...

桶川市人口ビジョン

by user

on
Category: Documents
21

views

Report

Comments

Transcript

桶川市人口ビジョン
市民のみなさまへ
平成26年5月、
「2040年には、若者や女性の
減少により、全国896の市区町村が消滅の危機に
直面する」という、センセーショナルな報道があり
ました。
増え続けた日本の人口は、平成20年をピークに
減少に転じ、待ったなしの少子化対策に迫られ、国
及び地方自治体は、人口減少の抑止に向け、さまざ
まな試みを展開しております。
この人口減少という事実をどう受け止め、そして、
次世代へ受け継ぐまちをどう創造するのかを市民のみなさまと共に考える時だと感
じております。
本市は、都心から40km圏に位置し、通勤、通学の利便性もよいことから、昭和
30年代から人口が急増し発展してまいりました。その人口も近年は75,000人
前後で推移しており、今後、少子高齢化が一層進展し、人口動態は大きく変化してい
きます。
このような中、将来のまちづくりに向け、本市の人口の現状を分析し、今後、目指
すべきまちの将来像と、人口の展望を市民のみなさまと共有するため「桶川市人口
ビジョン」を策定いたしました。
また、これにあわせ、人口ビジョンに掲げる将来展望を実現するため、必要となる
施策を「桶川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」として策定いたしました。
今回の策定にあたり、桶川市まち・ひと・しごと創生有識者会議委員の方々や
パブリック・コメントを通じ、市民のみなさまから、多岐にわたるご意見、ご提案を
頂きましたことに感謝いたしますとともに、計画推進にあたり引き続きご理解、
ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
平成28年3月
桶川市長
桶川市人口ビジョン
目 次
序章 人口ビジョンの位置づけ .............................................. 1
1 人口ビジョンの位置づけ .................................................... 1
2 計画の期間 ................................................................ 1
第1章 人口に関する基礎分析 .............................................. 2
1 人口構造・人口動向等の分析 ................................................ 2
(1)桶川市の人口・年齢別人口・性別人口・町丁目別人口 ...................... 2
(2)世帯類型 .............................................................. 6
2 自然増減に関する分析 ..................................................... 10
(1)出生・死亡 ........................................................... 10
(2)合計特殊出生率 ....................................................... 10
(3)未婚率 ............................................................... 13
3 社会増減に関する分析 ..................................................... 15
(1)転入・転出数 ......................................................... 15
(2)流入・流出人口 ....................................................... 17
(3)年齢別人口変化率 ..................................................... 20
4 就労・住環境・子育てに関する分析 ......................................... 22
(1)就労 ................................................................. 22
(2)住宅 ................................................................. 23
第2章 将来人口の推計と分析 ............................................. 25
1 将来人口の推計 ........................................................... 25
(1)将来人口の推計方法について ........................................... 25
(2)将来人口動向 ......................................................... 26
第3章 桶川市の人口の現況及び推計結果からみた課題・対策の方向性 ......... 30
1 人口をとりまく現状・見込み、課題 ......................................... 30
2 人口の変化に伴う地域への影響・課題 ....................................... 32
第4章 各種事業による人口への影響(シミュレーション) ................... 33
1 仮定値の設定 .............................................................
(1)シミュレーション1(出生数の変化による影響) .........................
(2)シミュレーション2(転出入者数の変化による影響) .....................
2 シミュレーションの結果 ...................................................
33
33
34
35
第5章 人口の将来展望 ................................................... 38
1 人口に対する考え方 ....................................................... 38
2 将来目標人口の設定 ....................................................... 38
3 将来目標人口に向けた対策 ................................................. 40
注:本編に掲載されている各表については、端数処理を行っているため、各表の数値の小計と、合計欄
の数値が一致しない場合があります。
序章 人口ビジョンの位置づけ
1 人口ビジョンの位置づけ
桶川市人口ビジョン(以下、人口ビジョン)は、桶川市(以下、本市)における人口の現状
を分析するとともに、人口に関する市民の認識を共有し、今後、目指すべき将来の方向と人口
の将来展望を提示するものです。
人口ビジョンは、
「桶川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」において、まち・ひと・しご
と創生の実現に向けての効果的な施策を立案する上で、重要な基礎となるものであり、策定に
あたっては、国の長期ビジョン及び埼玉県の人口ビジョンを勘案するものとします。
2 計画の期間
人口ビジョンの計画期間については、国立社会保障・人口問題研究所の推計期間であり、国
の長期ビジョンにおける対象期間でもある 2060(平成 72)年までとします。
p1
第1章 人口に関する基礎分析
1 人口構造・人口動向等の分析
(1)桶川市の人口・年齢別人口・性別人口・町丁目別人口
本市の人口を国勢調査によりみると、平成 22 年は 74,711 人であり、近年、微増傾向で推移
しています。長期の動向をみると、昭和 35 年は 21,309 人であり、それまでは微増傾向で推移
しており、それ以降、平成 2 年の 69,029 人まで急増しました。このようなことから人口の推
移を、昭和 35 年までの人口微増期となる第 1 期、昭和 35 年以降から平成 2 年までの人口急
増期となる第 2 期、そして、平成 2 年からの人口微増期となる第 3 期と、大きく 3 期に分け
ることができます。なお、人口急増時に生まれた人は、現在、25~55 歳となっています。
一方、世帯数は、増加傾向を示しています。
住民基本台帳で近年の動向をみると、ほぼ横ばいで推移しており、平成 27 年には 74,978 人
となっています。なお、世帯数は増加傾向で推移しています。
■人口・世帯数の推移〔国勢調査〕
総数
第1期
(人、世帯)
90,000
世帯数
第2期
第3期
80,000
69,029
70,000
73,084 73,967 73,677 74,711
61,499
55,747
60,000
48,034
50,000
38,717
40,000
28,108
30,000
20,000
11,048
10,000
19,495 19,790 21,309
19,196
11,388 11,732 11,878 12,417
6,432
3,585 3,527 3,584 4,162
1,921 2,011 2,052 2,070 2,106
9,839
12,898
0
■人口・世帯数の推移〔住民基本台帳:各年 10 月 1 日現在〕
世帯数
(人、世帯)
80,000
74,293
70,000
74,038
73,734
74,901
74,494
人口
75,063
75,098
75,422
75,366
75,447
75,264
74,978
75,244
ほぼ横ばい
60,000
50,000
40,000
30,000
20,000
26,502
27,195
26,705
28,176
27,684
28,993
28,615
29,788
29,436
30,440
30,942
30,711
30,039
10,000
0
p2
15,486 17,449
20,735
23,356 24,867
26,231 28,027
年齢別人口をみると、平成 22 年の年少人口は 13.1%、生産年齢人口は 64.6%であり、いず
れもその割合は減少傾向にあります。一方老年人口は 22.2%であり、平成 2 年に“高齢化社
会”となってから、平成 17 年には“高齢社会”
、平成 22 年には“超高齢社会”となり、急激
に高齢化が進んでいます。
老年人口指数をみても、昭和 55 年の 8.94 から平成 22 年には 34.43 と急激に増加してお
り、昭和 55 年は老年人口 1 人を生産年齢人口 11 人程で支えていましたが、平成 22 年には生
産年齢人口 3 人程で支える状況となっています。
■年齢別人口〔国勢調査〕
年少人口
0%
20%
昭和55年
40%
平成12年
14.7
平成17年
13.8
平成22年
13.1
100%
5.9
69.4
18.8
16.0
80%
66.1
23.7
平成7年
老年人口
60%
28.0
昭和60年
平成2年
生産年齢人口
6.9
73.2
7.9
74.1
9.9
72.0
13.2
68.5
17.7
64.6
22.2
■年齢 3 区分別人口及び構成比〔国勢調査〕
総 数
年次
実数
昭和55年
昭和60年
平成2年
平成7年
平成12年
平成17年
平成22年
55,747
61,499
69,029
73,084
73,967
73,677
74,711
年少人口
構成比
(%)
実数
構成比
(%)
100.0
100.0
100.0
100.0
100.0
100.0
100.0
15,597
14,598
12,944
11,678
10,892
10,197
9,776
28.0
23.7
18.8
16.0
14.7
13.8
13.1
生産年齢人口
実数
36,824
42,650
50,516
54,170
53,278
50,455
48,235
構成比
(%)
66.1
69.4
73.2
74.1
72.0
68.5
64.6
老年人口
実数
3,292
4,224
5,452
7,227
9,748
13,020
16,608
構成比
(%)
5.9
6.9
7.9
9.9
13.2
17.7
22.2
不 詳
実数
構成比
(%)
34
27
117
9
49
5
92
■年齢別構成指数〔国勢調査〕
年 次
昭和55年
昭和60年
平成2年
平成7年
平成12年
平成17年
平成22年
年少人口指数
42.36
34.23
25.62
21.56
20.44
20.21
20.27
老年人口指数
8.94
9.90
10.79
13.34
18.30
25.81
34.43
従属人口指数
51.30
44.13
36.42
34.90
38.74
46.02
54.70
注:年少人口指数=年少人口÷生産年齢人口×100
老年人口指数=老年人口÷生産年齢人口×100
従属人口指数=(年少人口+老年人口)÷生産年齢人口×100
老年化指数=老年人口÷年少人口×100
p3
老年化指数
21.11
28.94
42.12
61.89
89.50
127.68
169.89
0.1
0.0
0.2
0.0
0.1
0.0
0.1
人口ピラミッドをみると、いわゆる団塊の世代を中心とした年代である 60 歳代と、その子
どもに相当する 40 歳代前半を中心とする年代(団塊ジュニア)が多くなっています。団塊の
世代の孫にあたる年代の“山”はみられず、少子化が進行しています。
■人口ピラミッド〔住民基本台帳:平成 27 年 1 月 1 日現在〕
男性
女性
2
100以上
100以上
28
95~99
95~99
118
93
90~94
90~94
459
400
85~89
85~89
1,063
774
80~84
80~84
1,945
1,278
75~79
75~79
2,563
2,083
70~74
70~74
2,835
2,849
65~69
65~69
2,641
3,102
60~64
60~64
2,178
2,645
55~59
55~59
2,370
2,218
50~54
50~54
2,810
2,269
45~49
45~49
3,283
2,624
40~44
40~44
2,629
2,013
25~29
25~29
1,806
1,811
20~24
20~24
1,777
1,797
15~19
15~19
1,773
10~14
10~14
1,613
2,000
1,791
1,674
5~9
5~9
1,430
2,500
2,436
30~34
30~34
1,861
3,000
3,046
35~39
35~39
2,238
3,500
14
1,485
0~4
0~4
1,500
1,000
500
0
1,383
0
500
1,000
1,500
2,000
2,500
3,000
3,500
地区別の人口をみると、平成 27 年 1 月 1 日現在、日出谷地区が 16,897 人で最も多く、駅
西側周辺が 16,438 人、坂田地区が 15,315 人と続いています。
日出谷地区、坂田地区では増加傾向、駅東側周辺、駅西側周辺、加納地区、川田谷地区では
減少傾向となっています。
■地区別人口(住民基本台帳:各年 1 月 1 日現在)
年 次
平 成 23 年
平 成 24 年
平 成 25 年
平 成 26 年
平 成 27 年
駅東側周辺 駅西側周辺 日出谷地区 坂田地区
12,992
13,007
12,972
12,781
12,618
16,923
16,868
16,614
16,381
16,438
16,682
16,636
16,836
16,860
16,897
14,682
14,766
14,954
15,128
15,315
加納地区 川田谷地区
7,645
7,559
7,383
7,270
7,176
7,063
6,999
6,919
6,846
6,763
■地区別人口指数(住民基本台帳)
年 次
平 成 23 年
平 成 24 年
平 成 25 年
平 成 26 年
平 成 27 年
駅東側周辺 駅西側周辺 日出谷地区 坂田地区
100
100
100
98
97
100
100
98
97
97
100
100
101
101
101
100
101
102
103
104
加納地区 川田谷地区
100
99
97
95
94
100
99
98
97
96
注:平成 23 年を 100 とします。
p4
〈地区区分〉
◇駅東側周辺:東、西、
南、北、寿、神明
◇駅西側周辺:泉、若
宮、鴨川、朝日
◇日出谷:上日出谷、下
日出谷、下日出谷西
◇坂田:末広、坂田、坂
田東
◇加納:加納、篠津、五
丁台、舎人新田、小針
領家、倉田、赤堀
◇川田谷:川田谷
町丁目ごとの人口は、9,000 人近い人口を有する町丁目や 100 人に満たない町丁目もありま
す。
平成 22 年から平成 27 年までの人口増加率をみると、下日出谷西二丁目及び坂田は 10%以
上増加しており、神明二丁目、坂田東三丁目など、5%以上~10%未満増加した町丁目が 3 地
区、一方で南一丁目、篠津など、5%以上減少した地区は 9 地区ありました。
■町丁目ごとの人口〔住民基本台帳:平成 27 年 4 月〕 ■人口増加率〔住民基本台帳:各年4月1日現在〕
H27/H22
0
東一丁目
東二丁目
西一丁目
西二丁目
南一丁目
南二丁目
北一丁目
北二丁目
寿一丁目
寿二丁目
神明一丁目
神明二丁目
末広一丁目
末広二丁目
末広三丁目
泉一丁目
泉二丁目
若宮一丁目
若宮二丁目
鴨川一丁目
鴨川二丁目
朝日一丁目
朝日二丁目
朝日三丁目
上日出谷
下日出谷
下日出谷西一丁目
下日出谷西二丁目
下日出谷西三丁目
坂田
坂田東一丁目
坂田東二丁目
坂田東三丁目
加納
篠津
五丁台
舎人新田
小針領家
倉田
赤堀一丁目
赤堀二丁目
川田谷
2,000
4,000
6,000
8,000
10,000
888
1,025
530
1,960
586
855
1,679
1,536
664
1,585
592
705
718
1,766
2,127
1,753
2,376
2,855
1,683
2,592
501
1,525
1,732
1,399
8,968
5,308
1,466
735
338
7,955
1,291
755
648
4,503
84
174
174
723
1,635
1
6,740
(%)
(人)
-15.0 -10.0
東一丁目
東二丁目
西一丁目
西二丁目
南一丁目
南二丁目
北一丁目
北二丁目
寿一丁目
寿二丁目
神明一丁目
神明二丁目
末広一丁目
末広二丁目
末広三丁目
泉一丁目
泉二丁目
若宮一丁目
若宮二丁目
鴨川一丁目
鴨川二丁目
朝日一丁目
朝日二丁目
朝日三丁目
上日出谷
下日出谷
下日出谷西一丁目
下日出谷西二丁目
下日出谷西三丁目
坂田
坂田東一丁目
坂田東二丁目
坂田東三丁目
加納
篠津
五丁台
舎人新田
小針領家
倉田
赤堀一丁目
赤堀二丁目
川田谷
p5
-5.0
0.0
5.0
10.0
15.0
20.0
-2.5
1.1
0.2
-0.4
-8.3
-3.8
-4.7
-6.8
-6.7
3.6
-0.5
9.8
-7.6
0.5
1.9
-2.6
-7.0
-4.7
0.7
-2.9
3.1
3.3
2.4
-2.8
-1.2
3.0
1.1
15.7
8.3
10.9
0.4
0.7
9.6
-4.4
-8.7
-6.5
-4.9
-6.1
-5.3
0.0
0.0
-4.2
(2)世帯類型
国勢調査による平成 17 年から平成 22 年にかけての世帯の動向をみると、世帯数が 7.1%増
加している中で世帯人員は 1.2%の増加であり、1 世帯当たりの親族人員はマイナス 5.5%と、
核家族化が進行していることがうかがえます。
6 歳未満の親族のいる世帯や 18 歳未満の親族のいる世帯は、世帯数、世帯人員とも減少し
ています。一方、65 歳以上の親族のいる世帯については、世帯数、世帯人員とも大きく増加
しており、総じて世帯の高齢化が進んでいます。
■世帯の増加率〔国勢調査〕
世帯の家族類型別増加率(H22/H17)
-20.0
-10.0
0.0
10.0
世帯数
(%)
40.0
30.0
7.1
世帯人員
1世帯当たり親族人員
20.0
1.2
-5.5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6歳未満の親族のいる世帯の数
-7.1
6歳未満の親族のいる世帯の人員
-7.9
6歳未満の親族人員
18歳未満の親族のいる世帯の数
18歳未満の親族のいる世帯の人員
18歳未満の親族人員
-6.4
-3.8
-6.0
-3.9
65歳以上の親族のいる世帯の数
24.3
65歳以上の親族のいる世帯の人員
15.1
65歳以上の親族人員
27.8
■世帯の推移(国勢調査)
世帯数
世帯人員
1世帯当たり親族人員
6歳未満の親族のいる世帯の数
6歳未満の親族のいる世帯の人員
6歳未満の親族人員
18歳未満の親族のいる世帯の数
18歳未満の親族のいる世帯の人員
18歳未満の親族人員
65歳以上の親族のいる世帯の数
65歳以上の親族のいる世帯の人員
65歳以上の親族人員
平成17年
(人)
26,165
73,005
2.79
平成22年
(人)
28,027
73,905
2.64
世帯の増加率
[H22/H17](%)
7.1
1.2
-5.4
2,961
11,681
3,786
7,405
29,962
12,424
8,744
24,062
12,458
2751
10758
3543
7123
28179
11939
-7.1
-7.9
-6.4
-3.8
-6.0
-3.9
24.3
15.1
27.8
p6
10,872
27,699
15,925
6 歳未満の親族のいる世帯や 18 歳未満の親族のいる世帯が減少している一方、ひとり親世
帯の増減については、18 歳未満の親族のいるひとり親世帯は、大きく増加し、6 歳未満の親族
のいるひとり親世帯は減少しています。
■ひとり親世帯の増加率〔国勢調査〕
ひとり親世帯の増加率(H22/H17)
-40.0
-30.0
-20.0
-10.0
0.0
10.0
世帯数
20.0
(%)
30.0
15.3
世帯人員
14.3
1世帯当たり親族人員
-0.4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6歳未満の親族のいる世帯の数
6歳未満の親族のいる世帯の人員
6歳未満の親族人員
-21.2
-23.7
-27.6
18歳未満の親族のいる世帯の数
13.1
18歳未満の親族のいる世帯の人員
9.5
18歳未満の親族人員
世帯数
世帯人員
1世帯当たり親族人員
5.6
平成 17 年
(人)
2,264
5,438
2.37
平成 22 年
(人)
2,611
6,218
2.36
ひとり親世帯の増加率
[H22/H17](%)
15.3
14.3
-0.4
132
376
163
565
1,617
934
104
287
118
639
1,770
986
-21.2
-23.7
-27.6
13.1
9.5
5.6
6歳未満の親族のいる世帯の数
6歳未満の親族のいる世帯の人員
6歳未満の親族人員
18歳未満の親族のいる世帯の数
18歳未満の親族のいる世帯の人員
18歳未満の親族人員
平成 17 年から平成 22 年にかけて世帯数が 7.1%増加していますが、単独世帯の増加(27.7%
増)が世帯数全体の増加の主な要因となっています。
親族世帯は 1.6%の増加であり、そのうち核家族世帯は 3.7%の増加となっています。
核家族世帯のうち、「夫婦のみの世帯」は 9.9%の増加、「男親と子どもから成る世帯」は
16.1%、「女親と子どもから成る世帯」は 15.2%の増加となっています。
■家族類型別普通世帯数、世帯人員〔国勢調査〕
親族世帯
総数
平成17年
世帯数
世帯人員
(人)
1世帯当たり人員
平成22年
一般世帯数
一般世帯人員
(人)
1世帯当たり人員
増加率(%) 一般世帯数
(H22/H17) 一般世帯人員
26,165
73,005
2.79
28,027
73,905
2.61
7.1
1.2
総数
総数
21,336
68,100
3.19
21,687
67,158
3.10
1.6
-1.4
18,615
55,788
3.00
19,301
56,626
2.95
3.7
1.5
非親族世
核家族世帯
単独世帯
その他の
帯
夫婦のみ 夫婦と子ども 男親と子ども 女親と子ども
親族世帯
の世帯
から成る世帯 から成る世帯 から成る世帯
5,657
11,321
2.00
6,217
12,434
2.00
9.9
9.8
p7
10,694
39,029
3.65
10,473
37,974
3.65
-2.1
-2.7
378
885
2.34
439
1,018
2.34
16.1
15.0
1,886
4,553
2.41
2,172
5,200
2.43
15.2
14.2
2,721
12,312
4.52
2,386
10,532
4.35
-12.3
-14.5
74
150
2.03
258
650
2.46
248.6
333.3
4,755
4,755
1.00
6,073
6,073
1.00
27.7
27.7
世帯構成における本市と県との比較をみると、平成 22 年 10 月 1 日時点では、本市は県に
比べ夫婦のみの世帯が多くなっています。さらに、夫婦と子どもから成る世帯も多く、子ども
が1人から 3 人までの世帯が多くなっています。
一方で、単独世帯が県よりも 6%以上低くなっています。また、3 世代世帯はわずかに多く
なっている状況です。
■世帯構成の県(下段)との比較〔国勢調査:平成 22 年〕
桶川市
一般世帯数
世帯人員
が1人
世帯人員
が2人
世帯人員
が3人
世帯人員
が4人
世帯人員
が5人
世帯人員
が6人
世帯人員
が7人以上
埼玉県
一般世帯数
世帯人員
が1人
世帯人員
が2人
世帯人員
が3人
世帯人員
が4人
世帯人員
が5人
世帯人員
が6人
世帯人員
が7人以上
(2) 夫婦
(1) 夫婦
と子ども
のみの世
から成る
帯
世帯
総数(世
A 親族の Ⅰ 核家
帯の家族
みの世帯 族世帯
類型) 1)
(3) 男親
と子ども
から成る
世帯
(4) 女親
Ⅱ 核家
と子ども
族以外の
から成る
世帯
世帯
(5) 夫婦
と両親か
ら成る世
帯
(7) 夫
(6) 夫婦
婦,子ど
とひとり
もと両親
親から成
から成る
る世帯
世帯
(8) 夫
婦,子ど
もとひとり
親から成
る世帯
100.0%
77.4%
68.9%
22.2%
37.4%
1.6%
7.7%
8.5%
0.3%
1.1%
1.2%
3.0%
21.7%
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
29.7%
29.1%
28.5%
22.2%
-
1.1%
5.2%
0.5%
-
-
-
-
22.6%
22.5%
20.7%
-
18.3%
0.4%
2.0%
1.8%
-
1.1%
-
-
18.2%
18.1%
15.8%
-
15.3%
0.0%
0.4%
2.4%
0.3%
-
-
1.2%
5.5%
5.5%
3.5%
-
3.4%
0.0%
0.0%
2.0%
-
-
0.3%
1.2%
1.7%
1.7%
0.4%
-
0.3%
-
0.0%
1.3%
-
-
0.7%
0.4%
0.6%
0.6%
0.1%
-
0.1%
-
0.0%
0.5%
-
-
0.3%
0.1%
(2) 夫婦
(1) 夫婦
と子ども
のみの世
から成る
帯
世帯
総数(世
A 親族の Ⅰ 核家
帯の家族
みの世帯 族世帯
類型) 1)
(3) 男親
と子ども
から成る
世帯
(4) 女親
Ⅱ 核家
と子ども
族以外の
から成る
世帯
世帯
(5) 夫婦
と両親か
ら成る世
帯
(7) 夫
(6) 夫婦
婦,子ど
とひとり
もと両親
親から成
から成る
る世帯
世帯
(8) 夫
婦,子ど
もとひとり
親から成
る世帯
100.0%
70.5%
62.2%
20.1%
33.4%
1.5%
7.2%
8.3%
0.3%
1.0%
1.3%
2.7%
28.4%
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
27.4%
26.6%
26.0%
20.1%
-
1.1%
4.8%
0.7%
-
-
-
-
20.2%
20.1%
18.4%
-
16.1%
0.4%
2.0%
1.7%
-
1.0%
-
-
16.6%
16.5%
14.3%
-
13.9%
0.1%
0.4%
2.2%
0.3%
-
-
1.2%
5.1%
5.0%
3.1%
-
3.0%
0.0%
0.0%
2.0%
-
-
0.4%
1.1%
1.6%
1.6%
0.3%
-
0.3%
0.0%
0.0%
1.3%
-
-
0.7%
0.4%
0.6%
0.6%
0.1%
-
0.1%
0.0%
0.0%
0.6%
-
-
0.2%
0.0%
p8
■世帯構成の県(下段)との比較〔平成 22 年国勢調査〕前頁続き。
(9) 夫婦
と他の親
族(親,子
桶川市
どもを含
まない)
から成る
世帯
一般世帯数
0.2%
世帯人員
が1人
世帯人員
が2人
世帯人員
0.2%
が3人
世帯人員
0.0%
が4人
世帯人員
が5人
世帯人員
0.0%
が6人
世帯人員
が7人以上
(10)夫
婦,子ど
もと他の
親族(親
を含まな
い)から
成る世帯
0.8%
(11)夫
婦,親と
他の親族
(子どもを
含まな
い)から
成る世帯
0.1%
0.3%
0.4%
1.0%
0.9%
21.7%
6.1%
-
-
-
-
-
-
21.7%
-
-
-
-
0.4%
0.1%
0.7%
-
-
-
-
-
0.0%
0.5%
0.1%
-
0.4%
0.4%
0.1%
-
0.0%
0.3%
0.1%
-
1.8%
0.3%
0.0%
0.1%
-
0.1%
0.0%
-
2.0%
0.1%
0.0%
0.1%
-
0.0%
0.0%
-
1.3%
0.0%
0.0%
0.1%
-
0.0%
0.0%
-
0.5%
(9) 夫婦
と他の親
族(親,子
埼玉県
どもを含
まない)
から成る
世帯
一般世帯数
0.2%
世帯人員
が1人
世帯人員
が2人
世帯人員
0.2%
が3人
世帯人員
0.0%
が4人
世帯人員
0.0%
が5人
世帯人員
0.0%
が6人
世帯人員
0.0%
が7人以上
(10)夫
婦,子ど
もと他の
親族(親
を含まな
い)から
成る世帯
0.8%
(11)夫
婦,親と
他の親族
(子どもを
含まな
い)から
成る世帯
0.1%
-
(12)夫
婦,子ど
も,親と
他の親族
から成る
世帯
(12)夫
婦,子ど
も,親と
他の親族
から成る
世帯
(13)兄弟
(14)他に B 非親族
姉妹のみ
C 単独世 3世代世
分類され を含む世
から成る
帯
帯
ない世帯 帯
世帯
(13)兄弟
(14)他に B 非親族
姉妹のみ
C 単独世 3世代世
分類され を含む世
から成る
帯
帯
ない世帯 帯
世帯
0.4%
0.6%
0.9%
1.0%
28.4%
5.8%
-
-
-
-
-
28.4%
-
-
-
-
0.5%
0.1%
0.7%
-
-
-
-
-
0.0%
0.4%
0.1%
-
0.4%
0.4%
0.1%
-
0.0%
0.3%
0.1%
-
1.7%
0.3%
0.0%
0.1%
0.0%
0.1%
0.0%
-
1.9%
0.1%
0.0%
0.1%
0.0%
0.0%
0.0%
-
1.3%
0.0%
0.0%
0.2%
0.0%
0.0%
0.0%
-
0.6%
p9
2 自然増減に関する分析
(1)出生・死亡
出生数は近年、減少傾向で推移していたものの、平成 26 年度は 561 人と、増加に転じまし
た。一方、死亡数は平成 26 年度で 650 人であり、近年、増加傾向で推移しています。平成 20
年度までは死亡数よりも出生数が多い“自然増”でしたが、平成 21 年度以降は出生数を死亡
数が上回る“自然減”となっています。
■出生・死亡数〔埼玉県保健医療部 保健医療政策課調べ:各年 10 月 1 日現在〕
出生数
(人)
800
700
676
600
602 629 580 612 580 599
500
400
486
死亡数
448
549
498 520 526 486
575 595
649
634
593 550 577
543
678
518
650
561
300
200
100
0
(2)合計特殊出生率
出生率(合計特殊出生率)をみると、平成 26 年は本市が 1.31、埼玉県が 1.31、全国が 1.42
となっています。本市は平成 17 年以降、国や埼玉県が回復傾向で推移しているにもかかわら
ず、横ばい傾向となっていましたが、平成 26 年には大きく増加しています。
■合計特殊出生率〔埼玉県保健医療部 保健医療政策課調べ:各年 10 月 1 日現在〕
全国
埼玉県
桶川市
1.60
1.50
1.40
1.30
1.43
1.37
1.38
1.39 1.38
1.31
1.34
1.28
1.00
1.30
1.23
1.33
1.20
1.10
1.36
1.33 1.32
1.24 1.23
1.29 1.29
1.21 1.20
1.32
1.26
1.22
1.34
1.24 1.26
1.37 1.37
1.28 1.28
1.13
1.28 1.29
1.33 1.31
1.23 1.23
1.19 1.20 1.18
1.17
1.32
1.43 1.42
1.31
1.25
1.23 1.25
1.41
1.39 1.39
1.19 1.18
1.13
1.09
0.90
0.80
p10
1.19 1.18
母の年齢別の出生率(特殊出生率)では、埼玉県平均と比較すると 30 歳代の率が高くなっ
ています。
■母の年齢 5 歳階級別出生率〔住民基本台帳、埼玉県保健医療部 保健医療政策課調べ〕
母の年齢
15~19歳
20~24歳
25~29歳
30~34歳
35~39歳
40~44歳
45~49歳
合計特殊出生率
人口
(1月1日)
1,800
1,785
1,869
2,117
2,586
2,987
2,560
出生数
(平成26年)
7
46
139
200
140
28
1
出生率
0.0039
0.0258
0.0744
0.0945
0.0541
0.0094
0.0004
1.3120
注:人口は住民基本台帳(平成 26 年 1 月 1 日現在)
出生数は埼玉県保健医療部 保健医療政策課調べ(平成 26 年)
■母の年齢 5 歳別出生率(平成 26 年)
(%)
埼玉県
桶川市
0.1100
0.1000
0.0900
0.0800
0.0700
0.0600
0.0500
0.0400
0.0300
0.0200
0.0100
0.0000
p11
近隣市町と比較した出生率(合計特殊出生率)をみると、全体的に横ばい傾向となっていま
すが、本市は平成 26 年に大きく増加していることがわかります。本市と同様に平成 25 年か
ら平成 26 年までの出生率の増加がみられるのは、上尾市、北本市となっています。また、伊
奈町は平成 14 年から一貫して高い出生率となっていますが、近年減少傾向となっています。
■[近隣市町比較]合計特殊出生率の推移〔住民基本台帳、埼玉県保健医療部 保健医療政策課調べ〕
全国
桶川市
上尾市
北本市
鴻巣市
伊奈町
埼玉県
(%)
平成14年
1.32
1.25
1.26
1.23
1.12
1.35
1.23
全国
15年
1.29
1.09
1.22
1.28
1.16
1.35
1.21
16年
1.29
1.19
1.19
1.22
1.09
1.41
1.2
桶川市
17年
1.26
1.2
1.24
1.19
1.1
1.41
1.22
上尾市
18年
1.32
1.18
1.23
1.26
1.09
1.55
1.24
19年
1.34
1.13
1.26
1.08
1.12
1.51
1.26
北本市
20年
1.37
1.19
1.19
1.12
1.07
1.4
1.28
鴻巣市
21年
1.37
1.18
1.24
1.15
1.05
1.62
1.28
22年
1.39
1.23
1.25
1.07
1.21
1.53
1.32
伊奈町
23年
1.39
1.23
1.2
1.07
1.1
1.33
1.28
24年
1.41
1.19
1.19
1.1
1.18
1.47
1.29
25年
1.43
1.18
1.27
1.01
1.11
1.4
1.33
26年
1.42
1.31
1.28
1.07
1.11
1.26
1.31
埼玉県
1.7
1.6
1.5
1.42
1.4
1.31
1.28
1.26
1.3
1.2
1.11
1.07
1.1
1
注:合計特殊出生率を算出する際の人口について、国勢調査年(平成 17 年、22 年)は、総務省統計局「国勢調査人口(日
本人人口)
」
、その他の年は埼玉県総務部統計課「1 月 1 日現在埼玉県町(丁)字別人口(総人口)」
、出生数は埼玉県保
健医療部 保健医療政策課調べ
p12
(3)未婚率
未婚率をみると、女性よりも男性の方が高くなっています。埼玉県と比較すると、本市のほ
うが若干高くなっています。女性の未婚率の推移をみると、平成 17 年に比べて平成 22 年は、
30 歳代から 40 歳代までの未婚率が上昇しています。
■桶川市の男女別未婚率〔平成 22 年国勢調査〕
男
女
0.0
99.3
99.3
94.3
90.2
20~24歳
61.1
35~39歳
35.8
38.7
0.0
100.0
15~19歳
30~34歳
埼玉県
(%)
50.0
25~29歳
■埼玉県と桶川市との未婚率の比較〔平成 22 年国勢調査〕
71.9
20~24歳
35~39歳
95~99歳
1.0
95~99歳
100歳以上
0.0
100歳以上
50~54歳
55~59歳
60~64歳
65~69歳
70~74歳
75~79歳
80~84歳
85~89歳
40~44歳
45~49歳
50~54歳
55~59歳
60~64歳
65~69歳
70~74歳
75~79歳
80~84歳
85~89歳
90~94歳
注:未婚率は未婚者数を未婚・有配偶・死別・離別・
不詳の計で除して算出しています。
■女性の未婚率の推移〔国勢調査〕
平成17年
0.0
平成22年
50.0
(%)
100.0
99.3
99.3
15~19歳
88.5
90.2
20~24歳
61.7
61.1
25~29歳
33.2
35.8
30~34歳
35~39歳
40~44歳
45~49歳
50~54歳
55~59歳
60~64歳
65~69歳
70~74歳
75~79歳
80~84歳
85歳以上
18.6
22.7
10.8
16.2
6.6
11.3
4.1
6.8
3.1
3.9
2.3
3.3
1.5
2.6
1.6
1.7
2.2
2.5
2.0
2.5
1.0
1.7
66.2
66.5
41.6
43.2
30~34歳
90~94歳
45~49歳
98.8
99.3
91.1
92.3
25~29歳
50.1
(%)
100.0
15~19歳
22.7
30.5
16.2
22.5
11.3
17.9
6.8
12.8
3.9
8.3
3.3
5.0
2.6
1.9
1.7
1.1
2.5
1.0
2.5
0.7
2.3
0.0
0.6
40~44歳
桶川市
50.0
p13
30.3
30.9
23.3
23.5
17.2
17.0
12.8
12.4
10.1
8.3
7.2
5.7
4.5
3.7
3.2
1.8
2.8
1.8
2.8
1.9
2.2
1.9
1.7
0.5
1.3
0.8
1.4
0.0
女性の結婚年齢をみると、初婚年齢は上昇傾向にあり、平成 25 年は 30.1 歳になり、県平均
と比較して高くなっています。
■女性の初婚年齢〔埼玉県保健医療部 保健医療政策課調べ〕
埼玉県
(歳)
桶川市
30.5
30.1
30.0
29.6
29.5
29.0
29.2
28.7
28.5
28.0
29.2
29.3
29.2
28.9
28.9
平成21年
平成22年
29.4
29.4
平成24年
平成25年
28.3
27.5
27.0
平成20年
平成23年
p14
3 社会増減に関する分析
(1)転入・転出数
転入は、平成 21 年の 3,428 人が平成 23 年には 3,018 人まで減少し、その後は横ばい傾向
で推移しています。転出は、平成 21 年の 3,151 人が平成 22 年には 3,389 人まで増加し、平
成 25 年に 3,248 人となっています。平成 21 年は転入のほうが多くなっていましたが、平成
22 年以降は転出のほうが多くなっています。
転入者の従前の住所地は、埼玉県が多く、近隣の上尾市、北本市、鴻巣市からとなっていま
す。
本市から転出した先(移動後)の埼玉県内の市町村は、近隣自治体が多く、上尾市 400 人、
北本市 164 人、鴻巣市 152 人などとなっています。
■転入者の従前住所地〔住民基本台帳:平成 26 年〕
■転入・転出〔住民基本台帳〕
転入
(人)
4,500
(人)
転出
0
埼玉県
東京都
千葉県
神奈川県
群馬県
茨城県
栃木県
新潟県
愛知県
長野県
宮城県
北海道
福岡県
大阪府
兵庫県
福島県
広島県
静岡県
4,115
4,000 3,862
3,569 3,639
3,500 3,663
3,454
3,484
3,731
3,670
3,362
3,487
3,331
3,248
3,358
3,109 3,094
3,268
3,000
3,428 3,389
3,151 3,238
3,018 3,039 3,006
2,500
2,000
■市区町村別転出入人口〔住民基本台帳:平成 26 年〕
【出典】
総務省「住民基本台帳人口移動報告」
p15
500
1,000
1,500
2,000
1,737
293
129
101
70
44
42
38
33
31
30
28
27
20
19
16
16
15
■隣接自治体との転入・転出状況〔埼玉県統計年鑑:平成 25 年〕
上尾市
・から転入 453 人
・へ転出 492 人
鴻巣市
・から転入 109 人
・へ転出 107 人
鴻巣市
北本市
北本市
・から転入 197 人
・へ転出 198 人
上尾市
さいたま市
・から転入 331 人
・へ転出 356 人
さいたま市
平成 17 年から平成 22 年にかけて、本市に住んでいた 70,964 人のうち、そのまま住み続け
た人が 57,437 人、市内で転居した人が 5,157 人、市外へ転出した人が 8,370 人となっていま
す。市外へ転出した人のうち、県内の市町村へ転出した人が 5,621 人、埼玉県外へ転出した人
が 2,749 人となっています。
一方、この 5 年間で転入してきた人が 9,419 人であり、出生を含めて平成 22 年の常住者は
74,711 人となっています。転入は、県内の市町村からが 6,192 人、県外からが 3,072 人など
となっています。また、市内での移動は 5,157 人となっており、現在(H22)の常住者の約 7%
が市内での転居を行ったことがわかります。
■移動人口の転出状況(平成 17 年→平成 22 年)〔国勢調査〕
総数(男女別)
5 年前(H17)の常住者
男
女
70,964
35,152
35,812
57,437
28,403
29,034
市内転居
5,157
2,483
2,674
転出
8,370
4,266
4,104
県内他市町村へ
5,621
2,783
2,838
他県へ
2,749
1,483
1,266
9,419
4,689
4,730
県内他市町村から
6,192
3,033
3,159
他県から
3,072
1,573
1,499
国外から
155
83
72
74,711
37,053
37,658
現住所
転入
現在(H22)の常住者
注:出生・死亡の自然増減が含まれていないため、各欄の合計と「現在(H22)の常住者」欄は一致していません。
p16
(2)流入・流出人口
本市の昼間人口は増え続けており、平成 22 年時点では 63,112 人となっていますが、夜間
人口は平成 7 年以降横ばいで、平成 22 年時点では 74,711 人となっています。一貫して夜間
人口が昼間人口を上回っていますが、その差は小さくなってきています。
■昼夜間人口の推移〔国勢調査:各年 10 月 1 日現在〕
(人)
80,000
69,029
73,075
73,918
73,672
58,914
60,460
12
17
74,711
70,000
60,000
50,000
52,052
56,250
63,112
40,000
30,000
20,000
10,000
0
平成2
7
昼間人口
22年
夜間人口
本市での就業者は平成 22 年では 26,486 人であり、そのうち市内に常住する者は 12,887 人
で、市外に常住する者は 13,599 人となっており、半数以上が市外から流入する就業者となっ
ています。さらに、平成 17 年からの増減率をみると、市内に常住する者は 3.74%の増加、市
外に常住する者は 4.40%の増加となっています。
本市へ流入する県内居住者の居住先は、上尾市が 3,852 人と最も多く、次いで北本市、鴻巣
市、さいたま市となっており、地理的に近い市町村からの流入が多くなっています。平成 17
年からの就業者の増減率をみると、伊奈町が 30%以上の増加となっています。
県外では、東京都が 369 人と最も多く、次いで群馬県が 123 人となっています。
■流入人口〔桶川市統計資料:各年 10 月 1 日現在〕
市内就業者・通学者総数
市内に常住する者
市外に常住する者
主な流入先
県内他市町村に常住する者
上尾市
北本市
鴻巣市
県内
さいたま市
伊奈町
熊谷市
その他の市町村
県外に常住する者
東京都
板橋区
足立区
北区
練馬区
県外
その他の特別区
その他の市町村
千葉県
神奈川県
群馬県
その他の県
平成17年
総数 就業者 通学者
27,382 25,448
1,934
13,423 12,422
1,001
13,959 13,026
933
平成22年
総数 就業者 通学者
28,359 26,486
1,873
13,873 12,887
986
14,486 13,599
887
13,279
3,503
2,839
1,489
1,387
533
291
3,237
680
301
41
30
29
24
112
65
91
59
104
125
13,703
3,852
2,747
1,541
1,305
688
306
3,264
783
369
48
24
44
36
132
85
114
57
123
120
12,358
3,174
2,665
1,347
1,355
475
281
3,061
668
297
41
30
29
24
108
65
86
59
103
123
921
329
174
142
32
58
10
176
12
4
4
0
5
1
2
p17
12,825
3,486
2,586
1,410
1,272
634
298
3,139
774
366
47
24
44
36
130
85
113
57
122
116
878
366
161
131
33
54
8
125
9
3
1
2
0
1
1
4
増減率(%)
総数 就業者 通学者
3.57
4.08 ▲ 3.15
3.35
3.74 ▲ 1.50
3.78
4.40 ▲ 4.93
3.19
9.96
▲ 3.24
3.49
▲ 5.91
29.08
5.15
0.83
15.15
22.59
17.07
▲ 20.00
51.72
50.00
17.86
30.77
25.27
▲ 3.39
18.27
▲ 4.00
3.78
9.83
▲ 2.96
4.68
▲ 6.13
33.47
6.05
2.55
15.87
23.23
14.63
▲ 20.00
51.72
50.00
20.37
30.77
31.40
▲ 3.39
18.45
▲ 5.69
▲ 4.67
11.25
▲ 7.47
▲ 7.75
3.13
▲ 6.90
▲ 20.00
▲ 28.98
▲ 25.00
▲ 25.00
▲ 50.00
▲ 80.00
0.00
100.00
本市に常住する満 15 歳以上の就業者・通学者数は 39,851 人であり、そのうち市外で従業・通
学する者は 25,978 人で、就業者・通学者全体の 65.2%を占めます。市内で従業・通学する者は
13,873 人で全体の 34.8%となっています。
本市からの従業先をみると、平成 22 年において埼玉県内では、さいたま市が 4,617 人と最
も多く、次いで上尾市 4,069 人となっており、平成 17 年からの増減率では、さいたま市は増
加しており、上尾市は減少しています。県外では、東京都への従業が 6,772 人で市外従業者の
29.5%を占めています。
また、本市からの通学先をみると、平成 22 年時点では埼玉県内ではさいたま市が 583 人と
最も多くなっています。
■流出人口〔国勢調査:各年 10 月 1 日現在、平成 22 年の総数及び就業者数:桶川市統計資料〕
市内就業者・通学者総数
市内で従業・通学する者
市外で従業・通学する者
主な流出先
県内他市町村で従業・通学する者
さいたま市
上尾市
北本市
県内
伊奈町
鴻巣市
川越市
熊谷市
その他の市町村
県外で従業・通学する者
東京都
千代田区
港区
中央区
新宿区
県外
豊島区
その他の特別区
その他の市町村
千葉県
神奈川県
その他の県
平成17年
総数 就業者 通学者
40,482 36,322
4,160
13,423 12,422
1,001
27,059 23,900
3,159
平成22年
増減率(%)
総数 就業者 通学者 総数 就業者 通学者
39,851 35,844
4,007 ▲ 1.56 ▲ 1.32 ▲ 3.68
13,873 12,887
986
3.35
3.74 ▲ 1.50
25,978 22,957
3,021 ▲ 3.99 ▲ 3.95 ▲ 4.37
17,892
5,305
4,581
1,572
765
739
642
526
3,762
9,167
8,314
1,117
875
865
794
614
3,685
364
201
226
426
17,494
5,200
4,336
1,542
795
791
635
503
3,692
8,484
7,667
1,054
799
745
744
572
3,423
330
222
225
370
15,857
4,536
4,336
1,464
625
667
504
401
3,324
8,043
7,344
1,019
843
860
681
510
3,233
198
128
181
390
2,035
769
245
108
140
72
138
125
438
1,124
970
98
32
5
113
104
452
166
73
45
36
15,535
4,617
4,069
1,464
648
679
490
360
3,208
7,422
6,772
941
776
744
612
487
3,037
175
161
160
329
1,959
583
267
78
147
112
145
143
484
1,062
895
113
23
1
132
85
386
155
61
65
41
▲ 2.22
▲ 1.98
▲ 5.35
▲ 1.91
3.92
7.04
▲ 1.09
▲ 4.37
▲ 1.86
▲ 7.45
▲ 7.78
▲ 5.64
▲ 8.69
▲ 13.87
▲ 6.30
▲ 6.84
▲ 7.11
▲ 9.34
10.45
▲ 0.44
▲ 13.15
▲ 2.03
1.79
▲ 6.16
0.00
3.68
1.80
▲ 2.78
▲ 10.22
▲ 3.49
▲ 7.72
▲ 7.79
▲ 7.65
▲ 7.95
▲ 13.49
▲ 10.13
▲ 4.51
▲ 6.06
▲ 11.62
25.78
▲ 11.60
▲ 15.64
▲ 3.73
▲ 24.19
8.98
▲ 27.78
5.00
55.56
5.07
14.40
10.50
▲ 5.52
▲ 7.73
15.31
▲ 28.13
▲ 80.00
16.81
▲ 18.27
▲ 14.60
▲ 6.63
▲ 16.44
44.44
13.89
以上を総合してみると、就業する市民のうち約 6 割は市外で就業し、その半数は東京都とさ
いたま市が占めています。また、北本市や上尾市などの市外から就業に来る者は市内で就業す
る市民よりも約 700 人多い状況にあります。
p18
■隣接自治体との流入・流出状況〔国勢調査:平成 22 年度〕
鴻巣市
・から 1,541 人
・へ 791 人
北本市
・から 2,747 人
・へ 1,542 人
伊奈町
・から 688 人
・へ 795 人
鴻巣市
北本市
伊奈町
上尾市
・から 3,852 人
・へ 4,336 人
上尾市
さいたま市
東京都
・から 369 人
・へ 7,667 人
さいたま市
・から 1,305 人
・へ 5,200 人
東京都へ
これらのことから、本市はベッドタウンとして、雇用を都心に依存しており、人口の維持・
増加には、都心への通勤・通学の利便性の向上が重要となります。
p19
(3)年齢別人口変化率
年齢三区分別の社会動態について平成 22 年から平成 26 年まで(2010 年~2014 年)の推移
をみると、平成 23 年(2011 年)以降、転出超過にあり、生産年齢人口の転出が顕著です。
■年齢三区分別純移動数の推移〔住民基本台帳人口移動報告〕
(人)
250
200
65歳~
15~64歳
58
0~14歳
150
100
134
50
0
51
35
-41
-74
-50
47
-104
39
40
-93
-100
-188
-150
-200
-250
2010年
全体227人
2011年
全体-64人
2012年
全体-37人
2013年
全体-182人
2014年
全体-14人
【出典】
総務省「住民基本台帳人口移動報告」
年齢5歳階級別に純移動数の推移を中長期的にみると、いずれの年齢区分においても、転入
傾向は、昭和 60 年(1985 年)からの 5 か年(1985 年→1990 年)がピークで、その後、減少
し、近年は安定した状態となっています。
傾向としては、若者世代となる 15~19 歳→20~24 歳が転出超過となり、近年 20~24 歳→
25~29 歳も大幅に減少し転出超過となっています。40 歳代以降は、ほぼ増減0の水準となっ
ています。
■年齢5歳階級別純移動数の推移〔国勢調査、住民基本台帳人口移動報告に基づきまち・ひと・しごと創生本部作成〕
1980年→1985年
1985年→1990年
1990年→1995年
1995年→2000年
2000年→2005年
2005年→2010年
(人)
1000
800
600
400
200
0
-200
-400
-600
【出典】
総務省「国勢調査」
、総務省「住民基本台帳人口移動報告」に基づきまち・ひと・しごと創生本部作成
p20
1.04
0歳→1歳
2歳→3歳
4歳→5歳
6歳→7歳
8歳→9歳
10歳→11歳
12歳→13歳
14歳→15歳
16歳→17歳
18歳→19歳
20歳→21歳
22歳→23歳
24歳→25歳
26歳→27歳
28歳→29歳
30歳→31歳
32歳→33歳
34歳→35歳
36歳→37歳
38歳→39歳
40歳→41歳
42歳→43歳
44歳→45歳
46歳→47歳
48歳→49歳
50歳→51歳
52歳→53歳
54歳→55歳
56歳→57歳
58歳→59歳
60歳→61歳
62歳→63歳
64歳→65歳
66歳→67歳
68歳→69歳
70歳→71歳
72歳→73歳
0歳→1歳
2歳→3歳
4歳→5歳
6歳→7歳
8歳→9歳
10歳→11歳
12歳→13歳
14歳→15歳
16歳→17歳
18歳→19歳
20歳→21歳
22歳→23歳
24歳→25歳
26歳→27歳
28歳→29歳
30歳→31歳
32歳→33歳
34歳→35歳
36歳→37歳
38歳→39歳
40歳→41歳
42歳→43歳
44歳→45歳
46歳→47歳
48歳→49歳
50歳→51歳
52歳→53歳
54歳→55歳
56歳→57歳
58歳→59歳
60歳→61歳
62歳→63歳
64歳→65歳
66歳→67歳
68歳→69歳
70歳→71歳
72歳→73歳
年齢別人口変化率として1歳ごとの変化率(平成 22 年~平成 26 年の平均)をみると、男女
とも小学生までは転入傾向にある一方、大学卒業以降 20 歳代は転出傾向に転じます。
○男性
1.05
1.04
幼児を持つ世帯の転入
1.03
1.02
小中学生の出入りは少ない
0.96
大学卒業後の転出が顕著
東京都心への転居か里帰りが要因
ファミリー層(戸建住宅取得
者)を吸引できている
1.01
1
0.99
0.98
0.97
大学卒業~5年後の転出も顕著
東京都心への転居か
p21
子の独立や所得向上に伴う
住み替えのための転居か
0.95
○女性
1.05
男性ほど転出傾向にある
訳ではない
1.03
1.02
1.01
1
0.99
0.98
0.97
0.96
0.95
4 就労・住環境・子育てに関する分析
(1)就労
平成 22 年の産業別の就業人口をみると、第 3 次産業が 25,661 人、第 2 次産業が 7,883 人、
第 1 次産業が 555 人となっており、平成 17 年に比べていずれも減少しています。
第 3 次産業は、平成 17 年まで増加しましたが平成 22 年は減少に転じました。
第 2 次産業は、平成 7 年まで増加していましたが、平成 12 年以降は減少傾向となっていま
す。
第 1 次産業は、昭和 50 年以降一貫して減少傾向となっています。
■産業別就業人口の推移〔国勢調査〕
第1次産業
(人)
40,000
第2次産業
第3次産業
35,000
30,000
25,000
20,000
15,000
24,610
21,218
10,279
13,229
25,330
16,260
25,913
25,661
10,000
5,000
0
8,812
1,803
9,862
1,538
10,899
1,346
12,240
12,402
1,020
昭和50年 昭和55年 昭和60年 平成2年
10,872
914
807
9,001
7,883
705
555
平成7年 平成12年 平成17年 平成22年
女性の年齢別就業率をみると、平成 22 年では 20 歳代前半で 60%を、20 歳代後半で 70%を
超えますが、30 歳代では再び 60%台となり、その後は 40 歳代後半で 70%に達するものの、
50 歳代後半では 50%台となります。経年変化をみると、全体的に就業率が高くなっており、
特に 30 歳代前半における平成 12 年から平成 22 年までの幅が大きくなっています。
■女性の年齢別就業率〔国勢調査〕
H12
H17
H22
80.0%
70.0%
60.0%
50.0%
40.0%
30.0%
20.0%
10.0%
0.0%
p22
(2)住宅
住宅の所有関係では、近年持家比率が増加傾向にあり、平成 25 年では住宅の 8 割弱が持家
となっています。
■所有関係別住宅総数の推移〔住宅・土地統計調査〕
(戸)
30,000
75.9%
72.1%
71.0%
25,000
20,000
6,170
6,820
6,750
80.0%
6,520
70.0%
60.0%
20,700
19,480
15,000
76.0%
17,620
16,510
29.0%
50.0%
40.0%
27.9%
24.1%
10,000
24.0%
30.0%
20.0%
5,000
10.0%
0
0.0%
平成10年
平成15年
持家
借家
平成20年
持家比率
平成25年
借家比率
空き家数は、年々増加傾向にあり平成 25 年には 3,290 戸となっています。平成 10 年から
15 年間で 1,540 戸増えています。
周辺市の空き家率をみると、一戸建て、長屋建て・共同住宅・その他ともに行田市がそれぞ
れ 8.8%、39.7%と最も高くなっています。本市は一戸建て、長屋建て・共同住宅・その他とも
に、中位に位置しています。
■空き家数の推移〔住宅・土地統計調査〕
(戸)
3,290
3,500
3,000
2,500
2,000
2,210
2,400
1,750
1,500
1,000
500
0
H10年
H15年
H20年
H25年
p23
■種類別空き家数・空き家率の周辺市等との比較〔住宅・土地統計調査:平成 25 年〕
総数
(戸)
20,240
52,540
16,270
18,240
41,080
25,230
32,060
桶川市
上尾市
北本市
蓮田市
久喜市
行田市
鴻巣市
一戸建て
空き家
(戸)
1,260
2,250
990
1,260
2,040
2,220
2,350
長屋建て・共同住宅・その他
総数
空き家
空き家率
(戸)
(戸)
8,170
2,030
24.8%
34,990
6,470
18.5%
9,590
1,710
17.8%
5,040
1,550
30.8%
17,050
3,600
21.1%
5,410
2,150
39.7%
12,960
3,290
25.4%
空き家率
6.2%
4.3%
6.1%
6.9%
5.0%
8.8%
7.3%
(戸)
10,000
45.0%
39.7%
9,000
40.0%
8,000
35.0%
30.8%
7,000
6,000
30.0%
24.8%
一戸建て空き家
25.4%
25.0%
6,470
5,000
21.1%
18.5%
20.0%
17.8%
4,000
15.0%
2,150
2,030
6.2%
2,250
4.3%
1,000
1,260
10.0%
8.8%
1,550
1,710
6.9%
6.1%
990
1,260
北本市
蓮田市
一戸建て空き家率
3,290
3,600
3,000
2,000
長屋建て・共同住宅・その
他空き家
長屋建て・共同住宅・その
他空き家率
7.3%
2,350
5.0%
5.0%
2,220
2,040
0
0.0%
桶川市
上尾市
久喜市
行田市
鴻巣市
住宅着工の状況をみると、平成 18 年度の 986 戸をピークに減少傾向となっています。
また、各年度 300 戸程度の持家住宅が建設されており、近年は分譲住宅の着工数が減少傾向
にあります。
■住宅着工の推移〔建築着工統計調査〕
単位:戸
持家
貸家
給与住宅
分譲住宅
合計
平成12 平成13 平成14 平成15 平成16 平成17 平成18 平成19 平成20 平成21 平成22 平成23 平成24
年度
年度
年度
年度
年度
年度
年度
年度
年度
年度
年度
年度
年度
359
267
236
243
253
253
321
233
288
256
282
255
246
77
150
181
171
227
106
375
145
127
252
166
87
73
2
0
0
0
0
0
1
0
0
0
0
0
0
175
87
93
370
467
211
289
235
155
102
94
156
130
613
504
510
784
947
570
986
613
570
610
542
498
449
(戸)
1,000
分譲住宅
貸家
467
600
200
1
持家
370
175
400
給与住宅
289
800
2
77
359
93
0
87
0
150
181
171
267
236
243
0
0
211
227
0
106
253
253
375
235
0
145
321
233
155
0
127
288
102
0
252
94
0
166
256
282
0
p24
156
0
87
130
0
73
255
246
第2章 将来人口の推計と分析
1 将来人口の推計
(1)将来人口の推計方法について
住民基本台帳人口を使用し、以下の手順に基づいて推計しました。
■コーホート変化率法による推計の流れ
女子年齢別人口
(15~49 歳)
×
女子年齢別出生率
(15~49 歳)
=
推計出生数
推計出生数
×
出生男女児比
=
推計男女別出生数
=
推計人口
(0歳)
生残率
×
純移動率
(1 歳ごとの)
人口データ
=
×
コーホート変化率
推計人口
(1歳以上)
=
推計人口
<推計結果>
<推計手順>
Step1 コーホート変化率の算出
地区ごとに、平成 22 年のA歳の人口と翌年の人口(平成 23 年のA+1歳の人口)を把握し、
その変化率を算出する。同様に、平成 23 年のA歳、平成 24 年のA歳、平成 25 年のA歳、平
成 26 年のA歳の変化率を算出し、その平均を「A歳のコーホート変化率」と設定する。
なお、100 歳以上はひとまとめにして公表されていることから、99 歳と 100 歳以上の人口を
足して変化率(99 歳以上の人口変化率)を算出する。
Step2 合計特殊出生率の設定
合計特殊出生率は、
平成 14~26 年のトレンドに基づいて設定する。
(平成 52 年時点で 1.38。)
Step3 将来人口の算出
1歳以上の人口については、前年の人口に各歳のコーホート変化率を乗じて算出する。
0歳人口については、女性年齢別人口の推計値に年齢別の上記出生率を乗じることで出生数
を求め、合算する。なお、その際の出生男女比は、平成 22 年から平成 27 年までの0歳児の男
女比を固定して設定する。
p25
(2)将来人口動向
地区別推計では、長期的に坂田地区での人口増加が見込まれる以外、各地区とも年少人口、
生産年齢人口が減少し、老年人口は増加又は増加から横ばいで推移すると予想されます。高齢
化率については、団塊の世代が後期高齢期に入る平成 37 年頃、上昇はいったん落ち着きます
が、その数年後、再び上昇に転じ総人口も急激に減少します。
■全市年齢三区分別人口
H37(2025 年)
80,000
70,000
総数
0~14歳
15~64歳
65歳以上
60,000
50,000
40,000
30,000
20,000
10,000
H22
H24
H26
H28
H30
H32
H34
H36
H38
H40
H42
H44
H46
H48
H50
H52
0
■地区別人口
■地区別高齢化率
H37(2025 年)
18,000
45.0%
H37(2025 年)
16,000
40.0%
14,000
35.0%
12,000
10,000
30.0%
8,000
25.0%
6,000
4,000
1)駅東側周辺
3)日出谷地区
5)加納地区
2,000
20.0%
2)駅西側周辺
4)坂田地区
6)川田谷地区
1)駅東側周辺
3)日出谷地区
5)加納地区
全市
2)駅西側周辺
4)坂田地区
6)川田谷地区
H52
H50
H48
H46
H44
H42
H40
H38
H36
H34
H32
H30
H28
H26
H24
H22
H22
H24
H26
H28
H30
H32
H34
H36
H38
H40
H42
H44
H46
H48
H50
H52
15.0%
0
p26
■駅東側周辺
■駅西側周辺
20,000
20,000
総数
18,000
18,000
0~14歳
16,000
15~64歳
65歳以上
14,000
16,000
14,000
12,000
10,000
10,000
8,000
8,000
6,000
6,000
4,000
4,000
2,000
2,000
0
0
H22
H24
H26
H28
H30
H32
H34
H36
H38
H40
H42
H44
H46
H48
H50
H52
H22
H24
H26
H28
H30
H32
H34
H36
H38
H40
H42
H44
H46
H48
H50
H52
12,000
■坂田地区
20,000
20,000
18,000
18,000
16,000
16,000
14,000
14,000
12,000
12,000
10,000
10,000
8,000
8,000
6,000
6,000
4,000
4,000
2,000
2,000
0
0
H22
H24
H26
H28
H30
H32
H34
H36
H38
H40
H42
H44
H46
H48
H50
H52
H22
H24
H26
H28
H30
H32
H34
H36
H38
H40
H42
H44
H46
H48
H50
H52
■日出谷地区
■加納地区
■川田谷地区
10,000
9,000
9,000
8,000
8,000
7,000
7,000
6,000
6,000
5,000
5,000
4,000
4,000
3,000
3,000
2,000
2,000
1,000
1,000
0
0
H22
H24
H26
H28
H30
H32
H34
H36
H38
H40
H42
H44
H46
H48
H50
H52
H22
H24
H26
H28
H30
H32
H34
H36
H38
H40
H42
H44
H46
H48
H50
H52
10,000
p27
約 10 年後における1歳年齢区分ごとの人口推移では、生産年齢人口となる 30 歳代、40 歳
代の減少が大きく、また、未就学児から高校生までの人口減少が顕著です。一方、後期高齢者
となる 75 歳以上の人口は、56%増と大きく増加します。
■将来推計人口(平成 27 年→平成 38 年)
各年1月1日現在
年度
H27
年齢 実績
総数
75,207
0歳
557
1歳
531
2歳
569
3歳
620
4歳
536
5歳
597
6歳
610
7歳
630
8歳
641
9歳
620
10歳
684
11歳
661
12歳
720
13歳
661
14歳
721
15歳
703
16歳
686
17歳
745
18歳
742
19歳
712
20歳
732
21歳
722
22歳
746
23歳
697
24歳
691
25歳
676
26歳
721
27歳
713
28歳
781
29歳
776
30歳
782
31歳
793
32歳
858
33歳
911
34歳
907
35歳
937
36歳
904
37歳
1,063
38歳
1,065
39歳
1,096
40歳
1,275
41歳
1,268
42歳
1,342
43歳
1,257
44歳
1,187
45歳
1,203
46歳
1,177
47歳
1,189
48歳
805
49歳
1,060
年少人口
生産年齢人口
老年人口
総計
H38
推計
71,145
438
458
465
470
482
489
499
512
523
535
547
619
560
593
650
554
618
627
644
655
630
695
670
709
645
697
664
646
691
676
649
658
651
674
658
655
653
711
693
793
792
795
823
898
953
935
955
921
1,076
1,075
H27
H38
実績
推計
9,358
46,243
19,606
75,207
7,841
41,901
21,403
71,145
人口増減
全市
(
■未就学児
4,020 →
(
■小学生
3,956 →
(
■中学生
2,085 →
(
■高校生
2,173 →
(
■大学生等
2,912 →
(
-100.0% )
3,302 人
-17.9% )
3,296 人
-16.7% )
1,796 人
-13.8% )
1,888 人
-13.1% )
2,650 人
-9.0% )
■20歳代(重複含む)
7,255 →
6,724 人
(
-7.3% )
■30歳代
9,316 →
(
6,796 人
-27.1% )
■40歳代
11,763 →
(
9,222 人
-21.6% )
増減数
(11年間)
-1,517
-4,342
1,797
-4,062
想定される影響
増減率
(11年間)
-16.2%
-9.4%
9.2%
-5.4%
50歳
1,021
1,099
■50歳代
・第二
・現在、待機児童解消に向けて新規整備・認定が進められて
51歳
952
1,271
9,035 →
11,560 人
は約3
いるが、保育所が過剰となる恐れがあり、中長期的視点から
52歳
934
1,265
(
27.9% )
・多くの
保育所の確保策を展開する必要がある。
53歳
838
1,321
市民税
・幼稚園についても園児の確保が難しくなり、閉鎖され、通園
54歳
894
1,231
55歳
876
1,161
に不便な地域が生じるおそれがある。
56歳
865
1,170
57歳
805
1,135
・小学生は約2割減少するため、10年後には1クラスの児童数
58歳
899
1,141
すら確保が難しくなる学校・学年が生じるおそれがある。
59歳
951
764
60歳
871
998
■60歳代前半
・約15
61歳
953
962
5,286 →
4,502 人
・最も所
62歳
1,097
892
(
-14.8% )
観光や
63歳
1,128
871
・中学生は約14%減少するが、同学年の生徒数が多いため、
64歳
1,237
779
クラスの維持が懸念されるほどの影響はない。
65歳
1,317
827
■前期高齢者
・約25
66歳
1,323
806
11,349 →
8,487 人
・高校生も中学生と同程度の減少だが、通学圏は広いことか
・高齢
67歳
1,410
799
(
-25.2% )
ら、近隣都市での人口変動の影響を受ける可能性がある。
費活動
68歳
984
743
69歳
903
822
・大学生等は1割程度の減少に留まる。
70歳
1,085
869
71歳
1,136
789
72歳
1,104
861
73歳
1,119
978
・結婚・子育ての予備軍となる人口も1割程度減少する。
74歳
968
993
・比較的安価な労働力である人材が減り、雇用を確保できず
75歳
882
1,086
■後期高齢者
・後期
に経営環境が悪化する企業が多く発生するおそれがある。
76歳
825
1,148
8,257 →
12,916 人
する一
77歳
847
1,126
(
56.4% )
急増が
78歳
738
1,174
・宿泊
79歳
736
803
80歳
552
716
・出産・子育て世代が約3割減と大幅に減少することで、出生
ルパー
81歳
534
839
数も大幅に減る。
も確保
82歳
494
841
・一定程度の社会人経験と技術を持った人材が3割減となり、
・高齢
83歳
404
791
雇用を確保できずに経営環境が悪化する企業が発生するお
用ニー
84歳
357
772
それとともに、住民税を中心に税収の大幅減少が懸念され
85歳
300
625
・独居
302
523
る。 86歳
・後期
87歳
260
446
生活利
88歳
212
436
られる
89歳
159
342
・約2割減との見込みであり、30歳代ほどではないが、社会人
90歳
145
312
91歳
132
216
経験と技術を持った人材が大幅に減少し、雇用を確保できず
92歳
82
190
に経営環境が悪化する企業が多く発生するおそれとともに、
93歳
82
151
住民税を中心に税収の大幅減少が懸念される。
94歳
77
104
95歳
38
79
96歳
19
57
97歳
25
51
98歳
21
33
99歳
18
20
100歳以上
16
33
p28
約 10 年後における地区別の世代別人口推計では、総じて年少人口及び生産年齢人口が減少
し、75 歳以上となる後期高齢者が増加する傾向にあります。また、日出谷地区、坂田地区は、
1割以上、減少する世代が少ない傾向にあります。
■ 地区別の将来推計人口(平成 27 年→平成 38 年)
未就学児
小学生
中学生
高校生
大学生等
(19-22歳)
20歳代
(上記と重複)
30歳代
40歳代
50歳代
60歳代前半
前期高齢者
後期高齢者
総数
高齢化率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
増減率
H27
H38
1.駅東側 2.駅西側 3.日出谷 4.坂田 5.加納 6.川田谷
634
766
1,022
1,064
265
269
531
609
792
868
245
257
-16.2%
-20.5%
-22.5%
-18.5%
-7.4%
-4.3%
542
816
950
933
376
339
464
521
851
951
263
246
-14.3%
-36.1%
-10.5%
1.9%
-30.0%
-27.4%
317
441
480
443
198
206
264
273
488
513
126
132
-16.6%
-38.1%
1.7%
15.8%
-36.2%
-36.0%
306
509
530
415
208
205
246
333
542
488
149
130
-19.7%
-34.5%
2.2%
17.7%
-28.2%
-36.5%
481
643
637
588
254
309
366
596
620
646
225
197
-24.0%
-7.2%
-2.6%
9.8%
-11.6%
-36.2%
1,250
1,628
1,549
1,535
622
671
1,071
1,521
1,605
1,532
485
509
-14.3%
-6.6%
3.6%
-0.2%
-22.0%
-24.1%
1,587
1,898
2,214
2,184
777
656
1,200
1,307
1,537
1,819
412
521
-24.4%
-31.1%
-30.6%
-16.7%
-47.0%
-20.6%
2,049
2,785
2,558
2,396
1,019
956
1,439
1,711
2,309
2,465
685
614
-29.8%
-38.6%
-9.7%
2.9%
-32.8%
-35.8%
1,625
2,225
1,821
1,656
866
842
1,962
2,652
2,627
2,522
895
901
20.7%
19.2%
44.3%
52.3%
3.4%
7.1%
833
1,102
1,267
940
584
560
854
1,124
932
854
381
357
2.6%
2.0%
-26.4%
-9.2%
-34.8%
-36.3%
1,716
2,373
2,671
2,129
1,344
1,116
1,394
1,899
1,828
1,589
861
916
-18.7%
-20.0%
-31.6%
-25.3%
-36.0%
-17.9%
1,646
1,751
1,674
1,469
855
862
2,078
2,681
3,030
2,472
1,326
1,327
26.3%
53.1%
81.0%
68.3%
55.1%
54.0%
12,618
16,438
16,897
15,315
7,176
6,763
11,594
14,781
16,688
16,240
5,887
5,954
-8.1%
-10.1%
-1.2%
6.0%
-18.0%
-12.0%
26.6%
25.1%
25.7%
23.5%
30.6%
29.2%
30.0%
31.0%
29.1%
25.0%
37.1%
37.7%
2割以上の増加
1割以上の増加
1割以上の減少
2割以上の減少
p29
全市
4,020
3,302
-17.9%
3,956
3,296
-16.7%
2,085
1,796
-13.8%
2,173
1,888
-13.1%
2,912
2,650
-9.0%
7,255
6,724
-7.3%
9,316
6,796
-27.1%
11,763
9,222
-21.6%
9,035
11,560
27.9%
5,286
4,502
-14.8%
11,349
8,487
-25.2%
8,257
12,916
56.4%
75,207
71,145
-5.4%
26.1%
30.1%
第3章 桶川市の人口の現況及び推計結果からみた課題・対策の方向性
人口等に関する現状及び推計結果から、課題や対策の方向性について整理します。
1 人口をとりまく現状・見込み、課題
■人口の全体的な動向
参照
現状・見込み
p2,26
p3,26
p3,26
p26,27,29
課題
・以下に示すとおり多様な課題が山積し
・総人口は、近年、横ばいの傾向にあるが、
ていることから、総合的かつ戦略的に
長期的には減少する。
対策を講じる必要がある。
・急激な少子化が進んでおり、今後も続く ・子どもを増やすための対策が必要とな
と見込まれる。
る。
・急激な高齢化が進んでおり、今後も続く ・元気な高齢者を増やすための対策が必
と見込まれる。
要となる。
・地区により人口動向が大きく異なって
・地区の特性に応じた対策が必要となる。
いる。
■自然動態関係
参照
現状・見込み
・合計特殊出生率は、全国及び埼玉県より
低く推移していたものの、平成 26 年に
p10
は大きく回復し、埼玉県と同程度とな
っている。
・女性の初婚年齢が上昇傾向にあり、県平
p14
均よりも高くなっている。
p30
課題
・引き続き出生率の維持・改善(回復)が
必要である。
・初婚年齢の引下げを促すための対策が
必要となる。
■社会動態関係
参照
現状・見込み
・転出入について、近年は転出過多となっ
p15
ている。
・15~19 歳→20~24 歳、20~24 歳→25
p20
~29 歳の増加数が大幅に減少し、近年
は転出超過となっている。
・ファミリー層を吸引できているが、女性
p21
の 30 歳代後半~40 歳代の転入が少な
い。
課題
・転入増、転出抑制を目的とした施策が必
要となる。
・市外に就学、就業した若者世代の結婚等
をきっかけとした転入促進策や、若者
世代の転出抑制策が必要となる。
・ファミリー層が本市で育児をしたいと
思わせる施策が必要となる。
■その他
参照
現状・見込み
p8
・県に比べ、子が 1~3 人の世帯が多い。
P17,18
・夜間人口が昼間人口よりも多いが、その
差は縮まりつつある。
・身近な雇用を創出する施策が必要とな
・就業する市民の約 6 割は市外に通勤し、
る。
市内就業者の過半は市外からの通勤者
である。
p31
課題
・出産・子育て支援の充実、2~3 人目を産
み育てやすい環境づくり が必要とな
る。
2 人口の変化に伴う地域への影響・課題
■人口抑止策を講じず、今後人口が減少した場合(単純推計)に想定される影響・課題
分野
保育所・子育て支援施設
小・中学校
想定される影響・課題
・少子化によって「待機児童ゼロ」の考え方が一転し、 保育
サービスの飽和が懸念される。
・今後、学校の適正配置・統廃合に影響が生じる可能性がある。
・後期高齢者の大幅増加に伴い、施設居住ニーズも大幅に増加す
ることから、施設が不足すると考えられる。
高齢者福祉施設
・施設に加え、介護の担い手の確保も大きな課題になると考えら
れる。
・高齢化と死亡数の増加に伴い、空き家が大量に発生すると考え
空き家
られ、その適正な管理や有効活用が課題となる。
生産年齢人口の減少に伴 ・就業者の減少に伴って産業活動への支障が生じるおそれがあ
う産業活動
る。
商業・にぎわい
税(歳入)
財政(歳出)
・消費活動が停滞するおそれがある。
・価格競争力の低い商店等の閉鎖・倒産などが懸念される。
・個人住民税については、生産年齢人口の減少によって歳入減に
なると懸念される。
・法人住民税については、人口減少による消費の減退・産業活動
の低迷を通して、歳入減になると懸念される。
・後期高齢者の増大により、扶助費(老人福祉費)が大幅に増加
すると懸念される。
・また、少子化対策など、新たな政策的な重点投資の方向性によ
っては、歳出増が懸念される。
p32
第4章 各種事業による人口への影響(シミュレーション)
人口減少の抑制・安定化に向けて必要な施策・事業と、その事業によって期待する成果規模
から見た重要性について検討します。各種事業を展開したときに得られる効果を前提条件と
した人口のシミュレーションを実施します。
前提とする「各種事業を展開したときに得られる効果(パラメーター)」としては、①出生
数(合計特殊出生率、年齢別出生率)
、②転出入者数(若者の転出抑制・転入促進、子育て世
帯の転入促進・転出抑制)とします。
1 仮定値の設定
(1)シミュレーション1(出生数の変化による影響)
①-1 合計特殊出生率の向上
国では、合計特殊出生率について、
「平成 42(2030)年に 1.80、平成 52(2040)年に人口
置換水準 2.07 を達成し、平成 52(2040)年以降は 2.07 の維持を図る」としていることから、
結婚・出産・子育て支援策により、国の目標と同様のレベルまで合計特殊出生率が上昇すると
仮定します。
具体の数値としては、国と同一値とすることも考えられますが、平成 22 年から平成 26 年
までの 5 年間における合計特殊出生率について、国 1.41 に対し、本市は 1.23 と大きな差が
生じています。このことから、国は 2.07 となるが、地域間にばらつきは生じることを前提に、
国の合計特殊出生率の“増加ポイント”を上乗せし、出生率の上昇カーブを同等に実現してい
くものとして設定します。
なお、各種施策・事業を展開して 2 年後(うち約 1 年の妊娠期間を含める。)から、増加に
転じるものとします。
基準年:
設定年1:
平成 22 年~平成 26 年 平成 42(2030)年
の平均値
桶川市
国
1.23
1.41
設定年2:
平成 52(2040)年
1.62
1.89
↑
↑
1.80(+0.39pts)
2.07(+0.27pts)
①-2 年齢別出生率の変化
結婚や出産はあくまで個人の自由な意思に基づくものですが、効果的な施策を展開し安心
して結婚、出産できる環境が整うことにより、合計特殊出生率の値は変えず年齢別の出生率が
変化する(早まる)と設定してシミュレーションを行います。
シミュレーションにおいては、全体で①合計特殊出生率の向上の合計特殊出生率を達成す
るとし、年齢別の割合で案分して各年齢の出生率を設定します。
p33
(2)シミュレーション2(転出入者数の変化による影響)
①若者の転出抑制・転入促進
大学卒業後から 10 年間で大幅に転出するという本市の人口特性は、就学・就業先が東京都
などの都心となる傾向が強いことが要因であり、この傾向は今後も続くと推察されることか
ら、現状維持と仮定します。
この傾向が拡大することのないよう、通勤・通学のためのアクセス環境の整備を行うととも
に、郷土愛を醸成することで、若者の転出を抑制します。また、これらの施策により、魅力的
な市街地を形成することで、若者の転入促進を図ります。
②子育て世帯の転入促進・転出抑制
20 歳代後半から 30 歳代前半までのいわゆる子育て世代が、安心して妊娠・出産・子育て・
教育をできる社会環境を実現することで、転入を促進し、転出の抑制を図ります。それらの中
には、本市で育った子どもがいったんは市外に転出したものの、世帯形成・子育てを機に、本
市に戻って住宅を確保する人を含みます。
具体的には、子育てや教育環境の充実とともに、良質な都市基盤整備を推進するなどし、3
年後(住宅建設の期間を含みます。)に子育て世帯(夫婦と子ども1人)が毎年、現在の水準
よりも各地区に1世帯多く転入すると仮定します。
p34
2 シミュレーションの結果
これまでの設定値に基づきシミュレーションした結果、以下の表のとおりとなります。
推計について、合計特殊出生率の向上、年齢別出生率の変化及び子育て世帯の転入促進・転
出抑制を展開することで、平成 52(2040)年の推計人口は、人口減少対策を講じない場合の
推計結果(下表「単純集計」
:61,903 人)と比較して約 2,300 人多い、64,225 人と推計されま
す。
(人)
78,000
シミュレーション結果
75,775
76,000
75,207
74,005
74,000
73,966
72,011
72,000
71,699
70,000
69,512
68,000
66,819
68,693
66,000
64,225
65,320
64,000
62,000
61,903
60,000
H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28 H29 H30 H31 H32 H33 H34 H35 H36 H37 H38 H39 H40 H41 H42 H43 H44 H45 H46 H47 H48 H49 H50 H51 H52
単純推計
全シミュレーション計
p35
なお、本推計を 2060 年(平成 72 年)まで行うと、平成 70 年頃には人口減少が緩やかになり
ます。このように、人口減少の抑止策は、効果があらわれるまでに時間がかかり、また、その
対策は、早期に展開していくことが重要です。
(人)
78,000
75,775
76,000
シミュレーション結果
75,207
74,005
74,000
72,000
70,000
73,966
72,011
71,699
69,512
68,000
66,819
66,000
64,225
68,693
64,000
61,981
65,320
62,000
59,924
61,903
60,000
57,935
58,000
56,012
58,752
56,000
54,000
55,850
52,000
52,982
50,000
50,033
48,000
H22 H24 H26 H28 H30 H32 H34 H36 H38 H40 H42 H44 H46 H48 H50 H52 H54 H56 H58 H60 H62 H64 H66 H68 H70 H72
単純推計
全シミュレーション計
p36
100歳以上
平成 27(2015)年
90~94歳
80~84歳
70~74歳
15 年おきに人口ピラミッドの推移をみる
60~64歳
と、現在、減少を続けている子どもの数が回
50~54歳
復し、現在のトレンドで単純に推計した結
40~44歳
果と比べて 0~4 歳が約 1.5 倍になります。
30~34歳
20~24歳
一方で、団塊の世代や団塊ジュニア世代
10~14歳
が年齢とともに減少していくことで、平成
0~4歳
4,000
3,000
2,000
1,000
H27男性(人)
0
1,000
2,000
3,000
4,000
H27女性(人)
命を超える頃)には、各年代が 2,800~3,200
平成 42(2030)年
100歳以上
72 年(45 年後、団塊ジュニア世代が平均寿
90~94歳
人(各年齢区分でいうと約 560~640 人)の
安定した状態になると予測されます。
80~84歳
70~74歳
60~64歳
50~54歳
40~44歳
30~34歳
20~24歳
10~14歳
0~4歳
4,000
3,000
2,000
1,000
H42男性(人)
0
1,000
2,000
3,000
4,000
H42女性(人)
平成 57(2045)年
100歳以上
90~94歳
80~84歳
70~74歳
60~64歳
50~54歳
40~44歳
30~34歳
20~24歳
10~14歳
0~4歳
4,000
3,000
各世代
2,800~3,200 人
2,000
1,000
H57男性(人)
0
1,000
2,000
3,000
4,000
<参考> 単純推計時
H57女性(人)
平成 72(2060)年
100歳以上
90~94歳
90~94歳
80~84歳
80~84歳
70~74歳
70~74歳
60~64歳
60~64歳
50~54歳
50~54歳
30~34歳
20~24歳
10~14歳
40~44歳
維持(循環)
維持(循環)
40~44歳
30~34歳
20~24歳
10~14歳
0~4歳
4,000
平成 72(2060)年
100歳以上
0~4歳
3,000
2,000
1,000
H72男性(人)
0
1,000
2,000
3,000
3,000
4,000
2,000
1,000
H72男性(人)
H72女性(人)
p37
0
1,000
H72女性(人)
2,000
3,000
第5章 人口の将来展望
現状の人口分析や将来人口のシミュレーションの結果を受け,次の考え方に基づき,人口に
関する将来展望を次のように設定します。
1 人口に対する考え方
本市では、高度経済成長期に都心からやや遅れる形で人口が急激に増加し、首都圏の
ベッドタウンとして発展をしてきました。しかし近年、本市の人口は横ばいとなってきてお
り、人口動態は大きく変化し、高齢化率は上昇傾向にあります。
特に、出産適齢の人口の減少と出生率の低下により出生数が減少し、今後も出産適齢人口の
減少が見込まれることから出生数の回復は難しい状況にあります。また、団塊世代がすべて 75
歳以上となる 2025 年頃には急激に後期高齢者が増加し、さらに団塊ジュニア世代が高齢者に
なる頃には高齢化がますます進展することが想定され、それにより自然動態(死亡)にも大き
く影響が及び、人口も大きく減少すると見込まれます。
人口減少・少子高齢化は、活気の低迷のみならず、事業者による生活サービスや行政
サービスの縮小、税収の減少、福祉に関する歳出・負担の増加など、市の財政運営にまでも大
きな影響をもたらします。
このため、早急にこれらの人口を取り巻く課題の解決に向けて施策・事業を戦略的に展開
し、本市の人口安定と持続ある発展、市政の維持に取り組んでいきます。
2 将来目標人口の設定
将来人口の展望として、将来の目標人口を次のとおり設定します。
●総人口:
2040(平成 52)年には約 64,000 人の人口を維持
2060(平成 72)年には約 56,000 人の人口を維持
この将来目標人口の実現のためには、年少人口の回復を図るとともに、人数の多い団塊世
代・団塊ジュニア世代に地域のために活躍してもらいながら健康・長寿で暮らしていただくこ
とが必要です。
現在の人口の年齢構成からすると、各年齢区分が約 560~640 人で安定していくことが現実
的と考えられます。(p37 参照)
以上の考え方に基づき、これまでの人口シミュレーションなどから、2040(平成 52)年に
は約 64,000 人、2060(平成 72)年には約 56,000 人の人口を維持していくことを将来の目標
として設定します。
これにより、安心して生活し、子育てができ、高齢になっても住み続けたいと思われるまち
が形成されていくと展望します。さらに、年齢構成の安定した人口構成を目指すことにより、
p38
経済活動が持続し、歳入と歳出が安定した自治体経営を行いながら、各世代が支えあいつつと
もに豊かな暮らしを続けていける、持続社会の実現を図ることが可能となります。
平成 27(2015)年
平成 72(2060)年
100歳以上
100歳以上
90~94歳
90~94歳
80~84歳
80~84歳
70~74歳
70~74歳
単純推計
72(2060)年
60~64歳
50~54歳
60~64歳
50~54歳
40~44歳
40~44歳
30~34歳
30~34歳
20~24歳
10~14歳
0~4歳
4,000
3,000
2,000
1,000
H27男性(人)
急回復を図る
必要あり
0
1,000
2,000
3,000
4,000
事業を
戦略的に
展開する
ことで回避
20~24歳
10~14歳
0~4歳
3,000
2,000
乗り切る
必要あり
1,000
H72男性(人)
H27女性(人)
0
1,000
2,000
3,000
H72女性(人)
100歳以上
90~94歳
80~84歳
70~74歳
60~64歳
50~54歳
40~44歳
30~34歳
20~24歳
10~14歳
0~4歳
4,000
3,000
2,000
1,000
H72男性(人)
p39
0
1,000
H72女性(人)
2,000
3,000
4,000
3 将来目標人口に向けた対策
将来目標人口を実現し、安心して生活し、子育てができ、高齢になっても住み続けたいと思
われるまちの形成に向けて、
「出生数の増加」
「転入促進・転出抑制」の視点で人口対策に取り
組みます。また、ライフステージに応じた多様な雇用に対応するため、市内の雇用の確保・拡
大についても取り組む必要があります。
■出生数の増加に向けて
① 合計特殊出生率の向上等
国とともに合計特殊出生率の向上を遂げていくことを目指します。
具体的には、国が計画する合計特殊出生率の上昇カーブと同じ勢いで同等に実現すること
と設定し、平成 42(2030)年に 1.62、平成 52(2040)年には 1.89 を達成するものとします。
結婚や出産はあくまで個人の自由な意思に基づくものですが、効果的な施策を展開し安心
して結婚、出産できる環境が整うことで、結果、出産年齢が早まることによる人口の増加を図
ります。
■転入促進・転出抑制に向けて
① 若者の転出抑制・転入促進
地域への愛着を高め、魅力的なまちを作っていくことで若者の転出を抑制するとともに、転
入を引き続き促進していきます。
② 子育て世帯の転入促進・転出抑制
住宅の取得や子育て・教育の場として選ばれるまちを実現していきます。
具体的には、子育て世帯が毎年、現在の水準よりも各地区に 1 世帯(6 地区)多く転入する
ことを目標とします。
以上の対策を総合的に展開していくことで、将来目標人口を達成していきます。
「桶川市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定し、目標達成に向けた具体的な施策を展
開していきます。
p40
桶川市人口ビジョン
発行日:平成28年3月
発
行:桶川市
住
所:〒363-8501
桶川市泉一丁目3番28号
電
話:048-786-3211(代表)
FAX:048-786-9866
URL:http://www.city.okegawa.lg.jp
担
当:企画財政部 企画課 ※H28.4 より企画調整課
Fly UP