...

実用的な応用技術に力を注ぐ「実学」

by user

on
Category: Documents
14

views

Report

Comments

Transcript

実用的な応用技術に力を注ぐ「実学」
建学の精神・教育理念
東京農業大学の創設者、榎本武揚は文部・外務・農商務・逓信大臣を歴任し近代
を切り拓いた優れた政治家であるとともに、実用的な応用技術に力を注ぐ「実学」
の重要性を唱えた科学者でもありました。
東京情報大学では、榎本精神を発展的に継承し、情報を活かして新しい未来を切
り拓く人材育成を建学の精神とし、その教育理念を「現代実学主義」としているの
です。
建学の精神「未来を切り拓く」
東京農業大学の前身「育英黌」の創設者であり、近代社会
の礎を築いた明治の元勲榎本武揚のパイオニア精神を継承し、
「未来を切り拓く」を建学の精神とする。
教育理念「現代実学主義」
榎本が唱えた「実学主義」を現代社会へ発展的に継承し、
「現代実学主義」を教育理念とする。
学生指導の理念「自立と協調」
人間形成の場でもある大学が感性と創造性を育むことがで
きるよう「自立と協調」を学生指導の理念とする。
学生ハンドブック
総合情報学部
大学院総合情報学研究科
平成26年度
2014年度
Tokyo University of Information Sciences
1
CONTENTS
大学紹介 …………………………………………………………………………………………………………………… 7
学長メッセージ ……………………………………………………………………………………………………………… 8
学部長メッセージ……………………………………………………………………………………………………………10
大学院研究科委員長メッセージ ……………………………………………………………………………………………11
学生部長メッセージ…………………………………………………………………………………………………………12
沿革……………………………………………………………………………………………………………………………14
組織……………………………………………………………………………………………………………………………15
教員紹介………………………………………………………………………………………………………………………16
役職者
大学院:総合情報学研究科
総合情報学部:総合情報学科 12コース
◆心理・教育 ◆スポーツマネジメント ◆起業・商品開発
◆会計・金融 ◆社会コミュニケーション ◆CG・Webデザイン
◆映像・音響 ◆ちば地域構想 ◆地球・自然環境
◆システム開発 ◆ゲーム・アプリケーション ◆ネットワーク・セキュリティ
総合情報学部:教職・学芸員課程
校章・学旗……………………………………………………………………………………………………………………31
東京情報大学学歌……………………………………………………………………………………………………………32
東京情報大学キャンパスソング① …………………………………………………………………………………………33
東京情報大学キャンパスソング② …………………………………………………………………………………………34
学生生活 ………………………………………………………………………………………………………………… 35
1.各種手続および相談(担当)窓口 ……………………………………………………………………………………36
窓口等利用案内
主な手続き
2.学籍について……………………………………………………………………………………………………………38
修業年限
大学院の修業年限
休学
復学
退学
除籍
再入学
3.学生証……………………………………………………………………………………………………………………40
学生証の確認・裏面シールの記入
学生証は常時携帯
学生証を紛失・破損したとき
試験当日学生証を忘れたとき
学生証の裏面シールは年次更新
4.通学定期券を購入する場合 ……………………………………………………………………………………………40
5.住所変更等 ………………………………………………………………………………………………………………41
学生(本人)住所,電話番号(自宅・携帯)が変わったとき
学生(本人)氏名・本籍地および保証人(連絡人)の情報が変わったとき
6.証明書・申請書の発行(自動発行機)
…………………………………………………………………………………41
証明書・申請書の種類等
発行機操作手順(概略)
利用時間
諸注意
7.学割証……………………………………………………………………………………………………………………42
学割証とは
発行方法
使用上の注意
8.団体旅行割引証…………………………………………………………………………………………………………43
2
9.車両通学…………………………………………………………………………………………………………………… 43
申請許可手順
許可期間・更新
臨時許可証
10.学内施設・貸出し用具…………………………………………………………………………………………………… 43
学内施設の利用
運動用具の貸出し
空気入れ等の貸出し
11.スクールバスの利用・申込……………………………………………………………………………………………… 44
運行の条件
申込方法・許可
利用料金
12.学費納入…………………………………………………………………………………………………………………… 45
学費の納入方法
休学者についての取り扱い
復学者についての取り扱い
原級者についての取り扱い
留年者についての取り扱い
再入学者についての取り扱い
学費延納願
在学中の学費
13.学内の奨学金制度………………………………………………………………………………………………………… 47
特待生制度
東京情報大学奨学金制度 ―セーフティーネット制度―
東京情報大学提携教育ローン制度
14.学外の奨学金制度………………………………………………………………………………………………………… 47
日本学生支援機構奨学金
その他奨学金
15.学生生活をバックアップ………………………………………………………………………………………………… 48
食堂・ブックセンター・売店
アパート紹介等住居
アルバイト紹介
16.悪徳商法にご用心………………………………………………………………………………………………………… 49
悪徳商法の手口
悪徳商法に引っかからないための6か条
被害にあいそうになったら
17.健康管理…………………………………………………………………………………………………………………… 50
医務室
学生相談室(カウンセリングルーム)
定期健康診断
学校において特に注意すべき感染症について
予防接種について
18.ハラスメントの防止……………………………………………………………………………………………………… 52
19.事故・災害について……………………………………………………………………………………………………
緊急連絡
学生教育研究災害傷害保険(略称:学研災)
自宅外通学者の健康保険証
20.学生への連絡及び注意事項……………………………………………………………………………………………
J-portによる連絡
家を出る前にJ-portを毎日確認!!
電話による連絡
休講に関する取り扱い
補講に関する取り扱い
交通機関の運行停止等による授業の取り扱い
“CAMPUS NOW”の発行
学生用(1・2年生用)個人ロッカーの利用について
盗難防止
インターネット利用上の注意
環境美化
マナーとルール
21.Web情報システム「J-port」の利用… ………………………………………………………………………………
個人情報照会
時間割
シラバス照会
判定
成績照会
履修登録
掲示情報
スケジュール登録
利用にあたって
利用環境
ログイン方法
質問等の方法
52
53
56
3
総合情報学部の学修について ……………………………………………………………………………… 59
1.学士課程教育の目的および方針 ………………………………………………………………………………………60
1)教育研究上の目的
2)学位授与の方針【ディプロマポリシー】
3)教育課程編成・実施の方針【カリキュラムポリシー】
2.授業科目の履修…………………………………………………………………………………………………………61
1)授業科目の分類
2)単位制
3)年間履修単位数(CAP制)
4)セット履修
5)放送大学および千葉県内私立大学との単位互換科目の履修
6)東京農業大学との単位互換科目の履修
7)他の大学等における修得単位の認定
3.授業時間…………………………………………………………………………………………………………………63
4.授業科目の履修登録方法 ………………………………………………………………………………………………63
1)履修登録とは
2)履修登録上の諸注意
3)必修科目事前登録について
4)他大学との単位互換科目の履修申請
5)必修科目のクラス分け変更の申請
6)履修登録の確認について
7)後期履修登録修正について
5.試験 ………………………………………………………………………………………………………………………65
1)定期試験
2)平常試験
3)追試験
4)再試験
5)受験資格
6)受験の心得
7)試験期間中の時間割
8)レポート提出
6.成績評価 …………………………………………………………………………………………………………………67
1)成績評価基準
2)GPA制度
3)成績に関する質問日
7.進級・卒業について ……………………………………………………………………………………………………69
1)進級・卒業要件について
2)進級・卒業者発表
3)卒業見込証明書の発行
4)学士の学位
5)9月卒業
6)表彰
8.教育課程 …………………………………………………………………………………………………………………71
9.12コース制………………………………………………………………………………………………………………96
1)コースの流れ
2)コース紹介
10.プロジェクト研究 ……………………………………………………………………………………………………122
11.教職課程 ………………………………………………………………………………………………………………123
1)教職課程とは
2)取得できる免許状
3)履修要件
4)教科に関する科目
5)教職課程の手続
6)教育実習
6)免許状の申請・交付
7)教科に関する科目
8)教科又は教職に関する科目
9)教職に関する科目
10)
「教育職員免許法施行規則第66条の6」に定める必修科目
12.学芸員課程 ……………………………………………………………………………………………………………126
1)学芸員課程とは
2)学芸員資格の取得について
3)学芸員科目の履修手続
4)学芸員科目の授業科目
大学院総合情報学研究科
…………………………………………………………………………………… 127
1.総合情報学研究科の目的・目標とポリシー ………………………………………………………………………128
1)博士前期課程
2)博士後期課程
3)学位取得までの流れ
2.授業科目の履修及び単位認定…………………………………………………………………………………………130
1)履修方法
2)単位認定
3)単位の計算方法
3.授業時間�����������������������������������������
4
130
4.論文計画書の提出から学位論文審査の申請まで������������������������� 131
〈博士前期課程〉
1)修士論文計画書の提出
2)学位請求論文の提出
3)論文発表会
〈博士後期課程〉
1)博士論文計画書の提出
2)研究経過報告書の提出
3)論文要旨の提出
4)論文発表会
5)学位請求論文の提出
5.課程修了の要件��������������������������������������� 132
6.学位論文(博士前期課程)審査のための要件及び方法(申し合わせ)��������������� 132
7.博士後期課程の学位授与の要件�������������������������������� 133
8.学位�������������������������������������������� 133
9.9月修了������������������������������������������ 133
10.表彰�������������������������������������������� 133
11.論文計画書等の様式������������������������������������� 133
12.教育課程(博士前期課程)���������������������������������� 135
13.教員免許について�������������������������������������� 136
課外活動
……………………………………………………………………………………………………………… 137
1.願出が必要な施設利用について�������������������������������� 138
2.学友会������������������������������������������� 139
キャリア・就職 …………………………………………………………………………………………………… 143
就職活動について���������������������������������������� 144
総合的キャリア教育を理解する���������������������������������� 144
キャリア科目������������������������������������������ 146
就職支援行事������������������������������������������ 148
キャリア課を利用する�������������������������������������� 149
(1)キャリア課配置図
進路に関する手続き��������������������������������������� 151
1)求人状況
2-1)平成24年度業種別・職種別就職状況(総合情報学部)
2-2)平成24年度業種別・職種別就職状況(学科別)
資格取得対策講座(スコーラ)���������������������������������� 153
情報サービスセンター………………………………………………………………………………………… 155
〈図書情報部〉
1.図書情報部の概要�������������������������������������� 156
2.総合情報センター棟展開図���������������������������������� 157
3.ライブラリー・エリア������������������������������������ 158
〈情報システム部〉
1.情報システム部の概要������������������������������������ 159
2.情報システム部の各施設について������������������������������� 159
3.利用に先立って��������������������������������������� 161
4.ネットワークの利用心得����������������������������������� 161
◎東京情報大学ネットワーク利用ポリシー����������������������������� 161
後援会・教育振興会・校友会
…………………………………………………………………………… 165
1.後援会・教育振興会・校友会��������������������������������� 166
後援会の活動
教育振興会の活動
校友会の活動
5
諸規則諸規程 ………………………………………………………………………………………………………… 167
東京情報大学学則���������������������������������������� 168
東京情報大学大学院学則������������������������������������� 179
東京情報大学学位規程�������������������������������������� 187
東京情報大学特別聴講学生規程���������������������������������� 190
東京情報大学試験実施内規������������������������������������ 191
千葉県私立大学(短期大学を含む。)及び放送大学間の単位互換に関する包括協定書����������� 193
千葉県私立大学(短期大学を含む。)間の単位互換に関する実施要項������������������ 194
東京情報大学と放送大学との間における単位互換に関する協定書についての覚書������������ 195
東京農業大学と東京情報大学との単位互換に関する協定書���������������������� 196
東京情報大学表彰規程�������������������������������������� 197
東京情報大学大学院表彰規程����������������������������������� 198
東京情報大学特待生細則������������������������������������� 199
東京情報大学奨学生規程 セーフティーネット制度������������������������� 201
東京情報大学奨学生規程細則����������������������������������� 202
東京情報大学大学院奨学生規程���������������������������������� 204
東京情報大学大学院奨学生規程細則�������������������������������� 206
東京情報大学未来を切り拓く奨学金規程������������������������������ 208
東京情報大学未来を切り拓く奨学金規程細則���������������������������� 210
東京農業大学,東京情報大学及び東京農業大学短期大学部ハラスメント相談内規������������ 212
東京情報大学遺失物及び拾得物取扱要領������������������������������ 214
東京情報大学車両通学要領������������������������������������ 215
東京情報大学学生会館使用要領���������������������������������� 217
東京情報大学部室及び同好会室使用要領������������������������������ 218
課外活動における教室使用要領���������������������������������� 219
東京情報大学体育館アリーナ使用要領������������������������������� 220
東京情報大学学友会規程������������������������������������� 222
東京情報大学学友会課外活動団体結成基準����������������������������� 225
東京情報大学コンピュータ実習室使用内規����������������������������� 226
東京情報大学ネットワーク利用要領�������������������������������� 228
東京情報大学ライブラリー工リア利用内規����������������������������� 230
キャンパス案内
…………………………………………………………………………………………………… 233
校舎等配置図������������������������������������������ 234
1号館(本館棟)案内図������������������������������������� 235
3号館(体育館)案内図������������������������������������� 239
4号館(総合情報センター棟)案内図������������������������������� 240
5号館(フロンティア研究棟)案内図������������������������������� 241
6号館(学生会館ピオーネ)案内図�������������������������������� 242
7号館(研究棟)案内図������������������������������������� 243
8号館(東アジア環境・経済研究棟)案内図���������������������������� 245
Q&A(よくある質問) ………………………………………………………………………………………247
1.履修登録に関すること������������������������������������ 247
2.授業に関すること�������������������������������������� 249
3.試験に関すること�������������������������������������� 250
4.成績評価に関すること������������������������������������ 250
様式サンプル等………………………………………………………………………………………………………251
様式1 成績評価に関する質問票��������������������������������� 252
様式2 時間割変更申請書������������������������������������ 253
様式3 欠席届����������������������������������������� 254
交通案内図������������������������������������������� 255
6
7
大学紹介
大学紹介
学長メッセージ
東京情報大学で学ぶにあたって
学長 牛久保 明邦
東京情報大学は,1988
(昭和63)
年わが国初の情報系私立大学として学校法人東京農業大学が経営する
8つの学校のうち7番目に創立された学校で,本年度で27年目を迎えました。本学の建学の精神である
「未来を切り拓く」を背景に,世界中で氾濫するあらゆる情報の中から有用なものを獲得するための情
報収集・解析ツールの開発とその運用,拡がるネットワーク社会における諸課題の解決に必要なシステ
ムとソフトウェアの創造,さらには情報科学を基礎とした環境保全,商品開発や映像制作をはじめとし
た諸専門分野への応用など,創立以来一貫して情報科学の先端研究と教育を実践してきました。言うま
でもなく建学の精神は,実社会に役立つ知識とスキルを身につけ,日々進化する情報社会の未来を切り
拓く人材を育成することを意味しています。その柱となる教育理念に「現代実学主義」を掲げ,情報科
学の理論を学ぶ基礎教育のみならず,自らの頭脳身体を駆使した実習・演習を通じて,社会で即活用で
きる知識や技術を獲得するための応用教育を重視しています。また,学生の生活面においては,「自立
と協調」を理念とし,学生諸君一人ひとりの人格形成にも力を注ぎ,教職員一同面倒見の良い大学とし
て教育研究に努めています。
この「学生ハンドブック2014」は,東京情報大学に入学してから卒業するまでの学園生活を,学生諸
君が本学の学生として過ごすための必要事項について記載したものです。
本学は,平成25年度から1学部4学科を改組し,教育・研究分野を文系から理系までに広げた1学部
(総合情報学部)1学科(総合情報学科)12コース制*として,新しい学びがスタートしました。これ
は,私立大学である本学が,建学の精神や教育理念に基づき,社会からの要請に応えるべく12のコース
を配置して独自の個性あるカリキュラム(教育課程)によって,学生諸君の将来に資することを目的と
しています。
大学4年間のカリキュラムは,
「1・2年次での情報学のエキスパート」+「3・4年次での専門分野
(コース)各々のエキスパート」の「ダブルエキスパート」の養成を目指しています。1年次から2年
次では,
「情報基礎科目」と「共通基礎科目」を重点的に配当し,情報基礎力と東京情報大学生にふさわ
しい教養を身につけると同時に,社会人として活躍するために必要となるコミュニケーション能力が向
上するよう配慮しています。特に,
「共通基礎科目」の「基礎演習
(Ⅰ~Ⅴ)
」では,少人数のクラス編成
で,情報学に関する各種のテーマ学習や調査・発表・レポート作成,就職に必要となる知識などを学ぶ
ことにしています。また,基礎演習を担当する先生が,2年次まで学生諸君の担任となり,基礎演習科
目の指導だけでなく,具体的な学習方法やコース選び,将来進路のアドバイスのほか,生活面での相談
などを行います。
1~2年次では,コースに所属することはありませんが,上記の学部共通の科目のほか,3年次以降
のコースで学ぶ上で必要となる専門知識を身につける「専門教育科目」が配当されています。そこで,
科目を選ぶ際は,カリキュラムの概要をよく把握した上で,自らの興味や適性,就職等を考慮するとと
もに,将来学びたい分野やコースを意識して学ぶように心掛けてください。
*12コースとは,心理・教育,スポーツマネジメント,起業・商品開発,会計・金融,社会コミュニケーション,CG・Webデザイン,映像・音響,
ちば地域構想,地球・自然環境,システム開発,ゲームアプリケーション,ネットワーク・セキュリティのコースを指しています。
8
3年次からは自らが希望するコースに所属して専門分野を学ぶことになります。コースには,コース
室に所属して,少人数で教授陣の指導を受けることになります。研究室では,公官庁や民間企業,地域
社会と連携し,コース横断的に様々なテーマに取り組む演習科目「プロジェクト研究」による学習が中
心となります。1年間を通じて,実社会で情報がどのように活用されているかを身をもって体験し,実
際の課題に取り組みながら真の実力を養います。
最終年度の4年次は,3年次に培った「プロジェクト研究」を土台として,4年間の総仕上げとなる
卒業論文作成を中心としたプログラムが展開されます。卒業論文を完成させることで社会において必要
な専門知識と技術を有するエキスパートになるのです。
また,本学では学科とは別に,教職・学芸員課程が設置されており,「情報」の高校教員免許状のほか,
博物館・美術館・動物園等の専門職員になるための「学芸員」の資格が取得できるプログラムも用意さ
れています。
さらに,自らの将来の目標が描けるよう正課カリキュラム及び教職員による指導と就職支援行事が三
位一体となった「総合的キャリア支援プログラム」が組まれています。具体的には,キャリアデザイン
科目である「インターンシップ」や「情報社会と職業」などの就職支援科目群と「基礎演習」「卒業論
文」等における各種指導,面接や筆記試験対策,企業説明会などの「就職支援行事」が連動して,学生
諸君の将来構想の実現を強力にバックアップするものです。加えて,資格取得や技術の修得のために課
外講座「スコーラ」が用意されており,国家試験である「ITパスポート」をはじめとする資格取得のた
めのプログラムも用意されています。
大学卒業後,より高度な専門職や研究者を目指す学生のために,本学には大学院総合情報学研究科が
設置されています。本大学院には博士前期課程(2年間)
,博士後期課程(3年間)があり,各課程が
定めたプロセスを修了すると,博士前期課程には修士(総合情報学)
,博士後期課程には博士(総合情
報学)の学位が授与されます。
この他に,本学と兄弟校である東京農業大学との単位互換,生物産業学部(オホーツクキャンパス/
北海道網走市)との国内留学制度もあります。
課外活動においては,体育系クラブとして強化指定部である硬式野球部,バドミントン部(男女),
サッカー部(男女)及び準強化指定部の陸上部があり,その他硬式テニス部,バスケットボール部,バ
レーボール部があります。文科系クラブには,Wind Ensemble,ESS,コンピュータ部,映画研究部,
Laboratory of Video Technologies(L.V.T)
,軽音部,Digi-Graphがあり,各クラブは千葉県内をは
じめ全国大会でも活躍しています。これらのクラブのほか各種のサークル(同好会)が活発に活動を展
開しています。課外活動に積極的に参加することにより,教室や研究室の友達以外の仲間を作ることも
学園生活を有意義に過ごすためには重要だと思います。これら課外活動にも大いに参加して文武両道を
目ざして欲しいものです。
大学における4年間は,長くて短い期間です。自分を磨き,悔いのない学園生活を送るために,活動
の場を広げ,学問・研究と課外活動に大いに励んで,濃密な時間を過ごしてください。私たち教職員は,
学生諸君の一人ひとりをサポートして,満足して卒業していただけるよう「面倒見の良い大学」
,「入
れて育てる大学」に努めたいと考えています。
本「学生ハンドブック2014」を熟読するとともに,常に目に触れる場所に置いて活用し,充実した
キャンパスライフのための一助として下さるよう願っています。
9
大学紹介
独自の専門科目が用意されているほか,専門性をより深く追究するために12コース内に設置された研究
学部長メッセージ
共に情報の未来を切り拓こう
総合情報学部長 原 慶太郎
新入生の皆さん,ご入学おめでとうございます。東京情報大学の教職員と在学生一同,皆さんを心
から歓迎いたします。みなさんは,昨年から始まった総合情報学科12コースでの学びの2期生とな
ります。これからの4年間,ここ千葉の御成台のキャンパスで皆さんと一緒に語らい,問い,考え,
学ぶという大学の生活を共にすることを楽しみにしています。
近年の情報技術の進展は著しく,社会構造の在り方を大きく変えるまでになっています。この状況
は16世紀英国の産業革命にたとえられる大きな社会変革であると表現する人もいるくらいです。イン
ターネットの端末も,コンピュータから携帯電話,そしてスマートフォンなどの携帯端末へと広がり,
フェイスブック,ツイッターやLINEなどのソーシャルメディアの興隆もめざましいものがあります。
情報をとりまく環境が急速に変化を遂げてくなかで,これから到来する時代の情報のあり方を自ら考
え開拓していくことが,これまで以上に重要になっています。歴史を振り返り未来を見通すことがで
きる「想像力」と,既存のものに満足することなく新しいものを生み出す「創造力」,このふたつの
力と勇気をもって新しい時代をつくりだす人材を育成する。
「未来を切り拓く」という大学の建学精
神に込められた思いはそのようなところにあると考えます。
2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震とそれによって引き起こされた大規模な津波は,東
日本の太平洋沿岸部に甚大な被害を及ぼしました。この大地震と大津波に端を発する福島第一原子力
発電所からの放射性物質の大量流出は,広域的な範囲に極めて深刻な影響を及ぼし,それは現在も続
いています。この東日本大震災に対して,全国各地,そして全世界からインターネット上のソーシャ
ルメディアなどを通じて,新しいかたちの復旧支援の手がさしのべられました。ひと昔までであれば,
はるかに多くの手間と時間がかかっていたことが,心ある人々のボランタリーな行動によって大きな
支援の輪になったのです。
日本は平成17年(2005年)に人口減少に転じ,先進諸国のなかで最も急速に少子高齢化社会への移
行が進みつつあります。そのようななかで,アジアや世界のなかの人々と連帯しながら,新しい社会,
そして新しい世界を創造していく。情報技術の習得にとどまらずに周辺分野を総合的に学び,自分の
言葉で発信していく力は,その創造にきっと大きな役割を果たすものと考えています。
まずは友人,先輩,そして教職員と直接に顔をつきあわせてコミュニケーションすることから始め
て下さい。そして,書物を読み,様々なメディアに接し,自分の頭で考え,これまでの自分と新しい
自分の違いを感じてください。その過程で,真の自己が形成されていきます。大きな可能性が皆さん
を待っています。良き友人をつくって大学生活を十分に楽しんでください。大学時代の友は一生の友
となることが多いものです。担任制やキャリア支援,そして課外活動など,大学は教員と事務職員一
体となって皆さんを全面的に応援します。
一緒に情報の未来を切り拓いていきましょう。
10
大学院研究科委員長メッセージ
大学紹介
無限の可能性を求めて
研究科委員長 浅沼 市男
大学院総合情報学研究科への進学,おめでとうございます。
にいはり
大学学歌にあるように,「新墾の千城ケ丘に……」と謳われ始めた四半世紀前の建学の頃に求められ
た「情報」が」さらに大きく変化する時代となっています。四半世紀前からすると,コンピュータの大
きさは想像も及ばなかったほどの小さな物になり,辞書ほどの大きさの入れ物に4テラバイトものデー
タの収納が可能となり,ハードウエアの概念が大きく変化してきました。量販店では,2TB(テラバ
イト)の外付けハードディスクに1万円ちょっとの値札がついて,山積みになって販売されています。
時代が加速度的に変化する中,2011年3月11日の東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故は,
多くの人々の記憶から消え去ろうとしています。その中で,忘れてはならないのは,人間の作り出し
た安全神話を破壊して放出させてしまった放射性物質の存在です。目には見えない放射性物質ですが,
放射性物質から放出される放射線が遺伝子異常を引き起こす可能性があります。134Ceの半減期は2年,
137
Ceの半減期は30年です。事故から3年となり,134Ceの影響は少なくなり,放出量の割合から推定し
て,放射線量は半減しています。しかし,影響は確実に残っており,科学の目を持って見つめ続けなけ
ればならない負の遺産です。
多くの場面において,情報の重要性が再認識されています。大学院総合情報学研究科では,経営情報
系列,環境情報系列,情報システム系列,情報文化系列と,学部における教育との継続性を保ちながら,
それぞれの系列における情報に関する独自の専門教育を追求しています。また,新しい総合情報学科の
再編に合わせた体制を模索し,学内において,補完して創造される総合情報学の領域の確立を目指し,
常に新しい研究を目指しています。先人の構築した文化と科学技術を丹念に調べ,常に,新しい方向性
を考え続け,修士論文,あるいは,博士論文へと自分の考えをまとめます。この過程において,自分の
考えを論文として外部へ発信することで,さらに新しい展開が芽生えます。
東京情報大学をイメージしてください。本学の建屋,学生数,教員数は,決して大きくも多くもあり
ません。しかし,大学の大きさで研究するのではなく,皆さんの意思で勉強し,皆さん自身の研究を展
開するのです。建学の精神「未来を切り拓く」の考えは,「世界をも切り拓く」ものであり,無限の可
能性を追求する姿勢です。この考えを自らの心に持ち続け,教育理念「現代実学主義」と,学生指導の
理念「自立と協調」の教えのもとに,大きく前進しましょう。
11
学生部長メッセージ
2020年東京オリンピックを目標に!
学生部長 原 朗
新入生の皆さん東京情報大学入学おめでとうございます。新年度のスタートを迎えて新たな目標に
向けて、新入生並びに在学生の皆さんは心中期するものがあると思います。
学生生活は人生80年の僅か4年間の期間です。しかし社会に羽ばたく前の貴重な時間でもあります。
大震災の発生や原発事故発生から3年を経て、
「日本」は多くの反省と経験をしてきました。復興や防
災対策も徐々に進んできた感もあります。しかし、まだまだご苦労されている方々も沢山おられます。
その中、昨年9月7日「2020年東京オリンピック」招致が成功しました。最終プレゼンテーションは
「チームJAPAN」として素晴らしい内容でありました。開催まで7年間、日本は大きく成長するの
ではないかと予測されています。学生の皆さんも是非この機会に大きな目標を掲げ、「学業」と「課
外活動」に積極的に取り組んで力をつけてください。大学としての財産は卒業生が社会で活躍するこ
とです。2020年東京オリンピック時に、各方面で活躍されている皆さんの姿を見ることを期待してい
ます。
さて、自由度の大きい大学では,学生生活を過ごすうえで三つの大切なことがあります。先ず礼節
を重んじることです。社会的ルール・マナーをしっかりと守りましょう。次に親切であってください。
強者が弱者を守ること,サポートする意識を持って行動しましょう。最後に責任を持ってください。
学生だからといって時間や期限をルーズにしてはいけません。この3点は社会的信頼を得る重要な要
素です。学生生活でも必ず忘れないで意識してください。
それでは具体的に皆さんが自主的、主体的に取り組める場所を紹介します。ここでは学生が自ら立
ち上げた共同体・集団の中で様々な体験や達成感を味わうことができます。その過程は学業と並ぶ社
会での基礎となります。強制されるものではありませんが是非参加してみてください。きっと新たな
出会や発見と「やったぞ!」感を味わえることができます。
(主な団体とイベント)
① 学友会総務部執行委員会 学友会諸行事の企画・運営(学友会行事は,オリエンテーション・
スポーツ大会・翔風祭・卒業パーティーです。)
② 翔風祭実行本部 翔風祭の企画・立案・運営
③ 課外活動(部) 文化部7団体・運動部7団体が活動しています。
④ 課外活動(同好会) 37団体が活動しています。
⑤ 翔風祭(学園祭)は,毎年10月に開催する学園祭です。
⑥ スポーツ大会 学友会の行事で,夏・冬の年2回開催しています。
12
次に皆さんをサポートする本学の学生支援体制について紹介します。一般的に大学生活は長距離通
大きく変化することにより,新たな環境に中々なじめず,一人で問題を抱えることは誰でも生じるこ
とです。そんな時は一人で悩みを抱え込まないでください。大学では様々なサポート窓口を準備して
います。
(主なサポート)
① 学生教務課(奨学金,ハラスメント)
② 医務室
③ 学生相談室
④ 定期運行バス(JR 東京駅←→本学,JR 千葉駅←→本学間の定期運行バスが運行中)
⑤ 駐車場
⑥ 学生食堂・サブウェイ等
最後に本学では外国人留学生も学んでいます。現在日本の企業は積極的に海外に進出することが求
められています。また卒業後の進路として外国企業への就職も選択肢となっています。是非留学生の
友人を作り,異文化を理解した国際人になってください。留学生との交流から新しい生き方を学ぶこ
とがあるかもしれません。是非,日本人学生から留学生にアプローチしてください。
(主な交流)
① 留学生歓迎会(4月15日)
② 留学生バス見学会
③ 留学生発表会
本学は毎年皆さんのキャンパスライフが充実するよう環境を充実してきました。現在トイレの環境
を順次最新型に改装中です。今後も本学は皆さんの夢の実現を全力でサポートします。
目標に向かって頑張ってください。応援しています!
13
大学紹介
学や一人暮らし,また経済的な理由からアルバイトをすることが多くなります。この様な生活環境が
沿 革
本学は,来るべき21世紀を見据え,時代の要請する新しい専門的知識と国際感
覚,均衡感覚に優れた人材の育成を教育の目的として,1988(昭和63)年4月,
干葉市に開学した。
設置者である学校法人東京農業大学は,本学や創立123周年を迎えた東京農業大
学をはじめ,9つの教育機関をもつ学校法人として現在に至るが,その始まりは
1891(明治24)年,明治の元勲榎本武揚が創設した「育英黌」にさかのぼる。
総合的な視野から,新しい時代の要請に即した人材の育成を目指した榎本「育
榎本武揚
英黌」のパイオニア精神が,時代を超えて東京情報大学にも受け継がれている。
(1836~1908年)
1891(明治24)年
徳川育英会を母体に育英黌農業科設置(東京農業大学の前身)
1925(大正14)年
財団法入東京農業大学設立
1951(昭和26)年
財団法人東京農業大学は学校法人東京農業大学となる
1988(昭和63)年
東京情報大学(経営情報学部/経営学科・情報学科)開設
1991(平成3)年
東京情報大学経営情報学部(経営学科・情報学科)臨時定員増認可
1992(平成4)年
東京情報大学大学院(経営情報学研究科経営情報学専攻)修士課程開設
1996(平成8)年
東京情報大学経営情報学部情報文化学科開設
1999(平成11)年
東京情報大学大学院(経営情報学研究科経営情報学専攻)博士前期課程・博士後期課程開設
2001(平成13)年
東京情報大学総合情報学部に学部名称を変更
東京情報大学総合情報学部経営情報学科,環境情報学科,情報システム学科開設(既設の情報
文化学科とあわせて1学部4学科となる)
東京情報大学総合情報学部に教職課程を開設
2005(平成17)年
東京情報大学大学院総合情報学研究科(総合情報学専攻)に研究科名称を変更
東京情報大学総合情報学部経営情報学科を情報ビジネス学科に学科名称を変更
2010(平成22)年
東京情報大学総合情報学部に学芸員課程を開設
2013(平成25)年
東京情報大学総合情報学部総合情報学科12コース制に変更
14
組 織
学長
President
大学紹介
東京情報大学 Tokyo University of Information Sciences
大学院/総合情報学研究科総合情報学専攻(博士前期課程・博士後期課程)
Graduate School of Informatics (Master Course / Doctor Course)
総合情報学部 Faculty of Informatics
総合情報学科
Department of Informatics
心理・教育コース
スポーツマネジメントコース
起業・商品開発コース
会計・金融コース
社会コミュニケーションコース
CG・Webデザインコース
映像・音響コース
ちば地域構想コース
地球・自然環境コース
システム開発コース
ゲーム・アプリケーションコース
ネットワーク・セキュリティコース
教職・学芸員課程
Education for Teachers and
Curators
学生部 Student office
医務室 University Clinic
情報サービスセンター Informatics Support Center
図書情報部 Library Information Section
情報システム部 Information System Section
総合情報研究所 Information Research Institute, TUIS (Johodai)
事務局 Administrative Division
総務課 General Affairs Department
学生教務課 Student and Academic Affairs Department
入試・広報課 Entrance Exams & Publicity Department
キャリア課 Career Services Department
(平成26年4月1日現在)
15
教員紹介
役職者
■学長
牛久保明邦
■総合情報学部長
原 慶太郎
■研究科委員長
浅沼 市男
■総合情報学科長
布広 永示
■教職・学芸員課程主任
永井 保夫
■学生部長
原 朗
■情報サービスセンター長
青木 俊昭
■総合情報研究所長
原 慶太郎
■医務室長
原 朗
学長
牛久保 明邦
原 慶太郎
研究科委員長
総合情報学科長
教職・学芸員課程主任
学生部長
医務室長
浅沼 市男
永井 保夫
情報サービスセンター長
青木 俊昭
16
総合情報学部長
総合情報研究所長
布広 永示
原 朗
大学院:総合情報学研究科
大学紹介
■研究科委員長 浅沼 市男
■専攻主事 マッキン ケネスジェームス
■指導教授 浅沼 市男 青木 俊昭 石塚 省二 井関 文一 伊藤 敏朗 岩本 俊彦
金 武完 小泉 宣夫 櫻井 尚子 武井 敦夫 堂下 浩 永井 保夫
西村 明 布広 永示 畠中 伸敏 原 慶太郎 平野 正則 三宅 修平
山崎 和子
■授業担当 茨木 正治 斎藤 隆 圓岡 偉男 成瀬 敏郎 内田 治 鈴木 英男
富田 瑞樹 中尾 宏 朴 鍾杰 藤原 丈史 マッキンケネスジェームス
松下孝太郎 森口 一郎 栁田 純子
■非常勤講師 岡本 眞一 木ノ内康夫 近藤 大博 中田 典規 山崎 博康
①:専門分野
②:担当科目
《経営情報系列》
指導教授
指導教授
教授
教授
①交通論
②経営学持論
流通産業特論
総合演習
①マーケティング戦略論
②マーケティング特論
総合演習
指導教授
指導教授
教授
教授
①会計論
②財務会計特論
管理会計特論
国際会計特論
総合演習
①ベンチャー企業の成長戦略
②金融特論
総合演習
指導教授
授業担当
教授
教授
①数値計算法
②経営数理特論
総合演習
①経営情報システム論
②監査特論
授業担当
授業担当
教授
准教授
①民法
②リーガルリスクマネジメント特論
①統計的品質管理
②品質マネジメント特論
青木 俊昭
武井 敦夫
三宅 修平
成瀬 敏郎
岩本 俊彦
堂下 浩
斎藤 隆
内田 治
17
授業担当
栁田 純子
准教授
①経営組織・人事論
②人的資源特論
《環境情報系列》
指導教授
指導教授
教授
教授
①衛星海洋学
②環境リモートセンシング特論
情報哲学特論
総合演習
①統計学
②データ解析特論
総合演習
指導教授
指導教授
教授
教授
①情報セキュリティ・リスク分析
②オブジェクト指向システム特論
総合演習
①環境情報論
②環境情報特論
総合演習
指導教授
授業担当
教授
准教授
①金融工学
②複雑系情報科学特論
総合演習
①暗号・情報セキュリティ理論
②情報セキュリティ特論
授業担当
授業担当
准教授
准教授
①環境復元論・生態学
②環境情報特論
①経営情報システム論
②ウェブアプリケーション特論
授業担当
授業担当
准教授
准教授
①時系列衛星データを用いた土地被覆
変化抽出に関する研究
②空間情報特論
①計算機統計学
②データ解析特論
浅沼 市男
畠中 伸敏
山崎 和子
富田 瑞樹
朴 鍾杰
18
櫻井 尚子
原 慶太郎
鈴木 英男
中尾 宏
藤原 丈史
《情報システム系列》
指導教授
指導教授
教授
教授
①ユビキタスネットワーク
②情報ネットワーク特論
総合演習
①人工知能
②人工知能システム特論
総合演習
指導教授
指導教授
教授
教授
①情報処理学・計算機工学
②並列処理システム特論
総合演習
①情報処理論
②分散システム特論
総合演習
授業担当
授業担当
布広 永示
マッキン
ケネスジェームス
准教授
①マルチエージェント論
②ソフトコンピューティング特論
永井 保夫
大学紹介
金 武完
平野 正則
森口 一郎
准教授
①情報ネットワーク
②ネットワークセキュリティ特論
19
《情報文化系列》
指導教授
指導教授
教授
教授
①ポストモダン状況論
②社会哲学特論
総合演習
①応用画像処理
②画像情報特論
総合演習
指導教授
指導教授
教授
教授
①映像表現論
②映像情報特論
総合演習
①音響工学
②情報数理特論
総合演習
指導教授
授業担当
教授
教授
①聴覚心理学
②音響情報特論
総合演習
①マス・コミュニケーション論
②社会情報特論
授業担当
授業担当
教授
准教授
①理念社会論
②社会学史特論
①画像工学・教育工学
②マルチメディア特論
石塚 省二
伊藤 敏朗
西村 明
圓岡 偉男
20
井関 文一
小泉 宣夫
茨木 正治
松下 孝太郎
総合情報学部:総合情報学科
大学紹介
■学科長 布広 永示
■学科主事 圓岡 偉男 西村 明 岸本 頼紀
12コース専任教員
(氏名の前の○はコース長,△はコース主事を表す)
◆心理・教育コース
○内田 治 △原田恵理子 川名 博志 神野 建 渡邊 健治 茂住 和世
山口 豊 小早川睦貴
◆スポーツマネジメントコース
○原 朗 △石井 政弘 原 豪志
◆起業・商品開発コース
○岩本 俊彦 △樋口 大輔 中尾 宏 栁田 純子 吉澤 康介 池田 幸代
◆会計・金融コース
○斎藤 隆 △堂下 浩 青木 俊昭 武井 敦夫 成瀬 敏郎
◆社会コミュニケーションコース
○三宅 修平 △圓岡 偉男 石塚 省二 茨木 正治 キャルコート 吉岡 栄一
◆CG・Webデザインコース
○井関 文一 △松下孝太郎 中島 淳 安岡 広志
◆映像・音響コース
○伊藤 敏朗 △西村 明 小泉 宣夫 西貝 雅人
◆ちば地域構想コース
○櫻井 尚子 △藤原 丈史 畠中 伸敏 吉田 彰 ◆地球・自然環境コース
○浅沼 市男 △富田 瑞樹 K.
ショート 原 慶太郎 朴 鍾杰 原田 一平
◆システム開発コース
○布広 永示 △岸本 頼紀 平野 正則 北風 和久 河野 義広 山口 崇志
◆ゲーム・アプリケーションコース
○永井 保夫 △大城 正典 山崎 和子 大見 嘉弘 M.ケネスジェームス
◆ネットワーク・セキュリティコース
○鈴木 英男 △森口 一郎 金 武完 寺嶋 廣克 花田 真樹
21
《心理・教育コース》
①:専門分野
②:担当科目
教授
教授
①教育行政
②生涯学習概論
①学校経営
②レポートと文章作法
教育実習
教職実践演習(高)
教授
准教授
①教員養成
②教職概論
特別講義a・b
教育実習
教職実践演習(高)
①統計的品質管理
②統計学Ⅰ・Ⅱ
データマイニング
実験計画法
心理統計学
准教授
准教授
①発達臨床心理学
学校臨床心理学
②発達心理学概論
教育心理学
道徳教育論
教育相談論
教育実習
教職実践演習(高)
①日本語教育
②日本語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
日本の社会と生活文化
ビジネスコミュニケーション
リクルートコミュニケーション
准教授
助教
①臨床心理学
②学校心理学
臨床心理学概論
心理検査法
心理検査法実習
臨床心理学実習
カウンセリング
①認知心理学
②情報リテラシーⅠ
プログラミング基礎
心理学概論
認知心理学
心理学研究法
心理学実験Ⅰ・Ⅱ
川名 博志
渡邊 健治
原田 恵理子
山口 豊
神野 建
内田 治
茂住 和世
小早川 睦貴
《スポーツマネジメントコース》
教授
教授
①スポーツバイオメ力ニクス
②健康科学
スポーツ演習a~d
スポーツ情報論
スポーツ心理学
①スポーツ方法学
②健康科学
スポーツ演習a~d
スポーツトレーニング論
スポーツ指導法
スポーツ指導法演習
スポーツ指導論
石井 政弘
助教
原 豪志
①スポーツマネジメント論
②スポーツと社会
スポーツマネジメント論a・b
ジュニアスポーツ論a・b
22
原 朗
《起業・商品開発コース》
①:専門分野
②:担当科目
教授
准教授
①マーケティング戦略論
②経営と情報
マーケティング論
消費生活論
マーケティング戦略論
①経営情報システム論
②経営と情報
システム設計論a・b
経営情報システム論
プロジェクトマネジメント
准教授
准教授
①経営学、経営戦略論
②情報リテラシーⅠ
インターンシップ
経営学概論
経営戦略論
①経営組織・人事論
②健康科学
キャリアデザインa
インターンシップ
経営管理論
人的資源論
准教授
助教
①情報工学、教育工学
②情報リテラシーⅠ
情報ネットワーク概論
プログラミング入門
Webマーケティング論
①経営学、経営組織論
②経営と情報
情報社会と職業
経営組織論
樋口 大輔
吉澤 康介
中尾 宏
大学紹介
岩本 俊彦
栁田 純子
池田 幸代
《会計・金融コース》
教授
教授
①交通論
②経済学
流通情報論
ビジネスロジスティクス論
①経営情報システム論
②経営と情報
ERP論
教授
教授
①会計論
②基礎会計論
会計情報論
財務会計論
管理会計論
原価計算論
①ベンチャー企業の成長戦略
②情報分析Ⅰ
ベンチャービジネス論
金融論
国際金融論
青木 俊昭
武井 敦夫
斎藤 隆
堂下 浩
教授
成瀬 敏郎
①民法
②社会と法
民法a・b
リーガルリスクマネジメント論
23
《社会コミュニケーションコース》
①:専門分野
②:担当科目
教授
教授
①ポストモダン状況論
②現代思想
現代社会学
比較社会論
①マス・コミュニケ-ション論
②現代日本の政治
キャリアデザインb
マスメディア論
社会心理学
教授
教授
①理論社会学
②情報社会とコミュニケーション
インターンシップ
社会調査法
コミュニケーション論
社会学概論
①数値計算法
②情報リテラシーⅠ
情報分析Ⅱ
総合情報学概論Ⅰ
経営科学
教授
教授
①英米文学
②英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
①英語教育論
②英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ
ビジネス英語Ⅰ・Ⅱ
石塚 省二
圓岡 偉男
吉岡 栄一
茨木 正治
三宅 修平
A.S.Calcote
《CG・Webデザインコース》
教授
准教授
①応用画像処理
②情報通信システム論a
システムセキュリティ論
ネットワークプログラミングa・b
サイバースペース論
①画像工学・教育工学
②情報表現とマルチメディア
CGアニメーション演習
コンピュータグラフィクス演習
3DCGシミュレーション
助教
助教
①マルチメディア論
②コンピュータグラフィクス論
視覚デザイン論
立体表現
出版メディア論
①視覚情報処理学
視覚伝達デザイン学
②コンピュータ概論
情報表現とマルチメディア
Webアニメーション演習
Webデザイン演習
メディア広告論
井関 文一
中島 淳
24
松下 孝太郎
安岡 広志
《映像・音響コース》
①:専門分野
②:担当科目
教授
①映像表現論
②情報表現とマルチメディア
映像表現論
映画論・映画史
映像・放送メディア特講
①音響工学
②総合情報学概論Ⅰ
メディア機器論
情報メディア論
音響メディア論
コンピュータミュージック論
教授
助教
①聴覚心理学
②プログラミング入門
情報表現とマルチメディア
サウンドデザイン論
知覚心理学(聴覚)
①写真芸術学・映像メディア論
②情報表現とマルチメディア
スタジオ番組・ドラマ制作論
アニメ・PV・特撮番組制作論
フォトグラフィクス論
知覚心理学(視覚)
伊藤 敏朗
西村 明
小泉 宣夫
西貝 雅人
《ちば地域構想コース》
教授
教授
①統計学
②情報分析Ⅱ
総合情報学概論Ⅰ
地域構想演習
社会調査法
①情報セキュリティ・リスク分析論
②情報社会とコミュニケーション
インターンシップ
情報セキュリティ概論
個人情報保護論
システム監査
教授
准教授
①進化生物学
生物環境調節学
展示企画デザイン論
②生命と情報
生命と環境
地域構想演習
博物館概論
博物館資料保存論
博物館実習
①計算機統計学
②情報リテラシーⅡ
プログラミング入門
Webシステムプログラミングa・b
地域構想演習
櫻井 尚子
吉田 彰
畠中 伸敏
藤原 丈史
25
大学紹介
教授
《地球・自然環境コース》
教授
教授
①衛星海洋学
②情報リテラシーⅠ
空間情報論
環境リモートセンシング
海洋情報論
①環境情報論
②総合情報学概論Ⅰ・Ⅱ
環境情報論
環境調査演習
環境保全論
教授
准教授
①文化人類学
②文化人類学 環境調査演習
地域構想演習
環境資源論
環境倫理学
①環境復元論・生態学
②地理情報システムa・b
環境調査演習
環境シミュレーション
植生情報論
准教授
助教
①時系列衛星データを用いた土地被覆
変化抽出に関する研究
②情報リテラシーⅠ・Ⅱ
コンピュータ概論
画像・動画処理演習
画像情報論
パターン認識 ①地理情報学
②気象情報論
浅沼 市男
Kevin Short
朴 鍾杰
原 慶太郎
富田 瑞樹
原田 一平
《システム開発コース》
教授
教授
①情報処理論
②コンピュータ概論
情報社会と職業
キャリアデザインa・b
データベース論
①情報処理学・計算機工学
②ITキャリア基礎
総合情報学概論Ⅰ・Ⅱ
システム設計論a・b
プログラミング応用a・b
言語処理論
准教授
准教授
①ソフトウェア工学
②情報分析Ⅰ・Ⅱ
ITキャリア基礎
プログラミング基礎
ソフトウェア工学a・b
①生物情報論
②プログラミング入門
IT基礎技術論
助教
助教
①社会情報学
②情報リテラシーⅡ
ITキャリア基礎
プログラミング応用a・b
Webシステムプログラミングa・b
①ソフトウェア工学
②ITキャリア基礎
プログラミング応用a・b
モバイルシステムa・b
平野 正則
岸本 頼紀
河野 義広
26
布広 永示
北風 和久
山口 崇志
《ゲーム・アプリケーションコース》
①:専門分野
②:担当科目
教授
①人工知能
②アルゴリズムとデータ構造a・b
知能情報学概論
Webシステムプログラミングa・b
オブジェクト指向モデリング論
①金融工学
②プログラミング基礎
プログラミング応用a・b
モバイルシステムa・b
准教授
准教授
①視覚認識情報学
②プログラミング応用a・b
モバイルシステムa・b
ゲームソフトウェア設計論
①コンピュータによる知的
創造支援システム
②情報リテラシーⅠ・Ⅱ
アルゴリズムとデータ構造a・b
モバイルシステムa・b
永井 保夫
大城 正典
山崎 和子
大見 嘉弘
准教授
マッキンケネスジェームス
①マルチエージェント論
②プログラミング入門
ITキャリア基礎
プログラミング基礎
知的プログラミングa・b
知能情報学
《ネットワーク・セキュリティコース》
教授
教授
①ユビキタスネットワーク
②情報社会とコミュニケーション
情報ネットワーク概論
インターンシップ
IT基礎技術論
情報通信システム論b
モバイルシステムa
①プロジェクトマネジメント
②コンピュータ概論
情報分析Ⅰ・Ⅱ
IT基礎技術論
ソフトウェア工学a・b
准教授
准教授
①暗号・情報セキュリティ理論
②情報ネットワーク概論
キャリアデザインb
暗号情報セキュリティ論
情報・符号理論
①情報通信ネットワーク工学
②情報リテラシーⅠ・Ⅱ
情報ネットワーク概論
IT基礎技術論
Unix論a・b
金 武完
鈴木 英男
寺嶋 廣克
花田 真樹
准教授
森ロ ー郎
①情報ネットワーク
②Unix論a・b
ネットワークプログラミングa・b
27
大学紹介
教授
総合情報学部:教職・学芸員課程
■課程主任 永井 保夫
■課程主事 原田恵理子
■教授 川名 博志 神野 建 永井 保夫 吉田 彰 渡邊 健治
■准教授 原田恵理子
《教職・学芸員課程》
教授
教授
①教育行政
②生涯学習概論
①学校経営
②レポートと文章作法
教育実習
教職実践演習(高)
教授
教授
①人工知能
②アルゴリズムとデータ構造a・b
知能情報学概論
Webシステムプログラミングa・b
オブジェクト指向モデリング論
①進化生物学
生物環境調節学
展示企画デザイン論
②生命と情報
生命と環境
地域構想演習
博物館概論
博物館資料保存論
博物館実習
教授
准教授
①教員養成
②教職概論
教育実習
教職実践演習(高)
①発達臨床心理学
学校臨床心理学
②発達心理学概論
教育心理学
道徳教育論
教育相談論
教育実習
教職実践演習(高)
川名 博志
神野 建
永井 保夫
吉田 彰
渡邊 健治
原田 恵理子
■平成26年度講義曜日・時限
*専任教員
氏 名
教授
28
講義曜日・時間
研究室
月曜日
1・2F・3・4
火曜日
水曜日
木曜日
1
②・3・4・5
②・4・5
1・2・5F
②・3・4・5
1F・2F・3・4・5
1・2
②・3・4・5
2
1
②・3L・4L・5L
青木 俊昭
1-603
浅沼 市男
8-8202
石井 政弘
1-711
石塚 省二
1-779
井関 文一
7-3305
3L
1・2
伊藤 敏朗
4-5115
1・2・3
1・2
1L・2L・③・4・5
茨木 正治
1-728
②・3L
1・2・4F
4・5
1・2・4・5
岩本 俊彦
1-672
1・2
1・2F・4・5
2
川名 博志
1-703
金 武完
7-3307
1・2・5
1F・2F・3L・5
1・②・3・4L・5
A.S.Calcote
1-751
③
1・2・4
Kevin Short
8-8304
1
3F・4・5
3・4・5
③・4L
金曜日
集中
2F
冬季
1・2・3・4・5
①・2・3F・4・5
1・2・3・4・5
1L・2L・3・④
2
1・2・4
2F・3F・④
夏季
氏 名
准教授
助教
月曜日
1L・3F・4・5
火曜日
水曜日
1・2F
2F・3L・4・⑤
1・2
3F
木曜日
金曜日
4-5112
斎藤 隆
1-631
櫻井 尚子
8-8203
神野 建
1-707
武井 敦夫
1-656
1・2
①・3・4・5
1F・2F・4・5
圓岡 偉男
1-731
1・2
1F・2F・3F・4・5
③・4・5
1・2F・3
寺嶋 廣克
7-3401
1・2
2L・③・4・5
3・4L
2F・4・5
堂下 浩
1-604
1・2L・③・4・5
1・2
5
2F・3・4F・5
永井 保夫
7-3303
2・3F・4・5
成瀬 敏郎
1-630
西村 明
4-5111
布広 永示
7-3404
畠中 伸敏
5-835
原 朗
1-705
原 慶太郎
8-8302
平野 正則
7-3202
三宅 修平
1-625
2F・③・4・5
1・2
山崎 和子
5-822
2L・4L・5L
1・2・4F
1・②・3・4・5
1F・2F・4F
吉岡 栄一
1-755
1F
1・2・③
1・2・3L
吉田 彰
5-824
1・2
1L・4・5L
渡邊 健治
1-776
内田 治
5-836
1・2
2・3・4・5
大城 正典
5-821
1L・2L・④
1・2
1・4・5
大見 嘉弘
7-3203
1・2・3
1・2
2F
1・2F・③・4・5
岸本 頼紀
7-3302
③・4L
1・2
2・3・4・5
2・3
北風 和久
7-3402
2L・3L・4F
1・2
1F・②・4・5
3・4L
鈴木 英男
5-825
2F・③
1・2
2・3F
2・3・4・5
富田 瑞樹
8-8301
1L・2L・3F・4・5
中尾 宏
5-833
朴 鍾杰
8-8201
花田 真樹
7-3308
原田 恵理子
1-702
②・3F・4・5
1・2
樋口 大輔
1-678
2L・③・4・5
1・2・5
1L・4・5
1F・3F・4F
藤原 丈史
8-8204
1L・2L・3・4・5
1・2
2・③・4・5
2L
M.ケネスジェームス
7-3304
1・2・3F・4・5
1・2
2F・③・4・5
松下 孝太郎
7-3403
1F・2・3L・4・5
茂住 和世
1-756
森口 一郎
7-3306
栁田 純子
1-673
山口 豊
吉澤 康介
池田 幸代
河野 義広
1F・2F・③・4・5
1・2
1F・2
1L・2L・3・4・5
1F・2・3F・4F
①・2・4・5
1L・2L・3・4・5
4L
2F・3F・4・5
③・4
1・2
2・3・4・5
2L・③・4
2・3L・4・5
1・2F・3F・4・5
1・2
1・2L・③・4・5
3L
1L・2F
1・②・3・4・5
1・3L
1・2L・3L・④・5
1・2・5
1F・2F・4・5
1L
1・3・4・5
1・2
②・3F・4F・5
4・5
1F・2F・③・4・5
1L
5
2L・3L
3F
2L・③・4
2・3・4・5
3F・4
2・3F・4・5
3F・4F・5
3F
夏季・冬季
冬季
4・5
②・3・4
③・4L・5L
4F
夏季
夏季
①・2L・3L
3・4・5
1・2
③・4
4・5
1・2
2F・③・4・5
1・2・4
夏季
夏季
1L
1・2・5
⑤
1F・2・3F・4・5
1F・3
1・2
2・③・4・5
1・2・4L
3L・4・5
4・5
1・2・4F
夏季
夏季
1・2
2・3L・4F・5F
③・4・5
1・2
2F・④・5
2L
2
1・2
2・3・4・5
3F・4・5
1・2・3F
1-774
1F・2・③
1L
1-624
3・4・5
1・2
1・②F・2L・3F・③L・4F
1-679
1・2
1F・②・3F・4
7-3301
1・2
夏季
2・4・5
1・2・③・4・5
2L・3L・4・5
2L・③・4・5
3L
1・3
1・2L・3F・4
1L・③・4・5
夏季
小早川 睦貴
1-725
3L・4L
1・2
3F・4F
②・3・4F
中島 淳
1-726
4L
1・2・5
2L・4・5
1F・②・3F
西貝 雅人
4-5114
1F・2・3F
原 豪志
1-708
1・2・③
夏季
2L・3L・4・5F
1・2・③
1F・2・3F
集中
3F
小泉 宣夫
1F
2F
1L
2・3・4・⑤
原田 一平
8-8303
②・4・5
1L・2L
5
安岡 広志
1-722
1F・2F
1・2
③・4・5
4・5
山口 崇志
7-3201
③
1・2・5
1・2F・3・4・5
4・5
1F・4
夏季
※ 「講義曜日・時限」欄の丸数字は,コミュニケーションアワーとして,各教員が学生からの授業に対する質問,就学上の相談等に応じやすい
時限を示したものです。それ以外の時間帯でも相談等は可能ですが,指定された時限を優先的に活用してください。
※ 研究室欄の最初の1ケタの数字は建物を表します。(例:1-603は1号館の603研究室)
※ 講義曜日・時限欄のFは前期,Lは後期を表します。(例:2・3F・4Lは2時限は通年・3時限の前期,4時限の後期)
29
大学紹介
教授
講義曜日・時間
研究室
*非常勤講師
氏 名
講師
講義曜日・時間
研究室
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
4・5
飯塚 由樹
4・5
今川 和
3L・4
2F・3・4・5F
梅室 英夫
1・2
太田 美智子
1・3L
岡本 眞一
1・2L
4F
岡本 有子
3・4
乙部 修清
3F
加瀬 三千雄
4F・5F
金井 洋行
1・2・3F・4
木村 昌史
久保田 達也
1F・2・3L
熊埜御堂 智
2・3・4
2L・3
1・2
國府方 麗夏
小須田 健
3F・4F
小林 直樹
2・3・4
小宮山 隆
3L
1・2
2F
1・2
佐藤 王子
1・2
非常勤
講師室
3・4・5
1・2
1・2・3F・4・5
5
夏季
3L・4
3・4F
須賀 孝之
鈴木 聡
4
1・2
小岩 義典
柴 理子
2・3F・4
3・4
黒須 健治
白井 雅彦
1・2
1・2・3
鈴木 敏彦
関口 由彦
2L
ゼムノビッチ・ズドラウゴ
1・2
田子 健
5L
崔 甲伊
2・3
1・2
中尾 由美子
1・2・3
1・2
花村 征志
平塚 聖敏
3F・4
本多 正憲
3・4L
1・2
本間 章郎
3・4・5
松堂 啓子
1・2
1・2・3F・4
水野 宗久
4
陸路 正昭
3・4L
4L・5L
森山 賢一
1L・2・3L・4L
藪内 聡子
3
冬季
1・2・5
1・2F
※ 講義曜日・時限欄のFは前期,Lは後期を表します。(例:2・3F・4Lは2時限は通年・3時限の前期,4時限の後期)
※ 非常勤講師に質問がある場合は,学生教務課窓口に申し出てください。
30
夏季
1・2・3
吉岡 亮衛
渡辺 俊一
夏季
1・2L・3F・4F
中原 俊政
山野井 健五
夏季
3F・4
海老原 亨
篠原 徹
集中
4
雨宮 有
更科 加代子
金曜日
4
相沢 健実
大学紹介
校章・学旗
校章は,2001年10月学内で公募され,2002年3月に山崎哲史氏(2003年度卒業[情報文化学科]
)
のデザインが採用されました。
学旗は,その校章を用いて平成14年度に制定されました。
31
����������
q = 100 B ��
Â
4
[Ll & b 4
Â
[Ll & b ] ú
A
��
F
Ï
の!
で
の
F
い!
ま!
ひ!
きょ う は
は る か
Â
[Ll & b
B
��
ÏÏ ..
F onA
ÏÏJ úú
わ!
れ!
あ ____
か
Â
[Ll & b
B♭!
ら!
す
ぎ
____
り
B
C
F
ú
ú
l Ï
あ!
わ え
F onA
Ï.
���
ら!
が
い
B♭!
ÏJ Ï
Ï
た!
た
ち
!
A
Ï Ï l Ï.
�
ち!
か
そ
Dm
Ï
ら!
ま
く!
た
な
.
l ÏÏ .
と!
ゆ
B�
Î
l ú
l Ï
ú
��
B��m onD F onC
F
l Ï Ï Ï Ï Ï Ï l Ï.
C7
Ï
ú
Gm
Ï Ï ú
Ï
い!
は!
り!
の う
ま
ん
じょ
う
B♭!
C onB♭!
Â
[Ll & b
Â
[Ll & b
F onA
し!
く
ら
な!
び
こ
じ く う を こ
Ï
か!
と
の
l _ú .
に!
も!
べ!
C7
も!
な
ん!
し!
え
て!
こ! こ! に!
つ! ど! い!
い か な ___ る み ち
«
A 7onC# D m C # aug
C7
ÏJ Ï .
Î
l
Î
Ò
l
F
l Ï Ï Ï Ï Ï Ï l
F onC
Ò
ぬ!
C
か! ど! で! の! た!
お わ る こ と
わ が こ こ ろ
に!
Î
ぬ!
ぞ!
ひ ろ が ___ り や ま
Gm
_Ï
F onE♭!
F
Ï
l ÏÏ ÏÏ ÏÏ ÏÏ ÏÏ Ï ÏÏ l úú ..
Ï Ï bÏ Ï Ï Ï Ï Ï Ï.
l
l
!
Î
F
C7
く
る!
の
そ
伊藤 俊朗 作曲
米木 康志 編曲
Ïj l ú
B♭! B m7-5
あ! し! た! へ! の!
な ず む こ と
に!
は
Ï.
F
l Ï Ï Ï Ï Ï Ï l ú.
Î
C onE D # dim D 7
Ï
が! お!
り ぬ
は ね
Gm
ÏÏj úú
な
ÏJ Ï .
Ïj Ï
ろ!
あ
に
る
も!
く
C7
w
め!
な
な
Ò
に!
く!
れ!
F
Ïj l ú
Î
_Ï
}
Î
Ó
き!
ぐ!
Â
[Ll & b
32
♭!
B
��
Ï
F onA
Ï Ï ú
Gm
F
��
B��m onD
l Ï Ï Ï Ï Ï Ï l Ï.
�������
F onC
C7
ÏJ Ï .
F
Ïj l ú .
大学紹介
33
34
学生生活
学生生活
35
1.各種手続および相談(担当)窓口
窓口等利用案内
窓口および施設
窓口受付時間
場 所
連絡先
学生教務課
9:00~18:30
1号館1階(同フロア)
043-236-4612
キャリア課
9:00~18:30
1号館1階(同フロア)
043-236-4614
医務室
9:00~18:00
1号館1階(医務室)
,
5号館3階(学生相談室)
043-236-1109
ブックセンター
10:30~17:00
1号館1階フロア横
043-236-0094
証明書自動発行機
9:00~18:30
1号館1階事務局横
―
情報サービスセンター
(情報システム部)
9:00~18:30
1号館2階
043-236-4620
情報サービスセンター
(図書館部)
9:00~18:30
(ライブラリーゾーン9:15~20:00)
4号館2階(総合情報センター)
043-236-4617
食堂
11:00~15:00
2号館(食堂)
売店
8:30~20:00
3号館(体育館)
―
043-236-0224
*土・日曜日,祝祭日,大学の休業日には業務を行いません。
*長期休業中(春・夏・冬)の窓口時間は,HP・J-port・キャンパスナウ等でお知らせします。
*相談及び問合せは窓口で行うのが原則です。電話での確認・相談は控えてください。
授業担当教員への相談・質問
専任教員または非常勤講師が担当する授業科目に対して質問等がある場合,あるいはクラス担任に対して修学上や
生活上の相談等がある場合は,平成26年度講義曜日・時限(P28~P30)を参考に,直接担当教員の研究室を訪問し
てください。
なお,非常勤講師が担当する授業科目に対して質問等がある場合は,学生教務課窓口に申し出てください。
主な手続き
手続き及び相談の内容によって担当窓口が異なります。以下の一覧を参照し、指定の窓口に出向いて手続きをして
ください。掲載ページ欄にページの記載があるものは、そのページに詳細が掲載されています。
*届出内容の変更等
種 別
手続き等
担当窓口
掲載ページ
学生(本人)の住所変更
所定の手続きをとる(
「学生住所届」を再提出)
学生教務課
41
学生(本人)の携帯電話番号の変更
所定の手続きをとる
学生教務課
41
学生(本人)の氏名・本籍地変更
所定の手続きをとる
学生教務課
41
保証人・連絡人の住所変更
所定の手続きをとる
学生教務課
41
保証人・連絡人の変更
所定の手続きをとる
学生教務課
41
休学・退学・復学・再入学の相談
窓口に相談のうえ,所定の手続きをとる
学生教務課
38~39
担当窓口
掲載ページ
学生教務課
40
*学生生活全般
種 別
手続き等
①裏面シールの張替え
・年度更新時(毎年4月)
・記載事項変更時
学生証の更新等
②再発行[¥1,000]
自動発行機で申請書を発行し,窓口に申請
③仮学生証[¥500]※定期試験時のみ
自動発行機で申請書を発行し,窓口に申請
36
種 別
手続き等
担当窓口
掲載ページ
学生教務課
43
学生教務課
40~42
①新規申請
[車¥2,000バイク¥1,000]
安全運転講習会(学校主催:月2回)に参加し,
締切期限までに窓口提出
②継続申請
※年1度更新
締切日:毎年5月末
③再発行(紛失した場合など)
[車¥1,000 バイク¥500]
自動発行機で申請書を発行し,窓口に申請
④登録車両変更
窓口で申し出でをし,変更する任意保険証を提出
各種証明書・学割証の発行
自動発行機により発行する
(学割証は1人年間10枚まで)
J-portの利用
窓口に相談する
学生教務課
56
アパート等の住居相談
窓口に相談する
学生教務課
48
アルバイト紹介
学生教務課掲示板で情報を確認のうえ,
直接申し込む
学生教務課
48~49
悩み等の個別相談
事前に医務室へ申し込み,カウンセリングを受ける
学生教務課
50
学内,通学途中でのケガ
窓口で,学研災の事故報告・保険請求手続きを行う
学生教務課
52~53
学生教務課
―
担当窓口
掲載ページ
学生教務課
45
学生教務課
47
遺失物,拾得物
学生教務課横ケースにて3ヶ月間保存
※3ヶ月以降は処分
*学費および奨学金
種 別
学費納付の延納手続
奨学金
日本学生支援機構奨学金制度
手続き等
『学費延納願』を窓口にて配布・提出
学生教務課主催の説明会(毎年4月のみ)に参加
し,申請
特待生制度
学業成績優秀者を大学が選抜
学生教務課
47
その他の奨学生制度
窓口にて相談,申請
学生教務課
47~48
担当窓口
掲載ページ
学生教務課
138~139
*課外活動
種 別
新規結成
教室等の学内施設の利用
休日の活動
合宿
各部・サークルへの配布物
掲示物の扱い
手続き等
学友会主催の説明会(年2回)に参加し,申請・
承認
HP「各種届出・様式ダウンロード」より『施設利
用許可願』を窓口に提出
HP「各種届出・様式ダウンロード」より『施設利
用許可願』を窓口に提出
HP「各種届出・様式ダウンロード」より『合宿届』
を窓口に提出
6号館(学生会館)1階、総務部執行委員会部室
横のポスト
職員確認後,了承印が押印されているもののみ所
定の掲示場所へ掲示
37
学生生活
窓口にて書類配布・提出
車両による通学・入構
*授業および資格に関すること
種 別
手続き等
担当窓口
掲載ページ
履修登録に関する相談
窓口に相談する
学生教務課
63~65
試験・成績評価に関する相談
窓口に相談する
学生教務課
65~69
授業に関する相談
窓口に相談する
学生教務課
71~126
資格試験等の相談
窓口に相談する
キャリア課
―
スコーラ
窓口に相談する,各スコーラ担当教員が対応
キャリア課
153
ノートパソコン
使用方法の相談
PCサポートデスクに相談する
情報セ
―
故障等の相談
PCサポートデスクに相談する
情報セ
―
貸し出し
窓口で相談後,許可を得た者に貸し出す
情報セ
―
修理のための書類配布
窓口で受取る
学生教務課
―
情報セ
161~163
情報セ
161
コンピュータ・ネットワークの利用
ネットワーク利用許可証の再発行
窓口に相談する
再発行申請書を発行(有料)し窓口に提出する
講習会(週1回開催)へ参加する
※情報セ:情報サービスセンター
*就職及びキャリア教育に関すること
種 別
手続き等
担当窓口
掲載ページ
就職活動の相談
窓口に相談する
キャリア課
149~150
就職支援行事の相談
窓口に相談する
キャリア課
148
キャリア課
149
求人情報・企業情報の閲覧
就職資料室(キャリア課)で閲覧する
J-portの求人情報検索を活用する
インターンシップの相談
窓口に相談する,
インターンシップ担当教員が対応
キャリア課
149~150
J-Naviカードの活用
窓口に相談する
キャリア課
―
2.学籍について
修業年限(学則第21条)
学部学生の修業年限は4年ですが,通算して8年を超えて在学することはできません。
ただし,再入学者については,再入学以前の在学年数を加えて8年を超えることができません。
大学院の修業年限(大学院学則第5条)
博士前期課程の学生の修業年限は2年ですが,通算して4年を超えて在学することはできません。また,博士後
期課程の学生の修業年限は3年ですが,通算して6年を超えて在学することはできません。
休学(学則第25条)
病気その他やむを得ない事由のため3ケ月以上修学することができない場合は,保証人連署のうえ願い出て,許
可を得て休学することができます。
なお,休学の事由が病気であるときは,医師の診断書を添付してください。
(1)休学期間
① 休学年数は,通算して4年を超えることができない。
② 休学年数は,在学年数に算入しない。したがって,休学した翌年度は原級となる。
③ 休学期間が次年度に亘る場合は,各年度ごとに休学の手続きを行うものとする。
④ 休学願を取り消す場合は,速やかに申し出ること。
38
(2)休学期間中の授業料
① 4月から1年間の休学の場合………授業料は半額とする。
② 学年途中の休学の場合休学の翌月から月割計算により半額とする。
復学(学則第25条)
休学者は,休学期間終了の2週間前までに保証入連署のうえ願い出て,許可を得て復学することができます。
原則として3分の2以上の出席がなければ受験できません。
退学(学則第27条)
都合により修学できなくなったときは,保証人連署のうえ願い出て,許可を得て退学することができます。
その際は,必ず学生証を添付しなければなりません。
除籍(学則第29条)
下記の事項に該当する者は,除籍されます。
(1)本学において修学する意思がないと認められる者
(2)督促を受けた滞納学費を,指定された期限までに納入しない者
(3)所定の在学年限を超えた者
(4)所定の休学年限を超えた者
(5)死亡した者,または行方不明の者
再入学(学則第30条)
願いにより退学した者または前述『除籍(学則第29条)』の(1)または(2)により除籍された者が再入学を
願い出た場合には,選考のうえ,相当年次に再入学を許可することがあります。
(1)再入学の願い出ができる期間は,除籍の場合,除籍となった日から1年以内とする。退学の場合はこの限りと
しない。
(2)再入学できる時期は年度の始めとする。
(3)再入学を許可された者の退学または除籍前に修得した科目の単位は,特別の場合を除き認定する。
39
学生生活
休学期間中であってもその事由が止んだときは,復学することができます。ただし,その学年に行われる試験は,
3.学 生 証
学生証の確認・裏面シールの記入
学生証を受け取ったら,学籍番号・学科・氏名・生年月日など記載事項に誤りがないか確認して下さい。確認後,
裏面シールに必要事項を記入して下さい。(通学定期券購入時に必要)
記載事項に誤りがある場合は,ただちに学生教務課に申し出て下さい。
学生証は常時携帯
学生証は,あなたが東京情報大学の学生であることを証明するものです。他人に貸与したり,譲渡したりしては
いけません。また,次のような場合は必ず提示できるよう“常時携帯"して下さい。
① 定期試験 ② 成績表配布
③ 証明書・申請書の発行 ④ 遺失物等の受け取り
⑤ 通学定期券の購入 ⑥ 課外活動等用具及び図書の貸出し
⑦ その他,本学教職員から提示を求められたとき
学生証を紛失・破損したとき
学生証を紛失又は破損,汚損したときはただちに学生教務課へ申し出て再交付の手続きをしてください。その際,
自動発行機で発行する申請書(1,000円)が必要となります。
また,学生証を紛失したときは悪用されることがあるため,念のため警察に届け出をして下さい。
試験当日学生証を忘れたとき
定期試験の時に学生証を忘れた場合には,学生教務課へ申し出て「仮学生証」(当日のみ有効)発行の手続きを
して下さい。その際,申請書代金(500円)が必要となります。
学生証の裏面シールは年次更新
裏面シールは在籍確認の証であり有効期限は1年間です。裏面シールを更新しないと学生証が無効になりますの
で,年度始めに新しい裏面シールに貼り替えて下さい。
なお,有効期間内であっても,通学定期乗車券発行控欄に記載できなくなったときは,その都度学生教務課へ申
し出て貼り替えて下さい。
4.通学定期券を購入する場合
通学定期券を購入する場合は,定期券販売窓口で購入申込書に学生証を添えて購入して下さい。
通学経路が,二つ以上の会社の路線にまたがる場合は,居住地または大学の最寄駅の指示に従って下さい。
また,京成バス株式会社ではJR千葉駅から東京情報大学までの直行バス(ノンストップバス)を運行
(路線化)
しています。
(所要時間25分程度です。)
利用する学生は,京成バスの定期券販売窓口で購入することができる,京成バス利用共通パス(キャンバスライ
フ,年間61,700円)が,定期券を購入するよりも安価となりますので,購入をお勧めします。
なお,直行バスの運行予定は以下のとおりとなっていますが,大学の休日及び休業期間中は運行していませんの
で,ご注意ください。
【運行時間】(予定)
○往路:JR千葉駅発⇒東京情報大学行き
○復路:東京情報大学発⇒JR千葉駅行き
出発時刻(JR千葉駅 発)
出発時刻(東京情報大学 発)
8:20 8:30 10:20 12:15
40
14:50 15:00 16:30 16:40
5.住所変更等
学生(本人)住所,電話番号(自宅・携帯)が変わったとき
大学から直接学生諸君に連絡することがあります。転居等により住所,電話番号(携帯電話含む)が変わった場
合は,「学生現住所届」を学生教務課まで提出して下さい。
学生生活
学生(本人)の氏名・本籍地および保証人(連絡人)の情報が変わったとき
変更手続きに必要な書類を用意し,学生教務課へ提出して下さい。
所定の届出書類は学生教務課で配付しています。
変更内容
手続書類等
学生氏名
改姓(名)届,誓約書,個人調査票変更届,戸籍抄本
本籍地
個人調査票変更届,学生氏名・本籍地が記載されている住民票
保証人(連絡人)の住所変更
保証人住所変更届
保証人(連絡人)の変更
誓約書,個人調査票変更届,保証人・続柄が記載された住民票
6.証明書・申請書の発行(自動発行機)
証明書・申請書の種類等
証明書・申請書の大半は,各自が自動発行機を操作のうえ発行することになります。
区分
名 称
証明書
担当
@手数料金額
在学証明書(和・英)/大学院・学部
学生教務課
和:200円,英:500円
成績証明書(和・英)/大学院・学部
学生教務課
和:200円,英:500円
卒業見込証明書(和・英)/学部
学生教務課
和:200円,英:500円
卒業見込・成績証明書(和)/学部
学生教務課
200円
修了見込証明書(和・英)/大学院 ※
学生教務課
和:200円,英:500円
健康診断証明書(和)/大学院・学部
学生教務課
200円
学割/大学院・学部(原則1日4枚,年間10枚まで) 学生教務課
無料
申請書
追試験申請(受付期間のみ)
学生教務課
2,000円(1科目)
入構許可申請/自動車(受付期間のみ)
学生教務課
2,000円
入構許可申請/自動二輪・原付(受付期間のみ)
学生教務課
1,000円
入構許可証再発行/自動車(許可者のみ)
学生教務課
1,000円
入構許可証再発行/自動二輪・原付(許可者のみ)
学生教務課
500円
学生証再発行
学生教務課
1,000円
仮学生証発行(定期試験期間のみ)
学生教務課
500円
ネットワーク利用許可証再交付申請
情報セ
2,000円
注)和:和文証明書,英:英文証明書
注)情報セ:情報サービスセンター
※ 博士前期課程のみ
発行機操作手順(概略)
(1)画面に表示される以下の手順に従って,操作してください。
① 発行機に学生証を挿入する。
(仮学生証発行及び学生証再発行申請の場合は,
学生教務課窓口へ来て下さい。)
② パスワードを入力する。
(初めて利用する場合は,学生教務課に確認して下さい。)
③ 必要な証明書(又は申請書)の種類と部数を入力する。
41
④ 画面に表示される入力内容を確認する。(発行後の手数料の返金はできません。)
⑤ 画面に表示される合計手数料を入金する。
⑥ 発行された証明書(又は申請書)を受け取る。
⑦ 申請書は,該当の所管部署の窓口へ提出する。
⑧ 卒業生は,発行された申請書を学生教務課窓口に提出する。(本人以外には証明書を発行できません。)
(2)証明書用の封筒は,室外に用意してあります。(封緘印が必要な場合は,学生教務課窓口で貸し出します。)
(3)不明な点は学生教務課窓口で確認してください。
利用時間
月曜~金曜 9:00~18:30(大学の休業日を除く)
*長期休業中(春・夏・冬)の利用時間は,変更になることもあります。J-portで確認してください。
諸注意
◆健康診断証明書など発行期間,発行対象者が限定されるものもあるので,予め確認すること
◆学割証は1枚ずつ発行すること(紙づまり防止のため)
◆悪用されないよう,学生証及びパスワードの管理には留意すること
◆誤発行しないよう,操作は慎重に行うこと
7.学割証
学割証とは
学生旅客運賃割引証の略称で,JRの鉄道,航路又は自動車線のいずれかの区間を,100㎞を越えて旅行する場合,
普通乗車券に限ってJR・連絡社線とも全区間を2割引きで利用できるものです。
なお,学割証は学生の自由な権利として使用することを前提としたものではなく,修学上の経済的負担を軽減し,
学校教育の振興に寄与することを目的として実施されている制度ですので,以下の目的をもって旅行する必要があ
ると認められる場合に限り,発行することができます。
(1)休暇,所用による帰省
(2)実験実習並びに通信による教育を行う学校の面接授業及び試験などの正課の教育活動
(3)学校が認めた特別教育活動又は体育・文化に関する正課外の教育活動
(4)就職又は進学のための受験等
(5)学校が修学上適当と認めた見学又は行事への参加
(6)傷病の治療その他修学上支障となる問題の処理
(7)保護者の旅行への随行
発行方法
各自が自動発行機を操作して発行します。原則1回の発行は4枚以内(1枚ずつ発行すること)で有効期間は発
行日から3ヶ月,原則1人年間10枚まで発行が可能です。
使用上の注意
◆交付された学割証は,期限切れ又は計画変更等の理由で返却しても再交付は行いません。
◆学割証は,記名人に限って使用できるもので,他入に譲渡して使用させることはできません。
◆購入する時は学生証を必ず携帯すること。
◆学割証で購入した割引乗車券を,他人に譲渡して使用させることはできません。
◆割引乗車券で乗車する場合は,必ず学生証を携帯しなければなりません。
上記に違反した場合は,不正使用となり普通運賃の3倍に相当する額の追徴金を徴収されるだけでなく,本学の
信用が損なわれ,発行停止処分を受けることになります。
42
8.団体旅行割引証
課外活動や研究活動等で旅行するとき,学生8名以上で本学教職員が引率する場合に適用されます(乗車券代の
5割引)
。
申込みは,JR及びJR指定業者から指定の用紙をもらい,学生教務課で証明を受けてください。申込期間は,列
車,連絡船は出発日の9ヶ月前から14日前までです。
学生生活
9.車両通学
本学は車両(自動車・自動二輪車・原動機付自転車)による通学を許可しています。希望者は,大学主催の「安
全運転講習会」(月2回開催)に必ず参加して下さい。不参加かつ未許可のまま通学した場合,学則上の処分を含
め厳格に対処します。また,学生駐車(輪)場以外の駐車(輪)
,学内走行は禁止です。(参照:P.211「東京情報
大学車両通学要領」
)
また,毎年本学学生の関係する交通事故が多発しています。交通事故は当事者間の責任となりますので,通学途
上はもちろん,日常生活においても常に安全運転を心掛け,事故防止に努めてください。本学では車両通学許可の
絶対条件として「任意保険の加入」を義務付けています。学内での車両に関するトラブル(盗難・あて逃げ等)に
ついて,本学は一切の責任を負いません。各自自己管理を徹底してください。
なお,近年,自転車の交通法規違反,未整備車両の事故等が社会問題となっています。大学では,許可制をとっ
ていませんが,自転車通学についても交通法規等を遵守してください。
申請許可手順
① 大学主催の「安全運転講習会」に参加
② 必要書類を締切期限までに学生教務課に提出
③ 許可証の交付
自動車:入構許可証(紙)
自動二輪車・原動機付自転車:入構許可シール
申請期間・更新
許可期間:交付日~翌年度5月末
更新締切日:毎年5月末
※更新を希望する場合は,学生教務課窓口にて申請書類を配布します。
臨時許可証
課外活動(翔風祭時など)や本人の申請等でやむを得ない場合,期間を限定し,臨時許可証を交付する場合があ
ります。学生教務課窓口にて相談をして下さい。
10.学内施設・貸出し用具
学内施設はそれぞれ決められたルールに従って利用してください。また,学生教務課では運動用具や自転車の空
気入れ等の貸出しを行っています。希望者は学生証を提示して申し込んでください。
学内施設の利用
学内施設の利用可能時間は下記のとおりです。いずれも休日及び大学の休業日を除く月曜日から金曜日に限りま
す。夏季及び冬季における学生の休業期間中は変更となる場合がありますので,事前に確認して下さい。なお,保
守管理の都合上テニスコート及び野球場の一般学生への貸し出しは行っていません。(詳しいことはP.213「東京
情報大学学生会館使用要領」,P.214「東京情報大学部室及び同好会室使用要領」,P.215「課外活動における教室使
用要領」P.216「東京情報大学体育館アリーナ使用要領」を参照)
43
施設名
利用時間
利用上の注意
6号館(学生会館ピオーネ)
8:00~22:00
共用施設(多目的ホール,和室,会議室)の利用はゼミ
及び学友会各団体に限る。
事前の届け出が必要
3号館(体育館)アリーナ
9:00~20:00
ゼミ及び学友会各団体に限る。
学生会館前広場
9:00~20:00
ゼミ及び学友会各団体に限る。
部室及び同好会室
8:00~21:00
学友会団体に限る。
教 室
16:30~19:00
ゼミ及び学友会各団体に限る
事前の届け出が必要
コンピュータ実習室のオープン
利用
9:00~21:00
授業に使用しない時間帯に限る。
(P.222参照)
4号館(総合情報センター)「ラ
イブラリー・ゾーン」の利用
9:15~20:00
「情報サービスセンターについて」を参照の事(P.158参
照)
※休日,夜間等に利用する場合は全ての施設で事前に届け出が必要
運動用具の貸出し
学生教務課にある貸出し表に記入すれば,使用責任者の学生証と引き換えに貸出します。
現在用意してあるのは,ソフトボール用具,サッカーボール,バレーボールなどですが,数に限りがあり利用者
も多いことから常時使用できるとは限りません。
使用後は,直ちに返却してください。
空気入れ等の貸出し
自転車利用者のために「空気入れ」と「潤滑油」を用意しています。希望者は(学生教務課窓口で)学生証を提
示してください。
11.スクールバスの利用・申込
ゼミ活動・研究室の研修旅行・課外活動団体の試合・合宿などへ出かける場合,以下の要領に従って大学のスクー
ルバスを利用することができます。(原則としてゼミ担当教員・部長・顧問の引率を必要とします。)
なお,詳細については学生教務課窓口で問い合わせください。
運行の条件
(1)乗車人数
20人以上55人以下
(2)運行時間
1日8時間以内
(3)運行地域
関東圏内および宮城県・福島県・山梨県・新潟県・静岡県・愛知県・岐阜県
申込方法・許可
(1)利用申込
利用申込期間は,利用希望日の4ヶ月前から3週間前までに,
「スクールバ
ス利用願」を学生教務課へ提出してください。
(2)利用許可
バスの利用目的・空き状況等を確認後,
「スクールバス利用許可書」を発行
します。
(利用できない場合もあります。)
利用料金
(1)燃料代
走行距離1㎞につき130円
(2)運行者委託費用
1日につき10,000円
(3)有料道路・有料駐車場代
実費負担
(4)運転者宿泊代
実費負担
(5)その他運行に要した諸費用 実費負担
44
12.学費納入
学費の納入方法
(1)分割納入
学費のうち授業料,整備拡充費および実習演習費については,1年分を2回に分けて,分納1回目を4月に,
分納2回目を9月に納入することができます。
せん。
(2)納入通知
納入方法・納入期日については,大学(総務課)から保証人(父母等)宛に,文書をもって通知します。
休学者についての取り扱い
休学した場合の授業料・実習演習費は,以下の計算式により算出します。
なお,授業料・実習演習費以外の学費は,減額の対象とはなりません。
授業料
(年間授業料の半額/12)×在学月数+年間授業料の半額
実習演習費 (年間実習演習費/12)×在学月数
復学者についての取り扱い
休学期間が終了し,年度の始めに復学した学生の学費は,復学した学年にかかわらず在籍することとなった学年
の学費と同額とします。
なお,学年途中で復学した学生の授業料は,復学した月から月割計算した額とします。
原級者についての取り扱い
原級となった場合の学費は,原級した学年にかかわらず在籍することとなった学年の学費と同額とします。
留年者についての取り扱い
学部4年次において留年した場合の学費は,当該年度の4年次の学費と同額とします。
また,博士前期課程2年次,博士後期課程3年次において留年した場合の学費は,留年した学年の学費と同額と
します。
再入学者についての取り扱い
再入学した学生の学費は,再入学する学年の納付額と同額とします。
学費延納願
災害,倒産,家計支持者の死亡等『特別な事情』により,学則に定められた期日までに納入できない場合は,
所定の手続きにより承認された場合に限り,納付期限から起算して3ヶ月以内の延納を許可しています。手続き
は『学費延納願
(所定様式)
』に理由を明記し,学生(本人)・保証人連署のうえ,学生教務課窓口へ申請して下さ
い。
(担当窓口:学生教務課)
45
学生生活
なお,1年分の学費を前期に一括納入し,学年の途中で退学した場合等には,原則として学費の返還はできま
在学中の学費
総合情報学部〈平成23年度以降入学者に適用〉
入学金
授業料
実習演習費
(単位:円)
学生
厚生費
整備拡充費
分納1回目分 分納1回目分 分納1回目分
1年次 270,000
90,000
45,000
365,000
分納2回目分 分納2回目分
分納2回目分
90,000
45,000
365,000
22,500
90,000
45,000
380,000
分納2回目分 分納2回目分 分納2回目分
90,000
45,000
380,000
12,500
3年次
90,000
45,000
395,000
分納2回目分 分納2回目分 分納2回目分
12,500
90,000
45,000
395,000
分納2回目分 分納2回目分 分納2回目分
270,000
3,100,000
360,000
12,500
90,000
45,000
410,000
合計
90,000
45,000
410,000
720,000
後援会入会金
10,000
後援会費
10,000 分納1回目分 829,500
校友会入会金
5,000 1年分
学友会費
10,000
合計
37,000
1,329,500
2,000
後援会費
10,000 分納1回目分 559,500
学友会費
20,000 1年分
合計
32,000
1,074,500
2,000
後援会費
10,000 分納1回目分 574,500
学友会費
20,000 1年分
合計
32,000
教育振興会費
分納1回目分 分納1回目分 分納1回目分
4年次
2,000
教育振興会費
分納1回目分 分納1回目分 分納1回目分
合計
教育振興会費
教育振興会費
分納1回目分 分納1回目分 分納1回目分
2年次
その他の諸会費
2,000
後援会費
10,000
校友会終身会費
15,000
学友会費
20,000
合計
1,104,500
分納1回目分 604,500
1年分
1,149,500
47,000
60,000
148,000
4,658,000
*原級・留年者の納付金は,当該学生が在籍することになった学年の額を徴収する。
*編入学生の納付金は,原則として,編入学した学年が適用を受けている学則によって定められた学年の額を徴収する。
大学院〈平成23年度以降入学者に適用〉
入学金
授業料
分納1回目
博士前期課程
1年次
270,000
合計
1年次
分納2回目
390,000
合計
270,000
75,000
分納2回目
405,000
1,590,000
80, 000
320,000
分納1回目
420,000 75,000
分納1回目
80,000 50,000
分納2回目
分納2回目
420,000
80,000
分納1回目
435, 000 50,000
分納2回目
分納1回目
450,000 分納1回目
80,000 50,000
分納2回目
分納2回目
2,610,000
80,000
480,000
2,000
校友会入会金
5,000
合計
7,000
教育振興会費
2,000
校友会終身会費
15,000
合計
17,000
24,000
1年分
1,367,000
分納1回目分 577,000
1年分
1,137,000
2,504,000
教育振興会費
2,000
校友会入会金
5,000
合計
7,000
合計
分納1回目分 827,000
1年分
1,377,000
2,000 分納1回目分 567,000
2,000 1年分
50,000
教育振興会費
2,000
校友会終身会費
15,000
合計
17,000
300,000
*原級・留年者の納付金は,当該学生が在籍することになった学年の額を徴収する。
46
分納1回目分 822,000
1,132,000
50,000
分納2回目
450,000
教育振興会費
50,000 教育振興会費
分納2回目
80,000
合計
分納1回目
80,000 分納2回目
435,000
その他の諸会費
300,000
分納2回目
3年次
分納1回目
80,000 分納2回目
分納1回目
博土後期課程
75,000
分納2回目
2年次
80,000
分納1回目
405,000 分納1回目
博士後期課程
75,000
分納2回目
270,000
270,000
分納1回目
80,000 分納1回目
博士後期課程
分納1回目
整備拡充費
分納2回目
2年次
演習費
390,000 分納1回目
博士前期課程
(単位:円)
26,000
分納1回目分 597,000
1年分
1,177,000
3,686,000
13.学内の奨学金制度
特待生制度
人物・学業成績ともに優秀な学生に対して,授業料の半額を免除する制度です。
この制度は,大学が毎年度ごとに成績優秀者の中から一定数選抜するものです。採用された場合は本人及び保証
人宛に通知します。[P.199「東京情報大学特待生細則」参照]
昨今の深刻な経済不況により,
経済的な理由で修学困難な事情が生じた学生に対し授業料の半額を免除する制度です。
なお,この制度に申請するにあたり申請基準がありますので,条件を確認したうえで,学生教務課窓口でご相談
ください。[P.201「東京情報大学奨学生規定―セーフティーネット制度―」参照][P.202「東京情報大学奨学生
規程細則」参照]
東京情報大学提携教育ローン制度
本学では,在学生専用の教育ローンとして,金融機関との提携を行い「提携教育ローン制度」を行っています。
これは,大学が行う奨学金制度等の付帯サービスとして行うもので,一般の教育ローンよりも「手続きの簡素化」
,
「優遇金利」等のサービスを提供できるものとなっています。
利用にあたっては,学生教務課窓口でご相談ください。
14.学外の奨学金制度
学業・人物ともに優秀で経済的理由により修学が困難な学生に対して,各種の奨学金制度があります。本学で取
り扱っている奨学金には,本学独自の奨学金の他に都道府県・市町村等地方公共団体の奨学金等があります。
日本学生支援機構奨学金
日本学生支援機構の奨学金には,第一種奨学金
(無利子)
と第二種奨学金
(有利子)の二種類があり,場合によっ
ては併用して貸与を受けることも可能です。奨学生の採用は,日本学生支援機構が直接行うのではなく,大学を通
じて行われます。本学では毎年4月(定期採用)に『日本学生支援機構奨学金説明会』を開催し,奨学金の説明と
申込書の配布を行いますので,貸与を希望する方は必ず参加して下さい。
[奨学金の概要]
種類
貸与金額(平成26年度入学者)
学部
第一種奨学金
自 宅:3万,5万4千円/月
自宅外:3万,6万4千円/月
博士前期:5万,8万8千円/月
大学院
博士後期:8万,12万2千円/月
学部
3万円,5万円,8万円,
10万円,12万円の中から選択
大学院
5万円,8万円,10万円,
13万円,15万円の中から選択
第二種奨学金
利子
無利子
推薦・選考内示数(平成25年度定期採用実績)
1年次生:12名※2
2年以上:2名※2
博士前期課程:0名
博士後期課程:0名
1年次生:39名
※1 2年以上:5名
有利子 博士前期課程0名
博士後期課程0名
※1 年3%を上限とした金利(
「 固定・変動」選択可)です。金利は卒業後の返還時にかかるため,在学中
は金利がかかりません。
※2 1年次生:高校2~3年の成績の平均が3.5以上の者
2年次生以上:大学の成績が申請本人の所属する学科の上位1/3以内の者
その他の奨学金
各都道府県・市区町村等により募集の時期・方法等が異なりますので,大学に募集依頼がありしだい J -portで
お知らせします。また,大学に連絡のない奨学団体もありますので出身地の市区町村などに各自直接問い合わせを
して下さい。また,他団体に奨学金を申込み,学校の推薦状が必要な場合は,募集要項を持参の上,学生教務課ま
で申請して下さい。
47
学生生活
東京情報大学奨学生制度 ―セーフティーネット制度―
15.学生生活をバックアップ
食堂・ブックセンター・売店
キャンパス内に,学生,教職員のために下記の施設が設けられており,食堂内には自販機コーナーも置かれてい
ます。なお,食堂は全てセルフサービスになっていますので,食後の食器は各自で返却コーナーへ戻して下さい。
また,昼食時間帯は大変混雑しますので,次の利用者のためにも食事終了後はなるべく早く席を空けるようにし
て下さい。
名 称
営業時間(月~金)
食 堂
11:00~15:00
ブックセンター
10:30~17:00
売 店
8:30~20:00
サブウェイ
9:00~17:00
アパート紹介等住居
アパート居住の希望者に対しては近隣の不動産業者を紹介しますので,学生教務課窓口に申し出て下さい。また,
入居中のトラブルについてはいつでも遠慮なく相談して下さい。
このところ,本学の学生が入居しているアパート付近の住民の方から,夜遅くまで騒がしい,ゴミの始末が悪い,
自動車やバイクの迷惑駐車が多いなどの苦情が少なからず大学に寄せられています。自宅を離れてアパートに住む
と世帯主としての責任もあります。地域の一住民として地域社会に融合した生活を心がけてください。
なお,悪質と思われる行為をしている者については,学生教務課に呼出し厳重に注意します。
アルバイト紹介
学生生活を維持するためにアルバイトをする必要のある学生に,アルバイトを紹介しています。
学生教務課では,学生に相応しい職種や業種をできる限り紹介するようにしています。アルバイトの目的は人そ
れぞれですが,学業や生活を犠牲にしてまで行うことはやはり避けなければなりません。
なお,新入生はできるだけ学生生活のリズムができてからアルバイトを行うようにして下さい。
◎アルバイトの紹介方法
「アルバイ卜求人票」を1号館(本館棟)映像演習室(121)の“学生教務課掲示板”に掲示します。就労条件
を確認して直接求人元と連絡をとってください。
◎学生にふさわしくない職種
① 危険をともなうもの………………自動車,バイクの運転
高所での作業
経験を要する機械作業
有害な薬物等の取扱作業
② 法令に違反するもの………………マルチ,ネズミ講商法など
③ 教育的に好ましくないもの………風俗営業の現場作業
ギャンブル場内の現場作業
セールス,勧誘
深夜(夜10時以降)におよぶ勤務
選挙の応援に関する業務
48
④ その他………………………………ア)人命にかかわる恐れのあるもの
イ)明らかに勉学に支障をきたす内容のもの
ウ)労働条件が不明確なもの
エ)出来高制で最低賃金の保障のないもの
学生教務課では,以上のような職種については,求人受付を制限しています。
アルバイト・求人情報サイトや求人情報誌などには,このような求人もかなり多く,トラブルのもとになって
学生生活
いるようです。大学以外の紹介でアルバイトを行う場合も上記の職種は避けるよう注意してください。
◎トラブルが生じた場合
アルバイト先で(大学の紹介先でなくても)トラブルが生じた場合は,学生教務課窓口で相談して下さい。
16.悪徳商法にご用心
若者を狙う悪徳商法は様々な手口で君たちを狙っています。「こまったな,どうしよう」
,
「ちょとへんだぞ」
,
「おかしい」などと思ったら絶対にサインしないでください。また,万が一契約した(契約させられた)場合でも
『クーリング・オフ』制度で解約できる場合がありますので,決して泣き寝入りしないで,できるだけ早く学生教
務課か消費者センターに相談して下さい。
※参考までにクーリングオフができるのは,申込日から8日以内です。
悪徳商法の手口
◆電話で呼出す………「アポイントメント商法」
◆路上で声をかけてくる………「キャッチセールス商法」
◆割りのいいバイトがあると誘う………「マルチ(まがい)商法」
「友人を誘うだけで金もうけができる」,「月収100万円も夢ではない」という話に注意が必要です。
◆その他………「デート商法」
,
「かたり商法」
,
「レン夕ルビデオ商法」
,
「架空請求」
(注)大学が保護者等に学生の電話番号を尋ねることはありません。不審電話に気をつけましょう。
悪徳商法に引っかからないための6か条
① 簡単にドアを開けずに名前と目的を聞こう
② うますぎる話には落とし穴があると疑う
③ あいまいな話はせず,勇気をもってはっきりと「いりません!」と言う
④ 一人で決めずに,家族や知人に相談する
⑤ 簡単に書くな署名,押すな印鑑
⑥ すぐにお金を払わずに,『クーリング・オフ』制度 ※を有効に使う
※商品が不必要であると判断した時,一定期間内(契約書面受領日から20日以内)であれば消費者から業者に対
し,一方的に無条件で「申し込みの撤回」
「契約の解除」ができる制度。ただし,一定の条件を満たす必要が
あります。
被害にあいそうになったら
□相談窓口
◎千葉市消費生活センター 消費者相談電話 043-207-3000
月~金,第2・4土曜日 9:00~16:30(日祝日と年末年始を除く)
http://www.city.chiba.jp/shimin/seikatsubunka/shohi/index.html
◎千葉県消費者センター 消費生活相談窓口
電話 047-434-0999 / ファクス 047-431-3858
月~金 9:00~16:30
土 9:00~16:00(日祝休日と年末年始を除く)
http://www.pref.chiba.lg.jp/customer/index.htm
49
17.健康管理
本学では,学生及び教職員の健康の保持増進を図るために医務室を設けて,学校保健安全法に基づく定期健康診
断の実施,伝染病予防対策の実施等を行うほか,心と身体の健康相談等も行っています。
医務室では,学校医,看護師が在室し健康相談等に応じています。また,医務室内の学生相談室(カウンセリン
グルーム)では専門のカウンセラーが相談に応じてますので,気軽に相談してください。
医務室
開室時間:9:00~18:00〈休憩 11:30~12:30〉
※開室時は看護師が待機しています。
※学生の長期休暇期間は,原則として閉室となります。閉室時は学生教務課窓口に申し出てください。
健康相談:隔週火曜日 13:00~16:00
学校医(嘱託)が健康相談にあたります。
学生相談室(カウンセリングルーム)
申込方法:直 接学生相談室(カウンセリングルーム)または医務室で利用申込を行うか,電話(学生相談室:
TEL043-236-1194,医務室:TEL043-236-1109)利用申込を行う。又は,担任教員に相談し,教員を通じて
申込む。
相談場所:5号館3階学生相談室(カウンセリングルーム)
相談日時:原則として週5回実施【本年度は,月~金曜日の10:30~16:30】
(学生の長期休業期間は,原則閉室)
※詳細日程等は,学生相談室または医務室前掲示板に掲載しています。
相談内容:○大学生活全般について(学業,進路,課外活動,友人関係)
○自分の性格や適正,能力等について
○人生観や価値観,家族や家庭等のことについて
○心身の健康(不安・うつ状態・対人ストレスなど)について
そ の 他:相談者の秘密は絶対に守ります。学生のみではなく,父母(保護者)からの相談もお受けしています。
定期健康診断
毎年所定の時期(4月)に定期健康診断を実施します。
この健康診断は,学校保健安全法に基づき学生の健康増進と学内保健管理のために行われるものであり,必ず受
けなければなりません。検査結果に所見のある学生については,精密検査の受検などの指示を与え,早期に疾病の
発見をすることに努めています。
健康診断証明書発行について
定期健康診断を受診した学生には「健康診断証明書」を発行することができます。
学校において特に注意すべき感染症について
大学では,感染症の流行を防ぐために,大学が病気になった学生を出席停止にしたり,臨時休講にすることがあ
ります。これは学校保健安全法に規定されており,学校保健安全法施行規則では,次頁の感染症が指定されていま
す。
大学は集団生活の場であり,感染症等が流行しやすい環境です。感染症と診断されたら速やかに医務室に連絡し,
原則医師が感染のおそれがないと認めるまで登校しないようにしてください。
(出席停止となります!)
なお,これらの感染症が治り医師による登校が認められた場合は,証明となるもの(治癒証明書,罹患証明書
等)を医務室に提出してください。
50
【学校保健安全法施行規則に規定されている感染症の種類・出席停止の期間の基準】
感染症の種類
出席停止の期間の基準
第1種 まれだが重大な病気
第2種 空気感染なので放置すれば学校で広がってしまう病気
インフルエンザ
(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く。)
発症した後5日を経過し,かつ,解熱した後2
日を経過するまで
百日咳
特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗
菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか)
解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ・ムンプス)
耳下腺,顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後
5日経過し,かつ,全射状態が良好になるまで
風疹(ふうしん,三日ばしか)
発しんが消失するまで
水痘(水ぼうそう)
すべての発しんが痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プール熱)
主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核,髄膜炎菌性髄膜炎
医師において感染のおそれがないと認めるまで
第3種 空気感染ではないが放置すれば学校で広がってしまう可能性がある病気
コレラ,細菌性赤痢,腸管出血性大腸菌感染症(O-
157)
,腸チフス,パラチフス,流行性角結膜炎、急
性出血性結膜炎(アポロ病)
,その他の感染症[溶
医師が伝染のおそれがないと認めるまで
連菌感染症,ウィルス性肝炎,手足口病,伝染性紅
斑,ヘルパンギーナ,マイコプラズマ感染症,流行
性嘔吐下痢症(ノロウイルス)
]
予防接種について
健康で有意義な学生生活を送れるようにするためには,各自感染症に関する予防接種の状況を把握しておくこと
が重要です。
本学では,感染予防対策として,入学時に,学校等集団生活で流行しやすい感染症
(麻疹・風疹)について,既
往歴,予防接種歴を調査しています。
必ず保護者または母子手帳で確認をお願いします。
【調査内容等】
① 感染症名:麻疹・風疹
② 調査内容:かかったことがあるか(かかった年齢)
予防接種時期(接種した年齢・回数)
流行の未然防止,予防のためワクチン接種が有効であり,次に該当する学生は,ワクチン接種が必要です。
① 過去に麻疹・風疹にかかったことがなく,一度もワクチン接種をしていない。
② 幼児期に1回だけワクチン接種を受けた(ワクチンの効果が消えている可能性が高い)
③ ワクチン接種の記憶が曖昧
※麻疹・風疹にかかったかどうか,ワクチン接種をしたか不明な場合は,抗体検査で確認ができます。その結果免
疫のない学生はワクチン接種が必要です。
※教職課程を受講し,教育実習を行う場合は,感染予防のため「麻疹抗体検査結果の証明書」等を提出する必要が
あります。
※その他の感染症に関しても,医療機関等と相談のうえ,ワクチン接種を済ませておくことをお勧めします。
51
学生生活
エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘そう,
南米出血熱,ペスト,マールブルグ病,ラッサ熱,
治癒するまで
急性灰白髄炎,ジフテリア,重症急性呼吸器症候群
(SARS)
,鳥インフルエンザ(H5N1)
18.ハラスメントの防止
本学では,セクシュアル・ハラスメント等の防止と被害者の救済を目的に『東京情報大学ハラスメント相談内規
(P.247)
』を制定し,ハラスメント相談員を配置しています。
各自がハラスメントの加害者とならぬよう言動には充分注意するとともに,被害を受けた際は一人で悩まず,す
みやかに下記の相談員に相談してください。相談員はプライバシーを厳守します。
[ハラスメント相談員一覧]
区 分
氏 名
学生相談室相談員
原田恵理子
山口 豊
吉田 斎子
学校医
中山 章
看護師
日下 晴恵
〃
矢代 貴子
〃
小堀世津子
職 名
学内連絡先(電話)
学内連絡先(メール)
医務室直通☎043-236-1109
imu01@affrs.tuis.ac.jp
hirano@rsch.tuis.ac.jp
教務職員
平野 正則
教授
3202研究室☎043-236-1269
〃
山崎 和子
教授
822研究室☎043-236-4653
yamasaki@rsch.tuis.ac.jp
〃
栁田 純子
准教授
673研究室☎043-236-4692
yanagida@rsch.tuis.ac.jp
〃
圓岡 偉男
教授
731研究室☎043-236-1374
tuburaok@rsch.tuis.ac.jp
〃
神野 建
教授
707研究室☎043-236-1391
jinno@rsch.tuis.ac.jp
学生教務課長
黒川 孝明
学生教務課長 学生教務課長席☎043-236-4611
gakusei@affrs.tuis.ac.jp
19.事故・災害について
緊急連絡
事故や災害が起きた場合は,まず周囲
万が一事故が発生したら
䛣䛣
の者(特に教職員)に知らせてください。も
下記のように連絡して対応してください
し,周囲に教職員等がいない場合には,右図
に従って連絡をしてください。
<<正課中・課外活動中・通学途中・旅行中など>>
【学内】
平日夜間・土日・休日
119番または医療機関
学生教務課 043-236-4621
医 務 室 043-236-1109
※注
連絡・報告
応急手当
搬送・連絡
※注
警備員室 043-236-1074
【学外】
連絡・報告
連絡・報告
連絡・報告
連絡
【学内】
平日
(月−金)9:00∼18:30
クラブの顧問・監督、保護者へ
※注 学内
(平日夜間、土日、休日)
・学外
(事故発生時間が平日夜間、土日、休日)
の場合、翌日朝には、学生教務課へ連絡するようにしてください。
学生教育研究災害傷害保険(略称:学研災)
学研災は,学生が正課中あるいは課外活動中の不慮の事故により,負傷または死亡といった災害を受けた場合に
補償救済する制度です。
本学では,教育研究の円滑な実施のため入学の時から全員加入となっております。万一,次のような状態で事故
にあった場合は,直ちに学生教務課に申し出てください。
① 正課中 ② 学校行事に参加している間 ③ ①②以外で学校施設にいる間
④ 学校施設以外で大学に届け出た課外活動を行っている間
なお,詳しいことは別に配布する「学生教育研究災害傷害保険のしおり」を読んでください。(※本学は上記保
険の「通学中等傷害危険担保特約」も付帯しています。)
また,通学の経路上で事故に遭遇した場合は,保険の対象になりますので,その場合も直ちに学生教務課に申し
出てください。ただし,次のような場合(合理的通学と認められないもの)は対象となりません。
・大学から車両での通学が認められていない学生の事故 ・通常の通学経路から逸脱している場合
52
・大学からアルバイト先へ向かう途上での事故
以上の他にも,上記特約の対象にならない場合がありますが,事故に遭って負傷した場合は,念のため直ちに報
告してください。
自宅外通学者の健康保険証
親元を離れ,下宿やアパートに居住している学生は,万一の病気やケガに備え,あらかじめ
「遠隔地被保険者証」
すれば交付されます。
20.学生への連絡及び注意事項
J-portによる連絡
携帯電話やPCから,インターネットを通じて,授業の休講情報や奨学金情報等の学生生活で重要かつ必要な情
報をお知らせしているものです。
◇掲示内容について
大学では,高校担任のHRのような,毎日の連絡事項をお知らせする人はいません。担任の先生の役割が,
J-portになりますので,毎日必ず確認して下さい。
〔各種連絡事項内容〕
*お知らせ
*呼び出し
⇒事務局からの各種連絡事項です
⇒緊急の場合があるので,よく確認して下さい
*授業やゼミ・教職等に関するもの
*学生生活全般に関するもの
⇒授業の休講情報や教室変更など
⇒各種奨学金情報や留学生関連の情報など
*就職に関するもの
⇒就職ガイダンスや就職活動に役立つ情報など
家を出る前にJ-portを毎日確認!!!
◇J-portで出来ること *履修登録 *履修科目時間割の確認
*入学してからこれまでに履修した科目の成績確認など
●携帯電話用HP
https://j-port1.affrs.tuis.ac.jp/k/
携帯用QRコード
●スマートフォン用HP
https://j-port1.affrs.tuis.ac.jp/up/up/co/smartphone/login.jsp
スマートフォン用
QRコード
スマートフォンからの
ログイン画面例
スマートフォンからの
メニュー画面例
電話による連絡
遺失物で持ち主が判明した場合あるいは緊急を要する場合は,携帯または自宅の電話に連絡します。
休講に関する取り扱い
休講の連絡は,J-portで行いますが,休講表示がなく始業時から30分が経過しても何の連絡もない場合は,学生
教務課窓口に問い合わせて指示を受けてください。
補講に関する取り扱い
休講その他により補講が必要であると認められる場合には,平常時間(主に5時限目以降)などを利用して補講
が行われます。
補講の日時・教室等は,その都度,J-portで連絡します。
53
学生生活
を取り寄せてください。在学証明書(自動発行機で交付)を父母に送り父母の加入している保険機関に発行を依頼
交通機関の運行停止等による授業の取り扱い
首都圏内の交通機関のうち,JR各線又は関係主要各線がストライキや自然災害等によって運行を停止した場合
の取り扱いは,おおむね以下のとおりとします。
(1)始発時までに全面解決又は復旧した場合には,当日の授業を行う。
(2)午前7時までに全面解決又は復旧した場合には,2時限より授業を行う。
(3)午前7時を経過しても未解決又は復旧しない場合には,当日の授業をすべて休講とする。
(4)対象とする路線を次のとおりとする。
JR東日本(首都圏)
,干葉都市モノレール,京成バス
“CAMPUS NOW”の発行
“CAMPUS NOW”
は,大学の出来事や行事,随想,あるいは意見や疑問を掲載する学内報です。教職員と学生
あるいは学生相互間の人間関係を緊密にし,ひいては,学風の樹立に役立ちたいという趣旨で学生部委員会が発
行しています。学生諸君からの投稿を歓迎します。(
“CAMPUS NOW”の内容は,バックナンバーを含め大学の
HPにも掲載されています。)
学生用(1・2年生用)個人ロッカーの利用について
本学では,1・2年生用に学生用個人ロッカーを設置しています。
(1号館の2階から5階に設置)
設置場所・使用方法等は,4月のガイダンス時に説明がありますが,以下の注意事項を厳守して使用してくださ
い。
【ロッカー利用時の注意事項】
(1)ロッカーの使用資格が与えられるのは1・2年生に在籍している期間のみです。
(2)鍵は,各自で用意し,ダイヤル式のものではなく『南京錠』を使用してください。また,100円ショップ等
の南京錠では,防犯上危険な恐れがあるため,使用不可とします。
(3)パソコン等の貴重品については,ロッカー保管せず,必ず持ち帰ってください。また,近年,鍵を施錠して
いても無理やり抉じ開けられ,貴重品が持ち去られる事件が多発しています。学内に居るときも,貴重品は
ロッカー内に置かず,極力携帯してください。
(4)2年次終了時等,ロッカーの使用資格を失った場合には,直ちにロッカーを明け渡してもらいます。[明け
渡しは,2年次の1月末(学年末定期試験終了まで)を予定しています。]
(5)大学が定めた明け渡し期限を過ぎた後において,収納物が撤去されていない場合は,それらを強制的に処分
します。(各自が設置した,
南京錠も撤去します。)スムーズに後輩に譲り渡すことができるよう,明け渡し
期限を必ず守ってください。
(6)ロッカーの使用について不明な点がある場合は,学生教務課窓口で問い合わせてください。
盗難防止
学内での盗難発生件数が増えつつあります。特に高額な現金は大学へ持ちこまないようにして下さい。万一,盗
難にあった場合は,学生教務課へ届け出てください。
最近特に自転車やパソコンの盗難が目立ちます。自転車は二重にロックしたり,パソコンは席を離れる時には置
いたままにしないなどの自己防衛も必要です。また,個人ロッカーにおける貴重品盗難も目立ちます。貴重品は極
力携帯するよう心がけてください。
インターネット利用上の注意
インターネットに関係したトラブルや事件が急増しています。
本学では「東京情報大学ネットワーク利用ポリシー」を定めており,ガイダンスやコンピュータの演習科目等の
中で指導を行っています。
インターネットは大変便利なツールですが,利用者が利用等については知っておかなければならない落とし穴も
あります。
特にプライバシーに関することで被害を受けたり,場合によっては加害者となったり,著作権等に関するトラブ
ル等については注意が必要です。
54
環境美化
本学は教職員と学生とが協力して,キャンパスの環境美化に努めています。みなさんも校舎等の利用については
十分注意して,教育・研究の場にふさわしい環境作りに協力してください。
マナーとルール
○地域社会でのマナー
なるときも周囲の人のことを考え,自分の行動には責任をもってください。
皆さん一人ひとりがマナーを心がけ,ルールを守り行動することが期待されています。情報大生としての自覚と
誇りをもって行動してください。
[公共マナーについて]
・公共の乗り物(電車・バス等)の中での携帯電話の使用等はマナー違反です。また,整列乗車のマナーを守る。
・公共の施設等の破壊・破損,落書き等は犯罪です。
・通学途中におけるゴミの投げ捨て等は厳禁です。
・歩きタバコ・飲食・横並びで歩く等は厳禁です。
・自転車通学も交通法規を守る。
○飲酒マナー
未成年者の飲酒は法律で固く禁じられています。新入生(未成年者)の飲酒・強要は厳禁です。また,適量を知
らず無茶な飲み方をすると急性アルコール中毒になり死に至ることもありますので,充分注意してください。
[学内での飲酒について]
・学内での飲酒は必ず教職員が同席することとし,夜20時までとなっています。
・飲酒場所は原則各研究室のみとしていますが,それ以外で行う場合は,事前に学生教務課に相談し,許可を受
ける必要があります。
・車両(自動車,原付,自動二輪,自転車)で通学した場合の飲酒は厳禁です。
・翔風祭開催期間中の飲酒は原則禁止です。
○学内における喫煙マナー・分煙の徹底
今,社会では常に非喫煙者に配慮した喫煙行動が求められており,大学も例外ではありません。中にはキャンパ
ス内の全てを禁煙とした大学もあり,禁煙化は急速に進んでいます。
本学でも多くの要望・提案を受け,下記のとおり分煙の強化・徹底を行なっています。
清潔で健全な教育環境を維持・増進するために,キャンパス内で活動する全ての皆さんのご協力をお願いします。
◎1号館(本館棟)の分煙強化
喫煙場所を6階と7階の食堂側ロビーに限定します。1~5階部分は全面禁煙とし,食堂側の吹き抜けを喫煙
場所とします。なお,事務局はすべて禁煙です。
◎歩行喫煙に対する指導強化
歩行喫煙は迷惑行為でありマナー違反です。教職員による指導を一層強化し,従わない場合は学則上の処分を
含め厳格に対処します。
[建物ことの喫煙区分]
1号館(本館棟)
:分煙(6階と7階の食堂棟側ロビーのみ喫煙可)
2号館(食堂棟)
:全館禁煙
3号館(体育館棟)
:全館禁煙(各部室内含む)
4号館(総合情報センター棟)
:全館禁煙
5号館(フロンティア研究棟)
:全館禁煙
6号館(学生会館ピオーネ)
:全館禁煙
7号館(研究棟)
:全館禁煙
8号館(東アジア環境・経済研究棟)
:全館禁煙
部室棟Ⅰ・Ⅱ:全館禁煙
55
学生生活
街頭で,大勢でたむろして騒いだり,グループで行動する場合,周りの人の迷惑を考えなくなりがちです。いか
21.Web情報システム「J-port」の利用
本学では,学生の教育活動と学生生活の支援を目的として,Web技術を利用した情報システム(通称J-port)
が構築されています。パソコン端末を用いた履修登録,履修登録科目一覧(学生時間割)や成績の確認,迅速な掲
示情報の照会などを可能にするシステムです。
主な機能は次のとおりです。
機 能
学内利用
学外利用
携帯電話
備 考
個人情報照会
○
利用期間限定
時間割
○
○
シラバス照会
○
○
判 定
○
成績照会
○
利用期間限定
履修登録
○
利用期間限定
掲示情報
○
○
スケジュール登録
○
○
○
※利用期間を限定しない機能は,いつでも利用することができますが,保守点検等で利用できない場合があり
ます。保守点検の日時は,随時お知らせします。
個人情報照会
入学時に届け出た「個人調査票」「学生現住所届」の内容が確認できます。変更がある場合は,学生教務課窓口
に「変更届」を提出してください。
時間割
履修登録した結果が,希望どおり登録され,進級または卒業要件を満たしているかどうかを学生時間割(自分自
身の時間割)で確認し,必要に応じて各自印刷してください。
また,各教員が担当している授業科目の時間割や各学科・学年の授業時間割が照会できます。
シラバス紹介
各授業のシラバス(年間授業計画)が照会できます。
なお,履修登録,時間割からも授業科目のシラバスが照会できます。
判定
各学期の初めに履修登録した単位数と修得単位数において,進級または卒業要件を満たしているかどうかが確認
できます。
また,資格取得(教職免許)のための要件を満たしているかどうかも確認できます。
成績照会
履修登録科目の試験の結果と修得単位数の状況(累計等)が確認できます。
履修登録
各学期の初めに,
受講する授業を登録します。学年により利用期間が異なるので,
間違えないようにしてください。
56
掲示情報
休講,補講,教室変更,レポート提出,平常試験,教職課程関連,その他全般的なお知らせ,学生個人への呼び
出し情報などが,照会できます。またこれらの情報は,携帯電話からも照会できます。携帯電話で利用する時,
URLの入力に注意してください。
NTTドコモ
au
ソフトバンク
サービス
iモード
EZweb
Yahoo!ケータイ
https://j-port1.affrs.tuis.ac.jp/k/
携帯用QRコード
スマートフォン
スマートフォン用QRコード
「イチ」
です。「エル」と間違
URL
えないようにしてください。
必ず「s」を入力してください。
※スマートフォン用のURLで掲示情報の内容が閲覧できない場合は,携帯電話用のURLから閲覧してください。
スケジュール登録
日時単位で自分のスケジュールを登録し,管理することが出来ます。
利用にあたって
本システムを利用するには,利用者IDとパスワードが必要になります。
これは,授業などで利用する「東京情報大学ネットワーク」のID・パスワードと同一のものです。パスワード
を忘れてしまった場合,ネットワーク講習会(有料)に参加し,許可証の再交付を受けなければならないので,パ
スワード管理には十分注意してください。
利用環境
本システムを利用する上で,推奨するOSおよびブラウザは以下のとおりです。他のものを利用すると一部正し
く表示されない場合があります。
OS-Windows
ブラウザソフト-Internet Explorer(Ver.6.0以上)
ログイン方法
本システムのログイン(利用開始)の手順は,以下のとおりです。
(1)大学ホームページ「学習支援」
-
「学習支援情報・システム」の下にある「J-port(WEB情報システム)
」をク
リックする。
(2)記載内容を確認後,
「J-port(WEB情報システム)
」のバナーをクリックする。
(3)利用者IDとパスワードを入力後、OKボタンをクリックし,ログインする。
質問等の方法
本システムの機能や操作方法について不明な場合は,学生教務課窓口に問い合わせてください。
「J-port」とは…
「J-port」の「J」は,情報大(JOHODAI)の「J」を表し,
「port」は大勢の人,物,情報の行き交う場
所を象徴する「港」とコンピュータ用語で他の通信機器とパソコン本体を結ぶ,様々なデータを受け渡しす
る「接続部分」を指す単語を指す単語を表しています。
「J-port」は,大学と学生とを結ぶ掛け橋となり,多様な情報が行き交う「port」を作ることで,みなさ
んのキャンパスライフの充実に寄与することを願って命名されました。
57
学生生活
携帯電話会社
58
総合情報学部の学修について
総合情報学部の学修について
学則第14条第3項に定める「授業科目の履修方法及び単位の修得に関すること
について,学則のほかに定める別のもの」とは,本書のこの部分を指します。
59
1.学士課程教育の目的および方針
1)教育研究上の目的
本学部本学科は,教育理念である現代実学主義の精神に基づき,急速に進展しつつある情報社会の将来を見据
え,その変化に適切に対応できる汎用的な基礎力,専門的知識,複合的な応用力を習得し,優れた情報収集,処
理,発信能力をもち,新しい情報社会の形成に貢献できる人材の養成を目指す教育・研究を行う。(東京情報大学
学則 第2条第2項の別表第1より)
2)学位授与の方針【ディプロマポリシー】
学則に定める所定の単位を修得し,社会人・組織人として活躍するために必要な問題発見能力,問題解決能力,
そして論理的思考力などの汎用的技能を身に付け,多様な分野が複雑に関連しながら進化を続けている情報社会の
方向性とその進化の過程に存在する課題を総合的,多面的な見方で捉え,解決することができる能力を身につけた
学生に学士(総合情報学)の学位を授与する。 3)教育課程編成・実施の方針【カリキュラムポリシー】
学則の人材養成の目的を具現化するための教育課程の編成方法及び特徴は以下のとおりである。
(1)教育課程は,教養を身につける共通科目,コースの専門性を身につける専門教育科目,総合的な知識と応用
力を身につけるプロジェクト研究及び卒業論文で編成する。
(2)共通科目は,全コース共通の共通基礎科目,情報基礎科目,キャリアデザイン科目で編成する。
(3)専門教育科目は,コース全体の内容を理解するための総合情報学概論(必修科目)と各コースの専門性を身
につけるための科目群(選択科目)を設定する。
(4)プロジェクト研究は,コース横断的な教育プログラムであり,学生の興味のある知識や技術を複合的に修得
させる。
(5)「共通基礎科目」として,基礎演習科目を設け,1年次の「基礎演習Ⅰ~Ⅲ」及び2年次の「基礎演習Ⅳ・
Ⅴ」で全学生に対して初年次教育を実施する。この科目は,1クラスを10名程度の少人数クラスに分け,本
学の教育理念等の理解,大学での学び方の理解,読む・書く・聞く・話す等のコミュニケーション力の向上
を目標としている。
(6)「情報基礎科目」では,本学の学部・学科の目的にある情報社会の形成に貢献できる人材を養成するための
基礎的学力を身に付けるための科目を配当している。
(7)「キャリアデザイン科目」では,社会人基礎力や就業意識を高めるためのキャリア形成支援を目的にした科
目を配当する。企業実習を伴う「インターンシップ」もこの科目群に配当している。
(8)「専門教育科目」群では,各科目の専門性を鑑みて「共通」「システム」「環境」「マネジメント」「メ
ディア」「ウェルネス」のカテゴリーに分けている。「共通」に必修科目として配当している「総合情報学
概論Ⅰ・Ⅱ」は,総合情報学科が養成する人材が身に付けるべき専門的な知識・技術を学ぶための基礎や概
要を教育し,1年次後期以降のコース選択の指針とさせる。また,「システム」「環境」「マネジメント」
「メディア」「ウェルネス」は,養成する人材に分けた各コースにおいて必修科目的に位置付けた推奨科目
を指定し履修させる。
60
2.授業科目の履修
1)授業科目の分類
(1)授業科目は,以下の科目群に分類されます。
共通科目 共通基礎科目 基礎演習 (必修)
(選択必修/選択)
総合基礎 (必修/選択必修/選択)
外国語 (必修/選択必修)
情報基礎科目 (必修)
專門教育科目 共通 (選択必修/選択)
システム系 (選択必修/選択)
環境系 (選択必修/選択)
マネジメント系 (選択必修/選択)
メディア系 (選択必修/選択)
ウェルネス系 (必修)
プロジェクト ※以上の他に,教職課程科目,学芸員課程科目,放送大学および千葉県内私立大学との単位互換科目が開講さ
れています。
(2)授業科目は,卒業の要件として修得しなければならないか否かにより,次のように分類されます。
必修科目………必ず修得しなければならない授業科目
選択必修科目…特定の科目の中から選択して必ず修得しなければならない授業科目
選択科目………自由に選択して修得する授業科目
自由科目………単位の認定は行うが,卒業要件としての単位には含まれない授業科目
2)単位制
(1)授業科目の履修は単位制となっています。
単位制とは,各入学年度の教育課程によって定められた授業科目を履修し,所定の試験に合格し,その授業科
目に与えられている単位を修得していく制度です。
(2)単位計算の基準は以下のとおりです。
区 分
授業時間
授業外学修時間
単位数
講 義
2時間×15週
4時間×15週
2単位
演 習
2時間×15週
1時間×15週
1単位
外国語
2時間×15週
1時間×15週
1単位
*時間割上の1時限は90分授業であり,上記の2時間とみなされる。
*授業時間は毎週1回を標準とする。
(3)授業は,おおむね前期あるいは後期の15週をもって行われますが,1年間30週にわたって行われるものもあり
ます。
3)年間履修単位数(CAP制)
1年間及び各学期に履修できる上限単位数を,以下のとおり設定しています。これは,上記の単位制に基づき,単
位を修得するためには,授業の他に授業外学修(予習や復習)の時間を確保する必要があり,履修単位数が多くなる
とそれに比例して授業外学修の時間も多くなるので,これを防ぐために履修単位数を制限しています。
例えば,講義科目を20単位修得するには,1週間に20時間の授業と40時間の授業外学修をすることになります。
61
総合情報学部の学修について
(選択)
キャリアデザイン科目 【履修登録単位数の上限】
・1年間に履修登録できる単位数の上限・・・48単位
・各学期に履修登録できる単位数の上限・・・26単位
※履修登録できる単位数とは,あくまでも登録した科目の総単位数であり,修得できた総単位数ではありません。
※前期で26単位履修登録した場合,後期は22単位までしか履修できません。
※教職課程科目,学芸員課程科目については,この履修登録単位数の制限から除外します。
※1年間開講する科目(通年科目)は,単位数を2分し,各学期の登録単位数としてカウントします。
※集中授業は,夏季は前期,冬季は後期としてカウントします。
4)セット履修
セット履修とは,同一科目名で講義と演習に分かれている科目を同一年度内にセットで履修し,両方が合格しない
と卒業要件単位として認めない制度をいいますが,総合情報学科には該当の科目はありません。
なお,外国語(選択必修)を履修する際は,同一科目のⅠ・Ⅱ(英語はⅤ・Ⅵ)をセットで履修するよう取り扱っ
ています。
5)放送大学および千葉県内私立大学との単位互換科目の履修
放送大学および千葉県内私立大学との単位互換科目は,「単位互換に関する包括協定書」に基づき開講される科目
です。
履修登録・授業・試験・成績評価等に関する概要は,以下のとおりです。
(1)履修できる科目は,単位互換協定に基づき開講される科目のみとする。該当科目は学生教務課窓口で確認する
こと。
なお,科目によっては受講できる学年が制限されている場合がある。
(2)在学中に履修できる単位数は,通算して30単位以内である。
(3)履修の対象学年は,1年次から3年次までとする。
(4)履修期間は,放送大学については毎年度10月からの半期間(放送大学の2学期)とし,その他の大学について
は当該大学が指定する期間とする。
(5)履修登録は,原則として,通常の授業科目と同様に行うが,履修を希望した学生(特別聴講学生と称する)は,
当該大学への出願のための手続きを別途行う。
(6)受講に際しては,以下に示す授業料(自己負担)が別途必要になり,放送大学への納入は大学が一括して行い,
その他の大学への納入は各自が行う。
放送大学:1単位:5,500円(1科目=11,000円)
その他の大学:各大学が定めた金額(詳細は当該大学の募集要項参照)
(7)放送大学の授業は,テレビ・ラジオによる半期15週にわたって毎週1回(1回45分)行われる放送授業と放送
大学から別途送られる印刷教材による学習とを,自宅または所属する学習センター(千葉市美浜区若葉2-11
放送大学内)において受講する。
その他の大学の授業は,各自が当該大学に直接出向き,指定された時間割に沿って受講する。
なお,放送大学の放送授業を受けることができない場合は,特別聴講学生に限って,本学が放送大学から借り
受けるビデオテープ等の放送教材を学内で利用することができる。
(8)放送大学の試験は,半期の放送授業が終了後,所属する学習センターで「単位認定試験」を受験する。その他
の大学の試験は,大学の定めるところにより,当該大学の学生と同様の方法で受験する。
なお,放送大学の「単位認定試験」の受験資格を得るためには,学期の途中(8回目の放送授業終了後)に1
回の通信指導(レポート提出)が義務付けられている。
(9)試験の結果は,当該大学の評価基準によって判定され,学期末に本学と学生本人の両方に対して,「成績通知
書」により通知される。
(10)修得した単位は,当該大学の評価を,それに相当する本学の評価に置き替え,成績原簿に記載する。
なお,修得した単位は,以下のとおり本学の卒業要件単位とすることができる。
① 本学の外国語科目に指定された放送大学の科目の修得単位のうち,2科目4単位までを共通基礎の選択科
目の単位とする。
62
② 本学の総合基礎科目に指定された放送大学の科目の修得単位のうち,4科目8単位までを共通基礎の選択
科目の単位とする。
③ その他の大学で開講される互換科目の修得単位のうち,16単位までを本学の専門教育科目(選択)の単位
とする。
6)東京農業大学との単位互換科目の履修
東京農業大学との「単位互換に関する協定書」に基づき,世田谷,厚木,オホーツクキャンパスで開講されている
科目を受講できます。
なお,オホーツクキャンパス(北海道網走市)で受講する場合は,「国内留学生」として滞在することになります。
(1)受講対象者は2年生以上とする。
(2)受講できる科目は,実習・演習以外の科目とする。
(3)在学中に履修できる単位数は,30単位までとし,本学の卒業要件単位数に認定できる。但し,他の協定校にお
いて修得した単位も含めて30単位までとする。
(4)履修期間は,半年間とする。
(5)募集は,各学期開始前に年2回行う。
(6)出願方法や提出書類については,東京農業大学の方法に準ずる。
(7)受講料は無料とする。但し,テキスト等の教材については自己負担とする。
(8)国内留学の場合,住居費の一部を大学が負担する。
7)他の大学等における修得単位の認定
他の大学または短期大学を卒業または中途退学し,新たに本学の第1年次に入学した学生の当該大学等の既修得単
位については,教育上有益と認められるとき,その全部または一部を本学において修得したものとして認定すること
ができます。
該当する学生は,所定の期間内に当該大学等の成績証明書および講義要綱を添えて,学生教務課窓口まで申し出て
ください。
3.授業時間
授業時間は,原則として次のとおりです。
時 限
1時限
2時限
3時限
4時限
5時限
時 間
9:15 ~ 10:45
10:55 ~ 12:25
13:10 ~ 14:40
14:50 ~ 16:20
16:30 ~ 18:00
4.授業科目の履修登録方法
1)履修登録とは
履修登録は,自分の一年間の時間割を作る大事な手続です。これが正確に行われないと,受講したい授業に出席す
ることができません。すべて自己責任において行うことになりますので,授業科目の内容,履修条件,評価の方法な
どを確認して,自分の履修したい科目を間違いなく登録完了するようにしてください。
履修登録の方法は,「J-port」 を使って,各自が大学のパソコン端末から登録することになります。登録の手順や
操作方法などの詳細は,年度当初のガイダンスの際に連絡します。
2)履修登録上の諸注意
(1)履修登録の事前準備,および 「J-port」 による登録は,配布される 「利用ガイド」 を参考に,指定された期間
内に各自が行ってください。
(2)登録する科目は,その年度に受講したい科目の全て(前期・後期科目とも)を登録します。
63
総合情報学部の学修について
概要は下記のとおりですが,詳細については,学生教務課窓口で問い合わせてください。
(3)科目には必修科目,選択必修科目,選択科目の区別がありますが,その区別に関係なく,履修したい科目は,
原則,必ず自分で登録してください。
ただし,各学年で指定されている必修科目および一部の選択科目(在籍している学年に配当されている科目の
み)については,事前に自動登録されます。
(4)指定の期間内に履修登録を完了した科目でなければ,単位を修得できません。
(5)履修登録を完了した科目は,その後,原則として変更することはできません。
希望する科目の登録をし忘れたり,逆に過剰に登録し過ぎて途中で授業を放棄するようなことのないようにし
てください。
(6)指定の期間内に履修登録を完了しない場合は,修学の意思がないものとみなされ,除籍の対象となる場合があ
ります。
(7)同一時間に2科目以上登録することはできません。また,既に合格している(認定されている)科目を再度登
録することもできません。
(8)履修登録完了後は,各自が登録した内容に不備がないかを必ず確認してください。
確認の方法は 「J-port」 の 「利用ガイド」 を参考にしてください。
(9)授業科目の履修で注意すること
①「スポーツ演習a~d」から,必ず1単位を選択履修してください。
②共通基礎科目の卒業要件(選択必修3単位,選択8単位)を超えて修得した単位は,8単位まで専門教育科
目(選択)の単位にすることができます。
③情報基礎科目及び専門教育科目の選択必修科目から,30単位以上を必ず選択履修しなければならない。
また,30単位を超えて修得した単位は,専門教育科目(選択)の単位とすることができる。
④キャリアデザイン科目は,専門教育科目(選択)の単位にすることができます。
⑤外国語(選択必修)から,必ず2単位を選択履修してください。
なお,履修する時は,必ず同一科目のⅠ・Ⅱ(英語はⅤ・Ⅵ)をセットで履修登録してください。
⑥授業科目表の科目名に(※)が付記されている科目は,外国人留学生対象の科目のため,日本人学生は履修
できません。
⑦外国人留学生は,日本語Ⅰ~Ⅳを必修とします。なお,英語Ⅰ~Ⅳを単位修得した場合は,共通基礎(選択
必修)の単位にすることができます。
⑧1年次配当の必修科目を3年次までに単位修得できない場合は,4年次に進級できません。
(10)不合格となった必修科目は,翌年度に必ず自分で登録してください。
(11)履修登録に関する不明な点は,必ず学生教務課で確認してから登録してください。
3)必修科目事前登録について
「必修科目事前登録リスト」には,当該年度(年次)に履修するべき必修科目および一部の選択科目(在籍してい
る学年に配当されている科目のみ)が記載されています。
これらの科目は自動登録されるため,自分で登録する必要はありませんが,配当されている曜日,時限を確認して,
他の選択科目を重複して登録することのないようにしてください。
4)他大学との単位互換科目の履修申請
他大学の単位互換科目の履修を希望する場合は,学生教務課窓口で受講できる科目を確認し,各大学の所定の手続を
行ってください。
手続期間は,4月ガイダンス時に周知します。
5)必修科目のクラス分け変更の申請
必修科目のクラス分け変更は,自動登録されている必修科目と再履修科目が同一時限に配当されている場合に限り
許可されます。該当者は,所定の申請用紙(学生教務課で配布)により,変更先の授業担当教員(非常勤講師の場合
は学生教務課)の許可(印)を受け,学生教務課に提出してください。
64
6)履修登録の確認について
4月の履修登録・確認期間および9月の履修登録修正・確認期間内に必ず履修登録した結果の確認を行ってください。
間違った登録をしたままで見過ごしていると,GPAが低下してしまったり,学期末の定期試験を受験できないこ
とになります。
また,登録期間を過ぎると「J-port」の利用(登録・修正)はできなくなるので,十分確認をしてください。
7)後期履修登録修正について
後期開始時に,後期科目の追加・削除を行う期間を設けています。なお,この期間に,追加または削除できない後
期科目は以下のとおりです。
総合情報学部の学修について
○追加できない科目
・放送大学および千葉県内私立大学との単位互換科目
・履修者数に制限のある科目
○削除できない科目
・必修科目
・放送大学および千葉県内私立大学との単位互換科目
NOTICE
履修登録の際に大切なことは,内容の確認と期限の厳守です。
間違った登録をしたままで見過ごしていると,学期末の定期試験を受験できないことになります。「気づい
た時にはもう後の祭り」 にならないよう十分注意しましょう。
また,GPAの低下を回避するために履修を取り止める場合も,期間内に修正してください。
5.試 験
1)定期試験
(1)学事暦に示された学期末または学年末の試験期間中に行う試験をいう。
(2)試験時間割は,試験開始日のおおむね2週間前に掲示板により発表する。
(3)原則として,学年末試験(前期で終了する科目は前期末試験)を受験しない場合は単位を修得できないので注
意すること。
2)平常試験
(1)定期試験期間以外の,平常の授業時間に各授業担当者が行う試験をいう。
(2)試験実施日その他は,担当者が授業中に直接発表する。
(3)平常試験を欠席した学生は授業担当者に申し出ること。
ただし,この場合後述3)の追試験の対象とはならないので注意すること。
3)追試験
(1)定期試験を病気その他やむを得ない事由により受験できなかった学生に対して行う試験をいう。
(2)追試験の受験を希望する学生は,指定された申し込み期間中に,欠席の事由を証明する公的書類を添えて,所
定の「追試験願」を学生教務課に提出すること。
(3)追試験の受講科目は,特別な事情を除き,各試験期間において8科目を上限とする。
(4)自己の不注意または公的書類のない場合は,理由のいかんを問わず追試験を受験することができない。
(5)試験期間中は公共交通機関(電車・バス等)を利用し,自家用車の利用は自粛すること。自家用車を利用した
場合,天候や交通渋滞等による遅刻・欠席は一切追試験の対象とはならないので特に注意すること。
(6)欠席理由と添付すべき公的書類は以下のとおり。
65
欠 席 事 由
病
提 出 書 類
気
※感染症による欠席の場合は,医務室へ提出する罹患証明書の写しでも可とする
忌引
(3親 等 ま で )
死亡に関する書類(会葬通知等)
災害
( 水 害・火 災 等 )
官公庁による被災証明書
交通機関の遅延
本人が試験当日に受診したことがわかる病院の領収書,又は医師の証明書
就 職 試 験 等
交通機関発行の遅延証明書
※居住地からの交通機関に限る
官公庁・企業発行の受験票等で試験実施が証明できるもの
※企業説明会や企業セミナーは認めない
単位互換校の試験
単位互換校発行の試験日程表等
そ
追試験受験資格審査による
の
他
※追試験を欠席した場合の再度の試験は行わない。
NOTICE
追試験の対象は,定期試験を実施した科目だけです。平常試験やレポートにより評価される科目は追試験の
対象にはなりません。また,定期試験を寝坊や車の渋滞で受験できなかった場合も追試験は受験できません。
追試験の受験にはいくつかの制限があることを覚えておきましょう。
4)再試験
(1)修得単位の不足により,進級要件または卒業要件を満たしていない学生に対して行う進級または卒業資格を得
るための試験をいう。
(2)再試験の受験には,以下の要件をすべて満たしていることが条件となる。
① 別に定める進級要件または卒業要件を,6単位以内の単位修得で満たすことができること。
② 当該年度の評価が 「不」 の科目であること。「欠」 の評価科目および演習科目(卒業論文を含む)は対象
外とする。また,講義科目も一部対象外としているので,注意すること。
③ 指定期間内に所定の手続きを完了していること。
※手続きの日程をJ-portへ掲載するので,各自の責任で手続きすること。
(3)1科目あたりの受験料を,2,000円とする。
5)受験資格
(1)当該年度に履修登録をした科目であること。
(2)当該授業担当者の定める授業日数を満たしていること(原則として授業日数の2/3以上の出席が必要)。
(3)当該年度の学費を納入済であること。
ただし,学費延納の許可を受けた場合を除く。
6)受験の心得
(1)指定されたクラス,試験場で受験すること。
(2)試験監督者から,学生証により出席の確認を受けること。
学生証を忘れた場合は,
学生教務課において仮学生証
(発行手数料500円/当日限り有効)の交付を受けること。
(3)試験開始後15分以上の遅刻は認めない。また,退室は開始後30分以降とする。
(4)答案用紙には学科,学年,学籍番号,氏名を必ず明記すること。記入がない答案は一切を無効とする。
(5)答案用紙は白紙であっても必ず提出すること。
(6)不正行為を行った者は,当該試験期間中の受験資格を一切失い,学則により処分されることがある。また,持
66
込を許可されていないものが机上および机中にあった場合は,不正行為の対象とみなす。
(7)受験にあたっては試験監督者の指示に従うこと。
(8)その他試験に関する注意事項は,定期試験時間割発表と同時に掲示する。
7)試験期間中の時間割
定期試験,追試験,再試験期間中の時間割は,通常の授業時間割とは異なるので注意してください。
試験時間は,原則として60分間です。
8)レポート提出
認し,必ず指定された期限(時間)までに提出してください。
期限(時間)に遅れた場合は,いかなる理由があっても受け付けません。
6.成績評価
1)成績評価基準
(1)履修した授業科目の成績評価は,原則として試験(筆記試験・論文・レポート・その他)により行う。
(2)成績評価基準,および成績証明書等の成績の表記は,下表のとおりとする。
成績評価基準とGP
判 定
合 格
不合格
評価点
成 績
原 簿
表 記
90~100点
秀
80~89点
優
70~79点
良
60~69点
可
59点以下
不
-
欠
成 績
証明書
表 記
優
GP
4.0
成績評価内容
到達目標を十分に達成し,非常に優れた成果を
おさめている
3.0
到達目標を十分に達成している
良
2.0
到達目標を達成している
可
1.0
到達目標を最低限達成している
表示
せず
0
到達目標を達成していない
0
試験欠席・レポート未提出・出席不足
※当該授業担当者の定める授業日数を満たしていない場合(原則として2/3以上の出席が必要)
,最終試験を
受験したとしても,出席不足という扱いで,
「欠」となることもある。
(3)放送大学および千葉県内私立大学との単位互換科目の成績評価は,当該大学の評価を,それに相当する本学の
標語に置き換えて表示する。
2)GPA制度
本学では,学生の履修行動や学修意欲を高めることを目的として,GPA制度を導入しています。
(1)GPA制度
GPAとは,「Grade Point Average」の略で,授業科目の成績評価に対して点数(Grade Point)を与え,
その点数に各科目の単位数を乗じた合計を,履修登録した科目の総単位数で割って算出した平均値のことをい
います。
このGPAは,学修への取り組みを質的に把握するための指標となり,学期ごとに比較することで,学修した
成果を判断する目安となります。
また,不合格の科目も算出対象となるので,計画的な履修をするよう心がけてください。
67
総合情報学部の学修について
レポートの提出を求められた場合は,J-portまたは学生教務課掲示板によりテーマ・枚数・提出期限・提出先を確
(2)成績評価とGP
成 績 評 価
GP
点 数
秀
4
100 ~ 90点
優
3
89 ~ 80点
良
2
79 ~ 70点
可
1
69 ~ 60点
不
0
59 点 以 下
欠
0
-
認
-
-
備 考
対象外とする
(3)GPA算出方法
GPA=(科目の単位数×GP)の合計/履修登録科目の単位数の合計
*小数点第2位下四捨五入
*分母の総単位数には,不合格科目(評価が 「不」,「欠」)の単位数を含む
●算出例
科 目
単位数
評 価
GP
単位数×GP
基礎演習Ⅱ
1
優
3
1×3= 3.0
英語Ⅰ
1
良
2
1×2= 2.0
哲学入門
2
秀
4
2×4= 8.0
日本国憲法
2
不
0
2×0= 0.0
統計学Ⅰ
2
可
1
2×1= 2.0
情報リテラシーⅠ
2
欠
0
2×0= 0.0
プログラミング入門
2
秀
4
2×4= 8.0
12 ①
-
-
23.0 ②
合 計
GPA = ②/① ⇒ 23.0/12 = 1.9
(4)対象科目
全学共通科目,学科専門科目の全てを対象とするが,教職課程科目および学芸員課程科目は対象外とする。
また,本学以外の大学等で修得した単位(1年次入学・編入学前の認定単位,単位互換科目の単位)も対象外
とする。
(5)GPAの通知方法
GPAの通知は,4月・9月(のガイダンス時)に配布する成績表に記載する。
(6)GPAの 「総合評価表」
算出されたGPAは,下表を参照し,目安としてください。
GPA
総 合 評 価
3.5 ~ 4.0
大変優秀な成績です。
3.2 ~ 3.4
優秀な成績です。
1.6 ~ 3.1
良好な成績です。
1.0 ~ 1.5
努力が必要です。
0~ 0.9
より一層の努力が必要です。
3)成績に関する質問日
前期・後期に各1回ずつ配布される成績表の内容に質問等がある場合は,各学期の初めに設けられた 「成績に関す
る質問日」 に,所定の 「成績評価に関する質問票」 を用いて授業科目担当者に質問することができます。 「成績に関
する質問日」 は学事暦で,「成績評価に関する質問票」 は巻末資料(250ページ)で確認してください。詳しい日程等
68
は,各学期の初めに,J-port等に表示します。
なお,質問の理由が明確に記入されていない質問票や,受付期限を過ぎた質問票は一切受け付けないので注意して
ください。
※様式は,大学ホームページの「学生生活」の各種届出・様式ダウンロードからダウンロードすること。
7.進級・卒業について
1)進級・卒業要件について
2年次から3年次および3年次から4年次への進級,ならびに卒業するために,それぞれ要件が定められています。
(1)1年次から2年次への進級
2年次への進級の際には要件はありませんが,1年次終了時に修得単位数が20単位に満たない者には,年度末
に指導を行います。
(2)2年次から3年次への進級
入学後の2年間(休学期間を除く)で,修得単位が50単位に満たない者は,第3年次に進級することができま
せん。
(3)3年次から4年次への進級
3年次終了の時点で,以下の要件を満たさない者は,第4年次に進級することができません。
①修得単位が90単位以上であること。
②1年次配当の必修科目の単位を全て修得済であること。
なお,3年次編入学生に対しては,②の要件は適用されません。
(4)卒業要件
学則により,卒業に必要な単位数が,以下のとおり定められています。
なお,以下で記述されている「外国人留学生」とは,本学「外国人留学生入試」を受験して入学した「留学
生」が対象となります。
共通基礎
情報
基礎
専門
科目
情報
基礎
キャリ
専門
専門 プロジ
アデザ
科目
科目 ェクト
イン 選必
選必
必修
選必
選択
必修
必修
9
3
8
8
4
総合情報学科
20
12
30
選択
選択
50
必修
12
合 計
必修
選必
選択
33
33
58
124
①スポーツ演習a~dから1単位,外国語(選択必修)から2単位を必ず選択履修しなければならない。
②共通基礎科目(選択必修及び選択科目)の卒業要件である11単位を超えて修得した単位は,8単位まで専門
教育科目(選択)の単位とすることができる。
③情報基礎科目及び専門教育科目の選択必修科目から,30単位以上を必ず選択履修しなければならない。また,
30単位を超えて修得した単位は,専門教育科目(選択)の単位とすることができる。
④キャリアデザイン科目は,専門教育科目(選択)の単位とすることができる。
⑤放送大学及び千葉県内私立大学との単位互換科目を履修した場合,当該単位を以下のとおり卒業要件とする
ことができる。
ただし,いずれの場合も,指定の単位数を超えて修得した単位は,自由科目として認定されるが,卒業要件
を満たすための単位としては加算されない。
a.本学の共通基礎科目(外国語)に指定された放送大学の科目の修得単位のうち,2科目4単位までを共
通基礎の選択科目の単位とする。
b.本学の共通基礎科目(総合基礎)に指定された放送大学の科目の修得単位のうち,4科目8単位までを
共通基礎の選択科目の単位とする。
c.その他の大学で開講される互換科目の修得単位のうち,16単位までを専門教育科目
(選択)
の単位とする。
69
総合情報学部の学修について
この要件を満たすように履修登録をし,単位修得するようこころがけてください。
⑥外国人留学生は,「日本語Ⅰ~Ⅳ」を必修科目とし,共通基礎科目(必修)の卒業要件単位とする。また,
「英語Ⅰ~Ⅳ」は共通基礎(選択必修)の単位とする。
(履修方法に関しては下記の「NOTICE」参照)
NOTICE
外国人留学生に対しては,「日本語Ⅰ~Ⅳ」と「英語Ⅰ~Ⅳ」の両方が事前に履修登録されます。「英語
Ⅰ~Ⅳ」は外国語(選択必修)の単位とすることができますが,履修を希望しない場合は,履修登録・確認
期間に履修を取り消すことができます。
2)進級・卒業者発表
学年末試験の結果を受けて進級・卒業判定を行い,上記の要件を満たした者を進級・卒業者として3月中旬に発表
します。発表日および発表場所は,J-port等にて連絡します。
3)卒業見込証明書の発行
卒業見込証明書は,4年次4月の履修登録の結果を踏まえて,卒業見込判定を行い,卒業要件を満たした学生にだ
け5月中旬頃から証明書自動発行機で発行します。
4)学士の学位
卒業要件を満たした者に対しては,学士(総合情報学)の学位を授与します。
5)9月卒業
本学に4年以上在学したものの,所要の卒業単位を修得できずに留年した者が,前期科目の履修と単位の修得を
もって卒業要件を満たした場合は,9月30日付けで卒業することができます。
6)表彰
学則に基づき,在学中に極めて優秀な成績を修めた者には 「学業成績優秀賞」 を,極めて優秀な卒業論文(卒業制
作を含む)を作成した者には 「卒業論文優秀賞(学長賞・小田賞)」 を授与して表彰します。また,スポーツ・文化
の部門においても,特に抜群の成果を挙げた者には,「スポ-ツ・文化賞」 を授与して表彰します。
表彰は,該当者の卒業式の際に行います。
70
8.教育課程
1)授業科目表
共通科目
教職課程 教 科
「情報」
ネットワーク・
セキュリティ
ゲーム・
アプリケーション
システム開発
地球・自然環境
ちば地域構想
・ Web
デザイン
CG
映像・音響
社会
コミュニケーション
会計・金融
起業・商品開発
スポーツ
マネジメント
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
専任教員
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
専任教員
基礎演習Ⅲ
1
1
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
専任教員
基礎演習Ⅳ
2
1
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
専任教員
基礎演習Ⅴ
2
1
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
哲学入門
1
2
思考と論理 1
2
モラルと価値
1
2
△
レポートと文章作法
1
2
△
歴史の方法
1
2
近・現代の歴史
1
2
文化人類学
1
2
現代思想
1
2
社会と法
1
2
選 択
◎
◎
選択必修
◎
1
修
担当者
専任教員
*小須田 健
*小須田 健
*小須田 健
△
△
△
△
神野 建
原田 恵理子
*白井 雅彦
*山野井 健五
*山野井 健五
△
△
△
Kevin Short
*関口 由彦
△
△
石塚 省二
△
成瀬 敏郎
*花村 征志
日本国憲法
1
2
△
■ *金井 洋行
現代日本の政治
1
2
△
茨木 正治
経済の論理Ⅰ
1
2
△
△
未 定
経済の論理Ⅱ
1
2
△
△
組織と人間
1
2
△
△
海外事情
1
2
△
△
統計学Ⅰ
1
2
△
統計学Ⅱ
1
2
△
基礎数学Ⅰ
1
2
△
*乙部 修清
*篠原 徹
*黒須 健治
基礎数学Ⅱ
1
2
△
*乙部 修清
*篠原 徹
*黒須 健治
情報数学Ⅰ
1
2
△
*篠原 徹
*渡辺 俊一
情報数学Ⅱ
1
2
△
*篠原 徹
*渡辺 俊一
離散数学Ⅰ
1
2
△
△
*乙部 修清
*篠原 徹
*黒須 健治
離散数学Ⅱ
1
2
△
△
*乙部 修清
*篠原 徹
*黒須 健治
生命と情報
1
2
生命と環境
1
2
科学・技術の歴史
1
2
健康科学
1
2
未 定
*久保田 達也
△
△
*柴 理子
△
△
内田 治
*鈴木 聡
*相沢 健実
*加瀬三千雄
△
内田 治
*鈴木 聡
*相沢 健実
*本多 正憲
△
△
△
△
☆
△
△
△
△
△
吉田 彰
吉田 彰
△
*小宮山 隆
石井 政弘
原 朗
栁田 純子
71
総合情報学部の学修について
総合基礎
1
1
基礎演習
共通基礎科目
1
基礎演習Ⅱ
必
心理・教育
コース
基礎演習Ⅰ
授業科目の名称
配 当 年 次
科目
区分
単位数
ネットワーク・
セキュリティ
ゲーム・
アプリケーション
教職課程 教 科
「情報」
システム開発
地球・自然環境
ちば地域構想
映像・音響
デザイン
Web
1
コース
・
CG
1
社会
コミュニケーション
スポーツ演習b
会計・金融
2
起業・商品開発
1
スポーツ
マネジメント
1
1
心理・教育
総合基礎
共通基礎科目
スポーツと社会
スポーツ演習a
選 択
選択必修
修
必
授業科目の名称
配 当 年 次
科目
区分
単位数
○
□
☆
○
○
原 豪志
○
○
○
○
○
○
○
○
○
☆
スポーツ演習c
1
1
☆
スポーツ演習d
1
1
☆
担当者
外国語
特別講義a
1
2
特別講義b
1
2
英語Ⅰ
1
1
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
英語Ⅱ
1
1
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
英語Ⅲ
1
1
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
英語Ⅳ
1
1
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
コンピュータ英語Ⅰ
2
1
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
コンピュータ英語Ⅱ
2
1
石井 政弘
□ 原 朗
□ *ゼムノヴィッチ
*熊埜御堂 智
□
小早川 陸貴
鈴木 英男
山口 豊
渡邊 健治
○
■ 吉岡 栄一
■ A.S.Calcote
*太田 美智子
■
*國府方麗夏
■ *小林 直樹
*佐藤 王子
*更科 加代子
*中尾 由美子
*松堂 啓子
*本間 章郎
*藪内 聡子
*小林 直樹
*本間 章郎
*中尾由美子
ビジネス英語Ⅰ
2
1
ビジネス英語Ⅱ
2
1
A.S.Calcote
*藪内 聡子
*飯塚 由樹
中国語Ⅰ
2
1
中国語Ⅱ
2
1
ハングル・韓国語Ⅰ
2
1
ハングル・韓国語Ⅱ
2
1
日本語Ⅰ(※)
1
1
日本語Ⅱ(※)
1
1
日本語Ⅲ(※)
1
1
日本語Ⅳ(※)
1
1
日本語総合演習(※)
1
*崔 甲伊
茂住 和世
*今川 和
1
【備考】
(1)授業科目の名称欄の
(※)
は外国人留学生対象科目を表す。
(2)コース欄の◎は必修科目,○は選択必修科目,☆はコース推奨科目,△は準推奨科目を表す。
(3)教職課程 教科「情報」欄の■は免許取得のための必修科目,□は選択科目を表す。
(4)担当者の前の*は非常勤講師を表す。
72
*今川 和
教職課程 教 科
「情報」
ネットワーク・
セキュリティ
ゲーム・
アプリケーション
システム開発
地球・自然環境
ちば地域構想
デザイン
Web
映像・音響
コース
・
CG
社会
コミュニケーション
会計・金融
起業・商品開発
スポーツ
マネジメント
心理・教育
選 択
選択必修
必 修
授業科目の名称
配 当 年 次
科目
区分
単位数
担当者
情報基礎科目
1
2
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
浅沼 市男
大見 嘉弘
小早川睦貴
朴 鍾杰
花田 真樹
樋口 大輔
三宅 修平
吉澤 康介
*木村 昌史
*小岩 義典
*篠原 徹
*須賀 孝之
*鈴木 敏彦
*中原 俊政
*平塚 聖敏
*渡辺 俊一
情報リテラシーⅡ
1
2
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
大見 嘉弘
河野 義広
朴 鍾杰
花田 真樹
藤原 丈史
*木村 昌史
*小岩 義典
*篠原 徹
*須賀 孝之
*鈴木 敏彦
*中原 俊政
*平塚 聖敏
*渡辺 俊一
情報社会と
コミュニケーション
1
2
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
■ 圓岡 偉男
金 武完
畠中 伸敏
経営と情報
1
2
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
池田 幸代
岩本 俊彦
斎藤 隆
中尾 宏
コンピュータ概論
1
2
△
☆
☆
☆
△
△
☆
☆
☆
■ 寺嶋 廣克
朴 鍾杰
平野 正則
安岡 広志
情報ネットワーク概論
1
2
△
☆
☆
△
△
☆
☆
☆
■ 金 武完
鈴木 英男
花田 真樹
吉澤 康介
プログラミング入門
1
2
☆
☆
△
☆
☆
☆
■ 北風 和久
西村 明
藤原 丈史
マッキンケネスジェームス
吉澤 康介
*海老原 亨
*平塚 聖敏
情報表現と
マルチメディア
1
2
△
☆
△
☆
☆
△
△
△
☆
情報分析Ⅰ
2
2
△
☆
△
☆
☆
△
△
△
☆
△
△
■ 伊藤 敏朗
西貝 雅人
西村 明
松下孝太郎
安岡 広志
△
寺嶋 廣克
岸本 頼紀
堂下 浩 *木村 昌史
*須賀 孝之
*鈴木 敏彦
*水野 宗久
73
総合情報学部の学修について
情報リテラシーⅠ
教職課程 教 科
「情報」
ネットワーク・
セキュリティ
ゲーム・
アプリケーション
システム開発
地球・自然環境
ちば地域構想
デザイン
Web
映像・音響
コース
・
CG
社会
コミュニケーション
会計・金融
起業・商品開発
キャリアデザインa
スポーツ
マネジメント
2
2
心理・教育
情報社会と職業
選 択
2
選択必修
キャリアデザイン科目
情報分析Ⅱ
必 修
授業科目の名称
配 当 年 次
科目
区分
単位数
担当者
△
☆
△
△
△
△
☆
△
△
△
☆
△
寺嶋 廣克
岸本 頼紀
櫻井 尚子
三宅 修平
*木村 昌史
*須賀 孝之
*鈴木 敏彦
*水野 宗久
2
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
□ 池田 幸代
平野 正則
2
2
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
平野 正則
栁田 純子
キャリアデザインb
3
2
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
△
茨木 正治
鈴木 英男
平野 正則
インターンシップ
3
2
△
☆
△
△
△
△
△
△
△
△
△
金 武完
圓岡 偉男
畠中 伸敏
樋口 大輔
栁田 純子
ITキャリア基礎
2
2
△
△
△
△
△
☆
△
日本の社会と
生活文化
(※)
2
2
茂住 和世
ビジネス
コミュニケーション
(※)
2
2
茂住 和世
リクルート
コミュニケーション
(※)
3
2
茂住 和世
△
【備考】
(1)授業科目の名称欄の
(※)
は外国人留学生対象科目を表す。
(2)コース欄の◎は必修科目,☆はコース推奨科目,△は準推奨科目を表す。
(3)教職課程 教科「情報」欄の■は免許取得のための必修科目,□は選択科目を表す。
(4)担当者の前の*は非常勤講師を表す。
74
岸本 頼紀
布広 永示 マッキンケネスジェームス
河野 義広
山口 崇志
専門教育科目
教職課程 教 科
「情報」
ネットワーク・
セキュリティ
ゲーム・
アプリケーション
システム開発
地球・自然環境
ちば地域構想
・ Web
デザイン
CG
映像・音響
社会
コミュニケーション
会計・金融
起業・商品開発
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
原 慶太郎
小泉 宣夫
櫻井 尚子
布広 永示
三宅 修平
総合情報学概論Ⅱ
1
2
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
原 慶太郎
布広 永示
西村 明
コース担当者(12名)
IT基礎技術論
1
☆
△
△
☆
☆
△
☆
△
北風 和久
金 武完
寺嶋 廣克
花田 真樹
*篠原 徹
*平塚 聖敏
*陸路 正昭
プログラミング基礎
1
2
☆
☆
☆
Unix論a
2
2
☆
☆
花田 真樹
森口 一郎
Unix論b
2
2
☆
☆
花田 真樹
森口 一郎
アルゴリズムと
データ構造a
2
アルゴリズムと
データ構造b
2
システム設計論a
2
システム設計論b
2
担当者
■ 岸本 頼紀
マッキンケネスジェームス
山崎 和子
小早川 睦貴
*海老原 亨
*平塚 聖敏
☆
☆
☆
大見 嘉弘
永井 保夫
☆
☆
☆
大見 嘉弘
永井 保夫
2
☆
☆
☆
■ 中尾 宏
布広 永示
*中原 俊政
2
2
☆
☆
☆
■ 中尾 宏
布広 永示
*中原 俊政
データベース論
2
2
☆
☆
☆
■ 平野 正則
プログラミング応用a
2
2
☆
☆
☆
□ 大城 正典
河野 義広
布広 永示
山口 崇志
山崎 和子
プログラミング応用b
2
2
☆
☆
☆
□ 大城 正典
河野 義広
布広 永示
山口 崇志
山崎 和子
情報通信システム論a
2
2
☆
△
☆
☆
□ 井関 文一
情報通信システム論b
2
2
☆
△
☆
☆
□ 金 武完
知能情報学概論
2
2
△
☆
☆
Webシステム
プログラミングa
3
2
☆
☆
△
□ 河野 義広
永井 保夫
藤原 丈史
*本多 正憲
Webシステム
プログラミングb
3
2
△
☆
△
□ 河野 義広
永井 保夫
藤原 丈史
*本多 正憲
オブジェクト指向
モデリング論
3
2
☆
△
システムセキュリティ論
3
2
△
△
ソフトウェア工学a
3
2
☆
△
岸本 頼紀
寺嶋 廣克
ソフトウェア工学b
3
2
☆
△
岸本 頼紀
寺嶋 廣克
ネットワーク
プログラミングa
3
2
2
△
☆
△
☆
△
△
永井 保夫
永井 保夫
☆
☆
□ 井関 文一
井関 文一
森口 一郎
75
総合情報学部の学修について
2
スポーツ
マネジメント
◎
選 択
システム
2
選択必修
共通
専門教育科目
1
必 修
心理・教育
コース
総合情報学概論Ⅰ
授業科目の名称
配 当 年 次
科目
区分
単位数
教職課程 教 科
「情報」
ネットワーク・
セキュリティ
ゲーム・
アプリケーション
システム開発
地球・自然環境
ちば地域構想
デザイン
Web
映像・音響
コース
・
CG
社会
コミュニケーション
会計・金融
起業・商品開発
スポーツ
マネジメント
心理・教育
選 択
選択必修
必 修
授業科目の名称
配 当 年 次
科目
区分
単位数
担当者
システム
専門教育科目
環境
ネットワーク
プログラミングb
3
2
モバイルシステムa
3
2
☆
モバイルシステムb
3
2
△
言語処理論
3
2
知的プログラミングa
3
2
△
マッキンケネスジェームス
知的プログラミングb
3
2
△
マッキンケネスジェームス
知能情報学
3
2
画像・動画処理演習
3
1
ゲームソフトウェア設計論
3
2
ゲームデザイン
3
2
暗号情報セキュリティ論
3
2
△
情報・符号理論
3
2
△
情報セキュリティ概論
1
環境マネジメント論
1
2
コミュニティ論
1
2
環境情報論
2
地理情報システムa
2
2
地理情報システムb
2
2
2
2
3
画像情報論
2
地域資源論
2
2
環境調査演習
2
地域構想演習
2
2
2
環境資源論
3
環境保全論
△
△
☆
△
△
☆
空間情報論
環境デザイン演習
☆
2
環境リモートセンシング
個人情報保護論
☆
△
☆
△
☆
☆
2
△
☆
大城 正典
大見 嘉弘
金 武完
山口 崇志
山崎 和子
△
☆
大城 正典
大見 嘉弘
山口 崇志
山崎 和子
△
布広 永示
△
マッキンケネスジェームス
△
朴 鍾杰
△
大城 正典
△
*小岩 義典
△
☆
鈴木 英男
☆
■ 畠中 伸敏
△
☆
☆
*岡本 眞一
☆
☆
原 慶太郎
☆
☆
富田 瑞樹
*雨宮 有
☆
富田 瑞樹
*雨宮 有
△
☆
□ 鈴木 英男
☆
☆
2
△
井関 文一
森口 一郎
☆
☆
2
☆
☆
*藪内 聡子
☆
浅沼 市男
☆
□ 浅沼 市男
☆
☆
朴 鍾杰
☆
☆
*藪内 聡子
1
△
☆
富田 瑞樹
原 慶太郎
Kevin Short
1
☆
☆
櫻井 尚子
藤原 丈史
吉田 彰
Kevin Short
1
2
☆
☆
☆
☆
△
☆
* 未 定
☆
△
☆
2
☆
☆
畠中 伸敏
Kevin Short
3
2
☆
☆
原 慶太郎
環境倫理学
3
2
☆
☆
Kevin Short
環境アセスメント
3
2
☆
☆
*増山 哲男
環境シミュレーション
3
2
☆
□ 富田 瑞樹
富田 瑞樹
植生情報論
3
2
☆
海洋情報論
3
2
☆
浅沼 市男
気象情報論
3
2
☆
原田 一平
☆
朴 鍾杰
マネジメント
パターン認識
3
2
統計アプリケーション
3
2
社会調査法
3
2
データマイニング
3
2
実験計画法
2
2
マーケティング論
1
2
基礎会計論
1
2
経営学概論
1
2
消費者法
2
2
会計情報論
2
76
2
☆
△
☆
☆
*岡本 眞一
☆
☆
☆
櫻井 尚子
圓岡 偉男
☆
☆
☆
△
☆
☆
□ 内田 治
内田 治
☆
☆
☆
△
☆
☆
△
△
☆
樋口 大輔
☆
*花村 征志
☆
武井 敦夫
☆
岩本 俊彦
武井 敦夫
2
財務会計論
2
消費生活論
2
2
民法a
2
2
民法b
2
2
流通情報論
2
品質マネジメント論
2
2
ERP論
3
2
経営情報システム論
3
2
栁田 純子
△
池田 幸代
☆
2
☆
△
2
☆
青木 俊昭
☆
☆
担当者
武井 敦夫
☆
岩本 俊彦
☆
☆
成瀬 敏郎
☆
△
成瀬 敏郎
☆
△
青木 俊昭
☆
*岡本 眞一
△
斎藤 隆
☆
△
△
中尾 宏
△
中尾 宏
*勝 眞一郎
システム監査
3
2
プロジェクトマネジメント
3
2
☆
☆
畠中 伸敏
マーケティング戦略論
3
2
☆
Webマーケティング論
3
2
☆
ビジネスロジスティクス論
3
2
ベンチャービジネス論
3
2
△
☆
☆
リーガルリスク
マネジメント論
3
2
☆
☆
☆
会社法a
3
2
☆
☆
*花村 征志
会社法b
3
2
☆
*花村 征志
管理会計論
3
2
☆
武井 敦夫
金融情報セキュリティ論
3
2
金融論
3
2
経営科学
3
2
経営戦略論
3
2
原価計算論
3
国際金融論
岩本 俊彦
☆
吉澤 康介
☆
青木 俊昭
☆
堂下 浩
△
成瀬 敏郎
*朴 壽永
☆
堂下 浩
☆
☆
三宅 修平
メディア
☆
樋口 大輔
2
☆
武井 敦夫
3
2
☆
人的資源論
3
2
スタジオ番組・
ドラマ制作論
1
2
メディア機器論
1
情報メディア論
1
2
△
☆
映像表現論
1
2
△
☆
CGアニメーション演習
2
☆
堂下 浩
△
栁田 純子
☆
2
☆
△
☆
☆
☆
☆
△
△
1
Webアニメーション演習
2
1
☆
2
1
☆
アニメ・PV・特撮番
組制作論
2
2
現代社会学
2
コミュニケーション論
2
コンピュータ
グラフィクス演習
2
コンピュータ
グラフィクス論
2
社会学概論
1
2
身体表現論
2
2
比較社会論
2
マスメディア論
2
2
メディア文化論
2
2
映画論・映画史
2
2
音響メディア論
2
2
視覚デザイン論
2
2
社会心理学
2
立体表現
2
2
△
△
3DCGシミュレーション
3
2
△
△
△
2
■ 小泉 宣夫
伊藤 敏朗
△
☆
☆
☆
☆
△
☆
☆
松下孝太郎
△
□ 安岡 広志
△
□ 安岡 広志
☆
△
△
△
西貝 雅人
☆
△
☆
☆
△
☆
1
2
☆
石塚 省二
△
圓岡 偉男
△
△
△
□ 松下孝太郎
△
☆
□ 中島 淳
△
圓岡 偉男
△
2
*岡本 有子
☆
☆
△
2
■ 小泉 宣夫
△
☆
Webデザイン演習
2
西貝 雅人
☆
石塚 省二
☆
☆
☆
☆
☆
☆
☆
☆
△
茨木 正治
☆
*柴 理子
☆
伊藤 敏朗
☆
△
小泉 宣夫
△
△
中島 淳
☆
△
茨木 正治
中島 淳
△
■ 松下孝太郎
77
総合情報学部の学修について
2
教職課程 教 科
「情報」
経済学
ネットワーク・
セキュリティ
ゲーム・
アプリケーション
☆
システム開発
☆
☆
地球・自然環境
☆
△
ちば地域構想
△
2
映像・音響
2
2
デザイン
Web
2
経営組織論
コース
・
CG
マネジメント
専門教育科目
経営管理論
社会
コミュニケーション
会計・金融
起業・商品開発
スポーツ
マネジメント
心理・教育
選 択
選択必修
必 修
授業科目の名称
配 当 年 次
科目
区分
単位数
△
2
△
3
2
△
サウンドデザイン論
3
2
△
シナリオ論
3
2
☆
教職課程 教 科
「情報」
3
サイバースペース論
ネットワーク・
セキュリティ
ゲーム・
アプリケーション
コンピュータミュージック論
△
システム開発
2
2
地球・自然環境
3
3
ちば地域構想
出版メディア論
異文化コミュニケーション論
映像・音響
デザイン
Web
メディア
専門教育科目
☆
コース
・
CG
社会
コミュニケーション
会計・金融
起業・商品開発
スポーツ
マネジメント
心理・教育
選 択
選択必修
必 修
授業科目の名称
配 当 年 次
科目
区分
単位数
担当者
中島 淳
△
茂住 和世
△
△
小泉 宣夫
井関 文一
☆
△
西村 明
△
* 未 定
フォトグラフィクス論
3
2
△
☆
西貝 雅人
映像・放送メディア特講
3
2
△
☆
伊藤 敏朗
メディア広告論
3
2
☆
新聞論
3
2
☆
著作権法
3
2
△
☆
安岡 広志
*河野 孝
ウェルネス
△
△
△
△
■ *清水 幸雄
放送メディア論
3
2
スポーツトレーニング論
1
2
☆
原 朗
スポーツ指導法
2
2
☆
原 朗
スポーツ指導法演習
2
1
☆
原 朗
スポーツ指導論
2
2
☆
スポーツ情報論
2
スポーツ心理学
2
2
スポーツビジネス論
2
2
☆
*久保田 達也
ジュニアスポーツ指導論a
3
2
△
原 豪志
ジュニアスポーツ指導論b
3
2
△
原 豪志
スポーツマネジメント論a
3
2
☆
原 豪志
スポーツマネジメント論b
3
2
☆
心理学概論
1
2
☆
学校心理学
2
2
☆
2
△
☆
△
☆
☆
☆
*鎌倉 由里子
原 朗
△
△
石井 政弘
石井 政弘
原 豪志
△
△
小早川 睦貴
□ 山口 豊
知覚心理学(視覚)
2
2
☆
△
西貝 雅人
知覚心理学(聴覚)
2
2
☆
△
西村 明
心理統計学
3
2
△
内田 治
発達心理学概論
2
2
☆
原田 恵理子
山口 豊
臨床心理学概論
2
2
☆
認知心理学
2
2
☆
小早川 睦貴
心理学研究法
2
2
☆
小早川 睦貴
心理学実験Ⅰ
3
1
△
小早川 睦貴
心理学実験Ⅱ
3
1
☆
小早川 睦貴
心理検査法
3
2
△
山口 豊
心理検査法実習
3
1
☆
山口 豊
プロ
ジェクト
臨床心理学実習
3
1
☆
カウンセリング
3
2
△
山口 豊
教育心理学
2
2
☆
道徳教育論
2
2
△
視聴覚教育法
3
2
△
生涯学習概論
2
2
教育相談論
3
2
プロジェクト研究
3
6
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
専任教員
卒業論文
4
6
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
◎
専任教員
△
□ 山口 豊
■ 原田 恵理子
□ 原田 恵理子
△
*照井 始
△
☆
川名 博志
☆
■ 原田 恵理子
【備考】
(1)コース欄の◎は必修科目,☆はコース推奨科目,△は準推奨科目を表す。
(2)教職課程 教科「情報」欄の■は免許取得のための必修科目,□は選択科目を表す。
(3)担当者の前の*は非常勤講師を表す。
78
2)授業概要
選択
単位数
選必
授業科目の名称
必修
科目
区分
配当年次
共通科目
授業科目の概要
基礎演習
共通基礎科目
1
1
本演習科目は,初年次教育を実施する科目として位置付けており,以下のことを理解
及び習得・実施することで,高校から大学への円滑な移行を図るとともに,本学への
帰属意識を高めることを目的とする。
・本学の建学の精神や教育理念
・大学生活および大学での学び方
・履修モデルおよび目標に沿った履修計画の設定
・宿泊を伴う学外研修への参加
・学園祭への参加
基礎演習Ⅱ
1
1
本演習科目では,基礎演習Ⅰに続いて,初年次教育を実施する科目として位置付けて
おり,10名程度のクラスにおいて,策定された履修計画の確認・指導をおこなう。さ
らに,レポートの書き方など文章作法やプレゼンテーションなどの口頭発表の技法を
身に付け,コミュニケーション能力(読む,書く,聞く,話す,問う)の向上を図る。
その際に必要となる情報収集のための図書館(文献検索)の活用方法も身に付ける。
基礎演習Ⅲ
1
1
本演習科目では,基礎演習Ⅱに引き続き,10名程度のクラスにおいて,初年次教育に
おいて実施された学びを再確認するとともに,策定された履修計画の確認・指導をお
こなう。さらに,レポートの書き方など文章作法やプレゼンテーションなどの口頭発
表の技法を身に付け,コミュニケーション能力(読む,書く,聞く,話す,問う)の
向上を図る。
基礎演習Ⅳ
2
1
本演習科目では,1年次の基礎演習Ⅱ・Ⅲと同様に少人数クラスで実施する。社会人
になるために必要となる基礎力を養成するために,コミュニケーション能力(読む,
書く,聞く,話す,問う)のより一層の向上を図る。また,各自の目標に沿ったコー
ス選択および授業科目の履修ができるよう指導する。
基礎演習Ⅴ
2
1
本演習科目では,3年次からのコース選択を意識させ,希望するコースの教員のクラ
スへ所属し,コースの学びについて理解させる。また,コースの専門科目を学ぶ上で
必要な専門的知識・技術の基礎を理解させる。最終的に,コースに必要となる履修計
画を策定・確認し,各自が希望しているコースを理解して選択できるようにする。
哲学入門
1
2
哲学的世界概念の変遷というテーマで,古代から現代にいたる哲学的思索の変遷をた
どり,哲学的思索の固有性がどのようなところにあるのか,その一端を理解してもらう。
思考と論理
1
2
哲学という営みの中心に思考が位置していることは論を俟たない。哲学における思考
のありようを考える際の基軸となる概念が論理である。論理をどのように考えるかは,
古代から近世までの哲学と二〇世紀以降の哲学とではおおきく異なってくる。この二
面を紹介していきたい。
モラルと価値
1
2
モラルは通常倫理と訳されるが,倫理観は社会や個人に応じて異なることが多い。他
方,価値とは基本的には誰にたいしても同じように妥当するものを言う。倫理ないし
道徳にはつねに時代に応じて異なっていく側面と時代の変化にもかかわらず受け継が
れていく等質的な側面とがある。この二面性をさまざまな倫理思想の紹介を通じて考
えていく。
レポートと文章作法
1
2
大学生としてまず必要になるレポートや論文の作成に必要な事柄をワークブック形式
の教科書を通じて学習する。同時に,そうした学習を通じて将来的にあらゆる場面で
必要となる的確な文章力,表現力の基礎を養う。ここで使用する教科書は,4年次に
おける卒業論文執筆の際に役立つものとして選定している。
歴史の方法
1
2
(1)
時代劇(歴史小説・マンガ等),
(2)
旅と行楽,
(3)
環境の3つを軸として,歴史
学の初歩的な方法や歴史的な物の見方や考え方について習得することを目的とする。
それぞれ,
(1)
では,時代劇(歴史小説・マンガ等)を題材として,歴史学の初歩的
な考え方を,
(2)
では,現在私たちが行う旅や行楽の時代ごとの移り変わりを見るこ
とによって,現在ある物事に歴史的な変遷をたどることを,
(3)
では環境をキーワー
ドとして,主に日本の中世から近世の歴史を読み直すことを通じて,一つの視点から
歴史を見ることに重点を置く。
近・現代の歴史
1
2
明治維新から高度経済成長期までの日本の歴史を生活者の目線で理解することを目的
とする。各時代の枠組みを説明した上で,同時期の食生活や音楽などの文化的側面や
身近な事象の歴史ついても,写真や雑誌等のビジュアル資料を用いて触れてゆく。
文化人類学
1
2
文化人類学の歴史や理論よりも,実際に役に立つ文化人類学の思想を重視する。例え
ば,個人付き合いやビジネスにおける国際的人間関係に必要となる異文化への理解,
または海外の発展計画や地域活性化計画における文化人類学の役割などに力をいれる。
また,短い自習研究を通して,すぐに役に立つ文化人類学のフィールド・ワークのノ
ーハウを身につけたい。
現代思想
1
2
デカルトやホッブスそしてカントからヘーゲルに至るドイツ観念論に代表される近代
ヨーロッパ思想,そしてその世界化がテーマ化され,二十世紀20年代に起点をもつ
存在論的転回,六八年パリ五月革命に代表される近代思想批判に現代思想の原点を求
め,「欲望・他者・自然」の3カテゴリー,「モダン状況とポストモダン状況」とい
う新しい視点を学ぶ。
社会と法
1
2
法は,ビジネス社会,商品交換社会,情報化社会などと称される現代社会において重
要な社会規範の一つである。法が社会において担っている役割を学び,自由・平等な
社会における法規範の効力・限界,及びあるべき姿を「私法」領域を中心に判例など
実際の事件も利用して考察する。
日本国憲法
1
2
日本で最重要な法である日本国憲法を,日本で生活する我々が知らないわけにはいか
ない。日本国憲法は,その成立から60年が経ち,最近憲法改正の議論も盛んである。
本講義では,この憲法にどのようなことが書かれていて,どのようなことが問題とな
っているかを学習する
79
総合情報学部の学修について (総合情報学部)
総合基礎
基礎演習Ⅰ
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
総合基礎
共通基礎科目
現代日本の政治
1
2
現代日本の政治を,政治経済学,マス・コミュニケーション論,行政学,政治過程論,
国際政治学の視点から概説し,日本の政治に対する基本的な認識枠組みを作ることを
ねらいとする。
経済の論理Ⅰ
1
2
経済は生き物である。生き物である経済を理解するには,まずは経済そのものが成り
立つ社会の理解が不可欠であり,社会について理解をするためには人間そのものを理
解しなければいけない。「経済の論理Ⅰ」では経済学を学ぶにあたって,「経済的セ
ンス」を身につけることを目標とする。しかし,その内容は平易なものではあっても
浅いものではない。経済の成り立ちを,講師の3冊の本をベースに展開をする予定で
ある。講師は現役のファンドマネジャーで24年以上の資産運用の経験のあるベテラン
であり,その豊富な人脈で,金融業界の著名な人達の生の声で話していただける機会
も作ったり,グループワークをしたりするので,楽しみつつ学習ができるような工夫
もある。また,地域経済の実情を理解するため,行政の立場で地域経済活性化に取り
組む千葉市経済部長から,千葉市経済の現状,今後の取り組みの方向などについて講
話をいただく。
経済の論理Ⅱ
1
2
経済は生きている。この講座は「経済の論理Ⅰ」を学んだ履修生がさらに経済の意味
や内容について深堀りをする講義である。経済にとって重要な,企業の社会的役割や
投資の意義,日本が抱える経済問題などを解き明かしながら,経済原論を勉強する橋
渡しをする。特に「経済の論理Ⅱ」は「起業」にフォーカスをして,起業のやりがい
や難易度について考えてみる。
講師は現役のファンドマネジャーで,過去5700人の経営者と面談をしてきた。その体
験から,企業の見方,会社の見極め方などを解説しながら,企業研究の仕方,経済を
可視化する方法論などを考えていく。また,ベンチャー企業の経営者から,体験談や
行政の支援策の上手な活用法などについて講話をいただく。
組織と人間
1
2
企業とはヒト・モノ・カネ・情報などの資源を取引して,自らの活動を組織する。
個々の取引がどのように組織化され制度化されるかにより,企業のあり方は大きく異
なる。本講義では,組織体としての企業及び企業で働く人々の雇用問題について学び,
日本的経営についても考察する。さらに企業のコーポレートガバナンスについて考え,
会社は誰のものかという課題も取り上げたい。
海外事情
1
2
「海外ニュースを読む」をテーマとする。グローバル化が進む現代においては,自国
以外の出来事も適切に理解することが不可欠である。局地的な紛争,自然災害,金融
危機などが瞬く間に世界中を巻き込み,その影響が私たちの生活にまで及ぶからであ
る。この授業ではまず,海外で起きていることを新聞やテレビなどの報道で確認し,
メディアに頻出する用語や概念を学ぶ。現状のみならずその歴史的背景も掘り下げ,
問題の本質をより深く理解できるようにしたい。日本における海外ニュース報道の特
質や偏りの問題にも着目する。
統計学Ⅰ
1
2
データの背後にある情報を引き出すための方法として統計的手法がある。統計的手法
はあらゆる分野で活用されており,研究活動におけるデータ処理の技法としても活用さ
れている。本講座では統計的手法の基礎知識を習得することをねらいとする。具体的
には,記述統計学と呼ばれる分野を中心に講義する。
統計学Ⅱ
1
2
統計学Ⅰに続き,データの収集・解析・活用に必要な各種の統計手法を学ぶ。推測統
計学のうち,母平均・母比率などに関する検定と推定を学ぶ。研究活動・実社会への
応用に関して十分に配慮する。
基礎数学Ⅰ
1
2
離散数学Ⅰ・Ⅱでは取り上げないテーマ(関数とグラフの関係,三角関数,指数関数,
対数関数など)と基礎数学Ⅱで学習する微分積分の準備につながる内容を学習する。
黒板での演習を行いながら,計算問題を中心に講義を進める。
基礎数学Ⅱ
1
2
指数関数・対数関数を学んだあと,微分積分学の基礎を学習する。関数の極限, 微分
の定義・計算法・応用,不定積分・定積分とその応用までを,黒板での演習を行いな
がら計算問題を中心に講義を進める。
情報数学Ⅰ
1
2
情報数学は日常の必要性にその起源を持っており,きわめて実用性が高く広く社会で
活用されている。この講義では,情報数学を,社会を読み解き世界を認識するための
数理として紹介する。まず,起こり得る事象の数え上げのごく簡単な例を説明する。
さらに,それを使って確率現象をとりあげる。次に,数列について学習する。
情報数学Ⅱ
1
2
情報数学Ⅰを受けて,情報数学Ⅱでは,まず,スカラーとベクトルについて説明する。
次に,行列の基本について説明し,最終的には,行列の演算,行列式,連立1次方程
式,固有値問題までを学習する。
離散数学Ⅰ
1
2
離散数学では,コンピュータ,情報処理,ネットワ-クやプログラミング分野の技術
を理解する上で基礎となる数学を学ぶ。論理的思考の基盤となる離散数学の一部(集
合・命題計算・ブール代数・グラフ理論・関係・組合せ解析等)や線形代数学の一部
(ベクトル・行列・行列式等)を学習し,この中から「集合論・命題計算・グラフ理
論」を取り上げる。
離散数学Ⅱ
1
2
離散数学では,コンピュータ,情報処理,ネットワ-クやプログラミング分野の技術
を理解する上で基礎となる数学を学ぶ。論理的思考の基盤となる離散数学の一部(集
合・命題計算・ブール代数・グラフ理論・関係・組合せ解析等)や線形代数学の一部
(ベクトル・行列・行列式等)を学習し,この中から「行列・行列式・関係・ブール
代数」を取り上げる。
80
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
総合基礎
共通基礎科目
1
2
「情報」をキーワードに様々な側面から「生きていること」の特質について考えてい
く。まず「情報」とは何かについて論じる。つづいて,生物における個体より上位レ
ベルでの情報交換(コミュニケーション),そして個体より下位レベルの問題である
脳の情報処理,遺伝情報,免疫システムなどについて概説する。
生命と環境
1
2
生命とは何か,自然とは,生態系とは何か,そして生命活動が地球環境の形成にどの
ように関わってきたかを生物進化の歴史をたどりながら理解し,地球上における人類
の位置について考える。
科学・技術の歴史
1
2
近代科学の成立と展開という視点から,紆余曲折にみちた科学・技術の「進歩」の道
筋をたどる。いくつかの事例に即して,具体的な科学理論の歴史的展開を,技術の進
歩や各時代の支配的な思潮との相関の中でとらえ,現代のわれわれにとっての意味を
考察していきたい。ここでは,世界観・宇宙観の歴史を軸に近代力学の成立過程から
相対性理論への展開までを概観する。
健康科学
1
2
保健,医療,さらには福祉等にかかわる問題をテーマにして知識・理解を深める。ま
た,自分自身がスポーツを行う場合,あるいは日本体育協会のスポーツ指導員資格に
も関連し,「スポーツ指導者に必要な医学的知識」
(例 救急処置)
,「スポーツと栄
養」等のテーマも講義する。
スポーツと社会
1
2
高度に多様化する情報化社会において,スポーツとの関係を学ぶ。さらに,日本体育
協会のスポーツ指導員資格とも関連し,①スポーツの概念と歴史,②文化としてのス
ポーツ,③地域におけるスポーツ振興と行政の関わり,④地域スポーツクラブの機能
と役割,⑤スポーツ少年団,⑥社会の中のスポーツ,⑦スポーツプロモーション,な
どを講義する。
スポーツ演習a
1
1
半期あるいは集中授業形式で行い,屋内外のスポーツ種目を実施する。いずれの時間
で受講してもかまわないが,スポーツ種目により,開講時間が異なる。種目はバスケ
ットボール,テニス,バドミントン,サッカー,フットサル,さらに冬季集中形式で
スキーorスノーボードなどである。詳細はweb,体育館入り口等へ別紙一覧表を掲示。
最大でa~dまで4単位受講可能。
スポーツ演習b
1
1
半期あるいは集中授業形式で行い,屋内外のスポーツ種目を実施する。いずれの時間
で受講してもかまわないが,スポーツ種目により,開講時間が異なる。種目はバスケ
ットボール,テニス,バドミントン,サッカー,フットサル,さらに冬季集中形式で
スキーorスノーボードなどである。詳細はweb,体育館入り口等へ別紙一覧表を掲示。
最大でa~dまで4単位受講可能。
スポーツ演習c
1
1
半期あるいは集中授業形式で行い,屋内外のスポーツ種目を実施する。いずれの時間
で受講してもかまわないが,スポーツ種目により,開講時間が異なる。種目はバスケ
ットボール,テニス,バドミントン,サッカー,フットサル,さらに冬季集中形式で
スキーorスノーボードなどである。詳細はweb,体育館入り口等へ別紙一覧表を掲示。
最大でa~dまで4単位受講可能。
スポーツ演習d
1
1
半期あるいは集中授業形式で行い,屋内外のスポーツ種目を実施する。いずれの時間
で受講してもかまわないが,スポーツ種目により,開講時間が異なる。種目はバスケ
ットボール,テニス,バドミントン,サッカー,フットサル,さらに冬季集中形式で
スキーorスノーボードなどである。詳細はweb,体育館入り口等へ別紙一覧表を掲示。
最大でa~dまで4単位受講可能。
特別講義a
1
2
幅広い興味関心のもとで学生として十分な教養を身につけることを目標とする総合基
礎科目をより充実させるという観点から,本学の学びとは比較的縁は薄いが「おもし
ろい」領域,多数の領域にまたがる複合的な研究,あるいは必ずしも「学」として熟
していないが注目を集めている分野などを随時,取り上げていく。なお,学外資金に
よる寄付講座的なものについても,ここで開講する。
特別講義b
1
2
幅広い興味関心のもとで学生として十分な教養を身につけることを目標とする総合基
礎科目をより充実させるという観点から,本学の学びとは比較的縁は薄いが「おもし
ろい」領域,多数の領域にまたがる複合的な研究,あるいは必ずしも「学」として熟
していないが注目を集めている分野などを随時,取り上げていく。なお,学外資金に
よる寄付講座的なものについても,ここで開講する。
英語Ⅰ
1
1
「英語Ⅰ」と「英語Ⅲ」では共通のテキストを用いず,各担当者の裁量によってテキ
ストを選定することにする。通年型のテキストを用いて,前半を「英語Ⅰ」で,後半
を「英語Ⅲ」で行うことにする。テキストの選定は自由だが,小説類の講読は避け,
なんらかの形でTOEIC受験に役立つようなテキストを選定し,かつそれを授業でかな
らず実践することにする。
英語Ⅱ
1
1
TOEICの入門編と位置づけられているTOEIC BRIDGEの共通テキストを用い,実際
の試験に対応できる基礎的な英語コミュニケーション能力を高める。TOEIC BRIDE
テストに備えて形式に慣れると同時に,テストで必要とされるリスニング能力,読解
力,単語力,文法力などを基礎から学ぶこととする。テキストの前半部を「英語Ⅱ」
でやり,後半部は「英語Ⅳ」でやることにする。
英語Ⅲ
1
1
「英語Ⅰ」と「英語Ⅲ」では共通のテキストを用いず,各担当者の裁量によってテキ
ストを選定することにする。通年型のテキストを用いて,前半を「英語Ⅰ」で,後半
を「英語Ⅲ」で行うことにする。テキストの選定は自由だが,小説類の講読は避け,
なんらかの形でTOEIC受験に役立つようなテキストを選定し,かつそれを授業でかな
らず実践することにする。
英語Ⅳ
1
1
TOEICの入門編と位置づけられているTOEIC BRIDGEの共通テキストを用い,実際
の試験に対応できる基礎的な英語コミュニケーション能力を高める。TOEIC BRIDE
テストに備えて形式に慣れると同時に,テストで必要とされるリスニング能力,読解
力,単語力,文法力などを基礎から学ぶこととする。テキストの前半部を「英語Ⅱ」
でやり,後半部は「英語Ⅳ」でやることにする。
81
総合情報学部の学修について
外国語
生命と情報
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
外国語
共通基礎科目
コンピュータ英語Ⅰ
2
1
Windows 7のマニュアルを英語で読む際に必要な基本的な語彙と文型を演習してい
く。前期では,ワークブックを使って,パソコンの設置からブラウザを操作するノウ
ハウを学んでいく。
コンピュータ英語Ⅱ
2
1
Windows 7のマニュアルを英語で読む際に必要な基本的な語彙と文型を演習してい
く。後期では,ワークブックを使って,e-メールやチャット,パソコンのセキュリテ
ィ関連までを網羅する。
ビジネス英語Ⅰ
2
1
英語圏での就職市場を探り,
英字新聞の求人欄で仕事を探したり,
英文履歴書の書き方
を学んで海外の企業に応募するまで,シミュレーション形式で演習していく。
ビジネス英語Ⅱ
2
1
就職面接の際の心得や,英文コレポンや電話の対応など,入社後の仕事の内容に関わ
る英語表現を,作文と会話の両面で演習していく。
中国語Ⅰ
2
1
中国語を初めて学ぶ人を対象に,発音の基礎,ローマ字による表記法と基本構文を習
得させ,置き換え練習及び会話への応用を中心に基本的な会話力を養成する。
中国語Ⅱ
2
1
「中国語Ⅰ」で習得した発音の基礎,ローマ字による表記法と基本構文の理解をより
定着させるため,置き換え練習及び応用会話を中心に行い,中国語による基本的なコ
ミュニケーション能力を養成する。
ハングル・韓国語Ⅰ
2
1
韓国語は日本に一番近い隣国で話されている言語である。日本語に比べ,母音子音と
もに数が多いため,発音や文字(ハングル)を覚えるのに,ある程度時間がかかるし,
努力も必要になる。ただ,一度文字と発音をマスターしてしまうと,語順は日本語と
同じなので,割合速く進むことができるはずで,自己紹介をはじめ,身の回りの事柄
を簡単に表現する練習をしていきたい。
ハングル・韓国語Ⅱ
2
1
「ハングル・韓国語Ⅰ」で習得したことを土台にして,読む,聞く,話す,書く力を
伸ばしていく。語彙を増やし,動詞や形容詞の活用を習得することによって,口頭で
あるいは文章で,自分の言いたいことを表現できるようにしていきたい。また,韓国
語を学ぶことを通じて,韓国の人々の心に少しでもふれていけるように心がけたい。
日本語Ⅰ
(※)
1
1
アカデミックな文章力を身に付けることを目指すが,前期ではその基礎的なスキルを
習得する。テキストを中心に進めながら適宜補助プリントを用いて練習量をふやして
いく。
日本語Ⅱ
(※)
1
1
アカデミックなスタイルの文章に触れ,論理的な文を読むためのスキルや論理的なつ
ながりを示す表現,展開パターンを学習し,筆者の考えや意図を理解する。また,内
容から日本の社会や日本人の考え方などにも触れ,自分の意見を述べたり,考察した
りすることも目指す。
日本語Ⅲ
(※)
1
1
事実,自分の意見,他者の意見の引用を明確に区別し,分析や比較などの思考過程を
も日本語で表現できるようなアカデミックな文章力を身につけることを目指す。前期
に使用したテキストを引き続いて用い,必要に応じてプリント類を使って練習量を増
やしていく。
日本語Ⅳ
(※)
1
1
前期と同様,アカデミックなスタイルの文章を読むことで,論理的な文を読むための
スキルや論理的なつながりを示す表現,展開パターンを学習し,筆者の考えや意図を
理解する。また,内容から日本の社会や日本人の考え方などにも触れ,自分の意見を
述べたり,考察したりすることも目指す。
日本語総合演習
(※)
1
1
【備考】
授業科目の名称欄の(※)は外国人留学生対象科目を表す。
82
毎年7月と12月に行われる日本語能力試験N1合格に照準を合わせ,そのために必要
な能力の強化を図る。受験科目の中でも,特にN1の文型の意味・使い方を学習し,
その定着を目指す。また,読解のスキルを学び,より多くの問題を解くことで,読解
力とスピードをつける。語彙に関しては毎回範囲を指定し,クイズを実施する。
選択
単位数
選必
授業科目の名称
必修
科目
区分
配当年次
情報基礎科目,キャリアデザイン科目
授業科目の概要
情報基礎科目
1
2
総合情報学部の学生として,講義や演習を履修していく上で不可欠なコンピュータ利
用技法を学ぶ。文書作成,表計算やグラフ作成,プレゼンテーション,インターネッ
トを用いたコミュニケーションと情報収集・発信,画像・音声の利用と処理,コンピ
ュータとネットワークの基本的な仕組みの理解,コンピュータ社会に関わる諸問題な
ど幅広く学ぶことで,問題解決のための基礎的素養を身につけることを目指す。
情報リテラシーⅡ
1
2
ソーシャルメディアやクラウドサービスの活用を通じて,
情報共有の仕組み,
情報収集・発
信のためのリテラシーについて実践的に学習する。
具体的には,
TwitterやFacebookなどのソーシャルメディア活用演習,
クラウドサービ
スを活用したブログ作成演習を通じて,
情報発信の意義と人脈作り,
パーソナルブランディ
ングの考え方について学ぶ。これらの実践演習により,
『 自分で未来を設計し,
人生を切り
拓く力』の醸成を目指す。
情報社会と
コミュニケーション
1
2
先ず,情報社会におけるコミュニケーションの基本技術である,電話,インターネッ
ト,携帯の歴史,仕組みと動向について講義する。次に,コンピュータとそのネット
ワークの普及がもつ意味や力を,具体的な事例に即して検討する中で,メディア・リ
テラシーとコンピュータ利用の新たな指針,倫理規範,マナーを修得する。
経営と情報
1
2
企業を経営していく上で必要不可欠な経営資源として,従来から言われていた「ヒト,
モノ,カネ」に加えて,「情報」が挙げられるようになった。今日の企業は業種や規
模のいかんを問わず,PC,コンピュータ,インターネット,その他各種の情報シス
テム等々の「ICT(Information and Communication Technology,情報通信技
術)」を,程度の差こそあれ,何らかの形で利用している。場合によっては,ICTな
しでは企業活動が成り立たない企業や業界もある。
本講義は「経営に必要される情報の在りかた」,「職業人が共通に備えておくべき
ICTの基礎知識」のうち,純粋な技術論を除いた分野の基礎を幅広く学ぶ。
コンピュータ概論
1
2
ITの基礎的知識として必要な,IT技術(コンピュータの基礎理論,構成技術,ハ
ードウェア,コンピュータシステム,ソフトウェア,ヒューマンインタフェース,マ
ルチメディア,データベース等)及び,IT管理(開発技術,プロジェクトマネジメ
ント等)について基本的なことを学習する。
情報ネットワーク概論
1
2
インターネット(携帯電話も含む)を用いたコミュニケーションは、仕事や日常生活の
一部として既に定着している。しかし、インターネットは自己責任の世界。無知や不
注意から個人情報を漏洩させたりウィルスに感染したりしないようにするためには、
自らしっかりした知識を身につけるしかない。また企業や一般家庭でネットワークを
組むことも増えてきたが、まだ家電製品のようにコンセントをさせばよい、という段
階には達していない。本講義では、ネットワークの基礎知識、利用者として知ってい
るべき技術的内容やセキュリティ上の知識を、幅広く学ぶ。
また、本講義の内容は、多くの情報処理系の資格試験(ITパスポート、基本情報技
術者試験など)の必要知識の一部を成すものである。
プログラミング入門
1
2
プログラミングの基礎を学習し,プログラミングを通して,コンピュータを制御し問
題をソフトウェアによって解決するための基本的な考え方と能力を養うことを目的と
する。プログラミングに必要な基礎知識として,コンパイルの方法,書法,データ型,
データ入出力,条件分岐処理,繰り返し処理,配列などを学習する。授業は講義と演
習を交えて行い,課題を課す。
情報表現と
マルチメディア
1
2
音の処理、画像の処理を通じてマルチメディア表現の基礎を学ぶ。それぞれのメディ
アの基本的な特性を理解したうえで、その活用技術と効果的な表現手法について演習
も交えて習得する。具体的には、映像、写真、音響、2DCG、3DCGの5つのカ
テゴリーから2つを選択し、前半と後半で組み合わせて受講する。
情報分析Ⅰ
2
2
情報技術の進展により,多くの情報が早く,しかも手軽に入手出来るようになってき
た。本講では情報の入手方法や情報の分析方法について学ぶと共に,分析した結果を
判りやすく表現するためのグラフ作成方法について学習する。
情報分析Ⅱ
2
2
データ解析のための統計的方法について,表計算ソフトウェア(Excel, Access)お
よび統計解析専用ソフトウェア(SPSS)を使いながら学習する.理論を学ぶだけでなく,
現実のデータを自分で解析しながら,統計的考え方と統計手法の適用場面を習得する。
情報社会と職業
2
2
本学の「総合的キャリア教育」の一環として,将来の進路選択に向けて「社会を知
る」ことに重点を置いて授業を進める。この講義は,現在の社会情勢や様々な業種の
実情を理解するために,社会で活躍している企業人,新卒採用にあたる人事担当者な
ど幅広く外部から講師を招く。オムニバス形式で展開する講義により多彩なキャリア
パスにふれ,履修者個々が将来に向けての職業観を醸成することを主眼とする。
キャリアデザインa
2
2
本学の「総合的キャリア教育」の一環として,将来の進路選択に向けて「自分を知
る」ことに重点を置いて授業を進める。自分の進路を主体的に選択し,その実現に向
けて行動する積極性が重要になる。授業の主要な目的は,以下の4点である。1. 進路
選択のための知識・情報を得る。2. 就職活動全体の流れを理解する。3. 自己分析の
基礎を学ぶ。4. 就職活動に主体的に取組む意識を高める。
キャリアデザインb
3
2
本学の「総合的キャリア教育」の一環として,将来の職業選択に向けて「社会と自分
をつなげる」ことに重点を置いて授業を進める。自分の職業を主体的に選択し,その
実現に向けて行動する積極性が重要になる。授業の主要な目的は,次の2点である。
1. 社会および企業が求める人材の基礎的能力を実践的に理解し,それに必要な能力を
体得する。2. 企業等が求める人材を判断する就職試験を意識して,
必要な能力を高める。
インターンシップ
3
2
この
「インターンシップ」
では,単に学生に就業体験させるだけでなく,
「マナー講座」
,
「発表会」
「報告書作成」
,
などの事前事後のフォローアップを通じて,
「職業観の育成」
「キャ
リアデザインの構築」
「専門教育へのフィードバック」
などへの展開を目指すことにしている。
当取り組みは,
本学の
「キャリア支援」
に貢献するプログラムのひとつでもある。
83
総合情報学部の学修について
キャリアデザイン科目
情報リテラシーⅠ
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
キャリアデザイン科目
I
Tキャリア基礎
2
2
社会人として必要な基礎力であるシステム実現力や問題解決能力,論理的思考力など
の汎用的技能を身につけるため,ロジカルシンキングなどのパーソナルスキルを養う
ことを目的とする。
日本の社会と生活文化
(※)
2
2
日本の経済・社会・文化や日本人の行動・習慣などについて学ぶことで留学生の社会
文化能力をさらに高めることを目指す。卒業後日本での就職を考えている留学生にと
っての「日本についての一般常識」を学ぶ。知らないことばかりでなく,知っている
つもりのことを正確に理解することで,一人一人の留学生の日本社会の中での実質的
行動をより確かにするものにつなげる。
ビジネス
コミュニケーション
(※)
2
2
留学生が卒業後,日本企業に就職したり,日本人相手にビジネスを行なう際のビジネ
ス日本語,ビジネス文化,及び日本人のコミュニケーションスタイルについて学ぶ。
授業では講義のほか,学生同士のロールプレイを通じて,日本語によるコミュニケー
ション力の向上のための実習を行なう。
リクルート
コミュニケーション
(※)
3
2
卒業後日本人学生と同様に就職活動をして企業に就職することを目指す留学生が,日
本独特のシステムである就職活動についての知識とスキルを身につけることを目的と
する。授業では就職活動の流れに沿いながら,外国人にとって特異であるものに気付
かせ,なぜそのようなことが求められるのかについての文化的な側面を考察していく。
【備考】
授業科目の名称欄の(※)は外国人留学生対象科目を表す。
84
専門教育科目
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
共通
専門教育科目
1
2
総合情報学部で学ぶ様々な科目の導入として,情報の本質やそれが社会においてどの
ようなかたちで我々の生活や文化,企業活動などに関連しているかを概説する。人間
集団としての社会およびそこで行なわれるコミュニケーションを情報という観点でと
らえ,情報技術(IT)の発達によってもたらされたコミュニケーションのあり方の変
遷をたどり,未来への展望を示す。
総合情報学概論Ⅱ
1
2
総合情報学概論Ⅰを受けて,学科の12のコースでの学びをオムニバス形式で紹介し,
本学における学びの全体像を示す。コンピュータやインターネットをはじめとする情
報ネットワークなど社会の基盤システム,情報の媒体としてのメディアの役割,受け
手である人間の心理的側面,そしてビジネスや環境分野への展開などに触れながら,
本学での学びの連関図を受講者自らが描けることを目標とする。
IT基礎技術論
1
プログラミング基礎
1
2
プログラミング技術の基礎として構造化プログラミングの理解とそれを実現できる能
力を養うことを目的とする。構造化プログラムに必要な知識・技術としてモジュール
化,値渡し,引数などの知識と技術について学ぶ。また,制御構造として多重ループ
やbreak,continueなどの流れの制御についても学ぶ。加えて,データ構造の基礎と
して参照型の文字列や配列,その扱い方としてソートアルゴリズムや再帰についても
学ぶ。本講義は講義形式の解説と実際のコンピュータを使った演習を組合せて実施する。
Unix論a
2
2
3年でのネットワーク・セキュリティーコースとシステム開発コースを選択するための準備
として,
後期のUNIX論bとのセットで,
Linuxとネットワークの基本的な技術と知識を学習
する。この授業では主に Linuxの標準認定資格であるLPI-101を中心に
(一部LPI-102)
講
義および演習を行う。具体的には,Linuxの簡単なコマンド,シェルの使用,主要な
ファイルとその構造,テキスト編集とその処理,ネットワーク接続を学ぶ。
Unix論b
2
2
3年でのネットワーク・セキュリティーコースとシステム開発コースを選択するため
の準備として,前期のUNIX論aとのセットでLinuxとネットワークの基本的な技術と
知識を学習する。この授業では主に Linuxの標準認定資格であるLPI-102を中心(一
部LPI-101)に講義および演習を行う。具体的には,Linuxの各種ネットワークサービ
ス利用,ランレベル,プロセス管理,簡単なシェルスクリプトを学ぶ。
アルゴリズムと
データ構造a
2
アルゴリズムと
データ構造b
2
システム設計論a
2
2
インターネット時代の情報システムの設計・構築・管理法について理解を深め,We
bベース情報システム(Webアプリケーション)を実現する設計・構築・管理法を習
得する。まず,情報システムの設計思想の変遷を概説し,情報システムの重要性をシ
ステム開発モデルを理解する。次に,インフラ設計やアプリケーション設計などの設
計の流れやシステムの分析設計法について学ぶ。
システム設計論b
2
2
インターネット時代の情報システムの設計・構築・管理法について理解を深め,We
bベース情報システム(Webアプリケーション)を実現する設計・構築・管理法を
習得する。まず,データベース設計法やデータ記述言語XML,Webサービスについ
て理解を深める。次に,トランザクション処理について学ぶと共に,システムの高性
能・高信頼化技術についても理解を深める。 データベース論
2
2
Webシステムやオンライントランザクションシステムなど多くのシステムでデータ
ベースが使用されている。ここでは,リレーショナルデータベースを中心に,データ
ベースの設計,アクセス方法,障害処理,について理解する。
プログラミング応用a
2
2
Java言語を使用してオブジェクト指向プログラミング(OOP: Object Oriented
Programming)に必要な基礎知識について講義・演習を実施する。特に,オブジェ
クトとは何か,カプセル化,継承,多様性などの概念について理解を深める。また,
OOPと並行して国家試験である基本情報技術者試験で出題される基本的なアルゴリ
ズムに関する理解も深める。
プログラミング応用b
2
2
Java言語を使用してオブジェクト指向プログラミング(OOP: Object Oriented
Programming) に必要な基礎知識について講義・演習を実施する。特に,スレッド,
アプレット,
イベント処理などについて理解を深める。また,
OOPと並行して国家試験であ
る基本情報技術者試験で出題される基本的なアルゴリズムに関する理解も深める。
情報通信システム論a
2
2
ITパスポート試験は情報処理技術者試験のレベル1の国家試験である。
内容は企業等で働く人が持つべきIT基礎知識を問うものであり,
ステラテジ系
(戦略)
,
マ
ネジメント系
(管理)
,
テクノロジ系
(技術)
の3つの分野から,
基本的知識につき,
幅広く出題
される。
本科目では,
ITパスポート試験向けの模擬試験等を通して,
テクノロジ系
(技術)
の知識を
習得する。 併せて,
ITパスポート資格の取得を目指す。
また,ITパスポートと同等以上の資格を既に持っている学生に対しては,より上位
の資格である基本情報技術者資格,応用情報技術者資格を目指すための学習を行う。
2
情報処理の基本であるアルゴリズムとデータ構造について講義する。基本情報技術者
試験のアルゴリズムとデータ構造に関する出題内容を理解するために,アルゴリズム
の概念,構造化プログラミング,制御構造,フローチャート,擬似言語,配列,リス
ト,レコード,スタック,ハッシュ,待ち行列,探索,ソートアルゴリズムを具体例
を通じて学習する。講義を主体とするが,課題をほぼ毎週出し,その課題を解くこと
で理解を深めることも行なう。
2
2
アルゴリズムとデータ構造aに続き,より高度で実用的なアルゴリズムとそのプログ
ラミング実装の具体例を講義する。主として,ハッシュ,文字列処理(パターンマッ
チング,圧縮),ファイル処理,再帰処理,グラフ探索,最短経路問題,バックトラ
ック,計算量による評価を取り上げ学習する。適宜,基本情報処理技術者で出題され
た過去問題についても取り上げる。講義を主体とするが,課題をほぼ毎週出し,その
課題を解くことで理解を深めることも行なう。
現在,インターネット上の事実上の標準プロトコルであるTCP/IPは,コンピュータ
ネットワークを勉強する上で非常に重要な位置を占めており,TCP/IPの理解無くし
てコンピュータネットワーク(LAN)を理解することはできないと言っても過言では
ない.この講義では,TCP/IPプロトコルをOSI参照モデルと対比させながら,基礎か
ら応用までを講義する。
85
総合情報学部の学修について
システム
総合情報学概論Ⅰ
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
システム
専門教育科目
情報通信システム論b
2
2
TCP/UDP層より上位のアプリケーション層でのインターネットアプリケーション
のプロトコルの動作原理とその基本的な考え方を講義する。電子メール,Webブラ
ウザ,Webアプリケーションはどのようにして動作するかを明らかにするとともに,
セキュリティ,P2Pネットワーク,リアルタイム通信についても言及する。
知能情報学概論
2
2
人工知能についての基本的な概念(主に知識と推論)を学ぶ。本講義では,人工知能研
究の歴史と概要,知識と推論の定義,問題の表現・状態空間法による問題解決手法,
探索手法,問題分割法,ゲーム,論理による推論(命題論理),論理による推論(述
語論理),知識表現と推論(プロダクションシステム),知識表現と推論(フレーム
と意味ネットワーク),人工知能言語(Prolog, Lisp)などについて説明する。
Webシステム
プログラミングa
3
2
情報システムの基本となるWebアプリケーションに必要となる基本概念を理解し,
その設計および構築に必要となる技術を習得する。 主として,アプリケーションレ
ベルのプロトコル (HTTPプロトコル)を用いた3層C/Sシステム,つまり Webアプリ
ケーションを作成するためのサーバサイドプログラミングの基本概念,HTMLの基本
知識 (特に,formタグ,inputタグ),CGIとサーバサイドプログラムの比較などに
ついて学習する。
Webシステム
プログラミングb
3
2
Webシステムプログラミングaに引き続き,Webアプリケーションには不可欠とな
るデータベース管理システムの仕組み,データベースの設計および作成,データベー
ス管理システムを利用したデータベースの操作について学習する。さらに,データベ
ース管理システムを連携して,データベース操作を行えるスタントアローンアプリケ
ーションならびにWebアプリケーションを作成できるようにする。
オブジェクト指向
モデリング論
3
2
オブジェクト指向アプローチの基本的な考え方,オブジェクト指向設計,表記法であ
るUMLの基礎について説明する。具体的には,オブジェクト指向の基礎,UMLとそ
の歴史,モデリングとモデルの概念,モデルを表現するための13種類のUMLのダイ
アグラムについて学習する。さらに,UMLを利用したオブジェクト分析・設計につい
ても学ぶ。
システム
セキュリティ論
3
2
コンピュータシステムのセキュリティ問題について,物理的側面,ソーシャルエンジ
ニアリング的側面,ソフトウェア的側面から解説したい.特に,ソフトウェア的側面
では,近年急速に普及しつつあるネットワーク(LAN,インターネット)上でのセキュ
リティホールとその防御法について講義する.セキュリティを向上させるには,逆に
攻撃者(クラッカー)の攻撃手段を熟知することが必要不可欠であるので,その点につ
いても詳しく講義する。
ソフトウェア工学a
3
2
ソフトウェア工学の基本的な考え方と知識を体系的に学び,「安心・安全」なソフト
ウェアを設計・作成・保守する力を強化することを目的とする。ソフトウェア開発プ
ロセス,ソフトウェアライフサイクル,プロセスの標準化,要求分析からテスト工
程・保守まで一貫した流れを学ぶ。
ソフトウェア工学b
3
2
ソフトウェア工学の基本的な考え方と知識を体系的に学び,「安心・安全」なソフト
ウェアを設計・作成・保守する力を強化することを目的とする。ソフトウェア品質管
理,PMBOKなどの開発工程管理,リスク管理,人的管理などのソフトウェア開発
の管理者に必要な技術と知識を学ぶ。
ネットワーク
プログラミングa
3
2
情報社会における基盤技術であるインターネット技術は,ネットワークの構築・運用
とアプリケーション開発に大別される。この授業では,ネットワークシステムの管理
者およびネットワークアプリケーションの作成者を育成することを目標に,実際にシ
ステムを構築しながら学習を進める。ネットワークプログラミングaでは,主にLinux
システムをインストールして,自らが管理者となって様々な設定を行いサービスを提
供する訓練を行う。
ネットワーク
プログラミングb
3
2
情報社会における基盤技術であるインターネット技術は,ネットワークの構築・運用
とアプリケーション開発に大別される。この授業では,ネットワークシステムの管理
者およびネットワークアプリケーションの作成者を育成することを目標に,実際にシ
ステムを構築しながら学習を進める。ネットワークプログラミングbでは,前期作成
したLinuxシステム上でWebアプリケーションをはじめ,各種通信プログラムを自ら
開発する訓練と小規模なネットワークの構築演習を行う。
モバイルシステムa
3
2
近年,携帯端末を中心としたモバイルシステムとモバイルシステムを相互接続するモ
バイルネットワークが進展し続けている。先ず,この様なモバイルシステムとモバイ
ルネットワークの基本技術として,セルラー方式,ハンドオーバ方式,ネットワーク
制御技術等を学ぶとともに,基本的な開発動向として,3GPPのリリース,LTE等を
学ぶ。さらに,この様な理解に基づいて,モバイルシステムとモバイルネットワーク
上で動作する様々なアプリケーションを具体的に実現する基本技術を実践的に学ぶ。
モバイルシステムb
3
2
スマートフォン,タブレット機器に代表されるモバイル機器上で動作するソフトウェ
アの作成について,開発環境の整備方法から,実際の開発方法について学ぶ。これら
のモバイル機器独自のマルチタッチ・ユーザインタフェイスや常時接続されていると
いう性質を持つ無線ネットワークを利用したソフトウェアの設計方法を学習する。ま
た,モバイル機器に装備されているマイク・カメラ・GPS,ジャイロ装置などの各種
センサー類を活かしたソフトウェアが作成できるように,これらのセンサー機器を
APIを介して利用する方法についても学ぶ。
言語処理論
3
2
最初にプログラミング言語の構文を厳密に定義するための形式的記述法を学ぶ。次に,
コンパイラとインタプリタの機能・構造・機構について基本を学ぶ。また,Java言語
やC#言語の処理に必要な中間言語と仮想マシンの役割りについて理解を深める。
知的プログラミングa
3
2
知的プログラム(人工知能プログラム)とは,知的に振る舞うコンピュータプログラ
ムのことであり,従来のコンピュータプログラムでは解を見つけるのが難しい問題を
解決することを目標とする。本講義では,ロボットやコンピュータゲームなどで広く
利用される知的処理とその周辺技術のプログラミングについて学ぶ。
具体的には,探索,推論,意思決定,知識表現,知識発見,学習,等を実現するため
のプログラミングについて学び,プログラムを実際に動作させその効果を確認する。
86
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
システム
専門教育科目
3
2
知的プログラム(人工知能プログラム)とは,知的に振る舞うコンピュータプログラ
ムのことであり,従来のコンピュータプログラムでは解を見つけるのが難しい問題を
解決することを目標とする。本講義では,ロボットやコンピュータゲームなどで広く
利用される知的処理とその周辺技術のプログラミングについて学ぶ。
具体的には,探索,推論,意思決定,知識表現,知識発見,学習,等を実現するため
のプログラミングについて学び,プログラムを実際に動作させその効果を確認する。
知能情報学
3
2
知能情報学(人工知能)についての講義を通して,知能情報学の基本的概念の理解を
深める。本講義では,主に機械学習やソフトコンピューティングなど,知能的な問題
解決手法について説明する。具体的には,模倣,記憶,探索,パターン認識,機械学
習,ソフトコンピューティング,データマイニング,知識モデリング,自己組織化な
どについて学び,それらを用いた問題の解決方法を学ぶ。解決する問題としては,迷
路問題など,知能情報学で頻繁に利用される共通問題を用いる。
画像・動画処理演習
3
1
米Intel社で開発された画像処理・画像認識用のC言語ライブラリであるOpenCVを用
いて静止画や動画を処理する演習授業である。画像情報論やパターン認識の講義で学
んた理論を基に実際のディジタル画像に適用し実習する。また,基本アルゴリズムを
組み合わせることで目的とする一つのソフトウェアを構築する演習を行う。
ゲームソフトウェア
設計論
3
2
オブジェクト指向に基づくソフトウェア設計を行う上で必要な考え方と方法論の基礎
を学ぶ。題材はゲーム。プログラミング言語としてはJavaを用いる。まず2年生まで
のオブジェクト指向関連科目の復習を行う。ついでデータ管理の為のコレクションに
ついて学習し,ソフトウェア設計で使用するUML及び典型的なデザインパターンの学
習を通じて設計手法を修得する。その上で,ゲームソフトウェアに特有の構造に利用
できるパターンを紹介し,具体的な作成例を示す。
ゲームデザイン
3
2
ゲームはプレイヤーのモチベーションを発生・持続させる性質を持ち,プレイヤーに
自ら努力させ,技術を磨かせて,目標に達成させることによって,達成感・充実感を
提供する構造を持つ。また,プレイヤーどうしのコミュニケーションを促進する効果
も持つ。このような効果が,ゲーム内のどのような要素から生まれるのかを分析し,
どのようにデザインすれば優れたゲームを作成できるのか,その方法を学習する。具
体的な観点としては,ゲーム理論,有限資源のマネージメント,トレードオフ,競合
関係,推測,努力と報酬などを扱う。
暗号情報
セキュリティ論
3
2
暗号情報セキュリティ論では,整数論と計算量理論を基礎とする現代暗号理論のプリ
ミティブとその役割,各暗号アルゴリズムのプログラミングについて学ぶ。次の項目
を含む。1.暗号の歴史,2.整数論,3.RSA公開鍵暗号,4.Diffie-Hellman鍵
交換アルゴリズム,5.一方向性ハッシュ関数,6.ElGamal暗号,7.ディジタル
署名,8.多倍長演算アルゴリズム,9.実用的鍵長のRSA暗号プログラミング,10.
素因数分解アリゴリズム,11.楕円曲線暗号の基礎(楕円曲線の群構造),12.DES共
通鍵暗号,13.AES共通鍵暗号,14.情報セキュリティ符号,15.まとめ
情報・符号理論
3
2
情報・符号理論では,符号の数理として,情報量,圧縮符号,誤り訂正符号,通信路
容量などを学ぶ。次の項目を含む。1.情報量の定義と計算,2.冗長性と符号化,
3.ISBN符号,4.エントロピーの計算1,5.エントロピーの計算2,6.情報
源符号化法の分類,7.語頭条件とクラフトの不等式,8.シャノン・ファノ符号,
9.ハフマン符号と情報源符号化定理,10.ユニバーサル情報源符号化,11.通信路
モデル,12.通信路容量と電話線のアナログモデム,13.符号の誤り検出・訂正能力,
14.誤り訂正符号の基礎としての多項式計算法,15.まとめ。
情報セキュリティ概論
1
環境マネジメント論
1
2
環境についての考え方を幅広く学習する。その対象は,
身近の環境問題から地球環境の問
題までを含めて考える,
とくに企業における環境マネジメントシステム,
LCA
(ライフサイク
ルアセスメント)
,
製品の環境側面など,
様々な取り組みについても紹介する。
コミュニティ論
1
2
経済が成熟し,急速な経済成長の時代が過ぎ去った現代の日本においては,戦後の日
本社会で生活の基盤としてきた家族や会社といった共同体が多様化,流動化し,さら
に少子高齢化による人口構造の変化により,個人の社会的孤立現象が深まる傾向にあ
る。今後いかにして新たなコミュニティを創造するか,またどのような展望や政策対
応が重要であるのか,都市,グローバル化,社会保障,地域再生,医療,公共政策な
どの観点から,新たなつながりの形を検討する。
環境情報論
2
地理情報システムa
2
2
地理情報システムは,あらゆる地理空間情報を地図上に表示しながら,その属性をデ
ータベースとして管理できるシステムである。地形・地質・気温・生物の分布や,土
地利用・道路・鉄道・人口の分布などの,様々な環境データを解析し,その結果を公
開することもできる。講義では,業界標準ソフトウェアのArcGISを用いて,その概
念と技術を習得する。
地理情報システムb
2
2
地理情報システムは,あらゆる地理空間情報を地図上に表示しながら,その属性をデ
ータベースとして管理できるシステムである。本講義は,前期の地理情報システムa
で習得した知識・技術に加え,応用的解析技術の習得を目標とする。総合演習では,
地理情報システムを用いた課題の設定・解析と,結果の公表のプロセスを経験し,地
理空間情報処理の実践力を養う。
空間情報論
2
2
将来の情報セキュリティ技術者の育成のための,情報キュリティの概念について学ぶ。
リスクとリスクコントロール,インシデントの概念を理解し,情報セキュリティ上の
対策について習得する。
2
2
地球環境を把握するための,観測技術の原理,観測技術の応用手法,観測と観測デー
タの実態を論ずる。これらの観測技術によって観測された世界各地の具体的な現象を
例にとり,人間の社会活動がどのように地球環境へ影響を及ぼしてきたか,そして,
その解決に情報技術がどのように適用されるかについて考察する。
地球環境を空間として捉え,空間を観測,解析,表示する手法を論ずる。地球環境を
空間として取り扱うための地理情報システム(GIS)を支援するために,空間情報と
して定義されるレイヤー,シェープファイル,空間投影法,空間集合処理手法等に基
礎知識について論ずる。さらに,地球環境を観測し,空間情報として表現するため,
波長空間,距離空間,時間空間,周波数空間,空間変換手法,分類手法等の基礎知識
について論ずる。
87
総合情報学部の学修について
環境
知的プログラミングb
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
環境
専門教育科目
環境リモート
センシング
3
画像情報論
2
地域資源論
2
2
戦後,文化遺産保護の制度が国際社会や日本国内でも整えられてきたこと,またその
なかで遺産の概念が変化してきていることをふまえて,文化遺産保護とまちづくりと
の関係について概説する。それぞれの地域の歴史的遺産について,建物や遺跡のよう
な形あるものだけではなく,それらと密接な関係を持って存在した祭礼,芸能,技能,
習慣なども紹介しながら歴史と文化の認識を深め,さらにそれらの保全と観光資源と
しての活用への取り組みについて検討する。
環境調査演習
2
1
自然環境,特に植物と環境要因との関係や,植物同士あるいは植物と他の生物とのダ
イナミックな相互作用について現地実習をとおして学ぶ。これらの相互作用を明らか
にするためのGPSなどの機器を用いた調査・解析手法を,現地実習をとおして習得す
る。また,植生の垂直構造や,森林生態系・湿原生態系の組成と構造について実践的
に理解する。
地域構想演習
2
1
千葉が持つ地域の資源(文化,歴史,観光,産業等)やコミュニティ活動を再発見し,
それぞれの問題解決のために何ができるか,何をなすべきか,誰と協力すべきかにつ
いて,現地の実調査を通して把握する.集めたデータは情報ツールを使って加工,解
析し,その結果を発信するためのミーティングを設定.実践する.現地調査により,
人々や社会の真の問題点を理解する。
環境デザイン演習
2
1
設計作業におけるCADを上手く使っていくためにCADに慣れることを目標として
いる。そこでCADの基本概念と基本操作を学び,演習としてCADによる簡単な施
設設計を行う。本演習がきっかけとなってCADを楽しく使いこなし,様々な設計に
活用してもらいたい。
個人情報保護論
2
環境資源論
3
2
主として自然や文化資源の問題について,資源の持続的利用の方途について概説する。
とくに生物資源の管理における基礎的な問題,そして,その管理に情報がどのように
関わってくるのかを中心に論じる。それらを通じて,環境資源を持続的に利用し,将
来の子孫に残していく方策について論考する。 環境保全論
3
2
自然環境に関する保全の課題を,1992年の国連環境開発会議以降この分野の主要テ
ーマとなった
「生物多様性の保全」
を中心に据えて講義する。その生態学的基礎事項の概
説から始めて,
景観生態学的視点の重要性や,
具体的な保全手法の策定におけるモートセ
ンシングやGIS
(地理情報システム)
などの応用や今後の展望に関して紹介する。
環境倫理学
3
2
人類が始まってからの各歴史時代,そして世界各地域における,人間と自然の関係に
ついての考え方(自然思想)について論じる。その過程で,環境に関する倫理的な見
方がどのように形成されたかについて考察し,現代人に実際に通じる自然思想につい
て検討する。
環境アセスメント
3
2
前半は環境アセスメントと深い係わり合いがあるキーワードである
「環境」
「自然」
,
「土木」
,
の定義や,
環境及び生態系についての基礎知識の充実を身近な具体事例をもとに目指す。
後半は,環境アセスメントの理念や手続き,調査・予測・評価の技術についての知識
を身に付けるとともに,今後の環境アセスメントの動向などの理解を目指す。
環境シミュレーショ
ン
3
2
自然環境に関する現象を解析・記述・推定し,現象の変化を予測するための手法を学
ぶ。講義では,主に生物・生態系に関する概念や現象について紹介する。コンピュー
ター演習では,表計算ソフトを用いて基本的な解析およびシミュレーションを実行す
る方法について実践的に学び,生物・生態系に関する理論や現象についての理解を深
める。
植生情報論
3
2
植生は地球環境の重要な構成要素である。本講義では,植物個体-個体群-群集-生態系
の階層に植生を区分し,植生の組成や構造,植生の維持・更新機構,および,それら
と環境要因との関係について概説する。また,植物の生活史段階の差異に着目しなが
ら,地理情報システムやリモートセンシングを用いた陸上植生の調査・解析手法につ
いても紹介する。
海洋情報論
3
2
海洋に関する物理,化学,生物の基礎を学習するとともに,CGを生かした海洋現象
の処理手法と表現手法の概要を学習する。海洋現象については板書のみでは理解が困
難であるので,実際に取得された衛星搭載センサーによる観測データ,船舶による養
生観測データ,その他の観測データの可視化及び図化手法を通して,海洋現象の理解
を進める。特に,取り扱う海洋現象の情報としての数値の取り扱いに重点を置き,海
洋情報論とする。
気象情報論
3
2
日々の生活で身近な気象情報や,近年の地球温暖化・都市域のゲリラ豪雨などにみら
れる地域から地球規模にわたる環境問題のしくみを理解するため,大気中に起こる現
象を学ぶ。気象現象の基礎となる力学・熱力学などを解説し,低気圧や台風,エルニ
ーニョなどの現象とメカニズムを説明する。これらの理解を通じて気象情報の読み取
り方や利用法を学習する。
パターン認識
3
2
現実世界にある3次元の物体の形状情報をコンピュータ内に表現するモデリングやデ
ィスプレイなどに表示できる2次元の画像の変換作業,そして時間に伴う対象世界の
変化をアニメーションなどについて学習を行う。実際にコンピュータを用いて目的の
画像を生成・加工する段階で必要となる基本的事項を習得する。
88
2
授業科目の概要
2
衛星搭載センサーから地表面,海洋などの地球環境が観測され,環境研究に利用され
てきた。ここでは,環境情報システムのエンドユーザとして,衛星情報処理ソフトウ
エアを利用し,衛星観測データの取り扱い手法について学習し,環境に関する研究へ
利用可能な形態とする手法を学習する。特に,本学において受信処理するMODIS
データの環境研究への利用手法を学習する。
画像の入力方法,画像の統計的性質,画像の強調と復元方法,画像の特徴抽出と領域
分割の方法そして,画像生成方法などに関する基礎的事項を実習し,体験する。これ
により,ディジタル画像情報処理の原理,手法の理解を高める。
2
個人情報の有用性に配慮しつつ,如何に個人情報を保護するかについて論じる。
今後,益々,共通番号制度の導入などにより,個人情報の有用性は増大するが,一方
で,個人情報の安全性の確保が重要となる。
そこで,本講では,個人情報保護の情報システムの全体像に触れながら,個人情報の
安全管理措置について解説する。
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
環境
専門教育科目
3
2
主として多変量解析と,その応用について理解させる。ここでは,以下の方法を学習
する。
(1)回帰分析,(2)主成分分析,(3)判別分析
なお,統計解析ソフト(SPSS)による実習も取り入れ,計算結果の解釈など,応用面
を重視する。たとえば,経営分析,市場調査,需要予測,品質管理などの企業経営の
様々な場面で必要となる統計的方法についての理解を深める。また,これらの統計解
析のためのパソコン・ソフトの利用についても解説し,実習を通じて,計算結果の解
釈についての学習も行う。
社会調査法
3
2
実際の社会的問題意識に基づいて調査設計を行い,収集したデータに対しコンピュー
タによる集計・解析を実施する。社会調査の意義を理論・実習の両面から正確に理解
する。
データマイニング
3
2
大量のデータから規則を導き出すデータマイニングについて,具体的な方法論を学習
する。また,実際のビジネスの現場における活用について考える。
実験計画法
2
2
できるだけ少量のデータから消耗の情報を引き出すための効率的データの収集法を学
ぶ。知識の習得にあたっては,講義の他に,逐次,演習を取り入れる。
マーケティング論
1
2
初めてマーケティングを学ぶ学生を対象とする。マーケティングの定義と機能, マ
ーケティング固有の専門用語や独自の視座など, 基本的な内容について分かりやす
く解説する。
この市場における製品やサービスをめぐるセグメンテーションやディファレンシエ
ーション,ブランド化などについて理解を深めることがこの講義の狙いである。
基礎会計論
1
2
基礎会計論は会計の基礎となる複式簿記について学習する科目である。複式簿記は企
業の活動内容を記録・理解するうえで不可欠の技術である。ところが,現代の企業が
実際に用いている複式簿記には様々な独特の考え方が盛り込まれている。たとえば,
簿記上の「資産」は一般に言う「財産」とは異なるし,現金の収入・支出がそのまま
簿記上の「収益」や「費用」になるわけではない。そしてコンピュータを用いた高度
な経理システムも,それらの複式簿記の基本的な考え方の上に構築されている。こう
した特徴に着目して講義する。
経営学概論
1
2
経営学の基本的なフレームワークについて講義する。経営学の関心は,企業活動にま
つわるあらゆるトピックに及び非常に多岐にわたるが,本講義では,経営学を理解す
るための土台づくりに重点を置き,基本的な考え方や用語を具体的な事例を交えなが
ら解説を加えていく。
消費者法
2
2
消費者法は,消費者をめぐる権利関係について消費者の保護を目的として制定されて
いる法律その他の法制度の総称である。本講義では,①商品表示,②消費者契約・特
定商取引等の取引,③製造物・食品の安全,④消費者情報等の4分野中心にそれぞれ
の関係する法律の内容と運用状況について考察する。
会計情報論
2
経営管理論
2
2
ICTやグローバル化の進展のもとでビジネスを展開している経営組織のマネジメント
の現状及び将来の経営課題の解決策の検討に向けて,主要理論の理解とその応用力を
高めることをめざす。経営管理の主要理論をより理解し,実際の経営事例の検討に応
用するための当事者意識の醸成もめざす。
経営組織論
2
2
本講義では,マクロの視点から,企業や行政組織,非営利組織などの組織と,それを
取り巻く環境との間で繰り広げられるインタラクションに注目する。特定の環境下で
組織はどのように環境の認知を行い,意思決定をし,また意思決定を実行する組織を
構築するか,ということに関する一連の理論について学ぶ。また組織が積極的に環境
に影響を与える存在としての側面についても理解する。
経済学
2
2
講義では,基本的素養となる教養の経済学を紹介する。古典派経済学のアダムスミス
やリカードなどの経済学から今日の経済学に至るまでの理論的な発展の流れを理解す
る。特に,「新古典派経済学」や「マルクス経済学」,「ケインズ経済学」など主要な理
論を紹介していく。また,現代の様々な経済問題についても解説する。あわせて,今
日的な課題である「財政・金融危機」など具体的な問題にも触れていく。
財務会計論
2
消費生活論
2
2
企業がきびしい競争環境で効果的なマーケティングを展開するためには市場における
消費者の行動を理解することが大切である。本講義では消費者の欲求,消費者による
情報の取得,消費者の意思決定,消費者満足の形成等がどのようになされているかに
ついての理論やモデルを幅広く取り上げ解説,消費者の視点からの関連する諸問題の
解決に向けた取り組みについて述べていく。
民法a
2
2
民法は,財産取引と身分(夫婦・相続など)を規律する私法の基本法である。本講義
では,財産法分野を扱う。各種の契約を素材に,判例など実際の事例も用いつつ,民
法総則(権利主体,法律行為,時効制度等),物権(所有権,占有権,登記等)及び
担保物権(抵当権等)を考察する。
民法b
2
2
民法は,財産取引と身分(夫婦・相続など)を規律する私法の基本法である。本講義
では,財産法分野を扱う。本講義は,民法の債権領域(債権総論,債権各論,不法行
為)を中心に,債権の概念と効力,不動産・動産等の売買を中心とする権利移転型契
約,賃貸借を中心とする貸借型契約,及び契約解除を中心に考察する。
2
会計の目的を具体的に考え,会計情報を活用する方法を学ぶ。簿記は会計情報を作る
ために行われる。したがって,作り出された会計情報を利用できなければ,簿記を勉
強する意味も半減してしまう。会計ソフトを活用して会計情報の作成方法について実
習する。
2
財務会計論は企業が株主や債権者のために,その経理内容を公表する財務諸表を作成
する際の原則を学ぶ。一般人に入手可能な財務諸表は上場会社の「有価証券報告書」
であり,その作成システムや作成ルールについて学習する。
講義と並行させながら,膨大な上場会社のなかから,人気のある会社の有価証券報告
書を日本経済新聞社の財務データベース「Nikkei NEEDS」から選び,学生諸君のPC
上で会計情報として活用する。1年次に学習したコンピュータ・リテラシーの技を使
って,PC上で財務分析(会計情報・会社情報・証券価格などの比較分析)について
学習する。
89
総合情報学部の学修について
マネジメント
統計アプリケーション
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
マネジメント
専門教育科目
流通情報論
2
品質マネジメント論
2
2
本講義では,品質管理の考え方について幅広く学習する品質管理について,単に不良
品を作らないという生産現場のみの活動としてではなく,サービスも含めた業務全般
を対象として,いかに顧客に満足を与えることができるか,それをどのように達成す
るかという視点で考える。
ERP論
3
2
ERPとは,企業の経営資源を効率的に計画し管理する経営システムのことである。
ビジネス界では通常,その概念を実装化したパッケージソフトウェアを指す。情報シ
ステムを活用した経営課題の解決法の1つとして,ERPは今日,企業経営者から多
大な注目を集めている。本講義では,ERPの優位性を検討していきたい。
経営情報システム論
3
2
重要な経営資源としての情報について解説し,企業活動における経営情報システムの
位置付けと概要を総合的に解説する。前半は,経営資源としての情報資源の概念とそ
の測定,評価,管理手法について概説。後半は,ビジネスモデルの成功事例やERP
システムを題材に事例研究を行うことにより基幹業務システムとの関連を含めて経営
情報システムについて総合的に解説する。
システム監査
3
2
J-SOXの制定や企業の内部統制の高まる機運の中で,システム監査の基本原理とリス
ク・コントロールの仕組み,監査技法を概説し,システム監査の目的,対象領域,手
順,関連法規とガイドラインなどについて述べる。
また,システム監査のプロセスを学び,ケーススタディーを通して実践的なシステム
監査の方法を体得する。
プロジェクト
マネジメント
3
2
経済環境の変化が加速化する現在,社会のいたるところでプロジェクトによる活動が
増加している。前半ではプロジェクトという活動の特徴と,それをマネジメントする
際の基礎的知識を体系的に学ぶ。後半では情報システム開発プロジェクトの特徴とマ
ネジメントの勘所についてデータベース構築などの事例を使いながら解説し,初歩的
な情報システムの設計と管理を学ぶ。
マーケティング戦略論
3
2
今日の企業活動においてマーケティングの果たす役割はますます大きくなってきてい
る。日本経済の停滞や市場のグローバル化などの要因によって,企業間の競争が激し
さを増していることなどが,その背景にある。このため,マーケティング戦略の基本
的なスタンスを整理した上で,先進的な事例を紹介しながらマーケティング戦略構築
のプロセス,カッティング・エッジを説明する。
Webマーケティング論
3
2
近代社会においてコンピューターとネットワークの登場は,社会の情報化に多大な影
響を与えてきた。その歴史的経過から情報化が及ぼす社会的影響について学習する。
また新しい市場調査手法であるWebマーケティングを教材として情報化社会におけ
る新しい経済のあり方を考察する。さらに,情報化社会における著作権等の知的所有
権と情報モラルの意義,そして必要な知識(例えば,通信ネットワーク,コミュニケ
ーションなど)について学ぶ。
ビジネス
ロジスティクス論
3
2
戦後モータリゼーションの進展過程と物流の役割を歴史的に概観するとともに,物流
政策の変遷,経済の構造変化・国際化の中での物流構造の変化と対応,環境対応策と
しての「モーダルシフト」の必要性,物流システムや情報化の進展などを取り上げて
いく。多国籍化が進展するグローバリゼーションの中で海外市場との関係が強まりつ
つあり,国際物流の動向にも触れる。また,物流業における情報化およびグローバル
化との関係で地球環境問題についても触れる。
ベンチャービジネス論
3
2
ベンチャー企業の効率的な成長を促す戦略を,企業のメカニズム,発展段階別マネジメ
ントのあり方,資金調達の導入,株式公開といった観点から確立することを目指す。な
お,具体的なケーススタディ(成長を遂げた企業の成功事例や,一方で成長機会を捉える
ことに出来なかった失敗事例)を通してベンチャー企業が成功する鍵について考察する。
リーガルリスク
マネジメント論
3
2
情報社会では社会が,企業へ求めるものも変容しつつある。現代の企業にはコンプラ
イアンス(法令遵守)経営,すなわち社会規範に則った経営と社会規範に則った営業
活動をなす企業であることが求められている。本講義では,企業における組織リスク,
取引リスクを中心に予防法学の視点から実学としてのリスク管理を考察する。
会社法a
3
2
「会社」とそれに係わる「法」すなわち,会社の組織・運営・管理等を規律する基本
である「会社法」およびその関連法規の基礎的知識を講ずる。会社法の範囲は979
条の条文から成り,またその関連法規も存在する等かなりのボリュウムがある。本講
義では,会社の設立,株主と株式,機関の一部を対象とする。
会社法b
3
2
「会社」とそれに係わる「法」すなわち,会社の組織・運営・管理等を規律する基本
である「会社法」およびその関連法規の基礎的知識を講ずる。会社法の範囲は979
条の条文から成り,またその関連法規も存在する等かなりのボリュウムがある。本講
義では,機関の一部・資金調達・企業の再編および消滅を対象とする。
管理会計論
3
2
経営者にとって基本的に必要となる予算および会計情報について学習する。経営学お
よび会計学を基礎として,これらを融合した経営管理に役立つ予算編成法について説
明する。基本的な会計情報の考え方に基づいた意思決定などについて,会計手法を用
いた計算練習を含めて学習する。特に原価情報を含む会計情報に焦点をあて,原価計
算システムと原価情報,標準原価計算と直接原価計算,会計情報を利用した執行管理
などについて説明する。
金融情報
セキュリティ論
3
2
金融業特有の事業構造および業務構造とそのインフラとしての金融情報システムの
全体像を把握する。また,金融革命や金融ビッグバンとは何か,そこで何が起こった
かを紹介し,これらの劇的な変化の動因となったITとその果たした役割を明らかにす
る。さらに,通信相手の正当性の確認や金融取引の安全性を確保するためのセキュリ
ティ技術と機能について考察する。
金融論
3
2
金融の基礎を固め,経済活動における金融システムの位置付けや金融市場の機能につ
いて学習する。さらに我が国における金融市場発展の歴史を理解する。また,我が国
における金融制度を理解した上で,その課題と展望を俯瞰する。特に金融機関(バン
ク)とノンバンクの役割分担を把握し,金融市場の機能を理解する。
90
2
授業科目の概要
流通業界においてもネットビジネスが進展しているが,特に,2000年代には,多
方面で情報化が進んだ。本講義では,小売業でのPOS,卸売業でのEOS,日用雑貨品
や加工食品分野でのECR,さらには衣料品・アパレル分野でのQRなど,流通業にお
いて進展する情報化の意義を明らかにする。
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
マネジメント
専門教育科目
3
2
ビジネスの最前線で経営上の様々な問題を経営科学的なアプローチに基づき,ヒト,
モノ,カネ,情報といった経営資源を最適に利用し,利益を最大化する手法が用いら
れるようになっている。本講義では,人や企業が意思決定に直面した際に,問題を整
理・分析したり,数理的に定式化・モデル化する手法の基本的な考え方を学ぶ。
経営戦略論
3
2
経営戦略論の基礎から応用まで通した議論を行う。今日の企業が直面する戦略上な課
題は多岐にわたり,さまざまな切り口による研究が行われている。それらの中から特
徴的な事例を複数取り上げ,経営戦略に関する理解を深めていく。さらに,事例につ
いての体系化,一般化,概念化を行う。
原価計算論
3
2
経営者にとって基本的に必要となる原価情報および会計情報について学習する。経営
学および会計学を基礎として,これらを融合した経営管理に役立つ原価情報および会
計情報について説明する。
国際金融論
3
2
各種金融商品や金融機関の仕組みを理解しながら,グローバルな金融システムとの関
わりについて学習する。さらにサブプライムローンを事例として,あらゆる金融商品
が国際金融市場で連動して取り引きされている実態を理解する。
人的資源論
3
2
経営資源のなかの「人」に焦点をあて,この領域の主要理論と「個人・仕事・社会
(組織)」の三者関係の動向を検討する。顧客ニーズの多様化,ICTやグローバル化
の進展などの影響で経営環境が変化するに伴い,「人的資源管理」の発想が新たに生
まれてきた。講義では受講者の調査学習の機会も取り入れ,双方向型の授業を通して
受講者の問題意識の醸成につなげる。
スタジオ番組・
ドラマ制作論
1
2
本講義では,スタジオ番組とドラマの制作手法について学ぶ。講義の一部にはカメ
ラ・ミキサー・スイッチャー等のスタジオ装置や設備を実際に操作する,演習的な要
素も加える。ドラマ制作論においては,映像制作の基本となる文学理論や写真理論を
踏まえながら,映像制作技術について学ぶ。さらに,ポスト・プロダクションの手法
や,シナリオにあわせた効果的な編集技術についても,作例の紹介や技術の比較検討
を加えつつ学習させる。
メディア機器論
1
2
音(音声,音楽),画像,映像等を扱う情報メディアシステムのしくみと機器の構成
について論じる。まずマルチメディアの中核となる画像と音響の入出力機器について
説明し,ネットワーク環境下での仕様や携帯化の動向に触れる。またプロ用機器にも
言及する。さらに,メディア機器を用いた人とコンピュータ,ネットワークを介した
人と人のコミュニケーションを実現するためのインタフェースについても学ぶ。ディ
ジタル化が始まる以前からのメディア機器の歴史にも触れながら最新のトレンドにも
注目し,メディア技術の展望能力を高める。
情報メディア論
1
2
ディジタル技術を基本に,コンピュータならびにネットワークを活用した最新のメデ
ィア情報の扱い方や考え方について論じる。授業ではメディア技術,ネットワーク技
術の基礎を踏まえた上で,コンテンツ処理,ネットワーク環境ならびに,それらを活
用したサービスについて学んでいく。さらに新しいサービスがもたらす生活環境の変
化や社会への影響についても考えていく。また,随時最新の動向についても紹介し,
今後を展望する能力を身につける。
映像表現論
1
2
映像メディアの原理や映像表現の技術について学ぶ。カメラの原理と構造,露出や画
角,被写界深度などの映像表現の基本を理解し,現代のディジタルスチルカメラやビ
デオカメラを高度に使いこなすテクニックについて,一部に実習的な要素を加味しつ
つ実践的に学んでいく。また,わが国ならびに諸外国における映像作品(映画・ドキ
ュメンタリー・アニメーション・特殊撮影ほか)を紹介しながら,映像表現の発達の
過程や映像メディアのつくり手の手法,発想のあり方などについて学ぶ。
CGアニメーション演習
2
1
汎用CGプログラミング言語を用いて開発したCGを用いてCGアニメーションを作成
する演習を行う。さらに,アニメーション化されたCGコンテンツを用いたWebペ
ージの作成を行う。CGアニメーションはCGをフリーソフトを中心に結合する形式
で行う。また,ゲーム的要素を取り入れたCGアニメーションの開発も行う。
Webアニメーション演習
2
1
1年次で修得した情報活用能力をさらに向上させ,Webにおけるデジタルメディア
の活用を実践的演習形式で学ぶ。情報の可視化とマルチメディア表現を主たるテーマ
とし,Webを介した視覚伝達効果を向上させるアニメーション表現手法を学ぶ。
Webデザイン演習
2
1
現代におけるコミュニケーションと情報のありかたの中で,Webというメディア
がどのような役割を果たしているのかについて実践的に学び理解を深める。また,
Web制作に関わる人々の役割,Web制作のプロセスについて理解し,実践するスキ
ルを学ぶ。実際の制作事例の分析から,Webデザインの実務,評価,法的知識,サ
イト運営における戦略の立案までを学ぶ。
アニメ・PV・
特撮番組制作論
2
2
本講義ではアニメ—ションや特撮,音楽PV作品における,より視覚効果の高い映像
表現や制作技術について学ぶ。具体的には非現実的な時間表現(スローモーションや
逆再生),クロマキーを使用した映像素材の合成,ストップモーションを使ったコマ
撮りアニメーション等を使った作品を紹介し,作品内で活用されている撮影/合成技
術の解説,およびこれらの技術によって作り出される視覚効果が,視聴者の心理にど
のように作用するのか,具体的な分析を交えて批評する。
現代社会学
2
2
現代社会を理論と現実の2つの視角から全体として理解してゆく。現代社会は,高度
消費化と,高度情報化の進展という2つの特徴を備えるに至っている。このような<
現在>市民社会のあり方を,古典的理論家達,具体的にはE・デュルケーム,M・ヴ
ェーバー,
ジェルジ・ルカーチ,
カール・マンハイムなどをたよりに遡って検討を加える。
コミュニケーション論
2
コンピュータグラ
フィクス演習
2
2
コミュニケーションという概念は,広範で様々な意味で用いられる日常的な概念であ
る。けれども,それがゆえ,その理解が曖昧になっているのも事実でもある。本講義
は,そのようなコミュニケーションについてその本質的な分析を行い,あらためて,
コミュニケーションを考察したい。その上でコミュニケーションにまつわる問題を具
体的な事例を通して考察する。
1
汎用CGプログラミング言語を用いてCG作成演習を行う。さらに,CGコンテンツを
用いたWebページの作成を行う。本演習では,まず基本図形の作成を行い,次に応
用的なCG作品を複数作成することにより,CG開発技術を身につける。さらに,作
成したCG作品を用いたWebページの作成を行う。
91
総合情報学部の学修について
メディア
経営科学
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
メディア
専門教育科目
コンピュータ
グラフィクス論
2
社会学概論
1
2
本講義は,社会学の基礎概念,および,社会学史の解説をとおして社会理解の基礎付
けを行う。同時に事例として現代社会の社会問題を取り上げ,複合的な社会理解を促
したい。
身体表現論
2
2
番組出演者やナレーターの演技や発語はもとより,日常的な会話や挙動まで,あらゆ
る身体的発露を,われわれはメディアとしてとらえ,その質を高め,豊かで温かなも
のにしていくことに意識的であらねばならない。本講では民族伝統舞踊やノンバーバ
ル・コミュニケーションの文化人類学的意味から説き起こし,メディアと芸術の基本
形態としての身体表現,身体を介した自己表現や心身育成のあり方について学ぶ。発
声,朗読,ゼスチャー,芝居やダンスなどの基本を,一部に実技演習的な要素もまじ
えつつ学び,表現者としての資質向上を図る。
比較社会論
2
2
今日では,今日社会が単一でなくて多岐にわたっていることは明白であろう。現代社
会生成の原理となったヨーロッパ社会の近代化に遡りながら,イギリス,アメリカ,
ドイツやフランス等のヨーロッパ型社会と日本や他のアジア,アフリカ,中東等の社
会を比較する。
マスメディア論
2
2
マス・メディアの組織,過程・作用,政治社会現象との関係などを検討素材にして,
マス・メディアに対する見方・考え方の確立をめざす。コミュニケーションの「受け
手」,「送り手」の枠組みをもとに,それらとメディアとの関連をふまえて,マス・
メディアの諸相を明らかにする。
メディア文化論
2
2
現代文化は高度に発達した多様なメディアと分かちがたく結びついている。音楽鑑賞
やスポーツ観戦といった日常的な文化体験のほとんどが,実はメディアを通しての体
験なのである。また,ケータイ小説や動画サイトに見られるように,だれもが文化の
消費者だけでなく創造者・発信者になりうる。この講義ではまず,各種メディアの黎
明期といえる19世紀にさかのぼって,メディアと文化の関係を歴史的視点から検討
する。さらに,メディアが顕著に変容する1980年代以降の文化事象を取り上げ,現
代におけるメディアと文化の関係を考える。
映画論・映画史
2
2
現代の視聴覚メディアの発展は,映画の誕生に始まり,人類の文化や世界認識はそれ
を境に大きく変容を遂げたといえる。本講では,世界とわが国の映画史を辿りながら,
その発達の過程と社会にもたらした影響ないし社会の写し鏡としてのあり方,さらに
は国境を超えた文化の移動,模倣と伝播の問題などをみていきながら,人はなぜ映画
を必要とするのか,人間にとって映画とは何かを問うていく。映画作品ならびに映画
産業をひろく社会関係資本,公共財としてとらえ,文化として保護・育成していくた
めの方策についても考える。
音響メディア論
2
2
音をディジタルメディアとして扱うための基礎として,音響学ならびに音響信号/デ
ータ処理の基礎を論じる。まず音波としての音の物理的性質を理解する。次に音の分
析手法としてスペクトルの扱い方を学ぶ。また,信号としての音に関しては,電気音
響系の構成や,アナログ系からディジタル系に至る音響信号の変換の仕組みについて
の科学的な理解を深める。さらに,音の空間的再生や楽器の仕組みを中心とした音楽
音響や音声の構造についても概説する。
視覚デザイン論
2
2
人間の視覚メカニズムや視覚心理をベースにして,事実や概念を巧みに可視化し,デ
ザインすることによって正確かつ付加価値をともなった情報伝達を行う方法について
学ぶ。形状や形態,配置や質感,色彩や陰影のもたらす効果を理解し,創造的かつ論
理的なコンテンツを発信していく術を習得する。
社会心理学
2
立体表現
2
2
視覚表現の基礎となっている図学製図法の理解から始まり,様々な職業で活用される
スケッチやドローイングを行う際に不可欠な,立体構造の把握とモデル化,さらにリ
アルな立体感,臨場感をあらわす遠近法・透視図法の理論と技術を学ぶ。演習課題で
は三次元の対象を観察しながらその構造を把握し,それを二次元・三次元で表現(再
現)する方法論を実践的に学ぶ。
3DCG
シミュレーション
3
2
プログラミング言語により,数値データを用いた複雑な3次元図形の作成や各種デー
タの3次元可視化を行う。数値データを効率的に扱う方法を学びながら3次元プログ
ラミングを行う。さらに,現在のデータを用いた将来予測の3次元シミュレーション
や,ゲーム的要素も用いた3次元プログラミングを行う。
出版メディア論
3
2
出版の基礎概念,現代に至る出版産業の発展の経緯を学び,その特徴,可能性,課題
を具体的かつ専門的に理解する。編集の仕事,印刷・製本のプロセス,さらに読者の
開拓に至るまでを多くの事例から学ぶ。またパソコン,ケータイ,インターネットの
普及により,現代人の読む行為に大きな変化が起きているが,これに対する現代の出
版メディアの取り組みを取り上げる。
異文化コミュニケー
ション論
3
2
多国籍化・多文化化が進む今日の社会においては,お互いを尊重しながら良好な関係
を築くためのコミュニケーションが欠かせない。この講義では,国,地域,言語,ジ
ェンダー,世代など「異文化性」を感じる相手とのコミュニケーション全般を対象と
する。まず自分の文化を認識することから始め,文化とコミュニケーションの関係性
を多様な視点から考える。文化背景の異なる人々と接触し関係を築く過程でどんなこ
とが起こるのかを具体的事例から学び,異文化コミュニケーションに必要な柔軟で積
極的な態度と方法を身につける。
92
2
授業科目の概要
実写では撮影不可能な映像をコンピュータとクリエイターの力でリアルに表現するコ
ンピュータグラフィックス。その基本には実写映像の制作で培われた理論,知識,技
術がふんだんに用いられている。本講義では実写技術との関連を重視しながら,様々
な技術の限界を超えていく可能性に満ちたコンピュータグラフィックスについて多角
的に取り上げ学んでいく。
2
メディアからの情報がどのように私たちに影響を与えるのか。そのメカニズムを人の
こころの動きから明らかにしていこうとするのが,メディア・コミュニケーションに
おける社会心理学的考察である。そのひとつのとして,「世論」(よろん・せろん)
を取り上げ,その働きを考える。講義前半は,世論研究の概論,講義後半は新聞の政
治漫画の分析を通じた世論の姿を明らかにする。
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
メディア
専門教育科目
3
2
ディジタルデータとしての音楽をつくり上げていくための考え方や様々な手法を論じ
る。本講義では特に楽音の合成手法を重点的にとりあげる。ミュージックシンセサイ
ザの基本構成として,音源,フィルタ,アンプによる構成とその扱い方を学ぶ。また,
最近のディジタルソフトウェアが音楽制作にどのように関わっているかを具体的な事
例をあげて解説する。さらに,授業ではコンピュータ演習を行い,合成音の感覚と物
理的性質との対応を体験的に理解する。
サイバースペース論
3
2
Webシステムから始まりツイッターやメタバースなどのサイバースペースの概要に
ついて論じる。特にメタバースについては,Second Life/OpenSimを例に仮想空間
のシステム構成,構築技術,コンテンツの作成,コミュニケーション方法,経済活動
などについて詳しく紹介する。本講義は基本的に座学であるが,OpenSimを利用し
た課外演習(ホームワーク)も課する。
サウンドデザイン論
3
2
まず,音という物理現象を理解するために必要な知識を学んだ後,社会と音との関わ
りを様々な視点から捉えることによって,その現状を理解する。具体的には,騒音,
建築音響,サウンドスケープ,音楽療法,オーディオ,難聴と補聴,サイン音,音と
映像の相互作用,映像作品における音デザインなどについて学ぶ。このような様々な
分野での音デザインの実例を学ぶことによって,そこにおける音響技術,デザインの
指針および問題点を検討する。
シナリオ論
3
2
映画,演劇,テレビ・ラジオからゲームにいたるまで,シナリオはあらゆるコンテン
ツの設計図となる重要なものである。そこには広い教養と洞察力をバックボーンに,
問題発見能力や世界観を構築する力,すなわち社会性のある主題の提示と論理的な構
成力が求められるとともに,オーディエンスを作品世界に惹きつけ,牽引していく魅
力的な情動性や美しさ,すなわち物語性を備えていなくてはならない。感性と技術を
総合し,夢やアイデアをかたちあるコンテンツへと具現化させるためのシナリオの役
割とその書き方について学ぶ。
フォトグラフィクス論
3
2
写真芸術の誕生,表現技術の発達史からひもとき,写真メディアが人類社会に与えた
さまざまなインパクトについて考えていく。写真が記録した対象,写真によって見開
かれた視点,写真が到達した場所について,多くの作家と作品を見ながら,その内に
あるものを洞察する。また本講義では演習要素も加えて,撮影の技術的観点からの批
評・分析も行う。具体的には露出の操作によって絵柄がどのように変化するか,その
変化が作品の鑑賞者にどのような視覚効果を与えるのかといった点についても体を使
って学習させるよう指導する。
映像・放送メディア
特講
3
2
メディア業界の構造と実務への理解を深めるため,映像・放送分野の第一線で活躍す
る専門家の方々から最新の話題を講演していただく。映画・TV番組などの制作,ラ
ジオや映像作品におけるサウンド制作,CG制作,Webコンテンツ制作などの分野か
ら複数の講演者を選定し,リレー形式で展開していく。メディアのプロの発想力やア
イデアの源泉はどこにあるのか,仕事への姿勢や矜持はいかなるものか,社会的公器
としてのメディアのあり方や発信者としての責任をどのように考えているのかなどを
聞き,大学生の間に何を学ぶべきかを考える。
メディア広告論
3
2
近年,急激に変化・多様化している広告の現状を最新理論や事例を通して学び,マー
ケティング,メディア,広告ビジネスのリテラシーを身に付ける。また,進化するメ
ディア広告の意味を改めて問い直し,現在に至るまでの情報通信環境,技術,広告手
法など,その社会的/文化的影響や課題を理解する。
新聞論
3
2
主要テーマは,「新聞」という明治以降の近代化路線に乗って広がってきた情報媒体
を通じて,現代社会における人と人とのコミュニケーションとは何か,を問う。授業
では,記者として,現場で出会った言葉,書いた記事,その他,ルポルタージュ,小
説,詩,エッセーなども多用し,多面的に新聞ジャーナリズムをとらえていく。
著作権法
3
2
著作権法の主たる目的は著作物の創作者等の権利を保護することであるが,著作物が
広く一般に利用されなければ文化の発展もありえない。コンピュータおよびネットワ
ークに関するIT(情報技術)とその環境の急速な発展により,従来の著作権制度がそ
の姿を大幅に変えざるをえない状況にある。このような著作権及び知的所有権に関す
る現代的問題について,具体的かつ実学的に検討する。
放送メディア論
3
2
実際に番組を視聴しつつ,「公共」のために番組を制作し,「公共」に奉仕するとい
う社会的使命を帯びて成立した現在の放送事業が抱える問題を明らかにする。また,
放送局同士の,また各種メディアの発展にともなう激しい生存競争の渦中で生じてき
た,視聴率や話題性重視,速報性やマジョリティの視点への傾斜,国家や政府との関
係などの問題を考察する。
スポーツ
トレーニング論
1
2
競技力や身体機能をレベルアップして行くためには体力の向上は不可欠である。授業
では現在スポーツのあらゆる現場で実践されている体力向上のためのトレーニング方
法の理論と実践を学習する。 さらに,日本体育協会のスポーツ指導員資格とも関連
し,①体力とは,②トレーニングの進め方,③トレーニングの種類,などを講義する。
スポーツ指導法
2
2
地域スポーツクラブ等において,水泳に初めて出会う子供たちや初心者を対象に,水
泳競技の専門知識を学習する。 さらに,日本水泳連盟の水泳指導員資格とも関連し,
①水泳の特性・知識,②水泳技術の構造,③水泳指導の基本,④水泳の管理と安全対
策,水泳競技の規則と審判法,などを講義する。 スポーツ指導法演習
2
1
地域スポーツクラブ等において,水泳に初めて出会う子供たちや初心者を対象に,水
泳競技の基礎技術・実践技術を演習形式で学習する。 また個人・集団の指導実習を
行う。 さらに,プールでの救急措置や日本泳法,飛込み,水球なども体験し,日本
水泳連盟の水泳指導員資格とも関連させる。 スポーツ指導論
2
2
競技力向上やスポーツを実践したい一般対象者に対して競技力の三要素である体力,
技術,戦術のレベルアップのためにいかにサポートして行くかを学習する。 さらに,
日本体育協会のスポーツ指導員資格とも関連し,①スポーツ指導者の役割,②指導者
の心構え・視点,③競技育成プログラムの理念,などを講義する。
93
総合情報学部の学修について
ウェルネス
コンピュータ
ミュージック論
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
ウェルネス
専門教育科目
スポーツ情報論
2
スポーツ心理学
2
2
まず,学習や反応など基礎的な心理学を学ぶことからはじめ,最新のスポーツ心理学
までを紹介する。あがり,心理的限界,メンタルトレーニングなどの知識理解や,指
導者が現場で活用できる指導方法においての心理学的部分を講義する。併せてスポー
ツ指導員資格の学習内容を講義する。
スポーツビジネス論
2
2
スポーツマネジメント分野においての中核的な存在となる講義である。現代社会にお
いて日々変化していく経済活動を,スポーツおよび健康を扱う関連企業という世界を
学習することを通じて,その一面を理解していく。スポーツビジネスに関しての,マ
ーケティング,経営学,人材育成などを学ぶ。また,スポーツマネジメントに対する
基礎的な学習を行う。
ジュニアスポーツ指
導論a
3
2
発育発達期の身体的・心理的特徴についての専門的知識と指導方法全般を学ぶ。理論
編として,テーマは,①ジュニアスポーツ指導員の役割,②ジュニア期のスポーツの
考え方,③子供の発達とコミュニケーションスキル,④動きの発達とスキルの獲得,
⑤スポーツスキルの獲得と実際,⑥コーディネーション能力を高める運動の必要性,
である。
ジュニア
スポーツ指導論b
3
2
発育発達期の身体的・心理的特徴についての専門的知識と指導方法全般を学ぶ。実践
編として実技を伴って講義する。テーマとしては,①幼児期の運動あそび・ゲームの
実際,②児童前期の運動あそび・ゲームの実際,③児童後期のスポーツスキル獲得の
実際,④青年前期のスポーツスキル獲得の実際,⑤コーディネーション能力を高める
運動例,である。
スポーツ
マネジメント論a
3
2
総合型の地域スポーツクラブなどにおいて,クラブ管理運営(経営)責任者をサポー
トする立場の人材育成のための講義を行う。スポーツに関する基礎的知識を再確認し,
地域スポーツクラブのマネジメントに関する基礎的な知識を学ぶ。おもなテーマとし
ては,①地域スポーツクラブとは,②地域スポーツクラブの現状,③クラブマネジャ
ーの役割,である。
スポーツ
マネジメント論b
3
2
総合型の地域スポーツクラブなどにおいて,クラブ管理運営(経営)責任者をサポー
トする立場の人材育成のための講義を行う。スポーツに関する基礎的知識を再確認し,
地域スポーツクラブのマネジメントに関する基礎的な知識を学ぶ。おもなテーマとし
ては,前期に開講する「スポーツマネジメント論a」に対応して,④クラブの作り方,
⑤クラブの運営,である。
心理学概論
1
2
心理学の概論を講義する。心理学の諸分野である動物,生理,知覚,認知,社会,発
達,パーソナリティ,教育,臨床について,概要・考え方・応用方法について幅広く
学ぶ。
学校心理学
2
2
学校における全ての子ども(児童生徒)の成長・発達への支援を意図するだけでなく,
学校コミュニティへの援助に関する理論を理解することを目指す。「個人(としての
子ども)」ではなく「環境の中にいる個人(子ども)」を重視し,子どもを取り巻く
援助者がどのような援助を行うことができるのかを重視した講義を行う。そして,児
童生徒(個人)への働きかけだけでなく,学級・学校環境や教師との関係調整,学校
内外の支援システムづくり(集団)など,教育現場で支援できる技法を習得しながら,
アプローチの工夫を検討する。
知覚心理学(視覚)
2
2
古典的な認知科学の理論やゲシュタルト心理学,アフォーダンス理論といった視覚
心理と密接な関係をもつ心理学理論を紹介しながら視覚心理を学習する。芸術作品か
ら工業製品に至るまで,日常生活で接触する様々なオブジェクトには様々は視覚的情
報が埋め込まれている。本講義では人間を取り巻く全ての物を「環境」と位置付け,
我々は環境から主体的に視覚的な情報を生成しているのか,或いは既に環境に埋め込
まれた情報を生物として取り出し活用しているだけなのかといった議論を交えながら
視覚心理の学習を行う。
知覚心理学(聴覚)
2
2
はじめに音の性質および聴覚系の構造と機能を学んだ後,音の心理属性である,高さ,
大きさ,音色と,音の物理量との対応を学ぶ。また,それらの心理量の知覚特性,マ
スキング,音の錯覚現象,について学ぶ。さらに,音のパターンがどのような知覚内容
を作り出すかを調べることによって,人間が音から外界をどのように捉えているのか
を学ぶ。最後に,音の知覚現象を積極的に利用したコンテンツ制作,オーディオ技術
などについて概説する。
心理統計学
3
2
心理学の研究において収集される調査および実験データを統計的に解析する方法を学
ぶ。具体的には,分散分析法,相関分析法,多変量解析法について,講義・演習・実
験をまじえながら,習得する。
発達心理学概論
2
2
発達とは,時間の経過とよって生じる個体の一連の変化であり,乳幼児期,児童期,
青年期に止まるのではなく,成人期,中年期,高齢期においても認められている。生
涯発達心理学では発達を生涯にわたって起こる変化として捉え,人間は生涯にわたり
人生の最後の瞬間まで発達続けるものであると考えている。
本講では,発達心理学の視点から人間の胎児期から成人後期(65歳~)までの各段階
の発達,心理的特徴と対応などについて詳しく解説し,受講生が発達の意義を理解す
ると共に将来,親・教育者・企業に携わる者として必要な人間理解の視点と知識を身
につけることを目的とする。
94
2
授業科目の概要
情報化社会において,スポーツに対する科学的な考え方や見方を講義する。分野とし
てはスポーツバイオメカニクス,スポーツ生理学,測定評価等である。情報機器や映
像機器など最新情報を含めた講義を行う。また,コンピュータを用いた分析方法の実
習,ビデオカメラを用いた分析や3Dモーションキャプチャーなどのデモを行う。併
せてスポーツ指導員資格の学習内容を講義する。
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
授業科目の概要
ウェルネス
専門教育科目
2
2
「臨床心理学」はクライアント(来談者)の心身症状や特定行動の苦しみに対して,
心理支援を行うための知識・技法・倫理などを探求する学問である。また,クライア
ントは医療・教育・産業・福祉・司法などの幅の広い領域にわたっている。
私たちは,生きていく中で,複雑な悩みを抱え,人生に翻弄されることもある。悩み
を解決していくことが望まれるが,解決策を見いだすのは容易ではない。これらのこ
とから,「臨床心理学」を学ぶことで,「いかに生きるか」を考え,悩み解決支援方
法に気づく可能性が得られる。本授業では,「心理的課題の実態とその対応」を中心
に学び,臨床心理学研究の重要な理論にも触れていく。特に,深層心理学,認知心理
学,行動科学を通し,本来的自己・社会的自己をキーワードとしながら,自己イメー
ジ,メンタルヘルス,行動特性変容の心理支援方法を学んでいく。
認知心理学
2
2
人間が身の回りの物や出来事を認識する時には,様々な種類の情報処理システムが働
いている。例えば,感覚,注意,記憶,言語,思考,意識など,様々なプロセスが存
在する。この仕組みを理解するために,日常的な事例から心理学実験の結果などを見
ていきながら,それぞれの過程でどのような情報処理が行われているかを学ぶ。
心理学研究法
2
2
心は直接手で触れて確かめることができない。そのため,心理学で心を取り扱うとき
には,決められた厳密な方法を用いることが必要となる。心の仕組みを調べる方法は,
実験,質問紙調査,観察,事例研究など様々なものがあり,それぞれに長所や短所が
ある。こうした知識を身に付けることで,目的に応じた心の側面を調べることができ
るようになることを目標とする。
心理学実験Ⅰ
3
1
心の仕組みを適切に調べるためには,決められた手順や必要なテクニックがある。実
験を通して心をデータ化し「情報」として扱うことで,心を客観的に捉えられるよう
になる。この講義では,実験を行う側,受ける側の両方を体験する。また,得られた
データを分析し,レポートを書くことを通じて,心に関する現象を客観的に考える方
法を学ぶ。知覚や認知に関する内容を中心に取り扱う。
心理学実験Ⅱ
3
1
心理学実験Ⅰと同様に,心を捉える技法を学ぶ。心理学実験Ⅰの発展として,より認
知的な内容や,社会心理学に関する内容を取り扱う。
心理検査法
3
2
人のこころを理解していくことは重要なことである。心理学では,信頼性と妥当性の
ある方法によって,客観性を有すと考えられる心理特性把握のための方法がある。そ
れが心理検査法である。本授業は,特に,臨床心理学において必要とされる心理検査
法を学習する。さまざまな心理検査法について,文献を通し,背景理論,測定の仕方,
解釈の理解を深める。検査バッテリーの組み方などについても取り上げる。
心理検査法実習
3
1
臨床心理学分野における心理支援方法を実施していくためには,クライアントのアセ
スメントが必要である。アセスメントに大きな役割を果たすものが,長期にわたって,
開発・検討されてきた各種心理検査法である。そこで,本授業では心理検査法の授業
で学んだ心理検査法,特に知能検査やパーソナリティ検査を中心に取り上げ,実際に
受講者が心理検査を実習体験していくことで,スキルや解釈を学んでいく。授業時間
前半において,各検査法の概略を復習し,後半において,実際に検査法を実習する。
その後,結果をまとめ,解釈を行い,報告書を作成し提出する。
臨床心理学実習
3
1
心理臨床の場において必要とされる具体的支援方法や支援対象となる障害や諸問題に
関する基礎的知識を取り上げる。本授業では臨床心理学概論で取り上げた心理支援方
法やその他の有効な心理変容の技法を紹介し,受講者がモデリング,ロールプレイ,
ワーク,更にはクライアントとしてのセラピー体験などの実習を通じ,技法の理解と
取得を進めていく。実習をすることで,心理支援方法理論や心理変容を体験的に理解
し,将来の心理臨床の学びに役立つものとなる。
本授業は実習ごとに課題を出し,その結果をまとめ,報告書の提出をする。
カウンセリング
3
2
現代は「ストレス社会」と呼ばれている。そのため,さまざまな精神疾患が問題となっ
ている。例えば,学校では不登校,中途退学,いじめ,精神疾患など,労働社会にお
いては休職,退社,労災による自殺などが問題としてあげられている。本講において
は,それらの問題を捉える基礎的知識,メンタルヘルスケアやストレスの理論,さら
には対処方法やカウンセリングについても学ぶ。
教育心理学
2
2
今日の学校教育において,児童・青年期の発達や学習過程を理解し,教育的支援を必
要とする子どもへの理解を深め,その対応を考えることはきわめて重要である。講義
では,広く教育に関わる心理学的知見を取り扱っていく。発達と教育,学習のメカニ
ズム,学習過程や動機づけなど教育心理学の基礎知識を習得する。また,教授法,評
価法,教育上の困難を持つ子どもの理解(学習障害やADHD等)なども取り扱いなが
ら,具体的な教育場面と関連づけて検討していく。将来教師を目指す学生が,教育の
現状を考える新たな視点として「心理学的な見方や考え方」を培う。
道徳教育論
2
2
道徳教育は,学齢期にある青少年に対して道徳性を身に付けさせることを目標とする
種々の教育の総称である。道徳性は,社会的,時代的背景によりさまざまな議論がさ
れてきたが,現在では,非常に幅広い概念としてとらえられており,特定の価値観や
理念に基づくものとは考えられていない。そうした観点から,道徳教育の歴史や法的
な規制,学校教育における道徳授業の方法だけにかぎらず,家庭や地域社会とのかか
わりやカウンセリング,人権教育とのかかわりなど,道徳に関連する話題を取り上げ,
検討し,授業のあり方を考察する。
視聴覚教育法
3
2
学校教育・社会教育における視聴覚教育の基礎をメディアリテラシーの立場から考察
するとともに,視聴覚教育の教育方法上の特性について学習する。
生涯学習概論
2
2
生涯学習および社会教育の本質と意義を理解し,現代の社会教育をめぐる現状と課題
を生涯学習との連関において把握する。さらに新しい生涯学習の動向についての理解
をはかる。
95
総合情報学部の学修について
臨床心理学概論
選択
単位数
選必
必修
授業科目の名称
配当年次
科目
区分
2
授業科目の概要
プロジェクト
教育相談論
3
現在,学校では,いじめ・不登校・非行・学級崩壊・特別支援教育・中途退学など
問題が山積している。いずれも教師による早期発見や早期対応がきわめて重要であり,
教育相談の果たす役割は非常に大きい。文部科学省によるスクールカウンセラー事業
の推進など,教育分野における心理学の重要性が増しているなか,教師自身はカウン
セラーではないが,スクールカウンセラーとの望ましい関係づくりのためにも,カウ
ンセリング,教育相談に関わる基礎知識は必須のものとなっている。本講では,教育
相談の理論背景や歴史的経緯,扱う問題領域などを学び,体験やディスカッションな
どを通して支援方法を検討する。
プロジェクト研究
3
6
学生の興味のある知識や技術を複合的に習得すると共に,企業や組織の中で多様な
人々とともに仕事を行っていくうえで必要である社会人基礎力を身につける。これに
より,自律的・主体的に学習する意欲を引き出す人材を養成する。
卒業論文
4
6
4年次において,3年次に実施したプロジェクト研究を通して幅広い思考能力や応用
能力を身に付けるとともに,プロジェクト研究の成果を卒業論文として纏める。
少人数演習形式で,各コースの教員のもとで,研究をおこない,必要な専門知識や社
会人として要求される総合力を身に付ける。卒業論文でおこなった研究内容を各コー
スや関連教員が主催する卒業論文発表会において発表し,質疑応答を体験する。
9.12コース制
総合情報学科には,社会環境や情報社会の急激な“変化”に対応できる有為な人材を輩出することを目的に,社会的
ニーズに即した幅広い専門分野の教育を行うための12コースが設置されています。
1,2年次では,全学生が社会生活の基盤を担う「情報」をさまざまな角度から学びます。3年次からは,自分の興
味・関心,あるいは将来の進路を意識した学びを展開するため,コースに所属し,各コースが推奨する科目を履修しな
がら専門性を深めていきます。
コース制は,1・2年次の基礎教育を学びながら自分の適性や将来の進路について考え,3年次からの専門教育につ
なげること,そして,4年間をかけて優れた情報収集,情報分析,発信能力をもち,総合的・多面的な視点で新しい情
報社会をデザインできる能力を身に付けることを目指した教育制度です。
各コースが推奨する科目は,1,2年次配当科目にも設定されています。所属したいコースが決まっていな
い場合は,複数のコースの推奨科目を同時に履修するなどして,3年次からのコース選択に備えてください。
1)12コースについて
「情報」を基礎とした文系や理系にとらわれない以下の12のコースが設定されています。それぞれ,身につく知
識・技術が異なるので,98ページからの各コースの概要および履修モデルを参考に,3年次から所属したいコース
の希望を確認しながら,各自が4年間の学び方を設計してください。
心理・教育
映像・音響
スポーツマネジメント
ちば地域構想
起業・商品開発
地球・自然環境
会計・金融
システム開発
社会コミュニケーション
ゲームアプリケーション
CG・Webデザイン
ネットワーク・セキュリティ
96
2)コースの選択について
(1)2年次後期にトライアルでコースを選択し,授業科目「基礎演習Ⅴ」の中で,コースの専門分野と自分の適
性,目指したい将来の進路とのマッチングを確かめます。
「基礎演習Ⅴ」でのコース選択は,トライアルとしてのコース選択ではありますが,ここでのコース選択が,
3年次からの正式コース所属となることが望まれるので,しっかり選びましょう。
(2)正式なコース選択は,3年次からです。「基礎演習Ⅴ」でのプレコース選択,各コースが計画する3年次か
らの「プロジェクト研究」のテーマ等を参考にして,最終的なコース選択を行います。ただし,希望するコ
ースに所属するためには,以下の前提が必要となりますので,1・2年次の段階から,しっかり準備してお
く必要があります。
2)2年次後期末に実施する希望コース教員による面接を受けること。
3)各コースが指定する1・2年次のコース推奨科目の単位を,2年次後期末までに修得することが望ましい
こと。
コース選択は原則としての個々の学生の希望によって決まりますが,2年次の段階で行うコース選択の
ための希望調査や面接(希望するコースごとの研究テーマと学びたいテーマの適合性や志望度合など)
の結果や推奨科目の履修状況等によっては,第一希望以外のコース所属となる場合があります。
※コース選択に関する詳細は,別冊子「コース選択ガイドブック」を参照してください。
97
総合情報学部の学修について
1)3年次への進級要件(69ページ参照)を満たしていること。
心理・教育コース
概要
人の心や行動について知ることは,システムやデジタルコンテンツの開発,メ
ディアなどの仕事に携わる上で大切です。心理学の専門的知識,発達段階や特
性に応じた教育・支援について学び,情報社会で活躍する広い視野を獲得しま
す。加えて,さまざまな環境が人間の心や行動に与える影響を客観的に分析す
る技術,カウンセリング,予防・発達促進的な心理教育プログラムの開発につ
いても学びます。
目指す進路
教員,学童指導員,不登校支援員,民間療育施設スタッフ企業(人材教育)
,
カウンセラー
目指す資格
応用心理士,産業カウンセラー,ピアヘルパー,児童指導員
社会福祉主事,メンタルヘルス・マネジメント検定試験Ⅲ種
後期
心理学概論
2年次
前期
学校心理学
教育心理学
認知心理学
発達心理学概論
社会心理学
知覚心理学(聴覚)
個人情報保護論
実験計画法
スポーツ心理学
臨床心理学概論
心理検査法実習
臨床心理学実習
推 奨 科 目
1年次
後期
知覚心理学(視覚)
心理学研究法
3年次
前期
統計アプリケーション
後期
心理学実験Ⅱ
教育相談論
教員・研究テーマ
内田 治
心理データの分析,アンケートの計画と解析,官能評価の解析,品質管理,データマイ
ニング
川名 博志
教育改革の方向性と課題
小早川 睦貴
高次脳機能,感情,身振りや動作のメカニズム
神野 建
教育の今日的諸課題,東アジアの教育事情
原田 恵理子
心理教育プログラムの開発と実践,自尊心の発達,ネットいじめ,道徳教育
茂住 和世
国際教育,留学生教育,日本語教育
山口 豊
ヘルスカウンセリング,自己イメージ,メンタルヘルス
渡邊 健治
教員養成上の諸課題
98
専門教育科目
99
単位数計
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
1◎
1
2
2
2
1
1年
2
生命と情報
総合情報学概論Ⅰ
情報リテラシーⅠ
情報社会とコミュニケーション
コンピュータ概論
情報表現とマルチメディア
英語Ⅰ
英語Ⅱ
21
○
○
○
○
2◎
2◎
2◎
2○
2
1◎
1◎
☆ 心理学概論
情報メディア論
映像表現論
情報セキュリティ概論
コミュニティ論
総合情報学概論Ⅱ
情報リテラシーⅡ
経営と情報
情報ネットワーク概論
英語Ⅲ
英語Ⅳ
23
2
1○ 後期
1 ◎ ◎ 基礎演習Ⅴ
2年
コミュニケーション論
データベース論
20
2
2
2
2
2
2
☆
☆
☆
☆
知覚心理学(聴覚)
スポーツ心理学
臨床心理学概論
心理学研究法
2○
メディア文化論
○ ☆ 社会心理学
○ ☆ 個人情報保護論
☆ 実験計画法
○
2
情報社会と職業
キャリアデザインa
2 ○ 情報分析Ⅱ
情報分析Ⅰ
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
前期
基礎演習Ⅳ
☆ 学校心理学
☆ 教育心理学
☆ 知覚心理学(視覚)
○
スポーツ情報論
☆ 認知心理学
☆ 発達心理学概論
2○
2
2
2
2
2○ 2
2
1○ 1
1◎
後期
基礎演習Ⅲ
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ
基礎演習Ⅱ
レポートと文章作法
モラルと価値
健康科学
スポーツ演習
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
◎
情報基礎 ◎
◎
○
○
外国 ◎
語 ◎
○
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎
科目区分
履修モデル
心理・教育コース
共通科目
24
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
1
1
◎
プロジェクト研究
心理統計学
心理学実験Ⅰ
心理検査法
カウンセリング
☆ 統計アプリケーション
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
13
2
1
2
2
2
2
2
3年
☆
☆
☆
☆
視聴覚教育法
心理学実験Ⅱ
心理検査法実習
臨床心理学実習
教育相談論
道徳教育論
著作権法
後期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
6
6
6 ◎ 卒業論文
17
2
1
1
1
2
2
2
4年
12
124
38
12
0
10
2
4
8
18
6
9
5
単位
スポーツマネジメントコース
概要
生涯スポーツの時代を迎え,官民あげて地域スポーツの振興に力を入れていま
す。スポーツクラブや施設などの指導者・マネジャー,スポーツ関連ビジネス
で活躍できる人材を育成するため,スポーツ・健康分野の専門知識,スポーツ
指導,競技や専門管理をサポートする情報スキル,経営やマネジメントについ
て学べる科目を用意。日本体育協会公認の各スポーツ指導員資格の取得もめざ
すことができます。
目指す進路
スポーツインストラクター,スポーツ用品メーカー
NPO(非営利団体)スタッフ,スポーツ施設管理・運営スタッフ
スポーツイベント企画・運営スタッフ
目指す資格
公益財団法人日本体育協会の資格
・共通Ⅰ+Ⅱ ・スポーツリーダー
・アシスタントマネジャー ・ジュニアスポーツ指導員
・水泳指導員
ITパスポート試験
1年次
前期
健康科学
スポーツと社会
情報表現とマルチメディア コンピュータ概論
後期
推 奨 科 目
2年次
前期
後期
IT基礎技術論
情報セキュリティ概論
マーケティング論
映像表現論
情報メディア論
スポーツトレーニング論
情報分析Ⅰ
環境情報論
コミュニケーション論
スポーツ指導論
スポーツ情報論
スポーツ指導法
情報分析Ⅱ
データベース論
個人情報保護論
メディア文化論
スポーツビジネス論
スポーツ心理学
スポーツ指導法演習
3年次
前期
インターンシップ
スポーツマネジメント論a
後期
リーガルリスクマネジメント論
スポーツマネジメント論b
教員・研究テーマ
石井 政弘
スポーツ,運動学習における映像,情報機器の利用
原 朗
スポーツにおける戦術分析と競技力向上マネジメント
原 豪志
スポーツビジネスにおける経営戦略および起業に関する研究
100
スポーツ演習a
スポーツ演習b
スポーツ演習c
スポーツ演習d
専門教育科目
101
単位数計
プロジェクト
ウェルネス
24
2
☆ スポーツ指導論
2 ○ ☆ スポーツ情報論
☆ スポーツ指導法
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
21
☆ スポーツトレーニング論
心理学概論
2 ○ ☆ コミュニケーション論
2
アニメ・PV・特撮番組制作論
○ ☆ 映像表現論
○ ☆ 情報メディア論
メディア
経営組織論
民法a
2
○ ☆ マーケティング論
環境
システム
マネジメント
2
2 ○ ☆ 環境情報論
総合情報学概論Ⅱ
○ ☆ 情報セキュリティ概論
2◎
情報社会と職業
2 ○ ☆ 情報分析Ⅰ
2
2
総合情報学概論Ⅰ
情報リテラシーⅡ
経営と情報
☆ スポーツ演習d
後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
1
1◎
2年
○ ☆ データベース論
キャリアデザインa 経営管理論
23
2
2
2
☆ スポーツビジネス論
☆ スポーツ心理学
☆ スポーツ指導法演習
生涯学習概論
2 ○ ☆ メディア文化論
2
2
2
2 ○ ☆ 個人情報保護論
コミュニティ論
2
2 ○ ☆ 情報分析Ⅱ
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
☆ スポーツ演習c
1○ 1
1
1◎
前期
基礎演習Ⅳ
○☆I
T基礎技術論
共通
◎
2◎
2◎
2
2
情報基礎 ◎
情報リテラシーⅠ
◎
情報社会とコミュニケーション
○ ☆ 情報表現とマルチメディア
○ ☆ コンヒ゜
ュータ概論
キャリア
デザイン
英語Ⅲ
英語Ⅳ
1◎
1◎
英語Ⅰ
英語Ⅱ
外国 ◎
語 ◎
後期
基礎演習Ⅲ
1◎
1
1
☆ スポーツ演習b
2
2
2
1年
前期
基礎 ◎
基礎演習Ⅰ 演習 ◎
基礎演習Ⅱ
総合 ○
スポーツ演習a
基礎
社会と法
☆ 健康科学
☆ スポーツと社会
科目区分
履修モデル
スポーツマネジメントコース
共通科目
22
2
2
1
2
2
2
2
2
2
2
1
1
1
◎
☆
2
2
2
2
3年
プロジェクト研究
14
☆ スポーツマネジメント論a 2
ジュニアスポーツ指導論a 2
カウンセリング
2
ベンチャービジネス論
社会調査法
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
2
14
6 ◎ 卒業論文
☆ スポーツマネジメント論b 2
ジュニアスポーツ指導論b 2
視聴覚教育法
2
☆ リーガルリスクマネジメント論
後期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
4年
6
6
12
124
29
10
12
8
4
4
10
16
6
10
5
単位
起業・商品開発コース
概要
経営学やマーケティングの理論を理解するだけではなく,それを『どう活かす
か』ということに重点を置いた学びが特徴。企業や地域と連携したプロジェク
トなどを通して,調査・統計から商品開発,販売戦略までの流れをリアルに学
びます。ブログからヒット商品が生まれる時代。ビジネスに必須の情報ツール
について専門的に学べることも情報大ならではの強みです。
目指す進路
起業・自営業の後継者
企業(企画・開発スタッフ)
企業(営業・マネージャー)
目指す資格
ビジネス能力検定(B検),中小企業診断士,販売士検定
旅行業務取扱主任者(総合,国内),カラーコーディネーター
消費生活アドバイザー
推 奨 科 目
1年次
後期
情報セキュリティ概論
マーケティング論
基礎会計論
2年次
前期
環境情報論
経営組織論
消費生活論
財務会計論
コミュニケーション論
マスメディア論
個人情報保護論
経営管理論
会計情報論
流通情報論
社会心理学
社会調査法
データマイニング
マーケティング戦略論
経営戦略論
プロジェクトマネジメント
ベンチャービジネス論
Webマーケティング論
リーガルリスクマネジメント論
後期
3年次
前期
会社法a
後期
人的資源論
経営情報システム論
教員・研究テーマ
池田 幸代
企業における組織アイデンティティと競争優位性の獲得
岩本 俊彦
ツーリズム(観光・旅行)マーケティングにおける観光資源の開発管理
中尾 宏
知的財産としての環境CSRとビジネスモデルの研究
樋口 大輔
優れた成果を生み出す企業と,その経営戦略に関する研究
柳田 純子
青年期の自己形成に関する研究(商品開発やキャリア発達の事例研究)
吉澤 康介
経営・経済・社会分野における複雑ネットワークの研究
102
○
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
単位数計
専門教育科目
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
103
1◎
1
2
2
2
1
1年
2
2
経済の論理Ⅱ
統計学Ⅱ
1◎
1◎
総合情報学概論Ⅰ
17
23
○ ☆ コミュニケーション論
○ ☆ マスメディア論
2
☆ 経営組織論
2
☆ 消費生活論
2 ○ ☆ 財務会計論
2
情報社会と職業
データベース論
キャリアデザインa 情報分析Ⅱ
18
2 ○ ☆ 社会心理学
2
2
☆ 経営管理論
2 ○ ☆ 会計情報論
2 ○ ☆ 流通情報論
2 ○ ☆ 個人情報保護論
地域資源論
○
2○
情報分析Ⅰ
○ ☆ マーケティング論
○ ☆ 基礎会計論
経営学概論
2
2
2○
2
後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
1◎
2年
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
2 ○ ☆ 環境情報論
I
T基礎技術論
総合情報学概論Ⅱ
情報リテラシーⅡ
経営と情報
英語Ⅲ
英語Ⅳ
前期
基礎演習Ⅳ
○ ☆ 情報セキュリティ概論
○
2◎
情報リテラシーⅠ
2◎
情報社会とコミュニケーション 2 ◎
英語Ⅰ
英語Ⅱ
1○ 1
1◎
後期
基礎演習Ⅲ
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
経済の論理Ⅰ
統計学Ⅰ
健康科学
スポーツ演習
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
◎
情報基礎 ◎
◎
外国 ◎
語 ◎
総合
基礎
基礎 ◎
演習 ◎
科目区分
履修モデル
起業・商品開発コース
共通科目
22
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
1
1
◎
☆
☆
☆
☆
☆
プロジェクト研究
マーケティング戦略論
経営戦略論
プロジェクトマネジメント
ベンチャービジネス論
会社法a
☆ 社会調査法
☆ データマイニング
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
18
2
2
2
2
2
2
2
2
2
3年
☆
☆
☆
☆
異文化コミュニケーション論
放送メディア論
人的資源論
Webマーケティング論
リーガルリスクマネジメント論
経営情報システム論
ゲームデザイン
後期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
20
6 ◎ 卒業論文
2
2
2
2
2
2
2
4年
6
6
12
124
10
36
12
6
4
8
12
6
11
5
単位
会計・金融コース
概要
社会の“血液”と言えるお金。企業における資金の役割を理解するとともに,
簿記・会計について学び,企業の財務諸表を分析・評価する能力を身につけま
す。また,社会人に不可欠な金融やマネープランについての知識も習得。ビジ
ネス,生活,両方において役立つ科目が用意されたカリキュラムです。簿記,
会計に関わる各種資格取得も積極的にサポートしています。
目指す進路
経理担当者,税理士・公認会計士,ファイナンシャルプランナー
証券アナリスト,公務員,販売士
目指す資格
日商簿記検定,税理士・公認会計士
ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士,証券アナリスト行政書士
日商販売士検定
推 奨 科 目
1年次
後期
基礎会計論
経営学概論
マーケティング論
2年次
前期
経済学
財務会計論
民法a
会計情報論
民法b
流通情報論
消費者法
経営管理論
ベンチャービジネス論
会社法a
原価計算論
経営戦略論
リーガルリスクマネジメント論
会社法b
国際金融論
ビジネスロジスティクス論
経営組織論
後期
3年次
前期
後期
金融論
管理会計論
教員・研究テーマ
青木 俊昭
流通業の情報化とビジネス・ロジスティックスの研究
斎藤 隆
ITガバナンスに関する研究
武井 敦夫
会計情報の活用とGIS(地理情報システム)による事業評価
堂下 浩
金融論およびベンチャー企業の経営戦略に関する研究
成瀬 敏郎
リーガルリスクマネジメントおよび契約上の紛争処理に関する研究
104
専門教育科目
105
単位数計
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
1◎
1
2
2
2
2
1
1年
2
2
現代日本の政治
経済の論理Ⅱ
1◎
1◎
総合情報学概論Ⅰ
19
総合情報学概論Ⅱ
情報リテラシーⅡ
経営と情報
英語Ⅲ
英語Ⅳ
○ ☆ 基礎会計論
☆ 経営学概論
○ ☆ マーケティング論
2◎
情報リテラシーⅠ
2◎
情報社会とコミュニケーション 2 ◎
英語Ⅰ
英語Ⅱ
19
○
2
☆
2○ ☆
2
☆
☆
2
2○
2
1○ 1
1◎
後期
基礎演習Ⅲ
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
社会と法 日本国憲法
経済の論理Ⅰ
統計学Ⅰ スポーツ演習
組織と人間 後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
2
1◎
2年
コミュニケーション論
経済学
財務会計論
民法a
経営組織論
2
2
情報社会と職業
I
Tキャリア基礎
個人情報保護法
キャリアデザインa 情報分析Ⅱ
20
2
2 ○ ☆ 会計情報論
2
☆ 民法b
2 ○ ☆ 流通情報論
2
☆ 消費者法
☆ 経営管理論
○
2○
情報分析Ⅰ
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
海外事情
前期
基礎演習Ⅳ
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
◎
情報基礎 ◎
◎
外国 ◎
語 ◎
○
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎
科目区分
履修モデル
会計・金融コース
共通科目
20
2
2
2
2
2
2
2
2
1
2
1
◎
☆
☆
☆
☆
☆
2
2
2
2
2
2
6
3年
☆
☆
☆
☆
☆
リーガルリスクマネジメント論
会社法b
管理会計論
国際金融論
ビジネスロジスティクス論
後期
プロジェクト研究
18
科目区分は問わない。
選択必修科目から6科目12単位を履修する。
ベンチャービジネス論
会社法a
金融論
原価計算論
経営戦略論
ERP論
前期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
6
6
6 ◎ 卒業論文
22
6
2
2
2
2
2
4年
12
124
0
2
58
2
0
4
6
12
6
17
5
単位
社会コミュニケーションコース
概要
ソーシャルネットワーク,子どもと携帯,教育,福祉,メディア,カルチャー
など,あらゆる事象がテーマ。人と人,情報がどのようにかかわり,影響・変
化しているかを読み解き,多様化する情報化社会に対応した高いコミュニケー
ションスキルを身につけます。情報発信力や社会を見る目を養うことで,広
告・メディア産業,マスコミなど将来の場も広がります。
目指す進路
出版・マスコミ・編集,記者,広告・メディア関連業
社会調査員,公務員,教員
目指す資格
校正技能検定,TOEIC®,実用英語技能検定
日本漢字能力検定,社会調査士
後期
コミュニティ論
社会学概論
2年次
前期
消費生活論
民法a
コミュニケーション論
マスメディア論
個人情報保護論
比較社会論
メディア文化論
統計アプリケーション
社会調査法
データマイニング
経営科学
出版メディア論
メディア広告論
異文化コミュニケーション論
新聞論
著作権法
推 奨 科 目
1年次
後期
現代社会学
社会心理学
3年次
前期
後期
教員・研究テーマ
アーロンSキャルコート Improving TOEIC scores
石塚 省二
ポストモダン状況論,存在理論的回転テーゼ
茨木 正治
マス・メディアにおけるマンガと,政治・社会との関わりの研究
圓岡 偉男
情報社会の理論社会学的研究。N.
ルーマンの社会理論の研究
三宅 修平
社会的ネットワーク分析に関する研究
吉岡 栄一
コンラッドを中心とするイギリス文学における異言語と外地の研究
106
○
プロジェクト
17
107
25
スポーツ情報論
20
2
○
☆ 生涯学習概論
映像表現論
2 ○ ☆ 社会心理学
☆ 比較社会論
流通情報論
2 ○ ☆ メディア文化論
2
2○
民法b
○ ☆ 個人情報保護論
キャリアデザインa 情報分析Ⅱ
コンピュータ英語Ⅱ
後期
基礎演習Ⅴ
○ ☆ マスメディア論
☆ 現代社会学
☆ 民法a
2
2
ITキャリア基礎
☆ 消費生活論
2
2○
1○
情報社会と職業
情報分析Ⅰ
コンピュータ英語Ⅰ
1◎
2年
○ ☆ コミュニケーション論
2○
2
2
2
2
2
2
2
2○
1
1○
2
2
1◎
前期
基礎演習Ⅳ
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
心理学概論
ウェルネス
基礎会計論
☆ 社会学概論
○
☆ コミュニティ論
情報セキュリティ概論
IT基礎技術論
総合情報学概論Ⅱ
経営と情報
情報リテラシーⅡ
英語Ⅳ
英語Ⅲ
メディア
単位数計
専門教育科目
マネジメント
○
環境
2◎
○
総合情報学概論Ⅰ
○
◎
2◎
2
情報社会とコミュニケーション
情報表現とマルチメディア
◎
1◎
英語Ⅱ
2◎
1◎
英語Ⅰ
システム
共通
キャリア
デザイン
組織と人間 現代思想 後期
基礎演習Ⅲ
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
1
2
海外事情
スポーツ演習
1
2
基礎演習Ⅱ
レポートと文章作法
1◎
1年
前期
基礎演習Ⅰ 情報リテラシーⅠ
情報基礎 ◎
外国 ◎
語 ◎
総合
基礎
基礎 ◎
演習 ◎
科目区分
履修モデル
社会コミュニケーションコース
共通科目
22
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
1
1
◎
プロジェクト研究
☆ メディア広告論
☆ 出版メディア論
16
2
2
2
2
☆ 経営科学
2
☆ 社会調査法
2
2
2
○
3年
☆ データマイニング
☆ 統計アプリケーション
インターンシップ
キャリアデザインb
前期
☆ 著作権法
☆ 新聞論
☆ 異文化コミュニケーション論
マーケティング論
人的資源論
リーガルリスクマネジメント論
後期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
18
6 ◎ 卒業論文
2
2
2
2
2
2
4年
6
6
124
12
6
26
18
12
2
4
10
14
6
9
5
単位
CG・Webデザインコース
概要
情報技術全般について理解するとともに,WebやCGシステムの開発技術,開
発のためのアプリケーション操作技術を習得。実習を通してオリジナルコンテ
ンツの制作に取り組みます。CG分野ではキャラクターの動きや構成・ストー
リー,デザインを考えたり,表現を工夫したり,CG制作における一連の流れ
を経験することで,コンテンツクリエイターに求められる能力が総合的に身に
つきます。Web分野では,デザインプロセスの考え方や,表現方法,発想方
法,伝達方法,新しいコミュニケーション・メディアの活用など,社会に出て
からの実践力になる能力と知識が身につきます。
目指す進路
システムエンジニア
Webクリエイター
Webデザイナー
CGデザイナー
DTP技術者
目指す資格
マルチメディア検定(ベーシック・エキスパート)
Webデザイナー検定(ベーシック・エキスパート)
CGクリエイター検定(ベーシック・エキスパート)
CGエンジニア検定(ベーシック・エキスパート)
画像処理エンジニア検定(ベーシック・エキスパート)
ITパスポート試験
1年次
推 奨 科 目
2年次
前期
コンピュータ概論
プログラミング入門
情報表現とマルチメディア
後期
情報ネットワーク概論
IT基礎技術論
情報セキュリティ概論
メディア機器論
情報メディア論
情報分析Ⅰ
Webアニメーション演習
前期
Webデザイン演習
コンピュータグラフィクス演習 コミュニケーション論
データベース論
CGアニメーション演習 コンピュータグラフィクス論
メディア文化論
視覚デザイン論
前期
情報通信システム論a
画像情報論
後期
情報通信システム論b
後期
3年次
メディア広告論
教員・研究テーマ
井関 文一
3次元仮想空間の研究およびネットワークアプリケーションの開発
中島 淳
出版・印刷メディア,立体造形,サブカルチャー分析
松下 孝太郎
コンピュータグラフィックス,画像処理,CGを使ったゲーム開発
安岡 広志
創造メディアアート&デザインの研究
108
専門教育科目
109
単位数計
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
英語Ⅰ
英語Ⅱ
総合情報学概論Ⅰ
英語Ⅲ
英語Ⅳ
21
☆ メディア機器論
○ ☆ 情報メディア論
23
2
2
2
○ ☆ 情報セキュリティ概論
2
2
総合情報学概論Ⅱ
☆
☆
☆
○☆
後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
1◎
2年
Webアニメーション演習
Webデザイン演習
アニメ・PV・特撮番組制作論
コンピュータグラフィクス演習
立体表現
コミュニケーション論
情報社会と職業
I
Tキャリア基礎
キャリアデザインa 情報分析Ⅱ
17
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
17
◎
プロジェクト研究
☆ メディア広告論
出版メディア論
サウンドデザイン論
フォトグラフィクス論
○ ☆ 画像情報論
2 ○ ☆ 情報通信システム論a
システムセキュリティ論
2
2
1
1
1
☆ CGアニメーション演習 1
1 ○ ☆ コンピュータグラフィクス論 2
2 ○ ☆ メディア文化論
2
1
☆ 視覚デザイン論
2
2
社会学概論
2
2
○ ☆ データベース論
2
2
2○
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
2
2
2 ○ ☆ 情報分析Ⅰ
1○ 1
○ ☆ IT基礎技術論
2◎
2◎
情報リテラシーⅡ
2◎
経営と情報
2 ○ ☆ 情報ネットワーク概論
2
2
1◎
1◎
4
1◎
前期
基礎演習Ⅳ
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
◎
1
科目区分
「総合基礎」
から
自由に4単位選択
後期
基礎演習Ⅲ
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
スポーツ演習
1年
前期
基礎演習Ⅰ 1◎
基礎演習Ⅱ
1
科目区分「総合基礎」
から 4
自由に4単位選択
情報リテラシーⅠ
情報基礎 ◎
情報社会とコミュニケーション
◎
○ ☆ コンピュータ概論
○ ☆ プログラミング入門
○ ☆ 情報表現とマルチメディア
外国 ◎
語 ◎
○
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎
科目区分
履修モデル
CG・Webデザインコース
共通科目
後期
18
2 2 2 2
2
著作権法
3DCGシミュレーション
サイバースペース論
映像・放送メディア特講
コンピュータミュージック論
放送メディア論 2 ○ ☆ 情報通信システム論b
2
ケ゛
ームデザイン
2
2
3年
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
6
6
6 ◎ 卒業論文
22
2
2
2
2
2
2
2
2
4年
12
124
0
42
0
4
12
4
10
12
8
6
9
5
単位
映像・音響コース
概要
本格的なスタジオ・調整室,撮影・編集機材,音響調整室などを活用して,番
組制作を実践します。映像制作では,ドラマ,PV,アニメ,CMなどの他,
地域に密着したドキュメンタリー番組を制作。問題意識を高めると同時に,制
作現場で求められるコミュニケーション能力やチームワークを養います。音響
では,音をメディアで活用するための技術や手法を研究。さらに音質を聴き分
けるセンスや感性も磨いていきます。
目指す進路
放送局
ディレクター・映像制作・番組制作
映像・音響技術者
カメラマン
サウンドクリエイター
目指す資格
映像音響技術者試験(日本ポストプロダクション協会)
サウンドレコーディング技術認定試験
写真技能士
1年次
推 奨 科 目
2年次
前期
コンピュータ概論
情報表現とマルチメディア プログラミング入門
後期
情報ネットワーク概論
IT基礎技術論
情報メディア論
映像表現論
情報分析Ⅰ
画像情報論
アニメ・PV・特撮番組制作論
マスメディア論
音響メディア論
コミュニケーション論
情報分析Ⅱ
メディア文化論
映画論・映画史
コンピュータグラフィクス論
社会心理学
前期
サウンドデザイン論
フォトグラフィクス論
後期
映像・放送メディア特講
前期
後期
3年次
スタジオ番組・ドラマ制作論
教員・研究テーマ
伊藤 敏朗
映像メディア・リテラシー習得のための映像制作教育法の開発
小泉 宣夫
音響情報処理・サウンドシンセシス
西貝 雅人
アートや心理学領域で写真を制作・活用する方法と理論の研究
西村 明
音や音楽に対する人間の知覚/認知/感性に関する研究
110
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
単位数計
専門教育科目
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
111
後期
基礎演習Ⅲ
英語Ⅰ
英語Ⅱ
総合情報学概論Ⅰ
英語Ⅲ
英語Ⅳ
19
総合情報学概論Ⅱ
☆ スタジオ番組・ドラマ制作論
メディア機器論
○ ☆ 情報メディア論
○ ☆ 映像表現論
○ ☆ IT基礎技術論
2◎
2◎
情報リテラシーⅡ
2◎
経営と情報
2 ○ ☆ 情報ネットワーク概論
2
2
1◎
1◎
21
情報社会と職業
I
Tキャリア基礎
知覚心理学(視覚)
アニメ・PV・特撮番組制作論
コンピュータグラフィクス演習
マスメディア論
音響メディア論
Webアニメーション演習
○ ☆ コミュニケーション論
○ ☆ 画像情報論
2
☆
2
2○ ☆
2
☆
2
2
2
2
文化人類学 科学・技術の歴史
キャリアデザインa 22
2
知覚心理学(聴覚)
2 ○ ☆ メディア文化論
1
☆ 映画論・映画史
2
視覚デザイン論
2 ○ ☆ コンピュータグラフィクス論
1 ○ ☆ 社会心理学
2
2
2
2
2 ○ ☆ 情報分析Ⅱ
22
2
2
2
2
2
2
2
2
1
1
後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
1◎
2年
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
2 ○ ☆ 情報分析Ⅰ
2
2
1○ 1
1◎
前期
基礎演習Ⅳ
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
◎
1◎
1
2
1
1年
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
レポートと文章作法
スポーツ演習
情報基礎 ◎
情報リテラシーⅠ
◎
情報社会とコミュニケーション
○ ☆ コンピュータ概論
○ ☆ 情報表現とマルチメディア
○ ☆ プログラミング入門
外国 ◎
語 ◎
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎 ○
科目区分
履修モデル
映像・音響コース
共通科目
◎
プロジェクト研究
身体表現論
立体表現
☆ サウンドデザイン論
シナリオ論
☆ フォトグラフィクス論
キャリアデザインb
インターンシップ
海外事情
前期
16
2
2
2
2
2
2
2
2
3年
コンピュータミュージック論
☆ 映像・放送メディア特講
著作権法
放送メディア論
3DCGシミュレーション
異文化コミュニケーション論
後期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
18
6 ◎ 卒業論文
2
2
2
2
2
2
4年
4
12
6 124
6
50
0
2
2
4
10
20
6
9
5
単位
ちば地域構想コース
概要
千葉県にはまだ発掘されていない魅力がたくさんあります。まず,社会環境・
自然・文化・観光・コミュニティなどの地域資源について総合的に理解。魅力
づくり,安全・安心など,さまざまな角度から課題を浮き彫りにし,その解決
に取り組みます。社会調査・統計,セキュリティについて実践的に学べること
も特徴です。千葉から,地域・都市活性化の新しいモデルを発信していきま
す。
目指す進路
公務員,観光業スタッフ
NPO(非営利団体)スタッフ,社会調査技術者
博物館・美術館などの専門職,危機管理アドバイザー
目指す資格
博物館学芸員,個人情報保護士
Webクリエイター能力認定試験
フードアナリスト,情報セキュリティ管理士
統計検定4級~1級
推 奨 科 目
1年次
後期
情報セキュリティ概論
環境マネジメント論
コミュニティ論
2年次
前期
環境情報論
地理情報システムa
地域構想演習
個人情報保護論
品質マネジメント論
Webデザイン演習
3年次
後期
地域資源論
前期
Webシステムプログラミングa モバイルシステムa
環境資源論
環境アセスメント
統計アプリケーション
社会調査法
データマイニング
ベンチャービジネス論
システム監査
環境保全論
環境倫理学
Webマーケティング論
後期
教員・研究テーマ
櫻井 尚子
地域社会調査データの取得と分析による地域再発見とまちづくり
畠中 伸敏
情報セキュリティ・個人情報保護の研究および食の安全と災害社会工学の研究
藤原 丈史
Webやデータベースを活用した情報の収集・分析・発信に関する研究
吉田 彰
人と自然の共生,自然史学の展示手法,博物館・美術館等による地域活性化
112
2
生命と情報
プロジェクト
ウェルネス
113
キャリアデザインa 1○
1
2
2
2
社会心理学
☆ 品質マネジメント論
2
2
2
2
2
2
1
2
1
2
2
3年
環境資源論
環境アセスメント
統計アプリケーション
社会調査法
データマイニング
☆ ベンチャービジネス論
☆ システム監査
☆
☆
☆
☆
☆
2
2
2
2
2
2
2
☆ Webシステムプログラミングa 2
☆ モハ゛
イルシステムa
2
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
☆ Webマーケティング論
経営情報システム論
☆ 環境保全論
☆ 環境倫理学
Webシステムプログラミングb
モハ゛
イルシステムb
後期
24
16
◎
プロジェクト研究
22
上記の「ITキャリア基礎,インターンシップ,Webシステムプログラミングb,モバイルシステムb,
経営組織論,経営情報システム論」の6科目から6単位選択する。
☆ Webデザイン演習
Webアニメーション演習
コミュニケーション論
○
マスメディア論
○
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
25
2
2
情報メディア論
映像表現論
経営組織論
○
○
2
2
情報社会と職業
I
Tキャリア基礎
情報分析Ⅱ
2
☆ 地域資源論
2 ○ ☆ 個人情報保護論
1
1
2
2○
情報分析Ⅰ
メディア
2
2○
2
2
文化人類学
後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
1◎
2年
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
2
総合情報学概論Ⅱ
情報リテラシーⅡ
経営と情報
情報ネットワーク概論
英語Ⅲ
英語Ⅳ
マーケティング論
19
2◎
2◎
2◎
2○
2
1◎
1◎
前期
基礎演習Ⅳ
○
総合情報学概論Ⅰ
情報リテラシーⅠ
情報社会とコミュニケーション
コンピュータ概論
情報表現とマルチメディア
英語Ⅰ
英語Ⅱ
1○ 1
1◎
後期
基礎演習Ⅲ
マネジメント
◎
1◎
1
2
2
1
1年
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
統計学Ⅰ
生命と環境
スポーツ演習
2 ○ ☆ 環境情報論
2
☆ 地理情報システムa
2
☆ 地域構想演習
環境調査演習
○
空間情報論
環境
単位数計
専門教育科目
○ ☆ 情報セキュリティ概論
☆ 環境マネジメント論
☆ コミュニティ論
システム
共通
キャリア
デザイン
情報基礎 ◎
◎
○
○
外国 ◎
語 ◎
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎
○
科目区分
履修モデル
ちば地域構想コース
共通科目
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
6
6
6 ◎ 卒業論文
18
2
2
2
2
2
2
4年
12
124
0
12
14
32
8
4
10
18
6
9
5
単位
地球・自然環境コース
概要
キャンパス周辺の身近な里山・里海から,日本各地,あるいは海外の海洋・森
林など,多様な調査地における自然環境を対象に,フィールド調査や,リモー
トセンシング(RS),地理情報システム(GIS)などの技術による自然環境の
理解と保全,復元を目指すメンバーからなるコースです.フィールド調査や
RS/GISで得られたデータの解析方法,持続可能な環境づくりや減災・防災に
役立つ環境マップ作成技術などを学びます。
目指す進路
環境コンサルタント,公務員(環境保護),地理情報エンジニア
農林水産業職員,気象予報士,測量士補
目指す資格
博物館学芸員,気象予報士,ビオトープ管理士
GIS上級技術者,eco検定,測量士補
1年次
後期
環境マネジメント論
2年次
前期
環境情報論
空間情報論
地理情報システムa
環境デザイン演習
地理情報システムb
画像・動画処理演習
環境資源論
環境アセスメント
植生情報論
環境リモートセンシング
パターン認識
環境保全論
環境倫理学
環境シミュレーション
海洋情報論
気象情報論
画像情報論
推 奨 科 目
後期
環境調査演習
地域資源論
3年次
前期
データマイニング
後期
教員・研究テーマ
浅沼 市男
衛星データを用いた地球規模の気候変動と海洋生態系の応答に関する研究
ケビンショート
里山景観や伝承文化にみられる人間と植物の関係
富田 瑞樹
地理空間情報を用いた生物多様性に関する研究と震災後の生態系モニタリング
朴 鍾杰
衛星データを用いた地球の陸域環境変動や震災解析に関する研究
原 慶太郎
地理情報システム
(GIS)
とリモートセンシングを用いた環境保全の研究
原田 一平
地理情報システム
(GIS)
とリモートセンシングを用いたアジア東岸陸域の環境解析研究
114
専門教育科目
115
単位数計
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
総合情報学概論Ⅰ
情報リテラシーⅠ
情報社会とコミュニケーション
コンピュータ概論
プログラミング入門
情報表現とマルチメディア
英語Ⅰ
英語Ⅱ
1◎
1
2
2
1
1年
2 2
2
文化人類学
科学・技術の歴史
生命と情報
◎
◎
○
21
総合情報学概論Ⅱ
情報リテラシーⅡ
経営と情報
情報ネットワーク概論
英語Ⅲ
英語Ⅳ
○
情報メディア論
☆ 環境マネジメント論
○
情報セキュリティ概論
2◎
2
2
2
2
2
1◎
1◎
23
2
○
2○ ☆
2○☆
☆
○☆
2
2○
2
2
1○ 1
1◎
後期
基礎演習Ⅲ
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
レポートと文章作法
生命と環境
スポーツ演習
統計学Ⅱ
後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
2 1◎
2年
スポーツ情報論 2
環境情報論
空間情報論
地理情報システムa
画像情報論
20
2
2
2
2
2
2
2
情報社会と職業
I
Tキャリア基礎
○
○
○
2○
情報分析Ⅰ
☆
☆
☆
☆
コンピュータグラフィクス論
環境調査演習
環境デザイン演習
地理情報システムb
地域資源論
地域構想演習
個人情報保護論
データベース論
キャリアデザインa 情報分析Ⅱ
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
統計学Ⅰ
前期
基礎演習Ⅳ
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
◎
情報基礎 ◎
◎
○
○
○
外国 ◎
語 ◎
○
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎
科目区分
履修モデル
地球・自然環境コース
共通科目
21
2
1
1
2
2
1
2
2
2
2
1
2
1
◎
☆
☆
☆
☆
☆
☆
プロジェクト研究
環境資源論
環境アセスメント
植生情報論
環境リモートセンシング
ハ゜
ターン認識
データマイニング
☆ 画像・動画処理演習
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
17
2
2
2
2
2
2
1
2
2
3年
☆
☆
☆
☆
☆
環境保全論
環境倫理学
環境シミュレーション
海洋情報論
気象情報論
後期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
16
6 ◎ 卒業論文
2
2
2
2
2
4年
2
12
6 124
6
4
0
43
3
4
12
20
6
15
5
単位
システム開発コース
概要
システム開発コースではプログラミングなどのシステム開発に関する専門知識
を習得するだけでなく,
(株)
日立インフォメーションアカデミーや(株)日立
システムズと連携することで,技術者として必要な論理的思考や現場技術な
ど,実践で活用できる能力まで習得します。システム開発の知識と技術を基本
から学ぶことで,Web通販システムやクラウド,TwitterやiPhoneなどの先
端技術にも対応できる応用力のある技術者をめざします。
目指す進路
プログラマ,システムエンジニア
システムコンサルタント,カスタマーエンジニア
オペレーションスタッフ,ITスペシャリスト
プロジェクトマネジャー
目指す資格
基本情報技術者試験,応用情報技術者試験
ITサービスマネージャ,データベーススペシャリスト
システムアーキテクト,プロジェクトマネージャー
ITパスポート試験,高校教諭一種免許(情報)
1年次
推 奨 科 目
2年次
前期
コンピュータ概論
プログラミング入門
後期
情報ネットワーク概論
プログラミング基礎
前期
ITキャリア基礎
Un
i
x論a
システム設計論a
プログラミング応用a
Un
i
x論b
アルゴリズムとデータ構造a システム設計論b
プログラミング応用b
データベース論
Webシステムプログラミングa
ソフトウェア工学a
後期
3年次
前期
アルゴリズムとデータ構造a
オブジェクト指向モデリング論
言語処理論
後期
Webシステムプログラミングb
ソフトウェア工学b
教員・研究テーマ
河野 義広
ソーシャルメディアとその社会的影響に関する研究
岸本 頼紀
高品質ソフトウェア,ソフトウェア工学,システム開発技術,Webデザイン
北風 和久
生物情報処理
布広 永示
教育支援,クラウド,並列分散処理などの情報システム分析に関する研究
平野 正則
分散処理システムの構造技術に関する研究
山口 崇志
次世代ネットワークコンピューティングに向けた情報システムの設計・開発
116
専門教育科目
117
単位数計
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
後期
基礎演習Ⅲ
1
英語Ⅰ
英語Ⅱ
総合情報学概論Ⅰ
英語Ⅲ
英語Ⅳ
21
○
2◎
IT基礎技術論
☆ プログラミング基礎
総合情報学概論Ⅱ
2◎
情報リテラシーⅡ
2◎
経営と情報
2 ○ ☆ 情報ネットワーク概論
2
2
1◎
1◎
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
スポーツ演習
1 ○ 選択語学
後期
基礎演習Ⅴ
情報社会と職業
☆I
Tキャリア基礎
情報分析Ⅰ
2
2
2○
キャリアデザインa 情報分析Ⅱ
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
1◎
2年
19
コンピュータグラフィクス演習
Webデザイン演習
20
1○
1
コンピュータグラフィクス論
2
☆ Un
i
x論a
2
☆ Un
i
x論b
☆ アルゴリズムとデータ構造a
2 ○ ☆ アルゴリズムとデータ構造a 2
○ ☆ システム設計論a
2 ○ ☆ システム設計論b
☆ プログラミング応用a
2
☆ プログラミング応用b
○
情報システム通信論a
2○
情報システム通信論b
○ ☆ データベース論
○
知能情報学概論
2
2○
2
2
1○ 1
4
1◎
前期
基礎演習Ⅳ
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
◎
1◎
1
4
1年
科目区分「総合基礎」から,自由に8単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
情報リテラシーⅠ
情報基礎 ◎
◎
情報社会とコミュニケーション
○ ☆ コンピュータ概論
○ ☆ プログラミング入門
情報表現とマルチメディア
○
外国 ◎
語 ◎
○
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎
科目区分
履修モデル
システム開発コース
共通科目
22
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
1
1
◎
☆
☆
☆
☆
2
2
2
2
2
2
2
2
3年
☆ Webシステムプログラミングb
☆ ソフトウェア工学b
情報・符号理論
後期
プロジェクト研究
プロジェクトマネジメント
18
2
経営情報システム論
以下の科目から計4単位履修する。
・ネットワークプログラミングaおよび
ネットワークプログラミングb
・モバイルシステムaおよびモバイルシステムb
Webシステムプログラミングa
ソフトウェア工学a
オフ゛
ジェクト指向モデリング論
言語処理論
システムセキュリティ論
暗号情報セキュリティ論
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
18
6 ◎ 卒業論文
2
4
2
2
2
4年
0
12
6 124
6
4
4
0
50
4
12
20
6
9
5
単位
ゲーム・アプリケーションコース
概要
コンピュータゲームとスマートフォンに代表されるモバイル向けアプリケー
ションの開発技術をマスター。その上で,エンターテイメント性や機能性を重
視しながら,ソフトウェアからロボット,デバイスまで,さまざまな開発に取
り組むことができます。人工知能,タッチパネル,Wiiリモコンに使われる
加速度センサーなどの先端技術を応用しながら,個性あふれるモノづくりに挑
戦します。
目指す進路
モバイルプログラマ,アプリケーションプログラマ
ゲーム開発者,ゲームプランナー
インターフェースデザイナー,組み込み技術者
目指す資格
基本情報技術者試験,応用情報技術者試験
C言語プログラミング能力試験,Java認定資格
マルチメディア検定,Webクリエイター能力認定試験
1年次
推 奨 科 目
2年次
前期
コンピュータ概論
プログラミング入門
情報表現とマルチメディア
後期
情報ネットワーク概論
プログラミング基礎
IT基礎技術論
前期
情報分析Ⅰ
アルゴリズムとデータ構造a システム設計論a
プログラミング応用a
情報通信システム論a
情報分析Ⅱ
アルゴリズムとデータ構造b システム設計論b
データベース論
プログラミング応用b
情報通信システム論b
コンピュータグラフィクス論
ゲームソフトウェア設計論
モバイルシステムa
知的プログラミングa
ゲームデザイン
モバイルシステムb
知的プログラミングb
後期
履修してほしい 前期
準推奨科目 後期
3年次
画像情報論
知能情報学概論
教員・研究テーマ
大城 正典
ゲームシステムの研究・開発,AR,オペレーティングシステム,組み込みシステム
大見 嘉弘
エンターテイメントシステムとセンサー処理に関する研究
永井 保夫
知能化アルゴリズム,知能ソフトウェア,探索と推論,ゲームやロボットへの応用
マッキン ケネスジェームス ゲームAI,進化システム,知能ロボット,機械学習
山崎 和子
118
マルチエージェントシステム,ゲーミフィケーション,複雑ネットワーク
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
単位数計
専門教育科目
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
119
英語Ⅰ
英語Ⅱ
2
離散数学Ⅱ
総合情報学概論Ⅰ
英語Ⅲ
英語Ⅳ
23
総合情報学概論Ⅱ
☆ プログラミング基礎
○ ☆I
T基礎技術論
2◎
Webデザイン演習
コンピュータグラフィクス演習
音響メディア論
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
17
アルゴリズムとデータ構造a
システム設計論a
プログラミング応用a
情報通信システム論a
情報社会と職業
I
Tキャリア基礎
○ ☆ 画像情報論
2○☆
2○ ☆
☆
○☆
2
後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
1◎
2年
キャリアデザインa 22
2
1
2
2
2
2
2
2
2
2
2
1
1
サウンドデザイン論
Webシステムプログラミングa
モバイルシステムa
知的プログラミングa
知能情報学
画像・動画処理演習
ゲームソフトウェア設計論
オフ゛
ジェクト指向モデリング論
システムセキュリティ論
ソフトウェア工学a
言語処理論
暗号情報セキュリティ論
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
2
2
2
2
2
1
2
2
2
2
2
2
2
2
3年
3DCGシミュレーション
コンピュータミュージック論
Webシステムプログラミングb
モバイルシステムb
知的プログラミングb
ゲームデザイン
ソフトウェア工学b
後期
23
◎
プロジェクト研究
25
科目区分「総合基礎」「キャリアデザイン」「システム」「メディア」で指定
している無印の科目を教員の指示に従って48単位選択する。
1 ○ ☆ コンピュータグラフィクス論
1
CGアニメーション演習
視覚デザイン論
2
2
2
☆ アルゴリズムとデータ構造b
2 ○ ☆ システム設計論b
2 ○ ☆ データヘ゛
ース論
2
☆ プログラミング応用b
○ ☆ 知能情報学概論
○ ☆ 情報通信システム論b
2
2
2 ○ ☆ 情報分析Ⅱ
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
前期
基礎演習Ⅳ
2 ○ ☆ 情報分析Ⅰ
2
2
1○ 1
1◎
後期
基礎演習Ⅲ
2◎
情報リテラシーⅡ
2◎
経営と情報
2 ○ ☆ 情報ネットワーク概論
2
2
1◎
1◎
無印の科目から、48単位を選択する。
◎
1◎
1
2
2
2
1
1年
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
離散数学Ⅰ
情報数学Ⅰ
レポートと文章作法
スポーツ演習
情報リテラシーⅠ
情報基礎 ◎
◎
情報社会とコミュニケーション
○ ☆ コンピュータ概論
○ ☆ プログラミング入門
○ ☆ 情報表現とマルチメディア
外国 ◎
語 ◎
○
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎
科目区分
履修モデル
ゲーム・アプリケーションコース
共通科目
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
20
6 ◎ 卒業論文
2
2
2
2
2
2
2
4年
0
12
6 124
6
15
0
2
55
4
10
20
6
9
5
単位
ネットワーク・セキュリティコース
概要
なぜ携帯電話で情報がやりとりできるのか。まず,基本的な通信の仕組みや暗
号技術をマスターし,さらにネットワークの設計,ネットワークアプリケー
ションの開発や管理・運用について学んでいきます。コンピュータウイルスや
サイバー攻撃などに対応するセキュリティ技術が本格的に学べることも特徴。
仮想ネットワークを作り実際に攻撃を再現するなど,実習に重点を置いた授業
を行っています。
目指す進路
ネットワークエンジニア,ネットワークシステム設計者
セキュリティスペシャリスト,アプリケーション開発技術者
システムエンジニア
目指す資格
基本情報技術者試験,インターネット検定.Com Master
個人情報保護士認定試験,高校教諭一種免許(情報)
情報セキュリティスペシャリスト試験,Cisco CCENT CCNA
1年次
推 奨 科 目
2年次
前期
コンピュータ概論
プログラミング入門
後期
情報ネットワーク概論
プログラミング基礎
前期
Unix論a
アルゴリズムとデータ構造a システム設計論a
プログラミング応用a
情報通信システム論a
Unix論b
アルゴリズムとデータ構造b システム設計論b
データベース論
プログラミング応用b
知能情報学概論
個人情報保護論
システムセキュリティ論
ネットワークプログラミングa モバイルシステムa
後期
3年次
前期
情報セキュリティ概論
情報通信システム論b
暗号情報セキュリティ論
後期
ネットワークプログラミングb モバイルシステムb
情報・符号理論
教員・研究テーマ
金 武完
ユビキタスネットワークとアプリケーションに関する研究
鈴木 英男
暗号・符号理論の応用,個人情報保護の方法と確立
寺嶋 廣克
モバイル・ネットワーク環境でのメディア技術を活かしたアプリケーション
花田 真樹
高い通信品質を実現するためのネットワーク制御技術に関する研究
森口 一郎
ネットワークセキュリティ,情報ネットワーク技術に関する研究
120
専門教育科目
121
単位数計
プロジェクト
ウェルネス
メディア
マネジメント
環境
システム
共通
キャリア
デザイン
2
2
2
基礎数学Ⅱ
情報数学Ⅱ
離散数学Ⅱ
英語Ⅰ
英語Ⅱ
総合情報学概論Ⅰ
英語Ⅲ
英語Ⅳ
21
IT基礎技術論
☆ プログラミング基礎
総合情報学概論Ⅱ
○ ☆ 情報セキュリティ概論
○
2◎
2◎
情報リテラシーⅡ
2◎
経営と情報
2 ○ ☆ 情報ネットワーク概論
2
1◎
1◎
後期
基礎演習Ⅴ
1 ○ 選択語学
1◎
2年
2○
2
情報分析Ⅰ
情報社会と職業
キャリアデザインa 情報分析Ⅱ
次の科目(全て1単位)から2単位を履修する。
・コンピュータ英語Ⅰ ・中国語Ⅰ
・コンピュータ英語Ⅱ ・中国語Ⅱ
・ビジネス英語Ⅰ ・ハングル・韓国語Ⅰ
・ビジネス英語Ⅱ ・ハングル・韓国語Ⅱ
選択語学
前期
基礎演習Ⅳ
23
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
1
1
18
2
22
科目区分
「メディア」
の選択必修科目から1科目2単位を選択する。
○ ☆ 個人情報保護論
i
x論a
2
☆ Un
i
x論b
2
☆ Un
☆ アルゴリズムとデータ構造b
2 ○ ☆ アルゴリズムとデータ構造a 2
○ ☆ システム設計論a
2 ○ ☆ システム設計論b
☆ プログラミング応用a
2 ○ ☆ データベース論
○ ☆ 情報通信システム論a
2
☆ プログラミング応用b
○ ☆ 情報通信システム論b
○ ☆ 知能情報学概論
2
2○
2
2
1○ 1
1◎
後期
基礎演習Ⅲ
「◎」は必修科目,「○」は選択必修科目,「☆」はコース推奨科目,無印は準推奨科目を表す
◎
1◎
1
2
2
2
1
1年
スポーツ演習a~dから1単位を履修する。
前期
基礎演習Ⅰ 基礎演習Ⅱ
基礎数学Ⅰ
情報数学Ⅰ
離散数学Ⅰ
スポーツ演習
情報リテラシーⅠ
情報基礎 ◎
◎
情報社会とコミュニケーション
○ ☆ コンピュータ概論
○ ☆ プログラミング入門
外国 ◎
語 ◎
○
基礎 ◎
演習 ◎
総合
基礎
科目区分
履修モデル
ネットワーク・セキュリティコース
共通科目
◎
☆
☆
☆
☆
16
6
科目区分
「システム」
と
インターンシップから
自由に6単位を選択す
る。
プロジェクト研究
2
2
2
2
2
3年
システムセキュリティ論
ネットワークプログラミングa
モバイルシステムa
暗号情報セキュリティ論
キャリアデザインb
インターンシップ
前期
科目区分
「システム」
か
ら自由に6単位を選択
する。
☆ ネットワークプログラミングb
☆ モバイルシステムb
☆ 情報・符号理論
後期
総合情報学部の学修について
共通基礎科目
18
6 ◎ 卒業論文
6
2
2
2
4年
2
14
6 124
6
2
0
4
54
4
6
18
6
13
5
単位
10.プロジェクト研究
1)プロジェクト研究とは
「プロジェクト研究」は,3年次に配当されている必修科目(通年6単位)です。
情報社会が抱える様々な課題をテーマとして掲げ,問題解決にむけた具体的な取り組みを試みます。それぞれの
テーマに対し,複数のコースが連携してプロジェクトチームを編成し,体験型の演習授業を展開します。地域,企
業,行政,教育機関などと連携して研究や開発を進めることで,真の問題意識や社会人としての実践力を身につけ
ることを目指します。
<参考>プロジェクト研究テーマ例
ご当地グルメ開発プロジェクト
地元企業と連携して新たなグルメを企画開発。
地域の強みを生かした実践的な企画力を身につけ、故郷を活性化します。
起業・商品開発
ちば地域構想
× ×
会計・金融
三次元仮想空間プロジェクト
オンラインゲームのようなネットワーク上の仮想世界を構築。
仮想世界だからできる様々なことを研究します。
ネットワーク・セキュリティ
CG・Webデザイン
× ×
ゲームアプリケーション
2)プロジェクト研究のテーマ選択
2年次後期にコースを選択する際に,各コースが計画する「プロジェクト研究計画書」が提示されます。これら
を参考にして3年次からのコース所属を正式に決定しますが,プロジェクト研究は,その正式に所属したコースの
指導教員が参画しているテーマのもとで活動することになります。
正式なコース所属決定後,担当の指導教員との面談等が行われ,参加するプロジェクト研究と個々のテーマを最
終決定することになります。
3)プロジェクト研究の報告
3年次末に,プロジェクト研究で活動した成果を「プロジェクト研究成果報告書
(レポート)
」としてまとめます。
4)評価の方法
活動状況や「プロジェクト研究成果報告書」等において総合的に評価します。
122
11.教職課程
1)教職課程とは
教職課程とは,「教育職員免許法」に基づいて,高等学校の教員免許状を取得するために必要な授業科目を履修
し,単位修得できるように設置された課程です。
教職課程を修めようとする者は,学部に設置された共通科目及び専門教育科目の単位の修得の他に,必要な教職
関係科目の単位を修得しなければなりません。
教職課程の履修を希望する者には,教員としての適格性,教職関係科目を充分に理解する能力,将来教職に就き
たいとする強い意志が要求されますので,いい加減な気持ちで教職課程を履修するようなことのないよう注意して
総合情報学部の学修について
ください。
2)取得できる免許状
総合情報学部総合情報学科では,高等学校一種「情報」の免許状が取得できます。
3)履修要件
本学で免許状を取得するための必要な最低単位数は,以下のとおりです。
大学において必要とする最低修得単位数
基礎資格
教科に関する科目
教職に関する科目
教科又は教職
に関する科目
合 計
20
23
16
59
学士の学位を
有すること (1)基礎資格を得るため,学部を卒業することが最優先となります。
(2)「教科に関する科目」
,
「教職に関する科目」等の各科目区分に配当されている授業科目は,次ページから掲載
しています。
(3)上記の他に,
「教育職員免許法施行規則第66条の6」の定めにより,
「日本国憲法」
,
「体育」
,
「外国語コミュニ
ケ-ション」
,
「情報機器の操作」の4分野から各2単位以上の計8単位以上の修得が必要になります。
4)教職課程の履修手続
(1)申請受付
申請受付は1年次の前期(6月予定)に行います。詳しい説明は,4月に行われる「教職課程ガイダンス」で
行いますので,希望者は必ず出席してください。ガイダンスに関する日程等は,別途連絡します。
なお,教職課程科目(教職に関する科目)の授業は,1年次前期からとなりますので,教職課程の履修を希望
する場合は,必ず受講してください。
(2)科目の履修
所定の期間内に履修申請を完了した者に対して,前期中(6月予定)に,別途,教職課程科目の履修登録(追
加履修)を行います。該当者は,必ず期間内に履修登録手続を完了してください。
(3)履修料
教職課程の履修を希望する場合は,別途,履修料(120,000円 ※年度ごとの分納可)が必要になります。な
お,途中で履修を放棄する場合でも,一旦納入した履修料は返金できませんので注意してください。
5)教育実習
教育実習は,4年次になって,高等学校は2週間以上にわたり,現場での教育活動(教科指導および生徒指導
等)に参加することによって行われます。
(1)教育実習の履修の条件
教育実習の履修は,履修登録を完了していることの他に,以下の要件を満たした者に許可します。
① 3年次までに配当されている「教職に関する科目」のうち,高校(一種)取得希望者は7科目以上を,3年
次終了時までに修得済みであること。
123
② 「教育職員免許法施行規則第66条の6」に定める必修科目を,3年次終了時までに修得済みであること。
③ 教育実習までに,必要な「教育実習オリエンテーション」を全て受講済みであること。
(2)教育実習校
実習希望者は,早い段階から(3年次になってから)自分の出身中学・高校等へ出向いて予め依頼を行うなど
して,実習校を確保することになります。自分で確保できない事情等がある場合は,大学と相談の上,実習校
を決定します。
(3)教育実習の手続
3年次から4年次にかけて行われる複数回のオリエンテーションの中で,具体的な手続について説明が行われ
ます。教育実習を希望する者は,このオリエンテーションに必ず出席することが必要になります。
6)免許状の申請・交付
教育職員免許状の授与権者は,その大学が所在する都道府県の教育委員会であり,本学の場合は千葉県の教育委
員会となります。
申請の方法には,大学が免許状の申請を一括して受付け卒業式当日に免許状が交付される「一括申請」と,個人
が直接教育委員会へ申請する「個人申請」があります。
(1)一括申請
免許状取得を希望する4年次生(ただし,卒業見込み者でかつ免許状取得見込み者に限る)に対し,12月上旬
に,説明会を開催します。該当者は,配布される「教育職員免許状授与申請書」に所要事項を記入の上,手数
料(千葉県収入証紙)を添えて,期日までに大学へ提出します。大学がこれをまとめて県の教育委員会へ一括
して申請し,審査を受けた後,該当者には,卒業式当日に学位記と同時に交付することになります。
(2)個人申請
卒業後,居住する都道府県の教育委員会へ個人で申請し,交付を受ける方法です。詳しい内容は,該当の各教
育委員会へ各自で問い合わせることになります。
7)教科に関する科目
情報(高校一種)
免許法上の区分等
情報社会及び情報倫理
コンピュータ及び情報処理
(実習を含む)
授業科目の名称
情報社会とコミュニケーション
1
2
コンピュータ概論
1
2
著作権法
プログラミング入門
プログラミング基礎
プログラミング応用a
プログラミング応用b
情報システム(実習を含む)
2
システム設計論b
2
2
Webシステムプログラミングb
3
2
3
3
1
情報通信システム論b
2
システムセキュリティ論
3
情報通信システム論a
暗号情報セキュリティ論
情報表現とマルチメディア
情報メディア論
2
1
3
1
1
2
2
2
2
2
2
3DCGシミュレーション
3
2
3
2
環境シミュレーション
情報と職業
情報社会と職業
3
2
2
2
2
2
2
2
2
1
2
2
2
2
2
Webデザイン演習
Webアニメーション演習
2
2
3
情報ネットワーク概論
コンピュータグラフィクス論
124
2
2
2
環境リモートセンシング
コンピュータグラフィクス演習
情報と職業
2
2
データベース論
情報セキュリティ概論
(実習を含む)
1
2
Webシステムプログラミングa
マルチメディア表現及び技術
1
備考
2
1
データマイニング
(実習を含む)
3
メディア機器論
システム設計論a
情報通信ネットワーク
単位数
開講
年次 必修 選択
1
1
2
2
教職課程特設科目(卒業要件には含まれない)
8)教科又は教職に関する科目
免許法施行規則に定める
科目区分
開講 単位数
年次 必修 選択
授業科目
教科又は教職に関する科目
道徳教育論
2
2
学校心理学
2
2
カウンセリング
3
2
履修方法
「教科に関する科目」及び「教職に関
する科目」の所定の位数を超えた単位
数と併せて,16単位以上修得すること
9)教職に関する科目
免許法上の区分等
各科目に含める必要事項
1
2
教育原理
1
2
教育心理学
2
2
・教育に関する社会的、制度的又は経営的事
項
教育制度論
2
2
教育行政論
2
2
・教育課程の意義及び編成の方法
教育課程編成論
2
2
情報科教育法
3
2
情報科教材研究
3
特別活動論
3
2
教育方法論
2
2
生徒指導・進路指導論
3
2
教育相談論
3
2
・幼児、児童及び生徒の心身の発達及び学習
の過程(障害のある幼児、児童及び生徒の
心身の発達及び学習の過程を含む。)
6
教育課程及び指 ・各教科の指導法
導法に関する科
目
備考
2
・教育の理念並びに教育に関する歴史及び思
想
に関する科目
単位数
開講
年次 必修 選択
教職概論
・教職の意義及び教員の役割
教職の意義等に ・教員の職務内容(研修、服務及び身分保障
等を含む。)
関する科目
・進路選択に資する各種の機会の提供等
教育の基礎理論
授業科目
単位数
6
・特別活動の指導法
・教育の方法及び技術(情報機器及び教材の
活用を含む。)
生徒指導、教育 ・生徒指導の理論及び方法
相談及び進路指 ・進路指導の理論及び方法
4
導等に関する科 ・教育相談(カウンセリングに関する基礎的
な知識を含む。)の理論及び方法
目
2科目中1科目選択必修
2
教育実習
3
教育実習
3・4
3
教職実践演習
2
教職実践演習(高)
4
2
事前事後指導を含む
10)「教育職員免許法施行規則第66条の6」に定める必修科目
免許法上の区分等
科目
日本国憲法
体育
外国語コミュニ
単位数
2
2
2
ケーション
情報機器の操作
2
授業科目
日本国憲法
開講
年次
1
単位数
必修 選択
2
1
スポーツ演習 a
1
スポーツ演習 b
1
1
スポーツ演習 c
1
1
スポーツ演習 d
1
英語Ⅰ
1
1
英語Ⅱ
1
1
英語Ⅲ
1
1
英語Ⅳ
1
1
中国語Ⅰ
2
1
中国語Ⅱ
2
1
ハングル・韓国語Ⅰ
2
1
ハングル・韓国語Ⅱ
2
情報リテラシーⅠ
1
1
履修方法
2単位必修
1
2
125
総合情報学部の学修について
科目
12.学芸員課程
1)学芸員課程とは
「学芸員」とは,博物館法によって登録または指定された博物館(動物園,植物園,水族館,および美術館を含
む,以下「博物館」という)において,調査・研究・展示等の業務を担当する専門職員のことをいいます。学芸員
の資格を有する者の就職先としては,民俗資料館,植物園,動物園,水族館,その他社会教育施設等があります。
学芸員資格を取得するためには,学部に設置された共通基礎科目及び各学科の専門教育科目の単位の修得の他に,
法令によって定められた博物館に関する科目の単位を修得しなければならず,この科目を設置している課程を「学
芸員課程」といいます。
2)学芸員資格の取得について
学芸員の資格を有するには,博物館法第5条第1項において「学士の学位を有する者で,大学において文部科学
省で定める博物館に関する科目の単位を修得したもの」と規程されています。この規程に基づき,本学では卒業要
件を満たし,所定の単位(9科目19単位)を修得した者に対し資格取得の証明として「単位修得証明書」を発行し
ます。
3)学芸員課程の履修手続
(1)申請受付
学芸員課程科目の開講は,1年次後期からとなりますので,申請受付は1年次の前期に行います。詳しい説明
は,4月に行われる「学芸員課程ガイダンス」で行うので,希望者は必ず出席してください。
(2)科目の履修
所定の期間内に履修申請の手続きをした者に対して,別途,学芸員課程科目の履修登録(追加履修)を行いま
す。必ず指定の期間に履修登録を完了してください。
(3)諸費用
学芸員課程履修のための履修料は徴収しません。但し,授業時に使用する教材費や博物館実習(3年次~4年
次)のための費用(約3万円)が必要となりますので,4年次に徴収します。
4)学芸員課程の授業科目
授業科目の名称
単 位
開講年次
学期
生涯学習概論
2
2
後期
博物館概論
2
1
後期
博物館経営論
2
1
後期
博物館資料論
2
2
前期
博物館資料保存論
2
2
後期
博物館展示論
2
3
前期
博物館教育論
2
3
前期
博物館情報・メディア論
2
2
前期
博物館実習
3
3・4
後期・前期
126
大学院総合情報学研究科
大学院総合情報学研究科
127
1.総合情報学研究科の目的・目標とポリシー
1)博士前期課程
(1)教育研究上の目的
情報とその関連分野は,既に現代社会に不可欠の役割を担っているが,次なる社会の形成に向けて,多様な変貌
を遂げながら,これまで以上に急速,かつ広範囲に発展しつつある。本研究科は,情報に対する多面的,総合的な
研究を通じて,
“総合情報学”の確立をめざす。このため,博士前期課程においては,
「経営情報」
「環境情報」
,
「情報
,
システム」
「情報文化」の各系列において,専門的な教育研究を進め,卓越した発想・問題解決能力と強い使命感
,
を持つ,高度な専門的技術者,職業人などの人材の養成を目的とする。
(2)教育目標
以下の各系列の教育目標となる人材像を示す。
①「経営情報系列」
組織体の使命,目標,戦略,方針の策定に始まり,実行計画から運営結果の評価に至るまで,総合的な管理
や業務上の意思決定に関する研究能力と実践的な問題解決能力を持つ人材。
②「環境情報系列」
自然や社会の環境情報を対象として,情報技術を活用した環境情報システムの構築・運用及びソフトウェア
の活用技術,さらに情報社会におけるセキュリティに関する研究開発能力と実践的な問題解決能力を持つ人材。
③「情報システム系列」
情報処理の中核となるソフトウェア,コンピュータ,ネットワーク等の情報技術の的確な理解の下で,先進
的な情報システムの構築,運用,導入等に関する研究開発能力と実践的な問題解決能力を持つ人材。
④「情報文化系列」
各種メディアにおける情報の表現,伝達に加えて,その本質的な意味づけを理解し,社会のさまざまな分野
で採られている社会情報の利用効果や社会に及ぼす影響等に関する研究開発能力と実践的な問題解決能力を持
つ人材。
(3)アドミッションポリシー
各系列において示した以下の基礎学力を有し,明確な目的意識と探究心をもって研究を進めようとする意欲を持
つ者の受け入れを行う。
①「経営情報系列」
組織体の使命,目標,戦略,方針の策定,実行計画から運営結果の評価,また,総合的な管理や業務上の意
思決定に関する基礎学力。
②「環境情報系列」
自然や社会の環境情報を対象として,情報技術を活用した環境情報システムの構築・運用及びソフトウェア
の活用技術,さらに情報社会におけるセキュリティに関する基礎学力。
③「情報システム系列」
情報処理の中核となるソフトウェア,コンピュータ,ネットワーク等の情報技術の的確な理解の下で,先進
的な情報システムの構築,運用,導入等に関する基礎学力。
④「情報文化系列」
各種メディアにおける情報の表現,伝達に加えて,その本質的な意味づけを理解し,社会のさまざまな分野
で採られている社会情報の利用効果や社会に及ぼす影響等に関する基礎学力。
(4)ディプロマポリシー
各系列において示した以下の専門的な学識と研究能力を習得し,実践的な問題解決能力を備えた者に学位を授与
する。
①「経営情報系列」
組織体の使命,目標,戦略,方針の策定,実行計画から運営結果の評価,また,総合的な管理や業務上の意
思決定に関する専門的な学識と研究能力。
②「環境情報系列」
自然や社会の環境情報を対象として,情報技術を活用した環境情報システムの構築・運用及びソフトウェア
の活用技術,さらに情報社会におけるセキュリティに関する専門的な学識と研究能力。
128
③「情報システム系列」
情報処理の中核となるソフトウェア,コンピュータ,ネットワーク等の情報技術の的確な理解の下で,先進
的な情報システムの構築,運用,導入,活用技術等に関する専門的な学識と研究能力。
④「情報文化系列」
各種メディアにおける情報の表現,伝達に加えて,その本質的な意味づけを理解し,社会のさまざまな分野で
採られている社会情報の利用効果や社会に及ぼす影響等に関する専門的な学識と研究能力。
(5)カリキュラムポリシー
各系列において示した以下の専門的な科目,そして,研究手法およびプレゼンテーション手法を学習できるカリ
キュラムを編成する。
①「経営情報系列」
組織体の使命,目標,戦略,方針の策定,実行計画から運営結果の評価,また,総合的な管理や業務上の意
思決定に関する専門的な科目。
自然や社会の環境情報を対象として,情報技術を活用した環境情報システムの構築・運用及びソフトウェア
の活用技術,さらに情報社会におけるセキュリティに関する専門的な科目。
③「情報システム系列」
情報処理の中核となるソフトウェア,コンピュータ,ネットワーク等の情報技術の的確な理解の下で,先進
的な情報システムの構築,運用,導入等に関する専門的な科目。
④「情報文化系列」
各種メディアにおける情報の表現,伝達に加えて,その本質的な意味づけを理解し,社会のさまざまな分野
で採られている社会情報の利用効果や社会に及ぼす影響等に関する専門的な科目。
2)博士後期課程
(1)教育研究上の目的
博士後期課程においては,
「経営情報」
「環境情報」
,
「情報システム」
,
「情報文化」の各系列において,専門的な教育
,
研究を進め,卓越した発想・問題解決能力と強い使命感を持つ,教育者,研究者,高度な専門的技術者などの人材
の養成を目的とする。
(2)教育目標
「経営情報」
「環境情報」
,
「情報システム」
,
「情報文化」の各系列における専門的な学識を身につけた専門分野の有能
,
な教育者,研究者や高度な専門的技術者などの育成を教育目標とする。
(3)アドミッションポリシー
「経営情報」
「環境情報」
,
「情報システム」
,
「情報文化」の各系列において,専門的な学識と基礎的な研究能力を有し,
,
将来,情報に関する分野において,教育者,研究者や高度な専門的技術者として活躍し,地域社会や国際社会に貢
献しようとする者の受け入れを行う。
(4)ディプロマポリシー
「経営情報」
「環境情報」
,
「情報システム」
,
「情報文化」の各系列において,専門的な学識と研究の力を習得し,論理
,
的文章力,プレゼンテーション能力,コミュニケーション能力,および優れた発想・問題解決能力を備えた者に学
位を授与する。
(5)カリキュラムポリシー
「経営情報」
「環境情報」
,
「情報システム」
,
「情報文化」の各系列において,専門的な学識や技術を用いて研究を展開
,
できる教育者,研究者や高度な専門的技術者の育成のため,専門の研究指導者による教育を実施する。
129
大学院総合情報学研究科
②「環境情報系列」
3)学位取得までの流れ
(1)博士前期課程
審査の区分
1年次審査
(1年次終了時)
2年次審査
(2年次前期)
目 的
内 容
総合的・専門的知識に関する審査
特論科目(1年次履修)の評価
研究計画の遂行に関する審査
修士論文計画の審査
〈修士論文の提出〉
修士論文審査
(2年次後期)
最終試験
(2年次終了時)
修士論文の完成度の審査
①修士論文要旨の審査
②修士論文の審査
専攻学術の知識の確認
修士論文に対する口頭試問
(専攻内の論文発表会)
〈修士(総合情報学)の学位授与〉
(2)博士後期課程
審査の区分
第1次審査
[基礎資格審査]
(1年次終了時)
第2次審査
[博士候補者資格審査]
(2年次終了時)
第3次審査
[博士候補者資格審査]
(3年次前期)
目 的
内 容
問題設定能力の基礎審査
①理論的知識の確認
②方法論的知識の確認
③関連する専門知識の確認
研究計画に対する評価・指導
①博士論文計画書の審査
②理論的知識に関する口頭試問
③方法論的知識に関する口頭試問
④専門領域に関する口頭試問
問題設定能力および研究方法等の審査
①研究内容の確認
②実証能力の確認
研究経過報告に対する評価・指導
①研究経過報告書の審査
②博士予備論文(中間発表)の評価
研究内容の公開および審査
研究成果・論文内容に対する評価・指導
①博士論文概要の審査
②博士論文に関する研究発表内容
の審査(専攻内の研究発表会)
〈博士論文の提出〉
博士論文審査
(3年次後期)
最終試験
(3年次終了時)
博士論文の完成度の審査
博士論文の審査
専攻学術の学力の確認
①専攻学術試験
②外国語能力審査
(博士論文英文要旨の審査)
〈博士(総合情報学)の学位授与〉
2.授業科目の履修及び単位認定
1)履修方法
博士前期課程の学生は,4系列(経営情報/環境情報/情報システム/情報文化)の中から1系列を選び,当該
系列に属する授業科目から特論4単位以上と,共通分野に属する授業科目から特論2単位を必ず履修すると同時に,
総合演習8単位を必ず履修してください。また,授業科目の履修にあたっては,必ず指導教授の指示を予め受けて
ください。
博士後期課程の学生は,博士前期課程同様,4系列の中から1系列を選び,必要な研究指導を受けてください。
博士後期課程の学生は,授業科目の履修を必要としません。
2)単位認定
授業科目を履修した学生には,試験の上,その合格者に所定の単位を与えます。学業成績の評価は,優・良・
可・不をもって表示されます。
3)単位の計算方法
東京情報大学学則第13条の規定を準用します。
130
3.授業時間
授業時間は,原則として次のとおりです。
時 限
1時限
2時限
3時限
4時限
5時限
時 間
9:15~10:45
10:55~12:25
13:10~14:40
14:50~16:20
16:30~18:00
4.論文計画書の提出から学位論文審査の申請まで
《博士前期課程》
1)修士論文計画書の提出
各年度の授業科目の履修登録時に,履修届とあわせて修士論文計画書(133ページ様式1)を学生教務課へ提出
してください。
より再度提出すること。
(2)2年次生については,予定する修士論文の題目を明記し,副担当指導教員の欄に副査の教員氏名(予定)を記
入して提出すること。
2)学位請求論文の提出
学位の審査を受けようとする学生は,2年次の1月20日(20日が休日にあたる場合はその前日)までに,以下の
書類を学生教務課に提出しなければなりません。
(1)修士論文審査申請書(134ページ様式2)1部
(2)学位請求論文(和文または英文 和文表紙は134ページ様式3)正本1部副本2部
(3)論文内容の要旨(和文および英文 和文表紙は134ページ様式4)各3部
※要旨(和文・英文)は,同じ内容を入力したフロッピーディスク,またはCD-ROM(テキスト形式)もあ
わせて提出すること。
(4)参考論文(必要に応じて1部)
※様式1~4は,大学のホームページからダウンロードすることが可能です。
3)論文発表会
2年次の2月には,修士論文の最終審査に先立って,口頭による論文発表会(最終試験を兼ねる)を行います。
《博士後期課程》
1)博士論文計画書の提出
担当の指導教授と相談の上,1年次の1月末までに博士論文計画書(133ページ様式1)を学生教務課へ提出し
てください。
提出された計画書をもとに,2月には論文計画審査会(第1次審査)が行われます。
2)研究経過報告書の提出
入学後2年間の研究経過等をまとめた研究経過報告書(様式任意)を,2年次の1月末までに担当の指導教授に
提出してください。
それらをもとに,2月には研究経過報告会(第2次審査)が行われます。
3)論文要旨の提出
論文作成の進捗状況を確認するため,論文内容の要旨(134ページ様式4)を,3年次の6月末までに担当の指
導教授に提出してください。
それらをもとに,7月には論文要旨発表会(第3次審査)が行われます。
4)論文発表会
3年次生の11月には,
博士論文の受理可否を審査するため,
口頭による論文発表会
(博士論文予備審査)
を行います。
なお,博士論文の審査にあたり,要件が設けられているので担当の指導教授に確認してください。
131
大学院総合情報学研究科
(1)1年次生については,入学選考時に提出した研究計画書とは別に,あらためて指導教授と相談の上,様式1に
5)学位請求論文の提出
論文の受理を認められた学生は,3年次の1月始めまでに,以下の書類とともに学位請求論文を学生教務課に提
出しなければなりません。
(1)博士論文審査申請書(134ページ様式2)1部
(2)学位請求論文(和文または英文 和文表紙は134ページ 様式3)正本1部副本2部
(3)論文内容の要旨(和文および英文 和文表紙は134ページ 様式4)各3部
※要旨(和文・英文)は,同じ内容のデータもあわせて提出すること。(USBメモリー等を持参すること)
(4)参考論文(必要に応じて1部)
※様式1~4は,大学のホームページからダウンロードすることが可能です。
5.課程修了の要件
《博士前期課程》
博士前期課程修了の要件は,以下のとおりです。
(1)博士前期課程に2年以上在学すること。
(2)所定の授業科目について34単位以上を修得すること。
(3)必要な研究指導を受けた上,修士論文の審査および最終試験に合格すること。
《博士後期課程》
博士後期課程修了の要件は,以下のとおりです。
(1)博士後期課程に3年以上在学すること。
(2)必要な研究指導を受けた上,博士論文の審査および最終試験に合格すること。
6.学位論文(博士前期課程)審査のための要件及び方法(申し合わせ)
1)学位論文(博士前期課程)(以下、「学位論文」とする)の審査基準
(1)学位論文作成のプロセス
①先行研究の整理と問題設定は適切になされているか。
②研究方法の選択・実行は適切になされているか。
(2)学位論文の構成
①章立てを含めた論述の流れは適切であるか。
②設定した問題の解明は的確・適切になされ,オリジナリティあるいは有効性が適切にまとめられているか。
③注や図表処理,参考文献の適切な引用等も含めて,論述が的確でかつ分量的にも適切であるか。
以上の観点で審査を行い,以下の4段階で評価する。
A 優れた学位論文である
B おおむね良好な学位論文である
C いくつかの問題はあるが,学位論文として認定しうる
D 学位論文としての水準に達していない
2)最終試験実施要領
(1)提出された学位論文の内容についての質疑応答。
(2)学位論文作成にあたってどのような研究を行ったかについての質疑応答。
(3)研究成果のさらなる発展可能性についての質疑応答。
この3つの観点で試験を行い,以下の4段階で評価する。
A 優れた研究が行われ,独力でのさらなる研究の発展が期待できる
B おおむね良好な研究が行われたと認められる
C 不十分な点がいくつかあるが,一定程度の研究が行われたと認められる
D 適切な研究が行われたとはいいがたい
学位論文審査と最終試験のいずれかまたは両者がDであれば,不合格とする。
132
7.博士後期課程の学位授与の要件
博士後期課程の修了要件は、東京情報大学大学院学則第13条の規定に基づき、大学院研究科委員会にて承認され
た審査委員(4名以上)による博士論文の審査及び最終試験を行い、大学院研究科委員会での最終審査によって、
学位授与の承認を得なければならない。
なお、博士論文の審査にあたり、原則として以下の要件を満たしている必要がある。
・査読付き学術雑誌などに単著あるいは筆頭著者として2編以上の原著論文が掲載されているか、掲載予定であ
ること。
・または、これに準ずる業績があること。
また、論文博士においては、博士論文を提出する際に、原則として以下の要件を満たしている必要がある。
・査読付き学術雑誌などに単著あるいは筆頭著者として5編以上の原著論文が掲載されていること。
・または、これに準ずる業績があること。
本大学院博士前期課程修了者には修士(総合情報学)の学位を,博士後期課程修了者には,博士(総合情報学)
の学位を授与します。
9.9月修了
所定の修業年限以上在学したものの,論文未完成または論文審査不可により留年した者が,翌年度の前期終了時
点までに当該課程の修了要件を満たし,研究科委員会の修了判定を受けた場合は,9月30日付けで学位授与を受け
ることができます。
10.表 彰
大学院特別賞は,修了年次学生で,博士前期課程においては修士論文が極めて優秀な者,また博士後期課程にお
いては博士論文が学界又は社会的に高い評価を得た者に,「大学院特別賞」を授与して表彰します。
表彰は,当該者の修了式において行います。
11.論文計画書等の様式
(1)修士・博士論文計画書(様式1)
専攻
総合情報学専攻
系列
学籍番号
氏名
論文題目
主担当指導教授
副担当指導教員
研究目的
研究計画
研究発表の予定
(A4版・縦)
133
大学院総合情報学研究科
8.学 位
(2)修士・博士論文審査申請書(様式2)
平成 年 月 日
東京情報大学大学院
総合情報学研究科委員長 殿
総合情報学研究科
平成 年度入学(学籍番号 )
氏名 印
修士・博士論文審査申請書
このたび,修士・博士(総合情報学)の学位を受けたいので,学位規程第8条の規定により,下記のとおり
関係書類を提出しますので,審査くださるようお願いいたします。
記
1.修士・博士請求論文 1編(正本1部,副本2部)
2.論文要旨 部
(A4版・縦)
(3)修士・博士請求論文表紙(様式3)
修士・博士請求論文(平成 年度)
タイトル:
指導教授 主査
副査
副査
総合情報学専攻 系列
学籍番号
氏 名
(A4版・縦・左綴じ・2穴)
(4)論文内容の要旨(様式4)
フ
リ
ガ
ナ
氏 名
学
( 本 籍 )
籍
番
号
学位 (専攻分野の名称)
学
位
記
番
号
学 位 授 与 の 日 付
学 位 授 与 の 要 件
学 位 論 文 題 目
論 文 審 査 委 員
修士・博士(総合情報学)
第 号*
平成 年 月 日*
学位規程第 条該当*
主査
副査
論 文 内 容 の 要 旨
副査
〈「論文内容の要旨」の作成上の注意〉
・*については記入しない。
・本文はワープロ打ちとする。
(修士論文の場合は標題等を含め3枚以内)
・図表は丁寧に記入するか,別に書いたものを貼り付ける。
・研究目的,方法,結論がわかるように適宜章を分けるなどして,簡潔に述べる。
134
(A4版・縦)
12.教育課程(博士前期課程)
区 分
経営情報系列
選択
木
俊
昭
1
4
経営戦略特論
〈
休
講
〉
1
4
金融特論
堂
下
浩
1
4
マーケティング特論
岩
本
俊
彦
1
4
流通産業特論
青
木
俊
昭
1
4
人的資源特論
栁
田
純
子
1
4
品質マネジメント特論
内
田
治
1
4
リーガルリスクマネジメント特論
成
瀬
敏
郎
1
4
財務会計特論
武
井
敦
夫
1
4
管理会計特論
武
井
敦
夫
1
4
国際会計特論
武
井
敦
夫
1
4
監査特論
斎
藤
隆
1
4
経営数理特論
三
宅
修
平
1
4
1
4
1
4
1
4
環境情報特論
空間情報特論
データベース特論
原 慶太郎
富 田 瑞 樹
*岡 本 眞 一
浅
沼
市
男
朴 鍾 杰
1
4
*中 田 典 規
1
4
情報セキュリティ特論
鈴
木
英
男
1
4
ウェブアプリケーション特論
中
尾
宏
1
4
オブジェクト指向システム特論
畠
中
伸
敏
1
4
櫻
井
尚
子
藤
原
丈
史
1
4
複雑系情報科学特論
山
崎
和
子
1
4
ソフトウェア工学特論
〈
休
講
〉
1
4
*木 ノ 内 康 夫
1
4
データ解析特論
コンピュータアーキテクチャ特論
情報ネットワーク特論
金
武
完
1
4
ネットワークセキュリティ特論
森
口
一
郎
1
4
分散システム特論
平
野
正
則
1
4
並列処理システム特論
布
広
永
示
1
4
人工知能システム特論
永
井
保
夫
1
4
ソフトコンピューティング特論
マッキンケネスジェームス
1
4
情報数理特論
小
泉
宣
夫
1
4
社会情報特論
茨
木
正
治
1
4
社会哲学特論
石
塚
省
二
1
4
圓
岡
偉
男
1
4
*近 藤 大 博
1
4
社会学史特論
マスコミュニケーション特論
マスコミュニケーション史特論
〈
休
講
〉
1
4
音響情報特論
西
村
明
1
4
画像情報特論
井
関
文
一
1
4
情報技術史特論
〈
休
講
〉
1
4
映像情報特論
伊
藤
敏
朗
1
4
マルチメディア特論
国際関係特論
共通分野
必修
青
環境マネジメント特論
情報文化系列
年次
経営学特論
環境リモートセンシング特論
情報システム系列
単位数
開講
担 当 者
情報哲学特論
総合演習
松 下 孝太郎
1
4
*山 崎 博 康
1
4
浅
沼
市
男
1
2
1・2
8
・担当者の前の*は非常勤講師を表す。
135
大学院総合情報学研究科
環境情報系列
授業科目
13.教員免許について
1)取得できる免許状
大学院総合情報学研究科で取得できる教員免許状の種類は、以下のとおりです。
専 攻
課 程
中学校教論専修免許状
高等学校教諭専修免許状
総合情報学専攻
博士前期課程
数学・社会
情報・商業・数学・公民
2)免許状取得の要件
① 当該教科の中学校教諭または高等学校教諭の一種免許を取得していること。
② 当該免許状の教科に関する科目(下記表を参照)から24単位以上修得していること。
③ 修士の学位を有すること。
教科に関する科目〈平成20年度以降入学生〉
免許状
科目名
単位数
必修
選択
情報(高校専修)
環境情報特論
環境リモートセンシング特論
空間情報特論
データベース特論
ウェブアプリケーション特論
オブジェクト指向システム特論
コンピュータアーキテクチャ特論
情報ネットワーク特論
ネットワークセキュリティー特論
分散システム特論
並列処理システム特論
映像情報特論
情報技術史特論
マルチメディア特論
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
数学(高校専修)
(中学専修)
経営数理特論
情報セキュリティ特論
複雑系情報科学特論
ソフトウェア工学特論
音響情報特論
画像情報特論
人工知能システム特論
情報数理特論
ソフトコンピューティング特論
データ解析特論
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
商業(高校専修)
経営学特論
経営戦略特論
金融特論
マーケティング特論
品質マネジメント特論
財務会計特論
管理会計特論
国際会計特論
監査特論
環境マネジメント特論
4
4
4
4
4
4
4
4
4
4
流通産業特論
人的資源特論
リーガルリスクマネージメント特論
社会情報特論
社会哲学特論
社会学史特論
マスコミュニケーション特論
マスコミュニケーション史特論
国際関係特論
4
4
4
4
4
4
4
4
4
社会(中学専修)
公民(高校専修)
3)履修の手続き
教員免許状の取得を希望する場合は、履修届の提出と合わせて学生教務課で申し込むこと。
136
課外活動
課外活動
137
1.願出が必要な施設利用について
1号館(本館棟)教室の利用について
① 学生教務課で利用を申し出る
② 「教室使用申込み表」に必要事項を記入して仮予約をする
③ HP書式集の「教室・体育館および学生会館教養施設利用願」をダウンロードし,必要事項を入力の上,学生
教務課に提出する(原則1週間前)
④ 教室を利用する
※利用可能時間・教室等の詳細については,4月下旬の「課外活動代表者会議」にてお知らせします。
4号館(総合情報センター)の利用について
① 学生教務課窓口まで仮予約を申し出る
② HP書式集の「課外活動団体の総合情報センター使用願」をダウンロードし,必要事項を入力の上,学生教務
課に提出する(原則1週間前)
③ 施設を利用する
※利用可能施設 メディアホール,サブメディアホール
学生会館共用施設の利用について
① 学生教務課で利用を申し出る
② 「学生会館共用施設予約表」に必要事項を記入して仮予約をする
③ HP書式集の「教室・体育館および学生会館共用施設利用願」をダウンロードし,必要事項を入力の上,学生
教務課に提出する(原則1週間前)
④ 利用前に学生教務課にある「学生会館施設管理簿」に必要事項を記入し,鍵を受け取り,施設を利用する
※利用可能時間 9:00~22:00
※利用可能施設 会議室・和室・多目的ホール・学生会館前広場
平日夜間・終夜の活動について(課外活動)
① HP書式集の「施設利用許可願(平日夜間・深夜用)
」をダウンロードし,必要事項を入力の上,学生教務課に
提出する(原則2日前)
平日夜間 22:00~24:00、終夜 22:00~翌日9:00
事務窓口 課外活動:学生教務課(1号館1F)
研 究 室:総務課(1号館2F)
休日活動について
① HP書式集の「休日活動・施設利用許可願」をダウンロードし,必要事項を入力の上,学生教務課に提出する
(原則2日前)
※共用施設を利用する場合には,事前に学生教務課に相談すること
合宿届
① HP書式集の「課外活動団体合宿届」をダウンロードし,必要事項を入力の上,学生教務課に提出する(原則
1週間前)
※合宿届未提出で事故に遭った場合,大学の保険が適用されませんのでご注意下さい。
注意事項
・施設利用に関しては,クラブ・サークル・研究室(ゼミ)単位で利用の許可を行っています。個人での利用はで
きませんので,ご注意下さい。
◇書式集アドレスhttp://www.tuis.ac.jp/campus-life/download/index.html
書式集:情報大トップページ→学生生活→各種届出・様式ダウンロード→課外活動関連
138
2.学友会
学友会は本学の学部学生及び教職員の全員をもって組織しています。課外活動をとおして会員相互の親睦と研鑚
を図ることにより自立と連帯の精神を養うとともに,本学の発展に寄与し,あわせて社会への貢献を果たすことを
目的としています。
有意義で,しかも潤いのある学生生活を送るためには,正課中の活動のほかに主体性をもって課外活動に取り組
むことが重要です。各人が学友会のいずれかの団体に所属し,学友会行事に積極的に参加して下さい。
(詳しいこ
とはP.218「東京情報大学学友会規程」を参照)
学友会の会員
◇特別会員:教職員
◆正 会 員:学部学生
学友会の組織及び役員
課外活動
◇会 長 学 長
◇副会長 学部長
■総務部
◇総務部長 特別会員
◇総務部長補佐 特別会員
◆総務部執行委員 正 会 員
学友会の執行委員で,予算の編成,行事の企画運営な
どにあたります。正会員から公募し「役員会(特別・
正会員で構成)
」で承認します。
■課外活動団体
◇文化部部長 特別会員
◇運動部部長 特別会員 ◇同好会顧問 特別会員
◆文化部幹事 正 会 員 ◆運動部主将 正 会 員
◆同好会代表 正 会 員
文化部7,運動部7,同好会37が活動しています。
■学科統一本部
◆学科統一本部委員長 正 会 員
各学科の会員を取り纏め,学科単位で学友会行事に参加
することになります。
◆代議員 正 会 員
各学科,各学年から2名づつ選ばれ(合計32名),学友
会大会に出席し議案の審議及び採決にあたります。
学友会行事
◎学友会オリエンテーション
◎スポーツ大会
夏と冬の2回開催しています。昨年はドッチビーを行いました。
◎翔風祭
平成26年度は10月25日(土)
,26日(日)の2日間にわたって開催します。翔風祭(学園祭)は日頃の教育研究
活動の成果を学内外に披露する貴重な機会です。この機会を積極的に利用しましょう。
[主な内容]
文化学術展(ゼミの研究発表,課外活動の作品展示など)
,特別企画(芸能人によるライブ,講演会,ス
テージ企画)
,模擬店
◎卒業パーティー
「卒業パーティー」は,学友会が主催し,教職員・後援会(父母)
・校友会(OB)にもご参加いただき,卒
業生をお祝いする会として例年卒業式(3/25)終了後,千葉市内で開催しています。
また,卒業生の負担軽減を行うため,参加費は無料とし,学友会予算及び大学関連団体からの寄附等で開催
していますので,卒業生(卒業年次生)は奮ってご参加ください。
139
課外活動団体一覧
《学友会:2》
団 体 名
平成26年4月1日現在
部 長
委 員 長
活 動 内 容
総務部執行委員会
原 朗
釜賀 森太郎
(gakuyu1)
学友会諸行事の企画・運営
翔風祭実行本部
原 朗
椎名 諒
(showsai)
翔風祭の企画・立案・運営
団 体 名
部 長
幹 事
E.S.S(EnglishSpeaking
Society)
吉岡 栄一
ジョン スミト ビラス
(ess)
コンピュータ部
北風 和久
植松 龍
(computer)
映画研究部
伊藤 敏朗
清水 玲央
(eiken)
自主映画の製作
Wind Ensemble
圓岡 偉男
水野 由紀
(winden)
コンサート活動
軽音部
武井 敦夫
松本 一智
(keion)
LIVE活動
L.V.T(Laboratory of
VideoTechnologies)
伊藤 敏朗
波多野 俊
(lvt)
映像作品の制作
Digi-Graph
中島 淳
小林 葵
(dgraph)
CG技術の向上,資格取得
部 長
主 将
《文化系団体(部):7》
活 動 内 容
日常英会話の習得
ゲーム用ソフトウエアの制作
《運動系団体(部):7》
団 体 名
土居 紀友
活 動 内 容
硬式野球部
三宅 修平
サッカー部
原 朗
大槻 透浩
(soccer)
バドミントン部
浅沼 市男
古橋 俊彦
須藤 絵未
(badmin)
バスケットボール部
青木 俊昭
秋葉 彩千也
(basket)
バレーボール部
安岡 広志
田村 俊昇
(volly)
関東学生バレーボール連盟15部
陸上競技部
石井 政弘
小田 豪生
(rikujyo)
関東学生陸上競技連盟2部
硬式テニス部
140
(baseball)
千葉県大学野球連盟1部
千葉県大学サッカー協会2部
関東学生バドミントン連盟 2部
千葉県学生バドミントン連盟 2部
関東男子学生バスケットボール連盟
休部中
《同好会:30》
顧 問
学生代表者
G.P.C
(GoldenPlayersClub)
藤原 丈史
中野 考幸
(m12065tn)
軟式野球,SBLリーグ戦出場
Passion
内田 治
宮坂 将史
(c11062mm)
テニスを中心とした活動
B-HOBBY
鈴木 英男
富岡 完次
(s11033kt)
ボードゲームの制作,会報の発行
イラストレーション
同好会
中島 淳
大貫 裕太郎
(s12028yo)
イラストの制作・発表
光画
山本 毅
脇谷 駿人
(c11042st)
写真撮影・現像,撮影旅行
みっきい
西村 明
芝田 智貴
(e11065ts)
スキー・スノーボードを中心とした活動
留学生交流会
朴 鍾杰
文 浩俊
(s13801hm)
留学生相互の親睦活動
漫画同好会SHOW
原 慶太郎
鍋井 祐里
(e12107un)
同人誌の発行及び各種販売会への参加
ダンスサークル
「Roger Rabbits」
変更手続き中
大崎 考仁
(e12026to)
ダンスの練習,大会参加
二輪同好会
大城 正典
藤代 卓也
(m11088tf)
バイクによるツーリングやカスタマイズ
Webクリエイター同好
会「WeC」
斉藤 隆
小川 緋加里
(j13154ho)
Webサイトの作成,サーバーの構築・運
営等
球技同好会
「FANTASISTA」
中島 淳
江口 智幸
(s11024te)
フットサルを中心とした活動
NGN
吉岡 栄一
岩井 優梨花
(j13046yi)
ライトノベルの製作等
ディアバスター
森口 一郎
西田 浩太郎
(s110099kn)
FREE STYLE
原田 一平
古澤 隆平
(j13382rh)
卓球等の球技を中心とした活動
武術研究同好会
平野 正則
鈴木 頌平
(s11069ss)
武術のトレーニングおよび研究等
麻雀同好会
岸本 頼紀
森 草多
(c11066sm)
全国大学対抗麻雀選手権大会参加等
Digi-Moog
西村 明
菅原 翔牙
(j13288ss)
DTMによる作曲活動
バスケットボール
同好会
山口 崇志
石川 大介
(s11010di)
バスケットボールを中心とした活動
M&Y
樋口 大輔
坂田 恭平
(j13186ks)
ファッション研究と他大学との交流
変更手続き中
木村 唯
(c11018yk)
アニメーションの作成・翔風祭での発表
北風 和久
知地 智彦
(s11087tc)
オタク文化の研究など
アニメーション研究会
A.S.D.C
活 動 内 容
サバイバルゲームを中心とし
141
課外活動
団 体 名
団 体 名
顧 問
学生代表者
活 動 内 容
Don't think Feel
岩本 俊彦
藤代 卓也
(m11088tf)
自動車の知識向上及び意見交換,交流
TJD48
松下孝太郎
信太 香奈実
(j13213ks)
翔風祭や学内ライブ等の公演活動
現代視覚文化研究会
石塚 省二
萩崎 右京
(c11013uo)
現代における映像作品,視覚文化の考察
軟庭球同好会
北風 和久
土屋 友佑
(s11089yt)
ソフトテニスの技術向上
ボランティア同好会
富田 瑞樹
野村 恵
(e12111mn)
レスポアール
浅沼 市男
飯田 大智
(s11007di)
教職サークル JSC
原田恵理子
斉藤 泰斗
スポチャン同好会
吉田 彰
西野 友規
(j13330yn)
ボランティア活動への積極的な参加
平和についての探求
教職免許取得についての知識向上
スポーツチャンバラを中心とした活動
※( )は学内メールアドレスです。興味のある部活やサークルがあった場合,代表者にメールして下さい。
例)総務部執行委員会にメールを送信する場合
[email protected]
( )をとり@以下は同じです。
142
キャリア・就職
キャリア・就職
143
就職活動について
ここ数年,学生にとって厳しかった就職活動も景気の回復に伴い,明るい兆しが見えてきました。
昨年と企業の動きを比較してみると,日本経済新聞社が調査した「2014年春の新卒採用計画」では10.7%増,就職
情報サイトを運営するマイナビの調査,
「2014年卒マイナビ企業新卒予定調査」では13.8%増と,2014年卒の採用予
定数は上昇しています。この流れは変わらずに2015年卒の採用予定数も増え続けると考えられます。つまり,就職に
対して前向きに取り組めば,内定獲得はそう難しいことではないのです。しかし,自分の希望する業界や職種の企業
に就職するためには,やはりそれ相応の準備が必要です。第一希望の進路へ進むためにも,事前の就職対策をしてい
きましょう。
就職活動で最も苦労したこと
40.0%
35.0%
2012
30.0%
2013
25.0%
20.0%
15.0%
10.0%
5.0%
その他・無回答
やりたいことが
見つからない
内定辞退
マナー習得
活動資金の
やりくり
スケジュール管理
講義や課外活動
との両立
面接
グループ
ディスカッション
筆記試験
履歴書・
エントリーシート
企業・業界研究
自己分析・
自己PR
情報収集
0
上の棒グラフは,2012年度と2013年度の本学就活生を対象として実施したアンケート調査の結果です。「就職活動
で最も苦労したこと」に問いに対して,3年続けて自己分析・自己PRと履歴書・エントリーシートが1,2位を占
めています。
このことからも,学生生活4年間の過ごし方の重要性がわかると思います。採用選考では,履歴書やエントリー
シート,または面接試験の際に,「学生時代取り組んだこと,力を入れたこと」が高確率で問われます。就職試験に
合格するための学生生活では本末転倒ですが,自分の成長のために何か目標や目的を持って4年間の学生生活を過ご
せば,自然に充実した学生生活のエピソードを答えられるようになるでしょう。
就職活動に最も必要なことは,将来の進路に対する意識を高めることと,就職活動の傾向と対策を知ることです。
この両方をバランスよく体得すれば,就職活動で満足のいく結果が出せるはずです。この就職活動の傾向と対策を知
るための一連のながれは,本学が体系的に取り組んでいるJナビ(総合的キャリア教育)によって学べるように組ま
れていますので,積極的に就職支援プログラムに参加してください。
総合的キャリア教育を理解する
本学の総合的キャリア教育について
本学では,すべての学生が,大学生活のなかで「なりたい自分」や「なれる自分」について考え,「満足いく進路
(就職,進学など)選択」ができるように,「職業意識の醸成」
「
,就職支援」
,
「対人能力強化」および「現代実学主義を
目指す専門教育および基礎能力強化」を4本柱とする「Jナビ
(総合的キャリア教育)
」を実施しています。ここに全
体像を紹介しますので,皆さんは是非,対象となるプログラムを活用してください。
〇 「現代実学主義」に沿った教育
本学は,「現代実学主義」を教育理念に掲げ,IT分野を中心に広く社会における優秀な人材を育成しています。本
144
学の実践的なカリキュラムを学ぶことで基礎学と応用学をバランス良く体得し,その知識と技術をもって,情報化社
会で活躍することが期待されます。
〇 学部・学科の教育目的
本学の教育理念「現代実学主義」を具現化するため,学部・学科では学則に記載されている教育目的に副って教育
課程(カリキュラム)が構成され,教育・研究を通じて社会に貢献できる人材育成(キャリア教育)を行っています。
【総合情報学部・総合情報学科の目的(学則第2条 別表第1)】
本学部本学科は,教育理念である現代実学主義の精神に基づき,急速に進展しつつある情報社会の将来を見据え,その変化
に適切に対応できる基礎的学力と応用的知識・技術を習得し,優れた情報収集,処理,発信能力をもち,情報社会の形成に貢
献できる人材の養成を目指す教育・研究を行う。
〇 教育理念をさらに浸透させるには,今,何が必要であるのか
IT技術やコンピューターを駆使する能力を活かし,広く社会の発展に貢献し,情報の果実をもたらすことのでき
るビジネスパースンを育成するためには,専門科目を中心とするキャリア教育と,それを側面から支援するキャリア
形成のための講座や就職支援行事などのキャリア形成教育を総合的に行うこと(総合的キャリア教育)が必要です。
〇 総合的キャリア教育に期待できることは何か
本学の総合的キャリア教育では,様々な取組みを通して,皆さんに将来の自分をイメージしてもらい,自分にとっ
ての生きがい,職業人としてのやりがい,自立・独立,経済的安定,社会への貢献,ライフスタイルなど多種多様な
価値観を形成することに力を入れています。皆さんが,それぞれの目的(進路を決め,主には就職によって,社会に
きなのかを考えること)を行い,行動できる人材となることを目標としています。
〇 本学の総合的キャリア教育の取組み
本学では今までばらばらに散りばめられていたキャリア形成系科目や就職支援行事などを体系的にとらえるために,
総合的キャリア教育としての全体像をまとめましたので,下記の表を参考にしてください。
Jナビ
(総合的キャリア教育)
の目的と実施体制
145
キャリア・就職
巣立つこと)と目標(なりたい自分・なれる自分)を持ち,さらには理由付け(目標に到達するために何を体得すべ
キャリア科目
〇 おもなキャリア科目
1)「情報社会と職業」(全学・共通キャリアデザイン科目,2年前期)は,①社会情勢および就職をめぐる全般的状
況の理解,②どのような職業があるかの理解,③労働の意義の理解および④就職に際しての心構えの育成を目指
します。この科目は,現在の社会情勢や様々な業種の実情等を理解することを目的としているため企業経営者,
採用担当者,職種別エキスパート,卒業生など各現場で業務に携わっている人を講師として招くオムニバス講演
形式です。
「情報社会と職業」~社会を知る~ (参考)
No.
タ イ ト ル
1
①社会情勢と新卒雇用状況 ②本学のキャリア教育の理念とその目的
2
社会人基礎力講座(聴き方・伝え方)
3
業種(産業)研究と職業選択
4
業界の実情と求められる資質・人物像1(ソフトウェア)
5
業界の実情と求められる資質・人物像2(商社・流通・金融)
6
業界の実情と求められる資質・人物像3(メディア・サービス)
7
話題のニュースを読み解く①
8
話題のニュースを読み解く②
9
社会変化に伴い雇用拡大が見込まれる産業
10
業界の実情と求められる資質・人物像4(情報・通信)
11
業界の実情と求められる資質・人物像5(公務員と国家資格)
12
業界の実情と求められる資質・人物像6(地元企業)
13
①職業に求められる適性 ②職業に必要な基礎学力
14
学生生活とキャリア形成
15
総括
2)「キャリアデザインa」(全学・共通キャリアデザイン科目,2年後期)は,自己分析,職業適性検査などにより
「自分を知る」ことを中心に行います。またマナー講座などでは,ペアワークなど体験型学習も取り入れます。
総合的に卒業後の進路決定に不可欠となるキャリア形成に必要なことを学びます。
「キャリアデザインa」~自分を知る~ (参考)
No.
タ イ ト ル
1
キャリアデザインaとは
2
就職を考える
3
人間力を理解する
4
マナーとコミュニケーション① ~自己開示とフィードバック~
5
マナーとコミュニケーション② ~人間力を考える~
6
マナーとコミュニケーション③ ~学生と社会人のマナーの違い~
7
マナーとコミュニケーション④ ~話を聴く~
8
マナーとコミュニケーション⑥ ~マナーを考える~
9
マナーとコミュニケーション⑤ ~話をする、質問をする~
10
就職適性検査(自己発見レポートⅡ)
11
職業基礎学力Ⅰ ~就職実践模試~
12
内定者が「就職活動」を語る
13
職業基礎学力Ⅱ ~筆記試験対策~
14
将来に向けて行動する~就職適性検査を受けて~
15
146
「キャリアデザインa」を今後に生かす
3)「キャリアデザインb」(全学・共通キャリアデザイン科目,3年前期)は,「社会と自分をつなぐ」ことに達成
目標を置き,その実践について学びます。卒業後社会人として働く場を企業等に求めることになりますが,企業
等は求める人材を就職試験で判断します。このため就職試験を一つの切り口として,基礎的学力,社会人常識,
ビジネスマナー,コミュニケーション能力,職業人意識などに関する就職基礎力の必要性を実践的に理解します。
「キャリアデザインb」~社会と自分をつなぐ~ (参考)
No.
タ イ ト ル
社会と自分をつなぐために
2
マナーとコミュニケーション① ~自己開示とフィードバック~
3
マナーとコミュニケーション② ~人間力を考える~
4
マナーとコミュニケーション③ ~学生と社会人のマナーの違い~
5
マナーとコミュニケーション④ ~話を聴く~
6
マナーとコミュニケーション⑤ ~話をする、質問をする~
7
マナーとコミュニケーション⑥ ~マナーを考える~
8
ビジネス能力(ことばの力)を判定する
9
就職活動のための情報収集
10
筆記試験対策①-1 ~SPI攻略講座①~
11
筆記試験対策①-2 ~SPI攻略講座②~
12
一般常識模擬試験
13
卒業生が「仕事」を語る
14
就活身だしなみ講座
15
キャリア・就職
1
「キャリアデザインb」を今後に生かす
4)「インターンシップ」(全学・共通キャリアデザイン科目,3年)は,事前ガイダンス(情報社会の概説,企業研
究,マナー講座)を経て,就業体験を行い,体験報告会や報告書を作成します。この科目では「職業観の育成」,
「キャリアデザインの構築」,「専門教育へのフィードバック」などの展開を目指します。
(インターンシップとは,在学中に企業等において自らの専攻や将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと
です)
5)「ITキャリア基礎」
(全学・共通キャリアデザイン科目,2年)は,職業人として必要なIT基礎知識を体得す
る科目です。情報処理技術者試験のITパスポート試験レベルの幅広いIT知識を網羅します。
6)外国人留学生対象キャリアデザイン科目は,日本の社会と生活文化,ビジネスコミュニケーション,リクルート
コミュニケーションの各科目があります。
147
就職支援行事
「就職支援行事
(前期)
」~就活対策を知る~ (参考)
No.
1
2
3
4
5
6
語彙・読解力検定対策講座
タ イ ト ル
筆記試験対策② ~SPI+一般常識・時事Web模擬試験~
公務員ガイダンス・模擬試験
外国人留学生就職ガイダンス
Uターン就職ガイダンス
女子学生メイクアップ講座
「就職支援行事
(後期)
」~就職活動対策~ (参考)
1
就職ガイダンス
2
筆記試験対策③ ~CAB・GAB模擬試験~
3
筆記試験対策④ ~WEBテスト模擬試験~
4
筆記試験対策⑤ ~SPI模擬試験~
5
筆記試験対策⑥-1 ~エントリーシート対策講座①~
6
筆記試験対策⑥-2 ~エントリーシート対策講座②~
7
筆記試験対策⑥-3 ~エントリーシート対策講座③~
8
グループディスカッション力向上セミナーⅠ
9
面接対策講座
10
模擬面接 ~実践編~
11
学内業界セミナー
12
グループディスカッション力向上セミナーⅡ
13
エントリーシート対策講座
14
模擬面接Ⅱ ~実践編~
15
模擬面接Ⅲ ~個別指導編~
16
17
18
19
20
就活のイロハ ~エントリー・合同企業説明会~
就職活動用証明写真・学内撮影会
就活スーツの選び方
就活ナビの活用について
千葉県28大学合同開催「就活応援セミナー」
学内合同企業説明会
21
キャリア課は,上記の就職支援行事のほか,個別・集団によるエントリーシート対策,履歴書添削,模擬面
接,就職相談・紹介を随時行っています。キャリア課を是非活用ください。
内定を獲得した4年生が中心となって,皆さんの就
職活動を応援する「学生キャリア・アシスタント」。
その候補生として,学生キャリア・アシスタントと
一緒に活動してみませんか!
キャリア支援プログラム,学内・学外で行なわれる就職関連
イベント,就活生の活動報告など,役立つ情報を私たち学生
キャリア・アシスタントがリアルタイムに発信しています。
148
学生キャリア・アシスタント候補生の詳細につい
ては、キャリア課までお問合せください。
キャリア課を利用する
大学4年間の学生生活をどの様に過すかは各々異なって当然ですが,等しく進路の選択を迫られる日がおとずれま
す。そうして選択した進路先も十人十色です。しかし,進学を希望する学生にとっても「就職」はいずれ考えなけれ
ばなりません。
どの様な進路を選ぼうと,「社会に対する責任を負い,かつ自分の生活を支えて行く」ために「仕事/職に就く」
という現実に直面するのです。大学生活を送る中で折りあるごとに「就職」ということを考えてください。
大学生活を有意義に過せる様に様々な支援活動をしている部署の一つがキャリア課です。
〈キャリア課が提供している主な学生サービス〉
1.就職相談・資料室の開室時間
平日 午前9時~午後6時30分
2.就職関連情報および資料の提供
3.学生キャリア・アシスタント
4年生就職内定者が3年生の様々な就職相談に気軽に応じます。
(7月末~2月まで)
(1)キャリア課配置図
キャリア課資料室内の配置図と主な資料の設置場所は以下のとおりです。
資料コーナー
1
個別相談ブース
キャリア・就職
不明な点はキャリア課スタッフまで気軽に声をかけてください。
2
フリ ー ス ペ ー ス
3
求人情報や企業説明会、
インターンシップ
履歴書やESの添削、模擬面接や求人企
求人票を見るのも良し、就活本を読むの
等の就職活動に関する案内を掲載してい
業の紹介など、学生一人ひとりに合わせ
も良し、就活について話すのも良し、
この
ます。ここでしか得られない耳寄り情報も
た就職相談が受けられます。
1人で悩ま
フリースペースを情報収集の場として活
あるので、
こまめにチェックしましょう!
ず、
まずは相談してみましょう!
※キャリア課掲示板は、
120教室前通路です。
用してください。ここに集まれば、就職仲
間ができちゃいます!みんなで内定をつか
み取りましょう!
149
キャリア課の紹介
キャリア課では,キャリア形成・就職に関する情報を収集・整理し,皆さんの資料として提供するとともに,進路や
就職活動の相談・指導および企業開拓,就職斡旋など,キャリア課スタッフが皆さん一人ひとりの“満足いく進路選
択”をバックアップしています。
■就職相談は気軽に
就職活動は,進路選択の方向性や進め方が一人ひとり異なるものです。キャリア課では,個々のニーズに合わせた
きめ細かい対応を行うため,企業の採用経験者やキャリアアドバイザーなどのスタッフが常駐しています。進路に
関する不安や就職活動についてのアドバイス,採用試験対策(履歴書・エントリーシートの添削,模擬面接)など
の個別相談・指導にも気軽に応じています。
キャリア課からの情報提供
企業からの求人票,会社案内,会社説明会情報をはじめ,卒業生(OB・OG)の勤務先や先輩たちの就職活動記録
など,就職活動に直接役立つ資料を整備しています。その他にも,キャリア形成につながる資格取得関連の書籍や就職
活動に関する資料・書籍(自己分析,企業研究,筆記試験・面接対策など)を取り揃えるなど,就職活動をスムーズに
行うための情報提供に努めています。
◎就職活動報告書
内定までの経過・採用試験の内容・後輩へのアドバイスなど,就職活動の記録を年度別にファイリング
◎卒業生就職先一覧
企業別・業種別・地域別の在職者名簿(OB・OG情報)
◎就職関連書籍・雑誌
新聞や就職関連書籍,ビジネス雑誌の閲覧が可能。就職関連書籍は貸出可(1人3冊まで,期間は1週間)
。
■J-Port(就職)
J-Portにて,キャリア形成・資格取得・就職に関する情報発信を行っています。学内・学外で利用できます。
■キャリア課掲示板
学外のイベント情報(セミナー開催情報,合同企
業説明会・会社説明会開催情報,インターンシッ
プ情報,Uターン情報,資格取得対策講座など),
キャリア課に寄せられた求人情報や企業情報,就職
戦線に関する資料など,就職活動に役立つ情報を掲
示しています。
150
進路に関する手続き
■進路希望登録
東京情報大学では,就職,進学に関わらずすべての3年次生にキャリアデザインカードを提出していただきます。
キャリアデザインカードに必要事項を記入し,提出することで求職登録(進路希望登録)が完了します。この求職
登録は「職業安定法」によって義務付けられている行為で,登録することによって,大学からの就職斡旋や推薦書
の発行など,就職活動に必要なサポートを受けることができます。また,学生一人ひとりの希望に合わせた進路指
導や企業情報の提供,就職斡旋,就職活動の進捗状況に沿ったアドバイスなどのきめ細かいサポートにつながりま
す。
キャリア・就職
書類での進路に関する手続き
卒業後の進路が確定した学生は,以下の書類の提出が必要となります。
あなたの卒業後の進路として記録される大事なデータとなりますので,必ず提出してください。
■進路届
企業から内定を受けた学生や進学など,卒業後の進路が決定した
学生は進路届の提出が必要です。進路届は,キャリア課への提出
が義務付けられている重要な書類です。
■就職活動報告書・就職活動アンケート
皆さんの就職活動の体験を後輩の就職支援に活用することを目的
として,就職活動報告書・就職活動アンケートを実施しています。
151
就職状況
1)求人状況(求人社数 過去3年含む)
0"""
求人社数(過去3年含む)
/"""
-"""
㻢㻘㻟㻟㻢
+"""
("""
㻠㻘㻣㻡㻞
㻠㻘㻠㻜㻞
&"""
㻟㻘㻡㻜㻜
%"""
平成21年度
平成22年度
平成23年度
平成24年度
2-1)平成24年度業種別・職種別就職状況(総合情報学部)
業種別就職状況
職種別就職状況
農林・漁業 0.7
運搬・清掃・包装等 1.1
生産工程 1.1
警察・消防・自衛 2.8
金融・保険業 1.4
運輸業 1.4
不動産業 1.7
その他 4.2
小売業 3.2
公務員
(教員を除く)4.6
教員 3.2
情報・通信業
34.0
建設業
7.0
接客・サービス 7.4
業種別
製造業
10.2
卸売業
15.1
輸送・機械運転 0.7
その他 5.1
職種別
事務 7.7
建設・採掘
8.1
サービス業
17.2
情報処理・
通信技術者
36.8
営業・販売
25.3
2-2)平成24年度業種別・職種別就職状況(学科別)
◆業種別
サ-ビス業
情報・通信業
情報システム学科
59.4
公務員
(教員除く)
14.9
5.0
6.9 1.0
製造業
環境情報学科
25.5
16.4
13.4
6.9
7.5
4.5
14.9
5.9
金融・保険業
運輸業
6.0
その他
建設業
小売業 卸売業
3.0 1.5
7.5
不動産業
情報ビジネス学科
6.0
16.4
情報文化学科
17.9
3.0
32.0
0
9.0
24.0
20
◆職種別
7.5
25.6
6.0
40
6.0
6.0
1.5 4.5 1.5
18.0
2.0
80
60
営業・販売
情報処理・通信技術者
情報システム学科
6.0
7.5
70.4
100
輸送・機械運転
接客・サービス
事務
建設・採掘
7.9
農林・漁業
教員
2.0 4.0
6.9
5.0 1.0 1.0 2.0
生産工程
警察・消防・自衛
環境情報学科
28.6
23.9
6.0
10.4
9.0
その他
4.5 3.0 3.0 3.0 1.5 1.5 6.0
運搬・清掃・包装等
情報ビジネス学科
7.5
情報文化学科
20.0
0
152
47.8
11.9
32.0
20
8.0
40
11.9
10.0
60
8.0
10.4
2.0 2.0 2.0
80
1.5
7.5
1.5
16.0
100
資格取得対策講座(スコーラ)
本学は,特定の資格取得に向けて興味と意欲を持った方を支援する課外講座“スコーラ”を設置しています。
学科・学年の枠を超えて学べるスコーラは,皆さんの資格取得を専門的な教育指導により行います。受講料は無料で
す。詳しくは各指導担当教員へ問合せ,是非,受講してください。
資格取得のメリットは,次のとおりです。①基礎知識,専門知識の一定の証明となります。②学習習慣が身に付き
ます。③目標を設定して取得に向けてコツコツ努力プロセスと取得した資格は,就職につながります。
スコーラ(Scuola)とはイタリア語で,英語のSchoolとほぼ同じ意味です。
スコーラ分野
指導担当教員
主 な 目 標
主な活動内容
平野 正則
岸本 頼紀
基本情報技術者
応用情報技術者
CCNA
模擬試験の実施,試験区分別の対策
講座,夏期強化講座の開催など。
また,基本情報技術者で必要とさ
れるJava,C言語プログラミングや,
Windows,UNIXの操作方法などの
実技。
セキュリティ
浅沼 市男
鈴木 英男
Webクリエイター能力認定試験
個人情報保護士認定試験
情報セキュリティ初級認定試験
インターネット検定ドットコムマスター
セキュリティ,個人情報,ネット
ワーク,Webという多様な資格試験
を学内で実施。過去問題等の提供。
会計学
武井 敦夫
斎藤 隆
日商簿記2級
日商簿記3級
税理士・公認会計士
パソコン会計主任者2級
過去問の解説,答案の練習,会計ソ
フト「財務応援」の活用など。書類
と面接で選考(人物本位でやる気の
ある学生を歓迎)。
マルチメディア
小泉 宣夫
中島 淳
安岡 広志
CGクリエイター検定
Photoshopクリエイター能力認定試験
Illustratorクリエイター能力認定試験
カラーコーディネーター検定試験
DTP検定
過去問・予想問題の解説,試験対策演
習,検定試験(学内受験)の実施等。
受講生には問題集・参考図書を貸与
し自宅学習も応援。
英語
日本語・
コミュニケーション
吉岡 栄一
TOEIC Testを熟知し受験に慣れる。英 語 力 向 上 だ け で な く , 受 験 テ ク
A.S.キャルコート 500点以上のスコアを目指す。
ニックの修得を始め,英語をコミュ
※結果を正規英語授業の成績(単位 ニケーションツールとして学びたい
認定など)に反映させる
というマインドの育成。
茂住 和世
日本漢字能力検定 準2級・2級
ビジネス能力検定
(B検)
ジョブパス
(外国人留学生対象)
日本語能力試験N1・N2
BJTビジネス日本語能力テストJ2・J1
公認スポーツ
指導者資格スコーラ
石井 政弘
公益財団法人日本体育協会の資格
水泳指導員
アシスタントマネジャー
ジュニアスポーツ指導員
就職に役立つ諸資格の取得を目指す。
学科は不問で,問題集や参考図書の
紹介・貸与,メールによる指導行う。
週1回B検の勉強会も実施予定。
スポーツリーダー,共通ⅠⅡは大学
単位取得と申請で取得可能。その他
3資格は授業にて大半の講義部分は
免除されるが,4年生時に学外で行
われる検定必須。その直前対策とし
て実施。
受講については,各指導担当教員に問合せください。
153
キャリア・就職
コンピュータ
154
情報サービスセンター
情報サービスセンター
155
〈図書情報部〉(4号館・総合情報センター棟)
1.図書情報部の概要
情報サービスセンター(以下「センター」と称する)図書情報部では,本学における教育・研究に必要な図書,視
聴覚資料等の収集・整理・提供を行うとともに,様々な教育・研究活動の支援を行っています。
4号館の主要な機能と施設
ライブラリー・エリア(2~3階)
○閲覧室,マルチメディア・ワークショップ(パソコン12台),AVコー
ナー,情報検索コーナー,参考書架,貸出・返却カウンター,雑誌コー
ナー,センター事務室など
○図書・文献だけでなく,電子資料やネットワーク環境を駆使できる環境
▲3階閲覧室
が整っています。
○教職関係の雑誌も充実しています。
○情報検索コーナーでは,館内の蔵書をはじめ,新聞・雑誌記事や財務情
報等を検索できます。
○マンガ文庫も充実しています。
○AVコーナーでは,DVD(ブルーレイ対応),ビデオ,LDを自由に観る
ことができます。
▲2階マルチメディア・ワークショップ
○ノート型パソコンは館内のどこからでも無線LANによるネットワーク
接続が可能です。
ワーキング・エリア(1階)
○メディアデザインルーム(パソコン30台),映像・音響研究室,スタジ
オ,調整室など
講義,研究,ゼミナール等,様々な目的に合わせた,教育・研究施設
を集約しています。
▲1階メディアデザインルーム
コミュニケーション・エリア(1~2階)
○メディア・ホール(300席,200インチのスクリーン),メディア・サブ・
ホール(50席120インチのスクリーン),情報ギャラリー,ミーティング
コーナー(2階)など
大・小2つのホールを中心に,キャンパスの情報発信拠点となるコミュ
ニケーション・スポットです。
156
▲1階メディア・ホール
2.総合情報センター棟展開図
建築概要 鉄筋コンクリート3階建
建築面積 2,039.59㎡
延床面積 4,355.47㎡
1996年9月完成
▲センター棟全景
▲1階メディア・サブ・ホール
▲1階メディア調整室/スタジオ
情報サービスセンター
図書館出入口
メディアデザインルーム
157
3.ライブラリー・エリア
センター2~3階にあるライブラリー・エリアでは,図
書約130,000冊,雑誌約1,500タイトルのほか,DVD・LD,
ビデオテープ,CD-ROM等の視聴覚資料を収集しており,
これら資料の館内閲覧を自由に行うことができます。
センター所蔵の図書・雑誌は, 館内の蔵書検索用端末
(webOPAC)や,インターネットを通じて,学内外から
の検索が可能です。
センターが保有す
る図書・資料は,一
部の資料を除いて,
館外貸出を行ってい
ます。
館内は飲食や持ち込みを禁止しています。
■開館時間 平 日:9:15~20:00
土曜日:10:00~16:00
■休館日
①日曜日(一部,土曜日の休館あり)
②国民の祝日
③学校法人の創立記念日(3/6)
④開学記念日
⑤夏季・冬季の一定期間
⑥その他(臨時に必要な場合)
■貸出期間
①学部生:2週間以内10冊まで
図 書 の 館 外 貸 出 は , ②大学院生:2ヶ月以内20冊まで
■貸出できない資料(館内閲覧のみ)
学生証が必要となり
ますので,利用の際は,必ず学生証を携帯してください。
また,マルチメディア・ワークショップには学生が自由
に使うことができる本館棟の実習環境と同等のパソコンを
設置しています。
①参考図書など「禁帯出ラベル」の貼ってある資料
②雑誌③新聞④地図⑤視聴覚資料
■館内貸出のみ
①DVD
②ソフトウェア(OVS-ES)
※ 夏休み・冬休み・春休みの長期休業期間中は貸出期間を延長し
た特別貸出を行っています。
また,開館日・時間に変更が生じる場合があります。館内の掲示
やセンター図書情報部のホームページで確認して下さい。
ライブラリー・エリア(3階)
閲覧机
ライブラリー・エリア(2階)
資格・就職コーナー
マルチメディア・
ワークショップ グループ学習室
グループ視聴室
マンガ文庫
出入口
158
〈情報システム部〉(1号館・本館棟)
1.情報システム部の概要
情報システム部は,コンピュータ実習室や一般教室における教育機器等のハードウェアやネットワーク環境の整備
と保守管理を行っています。また,窓口での質問受付や講習会を通じて,情報教育をサポートしています。更に,学
籍・履修・成績・就職等のキャンパスライフを支える各種システムの運用支援も行っています。
2.情報システム部の各施設について
■無線 LAN 1号館(本館棟)全教室から利用可能
:コンピュータ実習室
及び情報システム部
PCサポートデスク
情報サービスセンター
■コンピュータ実習室1号館(本館棟)全4室
・102-1 コンピュータ実習室(Wndows7/ Linux85台)
・102-2 コンピュータ実習室(Wndows7/ Linux57台)
・203 コンピュータ実習室(Wndows7/ Linux71台)
・204 コンピュータ実習室(Wndows7/ Linux71台)
① 無線 LAN が利用可能なエリアについて
本学全館及び本館棟の全教室・全フロアで無線 LAN が利用できます。
また,全実習室を始め,1号館(本館棟)202・221・322・323講義室,2階食堂棟側ロビー,526・527ゼミ室,4
号館(総合情報センター棟)メディア・サブ・ホール(802)
,2階マルチメディアワークショップ,6号館(学生会
館ピオーネ)1階ロビーには,プリンターが設置されていますので,無線及び情報コンセント接続したノートパソコ
ンから印刷することが可能です。
159
② 一般教室の情報コンセントについて
ノートパソコンを必携化したことにあわせて,下記の一般教室にも「情報コンセント」と「電源」を設置し,講義
形式の授業においてもノートパソコンを利用できます。情報コンセントは,教室の机の1箇所に座席4~6席分をま
とめて設置してあるため,隣り合わせの人達と協力しあって積極的に利用してください。
また,下記の教室は,机が固定式となりますので,無理して動かさないようにご注意ください。
建 物
フロア
1号館(本館棟)
情報コンセント
電 源
1階
101
○
○
2階
201・202・221
○
○
3階
301・302・303・322・323
○
○
401・402・403・404
4階
○
421・422・423・424
5階
4号館(総合情報センター棟)
教 室 番 号
1階
526・527
○
○
801(メディアホール)
○
○
802(メディア・サブ・ホール)
○
○
③ 情報教育システムと実習環境について
本学の情報教育システムを特徴づけるコンピュータ実習室の環境は,以下のとおりです。
全端末が最新アーキテクチャを持つトップクラスの性能(CPU:インテルCore i5 プロセッサ3.10GHz)を有し,
Windows7と Linux の二重ブート方式を採用しており,見やすい22インチワイド液晶モニターとなっています。学
生が使用できるホーム領域には,ファイル容量100MBまで利用可能となっています。
教室番号
PC設置台数
OS
プリンタ台数
情報コンセント
電源
102-1
85
Windows7/ Linux
6
○
○
102-2
57
Windows7/ Linux
4
○
○
203 71
Windows7/ Linux
5
○
○
204 71
Windows7/ Linux
5
○
○
④ 実習室のオープン利用について
実習室については,授業のない時間帯に,原則として下記のとおり,オープン利用できます。なお,各実習室の利
用可能な時間帯は,各実習室の掲示やHP『コンピュータ実習室の利用状況』(URL:http://www.affrs.tuis.ac.p/
infosys/open/index.php)で確認できます。
また,次の注意事項を守って利用するようにしてください。
①静かに,携帯電話は室外で ②ゲームソフトの利用禁止 ③喫煙・飲食厳禁 ④紙の持ち出し厳禁
コンピュータ実習室
月曜日~金曜日
102-1 コンピュータ実習室
午前9時~午後7時
102-2 コンピュータ実習室
午前9時~午後7時
203 コンピュータ実習室
午前9時~午後9時
204 コンピュータ実習室
午前9時~午後7時
⑤ サポートデスクについて
簡単な故障時の対応,操作方法に関する質問等に応じるため,学生相談員による「PCサポートデスク」を設置し
ています。困ったことが起こったら気軽に相談してください。
《PCサポートデスク》
1号館2階 情報サービスセンター(情報システム部)
160
3.利用に先立って
ネットワークを利用しようとする学生等は「ネットワーク利用申請書」を提出し,ユーザID及びパスワードが記
載された「ネットワーク利用許可証」の交付を受けなければなりません。(新入生はリテラシー関係の授業の中で,
許可証が交付されます)
EARTH情報教育システムでは,ユーザIDとパスワードを使って認証を受けなければ利用できません。この認証
によって,
システム全体のセキュリティを維持するだけでなく,
利用者自身のプライバシーを守ることができるのです。
パスワードは利用者の自己責任において管理し,定期的に変更しなければなりません。パスワードを失念し,ネッ
トワーク利用資格を失った場合は,ネットワーク講習会
(有料)
に参加して許可証の再交付を受けなければなりません。
4.ネットワークの利用心得
本学では,学生全員が快適にネットワークを利用できる環境を整備しており,国内外からのネットワーク情報を入
手したり,メール等で互いに連絡を取り合うことが可能ですが,ネットワーク利用者である学生の皆さんは,東京情
報大学ネットワーク利用ポリシーを十分に理解し,学術機関である大学の一員として品位とマナーをもって,ネット
ワークを利用するように心がけてください。
ネットワーク利用によるトラブルに巻き込まれないために
本学では,ネットワークの利用に関する利用指針をまとめています。ネットワークの利用を始める前に,
これらを十分に理解することがトラブルに巻き込まれないために大切です。
万が一,自分が実際に被害を受けてしまった場合や,おかしいと感じたときには,情報サービスセンター
情報サービスセンター
情報システム部に出向いて相談するようにしてください。
東京情報大学ネットワーク利用ポリシー
東京情報大学アカデミックインターネットワーク専門委員会
http://www.acnet.tuis.ac.jp./AUP/aup.html
本学のAUP
(Acceptable Use Policy)
の骨子は以下の通りである。本学アカデミックインターネットワーク専門
委員会は,これらの事項に著しく逸脱したユーザーに対して直ちにネットワーク利用資格を停止し,その者に対して
適切な指導を施す。
コンピュータネットワーク組織としての本学は,大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所
の学術情報ネットワーク『SINET』
(Science Information Network)に加入してインターネット利用を可能としてい
る研究・教育をおこなっている学術機関である。それゆえに本学のネットワークユーザーは一般の商用プロバイダが
加入者に求める以上の一層の品位およびマナーが求められており,また社会からもそのように強く期待されてもいる。
そのために本学のすべのユーザーは学術機関の一員として学術,教育,研究の発展に資する以下の範囲内でネット
ワークを利用することができる。ネットワーク活動における以下の基準に対する質問や具体的運用指針については
Webページで提供されているネットワーク利用の手引きを参照されたい。
人権の保護
本学のユーザーはネットワーク活動を通じて,人種・性差・信条などによるいかなる差別にも与せず,プライバシ
の保護などあらゆる人権の保護に務めなければならない。これによって,差別釣発言や誹謗中傷などの言論による暴
力,性的虐待,通信内容の第三者への開陳などによる秘密の暴露などは厳しく禁止される。
知的所有権の尊重
著作権・特許権・商標権・意匠権などの知的所有権の遵守に常に留意すること。著作物には文章,写真,音楽,デ
ザイン,プログラムなどが含まれ,著作者に無断でその著作物(その一部でも)の複製を作成・配布することは禁じ
161
られている。また,アイデアの盗用や勝手な改ざんについても許されていない。近年では,これらの権利の侵害に対
して法的責任が厳しく問われてきているので十分注意されたい。
商用利用の禁止
学術ネットワークを利用する本学のユーザーは,ネットワークをいかなる商用活動にも利用してはならない。ネッ
トワークを利用した商品の売買,アルバイトや求人・広告や斡旋活動などはすべて禁止する。
セキュリティの維持
本学のネットワークの安全で安定的稼動を脅かし,通信やプライバシの漏洩につながるようなあらゆる行為は厳重
に禁止する。他人へのユーザーIDの譲渡,パスワードの漏洩が発覚した場合には直ちに利用資格を停止する。ユー
ザーは定期的にパスワードを変更し自らのプライバシとネットワークセキュリティを維持するように努めねばならな
い。またコンピュータを利用しているときには席を離れることを禁止する。ログアウトなど適切な措置を講じた後で
のみコンピュータから離れることができる。
学内での匿名・ハンドル名の禁止
本学のユーザーは学内への電子メールの送信,学内でのWebページの作成または掲示板等への書き込みにおいて
は,常に氏名や学籍番号等の本人を特定できる情報を明記しなければならない。氏名や学籍番号等の署名のない匿名
またはハンドル名を使ったネットワーク活動は,学内においてはこれを禁ずる。
ただし,システムのユーザー認証機能などにより,管理者が直ちにユーザーを認識できる場合は,そのシステム内
においてはこの限りでない。
一方,学外のソーシャルメディアサービス等を利用する場合は,個人情報保護の観点から匿名やハンドル名の使用
を認める。
ソーシャルメディア利用の心得
東京情報大学において学外のオープンなソーシャルメディア(facebook,twitterなど)を利用する場合は,全世
界のインターネットユーザーがアクセスできることを理解し,私的なやりとりは電子メールやクローズドなソーシャ
ルメディアを利用すべきであることを理解すること。また,ソーシャルメディアに限らず,Web上に一度公開され
た情報は,削除するのが困難であることを認識し,ソーシャルメディア等を利用した情報発信にあたっては,以下を
遵守すること。
①東京情報大学の学生としての自覚と責任を持った発言を行うこと。
②基本的人権,著作権,プライバシー等各種法令や条例等を遵守すること。
③推測や伝聞に基づく不正確な情報ではなく,正確でかつ誤解を与えない情報発信を心がけること。
④社会通念に照らし,他のユーザーとトラブルが起きないように,冷静・誠実な対応を心がけること。
⑤東京情報大学に関する重要施策の意思形成過程における情報(検討中の素案,それに対する個人的な意見等)など
機密情報を漏洩しないこと。
⑥反道徳的・非常識な行為をしないこと。
⑦教育・研究目的を逸脱した商業行為を目的とする情報を発信しないこと。
⑧特定の個人・団体への誹謗中傷,差別的な内容,猥褻な内容の情報を発信しないこと。
ネットワークマナーの厳守
学術機関である本学のユーザーはネットワーク活動においては一層の節度と品位が求められている。Webページ
の作成や電子メールによる依頼においては,十分な注意を払って社会通念上適切な表現を工夫しなければならない。
他人の作成したWebページのリンクについては,電子メール等を通じてリンク依頼を行い作者の承諾を事前に受け
ることを原則とする。また,いたずらにネットワーク通信量を増加させるような行為(授業での利用を除く)は厳に
慎まねばならない。
本学のネットワーク利用についてのこれらの指針は以下に説明する根拠に基づいている。
162
ネットワーク利用ポリシーの根拠
コンピュータネットワークによるコミュニケーション
コンピュータネットワークを利用した情報交換は私たちにとって今や欠くことのできないコミュニケーション手
段となっている。コンピュータネットワークを利用するものをユーザー,ネットワーク組織(およびその管理者)
が提供するユーザーに提供する様々な利便をネットワークサービスまたは単にサービスといい,本学でも様々な
サービスの充実をはかっている。
本学でユーザーが利用できる情報交換のサービス形態は,次のように分類できる。
・個人から個人へ。電子メール,ソーシャルメディアサービス等
・個人から特定グループヘ。メーリングリスト,WWW,ソーシャルメディアサービス等
・個人から不特定多数へ。WWW,ソーシャルメディアサービス等
これら情報の到達範囲は現在では地球のほぼ全域をカバーするまでになってきている。コンピュータネットワー
クはかつて人類が手にすることのできた最強の情報通信メディアであり,時間・空間を超えたグローバルなコミュ
ニケーションを可能にしている。
しかしながら以下に説明するように,コンピュータネットワークによるコミュニケーションは郵便や電話,さら
に新聞・テレビなどによる通信メディアとはその性質が異なり,本学のコンピュータネットワークを利用しようと
する者は本学の利用規定を遵守する場合に限ってのみそのユーザーとなることができる。
AUPと個人の責任
個人がインターネットなどコンピュータネットワークを利用するためには,ネットワークサービスを提供してい
るネットワーク組織・団体に加入し,利用資格を得なければならない。本学を含めこれらのネットワーク組織では
呼んでいる。
ある個人がネットワークサービスを受けるためには,その個人がネットワーク組織が定めるAUPを尊重するこ
とをネットワーク組織が認定してはじめて可能となる。AUPから逸脱したネットワーク利用を行うユーザーに対
しては,それが属するネットワーク組織は利用制限や利用資格な剥奪することがある。ここに現在のコンピュータ
ネットワーク機構を利用したコミュニケーションの特性がある。
従来の情報通信メディアである郵便・電話や出版を利用した場合,概してその個人だけの責任において活動する
ことができる。―方,情報の伝播力において優れているコンピュータネットワークを利用した活動は,新聞,テレ
ビなどのマスメディアで個人が活動するときのように,個人の責任範囲は微妙に制限される。端的に言えば,その
組織に属する個人の活動によって何らかの問題が発生した場合,その当人だけでなく,むしろその組織自体の管理
責任が問われることも少なくない。
したがって,ユーザーがそのネットワーク活動においてなす様々な行為はす完全にユーザー個人だけの責任にお
いてなされているとは見なされ難く,対外的にはネットワーク組織に属するある個人として受け取られ易いことに
注意されたい。本学学生の電子メールアドレス(****@edu.tuis.ac.jp)を見ると誰もが了解するように,本
学のユーザーはネットワークドメイン名tuis.ac.jpで称される「東京情報大学」の一員であるとラベル付けされて
おり,決して個人単独の名の下でネットワーク活動を行うことはできないことがわかる。
AUPの必要性
このようにしてネットワークユーザーは常にそれが属するネットワーク組織の管理下におかれている。ここで理
解すべきことは,AUPの遵守はネットワークユーザーの自由を維持するためのものであり,決してネットワーク
組織がユーザーのネットワーク活動を制限することにはないという点である。
ネットワーク組織の緊密な協調・連携で世界規模のネットワークサービスを構築しているインターネットでは,
ネットワーク組織間の良好な関係の維持はネットワーク管理者にとって最優先の課題である。ひとたびネットワー
ク組織間の接続が絶たれたならば,ユーザーはいかなるネットワークサービスも受けることができない。あるユー
ザーが外部ネットワーク組織および個人にトラブルを与えた場合,多くの場合,その抗議はユーザーばかりでなく
そのユーザーの属するネットワーク組織の管理者に通知され,最悪の場合にはそのネットワーク組織に何らかの対
策がとられることがある。このことは,たとえ一握りのユーザーが引き起こした問題であってもネットワーク組織
163
情報サービスセンター
そのユーザーに遵守させるべきネットワーク利用心得を定めている。これをAUP(Acceptable Use Policy)と
ばかりでなくそれに属するすべてのユーザーにとって致命的な支障にまで発展し得ることを意味する。
こうしてネットワークサービスの安定供給とその享受というネットワーク管理者だけでなくあらゆるユーザーに
とっての一義的目的のために,AUPの厳守という全ユーザーの協力の必要性が浮止するのである。このAUP尊重の
協力機構なくしては定常的ネットワーク利用の達成は困難である。それゆえにAUPの遵守はユーザーの自由なネッ
トワーク活動を保証することになる。
164
後援会・教育振興会・校友会
後援会・教育振興会・校友会
165
1.後援会・教育振興会・校友会
後援会の活動
後援会は,本学に在学する学生の父母によって構成され,父母と大学との親睦化を図るとともに,在学生の勉学や
学生生活の充実のための諸活動を行うことを目的に,平成2年4月に発足しました。
主な活動内容は以下のとおりです。
(1)後援会会報の発行
(2)教職員と父母との交流親睦の促進
(3)大学主催行事への助成
(4)学友会への助成
(5)学生の就職活動への助成
(6)卒業記念品の贈呈
教育振興会の活動
本学には,学生の資質の向上を図り,教職員との親睦を深めることを目的に,教育振興会が設置されています。
本会は,本学学生全員と教職員を対象とした正会員と,卒業生および本大学関係者を対象とする賛助会員とで構成
され,会員からの会費と寄付金によって以下の活動を行っています。
(1)企業研究等の学外研修活動への助成
(2)特別講演会等の運営
(3)学生,教職員の教育研究活動への助成
(4)東京情報大学奨学生制度への支援
(5)私費外国人留学生への助成
なお,本会の運営には,正会員である在校生も委員として参加しています。
校友会の活動
本学の卒業(修了)者を正会員,在職者・功労者等を賛助会員とする会ですが,在学生も“準会員”として組織に
加わっています。
平成26年4月現在の正会員は1万1千人,主に以下の活動を行なっています。
(1)会報及び会員名簿の刊行に関する事項
(2)会員相互の扶助に関する事項
(3)講演会及び研究会等の開催に関する事項
(4)会員の慶弔及び表彰に関する事項
(5)東京情報大学の後援及び相互の連絡に関する事項
166
諸規則諸規程
諸規則諸規程
167
東京情報大学学則
第1章 総 則
《名称》
第1条 本学は,東京情報大学と称する。
《目的》
第2条 本学は,教育基本法及び学校教育法に基づき,建学の精神に則って,学術の理論及び応用を教授研究し,そ
の深奥をきわめて,文化の進展に寄与することを目的とする。
2 学部,学科及び課程の目的については,別表第1のとおりとする。
《自己点検及び評価》
第2条の2 本学は,その教育研究水準の向上を図り,前条の目的及び社会的使命を達成するため,本学における教
育研究活動等の状況について自ら点検評価を行い,文部科学大臣の認証を受けたものによる評価を受ける。
2 前項の点検及び評価を行うため,本学に自己点検評価委員会を置く。
3 前項の委員会に関する事項は,別に定める。
第2章 組織及び収容定員等
《組織》
第3条 本学は学部及び大学院をもって組織する。
2 本学に設置する学部,学科並びに入学定員,収容定員は次のとおりとする。
学 部
学 科
入学定員
編入学定員
収容定員
総合情報学部
総合情報学科
500
10
2,020
500
10
2,020
合 計
3 大学院に関する学則は,別に定める。
《教職・学芸員課程》
第3条の2 本学に教職・学芸員課程を置く。
2 教職・学芸員課程に関する事項は,別に定める。
《情報サービスセンター》
第4条 本学に情報サービスセンターを置く。
2 情報サービスセンターに関する事項は,別に定める。
第4条の2 削除
《総合情報研究所》
第4条の3 本学に総合情報研究所を置く。
2 総合情報研究所に関する事項は,別に定める。
《教職員》
第5条 本学に次の教職員を置く。
学 長
教 授
准 教 授
助 教
事 務 職 員
技 術 職 員
その他の職員
168
2 前項に規定するほか,必要に応じ副学長を置くことができる。
3 前2項に規定する教職員のほか,必要に応じ非常勤の教員,嘱託職員,助手,研究員及び臨時職員を置くことが
できる。
4 前項に規定する非常勤の教員等のほか,必要に応じて特任教授を置くことができる。
5 第1項から第4項に規定する教職員等に関する規程は,別に定める。
《客員教授》
第5条の2 本学の教育及び研究に資するため,客員教授を置くことができる。
2 客員教授に関する事項は,別に定める。
第3章 学年・学期及び休業日
《学年》
第6条 学年は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。
《学期》
第7条 学年を分けて,次の2期とする。
前 期 4月1日から9月30日まで
後 期 10月1日から翌年3月31日まで
2 学長が必要と認めるときは,前期及び後期の期間を臨時に変更することがある。
《授業期間》
第8条 1年間の授業を行う期間は,定期試験等の期間を含め,35週にわたることを原則とする。
《休業日》
第9条 休業日は次のとおりとする。ただし,学科において特に必要がある場合は,休業期間中においても授業を行
うことができる。
(1)日曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する休日
(2)学校法人の創立記念日(3月6日)
(3)創立記念日(12月23日)
(4)春季休業 3月21日から3月31日まで
諸規則諸規程
(5)夏季休業 7月21日から9月20日まで
(6)冬季休業 12月25日から1月7日まで
2 学長が必要と認めるときは,休業日を変更し又は臨時に休業日を定めることができる。
第4章 教育課程,履修方法及び単位の認定
《授業科目の区分》
第10条 授業科目は,共通基礎科目,学科の専門教育科目,教職課程関連科目及び学芸員関連科目とし,これを必修
科目,選択必修科目及び選択科目に分ける。
《授業科目及び単位数》
第11条 授業科目及び単位数は,別表第2のとおりとする。
《履修》
第12条 学生は学科の教育課程の定めるところに従い,各授業科目を必修又は選択履修しなければならない。履修し
ようとする授業科目については,毎学年所定の期間内に届出なければならない。
《単位の計算》
第13条 各授業科目の単位数は,1単位45時間の学修を必要とすることを基準とし,授業の方法に応じ,当該授業に
よる教育効果,授業時間外に必要な学修等を考慮して,次により計算する。
(1)講義については,15時間の授業をもって1単位とする。ただし,語学については,30時間の授業をもって1単
位とする。
(2)演習については,30時間の授業をもって1単位とする。
(3)実験,実習及び実技については,30時間の実験,実習及び実技をもって1単位とする。
169
《履修方法及び単位の修得》
第14条 一の授業科目を履修し,その試験に合格した者には,所定の単位を与える。
2 学生は,別表第1に掲げる授業科目の中から,別表第2に定める卒業の要件に必要な必修科目,選択必修科目及
び選択科目を履修し,所定の単位を修得しなければならない。
3 前2項の授業科目の履修方法及び単位の修得に関することについては,本学則に定めるもののほかは,別に定め
る。
《他学科履修》
第14条の2 学生は,別に定めるところに従い,他学科の専門教育科目を履修することができる。その場合,履修で
きる単位は16単位以内とし,卒業に必要な当該学科の専門教育科目の修得単位とすることができる。
《他の大学又は短期大学における授業科目の履修等》
第15条 教育上有益と認めるときは,他の大学又は短期大学との協議に基づき,学生が該当大学又は短期大学におい
て履修した授業科目について修得した単位を,30単位を超えない範囲で本学における授業科目の履修により修得し
たものとみなすことができる。
2 前項の規定は,本学の承認を受けて,学生が外国の大学又は短期大学に留学する場合に準用する。
《大学以外の教育施設等における学修》
第15条の2 教育上有益と認めるときは,学生が行う短期大学又は高等専門学校の専攻科における学修その他文部科
学大臣が別に定める学修を,本学における授業科目の履修とみなし,本学の定めるところにより単位を与えること
ができる。
2 前項により与えることのできる単位数は,前条第1項により本学において修得したものとみなす単位数と合わせ
て30単位を超えないものとする。
《入学前の既修得単位等の認定》
第15条の3 教育上有益と認めるときは,学生が本学に入学する前に他の大学又は短期大学において履修した授業科
目について修得した単位(第34条により修得した単位を含む)を,本学に入学した後の本学における授業科目の履
修により修得したものとみなすことができる。
2 教育上有益と認めるときは,学生が本学に入学する前に行つた前条第1項に規定する学修を,本学における授業
科目の履修とみなし,本学の定めるところにより単位を与えることができる。
3 前2項により修得したものとみなし,又は与えることができる単位数は,編入学の場合を除き,本学において修
得した単位以外のものについては,合わせて30単位を超えないものとする。
4 前3項の規定により単位の認定を行った場合においても,修業年限の短縮は行わない。
《教育職員免許状の取得及び種類》
第15条の4 教員の免許状授与の所要資格を取得しようとする者は,第14条に規定する単位のほか,教育職員免許法
(昭和24年法律第147号)及び教育職員免許法施行規則(昭和29年文部省令第26号)に基づき,本学で定める所要の
単位を修得しなければならない。
2 取得できる教育職員免許状の種類及び教科は,別表第3のとおりとする。
3 第1項の履修方法等については,別に定める。
《学芸員の資格》
第15条の5 学芸員の資格を取得しようとする者は,第14条に規定する単位のほか,別表第2に定める 「学芸員課程
関連科目」 の全てを修得しなければならない。
2 前項の履修方法等については,別に定める。
第5章 入学,試験,卒業及び学位
《入学期》
第16条 入学の時期は学年の始めとする。
《入学資格》
第17条 入学することができる者は,次の各号のいずれかに該当する者とする。
(1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了
170
した者を含む。)
(3)外国において学校教育における12年の課程を修了した者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定した者
(4)文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した
者
(5)専修学校の高等課程で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(6)文部科学大臣の指定した者
(7)高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規定による大学入学資格検
定に合格した者を含む。)
(8)本学において,個別の入学資格審査により,高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で,18
歳に達したもの
《入学出願手続》
第18条 入学志願者は,入学願書,出身学校長から提出される調査書及び入学に必要な証明書に別表第4に定める検
定料を添えて差出さなければならない。
納入した検定料は還付しない。
《入学許可》
第19条 入学志願者は,選考の上入学を許可する。
《入学手続》
第20条 入学を許可された者は,本学指定の書式による保証人連署の在学誓約書に別表第6に定める入学金を添え指
定期間内に差出さなければならない。
一旦納入した入学金は還付しない。
《修業年限》
第21条 本学の修業年限は4年とし,8年を超えて在学することはできない。
《試験》
第22条 学生は,所定の履修届に記載した授業科目の授業に出席した上で,試験を受けなければならない。
(1)試験の成績は秀,優,良,可及び不可をもって表わし,秀,優,良,可を合格とし不可を不合格とする。
(2)試験は1授業科目につき,毎年1回期日を定めてこれを行う。
(3)病気その他止むを得ない理由により試験を受けられなかつた者は,追試験を受けることができる。
《卒業》
第23条 4年以上在学し,学科所定の授業科目を履修して第14条に規定する124単位以上の単位を修得した者は,教
授会の議を経て,学長が卒業を認定する。
《学士の学位》
第24条 卒業した者には,学士(総合情報学)の学位を授与する。
第6章 休学,留学,退学,転学,除籍,再入学,編入学及び転学科
《休学》
第25条 病気その他止むを得ない事由のため,3カ月以上修学することができないときは,保証人連署で願出て許可
を得て休学することができる。
休学の事由が病気であるときは,医師の診断書を添付しなければならない。
2 休学期間中でもその事由が止んだときは,復学することができる。ただし,試験期間の6カ月以前に復学した者
でなければ受験することはできない。
3 休学期間はこれを在学年数に加算しない。
4 休学期間は通算して4年を超えることができない。
《留学》
第26条 外国の大学に留学を志望する者は,別に定めるところにより,あらかじめ学長の許可を受けて留学すること
ができる。
2 留学した期間は,在学年数に通算する。
171
諸規則諸規程
(4)実験,実習,実技及び演習はその出席状況,履修状況,学習報告等により試験に代えることがある。
《退学》
第27条 退学しようとする者は,その理由を記し,保証人連署で願出て許可を受けなければならない。
《転学》
第28条 本学に学籍を有する者は,学長の許可を得なければ他大学に入学を志願することはできない。
2 本学に学籍を有する者は他大学の学部,学科とあわせて在学することはできない。
《除籍》
第29条 次の各号のいずれかに該当する者は,除籍する。
(1)本学において修学する意思がないと認められる者
(2)督促を受けた滞納学費を,指定された期限までに納入しない者
(3)所定の在学年限を超えた者
(4)死亡した者又は行方不明の者
《再入学》
第30条 第27条により退学した者が再入学を願い出たときは,学年の始めに限り,選考の上再入学を許可することが
ある。
2 第29条第1号又は第2号により除籍された者が1年以内に再入学を願い出たときは,学年の始めに限り,選考の
上再入学を許可することがある。
《編入学》
第31条 本学に,編入学を志願する者があるときは,選考の上,相当年次に入学を許可することがある。
2 編入学できる者は,次の各号のいずれかに該当する者とする。
(1)大学を卒業した者又は大学に2年以上在籍し所定の単位を修得した者
(2)短期大学を卒業した者
(3)高等専門学校を卒業した者
(4)外国の大学,短期大学を卒業又は大学に2年以上在籍し所定の単位を修得した者
(5)専修学校の専門課程(修業年限が2年以上であることその他文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る。)
を修了した者(学校教育法第90条第1項に規定する大学入学資格を有する者に限る。)
3 前項第1号の規定にかかわらず,大学に1年以上在籍し所定の単位を修得した者についても編入学を許可するこ
とがある。
4 編入学の時期は,学年の始めとする。
5 編入学に関して必要な事項は,別に定める。
《転学科》
第31条の2 学生が本学の他の学科への転学科を志願するときは,選考の上,教授会の議を経て,学長が許可するこ
とがある。
2 転学科に関して必要な事項は,別に定める。
第7章 授業料等
《授業料の納付及び休学期間中の授業料》
第32条 授業料は,別表第6のとおりとし,4月及び9月の2期に分けて分納することができる。
2 休学期間中の授業料は,半額とする。ただし,学年途中で休学する者は,休学の翌月から月割計算により半額と
する。
《整備拡充費の納付》
第33条 整備拡充費を徴収する。納付は,4月及び9月の2期に分けて分納することができる。
《実習演習費の納付》
第33条の2 実習演習費を徴収する。納付は,4月及び9月の2期に分けて分納することができる。
《学生厚生費の納付》
第33条の3 学年ごとに学生厚生費を徴収する。
《原級者の納付額》
第33条の4 原級に留まる者の授業料,整備拡充費,実習演習費及び学生厚生費は,その在籍する当該年次生の入学
172
時に定められた額を適用する。
《既納の授業料等の還付》
第33条の5 既納の授業料,整備拡充費,実習演習費及び学生厚生費は返還しない。
第8章 科目等履修生・特別聴講学生及び研究生
《科目等履修生》
第34条 本学の学生以外の者で一又は複数の授業科目の履修を願出る者があるときは,学生の学習をさまたげない場
合に限り科目等履修生(以下「履修生」という。)として履修を許可することができる。
2 履修生に関する事項は,別に定める。
《特別聴講学生》
第34条の2 他の大学又は短期大学等との協議に基づき,本学の学生以外の者で一又は複数の授業科目の履修を願出
る者があるときは,学生の学習をさまたげない場合に限り特別聴講学生(以下 「聴講学生」 という。)として履修
を許可することができる。
2 聴講学生に関する事項は,別に定める。
《研究生》
第35条 本学において特定事項を研究しようとする者があるときは,学生の研究をさまたげない場合に限り研究生と
して許可することがある。
2 研究生に関する事項は,別に定める。
第9章 教授会
《教授会》
第36条 本学の学部に教授会を置く。
2 教授会は,学長,副学長及び教授をもって組織し,次の事項を審議する。
(1)教育及び研究に関する基本方針の策定
(2)教員の候補者の選考等人事に関する事項
諸規則諸規程
(3)名誉教授推薦に関する事項
(4)学科・学科目及び学科課程の種目及び編成に関する事項
(5)学生の入学及び卒業の認定に関する事項
(6)学生の試験に関する事項
(7)学生の休学,留学,退学,転学,除籍,再入学,編入学,転学科及び賞罰に関する事項
(8)厚生補導,学生生活等に関する事項
(9)他大学との交流に関する事項
(10)学則の改正に関する事項
(11)その他教育及び研究に関する重要事項
3 教授会に関するその他の事項は,別に定める。
第10章 賞 罰
《表彰》
第37条 学生で学術,技術その他において特に卓越した業績をあげた者があるときは,これを表彰する。
《懲戒》
第38条 学生で本学の秩序を乱し,その他学生としての本分に反した者は懲戒する。
懲戒の処分は次の3種とする。
(1)譴 責
(2)停 学
(3)退 学
173
第39条 学生にして次の各号のいずれかに該当するものには退学を命ずる。
(1)性行不良で改善の見込みがないと認めた者
(2)学業を怠り成業の見込みがないと認めた者
(3)正当な理由がなくして出席常でない者
(4)学校の秩序を乱し,その他学生としての本分に反した者
第40条 学生の表彰又は懲戒は,教授会の議を経て学長が決定する。
第11章 公開講座
《公開講座》
第41条 本学は,必要に応じ情報の理論と応用に関する知識・技術等を普及するため公開講座を開催する。
2 公開講座に関する事項は,別に定める。
第12章 運動部寮及び厚生保健施設
《運動部寮》
第42条 課外活動を通じて学生の教育に資するため運動部寮を設ける。
2 運動部寮に関する事項は,別に定める。
《厚生保健施設》
第43条 学生の健康を増進しその厚生に資するため,医務室,運動場,その他厚生施設を設ける。
2 厚生施設に関する事項は,別に定める。
附 則
この学則は,昭和63年2月1日から施行する。
改正 平成元年4月1日 平成2年4月1日
附 則
1 この改正学則は,平成3年4月1日から施行する。
2 本学に設置する学部学科の学生定員については,第3条の規定にかかわらず,平成3年度から平成11年度までの
間は,次のとおりとする。
学 部
経営情報学部
学 科
入学定員
経 営 学 科
250
情 報 学 科
200
合 計
450
附 則
この改正学則は,平成4年3月1日から施行する。
附 則
この学則は,平成4年4月1日から施行する。
ただし,平成3年度以前に入学した学生については,別表第5整備拡充費を除き,従前の学則の規定を適用する。
附 則
この学則は,平成6年4月1日から施行する。
ただし,平成5年度以前に入学した学生に係る別表第5整備拡充費の額は,従前の学則の規定を適用する。
附 則
この学則は,平成7年4月1日から施行する。
174
附 則
1 この学則は,平成8年4月1日から施行する。
2 第3条及び平成3年4月1日改正学則の附則2の規定にかかわらず,経営情報学部情報文化学科を除く経営情報
学部各学科の入学定員は,平成8年度から平成11年度までの間は,次のとおりとする。
学 部
経営情報学部
学 科
入学定員
経 営 学 科
220
情 報 学 科
170
附 則
1 この学則は,平成9年4月1日から施行する。
2 平成8年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成11年4月1日から施行する。
2 平成10年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成12年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成11年度以前の入学生については,第33条の規定を除き,従前の学則を適用する。
3 本学に設置する学部学科の入学定員については,第3条第2項の規定にかかわらず,平成12年度から平成15年度
までの間は,次のとおりとする。
学 部
学 科
経営情報学部
入 学 定 員
平成13年度
平成14年度
平成15年度
経 営 学 科
211
202
193
184
情 報 学 科
163
156
149
142
情報文化学科
120
120
120
120
494
478
462
446
合 計
諸規則諸規程
平成12年度
附 則
1 この学則は,平成13年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成12年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
3 本学に設置する学部学科の入学定員については,第3条第2項の規定にかかわらず,平成13年度から平成15年度
までの間は,次のとおりとする。
学 部
学 科
経営情報学部
入 学 定 員
平成13年度
平成14年度
平成15年度
経 営 情 報 学 科
148
142
137
環 境 情 報 学 科
144
139
134
情報システム学科
140
135
129
情 報 文 化 学 科
120
120
120
552
536
520
合 計
4 経営情報学部経営学科,情報学科及び情報文化学科については,第3条第2項の規定にかかわらず,平成13年3
月31日に当該学科に在学する者が当該学科に在学しなくなるまでの間,これを存続するものとする。
5 経営情報学部経営学科,情報学科及び情報文化学科の学生が第15条の4に規定する教育職員免許状の取得を希望
する場合は,附則の第1項にかかわらず,別に定める履修の方法により,第15条の4に定める所定の単位の履修・
修得を認めるものとする。
175
附 則
1 この学則は,平成14年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,第18条別表第4は,平成14年度入学志願者から適用する。
附 則
1 この学則は,平成14年11月1日から施行する。
附 則
1 この学則は,平成15年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成14年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
この学則は,平成15年10月1日から施行する。
附 則
1 この学則は,平成16年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成15年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成16年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,第18条別表第4は,平成16年度入学志願者から適用する。
附 則
1 この学則は,平成17年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成16年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成18年4月1日から施行する。
附 則
1 この学則は,平成19年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成18年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
この学則は,平成20年4月1日から施行する。
附 則
この学則は,平成21年4月1日から施行する。
附 則
1 この学則は,平成22年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成21年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成23年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成22年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
3 平成21年度以前の入学生が第15条の5に規定する学芸員の資格取得を希望する場合は,前項にかかわらず,別に
定める履修の方法により,第15条の5に定める所定の単位の履修・修得を認めるものとする。
176
附 則
1 この学則は,平成24年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成23年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成25年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成24年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成26年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成25年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。但し,別表第2に定める授業
科目については,平成25年度入学生にも適用する。
別表第1(第2条関係)
学部・学科・課程
目 的
本学部本学科は,教育理念である現代実学主義の精神に基づき,急速に進展しつつある
総 合 情 報 学 部 情報社会の将来を見据え,その変化に適切に対応できる基礎的学力と応用的知識・技術を
総 合 情 報 学 科 習得し,優れた情報収集,処理,発信能力をもち,情報社会の形成に貢献できる人材の養
成を目指す教育・研究を行う。
本課程は,教育意欲に溢れ,情報,数理及び社会に関する優れた専門知識をもち,学校
総 合 情 報 学 部 現場に対応できる柔軟な教育技能を身につけた教員の養成,ならびに多様な博物館等諸施
教職・学芸員課程 設において,幅広い素養のもとに情報の処理とデザインに優れた技能を発揮できる学芸員
を養成する。
別表第2
(第11条関係),別表第3
(第14条関係),別表第4
(第15条の4関係)
(略)
検 定 料
大学が独自で行う入学試験
30,000円
大学入試センター試験を利用する入学試験
14,000円
※大学入試センター試験を利用する入学試験において,同時に複数の学科を志願する場合,2つ目以降の学科の
検定料は,1学科につき5千円とする。
別表第6(第20条関係)
入 学 金
270,000円
別表第7(第32条関係)
授 業 料
(年額)
1年次
2年次
3年次
4年次
730,000円
760,000円
790,000円
820,000円
改 正 平成元年4月1日
改 正 平成15年4月1日
改 正 平成2年4月1日
改 正 平成15年10月1日
改 正 平成3年4月1日
改 正 平成16年4月1日
改 正 平成4年3月1日
改 正 平成17年4月1日
改 正 平成4年4月1日
改 正 平成18年4月1日
177
諸規則諸規程
別表第5(第18条関係)
改 正 平成6年4月1日
改 正 平成19年4月1日
改 正 平成7年4月1日
改 正 平成20年4月1日
改 正 平成8年4月1日
改 正 平成21年4月1日
改 正 平成9年4月1日
改 正 平成22年4月1日
改 正 平成11年4月1日
改 正 平成23年4月1日
改 正 平成12年4月1日
改 正 平成24年4月1日
改 正 平成13年4月1日
改 正 平成25年4月1日
改 正 平成14年4月1日
改 正 平成26年4月1日
改 正 平成14年11月1日
178
東京情報大学大学院学則
第1章 総 則
《目的》
第1条 東京情報大学大学院(以下 「本大学院」 という。)は,急速に進展しつつある情報社会の将来を見据え,情
報に関する広範かつ高度な専門知識を有し,創造性豊かな研究能力及び開発能力をもつ人材の育成を目指し,現代
実学主義の精神に基づき,経営情報,環境情報,情報システム,情報文化の諸分野における教育・研究を行うこと
を目的とする。
《課程の区分及び修業年限》
第2条 本大学院に標準修業年限を5年とする博士課程を置く。博士課程は,前期2年及び後期3年の課程に区分す
る。
2 前期2年の課程は,これを博士前期課程といい,後期3年の課程を博士後期課程という。
3 博士前期課程は,広い視野に立って精深な学識を授け,専攻分野における研究能力又は高度の専門性を要する職
業等に必要な高度の能力を養うことを目的とする。
4 博士後期課程は,専攻分野について,研究者として自立して研究活動を行い,又はその他の高度に専門的な業務
に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養うことを目的とする。
《自己評価等》
第3条 本大学院は,その教育研究水準の向上を図り,本大学院の目的及び社会的使命を達成するため,本大学院に
おける教育研究活動等の状況について自ら点検及び評価を行うこととする。
2 前項の点検及び評価を行うため,本大学院に自己点検評価委員会を置く。
3 前項の委員会に関する事項は,別に定める。
諸規則諸規程
第2章 研究科・専攻・収容定員及び在学年限
《研究科・専攻及び収容定員》
第4条 本大学院に総合情報学研究科を置き,総合情報学専攻を設ける。
2 前項の専攻の収容定員は,次のとおりとする。
研究科名
専 攻 名
総合情報学研究科
総合情報学専攻
博士前期課程
博士後期課程
入学定員
収容定員
入学定員
収容定員
15名
30名
3名
9名
《在学年限》
第5条 学生は,博士前期課程にあっては4年,博士後期課程にあっては6年を超えて在学することができない。
第3章 教育課程及び履修方法
《教育方法及び授業科目》
第6条 本大学院の教育は,授業科目の授業及び学位論文の作成等に対する指導(以下 「研究指導」 という。)によっ
て行うものとする。
2 本大学院において開設する授業科目は別表第1のとおりとする。
3 授業科目の選択にあたっては,予め指導教授及び指導准教授の指示を受けなければならない。
179
《学習の評価》
第7条 授業科目を履修した者に対しては,試験の上,その合格者に所定の単位を与える。
2 学業成績の評価は,優,良,可,不可をもって示し,優,良及び可を合格とし,不可を不合格とする。
《単位の計算方法》
第8条 各授業科目に対する単位数の計算方法については,東京情報大学学則第13条の規定を準用する。
《教育職員免許状の取得及び種類》
第8条の2 本大学院に在籍し教育の免許状授与の所要資格を取得しようとする者は,教育職員免許法及び教育職員
免許法施行規則に基づき,本学で定める所要の単位を修得しなければならない。
2 取得できる教員免許状の種類及び教科は,別表第2 のとおりとする。
3 第1項の履修方法等については,別に定める。
《他の大学院,研究所等における学修》
第9条 本大学院が教育上有益であると認めるときは,他の大学院との協議に基づき,学生は当該大学院の授業科目
を履修することができる。
2 前項により履修し修得した単位は10単位を超えない範囲で本大学院の修了に必要な単位に算入することができる。
3 他の大学院での履修期間は,原則として1年以内とする。ただし,特別の理由がある場合には,協議の上,さら
に1年に限り延長することができるが,履修の期間は,通算して2年を超えることはできない。
4 他の大学院での履修期間は,大学院の在学年限に算入する。
第10条 本大学院が教育上有益であると認めるときは,学生は他の大学院又は研究所等において必要な研究指導を受
けることができる。
2 前項により研究指導を受ける期間は,博士前期課程の学生については,1年を超えないものとする。
第11条 前2条の規定により,履修又は研究指導を受けることを希望する者は,研究科委員会の議を経て,学長の許
可を得なければならない。
第4章 課程修了の要件及び学位
《博士前期課程修了の要件》
第12条 博士前期課程修了の要件は,2年以上在学し,所定の授業科目について34単位以上を修得し,かつ必要な研
究指導を受けた上,修士論文の審査及び最終試験に合格することとする。ただし,在学期間に関しては,優れた業
績を上げた者については,1年以上在学すれば足りるものとする。
2 前項の最終試験は,所定の単位を修得し,かつ学位論文を提出した者につき,学位論文を中心として,これに関
連する科目等について行うものとする。
3 第1項において,本研究科の目的に応じ適当と認められるときは,特定の課題についての研究の成果をもって修
士論文の審査に代えることができるものとする。
《博士後期課程修了の要件》
第13条 博士後期課程修了の要件は,3年以上在学し,必要な研究指導を受けた上,博士論文の審査及び最終試験に
合格することとする。ただし,在学期間に関しては,優れた業績を上げた者については,1年(前条第1項ただし
書の規定による在学期間1年をもつて博士前期課程を修了した者は2年)以上在学すれば足りるものとする。
2 前項の最終試験は,学位論文を提出した者につき,学位論文を中心として,これに関連する科目等について行う
ものとする。
《学位論文の審査》
第14条 学位論文は,在学期間中に提出し,研究科委員会の議を経て審査を終了するものとする。
《学位論文審査委員》
第15条 学位論文の審査は,研究科委員会において,指導教授及び指導准教授から2名以上と関連科目担当教員又は
学外適任者の中から1名以上の審査委員を選定し,これに当たらせる。
《審査要旨の提出》
第16条 前条の審査委員は,論文の審査についての意見を記載した審査要旨を研究科委員会に提出し,審議を受けな
ければならない。
180
《学位の授与》
第17条 本大学院の博士前期課程を修了した者には,修士(総合情報学)の学位を授与する。
2 本大学院の博士後期課程を修了した者には,博士(総合情報学)の学位を授与する。
3 前2項にかかわらず,学位論文が特定の分野あるいは学際領域分野の論文であると判定された場合は,学位名を
当該分野の名称に変えて学位を授与することができるものとする。
4 前3項の学位の授与に関することについて,本学則に定めるほかは,学位規程の定めるところによる。
《論文博士》
第18条 本大学院において,博士課程を経ることなくして博士論文を提出する者には,博士課程における学位授与の
方法に準じて,学位を授与することができる。
2 前項における学位授与については,別に定める学位規程によってこれを行う。
第5章 入学,休学,退学,転学,除籍,再入学,編入学
《入学時期及び入学資格》
第19条 入学の時期は,4月1日とする。
第20条 博士前期課程に入学する資格のある者は,次の各号の一に該当する者とする。
(1)大学を卒業した者
(2)学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者
(3)外国において学校教育における16年の課程を修了した者
(4)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育におけ
る16年の課程を修了した者
(5)我が国において,外国の大学の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育
施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者
(6)専修学校の専門課程で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
(7)文部科学大臣の指定した者
(8)大学に3年以上在学し,又は外国において学校教育における15年の課程を修了し,本大学院において,所定の
(9)本大学院において,個別の入学資格審査により,大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で,22
歳に達したもの
2 博士後期課程に進学又は入学する資格のある者は,次の各号のいずれかに該当する者とする。
(1)修士の学位又は専門職学位を有する者
(2)外国において修士の学位又は専門職学位に相当する学位を授与された者
(3)外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修し,修士の学位又は専門職学位に相当する
学位を授与された者
(4)我が国において,外国の大学院の課程を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教
育施設であって,文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し,修士の学位又は専門職学位に相当す
る学位を授与された者
(5)文部科学大臣の指定した者
(6)本大学院において,個別の入学資格審査により,修士の学位又は専門職学位を有する者と同等以上の学力があ
ると認めた者で,24歳に達したもの
《入学者の選考》
第21条 入学志願者については,専門の科目について学科試験及び口述試験を行い,出身大学から提出される学業成
績調査書における専門科目に関する成績とを総合して,選考の上入学を許可する。
《入学手続》
第22条 入学志願者は,指定の期日までに所定の様式に従い,入学願書,出身大学の学業成績調査書,健康診断書及
び写真に検定料を添えて提出しなければならない。
第23条 入学を許可された者は,指定の期日までに在学誓約書を提出し,入学金,授業料,その他の納付金を納入し
181
諸規則諸規程
単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
なければならない。
《休学,退学,転学,除籍,再入学,編入学》
第24条 休学,退学,転学,除籍,再入学及び編入学に関する規定は,東京情報大学学則第25条,第27条,第28条,
第29条,第30条及び第31条の規定を準用する。
第6章 検定料,入学金,授業料,その他の学費
《検定料》
第25条 入学検定料は,別表第3のとおりとする。
《入学金》
第26条 入学金は,別表第4のとおりとする。
《授業料,その他》
第27条 授業料は,別表第5のとおりとし,4月及び9月の2期に分けて納入することができる。ただし,原級にと
どまる場合は,その在籍する当該年次生の入学時に定められた授業料を適用する。
第28条 演習費は,別表第6のとおりとし,4月及び9月の2期に分けて納入することができる。ただし,原級にと
どまる場合は,その在籍する当該年次生の入学時に定められた演習費を適用する。
第28条の2 整備拡充費は,別表第7のとおりとし,4月及び9月の2期に分けて納入することができる。ただし,
原級にとどまる場合は,その在籍する当該年次生の入学時に定められた整備拡充費を適用する。
第29条 授業料,その他の学費で一旦納入されたものは,一切還付しない。
《学位論文審査料》
第30条 博士の学位を得ようとする者は,学位論文に次の各号の審査料を添えて提出しなければならない。
(1)博士課程による者審査料は免除
(2)博士課程を経ないで論文を提出する者 300,000円
(3)博士課程に最低学年数以上在学し,所要の単位を修得して退学した者が論文を提出するとき
ア 退学したときから1年以内の場合 審査料は免除
イ 1年を超えて,7年以内の場合 150,000円
ウ 7年を超えた場合 本条第2号を適用
第7章 教員組織及び運営組織
《授業及び研究指導の担当》
第31条 本大学院における授業及び研究指導は,大学院総合情報学研究科委員会において選任した本学の教授,特任
教授及び准教授が担当する。ただし,必要がある場合には,助教に授業及び研究指導を担当させることができる。
2 研究指導を担当する教授及び特任教授を指導教授,また准教授を指導准教授と称する。
3 必要により,他の大学院教員有資格者に授業の担当を依頼することができる。
《研究科委員会》
第32条 本大学院に大学院総合情報学研究科委員会(以下 「研究科委員会」 という。)を置く。
2 研究科委員会は,大学院総合情報学研究科の指導教授をもって組織する。
3 前項の規定にかかわらず,博士論文の審査に関する事項及び博士後期課程に関する事項を審議する研究科委員会
は,博士後期課程の指導教授をもって組織する。
第33条 研究科委員会は,総合情報学研究科委員長が主宰し,本大学院に係る次の事項を審議する。
(1)研究及び指導に関する事項
(2)教員の人事に関する事項
(3)学位論文の審査及び課程修了の合否に関する事項
(4)授業科目の編成及び担当に関する事項
(5)指導教授及び指導准教授の選任に関する事項
182
(6)研究科委員長の選出に関する事項
(7)試験に関する事項
(8)学生の入学,休学,退学,転学,除籍,再入学,編入学及び賞罰に関する事項
(9)他の大学院,研究所等における学修に関する事項
(10)大学院学則改正に関する事項
(11)その他研究科運営に関する重要事項
2 研究科委員会に関する規程は,別に定める。
第8章 研究生,科目等履修生及び委託生
《研究生》
第34条 本大学院において特定事項を研究しようとする者があるときは,研究科委員会の議を経て,研究生として許
可することができる。
2 研究生の在籍期間は3月以上1年までとし,引き続き研究を希望する場合はあらためて研究科委員会の議を経な
ければならない。
《科目等履修生》
第35条 本大学院の学生以外の者で,一又は複数の授業科目の履修を願い出る者があるときは,学生の学修をさまた
げない場合に限り,研究科委員会の議を経て,科目等履修生(以下「履修生」という。)として許可することができ
る。
2 履修生は,その履修した授業科目について試験を受けることができる。試験に合格した履修生には,その授業科
目の所定の単位を与える。
3 履修生に関し本学則に定めるほかは,東京情報大学科目等履修生規程を準用する。
《委託生》
第36条 他の大学院の学生で,その大学院の委託により本大学院における授業科目中,特定の授業科目について研究
を委託された学生があるときは,研究科委員会の議を経て,委託生として許可することがある。
2 官公庁又は研究所等からの委託による場合も前項と同様とする。ただし,そのときは,所属機関の委託書を提出
《選考料,登録料》
第37条 研究生,履修生又は委託生として在籍を希望するときは,履歴書及び本大学院所定の願書に必要事項を記載
し,選考料10,000円を添えて願い出なければならない。
第38条 研究生,履修生又は委託生として在籍を許可された者は,在籍誓約書とともに登録料30,000円を所定期間内
に納入しなければならない。
《指導料,履修料,その他》
第39条 研究生及び委託生の指導料は別に定める。
2 履修生は,履修料として一単位につき,15,000円を所定期間内に納入しなければならない。
第9章 学年,学期及び休業日
《学年,学期》
第40条 学年は,4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。学年は,前期と後期に分け,前期は毎年4月1日から9
月30日まで,後期は10月1日から翌年3月31日までとする。
《休業日》
第41条 休業日は次のとおりとする。ただし,特に必要がある場合は,休業期間中においても授業を行うことができ
る。
(1)日曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する休日
(2)学校法人の創立記念日(3月6日)
(3)創立記念日(12月23日)
183
諸規則諸規程
しなければならない。
(4)春季休業 3月21日から3月31日まで
(5)夏季休業 7月21日から9月20日まで
(6)冬季休業 12月25日から1月7日まで
2 学長が必要と認めるときは,休業日を変更し,又は臨時に休業日を定めることができる。
第10章 その他
《規定の準用》
第42条 本大学院運営に必要な事項で,本学則に定めのない事項については,東京情報大学学則の規定を準用する。
附 則
この学則は,平成4年4月1日から施行する。
附 則
この学則は,平成6年4月1日から施行する。
附 則
この学則は,平成7年4月1日から施行する。
附 則
この学則は,平成8年4月1日から施行する。
附 則
1 この学則は,平成11年4月1日から施行する。
2 平成10年度以前の修士課程の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成12年4月1日から施行する。
2 平成11年度入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
この学則は,平成13年4月1日から施行する。
附 則
1 この学則は,平成14年4月1日から施行する。
2 平成13年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成17年4月1日から施行する。
2 平成16年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
1 この学則は,平成18年4月1日から施行する。
附 則
1 この学則は,平成19年4月1日から施行する。
2 平成18年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
184
附 則
1 この学則は,平成20年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成19年度以前の入学生については,従前の学則を適用する。
附 則
この学則は,平成21年4月1日から施行する。
附 則
この学則は,平成24年10月1日から施行する。
附 則
この学則は,平成26年4月1日から施行する。
別表第1(第6条関係)
(略)
別表第2(第8条の2関係)
免許状の種類及び教科
専 攻
課 程
総合情報学専攻
博士前期課程
中学校教諭専修免許状
高等学校教諭専修免許状
数学・社会
情報・商業・数学・公民
別表第3(第25条関係)
検 定 料
30,000円
入 学 金
諸規則諸規程
別表第4(第26条関係)
270,000円
別表第5(第27条関係)
授 業 料
(年 額)
博士前期課程
博士後期課程
1年次
2年次
1年次
2年次
3年次
780,000円
810,000円
840,000円
870,000円
900,000円
別表第6(第28条関係)
演 習 費
(年 額)
博士前期課程
博士後期課程
1年次
2年次
1年次
2年次
3年次
160,000円
160,000円
160,000円
160,000円
160,000円
別表第7(第28条の2関係)
整備拡充費
(年 額)
博士前期課程
博士後期課程
1年次
2年次
1年次
2年次
3年次
150,000円
150,000円
100,000円
100,000円
100,000円
185
改 正 平成6年4月1日
改 正 平成7年4月1日
改 正 平成8年4月1日
改 正 平成11年4月1日
改 正 平成12年4月1日
改 正 平成13年4月1日
改 正 平成14年4月1日
改 正 平成17年4月1日
改 正 平成18年4月1日
改 正 平成19年4月1日
改 正 平成20年4月1日
改 正 平成21年4月1日
改 正 平成24年10月1日
改 正 平成26年4月1日
186
東京情報大学学位規程
《目的》
第1条 学位規則(昭和28年文部省令第9号)第13条に基づき,東京情報大学(以下 「本学」 という。)の学位の授
与に関して必要な事項を定める。
《授与学位の種類》
第2条 本学において授与する学位は,学士,修士及び博士とし,それぞれ次のとおりとする。
(1)学士(総合情報学)
(2)修士(総合情報学)
(3)博士(総合情報学)
2 前項第2号及び第3号の学位については,学位論文が特定の分野あるいは学際領域分野の論文であると判定され
た場合は,前項の規定にかかわらず,学位名を当該分野の名称に変えることができるものとする。
《授与要件》
第3条 学士の学位は,本学総合情報学部に4年以上在学し,学科所定の授業科目を履修して所定の単位を修得し,
卒業した者に授与する。
第4条 修士の学位は,本学大学院総合情報学研究科博士前期課程に2年以上在学し,所定の授業科目を履修して所
定の単位を修得し,かつ必要な研究指導を受けた上,修士論文の審査及び最終試験に合格して,課程を修了した者
に授与する。ただし,在学期間に関しては,優れた業績を上げた者については,1年以上在学すれば足りるものと
する。
第5条 博士の学位は,本学大学院総合情報学研究科博士後期課程に3年以上在学し,必要な研究指導を受けた上,
博士論文の審査及び最終試験に合格して,課程を修了した者に授与する。ただし,在学期間に関しては,優れた業
績を上げた者については1年(博士前期課程を在学期間1年をもって修了した者は2年)以上在学すれば足りるも
のとする。
《論文博士》
第6条 大学院学則第20条に規定する博士課程を経ないで博士論文を提出する者には,この規程の定めるところによ
2 前項に規定する者が博士論文を提出するときは,別表様式第1による学位申請書に博士論文,博士論文の要旨,
参考論文のあるときは当該参考論文,履歴書及び研究歴各2通並びに第7条に規定する審査料を添えて提出するも
のとする。
3 博士論文の受理は,研究科委員会の議を経て,学長が決定する。
4 博士論文を受理したときは,学位論文の審査のほか,これに関連する科目等について,本大学院の博士課程で所
定の単位を修得した者と同等以上の学力を有することの確認を行う。
5 本条第1項により博士論文を提出した者が,本大学院の博士課程で所定の単位を修得した者であるときは,前項
の確認を免除する。
6 博士論文の審査は,本規程第9条及び第10条の定めるところによる。
7 博士論文の審査は,当該論文を受理してから,原則として1年以内に終了するものとする。
《論文審査料》
第7条 博士の学位を得ようとする者は,学位論文に次の各号の審査料を添えて提出しなければならない。
(1)博士後期課程による者 審査料は免除
(2)博士後期課程を経ないで論文を提出する者 300,000円
(3)博士後期課程に最低学年数以上在学し,所定の単位を修得して退学した者が論文を提出するとき
ア 退学したときから1年以内の場合 審査料は免除
イ 1年を超えて,7年以内の場合 150,000円
ウ 7年を超えた場合 本条第2号を適用
《論文審査の申請》
第8条 修士又は博士論文の審査を申請する者は,別表様式第2による修士又は博士論文審査申請書に論文及び論文
187
諸規則諸規程
り,審査の上,学位を授与する。
要旨を添え,指定の期日までに研究科委員長に提出しなければならない。
2 提出する論文は,1編とし,正本1部,副本2部とする。
3 審査のため必要があるときは,参考資料の提出を求めることがある。
《論文審査の付議》
第9条 研究科委員長は,前条に定める修士又は博士論文審査の申請を受理したときは,その審査を研究科委員会に
付議しなければならない。
《審査委員》
第10条 前条の規定により論文の審査を付議された研究科委員会は,審査を行う論文ごとに,その論文の内容に応じ
た指導教授2名以上と関連科目担当教員又は学外適任者の中から1名以上の審査委員を選定し,審査を付託する。
なお,審査委員のうち1名は,原則として当該学生の指導教授とする。
《論文審査及び最終試験》
第11条 審査委員は,論文の審査及び最終試験に関する事項を担当する。
2 最終試験は,論文の審査が終了した後,提出された学位論文を中心として,これに関する科目等について行う。
3 修士の学位論文の審査及び最終試験は,在学中に終了する。
4 博士の学位論文の審査及び最終試験は,原則として在学中に終了する。
《審査結果の報告》
第12条 審査委員は,修士又は博士論文の審査及び最終試験の終了後,速やかに論文要旨及び最終試験の成績並びに
学位授与に対する意見を取りまとめ,文書をもつて研究科委員会に報告しなければならない。
《最終審査及び報告》
第13条 研究科委員会は,前条の報告に基づいて最終審査を行い,研究科委員会規程第6条第2項の規定により,学
位授与の可否を議決する。
第14条 研究科委員会が前条の議決をしたときは,研究科委員長は,その結果を文書をもって学長に報告しなければ
ならない。
《学位の授与と学位記の交付》
第15条 学長は,前条の報告に基づき,学位を授与すると認定した者に対して,修士又は博士の学位を授与し,学位
記を交付する。
2 学長は,本学学則の規定に基づき,卒業と認定した者に対して,学士の学位を授与し,学位記を交付する。
《論文要旨等の公表》
第16条 本大学院は,博士の学位を授与した日から3月以内に,その論文内容の要旨及び論文審査の要旨をインター
ネットの利用により公表する。
2 博士の学位を授与された者は,当該博士の学位を授与された日から1年以内に,当該博士の学位の授与に係る論
文の全文を公表しなければならない。ただし,当該博士の学位を授与される前に既に公表してあるときは,この限
りでない。
3 前項の規定にかかわらず,博士の学位を授与された者は,やむを得ない事情がある場合には,本学の承認を受け
て,当該博士の学位の授与に係る論文の全文に代えてその内容を要約したものを公表することができる。この場合
において,本学は,その論文の全文を求めに応じて閲覧に供するものとする。
4 博士の学位を授与された者が行う前二項の規定による公表は,本学の協力を得て,インターネットの利用により
行うものとする。
《学位の名称》
第17条 学位の授与を受けた者が,学位の名称を用いるときは,本学の名称を付記するものとする。
《学位授与の取消》
第18条 学位を授与された者が,その名誉を汚辱する行為をしたとき,又は不正の方法により学位の授与を受けたこ
とが判明したときは,学長は,学士の学位にあっては教授会の,修士又は博士の学位にあっては研究科委員会の,
それぞれ議を経て学位の授与を取り消すことがある。
《博士の学位の報告》
第19条 本学において,博士の学位を授与したときは,学長は,省令により,当該学位を授与した日から3月以内に,
別表様式第3による学位授与報告書を文部科学大臣に提出するものとする。
188
《学位記等の様式》
第20条 学位記の様式は,別表様式第4のとおりとする。
《実施細則》
第21条 この規程に定めるもののほか,この規程の運用に関して必要な事項は,学士の学位については教授会におい
て,修士又は博士の学位については研究科委員会において定めるものとする。
附 則
この規程は,平成4年4月1日から施行する。
附 則
1 この規程は,平成11年4月1日から施行する。
2 平成10年度以前の入学生については,従前の規程を適用する。
附 則
1 この規程は,平成13年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず,平成12年度以前の入学生については,従前の規程を適用する。
附 則
この規程は,平成14年3月1日から施行する。
附 則
1 この規程は,平成17年4月1日から施行する。
2 平成16年度以前の入学生については,従前の規程を適用する。
附 則
1 この規程は,平成25年4月1日から施行する。
2 平成24年度以前の入学生については,従前の規程を適用する。
諸規則諸規程
(別様式関係)
(略)
189
東京情報大学特別聴講学生規程
《趣旨》
第1条 この規程は,東京情報大学学則第34条の2第2項の規定に基づき,特別聴講学生(以下「聴講学生」という。)
について必要な事項を定める。
《出願資格》
第2条 聴講学生として出願できる者は,東京情報大学学則に定める入学資格を有する者であり,かつ,当該協定校
に在籍する者とする。
《出願書類》
第3条 聴講学生として出願する者は,次の各号に定める書類を提出しなければならない。
(1)出願票(本学所定用紙)
(2)在籍証明書
(3)その他本学が必要と認めた書類
《出願受付期限》
第4条 聴講学生の出願受付期限は,履修開始年度の4月末日までとする。
《履修許可》
第5条 聴講学生の履修許可は,予め定める授業科目及び人数を勘案して行うものとし,教授会の議を経て学長が許
可する。
《履修期間》
第6条 聴講学生の履修期間は,許可された年度の当該授業科目の開講期間とする。
2 聴講学生として引き続き次年度に履修を希望する場合は,改めて出願しなければならない。
《提出書類及び納入金》
第7条 聴講学生として許可された者は,次の書類とともに納入金を本学所定の期間内に納入しなければならない。
(1)履修申込書(本学所定用紙)
(2)誓約書(本学所定用紙)
(3)写真提出票(写真2枚添付)
(4)履修料(1単位につき4,000円)
2 一旦納入した納入金は,いかなる理由があっても一切返還しない。
《試験及び成績》
第8条 聴講学生は,履修した授業科目について試験を受けることができる。その成績については,試験の合否にか
かわらず,本人及び当該大学に通知する。
《証明書》
第9条 聴講学生の修得した単位は,当該大学において認定されるものであることに鑑み,聴講学生に対して 「単位
修得証明書」 の交付は行わない。
2 「通学証明書」,「学校学生生徒旅客運賃割引証明書」 の交付もこれを行わない。
《施設の利用》
第10条 聴講学生は,科目履修上必要な施設等利用の便宜を受けることができる。
《許可取消》
第11条 聴講学生がその本分に反する行為があつたときは,教授会の議を経て,学長が許可を取り消す。
《学則の準用》
第12条 聴講学生については,本規程に定めるもののほかには,学則を準用する。
附 則
この規程は,平成11年4月1日から施行する。
190
東京情報大学試験実施内規
《目的》
第1条 この内規は,東京情報大学学則第22条に基づき試験に関し必要な事項を定める。
《試験の種類》
第2条 試験は,定期試験,平常試験及び追試験とし,その他必要に応じて臨時試験を行う。
《試験時間》
第3条 試験時間は,原則として60分間とする。
2 授業科目によっては,前項の試験時間を変更して行うことがある。
《学生証の携帯》
第4条 試験を受験する者は,必ず学生証を携帯しなければならない。したがつて,学生証を携帯しない者は受験で
きない。
2 試験当日,学生証を忘れた場合は,仮学生証を学生証として代替することができる。
3 仮学生証は,当該発行日のみ有効とする。
《試験場・遅刻・退場》
第5条 受験者は,試験時間割表に従い,所定の試験場で受験しなければならない。
2 試験場への入場は,試験開始後15分まで許可する。
3 試験場からの退場は,試験開始後30分を経過しなければ認めない。
《退場命令》
第6条 試験場において,監督者の指示に従わない者については,監督者は退場を命じることができる。
《受験資格》
第7条 次の各号に該当する者は,試験を受験する資格を有しない。
(1)学費未納者(学費延納の許可者を除く)
(2)休学中の者
(3)履修登録をしていない者(履修登録不備により登録が無効となったものを含む)
諸規則諸規程
(4)各授業担当者が不適当と認めた者
(5)追試験,再試験,臨時試験については,その手続きを行わなかつた者
《定期試験》
第8条 定期試験は,学事暦に示された学期末または学年末の試験期間中に実施する。
《試験の日時・方法》
第9条 定期試験の日程等は,試験開始日のおおむね2週間前に発表する。
《平常試験》
第10条 平常試験は,各授業担当者が,定期試験期間以外の平常の授業時間中に実施する。
《試験の日時・方法・
第11条 平常試験の実施に関しては,当該授業担当者の定めるところによる。
《追試験》
第12条 定期試験を止むを得ない事由によつて欠席した者に対して追試験を実施する。追試験を受験しようとする者
は,指定された期間中に欠席の事由を証明する公的書類を添えて 「追試験願」 を提出しなければならない。
191
《受験資格及び添付書類等》
第13条 追試験に該当する欠席事由は以下のとおりとする。
類 別
病
添付書類等
気
病院の領収書または医師の診断書
忌 引(3親等まで)
死亡に関する公的証明書
災 害(水害・火災)
官公庁によるり災証明書
交通機関の事故・遅延
交通機関発行の遅延証明書等
就職のための試験
官公庁・企業発行の受験票等
単位互換校の試験
単位互換校発行の試験日程表等
そ
追試験受験資格審査による
の
他
2 追試験受験資格審査は,教務委員,当該授業担当者および学生教務課長の協議による。
《受験科目の制限》
第14条 追試験の受験科目は,各試験期間において8科目を上限とする。
《試験の日時・方法》
第15条 追試験の日時・方法等は,試験開始日のおおむね3日前に発表する。
《臨時試験》
第16条 定期試験,追試験のほか教授会が必要と認めた場合に臨時試験を行うことがある。
《不正行為による処分》
第17条 試験中に不正行為を行つた者に対しては,退場を命ずる。さらに,当該試験期間中の受験資格を一切与えず,
既に受験した科目についても全て無効とする。
また,学則により処分することがある。
《成績の評価》
第18条 各授業科目の成績は,100点を満点とし,60点以上を合格,60点未満を不合格とする。
附 則
この内規は,平成元年1月24日から施行する。
附 則
1 この内規は,平成11年4月1日から施行する。
2 平成10年度以前の入学者については,第13条の定めを除き,従前の内規を適用する。
附 則
この内規は,平成25年4月1日から施行する。
改 正 平成3年7月16日
改 正 平成6年4月1日
改 正 平成7年5月1日
改 正 平成9年4月1日
改 正 平成11年4月1日
改 正 平成25年4月1日
192
千葉県私立大学(短期大学を含む。)及び
放送大学間の単位互換に関する包括協定書
千葉県私立大学(短期大学を含む。)及び放送大学間の単位互換に関する包括協定に参加する各大学(短期大
学を含む。)(以下 「各大学」 という。)は,大学設置基準第28条第1項及び短期大学設置基準第14条第1項に基
づき,各大学の学生が他の各大学の定める授業科目の履修を認め,単位互換を実施することとし,次の事項につ
いて合意に達したのでここに協定書を取り交わす。
《受け入れ》
第1条 各大学の学生が,他の各大学が定める授業科目の履修(以下 「科目履修」 という。)及び単位の修得を希望
するときは,受け入れ大学の学長は,教育研究上支障のない限り当該学生を受け入れるものとする。
《特別聴講学生》
第2条 各大学は,前条により受け入れた学生を「特別聴講学生」として取り扱う。
《履修期間》
第3条 特別聴講学生の履修期間は,放送大学においては,一学期間毎とし,他の各大学においては,1年以内とす
る。
《授業科目の範囲及び単位数,学生数,受け入れ条件》
第4条 特別聴講学生として履修できる授業科目の範囲,修得できる単位数,受け入れ学生数及び受け入れ条件につ
いては,各大学が個別に定め,当該年度開始の必要な時期までに他の各大学に通知するものとする。
《受け入れ手続》
第5条 特別聴講学生として科目履修を希望する学生は,学生が所属する各大学を経由して,受け入れ各大学に,所
定の手続きを行う。
《科目履修及び単位修得の方法》
第6条 特別聴講学生の科目履修及び単位修得の方法は,受け入れ各大学の学生の取り扱いに準ずるものとする。
第7条 受け入れ各大学は,特別聴講学生の成績について,当該学生及び特別聴講学生の所属する各大学に報告する
ものとする。
《単位の認定》
第8条 特別聴講学生の所属する各大学は,前条の報告に基づき,当該大学の定めるところにより単位を認定する。
《授業料等費用の取扱方法》
第9条 授業料等の費用の取扱いは,次のとおりとする。
① 受け入れ各大学は,当該大学の定める額の授業料を徴収し,検定料及び入学料は徴収しない。
② 授業料は,受け入れ各大学の定める期日までに納入しなければならない。
③ 既納の授業料は,原則として返還しない。
第10条 この協定に定めることのほか,必要な事項については,参加する各大学間において協議するものとする。
附 則
この協定は,平成9年10月27日から施行する。
平成11年1月19日 一部改正
193
諸規則諸規程
《成績の報告》
千葉県私立大学(短期大学を含む。)間の
単位互換に関する実施要項
1 授業科目及び受け入れ学生数の決定
各大学は,特別聴講学生として履修できる授業科目及び受け入れ学生数については,前年の12月までに決定する。
2 募集要項の作成
各大学は,特別聴講学生について募集要項を作成し,2月末日までに他の各大学へ通知する。
募集要項には,当該大学が実施する単位互換の実施方法(出願条件,授業科目,単位数,曜日,時間,受け入れ
学生数,履修期間,試験,出願手続,出願期間,授業料,施設の利用,その他)を記載する。
3 受け入れ依頼及び通知
所属する大学は,学生の出願に基づき,原則として前期にあっては4月20日までに,後期にあっては9月20日ま
でに,受け入れ大学へまとめて受け入れ依頼を行う。受け入れ大学は,特に支障のない限り,すみやかに所属する
大学へ受け入れる旨の通知をする。
4 入学手続
特別聴講学生として許可された者は,受け入れ大学へ所定の期日までに履修登録及び諸手続きを行うとともに,
授業料を納入しなければならない。
5 学生証の交付
受け入れ大学は,特別聴講学生に対して,学生証を発行する。
6 試験の実施
受験上の取扱い及び追試験・再試験の実施等については,受け入れ大学の定めによる。
7 成績の通知
受け入れ大学は,所属する大学へ卒業年次生については2月20日,それ以外の学生については3月20日までに成
績を通知する。
8 休学,退職等の通知
学生が休学,退職等身分に異動があった場合は,所属する大学は受け入れ大学へ通知する。
9 成績管理
受け入れ大学は,特別聴講学生の成績原簿を保管する。
10 この実施要項によりがたいものがある場合は,単位互換を実施する当該大学間で協議する。
11 この実施要項は,平成10年度特別聴講学生から実施する。
附 則
1.この実施要項は,平成9年10月27日から施行する。
2.平成10年11月26日,総会において2項,3項の一部を改正
194
東京情報大学と放送大学との間における
単位互換に関する協定書についての覚書
千葉県私立大学(短期大学を含む)及び放送大学間の単位互換に関する協定書第10条の規定に基づき,東京情
報大学と放送大学との間における単位互換の実施に関し,下記の内容が合意に達したので,ここに覚書を取り交
わす。
記
1 受入れ学生数
放送大学が受け入れる学生は,120人程度とする。
2 履修できる授業科目の範囲及び修得できる単位数
(1)履修できる授業科目の範囲
東京情報大学学生が履修できる授業科目は,放送大学で開講するすべての放送及び印刷教材による授業科目の
うち東京情報大学において認めたものとする。
(2)修得できる単位数
東京情報大学学生が,当該学生の在学期間を通じて修得できる単位数は,30単位以内とする。
3 出願の手続及び受入れ予定学生の決定
出願の手続及び受入れ予定学生の決定については,次に掲げる要領により取り扱う。
(1)放送大学に特別聴講学生として出願を希望する者は,定められた期日までに出願票及び所定の書類を東京情報
大学長を経て放送大学長に提出するものとする。
(2)放送大学長は,前号により希望した者のうちから選考し,受入れ予定学生を決定する。
(3)放送大学長は,前号で決定した学生の氏名を東京情報大学長に通知する。
4 受入れの許可
(1)前項第2号により受入れ予定学生と決定した者は,放送大学学則に定める手続を行う。
(3)放送大学長は,前号で許可した学生の氏名を東京情報大学長に通知する。
5 通信指導の再提出及び再試験
放送大学長は,特別聴講学生が放送大学において履修する授業科目の通信指導の再提出及び再試験の受験を,各
1回認める。
6 成績評価及び単位授与の方法
特別聴講学生が放送大学において履修した授業科目の成績の評価及び単位の授与については,放送大学学則の定
めるところによる。
7 授業料
放送大学においては,特別聴講学生の授業料は,放送大学学則に定める額とする。
8 単位認定試験の実施方法
東京情報大学を会場として単位認定試験を実施するに際しては,「放送大学単位認定試験実施要領」に則つて行う
こととする。
9 放送大学は,特別聴講学生が履修上必要な施設・設備の利用については,便宜を供与する。
10 本覚書は,どちらか一方の大学の申出により,協議の上,改定することができる。
平成11年1月19日
東京情報大学長 小 田 稔
放 送 大 学 長 吉 川 弘 之
195
諸規則諸規程
(2)放送大学長は,前号の手続を完了した者に対し特別聴講学生としての受入れを許可する。
東京農業大学と東京情報大学との単位互換
に関する協定書
東京農業大学と東京情報大学は,単位互換を実施することに合意したため,以下のとおり協定書を取り交わす。
(趣旨・目的)
第1条 東京農業大学と東京情報大学は,それぞれの大学の学則に規定する 「他の大学における授業科目の履修等」
(東京農業大学学則第15条の4,東京情報大学則第15条)に基づき,学生に対して多様な学習機会の提供と併せて
相互交流の活性化を図ることを目的に単位互換を実施する。
(単位互換の形態)
第2条 単位互換の形態は,それぞれの大学の定めるところによる。
2 相手大学に滞在し単位を修得することを認める。この場合の学生を「国内留学生」と称する。
(対象となる学生・履修期間)
第3条 対象となる学生は2~4年生とし,履修期間は半年(1学期)とする。ただし,教育上有益と認められる場
合は継続できるものとする。
(受け入れ手続き)
第4条 単位互換を希望する学生は,所属する大学を経由して受け入れ大学に所定の手続きを行う。
(受け入れの許可)
第5条 受け入れの決定は受け入れ大学において行い,その結果を学生が所属する大学に所定の時期までに通知する。
(授業科目の範囲・履修手続き)
第6条 履修できる授業科目の範囲・履修手続きについては,受け入れ大学の定めるところによる。
ただし,原則として実験・実習・演習科目は除く。
(授業の受講及び試験)
第7条 授業の受講及び試験については,受け入れ大学の学生の取り扱いに準ずる。
(成績の報告)
第8条 受け入れ大学は,単位互換の学生の成績について,受け入れ大学の定めるところによりこれを評価し,学生
の所属する大学に所定の時期までに報告する。
(単位認定)
第9条 単位互換により修得した単位は,所属する大学の定めるところによりこれを認定する。
(単位互換に関する経費の取り扱い)
第10条 単位互換に関する経費の取り扱いは次のとおりとする
(1)履修料・登録料は免除する。
(2)「国内留学生」に対する支援については別に定める。
(協議)
第11条 この協定に定めることのほか,必要な事項については,大学間において協議するものとする。
附 則
1 この協定は,平成18年10月1日から施行する。
2 第2条2項については,当面,東京農業大学生物産業学部産業経営学科と東京情報大学総合情報学部情報ビジネ
ス学科間において実施する。
この協定書は2通作成し,それぞれの大学で1通を所持するものとする。
平成18年10月1日
東京農業大学 東京情報大学
学長 大 澤 貫 寿 学長 松 田 藤四郎
196
東京情報大学表彰規程
第1条 東京情報大学学則第37条の定める表彰は,この規程により行う。
2 この表彰は,東京情報大学特別賞(以下 「特別賞」 という。)と称する。
第2条 特別賞は,卒業年次学生で,次の各号のいずれかに該当する者に対し,卒業式において顕彰し,授与する。
(1)優れた人物で,在学中の学業成績(卒業論文等を含む)が極めて優秀な者
(2)スポーツ・文化の部門において,特に抜群の成果をあげ,本大学の名声を著しく高揚した者
(3)在学中に学友会活動や留学生交流活動において,特に重要な活動に携わり,本大学に極めて大きく貢献した者
(4)在学中に学生の模範となる著しい善行があった者又は,本大学内外において公的機関等から表彰を受け,建学
の精神の発揚に努め,本大学の名声を著しく高揚した者
2 前項に定める者とは,第1号では原則として学生個人を,第2号,第3号及び第4号では学生個人又は団体をい
う。
3 特別賞の受賞者には,賞状並びに副賞として記念品を授与する。
第3条 前条に定める特別賞の種類は,次のとおりとする。
(1)東京情報大学学業成績優秀賞
(2)東京情報大学卒業論文優秀賞
(3)東京情報大学スポーツ・文化賞
(4)東京情報大学学生特別功労賞
(5)東京情報大学顕功特別賞
2 前項第1号,第2号,第3号及び第4号に要する経費は,本大学の一般会計支出予算をもってこれに充てる。
3 第1項第5号にかかる経費は,学校法人東京農業大学歴代理事長の寄付金等により設定された基金をもってこれに
充てる。
第4条 前条第1項第1号に定める特別賞の受賞者数は,原則として学科3名とする。
2 前条第1項第2号に定める特別賞の受賞者数は,原則として学科3名とする。
3 前条第1項第3号,第4号及び第5号に定める特別賞の受賞者数は,毎年これを定める。
諸規則諸規程
第5条 特別賞の選考に関する内規は,別に定める。
附 則
1 この規程は,平成16年10月1日から施行する。
2 従前の 「東京情報大学学業成績優秀賞に関する内規」 は廃止する。
附 則
この規程は,平成21年3月1日から施行する。
附 則
1 この規程は,平成25年4月1日から施行する。
2 平成24年度以前の入学生については,従前の規程を適用する。
197
東京情報大学大学院表彰規程
第1条 東京情報大学大学院学則第42条に基づき,東京情報大学大学院の学生に対する表彰は,この規程により行う。
2 この表彰は,東京情報大学大学院特別賞(以下 「大学院特別賞」 という。)と称する。
第2条 大学院特別賞は,修了年次学生で博士前期課程においては修士論文が極めて優秀な者また博士後期課程にお
いては博士論文が学界又は社会的に高い評価を得た者を対象とし,修了式において顕彰し,授与する。
2 前項に定める者とは,原則として学生個人とする。
3 大学院特別賞の受賞者には,賞状並びに副賞として記念品を授与する。
第3条 前条に定める大学院特別賞の種類は,当分の間,次のとおりとする。
(1)東京情報大学大学院論文優秀賞(松田賞)
2 前項にかかる経費は,本大学の一般会計支出予算をもってこれに充てる。
第4条 前条第1項第1号に定める大学院特別賞の受賞者数は,毎年原則として1名とする。
第5条 大学院特別賞の選考に関する内規は,別に定める。
附 則
この規程は,平成20年1月1日から施行する。
198
東京情報大学特待生細則
《主旨》
第1条 東京情報大学総合情報学部の学部生で,人物・学業成績ともに優秀な者は,選考により特待生とする。
《授業料の減免》
第2条 特待生に対しては,学校法人東京農業大学授業料等減免規程第3条に基づき,授業料の減免を行う。
2 前項の減免は,当該年度納付金のうち授業料の半額とする。
《選考》
第3条 特待生の選考は,1年次生については入学試験の成績等を総合的に判定し,2年次生以上については修得単
位等学業成績及び人物を総合的に判定して行う。
《採用数》
第4条 特待生の採用数は,各学年ごとに入学定員の3%以内とする。ただし,1年次生については入学定員の10%
以内とする。
《期間》
第5条 特待生の期間は,当該年度1カ年とする。ただし,継続することを妨げない。
《判定》
第6条 特待生の判定は,当該学科長の推薦に基づき,第10条に定める特待生委員会において行う。ただし,1年次
生の判定については,入試選考委員会で行う。
2 特待生の決定は,入試選考委員会又は特待生委員会の判定結果に基づき,教授会の議を経て,学長が行う。
3 特待生への授業料減免は,学長からの報告に基づいて,理事長がこれを行う。
4 特待生には,採用決定後速やかに採用通知を交付する。
《欠員の補充》
第7条 入学試験合格者で特待生に採用されたものが,入学を辞退しても欠員の補充は行わない。
《届出》
第8条 特待生が次に掲げる各号に該当するときは,速やかに学生部長に届け出なければならない。
(2)退 学
(3)本人の戸籍,住所等身分上の重要事項の変更
《取消》
第9条 特待生が次の各号のいずれかに該当するときは,特待生を取り消す。その場合は,取消後1カ月以内に納入
免除分の授業料を納入しなければならない。
(1)学則に定める懲戒処分を受けたとき。
(2)勉学態度の悪化等により特待生として不適当と学科長が認め,特待生委員会の議を経て,これを学長が決定し
たとき。
(3)正当な理由がなく,第8条に定める届け出を怠ったとき。
《特待生委員会》
第10条 特待生委員会は,学部長,学科長,学生部長,事務局長及び学生教務課長で構成する。
《検討》
第11条 この細則の定めについては,必要あると認めるときは,所要の措置を講ずるものとする。
《事務》
第12条 特待生に関する事務は,学生教務課が行う。
附 則
この細則は,昭和63年4月1日から施行する。
199
諸規則諸規程
(1)休 学
附 則
この細則は,平成元年4月1日から施行する。
附 則
この細則は,平成7年4月1日から施行する。
附 則
この細則は,平成10年4月1日から施行する。
附 則
この細則は,平成13年4月1日から施行する。
附 則
1 この細則は,平成16年4月1日から施行する。
2 平成16年度1年生の採用に限り,従前の細則を適用する。
附 則
1 この細則は,平成23年4月1日から施行する。
2 この細則は,施行の日から起算して3年間(平成26年3月31日まで)効力を有する。
附 則
この細則は,平成26年4月1日から施行し,前年同様平成26年4月1日からも引き続き効力を有するものとする。
200
東京情報大学奨学生規程
― セーフティーネット制度 ―
《目的》
第1条 この規程は,東京情報大学に学籍を有する者で,経済的理由により修学困難な事情が生じた者に対し,経済
援助を行うことにより教育の機会均等に資することを目的とする。
《経済援助の方法》
第2条 経済援助の方法は,学校法人東京農業大学授業料等減免規程第1条第5号の規定に基づく授業料等の減免に
よる奨学金支給により行うものとする。
2 支給する奨学金を東京情報大学奨学金(以下「奨学金」という。)といい,奨学金の支給を受ける者を東京情報
大学奨学生(以下「奨学生」という。)という。
《支給額とその期間》
第3条 奨学金の額は,東京情報大学学則第32条に規定する授業料の2分の1相当額とする。
2 支給期間は,原則として学部4年次1年限りとする。
《申請》
第4条 奨学金の支給を願い出るときは,所定の願書を提出しなければならない。
《審査・決定》
第5条 奨学生の決定は,学生部長が資格を審査し,学長がこれを行う。
《奨学生資格の喪失》
第6条 奨学生が次のいずれかに該当し,奨学生として不適格と認められた場合は,その資格を失うものとする。
(1)退学又は除籍されたとき。
(2)休学したとき。
(3)東京情報大学学則第38条により懲戒処分をうけたとき。
(4)学業成績又は素行が著しく不良となったとき。
(6)提出した書類の内容に虚偽があったとき。
(7)その他奨学生として適当でないと認められたとき。
《奨学金の返還》
第7条 前条により,奨学生資格を喪失した者については,既に支給した奨学金の一部又は全額を返還させることが
できる。
《細則》
第8条 この規程の運用に関し必要な細則は,別に定める。
《事務》
第9条 この規程に関する事務は,学生教務課が行う。
附 則
1 この規程は,平成23年4月1日から施行する。
2 この規程は,施行の日から起算して3年間(平成26年3月31日まで)効力を有する。
附 則
この規程は,平成26年4月1日から施行する。
201
諸規則諸規程
(5)病気で修業の見込みがないとき。
東京情報大学奨学生規程細則
《目的》
第1条 この細則は,東京情報大学奨学生規程(以下「規程」という。)第8条に基づき,この規程の運用に関し必
要な事項を定める。
《出願書類》
第2条 奨学金の支給を願い出る者は,次の書類を学生部長に提出しなければならない.
(1)東京情報大学奨学生願書
(2)家計収入に関する証明書
(3)成績証明書
(4)学科長推薦書
(5)その他大学が提出を求めた書類
《受給資格》
第3条 奨学金の受給資格は,次の各号の全てを満たす者とする。ただし,学長が特に認めた場合はこの限りとしな
い。
(1)基本基準
ア 学部4年次に在籍する者
イ 主たる家計支持者の死亡,生別,失職,病気等により収入が著しく減少又は無くなり,学費納入が困難と認
められる者又は火災,地震,風水害等により罹災し,経済的に困難と認められる者ウ独立行政法人日本学生支
援機構奨学金等の奨学金制度や各種教育ローン等に申請したが不採用になった者
(2)学力基準
ア 前年度のGPAが学科・学年の平均値以上の者で,次の標準修得単位数を修得している者
推薦学年
標準修得単位数
4年次生
100単位
(3)家計基準
ア 独立行政法人日本学生支援機構の基準に準ずる。
《募集の時期》
第4条 奨学金の募集は,原則として第3条に規定する基準が確定する後学期に行う.
《選考・決定》
第5条 奨学生の選考にあたっては,申請者の所属する学科の学科長が第2条に規定する出願書類を添えて,学生部
長へ推薦するものとする。
2 学生部長は,推薦内容を学生部委員会において選考・協議し,選考結果を学長へ報告する。学長はこれを受けて
奨学生を決定する。
《奨学生への通知》
第6条 学生部長は,奨学生が決定されたとき,これを申請者,保証人及び当該学科長に通知する。
《奨学生の数》
第7条 奨学生の人数は,原則16名以内とする。
《奨学金の額・時期・支給方法》
第8条 奨学金の額,時期及び支給方法は,当該年度の授業料の2分の1相当額とし,奨学生決定の通知後,分納2
回目の授業料の納付を免除(減免)することにより行う。
《辞退》
第9条 奨学金を必要としない事由が生じた奨学生は,何時でも辞退を申し出ることができる。
《返納》
第10条 奨学生が次の各号のいずれかに該当し資格を喪失した場合は,1カ月以内に納付免除分の全額を返納しなけ
ればならない。
202
(1)東京情報大学奨学生規程第6条に該当したとき。
(2)勉学態度の悪化等により奨学生として不適当と学科長が認め,学生部委員会の議を経て,これを学長が決定し
たとき。
(3)正当な理由がなく,第11条に定める届け出を怠ったとき。
《異動届》
第11条 奨学生にして次の各号のいずれかに該当する場合には,保証人連署にて直ちに学生部長に届出なければなら
ない。
(1)休学,退学又は除籍の学籍異動があったとき。
(2)本人,保証人の身分,住所その他重要な事項に変更があったとき。
《保証人》
第12条 保証人は,以下の者とする。
(1)保証人は,原則として父又は母(親権者等)とする。
(2)保証人は,奨学生が第10条の適用を受けたとき,授業料の返納について本人と連帯して責任を負うものとする。
《検討》
第13条 この細則の定めについては,必要あると認めるとき,所要の措置を講ずるものとする。
附 則
1 この細則は,平成23年4月1日から施行する。
2 この細則は,施行の日から起算して3年間(平成26年3月31日まで)効力を有する。
附 則
この細則は,平成26年4月1日から施行する。
諸規則諸規程
203
東京情報大学大学院奨学生規程
《目的》
第1条 この規程は,東京情報大学大学院(以下「大学院」という。)に在籍する人物学業ともに優秀な学生に対し,
経済援助を行うことにより,学術研究の奨励と有為な人材育成に資することを目的とする。
《選考・決定》
第2条 奨学生は,総合情報学研究科の推薦する候補者から総合情報学研究科委員会(以下「委員会」という。)の
議を経て,学長が決定する。
《奨学生の種類》
第3条 奨学生は次の各号のいずれかに該当する者とする。
(1)東京情報大学卒業者で本大学院博士課程に入学する者
(2)東京情報大学に3年以上在学し,大学院学則第20条第1項第8号に該当する者で,本大学院博士前期課程に入
学する者
(3)本大学院博士前期課程を修了し,引き続き博士後期課程に進学する者
《奨学生の数》
第4条 奨学生の採用数は前条に該当する者全員とする。
《奨学金の額》
第5条 奨学金額は,大学院学則第26条に規定する入学金の全額相当額とする。
《支給時期》
第6条 奨学金の支給時期は,博士前期課程または博士後期課程の入学時とする。
《奨学生非対象者》
第7条 外国人留学生で,文部省科学省国費留学生または他機関からの留学費支給者は対象としない。ただし,当該
留学費が留学に不充分と認められる場合はこの限りでない。
《奨学生資格の喪失等》
第8条 奨学生が次の一に該当し奨学生として不適格と認められた場合は,その資格を失い奨学金の支給を打ち切る。
(1)休学,退学,または除籍
(2)大学院学則第42条により東京情報大学学則第38条の懲戒処分を受けたとき
(3)学業成績が著しく低下したとき,または学生として素行が好ましくないとき
2 大学院学則第10条第1項により一定期間大学院を離れるときは,委員会の議を経て,支給の可否を学長が決定す
る。
《奨学金の返還》
第9条 前条により奨学生資格を失った者については,すでに支給した奨学金の一部または全部を返還させることが
できる。
2 支給された奨学金は,前項の場合を除き,返還の義務はない。
《規程の改廃》
第10条 この規程の改廃は委員会の議を経て行う。
《細則》
第11条 この規程の運用に関し必要な細則は別に定める。
《事務》
第12条 この規程に関する事務は学生教務課の所管とする。
附 則
この規程は,平成4年4月1日から施行する。
附 則
この規程は,平成11年4月1日から施行する。
204
附 則
この規程は,平成14年4月1日から施行する。
附 則
1 この規程は,平成15年4月1日から施行する。
2 平成14年度以前の入学生については,従前の規程を適用する。
附 則
1 この規程は,平成17年4月1日から施行する。
2 平成16年度以前の入学生については,従前の規程を適用する。
附 則
この規程は,平成22年4月1日から施行する。
附 則
この規程は,平成26年4月1日から施行する。
諸規則諸規程
205
東京情報大学大学院奨学生規程細則
《目的》
第1条 この細則は,東京情報大学大学院奨学生規程(以下「規程」という。)第11条に基づき,規程の運用に関し
必要な事項を定める。
《選考・決定》
第2条 奨学生の選考・決定は,総合情報学研究科委員会(以下「委員会」という。)において,入学試験の合否判
定を行う際に,入学試験の成績及び本学の学部(大学院を含む。)の成績等を基に審議のうえ,学長が決定する。
《奨学生の数》
第3条 奨学生の採用数は,規程第4条の規定のとおり該当者全員とする。
《奨学金の支給方法》
第4条 奨学金の支給方法は,次のとおりとする。
奨学生は,入学時の入学金の全額相当額を減免することによって支給するものとする。
《支給期間》
第5条 奨学金額の支給期間は,規程第6条の範囲内で,途中採用は認めない。
《奨学生資格の喪失等》
第6条 規程第8条に定める奨学生資格の喪失等については,次のとおりとする。
(1)規程第8条第1項第1号又は第2号の該当者については,学籍処理後に学生教務課が学長にその旨を報告し,
奨学生資格を取り消すものとする。
(2)学年進行する奨学生の内,規程第8条第1項第3号に該当しない者としての確認を行うため,学生教務課は毎
年2月末日までに奨学生資格確認書及び学業成績(博士後期課程は除く)を各系列から提出を求める。この条
文に該当する者については,学生教務課は研究科委員長(以下「委員長」という。)と協議し,委員長は委員
会に諮り,学長の決定により奨学生資格を取り消すものとする。
(3)学年途中で規程第8条第1項第3号に該当すると判断される者がいるとき,系列指導教授は学生教務課に報告
する。学生教務課は委員長と協議し,委員長は委員会に諮り,学長の決定により奨学生資格を取り消すものと
する。
(4)規程第8条第2項に該当する者については,学生教務課と委員長が協議し,委員長は委員会に諮り,学長が決
定する。
《奨学金の返還》
第7条 規程第9条第1項により,奨学金の一部又は全部を返還させる場合は,委員会で審議の上,学長が決定する。
《規程の改廃》
第8条 この細則の改廃は,委員会の議を経て行う。
《雑則》
第9条 この細則の運用に関し疑義が生じた場合は,委員会の議を経てこれを定める。
附 則
この細則は,平成4年4月1日から施行する。
附 則
1 この細則は,平成11年4月1日から施行する。
2 平成10年度以前の入学生については,従前の細則を適用する。
附 則
1 この細則は,平成14年4月1日から施行する。
2 平成13年度以前の入学生については,従前の細則を適用する。
206
附 則
1 この細則は,平成15年4月1日から施行する。
2 平成14年度以前の入学生については,従前の細則を適用する。
附 則
1 この細則は,平成17年4月1日から施行する。
2 平成16年度以前の入学生については,従前の細則を適用する。
附 則
1 この細則は,平成22年4月1日から施行する。
2 平成21年度以前の入学生については,従前の細則を適用する。
附 則
この細則は,平成26年4月1日から施行する。
諸規則諸規程
207
東京情報大学未来を切り拓く奨学金規程
《趣旨》
第1条 この規程は,東京情報大学(以下「本学」という。)の建学の理念「未来を切り拓く」に則り,本学大学院
博士後期課程修了後に,大学又は研究機関等において教育研究職に就く人材を育成するため,学部及び大学院在学
中に経済援助を行うことを趣旨として制定する。
2 前項に基づき給付する奨学金は,東京情報大学未来を切り拓く奨学金(以下「奨学金」という。)と称し,奨学
金の給付を受ける者を東京情報大学未来を切り拓く奨学金奨学生(以下「奨学生」という。)という。
《奨学生の資格》
第2条 奨学生は,次のすべてに該当する者とする。
(1)本学学部又は本学大学院に学籍を有する者
(2)本学学部3年次の成績が上位10%以内の者
(3)本学学部卒業後に本学の大学院博士前期課程を経て博士後期課程に進学する者
(4)本学大学院博士後期課程修了後に,大学,研究機関等において教育研究職に就く者
(5)正保証人の所得が別に定める基準以下の経済的修学困難者
《奨学金給付の方法》
第3条 奨学金給付の方法は,学校法人東京農業大学授業料等減免規程に基づく授業料の減免とする。
《奨学金の額及びその給付期間》
第4条 奨学金の額は,本学学部4年次生は授業料半額,本学大学院生は授業料全額とする。
2 奨学金の給付期問は,本学学部在籍者は4年次の1年間,本学大学院博士前期課程在籍者は2年間,本学大学院
博士後期課程在籍者は3年間を限度とする。
《奨学生の人数》
第5条 奨学生の人数は,一年度18人以内とする。
《申請》
第6条 奨学金の給付を受けようとする者は,毎年度,次の申請書類を取扱事務所管に提出しなければならない。
(1)奨学金給付申請書(所定様式)(正保証人及び連帯保証人が署名捺印したもの)
(2)本学大学院博士後期課程修了後に大学,研究機関等の教育研究職に就く決意に係る論述(所定様式)
(3)正保証人の所得証明書(居住地の役所で発行された最新のもの)
(4)指導教員の推薦書
(5)その他の必要書類
《選考・決定》
第7条 奨学生の選考及び決定は,学内に設置する奨学生選考委員会の審議を経て,学長が行う。
《奨学生選考委員会》
第8条 奨学生選考委員会の委員は,学長が指名し,学長が委員長となる。
《奨学生資格の喪失》
第9条 奨学生が次のいずれかに該当し,奨学生として不適格と認められた場合は,その資格を失うものとし,奨学
金の給付を打ち切る。
(1)退学又は除籍されたとき。
(2)休学したとき。
(3)東京情報大学学則第38条により懲戒処分をうけたとき。
(4)学業成績又は素行が著しく不良となったとき。
(5)病気で修業の見込みがないとき。
(6)提出した書類の内容に虚偽があったとき。
(7)その他奨学生として適当でないと認められたとき。
《奨学生資格の復帰》
第10条 前条第2号により,奨学生資格を喪失した者が復学した場合は,願出により奨学金の給付を再開することが
208
できる。
《奨学金の返還》
第11条 第9条により,奨学生資格を喪失し,奨学金給付が不適当と認められた場合は,直ちに当該年度の給付済奨
学金を返還しなければならない。
2 前項にかかわらず,病気その他正当な事由のため返還が困難な者に対しては,願出により相当期間返還を猶予す
ることがある。
3 第1項及び第2項にかかわらず,本人が死亡したとき,その他特別の事情があるときは,願出により奨学金の全
部又は一部の返還を免除することがある。
《事務》
第12条 この規程に関する事務は,学生教務課が行う。
《細則》
第13条 この規程の運用に関し必要な細則は,別に定める。
《規程の改廃》
第14条 この規程の改廃は,教授会の議を経て行う。
附 則
この規程は,平成26年4月1日から施行する。
諸規則諸規程
209
東京情報大学未来を切り拓く奨学金規程細則
《目的》
第1条 この細則は,東京情報大学未来を切り拓く奨学金規程(以下「規程」という。)第13条の規定に基づき,規
程の運用に関し必要な事項を定める。
《奨学生の資格》
第2条 奨学生の資格は,規程第2条に該当する者とする。
2 規程第2条第5号に規定する基準とは,日本私立学校振興・共済事業団の授業料減免事業支援経費の対象基準に
基づくものとする。
《奨学金の給付期間》
第3条 規程第4条第2項に規定する給付期間は,休学期間を含めない。
《奨学金の給付の方法》
第4条 奨学金の給付の方法は,規程第4条第1項に規定する奨学金額を授業料から減免することにより行う。
《奨学生の募集・申請受付》
第5条 当該年度における奨学生は,新規採用者は,毎年9月に募集し,申請を受付ける。
また,継続採用を希望する者は,前年度の1月に募集し,申請を受付ける。
2 奨学金を申請する学生は,規程第6条に掲げる申請書類を学部学生は学科長,大学院学生は大学院研究科委員長
に提出する。学科長又は大学院研究科委員長は,これを学生教務課に提出する。学生教務課はこれを奨学生選考委
員会に付議する。
《申請書類》
第6条 規程第6条第5号に規定するその他の必要書類は,次のものとする。
(1)正保証人の世帯内で複数の所得者がいる場合は,すべての者の所得証明書
(2)成績証明書
(3)学部学生は卒業論文の概要を記した書類,大学院学生は修士論文又は博士論文の概要(研究内容,計画等)を
記した書類
(4)その他
《選考・決定》
第7条 奨学生の選考・決定は,新規採用者は奨学金給付年度の10月末日,継続採用者は奨学金給付年度の前年度
の2月末日までに行うものとする。
2 奨学生の選考・決定にあっては,経済的困窮度等を考慮する。
《奨学生選考委員会》
第8条 規程第8条に規定する奨学生選考委員会(以下「委員会」という。)の委員は,次のとおりとする。
(1)学長
(2)学部長
(3)大学院研究科委員長
(4)学生部長
(5)事務局長
2 委員会は,次の事項を審議する。
(1)奨学金及び奨学生の基準に関すること。
(2)奨学生の選考・決定に関すること。
(3)奨学生資格の喪失・復帰に関すること。
(4)奨学金の返還に関すること。
(5)その他
3 委員会は,委員総数の3分の2以上の出席をもって成立し,出席委員の3分の2以上の賛成をもって決する。
4 委員会の幹事は,学生教務課長とする。
210
《他の給付奨学金及び授業料減免制度との重複》
第9条 東京情報大学の他の給付奨学金及び授業料等減免制度を受給している者は,本奨学金の給付額と合算し,年
間の授業料を上限として支給する。
《奨学生資格の喪失》
第10条 規程第9条に規定する奨学生資格の喪失については,次のとおりとする。
(1)規程第9条第1号,第2号及び第3号の該当者は,学籍処理終了後,学生教務課がその旨,学長に報告し,奨
学生資格を取り消すものとする。
(2)規程第9条第4号,第5号,第6号及び第7号に該当すると判断される者がいるときは,学科長又は大学院研
究科委員長は学生教務課に報告する。報告を受けた学生教務課は,委員会に諮り学長の決定により奨学生資格を
取り消すものとする。
2 既に給付した奨学金の返還に係る基準日は,委員会で審議し学長が決定する。
《奨学生資格の復帰》
第11条 規程第10条に基づき,奨学生資格の復帰を希望する場合は,第5条第2項の手続を行うものとする。
《奨学金の返還猶予及び返還免除》
第12条 規程第11条第2項及び第3項に規定する奨学金の返還猶予及び返還免除については,願出に基づき,委員
会で審議の上,学長が決定する。ただし,奨学生本人が死亡した場合は,願出によらず返還を免除する。
《細則の改廃》
第13条 この細則の改廃は,教授会の議を経て行う。
附 則
この細則は,平成26年4月1日から施行する。
諸規則諸規程
211
東京農業大学,東京情報大学及び東京農業
大学短期大学部ハラスメント相談内規
《趣旨》
第1条 学校法人東京農業大学ハラスメント防止等に関する規程第7条第4項の規定に基づき,東京農業大学,東京
情報大学及び東京農業大学短期大学部(以下 「各学校」 という。)の学生におけるハラスメントの苦情及び相談に
関し,必要な事項を定めるものとする。
《苦情・相談窓口》
第2条 各学校の各キャンパスに次のとおり,苦情・相談窓口を置く。
部門又はキャンパス
苦情・相談窓口
東京農業大学世田谷キャンパス
世田谷学生サービスセンター学生生活支援課
東京農業大学厚木キャンパス
厚木学生サービスセンター学生サービス課
東京農業大学オホーツクキャンパス
オホーツク学生サービスセンター学生サービス課
東京情報大学
事務局学生教務課
《相談員》
第3条 各学校の各キャンパスに次のとおり,相談員を置く。
(1)東京農業大学及び東京農業大学短期大学部世田谷キャンパス
ア 学生相談室相談員
イ 学校医
ウ 看護師
エ 教務職員 若干名
オ 学生生活支援課職員 若干名
(2)東京農業大学厚木キャンパス
ア 学生相談室カウンセラー
イ 学校医
ウ 保健室看護師
エ 教務職員 若干名
オ 学生サービス課職員 若干名
(3)東京農業大学オホーツクキャンパス
ア 相談室カウンセラー
イ 学校医
ウ 医務室看護師
エ 教務職員 若干名
オ 学生サービス課職員 若干名
(4)東京情報大学
ア 学生相談室相談員
イ 学校医
ウ 看護師
エ 教務職員 若干名
オ 学生教務課職員 若干名
2 前項第1号エ,オ,第2号エ,オ,第3号エ,オ及び第4号エ,オに規定する相談員は,各学校又はキャンパス
の学生部長(ハラスメント防止委員会委員長)が委嘱する。
3 相談員の氏名,学内連絡先等は,毎学年度の初めに公表するものとする。
212
《相談員の任務》
第4条 相談員の任務は,次の各号に掲げる事項とする。
(1)学生からのハラスメントに関する苦情及び相談への対応及び問題解決
(2)学生部長(ハラスメント防止委員会委員長)への報告
《相談員会議》
第5条 相談員会議は,相談員をもって構成し,必要に応じて学生部長が招集し,開催する。
《学生部長の責務》
第6条 学生部長(ハラスメント防止委員会委員長)の責務は,次の各号に掲げる事項とする。
(1)相談員からの報告又は相談員会議の結果,ハラスメントの疑いがあると認めた場合は,その事実調査を相談員
に指示する。
(2)前号の調査の結果,ハラスメントの事実を確認したときは,ハラスメント防止委員会を招集し,その対応を審
議する。
(3)ハラスメント防止委員会の審議結果を学長に報告し,学長の指示に基づき速やかにその対応を行う。
(4)ハラスメント防止のための教育及び啓蒙活動を行い,学生等が勉学するにふさわしい快適な学園環境を確保す
ることに努める。
《守秘義務》
第7条 相談員は,相談者とその関係者のプライバシーの保護に努めると共に知り得た情報を他に漏らしたり,私事
に利用してはならない。
《研修》
第8条 相談員は,その任務を遂行する上で必要な研修を受けなければならない。
《虚偽への対応》
第9条 相談者が故意に虚偽の言動を行ったことが判明した場合,学生部長(ハラスメント防止委員会委員長)は,
学則に基づく処分を教授会に申請することができる。
《雑則》
第10条 この内規の改廃は,ハラスメント防止委員会の議を経て行う。
附 則
2 次に掲げる内規は,廃止する。
(1)東京農業大学・東京農業大学短期大学部セクシュアル・ハラスメント相談内規(平成12年4月1日施行)
(2)東京情報大学セクシュアル・ハラスメント相談内規(平成12年8月1日施行)
附 則
この内規は,平成26年4月1日から施行する。
213
諸規則諸規程
1 この内規は,平成18年4月1日から施行する。
東京情報大学遺失物及び拾得物取扱要領
1.この要領は,東京情報大学(以下 「本学」 という)の構内における遺失物及び拾得物の取扱について定める。
2.本学構内において金品を遺失または拾得したときは学生教務課に届け出る。
3.遺失者は 「遺失物届け出簿(様式第一号)」 に所要事項を記入する。
4.拾得物は学生教務課において,拾得年月日・場所を付して学生教務課陳列ケースに収納して公開する。ただし,
現金その他陳列ケースで公開が不適当と判断される物品等は,「拾得物届け出簿(様式第二号)」に所要事項を記録
して別途保管する。
5.遺失物届けに該当する拾得物があったときは,該当者に連絡する。
6.拾得物の引き渡しにあたっては,陳列ケース内のものは 「遺失物返却簿(様式第三号)」 に,「拾得物届け出簿」
記載のものは同届け出簿に受領の署名をさせる。
7.拾得物の保管期間は3か月とする。
8.現金については7日以内に引き取りのない場合は,所轄警察署に届け出て移管する。
9.保管期間内に拾得物の引き取りが無い場合は所有権を放棄したものとみなす。
10.保管期間が満了した拾得物は次の方法で処分する。
(1)公示のうえ展示して希望者に引き渡す。
(2)前項によってもなお残存する物品については,有効活用が可能な物を除き,廃棄処分とする。
(3)有効活用が可能な物品の選別,処分方法はその都度学生部委員会で審議する。
11.その他必要な事項は,学生部委員会の議を経て別途に定める。
附 則
(1)この要領は平成3年7月10日から施行する。
(2)この要領施行の日に,既に3か月を経過した物品がある場合は施行日をもつて処分する。
附 則
この要領は,平成26年4月1日から施行する。
214
東京情報大学車両通学要領
《目的》
第1条 学生の車両による通学は許可制とし,この要領で必要な事項を定める。
《許可の条件》
第2条 車両通学を希望する者は,以下の条件を全て満たさなければならない。
(1)別表第一に定める制限に該当しないこと。
(2)使用する車両は,本人または家族名義の自動車及び二輪車
(原動機付自転車及び自動二輪車をいう。)
であること。
(3)学生部長の指定する期間内に,別表第2に定める書類を提出すること。
《講習会の受講》
第3条 前条の許可を願い出る者及び従前の許可者は,学生部長から命ぜられた場合,安全運転に関わる講習会を受
講しなければならない。
《許可証の交付及び有効期間》
第4条 学生部長により適格と認められた者は,以下の許可証の交付を受けることができる。
自動車 許可カード
二輪車 許可シール
2 許可証の有効期間は,原則として発行日から翌年度の5月末日までとする。ただし,卒業年次生については当年
度の3月末日とする。
《許可証の取扱い》
第5条 交付を受けた許可証は次の方法で明示しなければならない。
許可カード 車外から内容を確認できるよう,運転席前部のフロントガラス内に置くこと。
許可シール 二輪車またはヘルメットの左手側の確認しやすい位置に貼付しておくこと。
2 許可証を紛失,破損または汚損した場合は,速やかに学生教務課に届け出て,所定の再発行の手続きを行わなけ
ればならない。
3 許可証を必要としなくなった場合は,速やかに学生教務課へ返却しなければならない。
第6条 許可申請及び許可証の再発行申請に関わる手数料は,別表第2に定める金額とする。
《車両の変更》
第7条 許可を受けた車両を変更する場合は,
あらかじめ学生教務課に届け出て,
所定の手続きをしなければならない。
《開場時間》
第8条 駐車(輪)場の開場時間は午前8時から午後9時までとする。ただし,やむを得ない事情により,あらかじ
め学生教務課に届け出た場合はこの限りでない。
《遵守事項》
第9条 構内の走行速度は10km以内とし,標識はもとより,次の事項を遵守しなければならない。
(1)職員(警備員を含む)から求められた場合は,直ちに許可証を明示すること。
(2)許可証を他人に貸与したり,譲渡したりしないこと。
(3)駐車(輪)場に整然と駐車(輪)すること。
(4)駐車場内は時計廻りで徐行するものとし,無用な走行・騒音を慎むこと。
(5)車両を他人に貸与または運転させないこと。
《許可の停止または取消》
第10条 前条の遵守事項及び本要領の趣旨に反した者に対しては,許可の停止または取消を行うことがある。
《事故等の取扱い》
第11条 通学途中或いは構内において事故等が発生した場合は,速やかに学生教務課または警備員室に届け出なけれ
ばならない。ただし,事故等については当事者間で処理するものとし,大学は一切その責任を負わない。
《臨時許可》
第12条 本人の申請により,学生部長がやむを得ないと判断した場合,期間を限定し臨時許可証を交付する。
215
諸規則諸規程
《申請手数料》
2 臨時許可証の交付を受けた者は,第2条による許可者同様この要綱の各条項を遵守しなければならない。
附 則
1 この要領は,平成14年4月1日から施行する。
2 平成2年4月1日施行の東京情報大学学生の自動車及び二輪車による学内入構並びに駐車場使用要綱は廃止する。
改 正 平成16年4月1日
改 正 平成26年4月1日
別表第1:許可申請書類
申請書(許可申請/二輪車)
原動機付自転車
自動二輪車
○
○
申請書(許可申請/自動車)
自 動 車
○
誓約書
○
○
○
正保証人承諾書
○
○
○
学生証(写)
○
○
○
運転免許証(写)
○
○
○
原動機付自転車標識交付証明書(写)
○
軽自動車届出済証(写)
○
自動車検査証(写)
自動車損害賠償責任保険証明書(写)
○
○
自動車保険証券(写)
○
○
○:必要書類
別表第2:申請手数料
手数料
申請書(許可申請/二輪車)
1,000円
申請書(許可申請/自動車)
2,000円
申請書(許可証再発行/二輪車)
500円
申請書(許可証再発行/自動車)
1,000円
216
東京情報大学学生会館使用要領
《目的》
第1条 東京情報大学学生会館(以下 「会館」 という。)の使用に関し,この要領で必要な事項を定める。
《使用者》
第2条 会館を使用できる者は,次のとおりとする。
(1)本学学生,研究生,聴講生
(2)本学教職員
(3)本学後援会・本学校友会会員
(4)あらかじめ願い出て学生部長が許可した者
《管理》
第3条 会館の管理責任者は学生教務課長とし,使用者はその指示に従うものとする。
《使用時間》
第4条 会館の使用時間は,原則として午前8時から午後10時までとする。ただし,大学の長期休業中の使用時間に
ついては,その都度学生部長の指示に従うこととする。
《時間外及び休業日の使用》
第5条 前条による使用時間外及び大学の休業日に会館を使用する場合は,あらかじめ願い出て学生部長の許可を得
るものとする。
《禁止行為》
第6条 会館内では,次の各号を禁止行為とする。
(1)施設,機器,備品等の改造または変造
(2)火気及び危険物の持ち込み
(3)飲酒及び指定場所以外の喫煙
(4)会館内で使用する鍵の転貸,学外への持ち出し及び複製
(5)その他安全管理上危険と思われる行為
諸規則諸規程
《館内施設の使用》
第7条 次の館内施設の使用に関しては,各々別に定める。
(1)部室及び同好会室
(2)共用施設(多目的ホール,和室,会議室,学科学生室)
《秩序の維持》
第8条 使用にあたっては,防災及び防犯に留意するとともに,使用施設はもとより会館全体の美化を心がけ,秩序
の維持にあたらなければならない。
《損害の賠償》
第9条 故意または重大な過失により会館内の施設,機器,備品等に損害を与えた者に対しては,賠償を求めること
ができるものとする。
《その他》
第10条 この要領に定めるもののほか,会館の使用に関し必要な事項については,学生部委員会で審議のうえ学生部
長が定める。
附 則
この要領は,平成14年9月10日から施行する。
改 正 平成17年5月1日
改 正 平成26年4月1日
217
東京情報大学部室及び同好会室使用要領
1 本学課外活動団体の部室及び同好会室の使用に関し,この要領で必要な事項を定める。
2 本要領は,東京情報大学学生会館使用要領(以下 「要領」 という。)に準ずるものとする。
3 部室及び同好会室の使用は,学生部委員会の承認を受けた課外活動団体(以下 「団体」 という。)とし,各団体
の申請に基づき学生部委員会で審議のうえ,学生部長が許可する。
4 同好会室の使用許可期間は,毎年7月1日から1年間とする。ただし,要領または本要領に違反する行為があっ
たときは,使用の許可を停止もしくは取り消すことがある。
附 則
1 この要領は,平成14年9月10日から施行する。
2 平成2年10月1日施行の東京情報大学部室使用要綱は,廃止する。
附 則
この要領は,平成26年4月1日から施行する。
218
課外活動における教室使用要領
1.秩序ある教室使用のためにこの要領を定める。
2.教室の使用については,学生教務課備え付けの用紙で申込むこと。
3.平日の使用申込は,原則として使用日の7日前(休業日にあたる場合その前日)から使用前日までに先着順で受
付け,教室については学生教務課で指定して許可する。
4.平日の使用時間は,16時30分から19時までとする。ただし音出しで利用する場合は,17時10分から19時までとす
る。
5.授業に支障があると判断される場合は,使用を中止させることがある。
6.使用後は責任をもつて復元すること。
7.使用後に机・椅子を元の場所に戻さなかったり指示に従わなかった団体には以後使用を禁止することがある。
8.大学祭・その他大学行事で使用する場合は,その都度学生教務課の指示に従うこと。
附 則
この要領は,昭和63年7月1日から施行する。
改 正 平成10年4月1日
改 正 平成26年4月1日
諸規則諸規程
219
東京情報大学体育館アリーナ使用要領
《目的》
第1条 東京情報大学体育館アリーナ及びアリーナ関連施設(以下 「アリーナ」 という。)の使用に関する事項は,
この要領の定めるところによる。
《用途》
第2条 アリーナは,次の用途に使用する。
(1)大学行事
(2)正課体育授業
(3)課外体育活動
(4)学生のレクリエーション
(5)その他,大学が適当と認めたもの
2 使用にあたっての優先順位は,前項各号の順位とする。
《管理》
第3条 課外体育活動及び学生のレクリエーションのためのアリーナ使用に伴う管理は,学生教務課が行う。
《使用手続》
第4条 課外体育活動及び学生のレクリエーションのためのアリーナ使用については,次の手続きをとるものとする。
(1)本学で承認された課外活動団体による使用については,各団体の代表者が使用責任者となり,毎年度初めに所
定の届出用紙とともにアリーナ年間使用計画書(使用する団体間で協議し,割当てられたもの)を学生教務課に
提出し,学生部長の許可を得なければならない。
(2)課外活動団体による外部団体との対外試合または練習試合を行う場合は,所定の届出用紙に顧問(部長)と代
表者が連署の上,原則として,使用日の2週間前までに学生教務課に提出し,学生部長の許可を得なければなら
ない。
(3)上記以外の学生の主催する行事等でアリーナを使用する場合は,主催する学生の代表者が使用日の1カ月前ま
でに所定の届出用紙とともに企画書等を学生教務課に提出し,学生部長の許可を得なければならない。
《一般学生等の使用》
第5条 本学一般学生等のアリーナ使用については次のとおりとする。
(1)使用可能日は,大学行事,正課の体育授業・課外活動でアリーナを使用しない日とする。
(2)使用希望者は,事前に学生教務課に申し出て所定の用紙に必要事項を記入するものとする。
(3)入館の際は,必ず体育館シューズ(上履)にはきかえること。
(4)使用終了後は必ず使用場所をモップ等で清掃し,用具類は所定の位置に整理・整頓して戻さなければならない。
《利用可能日》
第6条 アリーナの使用は,原則として次の各号を除く日とする。
(1)土曜日及び日曜日
(2)国民の祝日に関する法律に規定する休日
(3)学校法人の創立記念日及び大学の開学記念日
(4)学校法人が休業と定めた日
(5)大学が指定した日
ただし,第4号及び第5号に定める日は,あらかじめ告示を行うものとする。
《使用時間》
第7条 アリーナを使用できる時間は,次のとおりとする。
平日 午前9時~午後8時
2 年間使用計画書に基づく課外活動団体及び一般学生等の使用時間は,学生教務課が取りまとめの上公表する。
《休日等の使用》
第8条 第6条第1号から第4号までに定める日の使用については,特に必要と認められた場合に限り,使用する団
体の申請により,学生部長が許可をするものとする。
220
《使用時間の変更》
第9条 第7条に定める時間以外の使用については,学生教務課に申請し,必要と認められた場合に限り,使用時間
の変更ができるものとする。
《遵守事項》
第10条 使用者は,次の各号を遵守しなければならない。
(1)アリーナを使用目的以外に使用しないこと。
(2)アリーナに土足,裸足で入館しないこと。
(3)アリーナの設備,備品及び用具を破損,紛失,または汚損しないこと。
(4)アリーナの設備,備品及び用具を無断で使用しないこと。
(5)アリーナで喫煙及び飲食をしないこと。
(6)アリーナの使用を許可された者はその全部,または一部を他の者に転貸しないこと。
(7)火気,盗難に注意し,使用後は速やかに設備,備品及び用具を原状に復すること。
(8)使用者は事故防止に関して十分に注意を払い,事故が発生した場合直ちに学生教務課に連絡すること。
(9)その他,大学の指示に従うこと。
《使用許可の変更または取消》
第11条 大学が緊急に必要と判断した場合は,使用条件を変更し,または使用の許可を取り消すことがある。
《違反者の使用取消または使用禁止》
第12条 使用者が,この要領に違反したとき,または大学の指示に従わないときは,その使用を取消し,以降の使用
を禁止することがある。
附 則
この要領は,平成2年10月1日から施行する。
改 正 平成10年4月1日
改 正 平成14年9月10日
改 正 平成26年4月1日
諸規則諸規程
221
東京情報大学学友会規程
第1章 総 則
第1条 本会は東京情報大学学友会と称する。
第2条 本会は東京情報大学の学部学生及び教職員をもって組織する。
第3条 本会は課外活動をとおして会員相互の親睦と研鑚を図ることにより自立と連帯の精神を養うとともに,東京
情報大学の発展に寄与し,あわせて社会への貢献を果たすことを目的とする。
第4条 本会の会員は次の2種とする。
(1)特別会員
特別会員は東京情報大学の教職員とする。
(2)正会員
正会員は東京情報大学の学部学生とする。
第2章 組織及び役員
第5条 本会に総務部,課外活動団体,学科統一本部を置く。
第6条 本会に次の役員を置く。
会 長 1名
副会長 1名
総務部部長 1名
総務部執行委員 10名以上
部 長 各運動部・文化部1名
主 将 各運動部1名
幹 事 各文化部1名
顧 問 各同好会1名
代 表 各同好会1名
統一本部委員長 各学科1名
代議員 各学科各学年2名
第7条 本会に監事を置く。
(1)監事は特別会員から2名,正会員から2名とし,会計の監査にあたる。
(2)特別会員監事は会長がこれを委嘱する。ただし,他の役員とこれを兼ねることができない。
(3)正会員監事は正会員から公募し,役員会の承認を得る。ただし,総務部,各課外活動団体その他監査の対象団
体に属していない者とする。
第8条 会長は東京情報大学長がこれにあたり会務を総理する。
第9条 副会長は東京情報大学総合情報学部長がこれにあたる。会長に事故等があるときは副会長がこれを代理する。
第10条 総務部部長は特別会員から会長がこれを委嘱する。総務部部長は総務部の指導にあたり,会務を掌理する。
2 総務部に総務部部長補佐を置くことができる。総務部部長補佐は特別会員から総務部部長が推薦し,会長がこれ
を委嘱する。総務部部長補佐は総務部部長の諮問及び総務部執行委員(以下 「執行委員」 という。)の相談に応え
る。
3 執行委員は正会員から公募し,役員会の承認を得る。執行委員は別に定める 「東京情報大学学友会総務部内規」
に則り会務を処理する。
第11条 部長は特別会員から会長がこれを委嘱し,各部の責任者として部員の指導にあたる。ただし,原則として複
数の部の部長を兼ねることはできない。 222
2 顧問は特別会員から会長がこれを委嘱し,各同好会の責任者として会員の指導にあたる。
3 課外活動団体の運動部,文化部,同好会の学生代表者をそれぞれ主将,幹事,代表と称する。主将,幹事,代表
は部員又は同好会員を統率し,部長又は顧問との連絡調整にあたる。
第12条 各学科の統一本部の代表者を統一本部委員長と称する。統一本部委員長は学友会行事の開催にあたり各学科
の会員の取り纏めにあたる。
第13条 代議員は各学科,各学年の代表者とする。代議員は学友会大会に出席し議案の審議及び裁決にあたる。
第14条 役員の任期は次の通りとする。
(1)正会員があたる役員の任期は1年とし,毎年3月31日までに選任する。ただし,再任を妨げない。
(2)特別会員があたる役員(会長及び副会長を除く)の任期は2年とし,西暦偶数年の3月31日までに選任する。
ただし,再任を妨げない。
(3)役員はその後任者が就任するまでは,なおその職務を行う。
第15条 本会に次の機関を置き,会務の決定にあたる。
(1)学友会大会
(2)役員会
第16条 運動部に監督又は強化コーチ,文化部に師範を置くことができる。
2 監督,強化コーチ及び師範は部長が推薦し,会長がこれを委嘱する。
第17条 本会は次の行事を実施する。
(1)学友会オリエンテーション
(2)学友杯レクリエーション大会
(3)翔風祭
(4)卒業パーティー
第3章 会 計
第18条 本会の予算編成は総務部があたり,役員会の承認を得た後に公示するものとする。
第19条 決算は監査を経て,役員会の承認を得た後に公示するものとする。
第20条 本会の経費は次をもってこれに充てる。
諸規則諸規程
(1)会員の会費
(2)助成金
(3)寄付金
(4)その他
第21条 会費は次のように定める。
(1)正会員は年額20,000円を大学の会計を経て前期授業料納付期に納入するものとする。ただし、1年次生につい
ては年額10,000円とする。
(2)特別会員会費は年額,本給月額の100分の1を毎年6月末日までに納入するものとする。特別会員会費は会長
の承認を得なければ変更することはできない。
第22条 本会の会計年度は4月1日から始まり翌年3月31日に終わる。
第23条 本会の会計処理にあたっては,別に定める 「東京情報大学学友会会計事務取扱細則」 によるものとし,決算
報告はすべて監事の監査を経なければならない。
第4章 雑 則
第24条 課外活動団体の活動において優秀な成績を収めた団体又は個人を表彰することができるものとする。
第25条 本規程の改廃については,役員会の議を経て学友会大会で決定する。
第26条 翔風祭に関する内規は別に定める。
第27条 課外活動団体の結成基準については別に定める。
第28条 学友会大会,役員会に関する内規は別に定める。
223
附 則
1 この規程は,平成15年4月1日から施行する。
2 第21条で定める会費の徴収は,平成15年度入学生からとする。
附 則
1 この規程は,平成23年4月1日から施行する。
2 前項にかかわらず、平成22年度以前の入学生については、従前の規程を適用する。
附 則
この規程は,平成24年4月1日から施行する。
附 則
この規程は,平成26年4月1日から施行する。
224
東京情報大学学友会課外活動団体結成及び継続基準
1.課外活動団体の定義
課外活動団体とは,学友会規程第3条に規定する目的を達成するために必要と認められた 「部」(運動部または
文化部)及び 「同好会」 をいう。
2.課外活動団体の結成条件
課外活動団体は,明確な活動目的を持ち,次の条件を具備することを結成の条件とする。
(1)部
① 同好会として認定された後1年以上の活動実績があり,原則として10人以上の正会員で構成していること
② 原則として団体の名称に「部」を付すこと
③ 部長を置き,必要に応じて副部長を置いていること。なお,部長及び副部長は特別会員とし,いずれも他の
部の部長又は副部長を兼ねていないこと
④ 幹事または主将のほかに,会計担当者及びネットワーク関係者を置いていること
⑤ 運動部は学外の競技団体(学生連盟等)に加盟すること
⑥ 運動部の部員は,他の運動部の部員を兼ねていないこと
(2)同好会
① 原則として5名以上の正会員で構成していること
② 原則として団体の名称に 「同好会」 を付すこと
③ 顧問を置いていること。なお,顧問は特別会員とする
④ 会員は原則として3つ以上の課外活動団体に所属していないこと
3.課外活動団体の義務
① 大学及び学友会が実施する行事または催し物には,積極的に参加・協力をする
② 学内の美化,モラルの維持に率先して努める
③ 事故の防止努め,緊急事態に備えて連絡網を整備する
④ 学外で活動を行う場合(合宿,研修,対外試合,発表会等)は,あらかじめ学生部長に届け出るとともに,
終了後は結果を報告する
⑤ 主将又は幹事の互選により選出された2名は,課外活動団体の代表者として翔風祭運営会議に出席する
⑥ 「東京情報大学学友会会計事務取扱細則」 に則り適切に会計処理を行う
部員(会員)の入部(入会)または退部(退会)があった場合は直ちに報告する
4.課外活動団体結成(昇格)までの流れ
① 所定の 「課外活動団体結成(昇格)願」,「会員名簿」 及び 「規約」 を総務部部長に提出する
② 総務部部長,総務部部長補佐,総務部執行委員長によるヒヤリングを受ける
③ 役員会で審議,決定
④ 学友会大会で報告
⑤ 公示
5.課外活動団体廃会(廃部)決定及び処分
① 課外活動団体は,結成条件を満たせなくなったとき,総務部執行委員会からの改善要請を受け,直ちに条件
を満たさなければならない。
② 課外活動団体は,度重なり義務を果たさなかったとき,役員会にて審議し,通告された内容を即時受け入れ
なければならない。
③ 活動が継続不可能となった場合は,直ちに廃会(廃部)を申請しなければならない。
④ 廃会(廃部)には,任意と強制があり次のとおりとする。
・任意の場合は,廃会
(廃部)
の申請書を総務部執行委員会へ提出後,役員会の議を経て学友会大会で決定する。
・強制の場合は,任意が不可または困難であって,度重なる改善要請及び通告を無視した場合に,理由を添え
て廃会(廃部)提案を総務部執行委員会が役員会へ提出し,役員会の議を経て学友会大会で決定する。
附 則
この基準は,平成15年4月1日から施行する
附 則
この基準は,平成26年4月1日から施行する
225
諸規則諸規程
⑦ 総務部部長の求めに応じ,年1回所定の 「課外活動団体継続願」 及び 「部員(会員)名簿」 を提出する他,
東京情報大学コンピュータ実習室使用内規
《目的》
第1条 この内規は,正課授業以外にコンピュータ実習室を使用することに関して必要な事項を定める。
《使用資格》
第2条 コンピュータ実習室を使用できる者は,次のとおりとする。
(1)本学職員
(2)本学学生
(3)その他,情報サービスセンター長(以下 「センター長」 という。)が許可した者
《使用場所》
第3条 使用できるコンピュータ実習室は,次のとおりとする。
(1)102-1 コンピュータ実習室
(2)102-2 コンピュータ実習室
(3)203 コンピュータ実習室
(4)204 コンピュータ実習室
《使用目的》
第4条 コンピュータ実習室を使用する目的は,研究・教育的に妥当なものでなければならない。
《許可使用》
第5条 授業で使用していない時間帯にコンピュータ実習室を使用しようとする者は,第6条のオープン利用を除き,
次の手続をとるものとする。
(1)使用責任者(本学の職員であること)を定める。
(2)使用責任者は,使用日の7日前までにセンター長の許可を受けなければならない。
2 許可を受けた者のコンピュータ実習室を使用できる時間帯は,原則として次のとおりとする。
(1)平 日 午前9時~午後5時
土曜日 午前9時~午後12時
(2)日曜・祝日及び大学の休業日は使用できない。
(3)使用は限定された日時について許可し,恒常的使用は認めない。
(4)正課授業に影響があると判断した場合には,上記時間帯であっても許可しない。
《オープン利用》
第6条 本学職員・学生は,コンピュータ実習室を授業で使用していない時間帯にオープン利用できるものとする。
2 オープン利用できる時間帯は,原則として別表1のとおりとする。
3 前項にかかわらず,センター長は,必要と認めたときに,利用時間等を変更することができる。
《遵守事項》
第7条 コンピュータ実習室を使用する際は,次の事項を遵守することとする。
(1)第5条による使用は,使用責任者が立ち会うこと。
(2)設置されている機材を移動・移設しないこと。
(3)ソフトウェアの設定状況を変更しないこと。
(4)機材の取扱には充分注意し,破損・汚損しないこと。
(5)使用後は,端末機の電源を切り実習室内を整理して正課授業に支障の無いよう努めること。
(6)第5条による使用後は,情報サービスセンター(以下 「センター」 という。)に届け出ること。
(7)その他,センターからの注意事項に従うこと。
2 上記遵守事項に著しく違反した場合には,直ちに使用を中止させる場合がある。
《変更・取消》
第8条 センター長が緊急に必要と判断した場合には,使用許可の変更又は取消をすることがある。
《その他》
第9条 大学行事等でコンピュータ実習室を使用する場合は,そのつど関係部局と協議の上,使用方法を定める。
226
附 則
この内規は,平成3年7月10日より施行する。
附 則
この内規は,平成9年4月1日より施行する。
附 則
この内規は,平成14年4月1日より施行する。
附 則
この内規は,平成15年10月1日から施行する。
附 則
この内規は,平成17年10月1日から施行する。
附 則
この内規は,平成21年4月1日から施行する。
別表1(第6条関係)
コンピュータ実習室
月曜日~金曜日
102-1 コンピュータ実習室
午前9時~午後7時
102-2 コンピュータ実習室
午前9時~午後7時
203 コンピュータ実習室
午前9時~午後9時
204 コンピュータ実習室
午前9時~午後7時
諸規則諸規程
※土曜・日曜・祝日及び大学の休業日は利用できない。
※夏季・冬季・春季休業期間中は別に定める。
227
東京情報大学ネットワーク利用要綱
《趣旨》
第1条 この要綱は,東京情報大学ネットワーク(以下 「ネッ卜ワ-ク」 という。)を本学学生等が利用する場合の
必要な事項を定める。
《利用目的》
第2条 ネットワークの利用は,本学の教育,研究,学習及びその支援,その他本学の情報化向上を目的とする。
《学生ユーザー》
第3条 本要綱に基づきネットワーク利用許可を受けた学生等を学生ユーザーという。
《学生ユーザー資格者》
第4条 学生ユーザーとなりうる者は,次の各号に掲げる者とする。
(1)本学学生,本学大学院生,本学科目等履修生,本学特別聴講学生及び本学研究生
(2)情報サービスセンター長(以下 「センター長」 という。)が適当と認めた者
《利用許可》
第5条 センター長は,前条の学生ユーザー資格者が次の各号のいずれかに該当する場合,ネットワークの利用を許
可する。
(1)授業担当教員によるネットワーク利用指導の完了
(2)ネットワーク講習会受講の完了
(3)センター長による正しいネットワーク利用技能あるとの認定
《利用申請と利用許可証の交付》
第6条 ネットワークを利用しようとする学生ユーザー資格者は,センター長にネットワーク利用申請書を提出し,
ユーザー I D及びパスワードが記載されたネットワーク利用許可証の交付を受けなければならない。
《利用許可証の再交付》
第7条 センター長は,次の条件を満たす学生ユーザーに対して利用許可証の再交付をなすことができる。
(1)再交付申請書の提出
(2)手数料の支払(2,000円)
(3)ネットワーク講習会の受講完了
(4)正しいネットワーク利用のための知識・マナーの修得
《ユーザー I D》
第8条 ユーザー I Dは,ネットワーク利用において利用者を特定するものであり,特定のユーザー I Dによって行
われた行為については,当該ユーザー I Dの交付を受けた学生ユーザーがその責任を負うものとする。
2 学生ユーザーが同一利用資格内で交付を受けることができるユーザー I Dは1つとする。ただし,教育,研究上
必要な場合は別途ユーザー I Dの交付を受けることができるものとする。
《パスワード》
第9条 学生ユーザーは自己のパスワード管理に責任を負うものとし,相当期間経過ごとに変更を行うものとする。
《利用期間》
第10条 学生ユーザーのネットワーク利用許可期間は原則として在学中とし,第4条(2)の者については申請に基
づきセンター長が期間を定めるものとする。
2 センター長は,利用期間が満了した学生ユーザーの有する利用ファイル,領域等を破棄できるものとする。
《ファイルのバックアップ》
第11条 学生ユーザーは,自己責任において利用ファイルのバックアップを行うものとする。
2 情報サービスセンター(以下 「センター」 という。)は,学生ユーザーがネットワーク内に有する利用ファイル
の破壊・喪失等については理由の如何を問わず一切の責任を負わないものとする。
《禁止事項》
第12条 ネットワークの利用につき,次に掲げる行為を禁止する。
(1)ユーザー I Dの第三者への譲渡,貸与行為
228
(2)パスワードの第三者への開示行為
(3)プライバシー侵害行為
(4)知的所有権侵害行為
(5)他人を詐称する行為
(6)営利目的行為
(7)ネットワークの運用に支障を及ぼす行為
(8)システムの不正な利用又はそれを助ける行為
(9)他者のプログラムやデータ等を改変又は破壊する行為
(10)計算機資源を不当に占有又は浪費する行為
(11)本学又は他者に不当な不利益を与える行為
(12)「東京情報大学ネットワーク利用ポリシー」 に反する行為
(13)その他法令及び社会慣行に反する行為
2 センター長は前項各号に抵触する行為と判断した場合,学生ユーザーに通知することなくネットワーク内の関連
ファイルー切を削除することができるものとする。
《届出義務》
第13条 学生ユーザーはユーザー I D又はパスワードが不正に使用された場合及び前条に規定する禁止事項を知見し
た場合は,速やかにセンターに届け出るものとする。
《利用許可の取消・停止等》
第14条 学生ユーザーが第12条及びこの要綱に違反した場合,センター長は次の措置をとると共にその措置を公示す
ることができる。
(1)警告
(2)利用範囲の制限
(3)利用許可の停止
(4)利用許可の取消
《責任》
第15条 学生ユーザーは,故意又は重大な過失によりネットワーク施設設備を破壊若しくは運用停止させた場合,そ
の責任を負うものとする。
諸規則諸規程
《サービスの停止》
第16条 センター長は,次の理由があるときネットワークの利用を停止する。
(1)ネットワークに関する保守点検又は工事等のとき
(2)システム障害によりネットワークの運用に機能障害がみられたとき
(3)センター長が必要と認めたとき
《免責》
第17条 センター及び同センター長は,ネットワークの不具合,前条の停止及び修復の遅延等の結果生じた損害及び
学生ユーザーが他の学生ユーザー等第三者に与えた損害について責任を負わないものとする。
《改廃》
第18条 この要綱の改廃は情報サービスセンター運営委員会の議を経て教授会が行う。
附 則
この要綱は,平成11年4月1日から施行する。
附 則
1 この要綱は,平成15年10月1日から施行する。
2 東京情報大学パソコンネットワーク運用内規(平成4年4月1日施行)は,廃止する。
229
東京情報大学ライブラリーエリア利用内規
《目的》
第1条 この内規は,東京情報大学情報サービスセンター規程第8条の規定に基づき,総合情報センター棟2階及び
3階のライブラリーエリア(以下 「ライブラリ-工リア」 という。)の利用について,必要な事項を定める。
《利用資格》
第2条 ライブラリーエリアを利用できる者(以下 「利用者」 という。)は,次のとおりとする。
(1)本学学生(以下 「学生」 という。)
(2)本学職員(以下 「職員」 という。)
(3)その他情報サービスセンター長(以下 「センター長」 という。)が許可した者
《利用時間》
第3条 ライブラリーエリアの利用時間は,午前9時から午後8時までとする。
2 前項の利用時間は,業務等の都合により,変更することがある。
《休業日》
第4条 休業日は,次のとおりとする。
(1)法人が定めた職員の休日
(2)大学又はセンターの都合により,休業を必要とするとき。
2 前項の休業日は,業務等の都合により,変更することがある。
《利用》
第5条 利用者は,情報サービスセンター所蔵の図書等の資料(以下 「資料等」 という。)及びライブラリーエリア
の施設・貸出用機器を所定の手続により利用することができる。
《貸出》
第6条 利用者は,帯出を認められた資料等の館外貸出を受けることができる。
2 資料等の貸出については,次のとおりとする。
(1)図書については,次のとおりとする。
ア 学生 学部学生 10冊以内 2週間以内
大学院学生 20冊以内 2ヵ月以内
イ 職員 20冊以内 2ヵ月以内
ウ その他別に定める
(2)その他の資料等については,別に定める。
第7条 資料等の貸出を受けようとする者は,学生証等を提示し,所定の貸出手続をとらなければならない。
第8条 次の資料等は,原則として貸出を認めない。
(1)貴重資料
(2)辞書,事典,年鑑等の参考資料
(3)製本されていない学術雑誌
(4)新聞
(5)視聴覚資料,電子化資料(ビデオテープ,CD-ROM,マイクロフィルム等)
(6)その他特に指定した資料
第9条 センター長は,必要に応じて貸出資料について次のことを行うことができる。
(1)貸出冊数等の増減
(2)貸出期間の延長又は短縮
(3)貸出資料の返却請求
《転貸》
第10条 借受けした資料等は,借受者が保管の責任を負うものとし,転貸してはならない。
《返却》
第11条 利用者は,次の各号に該当した場合,貸出期限前であっても直ちに借受けした資料等を返却しなければなら
230
ない。
(1)学生卒業,退学,休学,停学
(2)職員退職,休職
(3)その他センター長が利用許可を停止又は取り消したとき
《返却の督促及び貸出停止》
第12条 第6条第2項の貸出期間を経過しても資料等を返却しない者に対しては,督促を行うものとする。
2 前項に規定する者に対しては,当該資料等が返却されるまでの間,新規の貸出を停止することができる。
《貴重資料の利用》
第13条 貴重資料の利用については,センター長の許可を得なければならない。
《複写》
第14条 利用者は,著作権法の範囲において情報サービスセンター所蔵の資料等の複写を行うことができる。
2 次のものは,複写することができない。
(1)著作権法に抵触するもの
(2)センター長が不適当と認めたもの
《レファレンス・サービス》
第15条 利用者は,次のレファレンス・サービスを受けることができる。
(1)資料等の利用指導
(2)資料等の所在,所蔵についての調査及び援助
(3)文献並びに情報検索についての調査及び援助
《相互利用》
第16条 利用者は,情報サービスセンターが所蔵していない資料について,所定の手続により他図書館等との次の相
互利用サービスを受けることができる。
(1)紹介状の発行
(2)資料の借用依頼
(3)資料の複写依頼
《弁償》
第17条 利用者は,利用中の施設を損傷又は汚損した場合や,資料・機器を紛失,損傷又は汚損した場合は,直ちに
諸規則諸規程
センター長に届け出て,センター長の指示に従い,現物又は相当代金を弁償しなければならない。
《利用規律の遵守》
第18条 利用者は,次の事項を守らなければならない。
(1)センター長が定める注意事項等に従うこと。
(2)他の利用者の迷惑となる行為をしないこと。
(3)飲食物を持ち込まないこと。
(4)喫煙をしないこと。
(5)センター職員の指示に従うこと。
《利用の制限》
第19条 この内規に違反した者に対しては,利用を制限又は停止することがある。
附 則
この内規は,平成15年10月1日から施行する。
附 則
この内規は,平成20年4月1日から施行する。
231
232
キャンパス案内
キャンパス案内
233
234
運動部寮
校舎等配置図
1号館(本館棟)案内図
1 階
掲示板︵学生教務課︶
掲示板︵キャリア課︶
風除室
大学院掲示板
掲示板︵総合情報センター・学生教務課︶
入試・広報課
学生教務課掲示板
学生教務課
情報ディスプレイ
相談室
学 生
部長室
相談室
キャリア課
2 階
キャンパス案内
小会議室
大会議室
総務課
総務課
理事長室
法人役員
応接室
学部長・
大学院
研究科
委員長室
235
1号館(本館棟)案内図
3 階
⻠⟵ቶ
⻠⟵ቶ
4 階
236
1号館(本館棟)案内図
5 階
6 階
キャンパス案内
ᢪ‫⮮ޓ‬
ᳰ‫↰ޓ‬
677
676
675
674
三 宅
602 ࠺ࠖࡌ࡯࠻ቶ
自販機
237
1号館(本館棟)案内図
7 階
圓 岡
学生
研究室
758
原(豪)
神 野
757
渡 邊
山口(豊)
川 名
原田
(恵)
自販機
238
小早川
3号館(体育館)案内図
1 階
事務室
売店Grape
SUBWAY
自 販 機
2 階
バドミントン
(男子)
キャンパス案内
バレー
バドミントン
(女子)
テニス
陸上
239
4号館(総合情報センター棟)案内図
1 階
西貝
自販機
2 階
3 階
240
5号館(フロンティア研究棟)案内図
1 階
8号館
事務室
2 階
大城
山崎
吉田
鈴木
キャンパス案内
3 階
学生相談室
学生研究室 (コミュニケーションルーム)
学生相談室
(カウンセリングルーム)
241
6号館(学生会館ピオ-ネ)案内図
1 階
同好会室3
学科学生室
S. E
学友会総務部
学科学生室
M. C
2 階
サッカー部
(女子)
RIVA
B-HOBBY, 漫画同好会
242
7号館(研究棟)案内図
1 階
2 階
キャンパス案内
山口(崇)
243
7号館(研究棟)案内図
3 階
河 野
花 田
4 階
ࠬࠦ࡯࡜ቶ
後援会室
244
校友会室
寺 嶋
岸 本
8号館(東アジア環境・経済研究棟)案内図
1 階
緑化テラス
倉庫 1
会議室 2
8106
電気室
シャワー室
作業室 2
8105
給湯室
作業室 1
8104
会議室 1
8103
センター長室
8102
展示ホール
ホール
サーバー室
8101
EV
倉庫 2
風除室
▲
5 号館
2 階
バルコニー
コピー
コーナー
基盤Gデータ
アーカイブ室
8207
学生研究室
8212
基盤・水圏G
データ処理室
8206
学生研究室
8211
8205
藤 原
8204
学生研究室
8210
櫻 井
8203
浅 沼
8202
学生研究室
8209
朴
8201
戦略研究研究室 1
8208
EV
ホール
給湯室
倉庫 3
キャンパス案内
EV
3 階
バルコニー
コピー
コーナー
学生研究室
8312
学生研究室
8311
経済社会圏G 陸圏・経済社会圏G
データ処理室
データ処理室
8305
8307
8306
学生研究室
8310
学生研究室
8309
ケビン 原田(一) 原(慶) 富 田
8304 8303 8302 8301
戦略研究研究室 2
8308
EV
ホール
給湯室
倉庫 4
EV
245
246
Q&A(よくある質問)
1.履修登録に関すること
Q A 履修登録を忘れた場合はどうなりますか。
修学の意思がない者として,学則に基づき除籍される場合があります。
また,正しい履修登録が行われないと,定期試験等を受験できなくなることもあるので注意してください。
毎年,定期試験期間になって初めて,履修登録の不備に気がつく学生が何人かいます。
Q 入学当初のカリキュラムが在学中に変更になることはありますか。
A 原則的にはありません。したがって,学生は入学年度に示されたカリキュラムを卒業まで履修することに
なります。
ただし,その後の入学者に対するカリキュラムが変更されると,学年進行につれて旧力リキュラムの履修
に影響を与えることがありますので,自分のカリキュラムの当該学年に配当されている科目は,当該年度内
で修得するよう心がけてください。
Q 事前に自動登録される科目があると聞きましたが,それはどんな科目ですか。
A 履修のし忘れを防ぐために行う自動登録の科目は,自分の在籍する学年に配当されている必修科目と留学
生を対象とした一部の科目だけです。選択必修科目(例外あり)や選択科目,あるいは再履修の必修科目は
自動登録の対象外なので,自分で履修登録することになります。
なお,自動登録される必修科目の内容は,年度当初のガイダンスの際に配付される「必修科目事前登録リ
スト」により確認してください。
Q 不合格になった科目は,再履修して合格すれば不合格の表示は消えますか。
A 単位修得した科目は再履修できませんが,不合格になった科目については,再履修すれば再履修後の成績
に置き換えられます。
ただし,GPAは,不合格になった科目も含めて算出するため,値が低下する原因になるので,科目履修を
途中で放棄したり,始めから過剰な履修登録をするようなことのないよう注意してください。
履修登録した科目を取り消すことはできますか。
A 前期開講科目は,4月の履修登録・確認期間内であればJ-portで取り消すことができます。後期開講科目
は,4月の履修登録・確認期間,9月の履修登録修正・確認期間内にJ-portで取り消すことができます。
ただし,むやみに取り消しをして,進級要件や卒業要件が不足することもあるので,注意してください。
Q 授業に出席していたのに,履修登録し忘れていました。追加登録できますか。
A 履修登録(修正)期間以降の登録は認めていませんので,必ず期間内に確認してください。
Q 「J-port」を使って,どんなふうに履修登録するのですか?
A 「J-port」での履修登録は,簡単に言えばパソコンを使って行うWeb履修です。
科目のシラバスを閲覧しながら,各曜日・時限ごとに,履修できる科目の中から選択しながら履修登録す
ることができます。この「J-port」履修では,間違った登録をするとすぐにエラー表示がでたり,科目の選
択内容をその場で確認しながら登録できるので,登録ミスを防ぐことができます。登録内容は,印刷機能で
一覧表にして確認することもできます。また,登録した結果が進級要件や卒業要件に適っているかどうかも
その場で確認できるので,自分の思い違い,勘違いもなくなります。
247
Q&A(よくある質問)
Q 必要な情報を検索しながら,勘違いや間違いのない履修登録を行うことができるのが,「J-port」履修の
大きな特徴です。
操作方法の詳細については,別に配布される「利用ガイド」で確認してください。
なお,登録作業は,データ伝送のトラブル等を防ぎたいため,当面は,コンピュータ実習室の端末または
必携ノートパソコンを使って,指定期間内に,学内からだけで行うことになります。
Q 「J-port」を使って履修登録した後,登録内容を確認できる機会はありますか?
A パソコンからの入力で行う「J-port」履修では,登録作業と確認作業が同時に行えます。履修したい科目
を全て登録した後「確定」ボタンを押すと,「正常に登録されました。」というメッセージが表示されます。
正常に登録できていない場合は,「エラーメッセージ」が表示されるので,もう一度登録し直して,正常な
登録が行われるまで作業を続けることになります。
また,「J-port」履修では,履修登録完了後も,自分の登録した科目の状況(一覧)は,学内のコンピュー
タ実習室の端末や必携ノートパソコンからはもちろんのこと,自宅などの学外にあるパソコンからも,いつ
でも確認することができます。
Q 集中授業を履修したい場合はどうすればよいですか。
A 「J-port」を使って通常の科目と同様に行うことになりますが,集中授業の科目は「J-port」の「履修登
録画面」の左下にまとめて表示されます。履修したい集中授業科目をその中から選択して登録してください。
なお,夏季に行う集中授業の「履修対象学期」は「前期」で,冬季に行う集中授業は「後期」で履修登録し
てください。また,複数の集中授業を履修する場合は,それぞれの日程を確認し,重複しないように登録し
てください。
Q 後期にも履修登録することができると聞きましたが、本当ですか?
A 後期にできるのは,履修登録ではなくて,正確に言うと履修の修正登録です。後期ガイダンスで配布され
る前期の成績の結果によって,履修科目を「追加」しないと進級や卒業の要件を満たすことができなくなっ
た場合などに行うのが後期の履修修正登録です。その場合ももちろん,後期から授業の始まる後期科目だけ
が対象となりますが,後期科目であっても,履修できない科目もあるので,注意してください。また,放送
大学および千葉県内私立大学との単位互換科目も履修修正登録の対象にはなりません。
Q 放送大学の授業を受けたい場合の履修登録の方法を教えてください。
A 本学が単位互換科目として指定する放送大学の授業科目の受講は,年度の後期(10月)からです。履修を
希望する場合は,学生教務課窓口で申請手続きをして下さい。
千葉県内私立大学との単位互換科目の履修を希望する場合も,放送大学と同様に学生教務課で履修登録手
続きを行ってください。ただし,県内私立大学の場合は,相手大学との所定の手続きを履修登録の期間より
前に行いますので,その手続きが行われていないと履修登録が無効になります。
いずれの場合も,受講を希望する場合は,4月の早い段階で学生教務課にその旨を申し出て,その後の手
続きについて確認してください。
なお,どちらの受講も履修料が必要になります。(県内私立大学との単位互換科目には,一部履修料が無
料のものもあります。)
248
2.授業に関すること
Q A 授業を受ける上で注意することはありますか?
授業を受ける上で、教員や他の履修者の妨げにならないよう、以下のことを注意する必要があります。
①私語を慎む ②遅刻をしない ③途中退室をしない
④飲食しない ⑤私事をしない ⑥レポート等の提出物の提出期限を遵守する
Q A 忌引のため授業を欠席しました。どうしたらいいですか
学生のみなさんが授業を欠席した場合,
「欠席届」を提出することが出来ます。なお,事由により,公欠的
な取扱いになる場合とならない場合があるので、注意してください。
◇公欠的な取扱いとなる場合
事 由
課外活動(公式戦等の参加を大学が許可した場合)
証明者
部長,顧問等
添付書類等
開催要項等
忌引(3親等まで)
保護者
死亡に関する書類(会葬通知等)
公共交通機関の運休及び遅延
不 要
交通機関の遅延証明書
※居住地からの交通機関に限る
教職課程に関する実習や行事への参加
学芸員課程に関する実習や行事への参加
学校保健安全法に規定されている感染症による出席
停止
教職担当教員
不要
学芸員担当教員
不要
医務室長
治癒証明書の写し
その他,教務委員長が適当と認めた場合
◇公欠的な取扱いとならない場合
上記「公欠的な取扱いとならない場合」以外の場合
◇書式の入手方法および手順
1)大学HP「様式ダウンロード」から「欠席届」をダウンロードする。
もしくは,学生教務課窓口で受け取る。
2)必要事項を記入し,証明者に署名に署名・捺印をしてもらう。
事由によっては,証明書類を添付する。
3)
「公欠的な取扱いとなる場合」は,学生教務課へ提出する。
◇注意事項
欠席日から前後1週間以内に提出すること。
Q A 交通事故に遭い,1ヶ月入院することになりました。どうしたらいいでしょうか。
交通事故や病気で入院し,3週間以上出席できなくなった場合は,学生教務課へ電話して(保護者が電話
しても可),詳しい状況を報告してください。履修している授業担当者へ長期欠席する旨を報告します。た
だし,欠席した回数によっては,単位修得できない場合もあります。
Q A 教科書販売期間に教科書を買い忘れてしまったのですが。
1号館1階のブックセンターで購入してください。在庫がない場合は注文することができます。
249
Q&A(よくある質問)
「公欠的な取扱いとならない場合」は,直接授業担当教員に提出する。
3.試験に関すること
Q 平常試験と定期試験の違いはなんですか。
A 定期試験は,学期末に設定されている定期試験期間中に行う試験であり,試験専用の時間割で行うので注
意が必要です。また,定期試験を病気等で欠席した場合,追試験を受けることができます。一方,平常試験
は,授業担当者が授業内に行う試験で,試験日については,授業中あるいは掲示板で周知します。
Q 定期試験(追試験,再試験)に遅刻してしまいましたが、受験できますか。
A 15分以内であれば遅刻を認めますが,15分を超えてしまったら受験できません。なお,遅刻の原因が,公
共の交通機関の遅延によるものであり,遅延証明書があれば,追試験を受けられます。
4.成績評価に関すること
Q どのように成績をつけたか確認することはできますか。
A 各授業科目のシラバスに「成績評価の方法」が掲載されているので確認してください。また,学期の初め
に「成績に関する質問」ができる期間を設定しています。この期間内に様式を大学のホームページからダウ
ンロードして,質問を記入し,学生教務課へ提出してください。約1週間後に質問の回答を返却します。な
お,記入内容によっては,受取らない場合もあります。
Q 授業に毎回出席していたのに,不合格でした。どうしてですか。
A シラバスに各授業の評価の方法が記載されているので,確認してください。おそらく試験の点数やレポー
トの評価がよくなかったのではないでしょうか。授業に出席していただけで合格するとは限りません。
Q 他大学との単位互換で修得した単位は,卒業要件単位として認められますか。
A 千葉県内私立大学との単位互換で履修した単位は,在学中に通算16単位までを自分の所属する学科の専門
教育科目(選択)の単位として換算することができます。また,放送大学との単位互換で履修した単位は,
合計で12単位までを共通基礎科目の選択の単位として換算することができます。これらの履修はいずれも所
定期間内に所用の履修登録手続きを済ませることによって初めて可能となります。
なお,放送大学および千葉県内私立大学との単位互換科目を履修できるのは,1年次から3年次までの学
生に限られています。
Q 教職課程および学芸員課程の履修で修得した単位は,卒業要件単位として認められますか。
A 総合情報学科の専門教育科目に配当されている科目であれば,卒業要件の単位として認められますが,科
目は多くありません。教職課程および学芸員課程を履修しようとする学生は,履修登録にあたってこのこと
に注意が必要であると同時に,卒業に必要な単位の修得以上の学習が必要になることを肝に銘じて履修する
ようにしてください。
Q 以前在学していた短大で修得した単位は卒業要件単位として認められますか。
A 大学または短期大学を卒業または中途退学して,新たに本学の1年次に入学した場合に,審査の上既修得
単位の全部または一部を認定することがあります。該当する場合は当該年度の履修登録開始前までに学生教
務課に申し出てください。
250
様式サンプル等
様式サンプル等
251
様式1 成績評価に関する質問票
成 績 評 価 に 関 す る 質 問 票
(平成 年度 前期・後期・通年科目)
学科・学年
学籍番号
氏 名 印
配付された成績表に記載されている履修科目の評価について,下記のとおり質問します。
科目担当者
対象科目
評価内容
( 曜日 時限 クラス)
秀 ・ 優 ・ 良 ・ 可 ・ 不 ・ 欠 【いずれかに○】 質問の理由
質問内容を,でき
るだけ詳しく,必
ず記入すること。
※「質問の理由」が明確
に記入されていないも
のは受付けない。 【科目担当者からのコメント】
平成 年 月 日 科目担当者 印
注1)当該年度に履修している科目に対してのみ質問を受付ける。
注2)受付期間を過ぎての質問票は一切受付けない。
注3)1枚の質問票には1科目に対する質問のみ記入すること。
注4)この用紙は,大学ホームページ「各種届出・様式ダウンロード」から出力(期間限定)
すること。
252
様式2 時間割変更申請書
再履修科目が自動登録された必修科目と同一時限に配当されて履修できない場合,時間割を変更するた
めの申請書です。学生教務課で相談の上,配付します。
平成 年 月 日
時 間 割 変 更 申 請 書
以下のとおり,時間割の変更を申請いたします。
学科 年 学籍番号 氏名
変更を希望する科目名:
学 期
必 選
区 分
クラス
曜 日
時 限
登録番号
担 当 者
変更前
許可印
変更後
重複している科目名:
必 選
区 分
クラス
曜 日
時 限
登録番号
様式サンプル等
学 期
担 当 者
※ 申請は,原則として必修科目が同一時間割に配当されている場合のみとする。
※ 変更後の授業科目担当者に許可を得ること。(許可印必要)
※ 担当者が非常勤講師の場合は,学生教務課に提出すること。
253
様式3 欠 席 届
欠 席 届
平成 年 月 日
授業担当教員
様
学部・研究科等 学科・課程・学年等 ( 年)
学 籍 番 号 氏 名 団 体 名 ※団体での活動で欠席する場合は、団体名を記載し,名簿を添付すること。
しますので
下記のとおり,授業を欠席 お届けいたします。
しましたので
記
1 欠席する授業科目名
( 曜日 時限)
2 欠席の期日
平成 年 月 日 ~ 平成 年 月 日
3 欠席の理由
□ 大学の許可を得て課外活動の公式戦等に参加 ※大会等への参加を証明する書類等を添付
□ 忌引(3親等まで) ※会葬案内等を添付
□ 公共交通機関の運休及び遅延 ※交通機関の遅延証明書を添付
□ 教職課程に関する実習及び行事への参加
□ 学芸員課程に関する実習及び行事への参加
□ 感染症による出席停止 ※治癒証明書の写しを添付
□ その他の活動(その他の活動を証明する書類等を添付すること。)
□ 上記以外
4 上記欠席事由の詳細
(証明者記載事項)
証明者 印
254
交通案内図
「情報大正門」下車。
255
学生ハンドブック(2014年度)
東京情報大学
総合情報学部
大学院総合情報学研究科
編集・発行
学生教務課
平成26年4月1日
学籍番号
氏 名
この学生ハンドブックは卒業まで使用しますので、大切に使用してください。
256
学事暦カレンダー(2014 / 4 ~ 2015 / 3)
2014
4月(April)
5月(May)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
火
水
木 学)ガイダンス(~9日)
金
土 入学式
日
●
月 定期健康診断(~9日)
火
水
11
12
13
14
15
16
金
土
日
●
月
火
水 院)履修届・修士論文
計画書提出締切(M)
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火 昭和の日(通常授業日)
●
水
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10 木 授業開始
学)履修登録・確認期間
(~17日)
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
木
金
土
●
日
●
月
●
火
●
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
憲法記念日
みどりの日
こどもの日
振替休日
6月(June)
7月(July)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月 院)論文内容の要旨
提出締切(D3)
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火 院)論文要旨発表会
(D3)
水
木
金
土
日
●
月 海の日(通常授業日)
●
火
水
木 補講日(~25日)
金
土
日
●
月
火
水 学)定期試験
(~8月1日)
木
8月(August)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
金
土
日
●
月 夏季休業開始
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水 学)追試験(~21日)
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
9月(September)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月 敬老の日
●
火
水
木
19 金 授業再開
学)後期履修登録修正・
確認期間(~25日)
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土
日
●
月
火
●
秋分の日(通常授業日)
水
木
金
土 保護者教職員懇談会
日
●
月
火 学)9月卒業
院)9月修了
2015
10月(October)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
●
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
体育の日(通常授業日)
翔風祭準備(休講)
翔風祭(~26日)
翔風祭片付け(休講)
11月(November)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
土
日
●
月
●
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
●
25
26
27
28
29
30
火
水
木
金
土
日
●
文化の日(通常授業日)
院)口頭論述発表会(D3)
勤労感謝の日
勤労感謝の日の振替
休日(通常授業日)
12月(December)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
●
水
木
金
土
日
●
月
火
水
天皇誕生日・創立記念日
創立記念日の振替休日
冬季休業開始
1月(January)
2月(February)
3月(March)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
木
●
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
●
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木
元旦
授業再開
院)博士請求論文提出締切(D3)
成人の日
休講
院)修士請求論文提出締切(M2)
補講日
(~22日)
学)学年末定期試験(~29日)
30 金 学)
卒業論文発表会
院)
博士論文計画書
提出締切
(D1)
院)
研究経過報告書
提出締切
(D2)
31 土
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月 学)
追試験
(~10日)
火 院)論文計画審査会(D1)
院)研究経過報告会(D2)
水 建国記念日
●
木
金
土
日
●
月 院)口頭論文発表会(M2)
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水
木 学)再試験(~27日)
金
土
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
日
●
月
火
水
木
金 法人創立記念日
土
日
●
月
火
水
木
金
土
日
●
月
火
水 学)卒業・進級者発表
院)修了者発表
木
金
土 春分の日
●
日
●
月
火
水 学)卒業式
院)修了式
木
金
土
日
●
月
火
Fly UP