...

小諸市における死亡原因トップ3 ~死因別標準化死亡比~

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

小諸市における死亡原因トップ3 ~死因別標準化死亡比~
小諸市における死亡原因トップ3
~死因別標準化死亡比~
標
標準
準化
化死
死亡
亡比
比と
とは
は
e-Stat 政府統計の総合窓口 人口動態保健所・市町村統計より
標準化死亡比とは、人口構成の違いを除去して死亡率を比較するための指標です。
わが国の平均を100としており、標準化死亡比が100以上の場合は我が国の平均より死亡率が多いと判断され、
100以下の場合は死亡率が低いと判断されます。
小諸市の標準化死亡比をみると、全国・長野県・佐久地域よりも男女とも、急性心筋梗塞が高い状況です。
男性は大腸がん・心疾患、女性は肺炎・自殺が高い状況です。
死
死因
因別
別標
標準
準化
化死
死亡
亡比
比の
の変
変化
化
e-Stat 政府統計の総合窓口 人口動態保健所・市町村統計より
小諸市死因別標準化死亡比 男性
140
120
100
80
60
108.4
91.2
78.2 82.6
115.9
100.8
128.7
119.8
H10-14
94.4
H15-19
40
H20-24
20
0
大腸がん
心疾患(総数)
急性心筋梗塞
小諸市の男性の標準化死亡比をみると、大腸がん、心疾患・急性心筋梗塞が増加傾向です。
小諸市死因別標準化死亡比 女性
140
120
100
126.8120.9
80
60
122.3
104.6
74.1
75.2
H10-14
78.4
40
H15-19
H20-24
20
0
急性心筋梗塞
肺炎
自殺
小諸市の女性の標準化死亡比をみると、急性心筋梗塞、肺炎、自殺が増加傾向です。
死亡の原因になりやすい病気を予防するためには・・・・
心
心筋
筋梗
梗塞
塞に
につ
つい
いて
て
心筋梗塞の予防は、生活習慣の見直しから。心筋梗塞は、動脈硬化が進行することでおこります。動脈
硬化の危険因子である高血圧、高血糖、脂質異常症、肥満、運動不足、喫煙、ストレスは、二つ三つと
重なると、それぞれは軽度であっても、心筋梗塞を発症する割合が高くなることが知られています。
心筋梗塞の原因となる動脈硬化を進行させないためには、毎年特定健診を受診し、
生活習慣を見直すことが大切です。
特定健診を受診し、検診結果から生活の改善が必要な方へは、
特定保健指導を行っています。対象になってしまったら、生活習慣を見直す
チャンスととらえ、積極的に参加しましょう。
大
大腸
腸が
がん
んに
につ
つい
いて
て
食生活の欧米化などが原因で患者さんが急増しています。大腸がんは進行するまでほとんど自覚症状
がありません。定期的にがん検診を受診することで、大腸がんで亡くなるリスクが 60~80%減ると
いわれています。
自覚症状がない方が、早期の段階で見つけられるように、対象年齢となったら、がん検診は定期的
に受けることが大切です。
症状があって受診した場合には、進行したがんが見つかることがあります。
一方、がん検診定期的に受診し、がんが見つかった場合、そのがんは早期がん
である可能性が高いです。
早期であれば治せる可能性は非常に高く、治療も軽くすむことが多いので、
患者さんにかかる身体的負担、経済的負担や時間は一般的に少なくてすみます。
自覚症状があり受診し、進行がんで見つかった場合の治療は、身体にかかる
負担が大きく、時間がかかり、治すことが難しいこともあります。
大腸がんは、市の大腸がん検診を受診してください。大腸がんの死亡が多い状況であるため、40 歳以上の市
民は無料で受診することができます。7 月~12 月に市内の 19 医療機関で受診することができます。
詳細については、生活習慣病健診・がん検診をご覧ください。
自
自殺
殺の
の予
予防
防に
につ
つい
いて
て
からだ健康と同じように、「こころの健康」も誰もが損なう恐れがあるものです。
また、自殺に至る経過の中で直前にうつ病を抱えている方が多いことも分かっており、うつ
病対策は、自殺予防対策に大きく関係しています。
多くの方が一度は経験したことがあると報告されているうつ病ですが、その中でも実際に治
療を受けている人は少なく、うつ病患者さんの多くが適切な治療を受けていないというのが
実情です。
うつ病は、毎日の生活の中で起きる様々な出来事が重なり、さらにストレスが続くと発症し
やすくなります。職場の異動や人間関係のわずかな変化も引き金になることがあります。
しかし、『うつ病は根気よく治療することで必ず回復できる病気です。』
そこで、周囲の人が身近な人のちょっとした変化に気づいて声をかけ、話を聞き、必要な場
合は相談機関につなぐことで、問題を早期に解決していくことが大切になります。
このような役割をゲートキーパー(いのちの門番)といいます。
1人でも多くの方にゲートキーパーについて知ってもらいたいことから、
ゲートキーパー養成講座を開催しています。
このように、自殺予防対策は特別なことではなく一人一人のこころがけで出来る対策です。
こころの健康に関する相談は下記日程にて行っております。お気軽にお問い合わせください。
1人で悩まず相談してください
ご相談は・・・ 小諸市保健センター 電話 0267-25-1880
月~金(祝日を除く) 8:30~17:15
Fly UP