筆
筆と
と投
投函
閣と
との
のあ
あい
いだ
だに
には
は約
約三
三週
週間
間の
の隔
隔た
たり
りがが
あ
さら
らに
に、
、ア
アト
トマ
マン
ンと
とい
いう
う少
少年
年が
がい
いっ
っし
しょ
ょに
に生
生活
活し
して
てい
いる
るが
が、
、﹁
﹁ぼ
ぼ
さ
あ
ある
るq
。.
一し
しか
かし
しな
なが
がら
ら、
、す
すで
でに
に述
述べ
べた
たよ
よう
うに
にビ
ピス
スク
クラ
ラに
に滞
滞在
在し
した
たの
むは
は
か
す
れれ
ばば
、、
客時
間間
かも
もビ
ごス
スク
クラ
ラで
マの
の近
近況
況報
報告
告と
とい
いっ
っ尭
た書
審簡
簡の
の性
性格
格を
告考
考慮臆
す
くた
たち
ちは
は彼
彼と
とは
は肉体関係はない。ぼくたちは
iル
く
はア
アヴ
ヴン
ンチ
チュ
鉱i
ルを
を気
気
返
う
にに
ぼぼ
くく
のむ
無無
沙沙
返事
事を
を受
受け
けと
とっ
った
たは
はず
ずだ
だか
から
ら愚
、も
もう
う君
君は
は前
前の
のよよ
う
★
4
︵ハ
隔一
八八
九九
四四
年年
三
月
ビビ
スス
クク
ララ
。。
四
月
ママ
でで
投設
函密
︶)
三
月半
半ば
ば以
円誘
以、
欝、
四
月半
半ば
ばロ
ローi
実書
書簡寵
4
二十
十四
四頁
頁と
と第
第二
二十
十五
五頁
頁を
を送
送ら
られ
れた
たし
し﹂
﹂︹
ハ返
返送
送さ
され
れた
たし
しの
の意
意か
か︺
︺、
、と
と。
。
二
うな
なこ
こと
とが
がな
なに
にかか
、﹃
ヨパ
バリ
リュ
ュー
ード
ド﹄
﹄の
の第
第
う
でで
きき
なな
いい
かか
とと
提提
案案
。。
まま
たた
、﹁
あり
り、
、追
追伸
伸と
とし
して
て、
、批
批評
評の
のか
かた
たち
ちでで
あ
二二
人人
のむ
名名
がが
いい
っっ
しし
ょょ
にに
載載
るる
よよ
に入
入っ
って
てい
いる
る。
。そ
そし
して
て、
、ぼ
ぼく
くは
はす
すば
ばら
らし
しく
く喜
喜び
びに
にみ
みち
ちて
てい
いる
る﹂
﹂とと
に
的
大大
きき
いい
とと
見見
るる
べべ
きき
だだ
ろろ
うう
。ο
的な
な隔
蕗た
たり
りは
はさ
さら
らにに
汰
乱明
採が不十
十分
分だ
だっ
った
たな
なら
ら問
問問
いい
たた
だだ
汰を
を嘆
嘆く
くこ
こと
とは
はあ
ある
るま
まい、もし説
知
知ら
られ
れざ
ざる
る版
版本本
51
5
1
注目
目さ
され
れる
るの
のは
は﹃
﹃パ
バリ
リュ
ュー
ード
ド﹄
﹄執
執筆
筆に
にか
かん
んす
する
る記
記述
述で
でああ
ろ
注
ろ
うう
。。
同同
作作
微妙
妙な
な友
友情
情関
関係
係へ
への
の言
言及
及も
も興
興味
味ぶ
ぷか
かい
いが
が、
、こ
この
の書
書簡
簡で
でな
なに
によよ
り
微
り
もも
書
に
おお
いい
てて
散散
文文
のの
完完
成成
稿稿
書簡
簡に
には
は﹁
﹁ほ
ほと
とん
んど
どは
は韻
韻文
文﹂
﹂と
と記
記さ
され
れ、
、形
形式式
に
におさまり、その冒頭部をなすものなのか。けっしてそうではない。
では
はこ
乙の
の草
草稿
稿は
は、
、や
やが
がて
ては
は完
完成
成稿稿
(
一
二
二
で
︵
=
一
二
枚枚
、、
現現
在在
はは
個個
人人
蔵蔵
︶)
のの
なな
かか
ジッ
ッド
ドの
のル
ルイ
イス
ス宛
宛書
書簡
簡集
集
グ
クル
ルを
を、
、最
最近
近ま
まで
でそ
そこ
乙に
に身
身を
をお
おい
い
品は
は、
、パ
パリ
リの
の閉
閉塞
塞的
的な
な文
文学
学セ
セナ
ナー
品
lク
レン
ンツ
ツェへと
レレ
リリ
ーi
宛宛
書書
簡簡
︵(
五五
月月
二二
十十
八八
日日
付付
︶
に
﹀
に
レ
と転
転じ
じた
た数
数日
日後
後の
のヴ
ヴァァ
らブ
フイ
イ
違が
が決
決定
定的
的だ
だか
から
らで
であ
ある
る。
。た
ただ
だし
し、
、ジ
ジッ
ッド
ドが
がロ
ロー
との相違
かか
ら
lママ
で
であ
ある
る。
。
た自身をもふく
くめ
め容
容赦
赦な
なく
く春
那楡
撤す
する
るこ
こと
とで
で、
、象
象徴
徴主
主義
義と
との
の決
決別
別を
を宣
宣
つ
つづ
づか
かず
ず、
、ロ
ロー
:マ
マ滞
滞在
在中
中の
の比
比較
較的
的早い時点で散文形式に変更された
﹁
﹁近
近代
代的
的な
な小
小説
説﹂
﹂と
とあ
ある
るこ
こと
とか
から
ら、
、韻
韻文
文に
によ
よる
る創
創作
作は
はそ
その後長くは
も
もの
のと
と思
思わ
われ
れる
る。
。こ
これ
れに
に関
関連
連し
して
て興
興味
味ぶ
ぷか
かい
いの
のは
は、
、の
のち
ちに
にル
ルイ
イス
スが
が
本
でで
にに
ぼぼ
くく
のの
心心
中中
にに
宿宿
っっ
てて
いい
たた
﹂﹂
本は
はぼ
ぼく
くが
がフ
フラ
ラン
ンス
スへ
へ帰
帰る
る前
前か
から
らすす
ーア
アル
ルベ
ベー
ール
ル・ローラ
者
﹄﹄
ぼく
くが
が︵
(ポ
ポー
ール
ルーH
ラン
ンス
スと
とビ
ビス
スク
クラ
ラで
で︶
)﹃
﹃背
背徳徳
者
同
ド
﹄﹄
はは
最最
初初
はは
韻韻
文文
作作
品品
だだ
っっ
同じ
じ年
年の
の十
十一
一月
月に
にル
ルイ
イス
スは
は、
、﹁
﹁﹃
﹃パ
バリ
リュ
ューー
ド
あ
4を
をふ
ふま
まえ
えた
た記
記述
述を
を残
残し
して
てい
いる
るこ
乙とだ。すなわち、
あき
きら
らか
かに
に書
書簡
簡4
ュー
ード
ド﹄
﹄を
を書
書い
いて
てい
いる
.と
るく
とく
﹃バ
パリ
リュ
ュー
ード
ド﹄
﹄を
を
ュ
りり
返返
しし
てて
いい
るる
うう
ちち
にに
﹁﹁
︿︿﹃
こと、さらに、ジッドがだれ彼にとなく
た﹂乙
く近
近況
況を
を問
問わ
われ
れて
て、
、﹃
﹃パ
バリ
リ
はビスク ラ か ら
ら、
、作
作品
品に
に言
言及
及す
する
る手
手紙
紙を
をア
アン
ンリ
リ・
・ド
ド・
・レ
レニ
ニエ
エに
に送
送っ
っ
︵レニ
の
経
緯緯
ていた(
ニエ
エの
の同
同月
月十
十四
四日
日付
付返
返信
信に
によ
よる
る︶
﹀。
。だ
だが
が執
執筆
筆そ
その
のも
ものの
の
経
書
書い
いて
てい
いる
る男
男﹀
﹀の
の状
状況
況を
を物
物語
語る
ると
とい
いう
うア
アイ
イデ
ディ
ィア
アを
を思
思い
いつ
つい
いた
た﹂
﹂ここ
かんする前般
段の
の正
正確
確さ
さが
が立
立証
証さ
され
れた
た以
以上
上、
、主
主題
題の
の移
移行
行を
を問
問題
題に
にす
する
る
書
かか
もも
そそ
こ乙
にに
はは
書簡
簡が
がこ
これ
れま
まで
で知
知ら
られ
れて
てい
いた
たも
もっ
っと
とも
も古
古い
いも
もの
ので
で、
、しし
後
は
許許
ささ
れれ
まま
後段
段に
につ
つい
いて
ても
も、
、も
もは
はや
や考
考慮
慮・
・検
検討
討の
の対
対象
象か
から
ら外
外す
すこ
乙とと
は
日までほとんど等閑に付されて
てき
きた
たが
が、
、少
少な
なく
くと
とも
も形
形式
式上
上の
の変
変更
更に
に
う
の
記記
述述
のの
信信
塑遠
うな
な事
事情
情を
を反
反映
映し
して
て少
少な
なか
から
らぬ
ぬ研
研究
究者
者が
が、
、と
とく
くに
に日
日記記
の
とを
を、
、作
作者
者本
本人
人に
にむ
むけ
けて
て書
書い
いて
てい
いる
るの
ので
であ
ある
る。
。こ
乙の
の記
記述
述は
はな
なぜ
ぜか
か今今
性
性を
を疑
疑問
問視
視し
し︵
(た
たし
しか
かに
にそ
それ
れは
は﹁
﹁ビ
ビス
スク
クラ
ラで
で﹃
﹃パ
バリ
リュ
ュー
ード
ド﹄
﹄を
を完
完成
成し
した
た﹂
﹂
い。なお、ウェルギリウスの一節は
は結
結果
果的
的に
には
は作
作品
品の
の秀
銘句
句と
とし
して
てで
で
﹁た
たい
いへ
へん
んに
に困
困難
難で
で苦
苦労
労な
な仕
仕事
事﹂
﹂﹁
﹁だ
だが
が上
上手
手く
くい
いけ
けば
ば、
、す
すご
ごい
いも
もの
のに
に
﹁
︶、ジッドが語っているのは作品の着想時期のこ
と読める﹀
乙とだと見な
の
バリュード﹄の
の主
主題
題説
説明
明の
のか
かた
たち
ちで
で
のな
なかに、話者が書いている﹃パ
はなく、冒頭部での話者
者と
と友
友人
人ユ
ユベ
ベー
ール
ル︵
(ル
ルイ
イス
スが
がモ
モデ
デル
ル︶
)と
との
の会
会話
話
引
ら
引用
用さ
され
れる
る。
。い
いっ
っぽ
ぽう
う実
実際
際の
の平
銘句
句に
には
は、
、や
やは
はり
りウ
ウェ
ェル
ルギ
ギリ
リウ
ウス
スかか
ら
して、実際の執筆開始はロー
マ到
到着
着後
後に
に設
設定
定し
して
てき
きた
た。
。し
しか
かし
しな
なが
が
lマ
ビスクラ滞在中に書かれていたこと
の量がピ
とを
を明
明確
確に
に証
証言
言し
して
てい
いる
るの
の
ら
す
でで
にに
ああ
るる
程程
度度
らこ
乙の
の書
書簡
簡は
は、
、た
ただ
だ単
単に
に着
着想
想の
の段
段階
階に
にと
とど
どま
まら
らず
ず、、
す
なる
る﹂
﹂と
とい
いっ
った
た、
、ご
ごく
く漠
漠然
然と
とし
した
たこ
乙と
とし
しか
か記
記さ
され
れて
てい
いな
ない
い。
。そ
その
のよ
よ
をつ
った
たえ
える
る同
同時
時代
代資
資料
料は
は、
、ロ
ロー
ーマ
マ滞
滞在
在中
中の
の五
五月
月に
に入
入っ
って
てか
から
らの
の母
母宛宛
を
を生
生き
きて
てい
いた
た期
期間
間だ
だ﹂
﹂と
と述
述べ
べて
てい
いる
る。
。じ
じじ
じつ
つ彼
彼は
は、
、こ
乙の
の年
年の
の二
二月
月に
に
と
た
のの
はは
、、
と、
、ま
また
た日
日記
記に
には
はさ
さら
らに
に具
具体
体的
的に
に﹁
﹁﹃
﹃パ
バリ
リュ
ュー
ード
ド﹄
﹄を
を書
書いい
た
言し
した
たも
もの
のだ
だが
が、
、ジ
ジッ
ッド
ドは
は後
後年
年﹃
﹃一
一粒
粒の
の麦
麦も
もし
し死
死な
なず
ずば
ば﹄
﹄に
に﹁
﹁ここ
の
言
の
52
5
2
採
採っ
った
た﹃
﹃ユ
ユリ
リア
アン
ンの
の旅
按﹄
﹂の
の銘
銘旬
匂﹁
﹁言
言え
え、
、い
いず
ずれ
れのの
地
地
にに
かか
Uり
貯芯
ρ苦
9手
ぴ
霧
5
き
をを
気気
にに
入入
っっ
てて
いい
るる
﹂﹂
︵(
主主
きの
の後
後続
続文
文﹁
﹁ぼ
ぼく
くた
たち
ちは
誌ア
アヴ
ヴァ
アン
ンチ
チュ
ュー
1ルル
が報告され
れて
てい
いた
たか
かは
は推
推誉
認の
の域
墳を
を出
出な
ない
いが
が、
、い
いず
ずれ
れに
にせ
せよ
よ、
、但担
し
し
書書
い
ある
るな
なら
らば
ばと
とも
もか
かく
く、
、こ
この
の
いる
るの
の廿
である。だが、アトマンが女性であ
冒8
三口
ω
芯
⋮
・﹂
:︵
﹂第
(三
第の
三牧
の歌
牧歌
、、
一一
〇O
六六
︶﹀
とと
対対
照照
を
を
な
なす
すべ
べく
く、
、ジ
ジッ
ッド
ド自身が
Z
Z
事実
実だ
だけ
けで
では
は但
但し
し書
書き
きの
の存
存在
在を
を十
十分
分に
に説
説明
明す
する
るこ
乙と
とはは
で
事
で
きき
なな
いい
。。
でで
躊躍
躇するこ
とな
なく
く筒
関行
行者
者と
との
の少
少女
女共
共有
有を
を前
前提
提と
とし
して
て語
諮っ
って
て
ほうでは鴎
ζと
書
番簡ではア
アト
トマ
マン
ンの
のこ
こと
とも
も話
話題
題に
にの
のぼ
ぼっ
って
てい
いる
る。
。ビ
ビス
スク
タラ
ラ滞
滞在
在
語
の選
選択
択は
はと
とり
りわ
わけ
け示
示唆
唆的
的︶
﹀を
をあ
あわ
わせ
せ読
読む
むか
かぎ
ぎり
り、
、少
少なな
く
と
語の
く
と
もも
ジジ
ッッ
ドド
のの
中、
、身
身の
の回
回り
りの
の世
世話
話を
をし
して
てく
くれ
れた
たこ
乙の
の少
少年年
を
中
を
ジジ
ッッ
ドド
はは
たた
いい
へへ
んん
可可
愛愛
スで
での
の体
体験
験の
のこ
乙と
とま
まで
で承
承
は、なにが欠けているの
むか。ルイスが
がス
スー
lス
と
なる
る。
。
とに
にな
帰国
国後
後は
はパ
パリ
リに
に呼
呼び
びよ
ょせ
せよ
よう
うと
とし
した
たほ
ほど
どだ
だ。
。し
しか
かし
しな
なが
がらら
需
がり、帰
同
ッ
ド
は
⋮ラ
ラン
ンス
スに
に会
さえ
え﹁
﹁な
なに
にも
も告
告げ
げる
るこ
こと
とが
がで
でき
き
ッ
ド
は
ここ
のの
体体
験験
にに
かか
んん
しし
てて
はは
ロロi
知し
して
てい
いる
ると
とは
は考
考え
えらら
れ
なず
ずば
ば﹄
﹄に
によ
よれ
れ蒙
ば、
、ジジ
知
れ
なな
いい
がが
︵会
﹃一
一粒
粒の
の麦
麦もし死
死な
門匡
主。
の”
ど﹂
がが
置置
かか
れれ
るる
ここ
作っ
った
た一
一文
文﹁
﹁言
言え
え、
、な
なに
にゆ
ゆえ
えに
にこ
乙こ
こに
にU
ロ一
芯。2
作
o霞
くた
たち
ちは
は彼
彼と
とは
は肉
肉体
体関
関係
採が
がな
ない
い﹂
﹂と
とい
いう
うの
のは
は当
当然
然と
とい
いえ
えばば
当
く
当
然然
のむ
内内
性愛
愛的
的な
な感
感情
情が
が介
介在
在し
しな
なか
かっ
った
たこ
とと
とも
もま
また
た確
確か
かで
で、、
し
性
し
たた
がが
っっ
てて
﹁﹁
ぼぼ
を欠
欠い
いて
てい
いる
るだ
だけ
けに
に可
可能
能な
な表
表現
現の
のな
なか
かで
で、
、個
個別
別的
的否
否定
定の
のか
かたた
を
ちち
をを
とと
の
安い
い冗
完談
談、
、ま
まだ
だ本
本質
質的
的同
同性
性愛
愛者
者と
とし
して
ての
の自
邑覚
覚
の関係を念頭におく気安
りな
なが
がら
ら、
、は
はか
から
らず
ずも
も霞
自ら
らの禁忌領域に言及してしまった、こζ
り
れれ
がが
な
その
の記
記憶
撞を
を強
強く
くと
とど
どめ
める
る﹁
﹁背
背徳
徳者
者﹂
﹂の
の筆
筆は
は、
、メ
メリリ
ア
ム
なか
かった﹂﹀
︶、
、そ
ア
ム
とと
にあることは疑えない
い。
。彼
彼女
女と
との
の関
関係
係は
はす
すで
でに
に二
二月
月一
一日
自の
のル
ルイ
イス
ス宛
宛
もっつ
で然は
るなま
かあ。
も
との
も自
なあ
解釈
のい
では
るまいか。 ︵つ︿
づつく
︶﹀
づく
きをつ
つけ
けく
くわ
わえ
える
るの
のか
か。
。ま
まず
ず、
、メ
メリ
リア
アム
ムの
の存
存在
在が
がそ
その
の理
理由
由の
のひ
ひと
とつ
つ
書簡
簡で
でほのめか
書
簡は
はド
ドレ
レー
書
かさ
され
れて
てい
いる
る。
。問
岡問
書
簡
前前
掲掲
書警
がが
ごど
くく
部部
分分
的的
なな
l
容だ
だが
が、
、そ
それ
れに
にし
して
ても
も、
、な
なぜ
ぜジ
ジッ
ッド
ドは
はこ
乙の
の悪
悪趣趣
味
容
味
とと
もも
とと
れれ
るる
但告
しし
書書
引用
用し
しか
かし
して
てい
いな
ない
いた
ため、獄
ロー
引
憲ま
でで
詳詳
細総
ラン
ンス
スの
の関
関与
与も
も含
合め
め、
、ど
どこζ
iラ
z-
ニニエ
アランー
ー7
フ1
ール
ル
H
*ムザ
︿妊娠
﹀﹀
の伝
探に
る。
た山
不滅の︿青春﹀。
︿
娠男男
の承
伝に承
探 る 。 * 結 晶 し た 不 滅 の ︿ 青結
春晶
﹀し。
男
キキ
リリ
スト
男性
性とと
ス教
トの
教手
ので手 で * 夢 の よ う な 幼 少 年 時 代夢
との
覇よ
⋮うな幼少年時代と
纂
れれ
たた
権力
を図 を * か け が え の な い 出 会 い か
纂奪
奪ささ
権の
力構
の図構
がけ
七が
﹄え
山のない出会いが
*議叱ゆ
*零*零**
知ら
られ
れざ
ざる
る版
版本
本
知
a
53
5
3
引
“一““一“}t““““一“一十一一一“一“
■φ◆ψ■◆φ■⇒■δ◆φφ◆◎ψ◆OO▲▼φψ▲▼φ◆▲▼φ◆◆ψゆ○ゆの◆やφφφ■◆ψゆ◆φ◎◆●ゆ◆ψ◎◆■◆△▼φφ◆φψ◆■ψ◆Oゆ○の◎1◎ψ◆ψψ◆ゆ◇◆ψ◆▲▼9φ▲▼φφ▲▼◆■△▼φψ◇ゆぐ◇■ψ◆ゆψ◆ψ●▲▼ゆψ◆○ψ◆◆●◆ψ◆▲▼◆
企画選直中
“◆■■▲7ψ■◆9■◆■ψ◆■■◆ψ■▲▼◆○▲▼φφ▲▼ψφ▲▼ψ◎◆ψ◎▲▼ψ9◆■9◆■■◆9■▲▼◎■▲▼◇●△▼OO▲▼やσ▲▼φ■↑◎O◇◎.◆ゆ.◆◎.◆■.◆φ○◆.◆◇Oψ△▼ψ?轟ΨOO◆■ψ◇・ゆ◆ψ.◆.“◆.ψ◆90▲▼ψ■▲▼φφ△▼ψ■垂▼■■
○
ジュー
ペペ
・ザ
ペッ
リベ リ * ア ラ ン
Iゼ
ゼッッ
・ッザ
⋮ジュ
⋮ 妊 娠 し た 男 * ル ・ グ ラ ン ・ モ ル・グラン・モl
ヌ各⋮
ーヌ
一“一一“一一一一一“一一“一一“一一“一一“
Fly UP