...

全員 常食化を目指して - 全国老人福祉施設協議会

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

全員 常食化を目指して - 全国老人福祉施設協議会
全員 常食化を目指して
養護老人ホームにおける食事提供の取り組み
養護老人ホーム
食事環境
ビュッフェ方式
広島県
種
三原市
かんけ
事務長(主任生活相談員)勘家
けいこ
啓子
E-mail Address: [email protected]
今回の発表の施設
またはサービスの
概要
きっこうえん
別・養護老人ホーム亀甲園
FAX 0847-32-6987
社会福祉法人亀甲会 養護老人ホーム亀甲園(広島県三原市久井町江木161番地1)
昭和40年4月1日開設
定員70名
平成18年10月1日
外部サービス型特定施設入居者生活介護事業所(定員40名)
<取り組んだ課題>
1、入所者の高齢化、要介護者重度化
(平均年齢 87歳・平均要介護度2,7)
2、入所者の食事形態が特別養護老人ホーム並み
に変化、食事形態の複雑化
3、食事介助量増加
<具体的な取り組み>
1、食堂テーブル、椅子の作成、食堂環境整備
オリジナル家具を家具製造工場にて作成
・テーブル 六角形、ターンテーブル付
キャスター付、引き出し付
カラーは明るく汚れの目立つもの
・椅子
座面高さ42㎝、肘当て高さ6㎝
脊当て高さ 34㎝
(座位保持困難者用)
肘当て高さ 22㎝
座面は明るく汚れの目立つもの
・食堂環境整備
一般入所者、特定入所者、精神疾患者に
よりエリアを衝立により区分けし、プラ
イバシーを保護
2、入所者訪問歯科診療開始、口腔体操開始
(歯科医師居宅療養管理指導Ⅱ・歯科衛生
士等居宅療養Ⅱ‥歯科医院にて介護請求)
・毎週木曜日 10:00~12:00
歯科衛生士2名による口腔ケア、体操
指導
・毎週木曜日 14:00~15:30
歯科医師 1~2名
歯科衛生士 5~7名
3、食事介助演習実施
・軟采食、ミキサー食、ゼリー食を実際に
食べて介助演習する。
食事量、タイミング、ポジショニング等
体験研修
4、車いすから椅子へ移乗
・座位保持困難者用椅子改造費(2万円)
全員、椅子にて食事摂取
5、膳組廃止、ケータリングワゴンによる
食事提供
・オリジナルケータリングワゴンによる
食事提供、味噌汁サーバーの導入
オリジナルケータリングワゴン作成
(湯煎式、100V対応、月額リース
料金11,130円 株)アズサ製)
味噌汁サーバー設置
(1杯 6円 マルコメ製)
<活動の成果と評価>
1、自分で食べることの大切さを認識
・食事摂取姿勢の安定、食事動作の活性
・食事摂取量増加、残飯の減少(ほぼゼロ)
・業務省力化
(配膳業務無、食器数減少5→3)
・日常生活リハビリ(座位保持、移乗)
・園芸クラブ活動増加
<今後の課題>
1、全食ケータリングワゴンにて提供
2、全員常食化(凍結含浸食)
Fly UP