...

HULFT7 for Linux 対応OSと必須ソフトウェア

by user

on
Category: Documents
3

views

Report

Comments

Transcript

HULFT7 for Linux 対応OSと必須ソフトウェア
対応OSと必須ソフトウェア
【重要】利用する CPU アーキテクチャの種類により、同一タイプの製品でも価格が異なる場合があります。
Power アーキテクチャでご利用の際は、ご購入前に弊社営業までお問合せください。
HULFT7 for Linux-EX (Ver.7.3.0)(*1)(*3)
HULFT7 for Linux-ENT(Ver.7.3.0)(ENT 版は、販売終了しております)(*1)(*3)
HULFT7 for Linux-M (Ver.7.3.0)(*3)
OS
CPU(*6)
2013 年 11 月 6 日現在
備考
Red Hat Enterprise Linux AS 3
Red Hat Enterprise Linux ES 3
Red Hat Enterprise Linux WS 3
Red Hat Enterprise Linux AS 4
Red Hat Enterprise Linux ES 4
Red Hat Enterprise Linux WS 4
x86
x64(*7)
(*2)
IBM POWER
(*2)
Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform
Red Hat Enterprise Linux 5
Red Hat Enterprise Linux 5 Desktop with Workstation option
Red Hat Enterprise Linux Server 6
Red Hat Enterprise Linux Workstation 6
Red Hat Enterprise Linux for IBM POWER 5
MIRACLE LINUX V4.0
x86
x64(*7)
Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5
Asianux Server 4 == MIRACLE LINUX V6
SUSE Linux Enterprise Server 9
x86
x64(*7)
SUSE Linux Enterprise Server 10
SUSE Linux Enterprise Server 11
Oracle Linux 5
x86
x64(*7)
Oracle Linux 6
(*4)(*5)
SUSE Linux Enterprise Server for IBM POWER 10
IBM POWER
(*2)
SUSE Linux Enterprise Server for IBM POWER 11
(次頁に続きます)
1/6
© SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.
対応OSと必須ソフトウェア
(前頁の続き)
HULFT7 暗号オプション(C4S)/ HULFT7 暗号オプション(AES)の対応 OS は、上記 OS の RedHat のみ対応となります。
(*1)ENT、EX グレードにてクラスタソフトと連携して HULFT をご利用になる場合には次ページ対応クラスタソフトをあわせてご確認ください。
各クラスタソフトの対応 OS 等、詳細につきましては各クラスタソフトベンダーにお問い合わせください。
(*2)Red Hat Enterprise Linux のバージョン表記についてはメジャーバージョンのみ表記しておりますが、コンマ以下にて表現
される各アップデート(Red Hat Enterprise Linux4Update 7(4.7)等)にも製品は対応しております。
(*3)HULFT7 暗号オプション(C4S)のバージョンは、Ver.7.2.0/ HULFT7 暗号オプション(AES)は、Ver.7.2.0 となります。
(*4)HULFT7 for Linux-ENT、EX のみの対応となります。
(*5)以下のカーネルに対応しています。
・RHEL 互換カーネル
・Unbreakable Enterprise Kernel(UEK)
・Unbreakable Enterprise Kernel Release 2(UEKR2)
(*6)HULFT のモジュールは 32bit でコンパイルを行っております。
そのため 64bit OS で動作させる場合、32bit 互換のライブラリが必要になります。
ただし、環境によっては 32bit 互換のライブラリが標準で導入されないため、追加で導入して頂く場合があります。
詳細については、文末の【32bit 互換のライブラリの用意について】をご確認下さい。
(*7)x86 版(互換モード)で動作いたします。
【CPU 表記について】
・x86:IA-32 系(80x86 系/x86-32)アーキテクチャの 32bitCPU を指します。
・x64:IA-32 系(80x86 系/x86-64)アーキテクチャの 64bitCPU を指します。
・POWER:IBM 社の POWER シリーズ CPU を指します。
2/6
© SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.
対応OSと必須ソフトウェア
HULFT7 for Linux-EX(対応クラスタソフト一覧)
HULFT7 for Linux-ENT(ENT 版は、販売終了しております)(対応クラスタソフト一覧)
クラスタソフトベンダー
CPU(*3)
2013 年 1 月 8 日現在
クラスタ製品名
NEC
CLUSTERPRO SE/LE for Linux 2.1
CLUSTERPRO SE/LE/SX for Linux 3.x
CLUSTERPRO X for Linux 1.0~3.x
東芝ソリューション
ClusterPerfect Ver.4.7 R0 以降
ClusterPerfectEX Ver.8.1 R1 以降
サイオステクノロジー
LifeKeeper 4.6
LifeKeeper 5.X(※5.0 除く)
LifeKeeper 6.X , 7.X , 8.X
富士通
日立
x86
x64
PRIMECLUSTER 4.1~4.3
HA モニタ 01-XX
Red Hat Cluster Suite (*1)
Red Hat
High-Availability アドオン(*2)
Oracle
Oracle Clusterware 11g
VERITAS Cluster Server 5.0~5.1
Symantec
VERITAS Cluster Server 6.x
NEC
CLUSTERPRO X for Linux 3.x
IBM POWER
IBM
Tivoli System Automation 3.1~3.2
(*1)Red Hat Enterprise Linux 5 に同梱されている製品に対応いたします。
(*2)Red Hat Enterprise Linux 6 の High-Availability アドオンに対応いたします。
(*3)HULFT のモジュールは 32bit でコンパイルを行っております。
そのため 64bit OS で動作させる場合、32bit 互換のライブラリが必要になります。
ただし、環境によっては 32bit 互換のライブラリが標準で導入されないため、追加で導入して頂く場合があります。
詳細については、文末の【32bit 互換のライブラリの用意について】をご確認下さい。
【CPU 表記について】
・x86:IA-32 系(80x86 系/x86-32)アーキテクチャの 32bitCPU を指します。
・x64:IA-32 系(80x86 系/x86-64)アーキテクチャの 64bitCPU を指します。
・POWER:IBM 社の POWER シリーズ CPU を指します。
3/6
© SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.
対応OSと必須ソフトウェア
HULFT7 for zLinux-EX (Ver.7.3.0)(*1)(*3)
HULFT7 for zLinux-ENT(Ver.7.3.0)
(ENT 版は、販売終了しております)(*1)
(*3)
HULFT7 for zLinux-M (Ver.7.3.0)(*3)
OS
2013 年 4 月 3 日現在
CPU(*4)
備考
Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform
Red Hat Enterprise Linux 5
IBM
Red Hat Enterprise Linux 6 for IBM System z
System z
SUSE Linux Enterprise Server for IBM zSeries 10
(*2)
SUSE Linux Enterprise Server for System z 11
HULFT7 暗号オプション(C4S)/ HULFT7 暗号オプション(AES)の対応 OS は、上記 OS の RedHat のみ対応となります。
(*1)ENT、EX グレードにてクラスタソフトと連携して HULFT をご利用になる場合には下記対応クラスタソフトをあわせてご確認ください。
各クラスタソフトの対応 OS 等、詳細につきましては各クラスタソフトベンダーにお問い合わせください。
(*2)Red Hat Enterprise Linux のバージョン表記についてはメジャーバージョンのみ表記しておりますが、コンマ以下にて表現
される各アップデート(Red Hat Enterprise Linux4Update 7(4.7)等)にも製品は対応しております。
(*3)HULFT7 暗号オプション(C4S)は、Ver.7.1.2/ HULFT7 暗号オプション(AES)は、Ver.7.1.2 となります。
(*4)HULFT のモジュールは 32bit でコンパイルを行っております。
そのため 64bit OS で動作させる場合、32bit 互換のライブラリが必要になります。
ただし、環境によっては 32bit 互換のライブラリが標準で導入されないため、追加で導入して頂く場合があります。
詳細については、文末の【32bit 互換のライブラリの用意について】をご確認下さい。
HULFT7 for zLinux-EX(対応クラスタソフト一覧)
HULFT7 for zLinux-ENT(ENT 版は、販売終了しております)(対応クラスタソフト一覧)
2013 年 3 月 26 日現在
クラスタソフトベンダー
IBM
CPU(*1)
IBM
System z
クラスタ製品名
Tivoli System Automation 1.2~3.2
(*1)HULFT のモジュールは 32bit でコンパイルを行っております。
そのため 64bit OS で動作させる場合、32bit 互換のライブラリが必要になります。
ただし、環境によっては 32bit 互換のライブラリが標準で導入されないため、追加で導入して頂く場合があります。
詳細については、文末の【32bit 互換のライブラリの用意について】をご確認下さい。
4/6
© SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.
対応OSと必須ソフトウェア
HULFT Manager for Web (Ver.6.4.0) 【Web サーバ環境】
OS(Web サーバ側)
2009 年 4 月 24 日現在
CPU
備考
Red Hat Enterprise Linux AS 4
動作環境については欄外をご確認下さい。
Web ブラウザに関しては次のページのクライアント
環境をご確認下さい。
x86
Red Hat Enterprise Linux ES 4
Red Hat Enterprise Linux WS 4
【Web サーバの環境が Linux の場合】
動作環境として以下の環境が必要となります。
Apache HTTP Server + Apache Tomcat
・Apache HTTP Server············ 2.2
・Apache Tomcat ······················· 5.5
Java 実行環境
Java2 Runtime Environment,Standard Edition ············ 5.0
HULFT Manager for Web (Ver.6.4.0) 【Web クライアント環境】
OS(Web ブラウザ側)
CPU
2009 年 4 月 24 日現在
備考
WindowsNT Server 4.0 SP6a
WindowsNT Server 4.0 Workstation
Windows98
WindowsMe
Windows 2000 Professional
Windows 2000 Server
下記の Web ブラウザが必要です。
Internet Explorer 5.5 SP2/6.0/7.0(*)
Windows 2000 Advanced Server
Windows XP Home Edition
x86
Windows XP Professional
Windows Server 2003, Standard Edition
Windows Server 2003, Enterprise Edition
Windows Server 2003 R2, Standard Edition
(*)IE7 を使用する際の注意事項
(1)WindowsVista 環境には対応しておりません。
(2)タブブラウジングの制限
1 つのブラウザウィンドウから、タブブラウジングを
使用して複数のホストに接続することはできません。
複数のホストに接続する場合は、1 つのホストに
対して 1 つのブラウザウィンドウを起動してください。
Windows Server 2003 R2, Enterprise Edition
Windows Small Business Server 2003, Standard Edition
Windows Small Business Server 2003, Premium Edition
Windows Small Business Server 2003 R2, Standard Edition
Windows Small Business Server 2003 R2, Premium Edition
【CPU 表記について】
・x86:IA-32 系(80x86 系/x86-32)アーキテクチャの 32bitCPU を指します。
5/6
© SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.
対応OSと必須ソフトウェア
【32bit 互換のライブラリの用意について】
以下の OS に HULFT7 を導入される場合、32bit 互換ライブラリの導入が必要となります。
対応ディストリビューション
/パッケージ名
RedHat
Red Hat Enterprise Linux Server
Red Hat Enterprise Linux Workstation
Red Hat Enterprise Linux for IBM System z
MIRACLE LINUX
Asianux Server
Oracle
Oracle Linux
バージョン
対応アーキ
備考
テクチャー
6
6
6
X64
X64
IBM System z
4
X64
6
X64
HULFT7 for Linux では、OS のインストールメディアに同梱されている以下のパッケージおよび依存するパッケージを yum コマンドにて導入し
てください。
[パッケージ]
・ ncurses-libs.i686 パッケージ
・ glibc.i686 パッケージ
・ nss-softokn-freebl.i686 パッケージ
※ 対象 OS で共通
yum コマンドの実行例
yum install ncurses-libs.i686
※ yum コマンドの詳しい使用方法については、yum コマンドのマニュアルをご確認下さい。
補足
本手順は以下の OS で動作検証を行っております。
・ Red Hat Enterprise Linux
6.0
・ Asianux Server
4.0
・ Oracle Linux
6.0
また、32bit 互換ライブラリは rpm ファイルから導入することも可能です。この場合、上記パッケージに依存するパッケージも合わせて導入
して下さい。
6/6
© SAISON INFORMATION SYSTEMS CO.,LTD. All rights reserved.
Fly UP