...

Page 1 ジョン・ダンのタイポロジーと 「火薬陰謀事件」記念説教 高 橋 正

by user

on
Category: Documents
7

views

Report

Comments

Transcript

Page 1 ジョン・ダンのタイポロジーと 「火薬陰謀事件」記念説教 高 橋 正
ジョン・ダンのタイポロジーと
「火薬陰謀事件」記念説教
高橋正平
序
ジェームズ一世がイギリス王として即位した直後に王が政治と経済の両面で直面した事
が2つあったo その一つは1605年11月5日の火薬陰謀事件で,これはカトリック教の過激
派ジェズイットが国会議事堂爆破もろともジェームズ一世の殺害を狙った事件であった。
事件は未遂に終わったが,ジェームズ一世はその後11月5日を記念日とし,様々な説教家
がジェズイット糾弾の説教を行った。もう-・つは火薬陰謀事件ほぼ1年後の1606年12月に
本格的に始動したヴァージニア植民であるO火薬陰謀事件記念説教では,陰謀事件と類似
した事件を主として旧約型番から探し,それを陰謀事件に適応し,事件からの王の喬跡的
な救出と王への賛美そして事件首謀者を糾弾するO ヴァージニア植民についてもロンド
ン・ヴァージニア会社は著名な説教家に植民擁護の説教を行ってもらい,人々の関心を
ヴァージニア植民へ向けさせたO一方はジェームズ一世の命を狙った凶悪な事件で,他方
はイギリスが抱えていた様々な社会的経済的な諸間道の打開策をヴァージニアに求めた植
民であったo 間魔は両者に関わる説教である。ヴァージニア植民に関しては,新大陸
ヴァージニア植民擁護の説教は型番の一部をヴァージニア植民に「適応」し,植民の商業
的性格を宗教的次元にまで痛めているO説教家はそれぞれ異なる聖番の一部をヴァージニ
ア植民に適応し,植民の日的,意義,合法性を聴衆に訴える。本論ではジェームズ-倣王
朝時の火薬陰謀事件記念説教とヴァージニア植民擁護の説教に共通した手法の「適応」に
焦点をあてて,論を進めていきたい。 「適応」という手法は聖書解釈の「タイポロジー」と
関連性があり,これが具体的にどのように説教に使用されているかをジョン・ダンの火薬
陰謀事件説教のなかに検証することとする。
1
聖書の適応は我々にすぐ「タイポロジー」(typology)という聖書解釈を思い出させる。こ
れは「旧約」と「新約」の相関性,一貫性を認めつつ, 「旧約」は「新約」の「予表」であ
ると考える。 「旧約」の記述は,神によってあらかじめ定められたことであり,それが「新
約」においてより完全に成就される「型」として解釈する。つまり, 「新約」の人物,事件
等はすべて「旧約」に見られるという考えに立つ聖書解釈である。パウロは,ローマ人の
手紙5車14節においてアダムを「来るべき者(キリスト)の予型」と解釈している。)へブ
ル書で言われているように, "a shadow of good things to come'つHeb:10:lとしての"type''
(予型)が旧約にあり,その"antitype 対型)が新約にあると考える。、たとえばDavid I三
がキリストの「予表」となり, Isaacの生蟹やくじらの腹の中のJonahやライオンの洞穴
の中のDanielがキリストの生.死,復活の予表となる。、タイポロジーは本来は旧約の人
-155-
新潟大学言語文化研究
物, 出来事 と新約の関連性 を見 出 し, 旧約 に記 されてい るこ とが新約 で成就 されてい る と
考 える。 ブル トマ ンの言葉 を借 りれば,タイポ ロジー とは 「旧約聖書 が報告 している 人物,
出来事,あ るいは制度の中 に, イエス ・キ リス トの到来 によって開始 された救 済の時が持
前 もっての叙述」を見出
つそれ らに対応す る人物,出来事 あるいは制度の 「
予 めの写 し」「
予表」もしくは前兆 なのである。
す解釈であ る1。 つ ま り旧約聖書のすべ ては,新約聖書 の 「
旧約 のイスラエ ルは,世界 を千年王国へ と導 くべ く運命づ け らj
tた国家や国民 の予表 とな
るのである。 この ような予 表論 的聖書解釈がいか に実践 されて きたか については様 々な研
6-1
7世紀 にはこの聖書解釈が しば しば使用 されていた。 ダンは タイポ
究が あるが,特 に1
ロジー的聖書解釈 に熟知 していたこ とは彼 の多 くの説教,散文,宗教詩が雄弁 に物語 って
いる。 以下 にダンの タイポ ロ ジー聖書解釈 を検証 し, ダ ンが いかに タイポロジー を扱 って
いるか を検討 してい く。 私 の本論 にお ける意図は ダンは タイポ ロジー的聖書解釈 を火薬 陰
謀事件記念説教 に 「
適応 」した とい うこ とである。
ダ ンは膨大 な説教集の随所 で 「旧約」と 「
新約」を縦横無尽 に扱 い,所 々で タイポ ロジー
新約」 を援用 し, また逆 に
に触 れて,説教 を行 ってい る.「旧約」 の一節 を論 じなが ら 「
「
新約」を論 じなが ら 「旧約」を も論 じている。 ダ ンは聖書解釈 についてある説教で次の よ
うに言 ってい る。
Thel
i
t
e
r
a
l
ls
e
ns
ei
sa
l
wa
ye
st
obepr
e
s
e
r
ve
d;
butt
hel
i
t
e
r
a
l
ls
e
ns
ei
sno
ta
l
wa
ye
st
o
bedi
s
c
e
r
ne
d
:f
o
rt
hel
i
t
e
r
a
l
ls
e
ns
ei
sno
ta
l
wa
ye
st
ha
t
,whi
c
ht
heve
r
yLe
t
t
e
ra
nd
i
s
ti
sa mne
,a
nd
Cr
a
mme
ro
ft
hepl
a
c
epr
e
s
e
nt
s
,a
swhe
r
ei
ti
sl
i
t
e
r
a
l
l
ys
a
i
d,ThatChr
l
i
t
e
r
a
l
l
y,Thathi
sj
l
e
s
hi
sb
r
e
ad,
a
ndl
i
t
e
r
a
l
l
y,Thatt
hen
e
wJ
e
r
u
s
al
e
mz
'
st
hu
ss
z
'
t
u
at
e
d
,t
hu
sb
ui
l
t
,
t
hu
sf
ur
ni
s
he
d:Bu
tt
hel
i
t
e
r
a
l
ls
e
ns
eo
fe
ve
r
ypl
a
c
e
,i
st
hepr
i
nc
i
pa
l
li
nt
e
nt
i
o
no
ft
heHo
l
y
Gho
s
t
,
i
nt
ha
tpl
a
c
e
:
Andhi
spr
i
nc
i
pa
l
li
nt
e
nt
i
o
ni
nma
nypl
a
c
e
s
,
i
st
oe
xpr
e
s
s
et
hi
ngsby
a
l
l
e
go
r
i
e
s
,
byf
i
gur
e
s
;
s
ot
ha
ti
nma
nypl
a
c
e
so
fSc
r
i
pt
ur
e
,
af
i
gur
a
t
i
ves
e
ns
ei
st
hel
i
t
e
r
a
l
l
2
s
e
ns
e
,
a
ndmo
r
ei
nt
hi
sbo
o
k【
Re
ve
l
a
t
i
o
n]t
he
ni
na
nyo
t
he
r
.
ここで ダ ンは聖書 の字義通 りの解釈 を認めつつ もア レゴリ-や象徴 に よる解釈 を も容認
」とさえ言 ってい
し,「
聖書 の多 くの箇所 においては比聡 的意味が字義通 りの意味であ る。
る。 これはアウグステ イヌスの 「旧約聖書 にお さめ られてい るすべ て,あるいはほ とん ど
(
」
3 『キ リス ト教
の行動 は,文字通 りにだけで な く,比愉 的 に も受取 らなければな らない。
Fi
gur
a
の教 え』 か ら影響 を受 けた言葉 で あろ う。 ダ ンはあ る説教 でアウグステ イヌスの "
Af
i
gur
e
,
a
nAl
l
e
go
r
ypr
o
ve
sno
t
hi
ng'
'
4と英訳 してい る
ni
hi
lpr
o
ba
t
"を引用 し,そ れ を "
"
f
i
gur
a
"の訳語 は "
f
i
gur
e
"であ る とす れ ば 「比倫 的 」とい う言葉 は文字通 り 「比 倫 的」
。
。
比職 的意味 」
の意味 ではな く,「
予型論 」を も含 む解釈 であ る。5とす れば上記 の ダ ンの 「
(
f
i
gur
a
t
i
ves
e
ns
e
)の "
f
i
gur
a
t
i
ve
"に も 「予型論 的」の意 味 に解釈す ることが 出来 る ダン
f
i
gur
e
'
'はア ウグステ イヌスが使 ってい る "
f
i
gur
a
"の訳語であ ろ う。 重要
が使用 している "
。
なことは, ダンは上記引用 の聖書解釈 に関 して, タイポ ロジー的な聖書解釈 を自ら認めて
6
2
4年 自 らの危 篤状態 の 中で書 い た
い るので はないか とい うこ とで あ る。 また, ダ ンは1
De
v
ot
i
o
n
su
ponEme
r
ge
ntOc
c
a
s
l
'
on
s
)で も聖書解釈 について次 の よう
『
危篤時 における祈 り』(
-1
5
6-
ジョン ・ダンのタイポロジーと 「
火薬陰謀事件」記念説教
に言 ってい る。
MyGod.myGod,Thoua
r
tadi
r
e
c
tGod,ma
yInots
a
y,al
i
t
e
r
al
lGod,aGodt
ha
t
woul
de
s
tbe
eunde
r
s
t
o
odl
i
t
e
r
al
l
y,
a
nda
c
c
o
r
di
ngt
ot
hepl
ai
nes
e
n
s
eo
fa
l1t
ha
tt
ho
us
a
i
e
s
t
?
Butt
ho
ua
r
t
.
.
.
.
t
ho
ua
r
ta.
Pgur
at
i
v
e
,
amet
a
phor
i
c
al
lGodt
o
o:
A Godi
nwho
s
ewo
r
dst
he
r
ei
s
s
uc
hahe
i
ghto
fji
gu
r
e
s
,s
uc
hvo
ya
ge
s
,s
uc
hpe
r
e
gr
i
nat
i
on
st
of
et
c
hr
e
mo
t
ea
ndpr
e
c
i
ous
me
t
a
phor
s
,
s
uc
he
xt
e
nt
i
on
s
,
s
uc
hs
pr
e
adi
n
gs
,
s
uc
hCur
t
ai
ne
sQ
/
、
Al
l
e
gwi
e
s
,
s
uc
ht
hi
r
dHe
at
,
e
7
1
SO
f
Hy
pe
r
b
pl
e
s
,s
ohar
moni
ou
se
l
oqt
l
ut
i
on
s
,s
or
e
t
i
r
e
da
n dr
e
・
9
e
/
′
V
e
de
x
pr
e
s
s
i
on
s
,s
oc
omman
di
n
g
i
on
s
,s
ope
r
s
wadi
n
gc
omman
de
me
nt
s
,
s
uc
hsi
n
e
we
se
ve
ni
nt
hymi
l
k
e
,a
nds
uc
ht
hi
n
g
L
S
l
pe
r
L
nVaS
i
nt
hywor
d
s
,
a
sa
l
l
pr
o
phaneAt
L
t
hor
s
,
s
e
e
meo
ft
hes
e
edo
ft
heSe
r
pe
nt
,
t
ha
tc
r
e
e
pe
s
.
'
う
ここで もダンは "
l
i
t
e
r
a
l
lGod"と "
f
i
gur
a
t
i
ve
,
me
t
a
pho
r
i
c
a
l
lGo
d"の両方 を認め.上記の説
種類 の型番解釈 につ いて論 じてい る。「字義通 りの神」 と 「
比愉的な神」 であ
教 と同様,2
る。 上記の "
ahe
i
ghto
ff
i
gur
e
s
"であ るが, この f
i
gur
e
sはコ ンテ クス トか らは 「象徴 」で
あろ うが, これ までみた ダ ンの "
f
i
gL
l
r
e
'
'の使い方 を考 える と. この語 に も 「
予型 」の意味
予型 的型番解釈論」をも十分意織 しているのである。 ダンは,
があろ う。 つ ま り,ダンは 「
聖職 に就任す る前の 1
61
5
年 『
神学論集』 を番 いたが,そ こで アウグステ イヌスの言葉 を借
り て,"
…i
t[
Bi
bl
e
]ha
t
ht
hi
sc
o
mmo
nw
it
ho
t
he
rbo
o
ks
,
t
ha
tt
hewo
r
dss
i
gni
f
i
et
hi
ngs;
but
ha
t
ht
hi
spa
r
t
i
c
ul
a
r
,
t
ha
ta
l
lt
het
hi
ngss
i
gni
f
i
eo
t
he
rt
hi
ngs
.
'
'と言 っている07 「
言葉が物 を
意味 し,物 は他 の物 を意味す る」 とは,比職 的な型番解釈 を言 っているが, これに予型 的
解釈 を も含めることは可能であ ろう。
ダンはこの ように聖者解釈 について,字義通 りの解釈以外 に も比職 的な解釈 をも認めて
い る。 アウグステ イヌスの影響 が大 きい ようであるが,その比職 的解釈 にダンは予型諭的
聖書解釈 を も含めている。 では ダンはいか に して タイポ ロジー を脱教典で扱 っているか を
次 に詳細 に見てみたい。
2
ダンの タイポ ロジーに対す る基本的態度 は詩篇3
8章 4節の 「わた しの不義 はわた しの頭
を越 え,重荷の ように重 くて負 うことがで きませ んO」についての以下の言葉 に明確 に述べ
られている。
Fi
r
s
tt
he
n,
a
l
lt
he
s
et
hi
ngs[
比e
y(
Da
vi
d'
si
ni
qui
t
i
e
s
)a
r
ego
neo
ve
rmyhe
a
da
ndt
he
y
a
r
eahe
a
vybur
de
n,t
o
ohea
vyf
o
rme
.
]a
r
el
i
t
e
r
al
l
ys
po
ke
no
fDav
i
d:
Bya
p
pl
i
c
at
i
o
n,
o
fus
:
a
ndbyji
gur
e
,o
fChr
i
s
t
.Hi
s
t
or
i
c
al
l
y,Da
id:mor
v
al
l
y,we
;T
l
,
Pi
c
al
l
y,Chr
i
s
ti
st
hes
ub
j
e
c
to
f
t
hi
st
e
xt.8
上記 の一節 は 「
文字通 り」 には Da
vi
dにつ いて,「適応 」によってすべ ての人間につ い
て,「
予型」に よってキ リス トについて語 られてい る.とダンは言 う。最後に 「
予表的には
キ リス トが本文の主題であ る」とダンは述べ るが, ここで ダンはっ きりとタイポ ロジカル
vi
dは 「新約 」のキ リス トの 「対
な聖書 解釈 に触 れ,「旧約」詩篇 の 「
予型」 としての Da
-
15 7
-
新潟大学言語 文化研 究
型 」と対応 していることを示 している。 旧約の Da
vi
dはキ リス トの 「予衣」 として説明 さ
れているわけである。 更 に,ダンは言葉を続けて Da
vi
dの言葉 は彼のみにあてはまる言葉
ではな く,我 々すべ てに言 えることを敢言的に述べているとい う。
Tho
ught
hi
swi
l
lbeago
o
dr
ul
e
,f
o
rt
hemo
s
tpa
r
t
,i
na
l
lDav
i
d
sc
o
nf
e
s
s
i
o
nsa
nd
l
a
me
nt
a
t
i
o
ns
,
t
ha
tt
ho
ug
h t
ha
tbea
l
wa
ysl
i
t
e
r
a
l
l
yt
r
ueo
fhi
ms
e
l
f
,
f
o
rt
hesi
nne
,
o
rf
o
rt
he
,
whi
c
hhes
a
ys
,
pe
r
s
onal
l
yDav
i
ddi
ds
uf
f
e
r
,
t
ha
twhi
c
hhec
o
mpl
a
nso
i
fi
nt
he
puni
s
hme
nt
Ps
al
ms
,
n agr
i
e
a
tme
a
s
ur
e
,
ye
tDavi
ds
pe
a
kspr
o
phe
t
i
c
al
l
y,
a
swe
l
la
spe
r
s
onal
l
y,
a
ndt
ous
,
whoe
xc
e
e
dhi
mi
nhi
ss
i
ns
,t
hee
xa
l
t
a
t
i
o
no
ft
ho
s
emi
s
e
r
i
e
s
,whi
c
hwef
i
ndes
oo
f
t
e
ni
n
t
hi
sbo
o
k,
a
r
ee
s
pe
c
i
a
l
l
yi
nt
e
nde
d;
Tha
twhi
c
hDa
vi
dr
e
l
a
t
e
st
oha
vebe
e
nhi
so
wnc
a
s
e
,
he
9
f
o
r
s
e
e
swi
l
lbeo
ur
st
o
o
,
i
nahi
ghe
rd
e
gr
e
e
.
ダシは 「
詩篇」の Da
vi
dか ら Chr
i
s
tへ,そ してすべての人々へ と Da
vi
dの一節 を タイ
ポロジカルに適応す る。 ここで重要 なことは 「
予型」 としての Da
vi
dと 「対型」 としての
Chr
i
s
tの他 にダンはさらに人々一般 にも 「詩篇」を適応 しているとい うことである
O
これ
については後述するが,本来は旧約 と新約 との関係 とい うタイポロジーが一般的に利用 さ
れ, もともとの タイポロジーが異 なる形で利用 されているのである。 ピュー リタンは特 に
タイポロジーを社会的 ・政治的に利用 し, 自らの革命の正当化 を主張 したが, ダンはここ
で Da
vi
dの一節 を同時代の人々にも適応 していることに注 目したいO
ダンは同 じ詩篇3
8
章 3節の 「あなたの怒 りによって,わた しの肉には全 きところな く,
わた しの罪 によってわた しの骨 には健やかなところはあ りません。
」についての説教のなか
で も上記 と同様のことを言 っている。
Whi
c
hwo
r
d
st
The
r
ei
snos
o
undne
s
s
ei
nmyne
s
h,
be
c
a
us
eo
ft
hi
nea
nge
r
,
ne
i
t
he
ri
s
t
he
r
ea
nyr
e
s
ti
nmybo
ne
s
,
be
c
a
us
eo
fmys
i
nne
.
]wes
ha
l
lf
i
r
s
tc
o
ns
i
de
r
,
a
st
he
ya
r
eo
ur
pr
e
s
e
nto
bj
e
c
t
,a
st
he
ya
r
ehi
s
t
o
r
i
c
a
l
l
y,a
ndl
i
t
e
r
a
l
l
yt
obeunde
r
s
t
o
o
do
fDavi
d;And
rr
e
t
r
o
s
pe
ct
,
a
st
he
yl
o
o
kba
c
kupo
nt
hef
i
r
s
tAdam,
a
nds
oc
o
ns
e
r
nManki
nd
s
e
c
o
ndl
y,
i
nt
he
i
c
ol
l
e
c
t
i
v
e
l
y,
a
nds
oyoua
ndI
,a
nda
l
lha
veo
urpo
r
t
i
o
ni
nt
he
s
ec
a
l
a
mi
t
i
e
s
;
Andt
hi
r
dl
y,
we
o
s
pe
c
t
,
i
nt
he
i
rf
ut
ur
er
e
l
a
t
i
o
nt
ot
hes
e
c
on
dAdam,
i
nChr
i
s
t
s
ha
l
lc
o
ns
i
de
rt
he
mi
nt
he
i
rpr
,i
nwho
ma
ls
oa
l
lma
nki
ndwa
sc
o
l
l
e
c
t
e
d
,a
ndt
hec
a
l
a
mi
t
i
e
so
fa
l
lme
nha
dt
he
i
r
Je
s
u
s
Oc
e
a
na
ndt
he
i
rc
o
nnue
nc
e
,
a
ndt
hec
a
us
eo
ft
he
m,
t
hea
nge
ro
fGodwa
smo
r
ed
e
c
l
a
r
e
d,
a
nda
ndt
hec
a
us
eo
ft
ha
ta
nge
r
,
t
ha
ti
ss
i
n,
d
i
dmo
r
ea
bo
und,
f
o
rt
hes
i
nso
fa
l
lt
hewo
r
l
d
we
r
ehi
s
,
byi
mpu
t
a
t
i
o
n:10
ダンはここで詩編の一節の歴史的 ・文字通 りの解釈, Da
vi
dと Ada
m,人類 との関係,
vi
dの 「対型」 と しての "
t
hes
e
c
o
ndAda
m"-"
Chr
i
s
t
'
'に まで論 を展 開 してい
更 には Da
る。 この一節 を個人的な問題 を扱 っていると解釈す る人 もいれば普遍的な問題 と見る人 も
いればまた予言的にキ リス トに言及 していると考える人 もいる。 ダンはこの ように聖書の
解釈 にあたって,予型 としての
「
旧約 」と対型 としての
「
新約 」の タイポロジー的解釈 を
説教 の至 る所で行っているが, これはダンがいかにタイポロジーに熟知 していたか を示 し
ー1
5
8-
ジ ョン ・ダ ンの タイポ ロジー と 「火薬 陰謀事件 」記念説教
ている。 ダンは聖書の予衆論的解釈 についてアウグステ イヌスを引用 して次のように言っ
ている。
I
ti
st
r
uet
ha
tS.Augu
s
t
i
nes
a
ve
s
,Fi
gu
r
ani
hi
lpT
・
Obat
,A f
i
gur
e
,a
nAl
l
e
go
r
ypr
o
ve
s
no
t
hi
ng,ye
t
,s
a
ye
she
,a
ddi
thE
C
e
m,& or
nat
,I
tma
ke
st
ha
twhi
c
hi
st
r
uei
ni
ts
e
l
f
e
,mo
r
e
e
vi
de
nta
ndmor
ea
c
c
e
pt
a
bl
e
.
l
l
予型やア レゴリーは何 も証明 しないが,それ 自体で寅 なることが より明白にな り,受け
入れ られるようになる, とダンは言い,決 して象徴的聖書解釈 を否定は しない。むしろそ
の解釈により,型番の記述が よ り理解で きるようになるとい うのである。 ダンの タイポロ
ジー的聖書解釈の例 を同 じく詩編の Da
vi
dに関する一節か ら引いておこうO 詩編3
8車 2節
の 「あなたの矢 はわた しを射抜 き,御手 はわた しを押 さえつけていますO」についての説教
で, ダンは詩編の他の 「
失」に関する車について も言及 し, この 「失」が病気や良心の苦
痛やあるいは Da
vi
d自身の激 しい悲 しみを表す と言われるが, これ らの解釈に輿 を唱 え,
次の ように言 う。
Butt
he
s
ePs
al
me
swe
r
emade
,no
to
ne
l
yt
ove
ntDavi
d
spr
e
s
e
ntho
l
ypa
s
s
i
on,butt
o
s
e
r
vet
heCh・
u
r
c
ho
fGod,t
ot
hewo
r
l
dse
nd.Andt
he
r
e
f
or
e
,c
ha
nget
hepe
r
s
o
n,a
ndwe
e
t
oa
llManki
nd;
c
a
r
r
yDav
i
d
sHi
s
t
o
r
y
s
ha
l
l
f
i
ndeawho
l
equi
ve
rO
fa
r
r
o
ws
.
Ext
e
ndt
hi
sMan,
upt
oAdamsHi
s
t
o
r
y,a
ndc
o
ns
i
de
rusi
nt
ha
ts
t
a
t
e
,whi
c
hwe
ei
nhe
r
i
tf
r
o
m hi
m,
a
ndwe
r
o
wsf
l
ya
bo
uto
urea
r
s
.
1
2
s
ha
l
ls
e
ear
ダンは,Da
vi
dを Ada
m や全人類 にまで拡大 し,Da
vi
d自身に関わる 「
失」とは見 な し
ていない。Ada
m の子孫である我 々にまで問題 を広げ,適応 しているのである。 Da
vi
dの
「
矢」は Ada
mnの 「失」で もあ り,その子孫 の全 人類 の 「失」で もあ る。 ここでは 「旧
約」の 「
予型 」に対する 「
新約」の 「
村塾」 とはなっていないが,「旧約」の 「
予型」をダ
ンの時代のすべての人々に適応 している点において, ヴァージニア説教の手法を思い起 こ
させ るものである。 タイポロジーはすでに述べたが,本来は
「
旧約 」 の人物,事件,制度
旧約」のイスラエル人の歴史を
に対応す るものを 「
新約」の中に見出す聖書解釈である。 「
「
予型 」とし,それが 「
対型 」として 「
新約」のなかに見 出されるとする。 言葉を代えて言
旧約 」が 「
新約」 において完成 されることを意味す る。 「
旧約」におけるキリス ト
えば, 「
の 「
対型」としての Da
vi
dが 「
新約」ではキリス トとな り,「旧約」の 「
予型」が 「
新約」
で完成 されることになる。 「
新約」で述べ られていることはすべて 「
旧約」ですでに述べ ら
れているのである。 「
旧約 」と 「新約」 との歴史的な関係が タイポロジーでは重要 となる.
ダンは純粋 に
代に
「
旧約」と
「
新約」の関連性 をタイポロジカルに論ず る場合 と更にダンの時
「
旧約」,「
新約」を拡大 して,適応す る
。
この手法はダンに限 らず 1
7
世紀では極めて
自然に使用 された手法であるが,火薬陰謀事件記念説教の手法 を解 く重要な鍵 となる。
ダンはまた旧約の S
o
l
omonを タイポロジカルに新訳の Chr
i
s
tと結び付けている。
Fi
r
s
tt
he
n,be
ho
l
dyo
urs
e
l
ve
si
nt
ha
tf
i
r
s
tgl
a
s
s
e
,Be
hol
dKi
n
gSol
o
mon:Sol
o
mont
he
-1
5
9-
新潟大学言語文化研究
s
o
nneo
fDavi
d,butn
o
tt
heSo
no
fBat
hs
he
b
a,bu
to
fabe
t
t
ermo
t
her
,t
hemo
s
tbl
e
s
s
e
d
V
7
r
gi
n Mar
y.Fo
r
,Sol
omon,i
nt
hi
st
e
xt
,i
sno
tapr
o
pe
r Na
me
,buta
n Appel
l
at
i
v
e
;a
s
i
gni
f
i
c
a
t
i
vewor
d:Sol
omoni
spa
c
i
f
i
c
u
s
,t
hePe
ac
e
ma
k
e
r
,a
ndourpe
a
c
ei
sma
dei
n,a
ndby
omon,
who
mwea
r
ec
ll
a
edupont
os
e
ehe
r
e
.
I
:
i
Chr
i
s
tJ
e
s
us
:
a
ndhei
st
ha
tSol
So
l
o
mo
nは,ヘブライ語で平和 を意味す る。 世界の平和 はキ リス トによって もた らされ
たか ら,キ リス トは So
l
o
mo
nである 「
予型」 としての So
l
o
mo
nが 「対塑」 としてのキ リ
ス トに見出される。 ダンは, この ようにキ リス トを 「旧約」の人物の So
l
o
mo
nの 「予型」
。
として見るが, この他 にもダンは 「
予型」 として,様 々な人物 を挙げる。例 えば 「
予型」
としての J
e
ho
va
hである。
No
wt
ha
twhi
c
hJehovahwa
st
oDa
v
i
d,
Je
s
L
l
Si
st
ous
.
Ma
ni
nge
ner
a
l
lha
t
hr
e
l
a
t
i
o
nt
o
God,a
shei
sJe
hov
ah,Be
i
ng;Weha
ver
e
l
a
t
i
o
nt
oChr
i
s
t
,a
shei
sJe
s
t
・
l
s
,ourSa
l
va
t
i
o
n:
Sa
l
va
t
i
oni
so
urBe
i
ng,
Je
s
u
si
so
urJehovah.14
J
e
ho
va
hとDa
vi
dの関係 をダンはキ リス トと我 々の関係 としてみる。神は J
e
ho
va
hであ
るか ら人間 は神 と関係 す る。我 々が キ リス トと関係す るの はキ リス トが我 々の救 済,
J
e
s
usであるか らである。 救済 は我 々の 「
存在」(
神)によるか ら,「
存在」 (
柿) とい う点
e
s
usは我 々の J
e
ho
va
hとなるとい う三段論法である あ るいは, ダンは,救
において,J
。
世主 メシア待望 について述べ られたイザヤ書で言及 されている救世主の名 「
助言者,驚 く
べ き指導者,平和の君」 をキ リス トは生 まれつ き持 っていた と言 う。
Al
lt
ho
s
ena
me
swhi
c
hhe[
t
heAno
i
nt
e
d]hadi
nI
s
ai
ah.TheCoun
s
e
l
l
of
てTheWo7
1
de
J
:
/
i
l
l
,
ThePr
i
nc
eo
fPe
ac
e
,
a
ndt
hena
meo
fJ
e
hov
ah,
"Chr
i
s
thadbyna
t
ur
e
;
1
5
「旧約」の 「
予型」がキ リス トの 「
対型」に対応 され,メシア待望が キ リス トにおいて成
a
c
o
bをキ リス トの 「予型 」
就 されていることをダンは示唆する. 次の一節では, ダンは J
と見 な している。J
a
c
o
bは ヨルダン川 を渡 ったこと,及 び祖 国か ら追放 されたこと, これ
らはいずれ もキリス トが ヨルダン川を超 えたこととへ ロデ王か らの難 を逃れるエ ジプ トへ
a
c
o
bはキリス トの "
f
i
gur
e'
'
(
t
ype)となる。
の追放の 「
予型」 となってい る.J
J
ac
obha
dc
o
nc
l
udedi
to
uto
ft
hec
o
nt
e
mpl
a
t
i
o
no
fhi
sf
o
r
me
r
,
a
ndpr
e
s
e
nts
t
a
t
e
:
f
i
r
s
t
heha
dbe
e
nba
ns
i
he
df
r
o
m hi
sCo
unt
r
e
y,Icameove
rJ
o
r
da
n;He
r
e
i
nhewa
saf
i
gur
eo
f
Chr
i
s
t
;
her
e
c
e
i
vedabl
e
s
s
i
ngf
r
o
m hi
sf
a
t
he
r
,a
ndpr
e
s
e
nt
l
yhemus
tgoi
nt
oba
ni
s
hment
;
Chr
i
s
tr
e
c
e
i
ve
dpr
e
s
e
nt
sa
nda
do
r
a
t
i
onf
r
o
mt
heMa
gio
ft
heea
s
t
,a
ndpr
e
s
e
nt
l
yhe
s
ubmi
t
shi
ms
e
l
ft
oaba
ni
s
hme
nti
nEgy
pt
,
f
o
rt
heda
nge
rt
ha
tHe
r
odi
nt
e
nded.
1
6
ダンは, また,I
s
a
a
cとキ リス トをタイポロジー的に見ている。 ダ ンは,I
s
a
a
cが掘 った
井戸 を 「
命の水の井戸」 と解釈 し,Abr
a
ha
m が最初 Ada
m にこの 「
水」 を注 ぎ,Ada
m
の子孫たる人類 はこの 「
水」を Ada
m の罪のために汚 されているが我 々は引 き継 いでいる。
-1
6
0-
ジョン ・ダンのタイポロジーと 「
火薬陰謀事件」記念説教
その汚 された 「
命の水の井戸」 を再び掘 り起 こしたのはキ リス トであ り,キ リス トが救済
の手段 を人類 に再度与えて くれ るのである。
…p
er
c
ha
nc
ei
ne
ve
r
yo
neo
fours
o
ul
e
s
,
t
he
r
ei
st
hi
sWe
l
loft
hewa
t
e
ro
fl
i
f
e[
I
s
a
a
cdi
ggedl
,
a
ndpowe
rt
oope
ni
t
;
Jna
l
lus
,
a
swe
ea
r
ena
t
ur
a
l
lme
n,
t
he
r
ei
st
hi
sWe
l
lo
fwa
t
e
ro
fLi
f
e
.
AI
M
,
aham di
ggedi
ta
tf
i
r
,
s
t
,
TheFa
t
he
ro
ft
hef
a
i
t
hf
ul
lourhe
a
ve
nl
yAbr
aham,
i
nf
us
e
di
ti
nt
o
usal
latf
i
r
s
ti
nAda
m,
f
r
o
m whom,
a
swe
eha
vet
heI
ma
geo
fGod,
t
ho
ughde
f
a
c
e
d,
s
owe
s
aacdi
ggst
he
ma
ga
i
ne
,I
s
a
acwhoi
s
havet
hi
sWe
l
lo
fwa
t
e
rt
houg
h s
t
o
ppe
dup:
.
.
.
butI
Fi
l
l
'
u
sl
ae
l
i
t
i
ae
,
t
heSo
no
fJ
o
y,
ourI
s
aac
,
o
urJ
e
s
us
,
heo
pe
nst
he
m aga
i
ne
,
t
。a
l
l
t
ha
tr
e
c
e
i
ve
hi
ma
cc
or
di
ngt
ohi
sOr
di
na
nc
ei
nhi
sChur
c
h,
heha
t
hgi
ve
nt
hi
spo
we
r
,
o
fke
e
pi
ngo
pe
n
1
7
i
nt
he
ms
e
l
ve
s
,
t
hi
sWe
l
lo
fLi
f
e
,
t
he
s
eme
a
ne
so
fSa
l
va
t
i
o
n:
ペ リシテ人がふ さいで しまった井戸 を掘 り返 した I
s
a
a
cは,いわば人 々に命の樺である
水 を与 えた ことになる。I
s
a
a
cを 「
予型」 として見れば 「新約 」の 「
対型」 はキ リス トと
なる。 キ リス トも I
s
a
a
c同様,罪 に汚れた人間の 「命の水 」 を自らの死 によって再び よみ
s
a
a
cの井戸 はキ リス トの購い となるo ここで,「
旧約」の 「
予型 」
が えさせ たか らである。I
I
s
aa
cが 「
新約」のキ リス トに 「
対型 」 を見出す ことになる。
ダンは,Mo
s
e
sとキ リス トの タイポロジーについては以下の ように述べ る0
Mos
e
swhoi
nhi
sExodushadpr
q
f
i
gt
H
・
e
dt
hi
si
s
s
ueq
rourLor
d,
a
ndi
npa
s
s
i
ngl
s
r
ae
/out
,
ptt
hr
ought
her
e
dSe
a,
hadf
o
r
e
t
o
l
di
nt
ha
ta
c
t
ua
l
pr
o
pheL
ue,
Chr
i
s
t
pa
s
s
i
n
go
fmanki
nd
o
fEgJ
hes
e
ao
fhi
sbl
ood,
a
ndEl
i
a
s
,
who
s
eExodu
sa
ndt
'
s
s
ueou
tQ
rt
hi
swor
l
dwa
saji
gur
e
t
hr
ou
ght
o
fChr
i
s
t
sa
s
c
e
nt
i
o
n,ha
dnodo
ubtagr
e
a
ts
a
t
i
s
f
a
c
t
i
oni
nt
ai
l
k
i
n
gwi
t
ho
urb/
e
s
s
e
dI
.
of
l
d.
.
.
o
f
J
l
lc
on
s
u
7
1
1
mat
i
ono
fal
lt
hi
si
nhi
sde
at
h,
whi
c
hwa
st
obe
eac
c
o
mpl
i
s
he
da
tJe
r
L
l
S
al
e
m.
捕
t
heji
Mo
s
esは以下の点でキ リス トの 「予型 」 となる。 Mos
e
sは,イスラエ ル人を引 き連れて
エ ジプ トか ら紅海 を経て彼 らを救 出 した。キ リス トは十字架上の 「
血の赤い海」 を経 て人
類 を永遠の生命 に導いた。両者 とも 「
赤い海」を経 ることによ り人々を放 出 した。その意
味 において Mo
s
e
sはキ リス トの 「
予型 」 となる。 更 に,El
i
a
hが この世か ら脱出 した こと
はキ リス ト昇天の 「
予表 」 (
f
i
gur
e)となっている
リス トの 「
予型」 としていることがわかる。
。
ダンは Mo
s
e
sだけでな く El
i
a
hを もキ
ダンは以上見て きたように 「旧約」の様 々な人物 を r
予型」 としてその 「
対型」を 「新
約 」のキ リス トに見出 している(
。 これは本来の タイポロジーであるO説教集 を読む とキ 1
)
ス トの予型 は
「
旧約」の至 る所 にあるとダンが言 っているのを我 々は知 る 例 えば次の。
節 は どうか。
Chr
i
s
thi
ms
e
l
f
e
,
a
sheha
t
hane
t
e
r
na
l
lge
ne
r
a
t
i
on.
i
s一
′
・
e
r
bl
l
mDe
i
,
Hi
ms
e
l
f
ei
st
heWor
d
sL
ml
u
'
e
c
hwnv
e
r
bl
'De
i
.t
hes
ub
j
e
c
to
ft
he
o
fGod:Anda
sheha
t
hahuma
neGe
ne
r
a
t
i
o
n.hei
Wor
dofGod,o
fa
l
lt
heSc
r
i
pt
ur
e
s
.o
fZ
I
l
lt
ha
twa
ss
hado
wedi
nt
heType
s
.a
ndf
i
gur
'
di
n
t
heCer
e
moni
e
s
.a
ndpr
epa
r
edi
nt
hepr
e
ve
nt
i
o
nso
ft
heLa
w.
o
fa
l
lt
hatwa
sf
or
e
t
ol
dby
-1
61-
新潟大学言語文化研 究
t
hePr
o
phe
t
s
,
o
fa
l
lt
ha
tt
heSo
ul
eo
fme
nr
e
j
o
yc
e
di
n,
a
ndc
o
ngr
a
t
ul
a
t
e
dwi
t
ht
heSpi
r
i
to
f
al
ms
,a
ndi
nt
heCant
i
c
l
e
s
,a
ndi
nt
hec
he
e
r
e
f
ul
lpa
r
t
so
fs
pi
r
i
t
ua
l
lj
o
ya
nd
Go
d,i
nt
hePs
e
xul
t
a
t
i
o
n,
whi
c
hweha
vei
nt
heSc
r
i
pt
ur
e
s
;
1
9
儀式,律法,詩編,雅歌等 にキ リス トの予表は見 られるのである。 この一節を見 る限 り
ダンにとって予表論的聖書解釈が極 めて重要であったことが理解で きる。 そ して興味深い
のは概 して言 えば,「
新約」が
「
旧約」の完成であると見 な していることである。
「
旧約」
はキ リス トの 「
影」である。 その影 を取 り除 き,はっ きりとした形 を示すのが 「
新約 」な
のである。 あ くまで も 「旧約」 は神が具体的な姿 を示す土台であ り,その土台を基に 「
新
約」でキ リス トがヴェールを脱 ぎ,その顔 を見せ るのである。
ダンはこの他 にも Ev
eと Vi
r
gi
nMa
r
yに 「
予型」と 「
村塾」を見出 している。 説教集で
はダンは 「旧約」 と 「
新約」 を交互 に論 じ 聴衆に訴 えているが,彼の説教方法 には タイ
ポt
Jジー的聖書解釈が重要 な役割 を果た していることが理解で きよう.
3
これまでは人物のなかにタイポロジーを見て きたが,聖書の出来事や制度についての タ
イポロジーを次に検討 してみたい。
ダンはキ リス トが成 した偉業 と彼の1
2人の弟子 について次の ように言 う。
Fi
r
s
tChr
i
s
tha
vi
ngagr
e
a
t
e
r
,af
a
i
r
e
rJ
e
r
us
a
l
e
mt
obui
l
dt
he
nDavi
d
swa
s
,
agr
e
a
t
e
r
omon
swa
s
,
Ki
ngd
o
met
oe
s
t
a
bl
i
s
ht
he
nJ
uda
'
swa
s
,agr
e
a
t
e
rTe
mpl
et
obui
l
dt
he
nSol
ha
vi
ngagr
e
a
t
e
rwo
r
kt
or
a
i
s
e
,ye
thebe
gunupo
nal
e
s
s
egr
o
und;Hei
sc
o
mef
r
o
m hi
s
t
we
l
veTr
i
be
s
,
t
ha
ta
f
f
o
r
de
da
r
mi
e
si
ns
wa
r
me
s
,
t
ot
we
l
vepe
r
s
o
ns
,
t
we
l
veApo
s
t
l
e
s
;
2
0
この一節か ら我 々はダンの 「旧約」と 「
新約」に対す る態度 を知 る。 つ ま りタイポロジー
的な聖書解釈 における 「
旧約」 と 「
新約」の関係である。 タイポロジーでは 「
新約」の記
「
述 は既に 「旧約」に見 られるとい う見解が基本的であるが,そのさい重要なことは 旧約」
の歴史が 「
新約」において完成 ・
成就 と見る場合, 「
旧約 」と 「
新約」の優劣の問題が生 じ
て くるのである。 「旧約」 において 「
不完全 に」記述 されていることが,「
新約」で よ り具
体的に, よ り完全 に姿 を表す。不十分 なことが完全 になるとい う考 えには当然 「
新約」が
「旧約」 よ りす ぐれた記述 であるという見解 に至 る。 ダ ンは,既 に見 た 「旧約 」の人物 と
「
新約」のキ リス トとの関係 において,キ リス トが 「
旧約」の人物 よ り優 れているとは言 っ
ていなかった。 ところが,上記の一節で ダンははっ きりと比較級 を使用 して,キ リス トが
vi
dのエルサ レムや J
udaの王国や So
l
o
mo
nの神殿 よ り 「す ぐれた」 ことを
「旧約」の Da
成 し遂げた と言っているのである。 さらにタイポロジー的に見た場合 に重要なのはキ リス
2人の弟子 とイスラエルの1
2の部族の関係である。 キ リス 吊まイスラエルの1
2の部族
トの1
2の部族がキ リス トの1
2人の弟子 と関係 して くる。1
2の部族 は多 くの軍
の出であ り,その1
勢 を1
2人の弟子の与 えた, とダンは言 うが,なぜ キ リス トの弟子が1
2人なのかが 「旧約」
のイス ラエ ルの1
2人の部族 か ら説 明 され てい る。 上記 の引用文 で ダ ンはキ リス トには
So
l
o
mo
nの神殿 より優 れた神殿があった と言っているが,Te
mpl
eとChu
r
c
hについて ダン
-1
6
2-
ジ ョン ・ダ ンの タイポ ロジー と 「火薬 陰謀事件」記 念説教
は以下 の ように述べ てい る。
No
w,wec
a
nI
1
0
tS
e
eO
urO
Wnf
a
c
e
,wi
t
ho
utagl
a
s
s
e
:a
ndt
he
r
f
o
r
ei
nt
heo
l
dTe
mpl
e
,
I
n
,oraboutt
hatl
av
e
rQ
f
.
br
a
s
s
e
,
whe
r
et
hewa
t
e
r
,
f
o
rt
heus
e
so
ft
heChur
c
hwa
sr
e
s
e
r
ved,
Mo
s
e
sa
ppoi
nt
e
dl
oo
ki
n
ggl
a
s
s
e
st
obepl
a
c
ed:
t
ha
ts
o
.a
tt
heent
r
i
ngi
nt
ot
heTe
mpl
e
,
me
n
mi
ghts
e
et
he
ms
e
l
ve
s
,a
ndma
keus
eo
ft
ha
twa
t
e
r
,
i
ft
heyha
dc
o
nt
r
a
c
t
eda
nyf
o
ul
ne
s
s
e,
a
na
nypa
r
ta
boutt
he
m.He
r
e
,a
tyourc
o
i nghi
m
t
he
rno
w,
youha
vet
wogl
as
s
e
s
,whe
r
e
i
n
t
:Onei
nt
het
e
xt
,yo
urHead,Chr
i
s
tJe
s
u
s
,
youma
ys
e
eyours
e
l
ve
sf
r
o
m he
a
dt
of
o
o
r
e
pr
e
s
ent
edunt
oyo
u,
i
nt
hena
mea
ndpe
r
s
o
no
fSol
omon,Be
hol
dKi
n
gSol
omonc
r
owne
d,e
c
.
Anda
no
t
he
r
,unde
ryourf
e
e
t
,i
nt
hedi
s
s
o
l
ut
i
o
no
ft
hi
sgr
e
a
tMonar
c
h,
o
urRo
yal
lMas
t
e
r
,
no
wl
a
ye
dl
o
we
rbyde
a
t
ht
he
na
nyo
fus
,
hi
sSubj
e
c
t
sa
nds
e
r
va
nt
s
.
21
この一節 で ダ ンは重要 な二点 について言及 している。 その一点 は
。「
旧約 」の
「
新約 」の 「
教会 」との関係 であ る
「
旧約」の 「
神殿 」 と
「
神殿 」が 「
古 い神殿 」であるとすれ ば,
「
新約」 の教会 は 「
新 しい神殿」 に相 当す る。 Mo
s
e
sは神殿 に来 る人々が顔 を見 るこ とが
出来 とように神殿 に 「
鏡」 を置 いた。「
新 しい神殿 」たる教会 には M(
)
s
e
sの鏡 に対応す る
ものが あるのかoそれはキ リス トとい う 「
鋭」 と亡 くなった ジェームズ一世 とい う 「
鏡」
.「新 しい神殿」に来 る者 はキ リス トとジェームズ一世 によって 自らを知るに至 るの
であ る
であ る。 ここで ダンは 「
古 い神殿 」の 「
対型 」を 「
新 しい神殿 」即 ち教 会に見ている。 こ
の一節 では もう一つ重要 な タイポ ロジーが言及 されている。 それは,既 に述べた 「
予 型」
So
l
o
monが 「対型」キ リス トと対応 してお り, しか もキ リス トが ジェームズ一世 に適応 さ
。「旧
れてい ることである。 ジェームズ一世 はいわばキ リス トの 「影」として扱 われている
基礎 」につ いて ダンは タイポロジー的解釈 を行 う。教会の基礎 はキ
約 」の神殿 と教 会の 「
リス トであ る。 しか もそれ は So
l
o
mo
nが築 いた基礎 であ る。 パ ウロのエ フェソの倍徒へ
の言葉 の中に もエ フェソの信徒達 は預言者 と使徒 とい う土台の上 に造 られている とあ る。
教会の基礎 はキ リス トであるが,それ はまた
「
旧約」 を も基礎 としている
。
では,「旧約」
の 「
神殿」 は どうか。
Be
s
i
de
st
he
s
e
,
i
ti
sB
a
ye
d,
i
nt
hebui
l
di
ngo
ft
heMat
e
r
i
al
lT
e
mpl
e
,T
heKi
n
gc
o
mmaunde
d
,
andt
he
yb
r
ou
ghtgr
e
atSt
one
s
,amdc
o
s
t
l
ySt
one
s
,andhe
we
dSt
o
ne
s
,t
ol
a
yi
hef
ou
nd
at
i
o
n
so
ft
he
Hou
s
e
;
2
2
下線 部 は歴代誌上 5章 1
7節か らの引用であるが, これは文字通 り神殿 の基礎 となった材
料 であ る。 これ らの材料 の解釈 について ダンは文字通 りの意味の他 に以下の ような解 釈 を
も行 う。
Sot
he
n,Sal
omon
she
wedSt
o
ne
s
.a
ndc
o
s
t
l
ys
t
one
s
,ma
y,i
naf
a
i
r
ea
c
c
o
mmo
da
t
i
on.
be
eunde
r
s
t
o
odt
obe
et
heDe
t
e
r
mi
nal
z
'
on
s
,a
ndRe
s
ol
ut
i
on
s
,Ca
no
n
s
,a
ndDe
c
f
・
e
e
SO
fgene
r
a
l
l
counc
e
l
s
:
2
3
-1
6
3-
新潟大学言語 文化研 究
So
l
o
mo
nが命 じた神殿 の刻 まれた石,高価 な石 は正 しい適合では宗教会議の決意,決心,
法規,法令 として理解 される。 この 「
正 しい適合」とは 「
適応 」に近い意味を持 っている。
So
l
omo
nの命 じた神殿 は教会 とな り∴その教会の基礎 は宗教会議の様 々な決議事項 となっ
予型」 としての So
l
omo
nの神殿 と 「
対型」としての 「
教会」の関係が タイポロ
ている 「
。
ジ←的に扱われている。
「
紅海」と 「キ リス トの血」についての予表論的解釈 について もダンは論 じている
。
これ
s
e
sの紅海脱出 とキ リス トの 「紅い
については既 に一部言及 したが,ダンは次の ように Mo
血の海」を対応 させている。
.
.
.
he
el
Chr
i
s
t
]
,
whoha
df
or
me
r
l
ypa
s
s
edhi
sI
s
r
ae
lt
ho
r
o
ught
heRe
dS
e
a,
a
st
ho
ug
ht
ha
tha
d
no
tbe
e
nl
o
v
el
a
r
gee
no
ugh,
wa
snowhi
ms
e
l
fo
ve
r
lo
f
wedwi
t
haRe
dS
e
ao
fhi
so
wnebl
o
ud,
f
o
rhi
sI
s
r
ae
la
ga
i
n.
2
4
約束の地」へ と導いたoキ
Mo
s
e
sはイスラエル人をエ ジプ トか ら紅海 を渡 り,彼 らを 「
リス トも迫害 を免れるために紅海 を経てエジプ トに難 を逃れた。その 「
紅海」はキ リス ト
の十字架上の 「
血の海」 となって くる。 この タイポロジーはダンにあって特異な ものでは
な く,一般 的な タイポロジーであったが, ダンは Mo
s
e
sの 「紅海」 とキ リス トの 「血 の
海」を関係づけ,キ リス トの 「
血の海」の 「
予型」 を Mo
s
e
sの 「
紅海」脱出に見ている。
イスラエル人を救 った 「
雲の柱」 と 「
教会」については どうか。Mo
s
e
sは主に対 して,エ
ジプ トか ら 「
約束の地」へ の道 を示 して くれるようお願いす る。 それについて ダンは次の
ように言 う。
The
ydi
ds
e
et
ha
tPi
l
l
a
ri
nwhi
c
hGodwa
s
,
a
ndt
ha
tpr
e
s
e
nc
e
,t
ha
tPi
l
l
a
rs
he
wedt
he
wa
y.
Tous
,
t
heChur
c
hi
st
ha
tPi
l
l
a
r
,
・
nt
i
ha
t
,
Gods
he
we
suso
urwa
y.
2
5
イスラエル人にとっての神の導 き手である 「
柱 」が 「
新約」では 「
教会」となっている。
神が ダンに示す道は教会である。 それが 「
柱」である。 教会の基本的な事柄 に関 しては教
会は固定 しているが,重要でない,任意の事柄 について教会は移動可能な柱である, とダ
「
約束の
ンは言 う。 旧約」では主 は時 には炎 とな り,時 には雲 とな り, イスラエル人を 「
地」へ導いたが,「
新約 」ではその 「
対型」が 「
教会」とい う真理の柱 となっている。
「
楽園」と教会の関係 についてはダンは次の ように言 う。
Weha
vei
nt
heSc
r
i
pt
ur
e
st
wos
pe
c
i
l
alType
so
ft
heChur
c
h,Par
adi
s
ea
ndt
heAr
k
e
.
But
,
i
nt
ha
tType
,
t
heAr
k
e
,
wea
r
epr
nc
i
i
pa
l
l
yi
ns
t
r
uc
t
ed,
wha
tt
heChur
c
hi
nge
ne
r
al
ls
ha
l
l
a
di
s
e
,
wha
tpar
t
i
c
ul
arme
ni
nt
heChur
c
hs
houl
ddo.
2
6
doe
,
a
ndi
nt
ha
ti
nPar
ここでダンははっ きりと教会の 「
予型」に "
Type
s
"とい う語 を使い,ダンが タイポ ロジー
に熟知 していたことを示 しているが,教会の 「
予型」 として 「
楽園」と 「ノアの箱船 」が
挙げ られている。 これ も中世以来の伝統的な 「
予型」であるが, ダンは,教会は 「
箱船 」
の「
予表」[
TheChur
c
hi
t
s
e
l
f
e
,(
f
i
gur
edbyt
heAr
k
e)
]2
7である と明言す る。 また,「教会の
-1
6
4-
ジョン ・ダンのタイポロジーと 「
火薬陰謀事件」記 念説教
予型,箱船のなかで教会を考 えよ」28とも言っている。
「ノアの洪水」と 「
洗礼 」については どうか。 ダンは Sa
i
ntBa
s
i
lと Da
vi
dを援用 し,「
洪
水」 と 「
洗礼」の タイポロジーに触れる。
.
.
.
t
hegr
e
a
t
e
s
twa
t
e
ro
fa
l
l
,t
hejl
ood i
ts
e
l
f
e
,Sa
i
ntBasi
lunde
r
s
t
a
nds
,a
nda
ppl
i
e
st
o
Ba
pt
l
'
L
-e
,a
St
heApo
s
t
l
e【
Pe
t
e
r
]hi
ms
el
f
edo
e
s
,Ba
pt
i
s
me
,wa
sa.
Pgu
r
・
e
,o
ft
hejl
oo .
….
Da
vl
'
d
c
a
l
l
sBa
pt
i
s
met
hejl
ood,
be
c
a
us
ei
tde
s
t
r
o
ye
sa
l
lt
ha
twa
ss
i
nf
ul
li
nus
;
2
°
d
ノアの洪水では主に従順な ノア等は水を経 ることによ り救われ,罪は洗い流 された。そ
れ と同 じように教会の洗礼 とい う水 を経て人は罪 を清め られる。ペテロが言 うように,洗
礼は洪水の予表である。 ダンはこのあ とで次の ように言 う。
The
r
ewa
saBr
a
s
e
nSe
ai
nt
heT
e
mpl
e
:
a
ndt
her
ei
sagol
de
nSe
ai
nt
heChu
r
c
ho
fChr
i
s
t
,
pt
i
s
t
e
r
i
u
m,
t
hejbnt
,t
heSe
a.i
nt
owhi
c
hGodf
l
i
ngsa
llt
he
i
rs
i
nne
s
,
whor
i
ght
l
y,
whi
c
hi
sBa
a
nde
f
f
e
c
t
ua
l
l
yr
e
c
e
i
vet
ha
tSa
c
r
a
me
nt.30
ここで ダ ンは So
l
o
mo
nが命 じた水 を入れる円形の鉢,「
青銅 の海」 とキ リス ト教 会の
「
黄金の海」,洗礼盤 につ いて触 れている 上記では ノアの箱船 は洗礼の予衷 となってお
。
り,「
予型」 と 「
村塾」の関係が優劣の関係 な く示 されていたが, ここでは So
l
o
mo
nの神
殿 の 「青銅の海」と教会の 「
黄金の海」 との対比か ら, ダンがはっきりと後者が前者 より
優れていることを示唆 している。神殿 の水 も教会の水 も同 じ水であるが,前者の水は人の
罪 とは関係のない水である。 それに反 し,後者,教会の水 は人々の罪 を洗い流 して くれる。
一方が 「
青銅」で.他方が 「
黄金」であることか らも, ダンが後者の洗礼の水を神殿 の水
よ り価値があると認めていることは明 らかである。 洗礼について ダンは 「
制札」にも洗礼
の 「
予型」 を見ている。「
旧約」の割礼 は 「
神 とアプラハム との間の契約の印」である。
しか し,キ リス ト教徒 は外的儀式で しかない割礼ではな くキ リス トの割礼,すなわち洗
。
礼 によって救 われる 「旧約」の割礼 は 「
心の割礼」 を予表す るとダンは言 う。
.
.
.
t
hepr
i
nc
i
pa
l
ldi
gni
t
yo
ft
hi
sCi
r
c
umc
i
s
i
o
n,wa
s
,t
ha
ti
twa
sSi
gnu
m ji
gu
r
at
i
v
um,i
t
pr
e
f
i
gur
ed,
i
tdi
r
e
c
t
e
dt
ot
ha
tCi
r
c
umc
i
s
i
ono
ft
hehe
a
r
t
;
3
1
「
心の割礼」が洗礼 を指 していることは言 うまで もない。「旧約」の割礼 とキリス トの割
礼は以下の ように比較 される。
TheJ
e
wi
s
hCi
r
c
umc
i
s
i
o
n we
r
ea
na
bs
ur
da
ndunr
ea
s
o
na
bl
et
hi
ng,i
fi
tdi
dl
l
O
t
i
nt
i
ma
t
ea
ndf
i
gur
et
heCi
r
c
umc
i
s
i
o
no
ft
hehe
a
r
t
;
3
2
ダンは,
「旧約」の割礼が心の割礼 を予表 しなければそれはばかげた不合理なものである
と言 うが, ここで もダンは対型 としての 「
新約」が予型の 「旧約」 より優れていると言っ
ている。 ダンは概 して 「
新約」が
「
旧約 」を完成 させ ている との考えを持 っているようで
-
1
65 -
新潟大学言語文化研究
ある。 福音 と律法を比較 した箇所で ダンは,福音は律法 と同様の よい基盤があ り,「
新約」
「
旧約」 と同様基盤 は しっか りしている しか し福音が神の声,神の忠実 な声である
「
旧約」 も 「
新約」も神の声 であることには変わ りはないが,律法 には 「
決定」と 「
終結」
があるのに福音 にはそれがないので,「
新約」が 「旧約」よ りよ り忠実 に守 ることがで きる
は
。
。
と言 っている。
.
.
.
t
heGo
s
pe
l
li
sji
de
l
i
or
,
t
hemo
r
ef
a
i
t
h
ul
f
l
,
a
ndt
hemo
r
es
ur
e
,
be
c
a
us
et
ha
two
r
d,
t
heLa
w,
ha
t
hha
dade
t
e
r
i na
m
t
i
o
n,
a
ne
xpi
r
a
t
i
o
n,
butt
heGo
s
pe
l
ls
ha
l
lne
ve
rha
vet
ha
t.
3
:
う
律法は断定的で上か らの一方的な命令,指示であ り,神への絶対的な服従 を強いる. そ
れに対 し,福音 には律法 ほ どの厳 しい強制 はない。む しろ他者の人間的な弱みを暖か く包
んで くれる愛に満ちあふれている。 ダンが言いたいのは,福音が よ り人間的なメ ッセー ジ
を我 々に伝 えているとい うことであろう。 そこが律法 と福音の違いであ り,そこに両者の
優劣がある とダンは見ている。
エ ジプ トにおけるイスラエル人の幽閉 とキ リス ト教徒の殉教の タイポロジーについては
どうか。以下の引用か ら前者が後者の 「
予型」 となっていることがわかる。
Asa
f
t
e
r
,i
nt
heChri
s
t
i
anChur
c
h,hema
det
hebl
oudo
ft
heMar
o,
r
s
,t
hes
e
e
do
ft
he
Chur
c
h,
s
oi
nEBy
Pt
,
hepr
o
pa
ga
t
e
d,
a
ndmul
t
i
pl
i
e
dhi
sChi
l
d
r
e
n,
i
nt
hem
id
s
to
ft
he
i
rc
r
ue
l
l
o
ppr
e
s
s
i
o
ns
,a
nds
l
a
ught
e
r
s
,a
st
ho
ught
he
i
rbl
ou
dha
dbe
e
ns
e
e
dt
oe
nc
r
e
a
s
eby:unde
r
t
hewe
i
ghto
ft
he
i
rde
pr
e
s
s
i
o
ns
,hega
vet
he
m gr
o
wt
h,a
nds
t
a
t
ur
e
,a
nds
t
r
e
ngt
h,a
s
t
ho
ug
ht
he
i
rwoundsha
dbe
e
npl
a
ys
t
e
r
s
,
a
ndt
he
i
rve
xat
i
on
sc
o7
di
al
s
:
3
4
初期キ リス ト教会では迫害 を受けた殉教者の血がその後のキ リス ト教会の礎 となった。
殉教者の血 は教会の種子である. 同様 に,エジプ トでのイスラエル人はエ ジプ ト人か ら迫
害 を受けたが主は依然 として彼 らを見捨 てることな く,彼 らの数 を増や していった。彼 ら
が流 した血は彼 らが増 えてい く種子であった。キリス ト教会の殉教者の流 した血 もエ ジプ
トでイスラエル人が流 した血 もいずれ も無駄な血でな く,その後のキ リス ト教会, イルラ
エル人を更 に強固なものにす る糧であった。その意味で
「
旧約」のエ ジプ トのイスラエル
人は初期キ リス ト教会の殉教者の予型,予表 となるのである。
次は S
o
l
o
mo
nの冠 とキ リス トの冠である。 ダンはジェームズ一世が亡 くなった後,雅歌
3章 1
1
節 に基づいて鋭教 を行 った。それは 「いで よ, シオンのお とめたち よ 。 ソロモ ン王
を仰 ぎ見 よ。 その冠 を見 よ。 王の婚礼 の 日に,喜びの 日に母君がいただかせた冠 を。」であ
o
l
o
mo
nの冠 はキ リス トの冠の予型 となる0
る。 ダンにとっては S
Andt
he
nl
a
s
t
l
y,t
hepe
r
s
on u
po
nwho
mt
he
yl
da
ught
e
r
so
fSi
o
n]a
r
edi
r
e
c
t
e
d,i
s
Sol
omonc
r
o
wne
d,Tha
ti
s
,Chr
i
s
ti
nve
s
t
e
dwi
t
ht
her
o
ya
l
ldi
gni
t
yo
fbe
i
ngHeado
ft
he
nt
hi
se
s
pe
c
i
a
l
l
y,i
st
hi
sa
ppl
ya
bl
et
ot
heo
c
c
a
s
i
o
no
fo
urpr
e
s
e
ntme
e
t
i
ng
Chur
c
h;Andi
l
J
a
me
srsbur
i
a
l
]
.
.
.
Tha
tt
hi
sCrow no
fSol
omo
ni
nt
het
e
xt
,
Wi
l
la
ppe
a
rt
obeChr
i
s
t
sc
r
o
wn
o
fThor
ne
s
,
hi
sHumi
l
i
at
i
on,
hi
spas
s
i
on;
3
5
-1
6
6-
ジョン ・ダンのタイポロジーと 「
火薬陰謀事件」記念説教
o
l
o
mo
nは王 としての S
o
l
o
mo
nでな く,花婿 を
この一節 は花嫁の行列 を描いた もので,S
o
l
o
mo
n王に言及 していると考えているよう
指 している と解釈 されるが,ダンは文字通 りS
である。 これ まで,キ リス トの予型 としての S
o
l
o
mo
nについては既 に触れたが,ここでは
さ らに S
o
l
o
mo
nの冠 が キ リス トの 冠 と対 応 して い る。更 に は S
o
l
o
mo
n- キ リス トジェームズ- t
R
・
とい う本来の タイポロジーが ジェームズ一世 にまで拡大 され, ジェームズ
一世はS
o
l
o
mo
n,キ リス トと並列 されていることがわか る。 ジェームズ一世の葬儀 に際 し
て ダンは王 を S
o
l
o
mo
n,キ リス トに適応 し ジェームズ一世への最大の賞賛を送るのであ
る
。
これ まで ダンの タイポロジー的型番解釈 を 「旧約」 と 「
新約」の人物,出来事,制度の
t̀
y
p
e
'
'や "
f
i
g
u
r
e
"
対応のなかに見て きた。 ダンは 「
対型」 とか 「
予 衷」の譜 を表す ときに `
を使用 している。 この語 はタイポロジーで使用 される用語で, ダンがいかに タイポロジー
に関心 を抱 いていたかを示 している。 確か に
「
旧約」と
「
新約」 とい う二つの型番 を考 え
た場合,両者の統一性,関連性 は大 きな問題であったo タイポロジーはこの問題の一つの
解決であった。 ダンの説教での型番 「
適応 」方法 は タイポロジーにその発端があるのでは
ないか との仮説の もとに我 々は論 を進めて きた。次に検討すべ きはこのポロジーがいか に
具体的にダンの火薬陰謀事件で用い られているかである0
4
カ トリック教徒過激派の ジェズイッ トが 1
6
0
5
年1
1月 5日に起 こしたいわゆる火薬陰謀未
遂事件 は国会議事堂爆破 ともどもジェームズ- L
汁とその家族及び政雁の要人,宗教関係者
を殺害 しようとしたイギ リス歴 史上類 をみない凶悪 な事件であった。 ジェームズ一世 は事
件後 1
1
月 5日を記念 日とし,事件 を一般人に周知徹底 させ併せて事件の風化 を防 ぐため に
著 名 な説教家 に爆破未遂事件糾弾 の説教 を行 わせた。説教家の なか で俵 も多 くの説教 を
行 った鋭教家 はランスロ ッ ト ア ン ドルーズ (
La
n
c
e
l
o
tAnd
r
e
we
s
)
で,彼 は1
6
0
6
年か ら1
6
1
8
年 まで計 1
0回の説教 を行 ってい る。361
6
0
6
年か ら1
6
5
1
年 まで合計3
2
編 の火薬陰謀事件 に関
,
す る説教があるが,ダンが記念説教 を行 ったのは1
6
2
2
年1
1
月 5日である。 この説教 は 「哀
0
章 についての説教で,火薬陰謀事件 を非難す ると同時 に,又, ジェームズ一世
歌 」4章2
王朝 を も擁護す るとい う火薬陰謀事件説教 の定石 に従 っている。 説教 は,エ レミアのエ ル
サ レム陥落 と捕囚について書かれた 「
哀歌」 を基 に しているが,説教方法 として ダンが使
用 したのはエルサ レム陥落 と捕 囚をジェームズ一世の時代 に適応 し,ジェームズ一世王及
び王国擁護す る方法である。 以下でその具体的適応 を検証 したい。
ダンが説教 に選んだ聖書の一節は以下の旧約聖書 「哀歌 」4章2
0
節であった。
Th
eb
r
e
a
t
ho
fo
u
rn
o
s
t
r
i
l
s
,
t
h
ea
n
o
i
n
t
e
do
ft
h
eLo
r
d
,
wa
st
a
k
e
ni
nt
h
e
i
rp
i
t
s
.(
主 の油
注がれた者,わた したちの命の息吹/そのひ とが,彼 らの毘 に捕 らえ られた。)
この一節 についての説教 のポ イン トは 「主の摘注がれた者,わた したちの命の息吹」と
は誰か,「
彼 ら」とは誰か,「
民 に捕 らえられた」とは どの ような意味か,である(
。 ダンは.
「哀歌」が書かれた歴史的背景か らこれ らを説明 し,次にそれ らをジェームズ一世の時代に
-1
6
7-
新潟大学言語文化研究
適応す る。「主の抽注がれた者」が誰 を指すのかについては諸説があるが,ダンはそれ をエ
ジプ ト軍 との戦 いで非業 の死 を とげ,賢王 と言 われ たユ ダ王 国の王 J
o
s
i
a
h(
在位 6
4
05草2
5節J
に 「
エ レミアは ヨシュアを悼 んで哀歌 を作 った」
6
0
9
BC) と解釈す る。歴代 誌下3
とあるか らである。 他方 「主の油注がれた者」 をダンはバ ビロン捕囚の際のユ ダ王国の最
de
ki
a
b(
在位 :5
9
7-5
9
6) とも解釈 している。「哀歌 」 4
後の王でバ ビロ ンで獄死 した Ze
章1
7節で 「
今 なお,わた したちの 目は援軍 を求めていたず らに疲 れ /救 っては くれない他
国をなお見張 って待つ。
」 とあ り,これは Z占
de
ki
a
hがエ ジプ トか らの援軍 を待 っているこ
de
ki
a
hと解
とへ の言及であ るか らで, ダンは特定 は しないが 「
主 の油注がれた者 」 を ze
o
s
i
a
hと解釈 したのか。
釈す るのが妥 当であろう。 ではなぜ ダンは 「主の抽注がれた者」を J
それはジェームズ一世が 1
62
2年 8月に出 した 「説教者- の指令 」 (
Di
r
e
c
t
i
o
n
sjb
rPr
e
ac
he
r
s
)
で王が説教 のテーマ を国教会の3
9
箇条 と Ed
wa
r
d六世時 に出版 された説教番 (
t
heBoo
ko
f
で扱 われ るテーマ に制 限 した こ とと関係 が あ る その最 初 の説教 番 で著 者 の
Ho
叫l
i
e
s
)
Tho
ma
sCr
a
nme
rが Edwa
r
d六 世 を "
ane
wJ
o
s
i
a
s
"と呼 ん で い る の で あ る。37ダ ン は,
。
ジェームズ一世の 「
説教者へ の指令 」を読んでお り,それ を擁 護す る説教 も行ってい るほ
o
s
i
a
s
」 としての Edwa
r
d六世 を知 っていた。「哀歌」の 「主の油
どであるので,「
新 しい J
注がれた者 」 を J
o
s
i
a
h王 とダ ンが解釈 した背景 には以上 の ような理 由が あった。それ に
J
o
s
i
a
hとすれば,彼 はエ ジプ ト軍 との戦いで死ぬが,「主の 日にかな う正 しい ことを行い,
2
2輩 2説)し,「彼
父祖 ダビデの道 をその まま歩み,右 に も左 にもそれなか った」(
列王記下 :
(
J
o
s
i
ha)のように全 くモーゼの律法 に従 って,心 を尽 くし,魂 を尽 くし,力 を尽 くして主 に
立 ち返 った王 は,彼 の前 にはなか った。彼 の後 に も,彼 の ような王が立つ こ とはなか っ
。
た。
」(
列王記下 :2
3章2
5
節) と称賛 されている 「
主の抽注がれた者」 を J
o
s
i
a
hと解 釈 し
de
ki
a
hと解
たほ うが ダ ンに とっては都合が よか った。それに 「
主の油注が れた者 」 を Ze
釈す る とジェームズ一世 との比較の際 に不都合 なことが生ず る。 それは,Ze
de
ki
a
hが 「主
の 目に悪 とされ ることをことご く行 った」 と列王記 (
下2
4章 1
9節)やエ レミア番 (
5
2車 2
節)で記 されているか らである。 ダ ンが 「
主の抽注がれた者 」を J
o
s
i
a
hと解釈す るのは以
de
ki
a
h説 を捨 てる こ とは しない。J
o
s
i
a
hが 「尊王」
上 の理 由に よる。 しか し, ダ ンは Ze
de
ki
a
hが 「
悪 玉」で も王 に変 わ りはな く,二人の王 は 「
主 の渦注がれた者」,「
命の
で Ze
息吹」即 ち人々の命である,だか ら人々は 「
民 に捕 らえ られた」人 を嘆かれなけばな らな
い, と言 う。では,「
彼 ら」 とはだれか。「
主の抽注がれた者 」が J
o
s
i
a
hであれば,「彼 ら」
はJ
o
s
i
a
hが戦 ったエ ジプ ト王パ ロ ・ネ コ軍勢 を指す。「民 に捕 らえ られた」 とは,J
o
s
i
a
h
がネコに殺 されたことを意味す る。 (
列王記下 :2
3草2
9
節)「
主の油注がれた者」,「
命 の息
吹」が Ze
de
ki
a
hであれば 「
彼 ら」 はネブカ ドネザル軍勢 を差 し,「
毘 に捕 らえ られた」 は
Ze
de
ki
a
h王のバ ビロン揃 囚 をさす。で は,「主の抽注がれた者」が 「命の息吹 」であ る と
は どの ような意味か。「哀歌」 の "
t
hebr
e
a
t
ho
fo
urno
s
t
r
i
l
s
"は創世記 2章 7節の神が ア ダ
ムに 「
命 の息 をその鼻 に吹 き入れ られた」か ら来ているが,人間は神の 「
息」(
この語 Ru
ac
h
はまた 「
霊気」 とも訳 され る。) によ り生 きてお り,神 の命が吹 き込 まれている。 ダ ンは,
この RL
/
aC
hを文字通 りに解釈 して r
Ruac
h, 霊気 は我 々が呼吸す る息である,我 々が生 き
」
3
8と言 う
る命である。 王 はその息であ り,命であ り,それ故息 と命 は王 に属す る。
。
これ
は神 の息がすべ ての命の根元であるように,人々の生活 は王 な くしては存在 しえない こと
。「命の息吹」
を表す。神が王 とな り,人 々の王へ の無条件 の服従が ここか ら生 まれて くる
-1
6
8-
ジョン ・ダンのタイポロジーと 「
火薬陰謀事件」 記念説教
。
としての王 は地上 における神の代理人 とな り,我 々に神の祝福 を伝 える 「
哀歌」4車2
0節
の ダンの文字通 りの解釈 は以上であるが, ダンはただそれだけでは終わ らない。重要 な点
0
節の火薬陰謀事件へ の適応である0
は 「
哀歌 」4車2
5
ダンの説教が ジェズイ ッ トが企てた火薬陰謀事件記念説教であることを考慮すれば,当
,
然の ことなが ら 「
哀歌」の一節 と火薬陰謀事件 との関係が問題 となって くるO ダンは 「哀
歌 」4輩2
0
節 を火薬陰謀事件 に 「
適応 」す る。 この 「
適応」によれば 「
主の抽注がれた者 」
。
「わた したちの命の息吹」は当然の ことなが らジェームズ-世 を指す ことになる 「わた し
たち」はイギ リス国民であるoそ して 「
かれ らの民に捕 らえ られた」 とはジェームズ一世
が カ トリック教徒の火薬陰謀事件 に巻 き込 まれたことを意味す る。
,ダンは次のように 「哀
歌」の一節 をジェームズ-世の時代 に適応す る.
.
.
.
a
nda
l1t
he
yl
La
me
nt
a
t
i
o
ns
,a
ndMo
ur
ni
ngs
,a
ndWo
e
]a
r
ewr
i
t
t
e
nwi
t
hi
n,a
ndwi
t
h
out
.
s
a
yst
heTe
xt【
Ez
e
k.
2
.
1
0
1t
he
r
e
;wi
t
hi
n,a
st
he
yc
onc
e
r
nt
heJ
e
ws,wi
t
hot
/
t
,a
st
he
ya
r
e
a
ppl
i
a
bl
et
o us
;And t
he
yc
o
nc
e
r
nt
he J
e
ws
, Hi
s
t
or
i
c
al
l
y.
.
.
and t
he
yc
o
nc
er
nt
he
m
pr
o
phe
t
i
c
al
l
y,f
o
rf
a
r
t
he
ra
t
t
e
mpt
sJ
e
r
e
my d
i
dc
e
r
t
a
i
lyjbr
n
e
s
e
e
.The
ya
r
ea
ppl
i
abl
et
ous
bot
hwa
yst
o
o
:Hi
s
t
o
r
i
c
al
l
y,b
ec
a
us
eweha
ves
e
e
n,wha
tt
he
y woul
dh
av
edon
e
,And
Pr
o
phe
t
i
c
al
l
y,
be
c
a
us
ewe
ef
or
e
s
eewha
tt
he
ywmJ
l
ddoe
.
3
t
'
ここで ダンが "
a
ppl
i
a
bl
e
"とい う語 を使用 していることに注 目したい。 ダンは 「哀歌」を
ダンの時代及び火薬爆発陰謀事件 に適応す るのである。 しか し, ジェームズ一世の予型 と
して 「哀歌」 を考えた場合,困難が生 じて くる。それ は J
o
s
i
a
h, Zede
ki
aとも 「民に捕 ら
え られて」死んでいることである。 ジェームズ一世は 「
毘」に捕 らえ られて も助かったが,
「
旧約」では 「主 に油注がれた者」は死 んでいる
。
これは どの ように説明 されるか。 ダンは
「
民 に捕 らえ られた」とい う歴 史の一場面 よ りはそれをイス ラエルの復興 とい う歴 史の長い
民 に捕 らえられて」
スパ ンのなかで見ているようである。 確かに歴史的には,ユ ダ王国は 「
悲惨 な状態 に陥る。 しか し,多 くの危機 を乗 り越 え, 国は神 の加護の下で繁栄を見ること
になる。 予言的には 「哀歌」でエ レミアは,エルサ レム陥落は嘆いているが,他方で タイ
ポ ロジー的にはキ リス ト亡 き後の イスラエルへ降 りかかる よ り大 きな崩壊 と荒廃 をも嘆い
ている とダンは考える。 これはエルサ レム陥落が予型 となってキ リス トの死がその対型 と
なっている。 人々の嘆 きの原因は王国の崩壊 である。 しか し王国は神 を基 に して作 られた
もので あるか ら,王国が崩壊 す るこ とは神 の崩壊 に も等 しい。 ダンのユ ダ王国の擁 護が
o
s
i
a
h王 を論 じる一方で, ダンは,
ジェームズ一世王国の擁護 に至 ることは自明である。J
巧み にジェームズ一世王国を背後 に読み とらせている。更 に ダンは タイポロジー的な解釈
hewa
sf
a
l
l
e
n),落ちた状態 を続 けるのではな
を導入す る。 確かに王は敵の民 に落ちたが (
い。歴 史的にはバ ビロン捕 囚後 イスラエル人はベ ルシア王キュロスに よる釈放布告によっ
,
て再 び祖国へ帰還,祖国再建 に励 んだ。それ故 「落 ちる」ことは 「
救 出」を意味す る。「落
ちる」 ことによって 「
救 われ る」のである。 これは言 うまで もな くキ リス トの死 と復活 を
予表す る
。
ダンはJ
o
s
i
a
hの「民 に落ちた」ことをキ リス トの死 と復活に対応 させている。
,だ
-1
6
9-
新潟大学言語 文化研 究
から 「
嘆 き」 は 「
祝福」 となる。 この ようにダンはタイポロジー的聖書解釈 を取 り入れ,
エルサ レム陥落を嘆 きとせず に,道 に 「
祝福」の契機 とす る。「
民 に捕 らえられた」結果 と
してのエルサ レム陥落 はジェー ムズ一世 に適応す れば火薬 陰謀事件 である。王の殺害 を
狙ったこの事件 はもし成功 した ら, イギ リスは国家の頭 を失 うことになった。それはイギ
リス陥落にも等 しい。 しか し,バ ビロン捕囚後 に祖国への帰還があったように,「
民に落ち
た」後に 「
救 出」があった ように,火薬陰謀事件で も王殺害 とい う危険があったが,それ
が未遂に終わ りイギ リスは 「
救 出」 された。バ ビロニア捕囚は火薬陰謀事件の予塑 となっ
ている。
6
予型論的にバ ビロニア捕 囚の対型が火薬陰謀事件 となるが,更に, ダンはジェームズ一
世王国を神の国 との タイポロジーの中に見 ようとす る。 これはジェームズ一世王朝 に対す
る揺 るぎのない ダンの支持 ・擁護 とな り, この説教では最 も重要 な点である
。
ダンは,王
の予型 は神である, と明言す る。
fa
l
lt
hi
ngst
ha
ta
r
e
,t
he
r
ewasa
nI
de
ai
nGod,
・t
he
r
ewa
samode
l
l
,apl
a
t
f
or
m,a
n
e
xa
mpl
a
ro
fe
ve
r
yt
hi
ng,whi
c
hGo
dpr
o
duc
eda
ndc
r
e
a
t
e
di
nTi
me
,i
nt
hemi
nda
nd
pur
po
s
eo
fGo
dbe
f
o
r
e
:
Ofa
l
lt
hi
ngsGodha
da
ni
de
a,
apr
e
c
o
nc
e
pt
i
o
n;
buto
fMo
na
r
c
hy,
o
f
K
ingdo
me
,God,
whoi
sbuto
ne
,i
st
heI
de
a;Go
dhi
ms
e
l
f
e
,
i
nhi
sUni
t
y,i
st
heMode
l
l
,
Hei
s
t
heTypeo
fMonar
c
h
y.
4
0
O
神 は地上の王国の 「
予型 」である。 しか もその王国には一人の統治者 しかいない。
Al
lf
o
r
mso
fGo
ve
r
nme
ntha
veo
nea
ndt
hes
a
meSoul
,t
ha
ti
s
,Sov
e
r
ai
gnO,
;Tha
t
l
l
,f
r
o
mo
nea
ndt
he
r
e
s
i
de
ss
o
me
whe
r
ei
ne
ver
yf
o
r
m;a
ndt
hi
sSo
ve
r
a
i
gnt
yi
si
nt
he
ma
,
f
r
o
mt
heLor
do
fLor
ds
,
f
r
o
m Godhi
ms
e
l
f
,
f
o
ral
lPowe
ri
so
fGod;
4
1
s
a
meRoot
この一節で王の絶対権力,神聖 さが雄弁 に語 られ,王権神授説 を唱 えるジェームズ一世
神 によらない権威 はない」とさえ言 う。 更
を強力に援護す る。 王国のモデルは神であ り,「
に, ダンは神 と王国の関係 を述べ,神 は王国の 「
予塑」であると言明す る。
Al
lf
o
r
me
so
fGo
ve
r
nme
ntha
vet
hi
sSo
ul
e
,butGodi
nf
us
e
t
hi
tmo
r
ema
ni
f
e
s
t
l
y,a
nd
n
gdome
:.
.
.Al
lgo
ve
r
nme
nt
sma
yj
us
t
l
yr
e
pr
e
s
e
nt
mo
r
ee
f
f
e
c
t
ul
al
y,i
nt
ha
tf
o
r
me
,i
naKi
Godt
ome
e
,
whoi
st
heGodo
fOr
de
r
,
a
ndf
o
unt
a
i
neo
fa
l
lgo
ve
r
nme
nt
,
butye
tla
m mo
r
e
e
a
s
e
d,a
ndmo
r
ea
c
c
us
t
o
medt
ot
hec
o
nt
e
mpl
a
t
i
ono
fHeaven,
i
nt
henot
i
o
n,
a
sHeaveni
sa
,
byha
vi
ngbe
e
nbo
r
ne
,
a
ndbr
edi
naMo
na
r
c
hy:
Godi
saTypeo
ft
ha
t,
.
.
.
4
2
k
i
n
gdome
現世の王国の予型 は神であ り, これは現世の王国は神 を表す とい う意味に他 な らない。
ダンは個人的にエ リザベ ス女王 とジェームズ一世の王国に生 まれ,育 ったことによ り,天
国は王国であるという考 えに安堵 をおぼえ,その考え方 に順応 していると言 っている。 最
-1
7
0-
ジョン ・ダンのタイポロジーと 「
火薬陰謀事件」記念説教
後 にダンは 「
神 は王国の予型である」と断言す る。
ダンの王国賛美はこれだけではない。 ダンによれば,王国は寅 に地上 における壊善 の国
家であ る。 そ して,象徴 的には天国の最善の予表,予型である。43 ダンが これほどまで に王
国 を支持す る説教 は他 には類 を見 ない。 ダンか らすれば神 の王国の対型である地上の王国
を破壊 しようした火薬陰謀事件 は神へ の反逆であ り,神の王国の破壊 にも通ずる行為であ
る。丁度神 の選民 イスラエル人をバ ビロンに捕囚 したネプ カ ドネザルの行為が神 に対する
反逆であるの と同 じである。 それ散,王 と王国の切断 と王不在の王国の安寧 を主張す るこ
とは神の建物 を揺 るが し,解体す ることになる。王 と王国は魂 と肉体同様密接 に関係 し,
切 って も切 り離せ ない関係 にある。王 を王国か ら取 り除 くことは王国の死 を意味する。 ダ
ンは 「哀歌」の一節 によってジェームズ一世王朝のイギ リスをもタイポロジー的に扱 って
お り, ジェームズ一世王朝が直面 した難題 の解決 を試みている。
「哀歌 」4車2
0節 は,イスラエ ル人のバ ビロニア捕囚が嘆 きの対象であるが,とりわけ王
J
o
s
i
a
hをエ レ ミアは嘆いている。「良 き王」である J
o
s
i
a
hの死 に際 し,王国は致死的重傷
を負い,外国の君主の属 国になったo ダンは しき りに J
o
s
i
a
h王の善良 さを強調す るが,そ
れ もダンは J
o
s
i
l1王 をジェーム ズ一世 の予型 としてい るか らであるO ダンは, 我 々の時
a
os
i
a
hに適応すれば」(
i
fwea
ppl
yi
tt
ot
heJ
o
s
i
a
ho
fo
urt
i
me
s
)
4
4という表現 を度 々使
代の J
用す るが,「
我 々の時代の J
o
s
i
a
h」が ジェームズ一世 を指 していることは嵩 うまで もな く,
この説教では J
o
s
i
a
hとしての ジェームズ一世は 9回言及 されている. ダンは,火薬陰謀事
「
件記念説教での彼の任務 は 「哀歌 」の一節 を説数 日に適応す ることであると言って,次の
ように言 うo
Tho
s
eme
nwhoi
nt
endedus
,
t
hi
sc
a
us
eo
fl
a
me
nt
a
t
i
ont
hi
sda
y,
i
nt
hede
s
t
r
uc
t
i
o
no
f
ou
rJo
s
i
a
h,
s
pa
r
edhi
m no
t
,be
c
aus
ehewa
ss
o,be
c
a
us
ehewa
saJo
s
i
ah,
be
c
a
us
ehewa
s
dt
ot
h
e
m,hi
sbe
ne
f
i
t
st
ot
he
m,ha
dno
tmo
l
l
i
f
i
e
dt
he
m,
go
od:no
,no
tbe
c
a
us
ehewa
sgoo
t
o
wa
r
dshi
m.
4
5
「
我が J
o
s
i
a
h」とはジェームズ一世であ り,ジェームズ一世 はカ トリック教徒 に対 して良
き王であったが,それが カ トリック教徒の気持 ちをなだめ るには至 らなかった。その王 を
殺害す る とすれば人々に とっては どこに慰めを見つけ,誰が何が慰めの対象 となるのか,
と言 う。 ジェームズ一世 は息子チ ャールズのスペ イン王女 との結婚 によるスペインとの和
平 を希求 し, カ トリック教徒 に対す る誹誇 ・中傷 を禁 じていたが,その事情 を察 してか ダ
ンは反 カ トリック教の姿勢 を前面 に出 さない。火薬陰謀事件 を宗教的次元か らではな く政
治的な次元か らとらえ, もっぱ ら事件 をジェームズ一世の王 としての権威への反旗 として
強調 してい る。1F
'
いか に して国家 の安定が維持 され るかo 火薬 陰謀事件記念 日に際 し,た
だ カ トリック教徒 を非難す るだけでは何の解決 をももた らさない。 む しろ地上における神
の代理 人たる王への忠誠 によってこそ国の安定は維持 され る。 王への忠誠な くしては国家
はただ混乱 に陥るだけである。 ところがその まきしき混乱 を目論んだのが カ トリック教徒
であった。 ダンが本説教 で神 に由来す る王国,神の代理 人たる王を強調 し.王や王国はい
世王朝 のためである。
-1
7
1-
新潟大学言語文化研究
.
.
.
i
ft
he
yl
t
heGunpo
wde
rpl
o
t
t
e
r
s
]ha
dr
e
mo
ve
do
urI
os
i
ah,
a
ndhi
sRo
yal
lc
hi
l
dr
e
n,
a
nds
o
,
t
hi
sf
o
r
mo
fgo
ve
r
nme
nt
,whe
r
e
,
o
r
,who,
Q
rWhatha
dbe
e
na
nobj
e
c
to
fCo
ns
o
l
a
t
i
o
nt
ous?1̀7
過激な力 付 )ック教徒連 はジェームズ一世 とその子供達及び政府 ・教会の要 人殺害 を計
画 したが,ダンにとって王な き王国は考 え られない。エ レミアが J
o
s
i
a
h王の死 を嘆いた よ
うに, もし王が火薬陰謀事件 の犠牲者 になっていた ら,我 々は王 を嘆かなければな らな
かっただろう
.
しか し,幸 いに も神 の摂理 により計画 は無 に帰 し, ジェームズ一世は犠牲
者 となることはなかった。 ダンは終始 ジェームズ一世 をこの説教で擁護するが,王な くし
てイギ リス国家の安定はあ りえないことを力説する。 火薬陰謀事件記念説教ではカ トリッ
ク教徒攻撃は控え られ,説教その ものはジェームズ一世の意向に沿 う内容の説教 となって
いる。 しか し,ジェームズ一世が カ トリック教徒が言 うように 「
悪い王 」Ze
de
ki
a
hであっ
た らどうか。その場合で も我 々は王 を守 らなければな らない。 なぜ な ら王 を失 うことには
de
ki
a
h王の死 に際 して も「
嘆 き」があったか らである。 ジェー
危険があ り,嘆 きが伴い,Ze
ムズ一世殺害 を狙 った過激派 カ トリック教徒 はジェズイッ トであった. 彼 らはジェームズ
一世の王権神授 説に真 っ向か ら反対 し,民衆か らの権力委譲 としての王権説 を信 じてい
た。彼 らの見解 によれば王 はただ民衆か ら権力を移譲 されているにす ぎない。 これに反 し
ジェームズ-世 は王権の神か らの由来 を頑 なに信奉 し,た とえ王が悪玉であろうとも悪王
を神の人間への罰 として受 け入れねばな らない とした。火薬陰謀事件 の首謀者 とジェーム
ズ一世 とでは王権 に関 しては全 く異 なっていたo ここではダンはジェズイッ トの王権諭に
反論 し,悪玉で も王であるとい う考 えに立脚 した主張 を している。 このようにダンは 「
哀
0
節 を火薬陰謀事件記念説教の題材 として,エルサ レム陥落 を扱 うが,それをま
歌」4草2
o
s
i
a
hに対
たジェームズ一世の時代 に適応 し,ジェームズ一世 を 「哀歌」の悲劇の主人公 J
o
s
i
a
h王の死 と Ze
de
ki
a
h王のバ ビ
応 させている。 王権,王国の擁護 を全面的に取 り上げ,J
ロン捕 囚をジェームズ一世へ の カ トリック教徒 の火薬 陰謀事件 の中に とらえ, タイポ ロ
ジー的に解釈 し,ジェームズ一世への全幅的な忠誠を表明 している。
ここで看過で きない重要 な点がある。それは 「
哀歌 」4章2
0
車の 「主の渦注がれた者,
o
s
i
a
hで あれ
わた した ちの命 の息吹」 と しての王 であ る エ レ ミアが喚 い てい る者 が J
Ze
de
ki
a
hであれ,その人物 は 「主の渦注がれた者」(
t
heAno
i
nt
edo
ft
heLo
r
d)であ り,
「
わた したちの命の息吹」(
t
heBr
e
a
t
ho
fourNo
s
t
r
i
l
s
)である。「
油 を注 ぐ」とは王,祭司,
。
哀歌」の一節では,渦 を注がれた王 は神か ら
預言者は特別な任務 を得 ることを意味す る。「
の特別 な権威 を授 け られていることを示す.「
油 を注 ぐ」ことは宗教的に一般 人 と区別す る
ためだったが,「
主の油注がれた者」 と言 えば当然我 々は 「イエス・
キ リス ト」 を思い起 こ
す。 キリス トは文字通 り 「
主の渦注がれた者」であったか らである。 ダンは次の ように言
う
。
AnAno
i
nt
e
dKi
ng…a
ndhet
ha
ti
sa
no
ynt
e
d,
.
.
.
a
bo
vehi
sf
e
l
l
o
w Ki
ngs…Thea
no
ynt
ed
,Me
s
hi
ac
hJe
hov
ah,C r
i
s
t
u
s
o
ft
heLo
r
d,whoi
nt
hi
sTe
xtha
t
hbo
t
ht
ho
s
egr
ea
tna
me
s
,
h
,
.
.
.
4
8
Domi
ni
「
抽注がれた者」はメシアであ り,その英訳がキ リス トである。 ダンは,「
哀歌 」の 「
主
-
72-
1
ジョン ・ダンのタイポロジーと 「火薬陰謀事件」記 念説教
の抽注がれた者 」が誰であるか は限定 していないが,エホバ とキ リス トとを連想 させ てい
ることは明 白である。 つ ま り,「
哀歌」の 「主の油注がれた者」はキ リス トの予型 となって
お り, そ してそれが また ジェー ムズ一世 に適応 され るのであ る. この説教ではジェームズ
一世 は J
o
s
i
a
h王の対型 となっていたが,今度 はキ リス トの対型 ともなっていることに注 目
したい。「哀歌」の 「
油注がれた者が民 に捕 らえられた」は J
os
i
a
h王の死か Ze
deki
a
h王の
バ ビロ ン捕 園 を指すが,対型 としてはキ リス トの受難 とな り,それが更 に政治的にジェー
ムズ一世 に適応 され, カ トリック教徒 の火薬 陰謀事件 に よるジェームズ一世殺害未遂事件
に適応 されているのであ る。 それゆ え J
os
i
a
h(
orZedeki
ah)
- Chr
i
s
t- J
a
me
sIとい う図
式が成立す るo本来の タイポ ロジー とは異な る形で 「旧約」が ジェーム ズ- t
酎二相型 を見
o
s
i
a
h王はエ ジ
出 している。 この予型,対型 には無理があることは確 かである。 なぜ な ら J
de
ki
a
hは捕 囚先 のバ ビロ ンで獄 死 しているか らである。 これに
プ ト人 との戦いで死 に,Ze
関 して ダンは詳細 に論ず ることは しないで,「
彼 らは (
J
os
i
a
hと Ze
de
ki
a
h)は捕 らえ られ,
(
ユ ダ王 国には)
連れ房 されなか った。彼 らは二人 とも窄 んだO彼 ら二 人にあっては永遠 の
」
4
9と言 っている。
永 久の嘆 きの正 当な理 由が あ り,他の感情 を働かせ る余地 は何 もない。
そ して,「哀歌 」4章2
0
節 をジェームズ一世 に移せ, と言 う。
Butt
r
a
ns
f
e
ri
tL
'
La
ment
a
t
i
on4
.
2
0
日oou
rJo
s
i
ahl
Ja
me
sI
]
,andt
he
n,He
ewa
st
ake
n,i
s
,
He
ewasbutt
a
k
e
n;Go
ddi
dnot.
i
.
娩 rhi
shol
yo
net
os
e
eCor
r
u
pt
i
on
.no
rGoddi
dno
ts
uf
f
e
rhi
s
Anoi
nt
ed,
t
oper
i
s
hi
nt
hi
st
a
ki
ng;
5
0
ここでの "
t
r
a
ns
f
e
r
"は 「適応 」 に近 い意味 を持 ってい るこ とは明 らかである。J
os
i
a
hや
Zedeki
a
hとは異 な り, ジェームズ-世 は 「捕 らえ られただけであ り」「神 は神の聖者が朽
」(
使徒行伝 :2車2
7節)又, 神 は摘注がれた
ち果 て るの を,お許 しにな らないであろう。
者が捕 らえ られて死ぬ こ とを許 しは しなか ったO ジェームズ一世 は 「
民 に捕 らえ られた」
が死ぬ ことはなかった。それは神の加護があったか らであ る。 だか ら嘆 きは祝福 とな り,
叫 びが 賛嘆 となるo 神 は ジェー ムズ一世 を民 に捕 らえ させ たが,王 を救 出 させ たので あ
る。
Andbyma
ki
nghi
s【
God'
S
】s
e
r
va
nt
,a
ndo
urSo
ve
r
a
i
gne
,t
hebl
e
s
s
edme
a
nsoft
ha
t
di
s
c
o
ver
y,a
ndde
l
i
ve
r
anc
e,he[
God]ha
t
hdi
r
e
c
t
edus
,i
na
l
la
ppr
e
he
ns
i
onso
fda
nger
s
,t
o
do
me
,
i
nc
i
vi
l
la
f
f
a
i
r
e
s
,
a
f
f
a
i
r
e
so
fSt
at
e
,a
ndupont
ha
tZe
al
e
,
i
nc
aus
e
so
f
r
el
yupo
nt
ha
tms
Rel
i
gi
on,
…5
1
回内問題,国家間題 では王の智恵,宗教問題では王の熱意 に我 々は依存 しなければな ら
ない。王の智恵,熱意 に よって今後再 度生ず るであろ う国内の様 々な問題 を乗 り切 るこ と
がで きる。 過激 なカ トリック教徒 と異 な か
). ジェームズ一世 はあ くまで も平和的 手段 に訴
える。
I
fGodhadmadehi
ml
ourJ
o
s
i
a
h-JamesI
]hi
sR(
)
d,t
os
c
our
geot
her
swi
t
hWa
r
r
・
e
s
mf
a
ndAr
mi
es
,
wemi
h tbea
g
f
r
a
i
d,
t
ha
twhenGodha
ddonehi
swor
kebyhi
m,
hewoul
dc
-1
7
3-
新潟大学言語文化研 究
t
her
o
di
nt
heji
r
e
:
Go
dd
o
t
hno
ta
l
wa
ye
sbl
e
s
s
et
ho
s
eI
ns
t
r
ume
nt
s
,
whol
o
vebl
o
o
d,
t
ho
ugh
sDov
e
,
t
of
li
eo
ve
rt
hewo
r
l
d,
wi
t
h
t
he
ypr
e
t
e
ndhi
sGl
o
r
y.
Buts
i
nc
eGo
dha
t
hma
dehi
m hi
t
heOl
i
vebr
a
nc
h,
wi
t
hi
ndea
vo
ur
so
fPe
え
c
e
,
i
na
l
lpl
a
c
e
s
,
a
st
heDo
vedi
d,
s
ohes
ha
l
le
ve
r
br
i
nghi
sOl
i
vebr
a
nc
ht
ot
heAr
ke
,
t
ha
ti
s
,
e
nde
a
vo
uro
ne
l
ys
uc
hpe
a
c
e
,
a
sma
ya
dva
nc
e
t
heChur
c
ho
fGo
d
,
a
nde
s
t
a
bl
i
s
hpe
a
c
eo
fCo
ns
c
i
e
nc
ei
nhi
ms
e
l
f
.
5
2
この一節 は "
Pe
a
c
e
ma
ke
r
"としての ジェームズ一世 の姿 をよ く表 しているO た とえ神が
王に戦争や軍隊で他者 を罰せ させで もジェームズ一世 はそのむちを火中に投 げ捨 てる と言
う。 む しろジェームズ一世 はノア と同様 オ リーブの枝 を箱船 に もって くる人物である。 後
半で ダンは タイポロジー を使用 し,「旧約」の ノアの鳩 をジェームズ一世の予型 としてい
る。 火薬陰謀事件 を企てた カ トリック教徒 は平和 とは無縁 な人 々であ る。「
神の教会 を促
進 し,心 に良心 の平和 を確立す る」ような平和 にジェームズ一世 は励 むのである。 ダンか
らすれば過激 なカ トリック教徒 は平和 を破壊す る人達で,神か らの祝福 は受 けることはな
い 。
結 び
ダ ンは 「哀歌 」 4章2
0
節 を巧 み に ジェー ムズ一世 に適応 す る。 そ の適応 は J
o
s
i
a
hや
Ze
de
ki
a
hの ジェー ムズ一世へ の適応 の よ うに無 理 な適応 もあ った。 しか し, ダ ンは,
J
o
s
i
a
h(
o
rze
de
ki
a
h)か らキ リス ト, ジェームズ一世へ と適応 を続 け, ジェームズ一世 に
対す る全面的な支持 の態度 をここで表明 している。 結局,火薬陰謀事件の ような国家転覆
を図る事件 を回避す るには どうすべ きなのか。それは 「
神へ の忠誠」 と 「ジェームズ一世
への忠誠」 によるしか方法 はない. ダンは説教の最後で, ジェームズ一世の背後での国民
の悔い改め と統一 を訴 える. そ してジェームズ一世か ら宗教的及び世俗 的な問題 における
方向性 が国家 と宗教 の安全- の方法 として生 まれて くるのである。53ジェームズ一世 の聖
と俗 における指導性 の もとで国家 は安泰 となるのである。
ダンの火薬陰謀事件記念説教 の検討か ら我 々は本来の タイポロジー とは異 なる タイポロ
「
政治化 された タイポ ロジー」をダ ンがいか に利用 していたか を見て きた。1
7
世紀 に
ジー,
は普通であった聖書解釈 の一つである タイポロジーの 「
予型 」としての 「
旧約 」と 「
対型 」
としての 「
新約」との対応 ではな く, ジェームズ一世の時代 の人物や出来事 に対型 を見出
す とい うタイポロジーをダ ンは使用 し,「
哀歌」に火薬陰謀事件 の 「
予型」を見出 した。言
わばダンは,
「旧約」を1
6
0
5
年1
1
月 5日のロ ン ドンの国会議事堂爆発未遂事件 に適応 したの
である。 そ して,過去の 「旧約」の記述か ら現在 の火薬 陰謀事件 を照 らし合わせ,事件 の
不 当性 を指摘 し,あわせて ジェームズ一世及びイギ リスの賛美 ・称賛 ・擁護 に終始す るの
である。
タイポロジーは基本的には
「
旧約 」と
「
新約 」との関連性 のなか に両者の統合 を見 よう
新約」で再度繰
とす る。厳密 に言 えば歴史の繰 り返 しである。 「旧約」で起 こったことが 「
り返 されるのである。 ところが 1
6
世紀後半か ら1
7
世紀 を通 じ, この タイポロジーが本来の
タイポロジーか ら方向を変 え,社会的 ・政治的に利用 され ることになる。 歴 史に名 を残す
ような大人物,大事件 にこの タイポロジーが適応 されるに至 る. エ リザベス女王, ジェー
ムズ一世,チ ャールズ一世,二世, ピュー リタン革命,そ して新大 陸 ア メ リカ- 赴 いた
- 174
-
ジョン ・ダンのタイポロジーと 「
火薬陰謀事件」記念説教
ピュー リタン達,これ らすべてにタイポロジーが宗教人や ダン,マ-ヴェル, ミル トン,
ェ リザベ ス女 王 が Judi
t
h,
ドラ イヂ ン等 の文 人達 に よって利 用 され る こ とに な る。54
Deborah.
Jos
huaに,ジェームズ一世が Sol
omonに,その息子ヘ ンリーは Jos
i
aに,チ ャー
es
.
Gi
deon,
Davi
dに,チャールズ二世は Da
vi
d
ルズ一世はキリス トに,クロムウェルはMos
に,それぞれ適応 され,「旧約」の予型に対する対型が 「
新約」ではなく,当時代の人物 に
見出される。 また,困難に直面 したイギ リスは旧約聖書のイスラエルに対応 され,また,
革命時代の ピュー リタンはエジプ トのファラオの圧政か ら逃れるイスラエル人とな り,ア
メリカへ渡ったピュー リタンは神か ら約束 された土地カナ ンへ向か う新 しいイスラエル人
nerは "
pol
i
t
i
ci
zedt
ypol
ogy"と呼ぶが,55ダン自身 も
となる。 このようなタイポロジーをMi
omonの村塾 と
イギ リスを 旧約」のイスラエルの肘型 とし,また,ジェームズ一世を Sol
「
4串
している。いわば聖書をジェームズ一世時代のイギ リスに適応 したのである。「哀歌 」
20節 についての ダンの説教か ら, ダンが本来の タイポロジー以外 に も当時普通であった
「
政治化 された タイポロジー」を使用 しているのを見て きた。 ダンはこの説教で火薬陰謀事
件 を聖書によって糾弾すると同時に絶対君主 としてのジェームズ一世の擁護表明をもして
いる。 説教 を聞いたジェームズ一世は説教が余 りにも反カ トリック教的であると言 う理由
iジェームズ一世 としては息子チャールズとスペ イン王
で説教 の出版 を命令 しなかった05f
女 との結婚 を画策 していた最中であ り,いたず らに大国スペ インを刺激することは望 まな
かったのである。 いずれにせ よダン自身は火薬陰謀事件記念説教で型番を援用 しなが ら十
。
哀歌」の適応には問題点がないわけでは
分に事件を糾弾 し,ジェームズ一世を賞賛 した 「
なかったが,説教家 ダン自身 としてはその務めを十分に果た した と言えるであろう
0
注
*本論文は平成1
4年 3月の科学研究費補助金 (
基盤研究
(
C)(
2)
)研究成果報告書に加
筆 ・修正 を施 したものである。
プル トマン著作集聖書学論文集 Ⅰ
Ⅰ
Ⅰ9 (
東京 :新教出版社,1
99
4)
,p.
3.
2G
.R.Pot
t
era
ndE.M.Si
mps
oneds
.
:TheSe
r
mon
sQ
/
l
JohnDo
nne(
Be
r
ke
l
e
y:Uni
ve
r
s
i
t
yo
f
Ca
li
f
o
r
ni
aPr
es
s
,1
95
3
62
)
,
Vo
l
.
VI.
p.
6
2.以下本論で使用するダンの説教はこの版による。
東京 :教文館,1
9
8
8)
,p.
1
8
0.
3ァウグステイヌス著作集 6 (
L
I vo
l
.
Ⅰ
Ⅰ
Ⅰ
.
p.
1
4
4.
・
1
'出村彰 ・富谷宣史編 『
聖書解釈の歴史』(
東京 :日本基督教団出版局.1
9
86)
.
p.
1
91
.
l
6J
ohnDonne
:De
v
ot
i
on
suponEme
f
・
ge
ntOc
c
a
s
i
t
msA.Ra
s
pae
d.(
Mont
r
ea
la
ndLondo
n:Mc
Gi
l
l
Queen'
sUni
ve
r
s
i
t
yPr
e
s
s
.1
9
75)
,
p.
99.
Es
s
a
ysi
nDi
v
i
ni
t
yE.
M.
Si
mps
oned(
Oxf
or
d:
Oxf
or
dUni
ve
r
s
i
t
yPr
e
s
s
.1
9
6
7)
,
p.
8.
7J
ohnDonne
:
日vol
.Ⅰ
Ⅰ
.
p.
9
7.
リVol
.
I
I
.
p.
9
9.
mVo
l
.
I
I
.
p.
75
.
-1
75-
新潟大学言語文化研究
lvo
l
.
Ⅰ
Ⅰ
Ⅰ
.p.
1
4
4
.
1
2v
o
l
.
Ⅰ
Ⅰ
.
p
.
5
4
.
1
3v
o
l
.
ⅤⅠ
.
p.
2
8
6
.
1
■
lvo
l
.
V.
p.
3
2
6
.
1
5v
o
l
.
V.
p.
3
2
7
.
1
6v
o
l
.
Ⅰ
.
p
p.
2
7
8
9
.
1
7v
o
l
.
ⅤⅠ
Ⅰ
.
pp.
3
3
7
8
.
1
Bvo
l
.
X.
pp.
2
4
4
5
.
1
9v
o
l
.
Ⅰ
.
pp.
2
8
7
8
.
2
OVO
LH.
p.
2
7
3
.
21 v
o
l
.
VI
.
p.
2
8
6
.
2
2V
O
LVI
.
p.
2
5
2
.
2
3v
o
l
.
ⅤⅠ
.
p,
2
5
3
.
2
4v
o
l
.
Ⅰ
Ⅰ
.
p.
1
4
0
.
2
5v
o
l
.
Ⅰ
Ⅹ.
p.
3
6
2
.
2
6v
o
l
.
VI
I
.
p.
4
2
3
.
2
7v
o
l
.
VH.
p.
4
2
4
.
2
8v
o
l
.
ⅤⅠ
.
p.
1
5
5
.
2
9v
o
l
.
Ⅴ.
p.
1
1
0
.
3
0v
o
l
.
V.
p.
1
1
0
.
31 v
o
l
.
VI
.
p.
1
9
3
.
3
2v
o
l
.
ⅤⅠ
.
p.
1
9
3
.
3
3v
o
l
.
Ⅰ
.
p.
2
8
6
.
3
L
lvo
l
.
V.
pp
.
1
8
7
1
8
.
3
5v
o
l
.
ⅤⅠ
.
pp.
2
8
0
1
.
3
日 .
P.
Wi
l
s
o
na
ndJ
.
Bl
i
s
sed
s
.
:TheWorkso
fLa
nc
el
otAnd
r
e
we
s(
Ne
wYo
r
k
.
・
AMSPr
e
s
s
,
1
9
6
7
)
,
Vo
l
.
Ⅰ
Ⅴ 参照。
3
7J
o
hnN.Wa
l
l
,
J
r
.a
ndT.B.Bu
r
gi
n,"
Thi
sSe
r
mo
n…u
po
nt
heGun
po
wde
rd
a
y"
:TheBo
o
ko
f
Sout
h
Ho
mi
l
i
e
so
f1
5
4
7a
ndDo
nne
'
sSe
r
mo
ni
nCo
mme
mo
r
a
t
i
o
no
fGuyFa
wke
s
'Da
y,1
6
2
2
"(
9
:
2
(
1
9
8
4
)
,
p.
2
8
.
At
l
ani
i
cRe
v
i
e
w4
3
8v
o
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
5
1
.
3
9v
o
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
3
8
.
4
0v
o
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
姐
41 v
o
l
.
Ⅰ
V.
pp
.
2
4
0
1
.
1̀
2v
o
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
4
1
.
4
3vo
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
4
3
.
4
4v
o
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
4
7
.
4
5 v
o
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
4
8
.
4
6 wa
l
l
a
ndBu
r
g
i
n,
p
.
2
4
.
4
7v
o
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
4
8
.
E
1
8v
o
l
.
Ⅰ
V.
pp.
2
5
7
8
.
4
9v
o
l
.
Ⅰ
V.
p.
2
6
0
.
l
-1
7
6-
ジ ョン ・ダ ンの タイポ ロ ジー と r火薬 陰謀 事 件 」記念説教
日vo
l
.
I
V.
p.
2
6
0
.
51 V
o
l
.
I
V.
p.
2
6
0
.
5
2Vo
l
.
I
V.
p.
2
61
.
L
I
7
うWa
l
la
ndBur
gi
n,
p.
2
4
.
5
.
'
-St
eve
nN.
Zwi
c
ke
r
:
Dr
yden'
sPol
i
l
z
c
olPoe
t
r
y(
Pr
o
vi
denc
e
:
Br
ownUni
ve
r
s
i
t
yPr
e
s
s
,
1
9
7
2
)参照。
)
5
5J
o
hnMo
r
r
i
l
le
ta
le
ds
.
:
Publ
L
'
cDl
/
O
,andPl
・
i
v
at
eCon
s
c
z
l
e
nc
ei
nSe
v
e
7
1
1
e
e
mt
hCe
nt
l
HyE
f
7
g/
an
d:Essay.
y
Pr
e
s
e
nt
e
c
lt
(
)G.E.Ay/
me
F
・
(
Ox
f
o
r
d:
Oxf
o
r
dUni
ve
r
s
i
t
yPr
e
s
s
,
1
9
9
3
)
.
p.
9
0
.
5
'Vo
l
.
I
V,
p.
3
5
.
・
1
F
ー1
7
7
1
-
Fly UP