...

ヒントは 日常の中に

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

ヒントは 日常の中に
今 週 の 倫 理 985号
2016.7.9 ~ 7.15
七
月
の
テ
ー
マ
ヒントは
日常の中に
す
べ
て
は
わ
が
師
え・たむらかずみ
大
き
な
利
益
こ
そ
上
げ
な
い
も
の
の
、
着
率
が
良
い
の
で
す
。
経
営
面
で
は
、
S
氏
の
会
社
は
、
と
に
か
く
社
員
の
定
揮
す
る
タ
イ
プ
で
は
あ
り
ま
せ
ん
が
、
い
ま
す
。
強
い
リ
ー
ダ
ー
シ
ッ
プ
を
発
N
氏
に
は
、
同
業
者
の
友
人
S
氏
が
は
じ
め
は
「
育
ち
が
良
い
お
坊
ち
ゃ
と
つ
を
丁
寧
に
行
な
っ
て
い
ま
し
た
。
た
た
み
方
、
風
呂
の
入
り
方
、
一
つ
ひ
だ
靴
は
手
で
揃
え
て
い
ま
し
た
。
服
の
笑
顔
で
挨
拶
を
し
て
い
ま
し
た
。
脱
い
出
し
て
い
ま
し
た
。
S
氏
は
誰
に
で
も
の
三
日
間
の
S
氏
の
ふ
る
ま
い
を
思
い
N
氏
は
そ
の
様
子
を
見
な
が
ら
、
こ
に
こ
そ
、
自
分
を
高
め
る
ヒ
ン
ト
が
あ
何
気
な
い
日
常
生
活
や
身
近
な
人
の
中
「
人
は
鏡
、
万
象
は
わ
が
師
」
で
す
。
活
し
て
い
た
の
で
す
。
て
、
日
常
生
活
そ
の
も
の
を
大
切
に
生
周
囲
の
人
や
物
に
対
す
る
感
謝
を
持
っ
経
営
者
で
あ
る
前
に
「
人
」
と
し
て
、
る
の
で
は
な
い
で
し
ょ
う
か
。
課
題
を
抱
え
て
い
た
の
で
す
。
社
員
の
離
職
率
も
高
く
、
人
材
育
成
に
な
ど
と
陰
口
を
叩
か
れ
て
い
ま
し
た
。
て
さ
り
げ
な
く
一
礼
し
ま
し
た
。
は
ハ
ッ
キ
リ
と
悟
り
ま
し
た
。
S
氏
は
、
社
員
に
は
「
融
通
が
き
か
な
い
社
長
」
そ
う
言
っ
て
、
カ
ミ
ソ
リ
に
向
か
っ
の
か
。
社
員
が
定
着
す
る
の
か
。
N
氏
明
し
な
け
れ
ば
納
得
で
き
な
い
性
分
で
、
が
あ
り
ま
し
た
。
何
事
も
理
詰
め
で
説
と
っ
つ
き
づ
ら
い
」
と
言
わ
れ
る
こ
と
ら
は
、
「
あ
い
つ
は
理
が
立
ち
過
ぎ
て
、
て
感
謝
し
て
る
ん
で
す
よ
」
な
の
で
、
い
つ
も
〈
あ
り
が
と
う
〉
っ
て
い
ま
し
て
ね
。
ま
だ
ま
だ
使
え
そ
う
「
こ
の
カ
ミ
ソ
リ
、
実
は
三
カ
月
使
っ
を
見
な
が
ら
こ
う
言
う
の
で
す
。
会
社
に
は
無
い
も
の
ば
か
り
で
し
た
。
目
に
し
た
も
の
す
べ
て
が
、
自
分
の
と
共
に
掲
げ
ら
れ
て
い
ま
し
た
。
で
あ
る
お
父
様
の
写
真
が
、
創
業
精
神
な
ぜ
S
氏
の
会
社
が
安
定
し
て
い
る
そ
の
一
方
で
、
経
営
者
の
仲
間
内
か
高
い
利
益
を
上
げ
て
い
ま
し
た
。
す
る
と
S
氏
は
、
自
分
の
カ
ミ
ソ
リ
い
お
茶
を
出
し
て
く
れ
ま
し
た
。
先
代
す
。
業
績
も
順
調
に
推
移
し
、
毎
年
、
判
断
と
采
配
は
、
一
目
置
か
れ
て
い
ま
ミ
ソ
リ
の
よ
う
な
切
れ
味
抜
群
の
経
営
の と る 夫 使
N で っ こ 婦 い
氏 す て う の 慣
は 。 必 し 会 れ 景 つ
、
要 た 話 た 色 も
優
な 日 ― 生 。 と
秀
気 常 ― 活 社 変
な
づ の 。 必 員 わ
経
き 中 日 需 と ら
営
は に 々 品 交 な
者
存 も 繰 。 わ い
で
在 、 り 何 す 出
す
す 自 返 気 挨 勤
。
る 分 さ な 拶 時
カ
も に れ い 。 の
た
り
前
の
よ
う
に
答
え
ま
し
た
。
か
月
以
内
で
交
換
し
て
い
ま
す
」
と
当
し
た
。
N
氏
は
「
ヒ
ゲ
が
濃
い
か
ら
一
い
使
っ
て
い
ま
す
か
」
と
尋
ね
ら
れ
ま
時
、
S
氏
か
ら
、
「
そ
の
刃
は
ど
れ
く
ら
を
担
当
す
る
奥
様
が
、
笑
顔
で
お
い
し
よ
く
挨
拶
を
し
て
く
れ
ま
し
た
。
経
理
社
員
が
一
斉
に
立
ち
上
が
り
、
気
持
ち
ん
で
い
ま
し
た
。
会
社
に
入
っ
た
瞬
間
、
駐
車
場
に
は
社
員
の
車
が
整
然
と
並
い
替
え
刃
を
何
気
な
く
ゴ
ミ
箱
に
捨
て
た
氏
の
会
社
を
訪
問
し
ま
し
た
。
三
日
目
の
朝
の
こ
と
、
カ
ミ
ソ
リ
の
数
日
後
、
N
氏
は
思
い
立
っ
て
、
S
共
に
す
る
こ
と
に
な
り
ま
し
た
。
り
、
N
氏
は
、
S
氏
と
三
日
間
寝
食
を
あ
る
時
、
同
業
者
同
士
の
旅
行
が
あ
っ
た
こ
と
を
感
じ
て
い
た
の
で
し
た
。
ち
を
聞
き
、
ま
っ
た
く
の
思
い
違
い
だ
旅
行
中
、
極
貧
の
中
で
育
っ
た
生
い
立
常
に
安
定
し
て
い
ま
し
た
。
ま
だ
か
ら
」
と
思
っ
て
い
ま
し
た
が
、
k
Fly UP