...

上*澤江義郎

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

上*澤江義郎
一 23 一一
間接蛍光抗体法による抗平滑筋抗体,
抗ミトコンドリア抗体の検索
山 田
上*澤江義郎*
Detection of Anti−Smooth Muscle Antibody and
Anti一一Mitochondrial Antibody by lndirect lmmuno−
fluorescence Method
Iwao Yamada and Yoshiro Sawae
まえがき
ついてはA型肝炎ウィルスに対する抗体検査を
近年,多くの疾患で自己抗体の存在が指摘さ
行い判定した。肝疾患以外のものは26例(26
れ,その臨床的意義づけもそれぞれの自己抗体
検体)で,全身性エリテマトーデス(SLE)6例
について次第に確立されてきている。
(6検体),慢性関節リウマチ3例(3検体),
肝疾患における自己抗体としては,抗平滑筋
呼吸器系疾患2例(2検体)であった。そのほ
抗体(ASMA)と抗ミトコンドリア抗体(AMA)
かに健常人コントロールとして,本学の学生よ
の存在が知られており,すでに鑑別診断や予後
り得た15例(15検体)の血清を用いた。
の判定などに利用されはじめている8>!o)。
検出方法としては間接蛍光抗体法,補体結合
実験方法
反応,二重免疫拡散法などが知られているが,
ASMA, AMAの検査=Bio Dx社のSMA
今回,著者らは間接蛍光抗体法を用いて,ASMA
テストとMAテスト試薬を用いた。すなわち,
とAMAの検出を試み,肝疾患における臨床的
基質としてSMAテストではラット胃組織切片
意義について検討したので報告する。
を,MAテストではラット腎組織切片を用いた
間接蛍光抗体法によりASMAおよびAMAを
実験対象
定量的に測定した。被検血清の10倍希釈液でス
実験に供した患者血清は52例の81検体であ
クリーニングを行ったのち,陽性を示したもの
った。乙れらの症例は治療継続中の肝疾患が26
については倍数希釈列をつくり抗体価を測定し
例(55検体)で,急性肝炎4例(9検体),慢
た。
性肝炎17例(36検体),肝硬変症5例(10検
抗核抗体(ANF)の検査:KW社のLE蛍光ス
体)であった。なお,肝炎の活動性,非活動性
ライドキットを用い,被検血清の10倍希釈液で
の判定は生検と肝機能検査成績の推移により行
スクリーニングを行い,陽性のものについては
ったが,一部の症例については肝機能検査成績
倍数希釈列をつくり抗体価を測定した。
のみにより行った。B型と非B型の判定はHB
血中免疫複合体(IC)の検査:Digeonら3)
抗原,抗体の血清学的検査により,急性肝炎に
の比色法に準じた。すなわち,被検血清に分子
量6, OOOのポリエチレングリコール溶液を加え,
*九州大学医療技術短期大学部衛生技術学科
沈殿したタンパクを0,1NのNaOH 5 m1に溶解
一 24 一
間接蛍光抗体法による抗平滑筋抗体,抗ミトコンドリア抗体の検索
し,280nmの吸光度を測定した。なお,健康
2)疾患別ASMAとAMAの陽性率
人15例の平均値は0.02で,2標準編差値を加
表1に示したように,ASMAは急性肝炎の
えた0.03以下を正常値として評価した。
4例ではB型と非A非B型それぞれ1例ずつ陽
血清トランスアミナーゼ値の測定=Reitman
性で,陽性率は50%であった。慢性肝炎では17
一・Frankel法1のに基づき,日本消化器病学会肝
例中11例(64.7丁目が陽性で,とくにB型と
機能研究斑が定めた標準操作法12)によるS.TA
非B型の活動性肝炎で100%の陽性率であった。
一 Test(和光純薬)試薬を用いて, GOT,GPT
また,非活動性肝炎ではB型66,7%,非B型50
の酵素活性を測定した。
%で,両者を合わせたものでは57.1%で,肝硬
成 績
変症ではB型50%,非B型33.3%で,両者の
平均では40%のものが陽性であった。
1)ASMA価とAMA価の分布
図1に示すように,ASMAが10倍希釈血清
で陽性のものは52例中15例(28.8%)で,す
表1 疾患別ASMAとAMAの陽性率
例数
疾 患
ASMA
べて肝疾患であり,肝疾患26例中の57.7%に
認められた。この15例中の8例(53.3%)で
B型急性肝炎 非A非B型
22
2618
160
e
80
e
100
50.0
U6.7
O00
P00
@ 活動性 非B型 非活動性
ASMA
抗体価
00
50.0
慢性肝炎 活動性 B型 非活動性
体価を示し,経過中に陰性化したものは認めら
れなかった。
AMA
T0.0
は40倍以上の抗体価を示した。また,同一症例
から得られた2ないし3検体ではほぼ同一の抗
陽 性 率 (%)
T0.0
AMA
B型肝硬変症 非B型
23
50.0
00
R3.3
40
糊
20
(>ee
IO
eeee
〈10
e
疾
患
兜
11
0
0
健 康 人
15
0
0
一方,AMAは慢性肝炎17例中の1例(5.9
辮襯・繊3”麟繍・…騨
肝
その他の疾患群
他 健 肝 他 健
裟康 疾裟康
患 患 患
群 人 群 群 人
%)のみ検出された。この陽性例は慢性活動性
肝炎3例のうちのB型の1例であった。
3)肝疾患患者のASMA価, AMA価とAN
F価,IC値,血清トランスアミナーゼ値
個々の肝疾患患者19例のASMA価, AMA価
とANF価, I C値,血清トランスアミナー二値
蝦1
ASMA価とAMA価の分布
を表2に示した。
一方,AMAは52例中肝疾患の1例(1.9%)
ANFはASMA陽性の14例中4例(28.6%)
に検出され,しかも肝疾患26例の55検体中の
に認められ,それらは慢性活動性肝炎の3例す
1検体(L8%)にのみ認められた。
べてと,非活動性慢性肝炎の1例であった。し
肝疾患以外の11例および健康人の15例では,
かし,その抗体価は10倍ないし20倍と低値で
ASMA,AMAはいずれも陰性であった。
あった。一方,ASMA陰性の肝疾患の中には,
一 25 一
山田 巌・澤江義郎
表2 肝疾患患者のASMA価, AMA価とANF価, I C値,血清トランスアミナーゼ値
患
者
疾患名
ASMA価 AMA価
急性肝炎
慢性肝炎
40
20
10
e
慢性肝炎
慢性肝炎
慢性肝炎
f△
慢性肝炎
a△
b△
c△
d△
20
〈10
h△
慢性肝炎
慢性肝炎
i
慢性肝炎
40
80
40
20
慢性肝炎
10
慢性肝炎
慢性肝炎
慢性肝炎
<10
<10
n
慢性肝炎
0
慢性肝炎
慢性肝炎
<10
<10
⑧
」
k
1△
m
⑩△
@△
r
慢性肝炎
肝硬変症
S
肝硬変症
10
40
160
40
40
ANF価
トランスアミナーゼ*
I C
GOT
GPT
0.04
42
18
0.04
160
178
110
<10
<10
<10
〈10
<10
<10
<10
<10
<10
<10
<10
<10
<10
<10
<10
<10
〈10
<10
<10
<10
<10
<10
0.04
10
10
20
20
<10
<10
<10
く10
0.04
250
0.06
32
24
26
38
20
<10
0.03
21
10
10
0.05
<10
<10
<10
<10
く10
<10
0.03
0.03
63
68
28
0.05
32
0.04
0.05
80
26
26
42
55
55
37
23
55
22
28
25
0.06
240
0.03
73
50
0.04
0.04
0.02
0.02
0.03
10
7
12
180
43
35
○印の症例は活動性肝炎 △印の症例はB型肝炎 *Kermen単位
AMA陽性の1例はANF陽性であった。
考 察
肝疾患の自己抗体としてはASMA,AMAの存
ICは測定値が0.02から0.06の間に分布し
在が知られているが,いずれも種属,臓器特異
ており,健常人測定値より求めた正常値のO.03
性のない自己抗体といわれている。
より高値であったものは,19例中12例(63.2
ASMAは1965年にJohnsonら5)によりは
%)と高率に認められた。とくにASMA,ANF
じめて報告された平滑筋に対する自己抗体であ
陽性の慢性活動性肝炎例では0.05以上の高値で
る。彼らによればルポイド肝炎で高率に出現し,
あった。一方,IC値が0.03以下のものは19
SLEでは陰性であるため,両者の鑑別診断に有
例中2例(10.5%)にすぎず,ASMA,AMA
効であるとしている。さらに最近では慢性活動
のいずれも陰性であった。
性肝炎,原発性胆汁性肝硬変症などでも検出さ
血清トランスアミナーゼ値については,ASMA
れることから,それらの診断にも利用されてい
陽性の14例中8例(57.1%)がGOT40単位,
る。
ANF陽性のものは認められなかった。また,
GPT 35単位以上の高値で,2例(14.3%)が
一方,AMAは1958年Mackey 7)がはじめて
GOTのみ高値となっていた。一方, ASMA陰
報告したミトコンドリアに対する自己抗体で,
性の5例では慢性肝炎の1例のGPTが正常値
1965年にWalkerら職1966年にDoniachら4)
よりもわずかに高い37単位であった。
により原発性胆汁性肝硬変症で高率に出現す
一 26 一
間接蛍光体法による抗平滑筋抗体,抗ミトコンドリア抗体の検索
ることが明らかにされ,比較的疾患特異性の高
肝炎の悪化といった慢性肝炎と同様の発症機序
い自己抗体と考えられた。しかし,その後慢性
の考えられるものがあるのかも知れない。しか
活動性肝炎をはじめ他の疾患でも認められるこ
し,このことはASMAが慢性肝炎の活動性を
とが報告され2)6),抗体の多様性が示唆されて
示唆するものではあるが,すべてがそうとはい
きた。
えないのかも知れない。それにはさらに数多く
今回,著者らはASMAとAMAの検出に間
の症例での精細な検討が必要であろう。中田ら11)
接蛍光抗体法を応用して検討したが,これまで
は急性肝炎で62,7%の陽性率であったと報告し
のANF検出の経験から技術的には比較的容易
ている。同時に慢性肝炎では28.6%,肝硬変症
であるといえた。それでも蛍光観察による判定
では37.5%であったと述べている。いずれにし
の際にANF検出の場合よりも,より一層観察
ても,ASMAは慢性活動性肝炎の血清学的診断
の熟達と慎重が要求された。すなわち,ASMA
の一つの情報を提供するものと考えられる。
の場合,基質に用いたラット胃粘膜において筋
一方,AMAは本来原発性胆汁性肝硬変症で
層以外のガストリック層や周囲の血管,毛細管,
特異的に認められる抗体とされており,著者ら
細胞の核,結合組織などにも非特異的な蛍光が
の成績では慢性活動性肝炎の3例中1例に認め
認められた。また,AMAの場合,ラット腎上
皮の近位尿細管,遠位尿細管の細胞質が穎粒
られたにすぎなかった。そこで,ASMAとは明
状に染色されるものが陽性であるが,核や平滑
る。Bergら2)は26%に,宮地ら9>は12.5%に
筋あるいは近位尿細管の管腔などに蛍光が観察
慢性活動性肝炎でAMAが認められたと報告し
される乙とがあり,判定の際,これらの点に十
ているが,それほどの陽性率に認められておら
分な注意をはらう必要がある。
ず,原発性胆汁性肝硬変症の診断にのみ有用な
今回のわれわれの成績ではASMAは肝疾患
検査法であるかも知れない。それにしても陽性
の症例のみに陽性で,慢性肝炎の64.7%に検
の場合には活動性のものといえるだろう。
出され,とくに活動性のものには100%に認め
つぎに,ASMAおよびAMAの測定にANF
られた。ここでいう活動性か非活動性かという
の存在が影響するのかどうかをみるために,A
点については,活動性のものにASMAが100%
NF価320倍以上のSLE患者血清6例を用いて,
陽性であったことは非常に興味深い。同時に非
ASMAおよびAMAの測定を試みたが,いずれ
活動性と診断されていたものにも50%から66.7
も10倍以下であった。このことからANFの存
%に陽性であった乙とは,一部の症例で臨床的
在は同じ方法を用いての検査であるASMAおよ
経過により判定されたものであり,活動性であ
びAMA測定に何の影響も与えないものといえ
る可能性が多分にあると思われる。何故ならば,
る。肝疾患におけるANFの存在については,
ASMA陽性例では非活動性とみられながら,
その臨床的意義づけは渡辺ら’1 9)も述べているよ
GOT,GPTの高値のものが多くなっている。
うに明確でないが興味あるところで,われわれ
このことは肝硬変症についてもいえ,終未像
の例では明らかにIC値の高いものに認められ
になってもなお40%近いものには病像が活
ており,肝疾患の慢性化に何らかの働きをして
動性,進行性のものかも知れない。慢性活動性
いるのかも知れない。
肝炎についてDoniachら4)は58%,Andersen
ICはこれまでとくにSLEと関連づけて考え
らDは67%の陽性率であったと述べており,われ
られていたが,Shalmanら15)の報告以来, Ny−
われの肝疾患全体での陽性率とほぼ同率であり,
deggerら13), T homasら1のにより肝疾患におけ
われわれの症例の活動性の判定が問題となるの
るICの存在が報告された。著者らの成績でも
かも知れない。また,急性肝炎でも半数のもの
肝疾患の63. 2 %のものに異常値が認められてお
にASMAが認められており,急性期にも慢性
り,手嶋ら⑥はさらに高い87.5%であったと述
らかに抗体発生の機序が異なるものと考えられ
一 27 一
山 田 巌1・澤 江 義郎
べている。
cryptogenic cirrhosis and other liver
以上のことから,肝疾患の中に自己抗体とく
disease and their clinical implications.
にASMAが高頻度に存在することが示唆され,
Clin. Exp. lmmunol. 1:237’”一262,1966
慢性活動性肝炎でとくに著明であった。したが
5) Johnson, G.D., Holborow,E.J.and Glynn,
って,肝疾患におけるASMA,AMA測定は,
L.E.: Antibody to smooth muscle in
肝疾患の活動性の判定に参考となると考えられ
patients with liver disease. Lancet II:
る。
878 Av 879, 1965
結
語
6) Klatsukin, G. and Kantor, F.: Mitochon−
drial・antibody in primary biliary cirrhosis
間接蛍光抗体法により,ASMAおよびAMA
and other liver disease. Ann.Intern.Med.
の検出を試み,つぎのような成績を得た。
77 : 533 ’一w 541, 1972
1)ASMAは肝疾患の26例中15例(57.7%)
7) Mackey, 1. R.: Primary biliary cirrhosis
に認められ,とくに慢性活動性肝炎では100%
showing a highly titer of autoantibody,
の陽性率であった。肝疾患以外の26例ではいず
New Engl. J. Med. 258:185”一188,
れも陰性であった。
2)AMAは肝疾患および肝疾患以外の52
1958
8)前野芳正,鈴木悦子,宮地清光,鳥飼勝隆
例中1例(1.9%)にのみ検出され,それは慢
:抗ミトコンドリア抗体.Medical Techno−
性活動性肝炎3例のうちの1例であった。
logy 9:250”一252, 1981
3)ASMA陽性の肝疾患ではIC値,血清ト
9)宮地清光,鳥飼勝隆,梅田博道,鈴木悦子,
ランスアミナーゼ値に明らかな異常値を示すも
本間光夫:原発性胆汁性肝硬変症(PBC)に
のが多かった。
おけるミトコンドリア抗体の検討.臨床免
疫 i2:780∼790, 1980
文
献
10)長島秀夫,小出典男,小川晃:抗ミトコ
ンドリア抗体,抗平滑筋抗体.Medical
1) Andersen,P.:lncidence and titer of
Technology 13:1106’一1107, 1985
smooth muscle antibodies in human sera.
11)中田幸子,栗原とも子:MBL社の抗ミトコ
Acta Path.Microbiol. Scard. 87:11・’一16,
ンドリア抗体,抗平滑筋抗体検出用試薬
1979
(AID 一lTest)の使用経験と臨床的意義.
2) Berg, P.A.,Doniach, D.and Roitt,1.M.:
衛生検査:33:679∼683,1984
Immunologische Pha’nomene bei
12)日本消化器病学会肝機能斑:肝機能検査標
Leberkrankheiten, Die Bedeutung
準操作法.日消誌 61:621∼631,1964
Mitochondrialer Antik6rper. Klin. Whschr.
13) Nydegger, V.E., Lambert, P.H.
47:1297nv 1307, 1969
(lerber, H.and Miesher, P.H.:Circulat−
3) Digeon, M. Laver, M., Riza,J.and Bach,
ing immufie complexes in the serum in
J.F .: Detection of circulating immune
systemic lupus erythematosus and in
complexes in human sera by simplified
carier of hepatitis B antigen, Quantita−
assay with polyethylene glycol. J.lmmunol.
tion by binding to radiolabelled Clq. J.
Method. 16:165’一一 183, 1977
Clin. lnvest. 54:297 ’h一 309, 1974
4) Doniach, O., Roitt, 1.M.and Walker, J.G.
14) Reitman, S.and Frankel, S.: A colori−
:Tissue antibodies in primary biliary
metric method for the determination of
cirrhosis, active chronic(lupoid) hepatitis,
serum glut.amic oxaloacetic and glutamic
一 28 一
間接蛍光体法による抗平滑筋抗体,抗ミトコンドリア抗体の検索
17) Thomas, H.C. Devilliers, D. Potter,
pyruvic transaminase. Am. J. Clin.
B. Hodgson, H.and Jain, S.:Immune
Path. 28:56 n−63, 1957
complexes in acute and chronic liver
15) Shulman, N.R.and Barker, L.F.:
disease. Clin. Exp. lmrnunol. 31:150tx・
Virus−like antigen antibody and antigen−
157, 1978
antibody complexes in hepatitis
18) Walker, J.G. Doniach, O. and Roitt,1.
measured by complement fixation.
M.: Serological test in the diagnosis of
Science. 165:304 一一 306, 1969
primary biliary cirrhosis. Lancet 1:
16)手嶋秀毅,吾郷晋浩,友岡裕治,宮崎澄雄,
827一一・ 830, 1965
平良雅裕,重松信昭,鳥巣要道:ポリエチ
19)渡辺 進,森藤隆夫,武田尚寿,村井隆夫,
レングリコール沈殿物補体消費試験(PEG−
吉田 浩,粕川礼司二各種肝疾患患者血清
CC)によるCirculating Immnne Complex
中の自己抗体について,臨床免疫 10:
(CIC)の定量と臨床応用.アレルギー
30:59 一一 67, 1981
1054 一一 1058, 1978
Fly UP