...

アジア - Rotary

by user

on
Category: Documents
0

views

Report

Comments

Transcript

アジア - Rotary
会員増強の
地域別補足資料
2013 年版
417-JA—(313)
アジア
会員増強の
地域別補足資料
2013年版
はじめに
アジア
この資料は、
「活気と魅力あふれるクラブになろう:
会員増強の手引き」
(417)を補足する地域別資料
で、クラブや地区が会員増強における計画やイニシ
アチブについて会員に情報を提供する際にご利用
いただけます。
2
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
会員数の推移
3
ロータリアンからのコメント
「私は20年以上のロータリアンで、ロータリーを通
じて地域社会へ恩返しをし、親睦やネットワークを広
げる機会を心から楽しんでいます」
以下の表で各地域ごとに表示された数は、これまでの最高会員数を示しています。
過去10年間の推移
2003
インド
日本
韓国
フィリピン
中央/東南アジア
2004
2005
2006
2007
2008
2009
2010
2011
2012
過去10年間、アジアにおいては、日本以外の大半の
国や地域で会員数の成長が見られました。増加率
は、中央/東南アジアで23%、インドで26%、韓国で
23%、フィリピンで8%となっています。一方、日本で
は会員数が24%減少しました。
122,054
会員数の成長においては、新会員の入会だけでなく、
既存会員の維持も重要な要素です。会員を維持する
には、会員の積極的な参加が重要となります。従っ
て、クラブは会員の熱意を高めるような例会、プログ
ラム、奉仕プロジェクトを実施する必要があります。
110,374
62,822
21,605
49,952
「活気と魅力あふれるクラブになろう:会員増
強の手引き」第1章をご参照ください。
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
クラブの規模
4
米国/カナダ
地域別のクラブ規模(2012年7月現在)
2012年7月現在、クラブの平均会員数はインドが38
名、日本が39名、中央/東南アジアが30名、韓国が
39名、フィリピンが26名となっています。ロータリー
世界全体のクラブの平均会員数は36名です。
小規模クラブが抱える課題の一つとして、地域のビジ
ネスを構成する職業分類や人口分布を適切に反映で
きないということが挙げられます。また、小規模クラ
ブは、会員数が少ないことにより一人あたりの役割の
負担が増えるなど、困難な課題に直面する可能性が
あります。
RI理事会は、クラブが活動を行う上で十分な会員数
を確保できるよう、以下の規定(2011年から有効)
を定めました。
しかし、このような課題を抱えたクラブでも、地元地
域にあるほかのクラブと統合したり、例会の時間や場
• 2011年1月より、新クラブに必要とされる創立会
所、例会形式を変更することによって、課題を克服で
員の最低人数は25名とする。また、創立会員の少 きる場合もあります。
なくとも50%は、クラブが設立された地域に居住
または勤務する人でなければならない。
西ヨーロッパ
カリブ海諸島
フィリピン
韓国/日本
中東/北アフリカ
• 各クラブは、少なくとも会員10名分のRI人頭分担
金を支払う義務がある。
• スポンサー・クラブは、少なくとも20名の会員を
有していなければならない。ただし、1つの新クラ
ブに対してスポンサー・クラブが2クラブ以上ある
場合、そのうち1クラブのみがこの要件を満たして
いればよい。
インド
サハラ以南のアフリカ
中央/東ヨーロッパ
中央/東南アジア
オーストラリア、ニュージーランド、
太平洋諸島
ラテンアメリカ
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
5
クラブ例会日
以下の表にあるパーセンテージは、各地域で最も例会が多い曜日の割合を示しています。
クラブ例会日
日曜日
月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
インド
20%
フィリピン
日本
金曜日
25%
25%
韓国
31%
土曜日
インドでは、水曜日、金曜日、土曜日に例会が集中し
ています。
• 金曜日:20%
• 水曜日:19%
• 土曜日:18%
フィリピンでの例会開催日は以下の通りです。
• 木曜日:25%
• 金曜日:21%
• 火曜日:20%
• 水曜日:19%
日本と韓国では、火曜日から木曜日にかけて多くの
例会が開かれています。
• 日本で火曜日:25%
• 日本で水曜日:24%
• 韓国で木曜日:31%
• 韓国で火曜日:30%
• 韓国で水曜日:19%
全体的に見て、例会開催日についてアジア地域は世
界的傾向と合致しています。
中央/東南アジア
世界平均
22%
25%
ロータリアンからのコメント
「現在は出張しなければならない人が増えているた
め、出席要件に変更を加える必要があります。また、
若い人に入会してもらうには、例会の内容をより時代
に即したものとし、ペースの速い例会を行わなければ
なりません」
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
クラブ例会の時間帯
6
クラブ例会の時間帯:インド
クラブ例会の時間帯:中央/東南アジア
1%
2%
1%
3%
5:00 - 8:59
25%
9:00 - 10:59
ロータリアンからのコメント
「私たちのクラブはこれまで月曜日の正午に例会を行
ってきましたが、時間を夜に変更しました。月曜日は忙
しい一週間の始まりであるため、昼の例会に出席する
のは難しいという意見が会員から挙がりました。今で
は、仕事が終わった後の夜の時間帯になったので、も
っと多くの会員が例会に出席できると思います」
0%
例会の時間帯は、それぞれの地域によって異なって
います。
• 中央/東南アジアでは、夕方(4時~7時)に例会
を行っているクラブが38%、夜(午後7時以降)が
34%、昼食時間帯(午前11時~午後2時)が25%
となっています。
• インドでは、夜(午後7時以降)に77%のクラブが
例会を行っており、16%のクラブが夕方(4時~7
時)の「お茶の時間」に例会を行っています。
14:00 - 15:59
19:00 以降
16:00 - 18:59
77%
0%
4% 0%
19:00 以降
クラブ例会の時間帯:韓国
クラブ例会の時間帯:日本
6%
11:00 - 13:59
14:00 - 15:59
16:00 - 18:59
38%
9:00 - 10:59
16%
11:00 - 13:59
また、オンラインで例会を開くEクラブを設立すると
いう選択肢もあります。Eクラブの利点は、会員が世
界中どこにいようと、例会やクラブの活動に積極的に
参加できるということです。
1%
5:00 - 8:59
34%
会員の勧誘と維持においては、クラブ例会時間がマイ
ナスの影響を及ぼす場合もあります。仕事が忙しいた
めに、昼の例会に出席することが困難であるという人
が多くいる一方で、家族がいる若い会員は、夜の例会
に出席できる時間が限られているという場合があり
ます。地域によっては、朝の例会のほうが都合がよい
という場合も見られます。
2%
3% 0%
0%
5:00 - 8:59
5:00 - 8:59
9:00 - 10:59
11:00 - 13:59
• 日本では、90%のクラブが昼食時間帯(午前11時
~午後2時)に例会を行っています。
9:00 - 10:59
28%
48%
11:00 - 13:59
14:00 - 15:59
14:00 - 15:59
1%
16:00 - 18:59
• 韓国では、48%のクラブが夜(午後7時以降)に
例会を行っており、過去5年間、この時間帯での
例会が増加しています。また、28%が昼食時間帯
(午前11時~午後2時)に例会を行っています。
90%
20%
19:00 以降
クラブ例会の時間帯:フィリピン
• フィリピンでは、63%のクラブが夜(午後7時以
降)、22%のクラブが夕方(4時~7時)に例会を
行っています。
0%
0%
1%
22%
8%
5:00 - 8:59
9:00 - 10:59
63%
19:00 以降
クラブ例会の時間帯:世界平均
1%
13%
• 世界平均を見ると、33%が昼食時間帯(午前11時
~午後2時)、19%が夕方(4時~7時)、39%が夜
(午後7時以降)に例会を行っています。
16:00 - 18:59
11:00 - 13:59
5:00 - 8:59
9:00 - 10:59
39%
33%
11:00 - 13:59
14:00 - 15:59
14:00 - 15:59
16:00 - 18:59
16:00 - 18:59
19:00 以降
19:00 以降
19%
1%
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
7
例会中の食事
インド
日本
韓国
フィリピン
中央/東南アジア
世界平均
アジア地域のクラブの大半が例会中に食事を提供し
ています。日本が99%、韓国が94%、中央/東南ア
ジアが89%、フィリピンが85%と、いずれも高い割合
を示しています。それと比較すると、インドでは半数
以上のクラブが例会中に食事を提供しているものの、
その割合は60%に留まっており、近年に変化が現れ
ています。
世界平均で見ると、92%のクラブが例会中に食事を
提供しており、現在も大半を占めています。
60% ある
37% ない
3% データなし
99% ある
1% ない
94% ある
4% ない
2% データなし
85% ある
12% ない
3% データなし
89% ある
10% ない
1% データなし
92% ある
7% ない
1% データなし
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
クラブ会費に
食事代を
含めているクラブ
クラブ会費に食事代を含めているクラブ:
中央/東南アジア
クラブ会費に食事代を含めているクラブ:
インド
3%
16%
49%
含めている
含めていない
1%
アジア地域では、ほとんどのクラブが会費に食事代を
含めていませんが、日本と韓国では、多くのクラブが
会費に食事代を含めています(日本で99%、韓国で
94%)。一方、中央/東南アジアでは49%、インドで
は60%、クラブが会費に食事代を含めていることが分
かりました。
含めている
37%
含めていない
データなし
35%
クラブ会費に食事代を含めているクラブ:日本
毎週開かれる例会での食事代は高額となることもあ
るため、1年間をかけて支払いができるよう、クラブ会
費に食事代を含めているクラブもあります。このように
時間をかけた支払いを行うことにより、クラブ会費の
額をより支払いやすい金額に収めることができます。
8
60%
クラブ会費に食事代を含めているクラブ:韓国
4% 2%
含めている
含めている
含めていない
含めていない
データなし
データなし
99%
94%
クラブ会費に食事代を含めているクラブ:
フィリピン
12%
データなし
3%
クラブ会費に食事代を含めているいるクラブ:
世界平均
10%
含めている
含めている
含めていない
データなし
85%
49%
41%
含めていない
データなし
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
会費の内訳
9
会費の内訳:中央/東南アジア
会費の内訳:インド
6%
2%
24%
あり
近年、アジア地域のロータリー・クラブは、クラブや • フィリピンと韓国ではそれぞれ、83%と80%のク
地区会費、国際ロータリー人頭分担金、雑誌購読料、
ラブが会費の内訳を明確にしています。
食事代などの内訳を明確にして会費を徴収する傾向
• インドでは75%、中央/東南アジアでは74%、日
にあります。また、この地域では、内訳別明細が作成
本では70%のクラブが同じく会費の内訳を明確に
できる体系的な会計システムを採用しているクラブが
しています。
多くなっています。
74%
19%
あり
なし
なし
データなし
データなし
75%
会費の内訳:日本
世界平均は58%となっているため、アジア地域にお
いては費用の内訳を明確にして会費を徴収するクラ
ブが、他地域と比べてかなり多いことが分かります。
会費の内訳:韓国
7%
4%
あり
26%
13%
あり
なし
なし
データなし
データなし
70%
80%
会費の内訳:世界平均
会費の内訳:フィリピン
3%
3%
14%
あり
なし
データなし
83%
あり
39%
なし
58%
データなし
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
会員の性別
中央/東南アジア
フィリピン
10
ロータリアンからのコメント
「私の知り合いの中には、クラブやロータリー全体を
リードでき、また、ロータリーを代表できるような資
質のある女性が数多くいます」
インド
韓国
日本
世界平均
より多くの女性会員を迎え入れることは、ロータリー
の未来にとって大変重要です。長年、女性は、さまざ
まな職業を持ち、地域社会や国際社会の高いレベル
でその優れた資質を証明してきました。
中央アジア/東南アジアとフィリピンでは、ロータリ
ー全体と比べ、急速なペースで男女比の均衡化が見
られます。前者における女性会員の割合は42%、フィ
リピンでは31%という結果でした。インドでは18%、
韓国では15%が女性会員です。日本における女性会
員の割合は最も低く、わずか5%に留まっています。
58% 男性
42% 女性
69% 男性
31% 女性
82% 男性
18% 女性
85% 男性
15% 女性
95% 男性
5% 女性
81% 男性
19% 女性
「活気と魅力あふれるクラブになろう:会員増
強の手引き」第1章をご参照ください。
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
11
会員の年齢
以下の表にあるパーセンテージは、各地域で最も多い会員年齢層の割合を示しています。
会員の年齢
29歳以下
30~39歳
40~49歳
インド
50~59歳
30%
日本
33%
韓国
フィリピン
60~69歳
39%
70歳以上
さまざまな年代の会員がバランスよくいることで、ク
ラブは地域のニーズをより良く理解し、あらゆる年齢
層の職業人にとって魅力ある存在となることができま
す。また、若い職業人にとって魅力的なクラブは発展
し、クラブのリーダーとなることのできる人材が豊富
になります。
• 中央/東南アジアとインドでは、大半のロータリ
アンが中年層(40~69歳)となっています(中
央/東南アジアで72%、インドで74%)。一方、こ
の2つの地域では、若い会員(40歳以下)の割合
もほかの地域より高くなっています(中央および
東南アジアで19%、インドで17%)。
• 日本では、会員の84%が50歳以上で、年配層が
多くなっています。
• 韓国では、93%の会員が40歳以上であり、アジ
ア地域において最も年配層の会員が多いことが
分かりました。
28%
• フィリピンでは、84%の会員が40歳以上となって
いますが、うち28%は50歳未満です。
中央/東南アジア
29%
世界平均
27%
• 世界平均を見ると、70%の会員が50歳以上であ
り、アジア地域の傾向と類似していますが、40歳
未満の会員は10%に留まっています。
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
会員の雇用状況
6%
8%
5%
2%
常勤
常勤
14%
非常勤
• フィリピンでは、67%の会員のみが常勤で働い
ており、この割合はアジア地域では最も低い数字
です。
71%
• 世界平均では、70%の会員が常勤で働いてお
り、21%が退職していることが分かりました。
非常勤
11%
休職中
9%
• 日本と韓国では、93%の会員が常勤で働いてお
り、日本では3%、韓国では2%の会員のみが退職
しています。
会員の雇用状況:インド
会員の雇用状況:中央/東南アジア
1%
• 中央/東南アジアとインドでは、それぞれ71%と
73%の会員が常勤で働いています。退職している
会員は中央/東南アジアで14%、インドで8%と
なっています。
12
休職中
退職
73%
その他
会員の雇用状況:日本
0%
3%
退職
その他
会員の雇用状況:韓国
1% 2% 3%
3%
1%
1%
93%
常勤
常勤
非常勤
非常勤
休職中
休職中
退職
退職
その他
93%
その他
会員の雇用状況:世界平均
会員の雇用状況:フィリピン
2%
13%
常勤
非常勤
10%
2%
8%
67%
常勤
21%
非常勤
休職中
1%
休職中
退職
6%
退職
その他
70%
その他
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
ロータリアン歴
13
ロータリアン歴:インド
ロータリアン歴:中央/東南アジア
1%
5%
9%
1年未満
1年未満
3%
12%
1~2年
1~2年
37%
11%
3~5年
3~5年
ロータリー・クラブに新会員を迎え入れることは、
クラ
ブの存続と未来のために大変重要です。新会員はクラ
ブを活性化するだけでなく、新しい考え方や方法、ス
キルをもたらします。既存会員は、クラブが新会員に
提供するオリエンテーションにメンター(指導役)とし
て参加することで、クラブの活動により積極的に関わ
ることができます。メンターとなることにより、既存会
員はロータリーに入会した理由や会員であることの
恩典を改めて認識すると共に、ロータリーへの情熱
を新たにすることができるでしょう。
• 中央/東南アジアでは、83%の会員がロータリ
アン歴1年未満となっています。
18%
6~10年
83%
22%
10年以上
• インドでは77%、日本では83%、韓国では71%、
フィリピンでは70%の会員が3年以上のロータリ
アン歴を有しています。
1年未満
10%
8%
10年以上
ロータリアン歴:韓国
ロータリアン歴:日本
• 世界平均で見ると、78%の会員が3年以上のロー
タリアン歴があることが分かりました。
1年未満
13%
1~2年
29%
1~2年
16%
3~5年
13%
55%
3~5年
6~10年
15%
20%
22%
10年以上
6~10年
10年以上
ロータリアン歴:世界平均
ロータリアン歴:フィリピン
1年未満
1年未満
17%
6~10年
10%
33%
1~2年
13%
12%
43%
1~2年
3~5年
3~5年
16%
「活気と魅力あふれるクラブになろう:会員増
強の手引き」の第1章をご参照ください。
18%
19%
6~10年
6~10年
10年以上
19%
10年以上
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
14
会員の維持
一番最近に行われた会員維持に関する調査(2010年7月1日~2012年7月1日)で、以下のようなアジア地域の維持率
が明らかになりました。フィリピンと韓国では、それぞれ24%と23%の会員が退会しており、この地域では最多の割合
となりました。
会員維持(2010年7月1日~2012年7月1日)
地域
中央/東南アジア
インド
日本
韓国
フィリピン
世界合計
2010年7月1日
現在の会員数
2012年7月1日
現在の会員数
純変化
純変化率
42,315
36,026
(6,289)
-15%
102,274
86,171
(16,103)
-16%
88,707
76,122
(12,585)
-14%
55,936
42,884
(13,052)
-23%
19,429
14,707
(4,722)
-24%
1,131,213
930,766
(200,447)
-18%
会員の維持は、新会員の入会よりも重要であると言えま ロータリアンからのコメント
す。退会会員が多いクラブでは、例会や、クラブや地区の
研修を通じて培ってきたクラブ全体の知識が低下してしま 「何度かロータリーを退会し、ほかの組織へ入会すること
います。また、最近のロータリーによる調査では、退会の を考えました。ロータリーでは必要なことを学ぶのに1年く
主な理由が、クラブ活動に積極的に参加していないことで らいかかりましたが、私を個人的に指導してくれるメンタ
ーを見つけました。このような機会は、ほかの組織では得
あることが分かっています。
られないものではないかと思います」
ロータリー・クラブは、例会をするだけの組織ではありま
せん。例会は非常に重要な要素ではありますが、地元や 「これまで、ロータリーで素晴らしい経験をしています。
海外で実施する奉仕活動や親睦の機会を提供することに 入会して初めての例会で、私は受付役を任されたおかげ
より、会員に意欲を与え、より積極的に活動に参加しても で、クラブ会員全員に挨拶して、知り合うことができまし
た。仲間と共に奉仕し、クラブの活動に積極的に参加しや
らうようにする必要があります。
すい環境が整っています」
「活気と魅力あふれるクラブになろう:会員増強の
手引き」の第1章をご参照ください。
会員増強の
地域別補足資料
アジア
2013年版
15
2011-14年度試験的プログラム
2011年7月1日、準会員、法人会員、革新性と柔軟性のあるロータリー・クラブ、衛星クラブの4つの新しい試験的プログ
ラムが開始されました。これらは、それぞれの実現可能性、成果、およびロータリアンの関心度を調査することを目的と
したものです。各試験的プログラムごとに、最大200までのクラブが参加できることとなり、2011年5月に参加申請書が
締め切られました。これらの試験的プログラムは2014年6月30日まで継続します。
準会員
準会員試験プログラムは、個人が一定期間内に正会員に
なることを視野に、ロータリー・クラブや会員と親交を結
び、プログラムやプロジェクトに参加し、クラブ会員にどの
ようなことが期待されるのかを知る機会を提供します。
法人会員
法人会員試験的プログラムは、クラブの所在地域にある
法人や会社が、定められた入会承認手続きを通じてロー
タリー・クラブの会員となり、クラブ例会に出席する人物
を最高4名まで指定し、プロジェクトでの奉仕やクラブの
事柄に関する投票を行い、クラブ役員やクラブ委員会の
任に当たることを認めるものです。
革新性と柔軟性のあるロータリー・クラブ
革新性と柔軟性のあるロータリー・クラブ試験的プログラ
ムは、クラブ会員と地域のニーズにふさわしいクラブ運営
を、クラブが独自に決定する裁量を与えることに主眼を置い
ています。クラブは標準ロータリー・クラブ定款とロータリ
ー・クラブ細則に変更を加える許可が与えられますが、RI
人頭分担金の要件に変更を加えることはできません。
衛星クラブ
衛星クラブ試験的プログラムは、クラブが一週間のあいだ
に異なる場所、曜日、時間に、複数回の例会を行うことを
容認するものです。衛星クラブは、新クラブの創設を支援
し、人口の少ない地方や人口の多い都市部の地域社会の
ニーズに対応することを目的としています。
2011-14年度試験的プログラムに参加しているクラブ数(地域別)
準会員
法人会員
革新性と柔軟性の
あるクラブ
衛星クラブ
12
10
9
8
26
26
24
15
13
20
16
12
27
13
31
6
ラテンアメリカ
37
26
33
21
米国/カナダ/カリブ諸島
62
94
73
54
地域
中東/アフリカ
アジア
オーストラリア/ニュージー
ランド/太平洋諸島
ヨーロッパ
4つの試験的プログラムすべてにおいて、アジア地域のクラブが多く参加しています。このことは、この地域のクラブが、
クラブの進化や地域社会への対応のため、変化を受け入れる傾向にあることを示しています。
Fly UP