...

Norton Internet Security 200 Norton Internet

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Norton Internet Security 200 Norton Internet
「Norton Internet Security 2009
2009」をご利用されている場合の
」をご利用されている場合の SASTIK 起動について
SASTIK をパソコンに接続し、プログラムを起動すると、「セキュリティ警告」のダイアログが表示され、次の各プログラム
に対する接続要求、及び処理方法の確認を要求されることがあります。
Adapter.exe
ToolbarZ.exe
LocalProxy.exe
SastikBrowser.exe
WIN32sas.exe
sastik.exe
ここで「常にすべてのポートでこのプログラムからの接続を許可する」を
選択すると、今後 SASTIK のご利用は問題なく可能となりますが、「常にすべてのポートでこのプログラムからの接続を遮
断する」を選択すると、SASTIK の通信は遮断され、「サーバからの応答がありません。」というメッセージが表示されるよう
になります。
本書では、この状態の解消方法を紹介いたします。
ゲスト(Guest)ユーザとしてログインされている場合等、状況を改善できない場合があります。詳しくはコンピュー
タの管理者様へお問い合わせください。
SASTIKアプリケーションの起動許可について
SASTIK アプリケーションの起動許可設定に関して【事前準備】及び【設定方法】に記載致します。
一時的に Norton AntiVirus の機能を無効化し、SASTIK ブラウザを起動した状態で実施して下さい。
【事前準備】
事前準備】
1.
[マイコンピュータ]を開き、メニューバーから[ツ
ール]-[フォルダオプション]を選択して下さい。
2.
[フォルダオプション]画面が表示されたら、[表
示]タブを選択し、次の項目を変更します。
ファイルとフォルダの表示
「すべてのファイルとフォルダを表示する」
を選択します。
保護されたオペレーティングシステムファ
イルを表示しない
チェックボックスをOFFにします。
このとき、警告のダイアログボックスがでま
すが、「はい」を選択します。
変更が終わったら、[OK]ボタンを押します。
本書に示す作業が完了しましたら、ここで変更している項目を元に戻していただいて問題ございません。
【遮断状態からの復帰方法】
SASTIK 関連プログラムからの接続要求に対し、「常にすべてのポートでこのプログラムからの接続を遮断する」を選択さ
れた場合、以下の変更を行うことで SASTIK のご利用は可能となります。
ゲスト(Guest)ユーザとしてログインされている場合等、状況を改善できない場合があります。詳しくはコンピュー
タの管理者様へお問い合わせください。
1.
タスクトレイの Norton Internet Security アイコンをダブルクリックします。
2.
Norton Internet Security のメイン画面が表示ま
す。画面中段の[インターネット]の[設定]をクリッ
クします。
3.
[インターネットの設定]画面が開きます。画面中
の「スマートファイアーウォール」をクリックすると
さらにメニューが表示されますので、「プログラ
ム制御」行の右側にある「設定」をクリックしま
す。
4.
例外設定に、SASTIK 関連のファイル群を登録します。
ここで追加するファイル名と、一般的に存在するディレクトリは、以下のとおりです。
Adapter.exe
SASWatchdog.exe
ToolbarZ.exe
上記 3 ファイルは、下記ディレクトリです。
C:\Document and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Temp\$sastik3
Win32sas.exe
C:\Document and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Temp\
SastikBrowser.exe
C:\Document and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Temp\$sastik3\Wall_Browser
LocalProxy.exe
C:\Document and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\Temp\$sastik3\Local_Proxy
以降、(5)~(9)の解説は、”Adapter.exe”を例にして解説いたします。
5.
(3)で開いた詳細画面に Norton Internet
Security が制御しているプログラムの一覧が表
示されます。(4)の対象プログラムが一覧に表示
されていた場合、そのまま(8)に進みます。
ない場合は、画面左下付近にある[追加]をクリ
ックします。
6.
[マイコンピュータ]-[C ドライブ]-[Document and
Settings]-[( 現 在 ロ グ イ ン 中 の ) ユ ー ザ
名]-[Local Settings]-[Temp]-[$sastik3]を選択
します。
”Adapter.exe”を選択して「開く」をクリックします。
7.
“Adapter.exe”が追加されていることを確認しま
す。現状ではアクセスの項目が[遮断する]となっ
ています。
8.
“Adapter.exe”のアクセスの項目を[許可する]に変更します。
以降、(4)にございます全てのファイルに対して同様に設定を行い、作業は完了です。
【おことわり】
本書は Symantec 社の KnowledgeBase を元に株式会社サスライトにて再構成したものです。
Symantec 社は本書の内容には一切関係御座いませんので、予めご了承願います。
Fly UP