...

献血に行こう!リーフレット [PDFファイル/2.9MB]

by user

on
Category: Documents
1

views

Report

Comments

Transcript

献血に行こう!リーフレット [PDFファイル/2.9MB]
輸血を受けた患者さんのメッセージを、
ご紹介します。
献血ルーム わったんのご案内
県立病院●
10
府内大橋
大分
銀行●
41
エディオン●
●大分
雄城台高
442
三愛
メディカル
センター●
●
稙田中
七瀬川自然公園
●
ジャスコ
にいこう!
血
献
光吉I.C
●稙田南中
ド
トロー
ホワイ
七瀬川
トキハわさだタウン
3街区 2階
疾病別・年代別輸血状況
受 付 日 年中無休
(1月1日を除く)
・成分献血 9:30∼10:20・12:30∼16:30
妊娠分娩
0.7%
●成分献血にご協力いただける場合は、電話でのご予約を
お願い申し上げます。
腎尿路生殖器系
2.5%
●お車でご来所される方は、
「トキハわさだタウン」
お客様
駐車場をご利用ください。
骨格系及び
結合組織
1.4%
献血ルーム わったん
大分市大字玉沢字楠本755番地の1
「トキハわさだタウン」
3街区2階
TEL 097
(574)
6822 ・ FAX 097
(542)
5777
献血バスのご案内
献血バスが各地域や事務所を
定期的に巡回しています。
に血液センターから24時間体制で供給しています。
血液を必要とする多くのがんの患者さんは、抗がん
剤等の治療により自分で血液を作ることができない
状態にあります。
必要な患者さんに必要な血液を供給できる体制づく
りにご協力をお願いします。
〒870‐0889 大分市大字荏隈717番5
TEL 097(547)1151・FAX 097(547)1141
http://www.bc9.org E-mail [email protected]
平成28年1月発行・発行/大分県福祉保健部薬務室 TEL 097‐506‐2650
その他
10.9%
悪性新生物
36.3%
消化器系
8.9%
循環器系
17.8%
献血は、最も身近なボランティア。
あなたのわずかな時間で、
0∼9歳
2.3%
血液及び
造血器
18.5%
10∼19歳
1.0%
救える命があります。
20∼29歳
1.5%
30∼39歳
3.7%
40∼49歳
6.4%
(
「大分 献血」
で検索。
詳しくは血液センターにお問い合わ
せください。)
大分県赤十字血液センター
不詳
0.01%
損傷、中毒及び
その他の外因
3.0%
受付時間 ・全血献血 9:30∼11:20・12:30∼17:30
大分県では、血液を使用する県内約230の医療施設
日々進歩する医学。
しかし、輸血用血液が人工的に造れるところまでにはいたっていません。
また、長期間保存することも困難です。
患者さんの命をつなぐためには、皆さんの献血が不可欠なのです。
毎日、ほんとうに多くの尊い命が輸血により救われています。
それは全て、皆さんの善意の献血で支えられています。
血液を必要とする人の
約3分の1が、がんの患者さん。
また、血液の半分以上が、
70歳以上の高齢者に使われています。
623
県内の病院では多くの患者さんが、年間を通じて常時、輸血
用血液を必要としているため、献血ルームは年中無休で献
血の受付を行っております。皆様方のご協力をどうかよろし
くお願いいたします。
助かり
ました
献血は皆さんに
支えられています。
70歳以上
56.2%
大 分 県
大分県赤十字血液センター
50∼59歳
8.8%
60∼69歳
20.1%
(東京都
「平成25年輸血状況調査集計結果」
から抜粋)
献血の手順
献血基準
成分献血
献血の
種 類
項 目
血漿成分
献 血
血 小 板
成分献血
600mL以下
1回献血量 (循環血液量の 400mL以下
12%以内)
全血献血
400mL
献 血
200mL
献 血
400mL
200mL
年 齢 18歳∼69歳※ 男性18歳∼69歳※ 男性17歳∼69歳※ 16歳∼69歳※
女性18歳∼54歳
女性18歳∼69歳※
男性 45kg以上
女性 40kg以上
体 重
①献血受付
④血液比重測定・血液型仮判定
献血カード
(指静脈
認 証または暗 証 番
号入力)により、本
人 確 認をさせてい
ただいたのち、受付
をします。
少 量 の 血 液を採
取し、血液の比重
測定及び血液型
の 仮 判 定を行 い
ます。
90mmHg以上
最高血圧
血液比重等
男女とも 男性 45kg以上
50kg以上 女性 40kg以上
献血は、下記のように行われます。
血色素量12g/dL
以上(赤血球指数
が標準域にある女
性は、11.5g/dL以
上)
血色素量
12g/dL以上
血色素量
血色素量
男性13g/dL以上、 男性12.5g/dL以上、
女性12.5g/dL以上 女性12g/dL以上
15万/μℓ以上
60万/μℓ以下
血小板数
年間献血 血小板献血1回を2回分 男性3回以内 男性6回以内
回 数 に換 算して、血 漿 献 血と 女性2回以内 女性4回以内
合計で24回以内
②問診の回答
⑤献血
Q1 400mLも献血して体は大丈夫でしょうか?
タッ チ パ ネ ル を
使って 、問 診 に 回
答していただきま
す。
献 血に要する時 間
は 、2 0 0 m L ・
400mL献血で10
分位、成分献血は、
4 0 ∼ 6 0 分 要しま
す。
A1 体内の血液量の15%(体重60kgの男性では約
今回の
献 血
次回の
献 血
血漿成分
献 血
※
血小板
成分献血
400mL
献 血
200mL
献 血
血漿成分
献 血
男女とも
8週間後の
同じ曜日から
血小板
献血できます 男女とも
成分献血
4週間後の
男女とも2週間後の
同じ曜日から
同じ曜日から献血できます
400mL
男性は12週間後・ 献血できます
献 血
女性は16週間後の
同じ曜日から
200mL
献血できます
献 血
※血漿を含まない場合には、
1週間後に血小板成分採血が可能です。
ただし、
4週間に4回実施した場合には次回までに4週間以上あける
必要があります。
720mL、50㎏の女性では約525mL)
以内であれば、
失われても身体上の問題はないといわれています。
Q2 献血の時に病気がうつることはありませんか?
A2 献血するときに使われる針や血液バッグなどは献
血者1人ごとに新しいものと交換されます。
そのため、他の献血者から肝炎やエイズなどの病
気がうつる心配はありません。
※65歳以上の方については、60∼64歳の間に献血経験があり、
問診事項に該当しない健康な方にお願いしています。
献血間隔
安全確保には万全の注意を払っています。
献血の際に使用する採血針は一人ひとり使い捨てです。
献血によって、
エイズや肝炎に感染する心配はありません。
どうぞ安心して献血にご協力ください。
また、血液センターでは、献血いただいた方のご希望に
より貧血や肝機能などの検査結果を親展にて通知して
います。
献 血 Q&A
200mL献血と400mL献血
を合わせて
男性1,200mL以内
女性 800mL以内
年 間
総献血量
献血により一層のご協力を
Q3 献血はどこでできるのですか?
③問診・血圧測定
⑥休憩・献血カードの発行
検診医師が問診、
血 圧 測 定により献
血の可否を総合的
に判断します。
献血終了後は、飲
み物等をおとりい
ただき、少し休憩
し て い た だ きま
す。この間に献血
カードを発 行し、
記 念 品を 添 えて
お 渡 し い たしま
す。
献血受付時の本人確認に
ご協力をお願いします。
献血の受付の際に公的機関発行の運転免許証、健康保険証等をご提示いただき、本人確認をさせていた
だいています。
(一度ご提示いただければ毎回お願いすることはありません)
A3 献血ルームわったん(トキハわさだタウン)では、年
中無休で献血を受け付けています。
(詳細は裏面を
ご覧ください。)
また、献血バスが各地域や事業所を
定期的に巡回しています。
(
「大分 献血」
で検索。詳
しくは血液センターにお問い合わせください。)
Q4 献血ができない場合は、どんなときですか?
A4 ①3日以内に出血を伴う歯科治療(抜歯、歯石除去等)
を受けた方
②4週間以内に海外から帰国
(入国)
した方
③1ヶ月以内にピアスの穴をあけた方
④エイズ検査が目的の方
輸血を受ける患者さんの安全性を高めるために上
記の項目等に該当する人は献血をご遠慮いただい
ています。
Fly UP