...

Page 1 PerSOnal LaminatOr すぐに使える60秒高速予熱 100~150

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

Page 1 PerSOnal LaminatOr すぐに使える60秒高速予熱 100~150
Personal
Laminator
パーソナル
ラミネーター
保証書付
r 一 1
■■
■■口“
F 一
,ル │
◎すぐに使える60秒 高速予熱
二
E
=コ
A4タ イプ
A3タ イプ
◎ 100∼ 150ミ クロンフィルム対応
LAM-806
LAM-906
◎巻き込み時に逆転ボタンで対応
◎写真や手紙、書類を手軽 に
簡単ラミネー ト
安全上の ご注意 一一一一-1∼ 2
各部 の名称 とlllき ―一一-3
ご使用方法
―
一
準
備
一
一
一
一
一
一
-4
ラミネー ト開始 一一-5
一一… 6
ラミネー ト終了 ―
このたびは、弊社製品をお買い上げいただき、
一一一…… 7
お手入れ方法 ―
まことにあ りが とうございます。
一… 8
故障かなと思 つた ら ―
● この取扱説明書 をよ くお読みの うえ、正 し
専用のラミネー トフィルム
‐
をお使い ください 一一一 9
―
9
仕様 ―
く安全にお使い ください。
● ご使用前に 「安全上の ご注意」 (1∼ 2ペ ー
ジ)を 必ずお読み ください。
●取扱説明書をお読み になつたあとは、必要
な時に取 り出せるように、保証書 と一緒に
…
メモ ー
10
保証書
大切に保管 して ください。
●保証書は、「お買い上げ日・ 販売店名Jな ど
の記入を必ずお確かめ ください。
‐
品「 0015336/0015337
1理
へ 注意
こ使用の前にこの 「安全上のこ注意Jを よくお読みの上、記載事項をお守 りいただき、
正 しくお使いください。
■表示について :表 示内容を無視 して誤 った使い方を したときに生 じる危害や損害の
程度を次の表示で区分 し、説明 しています。
‡
△
i
ど
ゝ
TP欄
は 明 亡または動 額 う可誂 燦 定される」
警
告
民予
注
意
手 9喬 籠程察績ξ
また 働
峠
害 が発生
庸 乱 労 萌
■お守 りいただ く内容の種類を、次の図記号で区分 し、説明 しています。
(下 記は図記号の―例 です。
)
禁止
指示
この図記号は、 してはいけない 「禁止」内容です。
この図記号は、必ず実行 していただく「強制」内容です。
⑨
幼児、お子様には絶対に使用させない。
やけどやけがなど事故のおそれがありま
す。
猾
髪の毛を投入口に近付けない。
巻き込まれることにより、やけどやけがな
ど事故のおそれがあります。
⑬
使用中や使用直後は本体上部に触れない。
やけどやけがなど事故のおそれがありま
す。
e
使用直後は電源プラグを抜 く。
誤作動により、けがなど事故のおそれがあ
ります。
⑪
投入口や排出口に手や指を絶対に入れない。
やけどやけがなど事故のおそれがあります。
ネクタイ、ネックレス、衣類などを投入ロ
に近付けない。
巻き込まれることにより、けがなど事故の
おそれがあります。
⑪
③
⑬
机等の安定 した平面上で使用 し、底部の通
気口をふさがない。
本体が異常発熱 し、故障や火災のおそれが
あります。
コンセン トや配線器具の定格を超える使い
方はしない。
定格を超えますと発熱による火災、感電の
おそれがあります。
e
発熱、発煙、異臭、異音、異物混入などの
異常があつた時は電源プラグを抜 く。
火災や感電のおそれがあります。使用を中
止 し、販売店に修理を依頼 してください。
電源コー ドやプラグを傷つけたり、加工 し
たり、重いものを乗せたりしない。
痛んだまま使用 しますと火災や感電の原因
になります。
⑬
ぬれた手で電源プラグを抜き差 ししない。
感電のおそれがあります。
⑬
電源は交流 100V50ノ 60 Hz以 外では使用 し
ない。
火災、感電のおそれがあります。
分解、改造、修理を しない。
火災や感電、けがのおそれがあります。
販売店に修理を依頼 してください。
通電 したままで長時間放置 しない
故障や火災のおそれがあります。
Θ
●
●
e
e
③
③
フィルムを含めての厚さが 0.5mmを
超えるものはラミネー トしない。
故障の原因になります。
ステップル、クリップ、ビンは取 り除く。
故障の原因になります。
使用が終了したら電源を切る。
誤作動、火災の原因になるおそれがあり
ます。
長時間ご使用にならないとき、移動する
ときは電源を切 り、電源プラグを抜 く。
火災や感電の原因になります。
お手入れのときは必ず電源を切り、電源
プラグを抜く。
感電、けがのおそれがあります。
高温、多湿の場所、ほこりの多い場所で
は使用 しない。
火災、感電の原因になります。
機械内部に金属類を入れたり、油類や
水をかけない。
火災、感電の原因になります。
⑬
●
●
上に物を乗せない。
変形、故障の原因になります。
水平で安定 した場所に設置する。
本体が倒れ、けがをするおそれがありま
す。
落下、破損 した場合は使用を中止する。
火災や感電の原因になります。使用を中
止 し、販売店に修理を依頼 してください。
e
e
電源プラグを抜くときは必ずプラグ部を
持つ。
コー ドが破損し、感電、火災の原因に
なります。
③
熱気具や火気のそばで使用 しない。
キャビネッ トが変形 し、火災、感電、
誤作動の故障の原因になります。
Θ
電源プラグはコンセン トに根元まで確実
に差 し込む。
火災、感電のおそれがあります。
直射日光のあたる場所に設置しない。
誤作動、故障の原因になります。
フィルム出口 (後 部)
①差 し込みプラグを電源 コンセントに差し込みま丸
″
②本体右側面の主電源スイツチを I〃 猥1に した後、本体 上面の電源ボタンを長押し
しま丸 適温ランプが点滅しま丸
③温度調節ボタンを押し、適切な温度に合わせます。温度調節ボタンを一回押すごと
に I→ Ⅱ→ Ⅲ→ I… と順番に移動 しま丸
④適温ランプが点灯したら準備完了で丸 ランプが点灯するまで約60秒 かかりま丸
(温 度設定や周囲の温度により変化します)
主電源スイ ツチ
操作部分
温度調節ボタン
電源ボタン
主電源スイッチ
フィルム投入口
機 な機轟
==「
‐==―
一
―
′
ゝ
轟
脇
濾
責
嵐
嘉
などが故障する こともあ りません。
Ⅱ 口=H国
● 本製品 は 100/150ミ ク ロンフイルム専用です。
● 一度ラ ミネー トしたものは三度 と元に戻す ことができません。
原稿の種類や厚 さ、使用方法、周囲の温度等によ り、必ず しもうま くいかない
場合があ りますので、 ご使用前 に充分にご注意 ください。
● 次 のものはラミネー トしないで ください。
。フィルムを含めて厚みが 0.5mmを 超えるもの 。片面 のみのラミネ ー ト
・ ラミネ ー ト前にカ ッ トしたフィル ムを使 つてのラミネー ト
・ フィルムに対 して内容物が著 しく小さい (余 白部分が大 きい)ラ ミネー ト
・ 複数 のフイルムを継ぎ足 して行 うラミネー ト
・ 紙幣、株券な どの有価証券 。たつた 1枚 しかないような大切な もの
。感熱紙な どの熱によ つて変色するもの 。磁気カー ド類・ ク レヨンや溶剤系絵
の具で描 いた絵な ど 。ビニールやプラスチ ックなど
。先端が とがつたもの、折れ曲がつているもの、湾曲 したもの
。金属、布、花など紙以外 のもの、水分、油分を含 んだ湿 つた紙
● 1時 間以 上連続で使用 しないで ください。 1時 間経過後は電源 スイ ツチを切 り、
1時 間以上機械 を休 ませてか ら再度 ご使用 ください。
● 本製品の使用中 に、照明器具などにチラツキが発生する ことがあ ります。 これ
は、温度制御を行 う上で発生するもので故障ではあ りません。 また、照明器具
温度調整の目安
I
:
フィルム
内容物
100ミ クロン
薄い
100ミ クロン
記い
涯
150ミ クロン
薄い
150ミ クロン
厚い
Ⅱ
Ⅲ
│:│::::│:││││
│:lili:111露 1:‡ │││#│:IIII11
│llilだ │││:I:::;iiili:│:│
逆転ボタン
△
注意
△
注意
●温度設定を !以 外から低 い設定に変更する (llか ら │に 、Ⅲから lや ‖に)際 には最大
で10分 程度かかりま丸
薄いものと厚 いものをラミネー トする場合は、先に薄いものを行つたあと、温度変更して
●ラミネー トする前にハサミやカッター等で切断加工 したフイルムは絶対に使用 しな
いでください。フィルム巻き込みの原因になります。
●操作中 (フ ィルムが取 り出し口から完全に出終わるまで)は 、本体から目を離さな
作業することをおすすめしま丸
●机などの安定した平面上で必ず使用してください。じゆうたんやクッション、布製品、ビ
ニールシー ト、プラスチック製品、ガラス板等、熱の影響を受けやすい物の上では絶対 に
使用しないでください。本体の発熱で破損や故障、火災になるおそれがありま丸
●フィルムを含めての厚さが0.5mmを 超る ものはラミネー トできません。
いでください。
●ラミネー トする物の厚みはフィルムを含めて 0.5mmを 超えないでください。
ラミネー トがうまくできなかつたり、本体を破損するおそれがあ ります。
●フィルムに内容物をはさむ場合はフイルム先端の接着部まで しつかり挿入 し、先端
部分の余白を残さないようにしてください。先端部分の余白が多いと途中で詰まる
使用上
●内部のローラーが加熱されることによつで ゴムの臭いを感じることがありますが、
問題ありません。
温度なじ により、適温ランプの点灯時間は異なりま丸 ラミネー トの仕
●周囲の環境 (季 節 。
場合があります。
●フィルムがまつすぐに入らないで斜めに入ると、 フイルムがシワにな つたり、途中
で詰まる場合があ ります。詰まつた時は、逆転ボタンを押 しながら、投入国から引
上がりも変わる場合がありますので、ご注意ください。
●ラミネーター本体に外気やエアコンの風、暖房機の熱や温風を直接当てないでください。
ラミネー トがきれいに仕上がらない場合がありま丸
き出してください。
●連続でのご使用は 1時 間以内に してください。
●適温ランプが点灯 していない状態でのラミネー トは しないでください。シワの原因
になります。
●インクジ ェッ トプリンターで印刷 した用紙をラミネー トする場合は、充分に乾燥さ
せてからラミネー トしてください。
乾燥が不充分の場合、インクの水分が蒸気とな り、接着不良やシワの発生、詰まり
適温ランプが、点灯していることを確認してください。
レムの接着部からフィルム
ラミネー トしたいものをラミネー トフィルムにはさみ、フィメ
ー
トするもの (内 容物)よ リー
フ
ルムはラミ
ネ
つ
し
ださい。
ィ
てく
すぐに挿入
投入口にま
回り大きいフィルム (余 白が2∼ 3mm程 度)を 使用 してください。
●余白が大きい場合は、未使用のコピー用紙
を半分に折り、内容物をセットしたフィルム
をはさんでラミネー トしてください。
①できるだけ先端奥に
②A4
Jピ ー用紙
(未 使用品)を 半分に折る
③対象物とフィルムは内側奥
にはさむ
′
の原因にな ります。
ラミネー トフィルムが途中で詰ま つて しまつた場合
①すぐに逆転ボタンを押してください。押している間だけローラーが逆回転し、
詰まつたラミネー トフィルムがフィルム投入口から出てきま丸 無理に引つ張ら
逆転ボタンを押してもフィルムが出ない場
ずに完全に出るまでお待ちください。
合は電源を切り、お買い求めの販売店にご相談ください。
②詰まりの原因を確認してください。(ロ ーラーのクリーニン公 温度調節の設定な
ど
続けてラミネー トできま魂
③逆転ボタンを離せば、
フィルム出口よリラミネー トされたものが出てきます。
無理に引つ張らま 完全 に出てくるまでお待ちくだきい。無理に引き出そうとすると、
故障の原因になりま丸
″″
主電源スイッチを ○ 側 にして、電源を切つてください。
④ラミネー ト実行
△
注意
●ラミネー トされたものをフィルム出口に放置しておきますと、本体の熱により変形する場
こんなときは ?
合がありますので、直ちに取り出してください。その際、フィルムが熱くなつている場合が
ありますので注意してください。
●ラミネー ト直後のフィルムは変形しやすくなつていますので、完全に冷茄 まで必嗅 平ら
電源スイッチを入れても動作しない
な場所で保管してください。
●続けてラミネー トする場合は前のフィルムが、フィルム出口から完全に出終わつたことを確
認してから次のフィルムを挿入してください。
●ご使用後、
保管する時は、充分に本体の温度が下がつてから行つてください。熱くなつてい
る状態で収納しますと、
故障や火災の原因となりま丸
このように対処 して ください。
電源プラグがコンセントに正しく接続されていますか?
●正しく接続してください。
″
主電源スイッチが I″ 側になつていますか?
″
本体上面
●本体右側面の主電源スイッチを I″ 側にしたあと、
1'
の電源ボタンを長押ししてください。
│
t
ラミネートフィルムが入つて
いかない
温度表示ランプが点灯していますか?
″
温度
●主電源スイツチを I″ 側にし、電源ボタンを長押しして、
表示ランプを点灯させてください。
ラミネー トできる厚みを超えていませんか?
ラミネーターを常に最良のコンディションを保つためには、
定期的なローラーのクリー
ニングは欠かせません。
こまめにローラーのクリーニングを行 い、手入れをよく施してください。
●本製品で加工できる厚みは原稿、フィルムをあわせて0.5mm
以下です。再度お確かめください。
ラミネートがうまくできない
出来上がつたラミネートが自つぱい
適温ランプが点灯していますか?
●適温ランプが点灯するまでお待ちください。
設定温度が低い可能性がありま丸
●ローラーのクリーニング
ラミネー トフィルムの糊が ローラーに付着し、フィルム巻き込みの原因になりま丸
定期的にローラーの清掃を行つてください。
●クリーニング方法
5枚 程度ラミネー ト加工を行うごとに、未使用のコピー用紙を 2つ 折りにして挿入口
に挿入し、数回の空通しを行つてください。用紙は折つた方から挿入してください。な
お、1度 通した面は汚れ、
糊が付着していますので再度使用しないでください。(巻 き
込みの原因となりま丸 )
新規に実行 してください。
●温度設定を 1段 階上げて、
フィルムが波打つ
新規に実行 してください。
●温度設計を 1段 階下げて、
適温ランプが点灯しない
●ローラークリーニング時にレポー ト用紙など薄手の用紙を使用すると、巻き込むおそれが
ありますので使用しないでください。もし、
巻き込んでしまつた場合は逆転ボタンを押しな
がら用紙を引き出してください。
●ローラーのクリーニングは、適温ランプ (緑 色)が 点灯している状態で実施してください。
待機モー ド中ではないでしょうか?
●周囲の環境 (温 度、季節など)に より、適温ランプの点灯時間
は異なりま魂
しばらくお待ちください。
フィルムが詰まつてしまつた
逆転ボタンを押してください。
(フ ィルム投入口にまだフィルムが
●押している間だけローラーが逆回転し、詰まったフィルムが
残つている場合)
注意
設定温度が高い可能性がありま曳
フィルム投入口から戻つてきます。
温度表示ランプと適温ランプが
一度主電源スイツチを切り、
数分後、
再び主電源スイッチを入れ
全て点灯している
てください。
●回復しない場合は、内部の電子回路の故障で丸 修理を依頼
してください。
上記の操作を行 つても症状が回復 しない場合は、使用を中止して、お求めの販売
店、または弊社修理 ご相談センターヘ修理をご依頼ください。
●フィルムは必ず「オーム電機製」のラミネートフィルムをご使用ください。
フィルムの特性が合わないと、シワの発生やフィルム詰まりの原因となります。
100ミ クロンタイプ…さまざまな用途に使えるスタンダー ドフィルム
150ミ クロンフィルム…しっかりとした、
腰のある厚手フィルム
用途
入り数
名刺
100枚
150ミ
クロンフィルム
サイズ (mm)
20枚
診察券
写真 (L判 )
はがき
B6
A5
B5
│1辞
20枚
眩
100枚
A3
:1鰤
68× 99
95× 135
鉾鶴5靭 議;:│
輔艤簸
20枚
│
100枚
:∞
106× 154
欝5藝
20枚
鷲
1麟警欝
100枚
11欝559蒻 豊
20枚
100枚
〕
勧鰺‡
:1:ce響 餞
1菫
20本 文
11轟 醸
覇
│
138× 192
16面 懸
鑢‡
100枚
20枚
‡
矮‡
│‡
籍醸艤 議
:
:難
158× 220
醸:繭 鰻
192× 267
00-5510
00-5511
輩鶴 爾 醸
216× 303
00-5512
20枚
籍
畿
鱗‡
競‡
100枚
::005畿
欝甦薔
20枚
60× 95
00-5502
誌轟轟‡
20枚
100枚
100枚
B4
55鰺
警
議議
畿
A4
00‐
││‡
267× 374
00-5514
:
00-5515
}0優 弱 れ蓼
100枚
303× 427
00-5516
仕様
A4タ イプ
型番・品番
電源
850W
消費電力
1畠 395×
1′
奥 行 155× 高 さ70mm
Oυ
外形寸法 (約 )
質量 (約 )
A3タ イプ
LAM-906 00-5337
A⊂ 100V 50/60Hz
LANl-806 00-5336
3.8kq
コード長
1300mm(1.3m)
ラミネー ト速度
50Hz 約 270mm/分
60Hz 約 330mm/分
最大ラミネー ト幅
最大ラミネー ト厚
200W
幅495× 奥行 155× 高 さ70mm
230mm
330mm
内容物を含めて0.5mm
10
見本
Fly UP